「サムハラ神社」は岡山津山市の強力パワースポット!結界がある場所は?

岡山県津山市に位置している「サムハラ神社」は、岡山県を代表する強力なパワースポットとして知られ、大人気。ご利益や見どころ、指輪型のお守り、アクセス方法など、サムハラ神社の参拝情報をご紹介していきます。パワースポット好きの方には特におすすめです。

「サムハラ神社」は岡山津山市の強力パワースポット!結界がある場所は?のイメージ

目次

  1. 1岡山のパワースポット「サムハラ神社」が大人気!
  2. 2サムハラ大神を祀る唯一の神社「サムハラ神社」
  3. 3サムハラ大神は強力なパワーを持っている神様
  4. 4岡山のサムハラ神社の歴史と成り立ち
  5. 5岡山のサムハラ神社にはどんなご利益がある?
  6. 6岡山のサムハラ神社を参拝する際の見どころ
  7. 7岡山のサムハラ神社の見どころ1:奥の宮
  8. 8岡山のサムハラ神社の見どころ2:奥の宮跡地
  9. 9岡山のサムハラ神社の見どころ3:結界
  10. 10サムハラ神社の指輪型のお守り「御神環守」
  11. 11岡山のサムハラ神社はアクセス困難な場所にある
  12. 12岡山のサムハラ神社までのアクセス方法
  13. 13岡山のサムハラ神社までのアクセス方法1:鳥居の前まで
  14. 14岡山のサムハラ神社までのアクセス方法2:鳥居の先から
  15. 15岡山のサムハラ神社で強力なパワーをもらおう!

岡山のパワースポット「サムハラ神社」が大人気!

岡山県津山市に位置している「サムハラ神社」という神社をご存知ですか?強力なパワーを持つとされる神様が祀られており、岡山県を代表するパワースポットとして大人気の神社です。ご利益やおすすめの見どころ、指輪型のお守り、アクセス方法など、参拝情報をまとめてみました。岡山県のサムハラ神社を参拝し、溢れるパワーをもらいましょう。

サムハラ大神を祀る唯一の神社「サムハラ神社」

岡山県津山市の加茂町に「サムハラ神社」は位置しています。正式には「サムハラ神社 奥の院」。「奥の院」というのは、本殿の奥で開山祖師の神霊や霊像を祀っている場所のことを指します。サムハラ神社の本殿は現在、大阪府大阪市の西区に位置しています。

岡山県のサムハラ神社に祀られるのは「天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)」「高産巣日大神(たかみむすびのかみ)」「神産巣日大神(かみむすびのかみ)」。宇宙の森羅万象を創造したとされる「造化三神(サムハラ大神)」という神様になります。

この世を創造したとされる神様「伊邪那岐命(イザナギノミコト)」や「伊邪那美命(イザナミノミコト)」が祀られている神社は多く存在しますが、造化三神(サムハラ大神)が主祭神として祀られている神社は世界で唯一、岡山県のサムハラ神社だけなのだそう。

伊邪那岐命(イザナギノミコト)や、伊邪那美命(イザナミノミコト)は、この世を創造した神様。造化三神(サムハラ大神)はというと、こうした神様のさらに親神という位置付けになります。この世を創造した神様をも創造したという、宇宙の根源神なのです。

サムハラ大神は強力なパワーを持っている神様

「天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)」は、天(宇宙)を司る神様です。古事記の中で、最高の神様といわれています。日本国民の総氏神であり最高神とされる「天照大神(あまてらすおおかみ)」よりも前に生まれた神様が天御中主大神なのだそうです。

「高産巣日大神(たかみむすびのかみ)」は、植物の生成力を神格化したものであるとされている神様です。高産巣日大神の「むす」は「生成繁茂」を意味している言葉なのだそう。天照大神とともに、高天原(たかまがはら)を主宰した神様だといわれています。

「神産巣日大神(かみむすびのかみ)」は、天御中主大神、高産巣日大神に続き、天地のはじめに高天原に姿を現した唯一の女神です。高産巣日大神の対偶神となったことから、男女の「むすび(元の言葉は「むす」)」を象徴する神様であると考えられています。

この世を創造した神様とされる、伊邪那岐命(イザナギノミコト)や、伊邪那美命(イザナミノミコト)をも生み出した、この宇宙の根源的存在となる神様、造化三神(サムハラ大神)。その立ち位置から尋常じゃない強力なパワーを持つことが分かるかと思います。

このように、造化三神(サムハラ大神)はこの世(地上界)がまだ誕生していなかった頃、神様の生まれる場所である「天上界」を治めていました。岡山県のサムハラ神社が、一般的なパワースポットよりも強力なパワースポットであるといわれるのも納得です。

岡山のサムハラ神社の歴史と成り立ち

天正9年(1581年)、織田信長により建造された安土城が完成した頃。羽柴秀吉の家臣である宮部善祥が、現在の岡山県津山市の加茂町に位置している日詰山に築かれた落合城に駐留していました。そこに、神字で「サムハラ」と書かれた石碑が存在していました。

この石碑を拝み、その神字を紙に写し身に付けた者は敵の攻撃を受けないとされており、当時の武者たちの間で強く信仰されていました。弾や矢にあたらないというご利益のほか、災厄除けのご利益があるともいわれており、当時の人々は熱心に拝んだといいます。

後の天正10年(1582年)に起こる本能寺の変により、織田信長は自害してこの世を去ります。羽柴秀吉は関白となり豊臣秀吉の名を名乗るようになり、慶応4年(1868年)まで続いた江戸時代。この300年の間にも、サムハラの石碑は人々に信仰され続けました。

江戸時代が終わりを告げた明治元年(1868年)、サムハラの石碑のある岡山県津山市の加茂町に「田中富三郎」という人物が生まれます。彼は地元の人々と同じくサムハラを信仰。後に日清日露戦争に出征しますが、犠牲者が多く出る中、彼は無事に生還します。

戦争から無事に生還することができたことを、田中富三郎は幼い頃からサムハラを信仰していたためであると考えました。その後、事業で成功を収めた彼は、岡山県から大阪府へと移ります。そして昭和36年(1961年)に大阪府大阪市の西区に本殿を建造しました。

一方、岡山県津山市の加茂町にある元来のサムハラの石碑は、長い月日を経てすっかり荒れ果ててしまっていました。これに、酷く嘆いた田中富三郎。本殿は大阪府で建造したものの本来は岡山県にあったものということから、奥の院として蘇らせたのだそうです。

岡山のサムハラ神社にはどんなご利益がある?

岡山県のサムハラ神社の概要、その歴史や成り立ちについて理解することができたところで、続いては気になるご利益について見ていくことにしましょう。せっかく噂のパワースポットを訪れるのなら、そのパワーを感じるだけでなくご利益にもあやかりたいところ。

歴史や成り立ちの章でご紹介したように、岡山県のサムハラ神社には、敵の攻撃を受けないというご利益や、災厄除けのご利益があるといわれています。サムハラ神社の主祭神は造化三神(サムハラ大神)。岡山県のサムハラ神社のご利益はこれだけではありません。

岡山県のサムハラ神社には、金運、成功運、結婚運、家庭運など、さまざまなご利益があるといわれています。強力なパワーを持つ神様が祀られているというだけあって、その効果も絶大です。パワースポット好きとしては、足を伸ばさずにはいられないでしょう。

岡山のサムハラ神社を参拝する際の見どころ

せっかく岡山県のサムハラ神社を参拝することになったら、そのパワーを感じるだけでなく、人気の見どころも見逃さずにチェックしてみましょう。以下、岡山県のサムハラ神社でおすすめしたい3つの見どころ「奥の宮」「奥の宮跡地」「結界」について簡単にご紹介していきます。岡山県のサムハラ神社を訪れる際には、ぜひ注目してみてください。

岡山のサムハラ神社の見どころ1:奥の宮

最初におすすめする岡山県のサムハラ神社の見どころは「奥の宮」です。奥の宮は、岡山県のサムハラ神社の発祥地かつメインとなる場所なので見逃すわけにはいきません。かつて田中富三郎が参拝していた場所ということで、参拝者からも高い人気を集めています。

奥の宮は元々もう少し奥まったところに位置していたのですが、平成17年(2005年)に現在の場所に移築遷宮されています。鳥居、祠、石碑のそれぞれに刻まれた「サムハラ」という神字に注目してみてください。お守りにも刻まれているという、有名な神字です。

岡山のサムハラ神社の見どころ2:奥の宮跡地

次におすすめする岡山県のサムハラ神社の見どころは「奥の宮跡地」。上記で奥の宮は以前は別の場所にあったと触れましたが、その跡地が現在でもそのまま残されています。現在の奥の宮とはまた違う神秘的な空気感があり、エネルギーを感じると参拝者に大人気。

ここで注目したいのが、祠まで続く石段の手前にある不思議な石。「さざれ石(小さな石)が巌(大きな岩)となった」ものとして神聖視され、参拝者の間で人気を集めています。また、頂上の展望台から眺めることのできる絶景も素晴らしいのでおすすめです。

岡山のサムハラ神社の見どころ3:結界

最後におすすめする岡山県のサムハラ神社の見どころは「結界」。岡山県のサムハラ神社には、結界が張ってある場所があります。結界が張ってある場所は上記でご紹介した奥の宮跡地のあたり。凄まじいエネルギーとパワーを感じることができると知られています。

霊感のない人でも、この結界のある場所に近づくと「霊圧」と呼ばれるものすごいエネルギーを全身で感じるのだそうです。急に涙が溢れ出し止まらなくなったり、胸をぎゅっと圧迫されるような感覚になったりと、今までにないような反応に襲われるのだそうです。

突然こういった感覚に襲われると、怖くなってすぐにその場を離れたくなってしまう人もいるでしょう。おそらくほとんどの人がそうだと思います。しかし見方を変えてみると、霊感のない人が神様の存在や意識を体感することのできる貴重な場所でもあるのです。

結界が張られている場所は、岡山県のサムハラ神社の中でも最強のパワースポット。参拝者の間でも人気でぜひ立ち寄ることをおすすめしたいのですが、地元の人が大切に管理し、守り続けている場所でもあります。マナーを守り静かに参拝するようにしましょう。

サムハラ神社の指輪型のお守り「御神環守」

尋常じゃないエネルギーが溢れており、ご利益の効果も抜群の最強パワースポットとして知られている、岡山県のサムハラ神社。そんなサムハラ神社のご利益にあやかることのできるという指輪型のお守り「御神環守」が口コミで評判となり高い人気を集めています。

この指輪の入荷は不定期となっており、指輪の入荷日には行列ができるほどに大人気。指輪を手に入れることができただけでもかなりラッキーなのだそうです。せっかくサムハラ神社を参拝するのであれば、お守りの指輪も手に入れたいと考えている方も多いはず。

しかし残念ながら、お守りの指輪を取り扱っているのは岡山県のサムハラ神社ではなく、大阪府のサムハラ神社になります。岡山県のサムハラ神社では普通に参拝することはできるのですが、指輪だけに限らず一般的なお守りもおみくじなどの取り扱いもないんです。

そのため、もし指輪のお守りが目当てで岡山県のサムハラ神社を参拝しようと考えている方がいれば、大阪府のサムハラ神社を訪れることをおすすめします。入荷日は常に未定で、事前予約も受け付けていません。気になる方は、直接問い合わせしてみましょう。

岡山のサムハラ神社はアクセス困難な場所にある

岡山県のサムハラ神社は非常にアクセスの困難な場所に位置しています。カーナビに頼りたくとも、そもそもカーナビに所在地が登録されておらず、自力で見つけるしかありません。そのため「神様に呼ばれた者のみが辿り着くことができる」という噂も流れました。

このような噂が広がったのには、ほかにも理由があります。カーナビでおおよその位置を設定していてもなぜか途中で道に迷ってしまったり、途中でカーナビが狂ってしまったり、直前で急用が入って行けなくなったり、といった事例が多発しているのだそうです。

単なる偶然という一言で済ませてしまうにはこういった事例があまりにも多く、サムハラ神社がさまざまな困難を経てきたからなのか「本当にサムハラ神社を必要としている者だけが神様に呼ばれる」という噂も嘘ではないように思えます。とても不思議な神社です。

岡山のサムハラ神社までのアクセス方法

「神様に呼ばれた者しか辿り着くことができない」といわれるほど、アクセス困難な場所に位置している、岡山県のサムハラ神社。近年人気を高めていく中で案内板が整備されるなど、以前よりもぐっとアクセスしやすくなりました。以下、鳥居の前までの行き方と鳥居の先からの行き方に分け、岡山県のサムハラ神社へのアクセスの流れをまとめました。

岡山のサムハラ神社までのアクセス方法1:鳥居の前まで

サムハラ神社までのアクセス方法としておすすめなのは、車でのアクセスです。岡山県津山市の旧加茂町に入りしばらく進んでいくと、ポプラ、コメリ、ローソンが見えてきます。ローソンの反対側にある橋を渡ったら、またしばらく道なりに進んでいきましょう。

道なりの右カーブの道を進んでいくと、左手に「金毘羅神社」と書かれた案内板が見えてきます。その後ろには「サムハラ神社」の案内板。ここを左に曲がり、さらに真っ直ぐ進んでいきましょう。約500メートル先に鳥居が、そしてその先に駐車場が見えてきます。

岡山のサムハラ神社までのアクセス方法2:鳥居の先から

上記の駐車場に駐車してしまうと約200段の石段を上らなければならなくなるので、そこからまた約100メートル進んだ先に駐車することをおすすめします。この場所は金毘羅神社の入口にあたり、金毘羅神社の駐車場があるのでそちらを利用するといいでしょう。

金毘羅神社の駐車場に車を停めたら、あとは徒歩でどんどん上に登っていきます。すると金比羅神社より手前、左手に、石垣とその上に鳥居が見えてきます。この鳥居はサムハラ神社のもの。「サムハラ神社」と神字で書かれた鳥居と石碑がお出迎えしてくれます。

岡山のサムハラ神社で強力なパワーをもらおう!

いかがでしたか?岡山県津山市に存在する大人気パワースポット「サムハラ神社」。そんなサムハラ神社の、ご利益やおすすめの見どころ、指輪型のお守り、アクセス方法をご紹介しました。強力なパワーを持つ神様が祀られているというだけあり、凄まじいエネルギーを感じるサムハラ神社。岡山県を訪れる際は、ぜひ立ち寄って参拝してみてください。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
rikorea.jp

人気の記事

人気のあるまとめランキング