伏見稲荷大社の無料駐車場を解説!平日の混雑予想やおすすめの時間帯は?

京都の伏見稲荷大社は境内の中に無料で利用することができる駐車場があります。今回は京都の伏見稲荷大社にある人気の無料の駐車場について見ていきます。平日の混雑状況や周辺におすすめのコイン駐車場がないかも見ていきます。年末年始の営業もご紹介します。

伏見稲荷大社の無料駐車場を解説!平日の混雑予想やおすすめの時間帯は?のイメージ

目次

  1. 1伏見稲荷大社に駐車場があるのか?
  2. 2伏見稲荷大社はどんな神社?
  3. 3伏見稲荷大社に駐車場はある?
  4. 4伏見稲荷大社の駐車場は無料?
  5. 5伏見稲荷大社は電車で行くから駐車場はいらない?
  6. 6伏見稲荷大社の駐車場は混雑するので電車がおすすめ?
  7. 7伏見稲荷大社の駐車場はバイクも停めることができる
  8. 8伏見稲荷大社の駐車場は境内以外にもある
  9. 9伏見稲荷の臨時第1駐車場がおすすめ
  10. 10伏見稲荷の臨時第2駐車場がおすすめ
  11. 11伏見稲荷の臨時第3駐車場がおすすめ
  12. 12伏見稲荷の臨時第4駐車場がおすすめ
  13. 13伏見稲荷大社は年末年始は駐車場が大混雑
  14. 14伏見稲荷大社の年末年始のコイン駐車場は特別料金
  15. 15伏見稲荷大社の年末年始は駐車場も境内も混雑!
  16. 16伏見稲荷大社の駐車場を利用するメリットは?
  17. 17伏見稲荷大社の駐車場は参拝以外は禁止
  18. 18伏見稲荷大社や駐車場はどれくらい混雑する?
  19. 19伏見稲荷大社の駐車場は1月は利用できない
  20. 20伏見稲荷大社の周辺におすすめのコイン駐車場はある?
  21. 21伏見稲荷に参拝しに行こう!

伏見稲荷大社に駐車場があるのか?

京都で人気の千本鳥居の神社である伏見稲荷大社ですが、駐車場があるのか気になります。実は境内の中に駐車場があり、そちらに自動車を停めることができるようになっています。今回は京都で人気のある千本鳥居の伏見稲荷大社の駐車場についてみていきます。伏見稲荷大社で年末年始などは駐車場が使えるのかも見ていきましょう。

伏見稲荷大社はどんな神社?

伏見稲荷大社は京都でもトップレベルで人気のある千本鳥居にある神社です。こちらはインスタで話題になっており、インスタグラムにたくさんの写真が掲載されています。境内の奥に千本鳥居があり、朱塗りの鳥居が何本も続いています。伏見稲荷大社は1300年以上の歴史のあるお稲荷さんの神社で、境内にお稲荷さんもいます。

この伏見稲荷大社の千本鳥居は鳥の中で皆さん写真を撮影しています。昼間に行くと鳥居の間に美しい光が差し込んでとても幻想的な雰囲気になります。写真集やテレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。実は山まで続いています。

境内の裏が山になっていますが、山の上までずっと鳥居が続いています。一周回ってくるのに1時間以上かかってしまうので、皆さん途中で引き返していますが、山の奥までずっと続いています。これが伏見稲荷大社です。

伏見稲荷大社に駐車場はある?

伏見稲荷大社には駐車場があるのか気になるところです。夜までライトアップなどが行われているので夜も観光することができる人気の伏見稲荷大社ですが、専用の駐車場などはあるのか気になるところです。結論から言うと、伏見稲荷大社に駐車場があります。境内の専用の駐車場がありますので、そちらを利用することができるようになっています。

伏見稲荷大社の駐車場が無料で利用することができます。しかもどの時間帯でも駐車することができるようになっており、夜の散歩で人気のあるライトアップなども夜に見に行くことができるようになっています。

伏見稲荷大社の最寄駅である稲荷駅周辺でもコインパーキングの駐車場などもありますので、場合によってはそちらを利用するのも良いでしょう。しかし伏見稲荷大社は無料で利用することができる駐車場がありますので、そちらがおすすめです。

伏見稲荷大社の駐車場は無料?

伏見稲荷大社の駐車場が無料で利用することができます。駅から歩いてすぐですが、駅から境内に向かって歩いて行き、伏見稲荷大社に入って右側の境内に無料の駐車場が用意されています。駐車場はかなり広々としており、24時間営業で200台ほど停めることができるようになっています。かなりお得な駐車場です。

しかし一年中利用することができるのですが、年末年始は状況が変わります。年末年始の場合は初詣の期間になっていますので交通規制などがされていますし、伏見稲荷大社では9台の駐車場が閉鎖されています。年末年始はご注意ください。

年末年始の場合は12月の30日から1月の5日まで境内の駐車場は閉鎖されています。しかしそれ以外の時間ではほとんど一年中利用することができる駐車場になっています。電車で行く方が多いかと思いますが、車で行く場合はおすすめです。

伏見稲荷大社は電車で行くから駐車場はいらない?

伏見稲荷大社は京都駅や奈良駅から自動車で行かれる方が多いのではないでしょうか。JRの奈良線で稲荷駅から歩いてすぐのところにあり、10分以内で行くことができます。しかも駅は2駅くらいなので、京都駅から電車でアクセスするのが非常に便利なのです。奈良からも同じJR奈良線ですので、京都駅に行くついでにアクセスする人も多いです。

しかし、伏見稲荷大社の車の駐車場を無料で使うことができるので大変お得です。自動車の場合は名神高速道路の京都南インターを降りて20分ぐらいでアクセスすることができます、阪神高速道路でも上鳥羽出口から10分くらいでアクセスできます。

京都駅から電車で行くのも近いですが、年末年始以外は車で行くのもおすすめです。年末年始以外は無料で駐車場が使えるので、平日などは狙い目です。電車を使って観光しているなら電車で行き、レンタカーなら伏見稲荷大社も平日なら車で行くのもおすすめです。

伏見稲荷大社の駐車場は混雑するので電車がおすすめ?

参拝に来られる方は駐車場周辺がとても混雑するので、基本的に交通機関は公共交通機関を使ってくださいと案内されています。つまり車で来ると参拝する時に混雑する恐れがありますので、せっかく駐車場がありますが電車なので来た方がスムーズな可能性があるのです。伏見稲荷大社は雑誌などにも出ている有名な神社ですので混雑しています。

平日でも観光シーズンならばかなり混雑しています。冬の雪が降っているシーズンから、夏休みや春休み、秋の紅葉のシーズンなどもとても混雑しますので、混雑しているシーズンに行くと伏見稲荷大社はかなり混んでいます。

伏見稲荷大社は一年中とても人気があり混雑している可能性がありますので、無料で使える駐車場をあえて使わずに、電車などを使ってアクセスした方がいいかもしれません。駅からも歩いて5分ぐらいですので時間はかかりません。

伏見稲荷大社の駐車場はバイクも停めることができる

と言っても、京都や奈良周辺をバイクでツーリングしている人もいるでしょう。バイクの駐車場が伏見稲荷大社にはあるので、バイクのツーリングのついでにアクセスするのもおすすめです。伏見稲荷大社の駐車場は車以外にもバイクを停めることができる駐車場がありますので、バイクのツーリングにもおすすめなのです。

奈良県から京都までツーリングできるスポットが幾つかあります。京都は紅葉の綺麗な周山街道など鯖街道などなど、レトロで雰囲気抜群のツーリングコースがあります。渡月橋などの嵐山方面でもツーリングは盛んなのでバイクもおすすめです。

京都の町並みの中は自動車が混雑していますので、時間によってば全然ツーリングを楽しめないところがあります。しかし嵐山などの山の方面などはドライブやツーリングなどが人気です。春や秋に行けば季節を楽しむこともできます。

伏見稲荷大社の駐車場は境内以外にもある

伏見稲荷大社の駐車場は境内の中以外にもあります。臨時駐車場というのがありますので、境内の駐車場だけでなく第1駐車場から第4駐車場まで用意されている臨時駐車場を利用するのも良いでしょう。伏見稲荷大社専用の駐車場ですのでどなたでも利用することができるようになっています。こちらも非常に使いやすいです。

車で行く場合は混雑するので、バイクのツーリングの方が平日以外でも土日祝日でも駐車することができるかもしれません。伏見稲荷大社は休日がとても混雑してすぐに満車になってしまいます。バイクの方がスムーズに停められる可能性があります。

稲荷駅の周辺や向こう側にコイン駐車場がありますので混雑しているときはそちらの臨時駐車場が開かれます。今度は伏見稲荷大社の臨時駐車場についてみていきたいと思います。こちらも無料で駐車することができるようになっています。

伏見稲荷の臨時第1駐車場がおすすめ

臨時駐車場がありますので、今度は臨時駐車場を見ていきましょう。第1駐車場というところがあり、土日祝日から年末年始など、平日以外に利用することができる臨時の駐車場になっています。混雑している時などはこちらに車を停めるといいでしょう。こちらも駐車料金を無料で停めることができるようになっています。

場所は伏見稲荷大社の反対側になっています。 近くにスーパーやレストランがあります。伏見稲荷大社と反対側になりますが、朝の8時30頃から夕方の18時まで利用することができるようになっています。こちらもおすすめです。

こちらは普通自動車の駐車場になりますので自動車を停めることができるようになっています。駐車台数もそれほど大きくありませんが、60台ほど停めることができます。伏見稲荷までは歩いて10分から15分ぐらいでアクセスすることができます。

伏見稲荷の臨時第2駐車場がおすすめ

第2駐車場もあります。第2駐車場は自動車ではなくバスを停めることができる臨時駐車場になっています。観光バスなどを使うために用意されている臨時駐車場で、第1駐車場の近くにあります。こちらは普通の自動車を停めることができませんので注意が必要です。停めることができるスペースも20台ほどですので小さいです。

観光などで使う場合はこちらの大型の駐車場に行くかもしれません。臨時の駐車場ですので平日に混雑している時から、休日や混雑シーズンに利用されます。こちらも歩いて10分ほどで伏見稲荷大社にアクセスすることができます。

伏見稲荷の臨時第3駐車場がおすすめ

伏見稲荷大社の最寄駅である稲荷駅から、伏見稲荷大社と反対側に向かって進んでいくとある駐車場です。こちらはかなり遠いので利用しづらいのであまり使うことがないかもしれません。稲荷駅には周辺にレストランやカフェがあったりお土産を買うことができるところがあったり、商店街がありますので周辺観光などで時間がたっぷりある人向けです。

こちらも臨時で用意されている駐車場ですが伏見稲荷退社までは歩いて20分くらいの時間がかかります。無料で車を停めることができるようになっており、80台ほどのスペースがありますのでなかなかの広さになっています。

混雑しているときはお昼過ぎで締め切りになってしまうことがありますが、穴場の駐車場ですので、どうしても見つからない場合は第3駐車場までアクセスしてみるのがいいかもしれません。なかなか遠い伏見稲荷大社の駐車場です。

伏見稲荷の臨時第4駐車場がおすすめ

隣人の駐車場はもう一つあります。それは第4駐車場です。こちらも朝の9時頃から夕方の17時頃まで営業している駐車場になっており、稲荷駅よりも伏見稲荷駅のそばにあります。100台ほど車を停めることができるようになっており、伏見稲荷大社まで歩いて15分ぐらいの距離にあります。こちらも使いやすい駐車場です。

しかし基本的には休日などに開いていることはなく、年末や年始などに利用することができるようになっている特別の臨時駐車場になっています。あまり使うことがないかもしれませんが、こちらの駐車場が利用できる時もあります。

伏見稲荷大社は年末年始は駐車場が大混雑

伏見稲荷大社は年明けがとても混雑することでも有名です。初詣で訪れる人もいらっしゃいますので、車で地方からアクセスされる方もいらっしゃいます。300万人近くも参拝に訪れるというので、かなりの混雑が予想されるでしょう。年末年始の場合は境内の駐車場が閉鎖されます。携帯の横の駐車場は使えないので注意が必要です。

30日から1月の5日頃まで混雑しますので、この期間は境内の隣の駐車場が閉鎖されます。先ほどご紹介した臨時の駐車場がありますが、年末年始の場合は臨時の駐車場も閉鎖されます。基本的には伏見稲荷大社の駐車場がないと思った方がいいでしょう。

周辺にコインパーキングなどがありますが、コインパーキングなども混雑が大変です。しかし年末年始の場合は特別料金になりますので料金が高いです。混雑して帰ってくる時間がかかるので、コイン駐車場に停めるとかなりの金額になりそうです。

伏見稲荷大社の年末年始のコイン駐車場は特別料金

周辺にコイン駐車場があり、普段はあまり利用される方が少ないので料金が安く設定されています。上限金額も1000円以内で利用することができたりと、かなり破格の安さで停めることができるのがここら辺の駐車場です。しかしコイン駐車場は年末年始の混雑シーズンになるとかなり高い料金になりますので注意が必要です。

伏見稲荷大社の周辺のコイン駐車場はハイシーズンの料金になりますので、お金に余裕がある方や、あまり長居しない人におすすめです。混雑しているのでなかなか食べることができなそうですが、特別料金で営業されています。

周辺のコイン駐車場の特別料金の営業期間は12月30日から1月の半ばまでになっています。三ヶ日を過ぎた後でもたくさんの参拝客が訪れますので、伏見稲荷大社の年末年始はしばらく特別料金で停めることができるようになっています。

伏見稲荷大社の年末年始は駐車場も境内も混雑!

年末年始は伏見稲荷大社の駐車場だけでなく周辺もかなり混雑しています。実は平日でもかなり混雑しており、京都の人気の観光シーズンになると鳥居の境内を歩くのも大変です。皆さん立ち止まって写真を撮っていますので、なかなか進まないこともあります。平日でも縁日のように境内がお祭り騒ぎですので、かなりの混雑です。

平日でも混雑していますので休日はなおさらです。年末年始となるとかなり混雑しますので、行き帰りの電車も大変です。自動車で来る場合も道路が混雑しており、交通規制などが行われたりしています。

伏見稲荷大社に年末年始に行く場合は車ではなく、公共交通機関を利用するといいでしょう。電車を使うかバスを使うかしてアクセスするのがおすすめです。混雑しているので押されて転ばないように注意してください。

伏見稲荷大社の駐車場を利用するメリットは?

京都の観光を車で行っている人もいらっしゃるでしょう。レンタカーを借りて友達同士で運転交代していけば、安い料金で利用することができるし、一日中電車に乗っているのも疲れます。レンタカーを借りてサクッと目的の場所まで行きたいという人も多いでしょう。伏見稲荷大社のように駐車場がある観光スポットもあるので人気です。

伏見稲荷大社の駐車場を利用するメリットも確かにあります。伏見稲荷大社の混雑から解放されるので、駐車場に着いた時に気持ちを落ち着けることができるでしょう。帰りの電車の中まで混雑していますので、混雑疲れしてしまいます。

足が悪くて車を使わないといけない人もいらっしゃるでしょう。そうした方にとっても駐車場があるのはやはりメリットが大きいです。しかも無料で使うことができて、かなりの大きさになっています。車で行くメリットも大きそうです。

伏見稲荷大社の駐車場は参拝以外は禁止

駐車場はありますのでそちらに車を停めて周辺を観光したい方もいらっしゃるでしょう。しかし基本的には参拝客以外の利用が禁止されています。伏見稲荷大社の無料の駐車場を知っている方にとっては、周辺で買い物を済ましたりする時にも利用することができるので、使いやすいと思ってしまうかもしれません。

しかし基本的には参拝客以外の使用を禁止しています。ぜひともいろんな人が観光できるように、参拝が終わったら車を止めておかないで移動するようにしていった方がいいでしょう。現場に係員がいますので、長居もよくなさそうです。

参拝しないのであれば周辺にコイン駐車場がありますので、そちらを利用しておくのがいいでしょう。広々としていて使いやすいですが、平日でもとても混雑していますので、混雑で利用できない場合もありますので周辺を探すのもおすすめです。

伏見稲荷大社や駐車場はどれくらい混雑する?

京都は観光地が混雑しやすいので、平日でもなかなかスムーズに観光することができない時もあります。夏休みや冬休みになると学生さん達もいらっしゃいますので、京都はどこも混雑します。伏見稲荷大社は平日や休日の混雑はどうなっているのでしょうか。伏見稲荷大社の普段の混雑も気になります。

平日の混雑シーズンでも混雑しています。時間帯によっては駅からずっと人が流れています。お店が出ていたり、屋台があるので、そうしたところにもしてはたくさんいらっしゃいます。平日の昼間はかなりの行列になっています。

千本鳥居の中が一番混雑しています。皆さん後ろがつまらないように歩いて進んでいきますが、写真を撮影したりしていますので、途中で止まったりすることもあります。奥の方まで進めば大丈夫ですが、手前側はとても混雑しています。

伏見稲荷大社の駐車場は1月は利用できない

先ほどもちらっとご紹介しましたが、年末年始は境内の駐車場を利用することができないようになっています。30日から5日まで利用することができないようになっていますので、それ以降でないと駐車場を使うことができません。しかし伏見稲荷大社は5日以降も混雑します。平日でも休日でもお休みを取っている人がいるので混雑しています。

周辺の駐車場も15日あたりまで料金が特別料金になっていますので、大体1月の半ば頃までは混雑すると考えておくといいでしょう。三ヶ日が終わると大山祭が行われるので、伏見稲荷はまだまだ混雑します。

1月の中旬以降も混雑することが予想されますので、境内の駐車場は混雑しているでしょう。周辺の駐車場が停めても特別料金が続いている場合がありますので覚悟しておいた方がいいでしょう。気をつけて参拝してください。

伏見稲荷大社の周辺におすすめのコイン駐車場はある?

では、伏見稲荷大社の周辺におすすめのコイン駐車場があるのかも気になるところです。リパークワイド伏見稲荷北などは平日の朝8時から夜の20時までは30分200円で利用することができるのでおすすめです。境内の駐車場が混雑している時平日の時間帯を狙って車を停めるのもいいでしょう。

最大料金は24時間利用することができて1000円以内になっています。年末のシーズンなどでない限りとても安い値段で利用することができるのでお勧めの駐車場です。またパークステーション24伏見稲荷などもおすすめの駐車場です。

パークステーション24伏見稲荷も平日は8時から夜の20時まで40分200円で利用することができるおすすめの駐車場です。24時間営業で最大料金が平日の昼間の場合1200円になっています。無料ではないですが平日の混雑時に使える時間貸し駐車場です。

Thumb伏見稲荷大社のアクセス解説!京都駅や大阪からの電車・バス・車の行き方!
京都にある「伏見稲荷大社」は、人気の神社で、常に多くの参拝者で賑わいます。京都や大阪などさま...

伏見稲荷に参拝しに行こう!

いかがでしたか?伏見稲荷大社の駐車場は境内に駐車場がありましたので、無料で自動車を停めることができるようになっていました。利用することができる時間も制限がなく、無料で使うことができるのがいいところです。年末年始の場合は境内の駐車場が閉鎖されますので注意が必要です。年末年始は電車を使って行くのも良いでしょう。

関連記事

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ