鳥取砂丘砂の美術館は人気観光スポット!料金やアクセス・駐車場情報は?

鳥取砂丘に存在する「砂の美術館」は、鳥取砂丘の砂と水だけを使用したトップレベルの砂の彫刻を展示している世界で唯一の美術館。砂像彫刻家達による砂の彫刻が生み出す幻想的なアートの世界を鳥取砂丘、砂の美術館で体感してみませんか?料金やアクセスも紹介していきます。

鳥取砂丘砂の美術館は人気観光スポット!料金やアクセス・駐車場情報は?のイメージ

目次

  1. 1鳥取砂丘の人気スポット!「砂の美術館」をご紹介
  2. 2鳥取砂丘の人気スポット!「砂の美術館」とは?
  3. 3鳥取砂丘の人気スポット!「砂の美術館」の展示室
  4. 4鳥取砂丘の人気スポット!「砂の美術館」の開催期間と入場料金
  5. 5鳥取砂丘の人気スポット!「砂の美術館」へのアクセス
  6. 6鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所1:城
  7. 7鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所2:フィヨルド
  8. 8鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所3:北欧神話
  9. 9鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所4:発明家
  10. 10鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所5:展望広場
  11. 11鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所6:幸せの鐘
  12. 12鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめお土産1:オリジナルグッズ
  13. 13鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめお土産2:砂チョコ
  14. 14鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめお土産3:サブレ
  15. 15鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館の料金やお土産も把握

鳥取砂丘の人気スポット!「砂の美術館」をご紹介

鳥取県、鳥取市に位置する「砂の美術館」は、鳥取砂丘で定期的に開催される砂の彫刻を展示する美術館。1年に1度テーマを変えながら様々な彫刻の展示がされ、雨の日でも室内でアートが楽しめる砂像専用の屋内施設になっています。それでは、この砂の美術館についてさらに詳しく見て行くことにしましょう。

鳥取砂丘の人気スポット!「砂の美術館」とは?

「砂の美術館」とは、日本で唯一の砂像彫刻家である茶圓勝彦がプロデュースする世界初の砂像専用屋内施設。

「砂で世界旅行」がこの施設のコンセプトになっているため、毎年世界の地域別テーマが決定されます。展示が終了すれば砂像は元の砂へ戻されていくため、限られた時間しか存在しない美しい造形のためにアーティスト達が一心に情熱を注いでいきます。

そしてこの鳥取砂丘に世界各国から砂像彫刻家が招かれ、毎年テーマに沿った沢山の壮大な砂の彫刻が製作されていきます。例えば、2018年4月から2019年1月まで展示されていた第11期の製作テーマは、「砂で世界旅行・北欧編」。

北の幻想世界を彩る「フィヨルドの風景」や「北欧神話」などを始めとする22種類の壮大で美しい北欧の文化や歴史が、圧倒的スケールの砂像で表現されています。

この地で展示が開始されたのは2006年の第1期展示が始まり。展示でのテーマはイタリアとなっていましたが第四期までは、屋内ではなく野外の仮設テントで展示が行われていたそうです。

鳥取砂丘の人気スポット!「砂の美術館」の展示室

しかし接着剤を使用する事なく、砂と水だけで固めた彫刻「砂像」を雨風にさらさないよう維持管理していく事は野外では大変なため、一度展示と観覧する環境の見直しが検討され2012年に「天候型砂像展示施設」として現在のような美術館の姿になっていきました。

「砂の美術館」の施設内は、全部で3階建てになっていてエントランスにはチケット売り場とフォトスポットが用意されているので記念撮影も楽しむ事が出来るようです。

1階にはメインゲートや駐車場、事務所や観光案内所、パネル展示室があり、2階が砂像展示室になっています。お手洗いはメイン展示エリア1階と駐車場近くに用意されていて場内はバリアフリー、屋外にも展示場があります。

3階は、規模の大きな作品や展示の全景を見渡す事ができるメイン展示エリア(回廊)になっていて、お土産選びが楽しめるミュージアムショップも位置しています。

まず施設内に足を踏み入れたらこの3階の回廊から施設内全景を眺めてみるのがおすすめ。今回開催されている第11期展示の北欧編では、世界9カ国から19人の砂像彫刻家が集結し22作品もの砂像が製作されました。

繊細な砂像彫刻を保護するため、施設内は外気温と近い状態での展示が行われているため夏は外より涼しく快適ですが、冬は温度が低く設定されているため防寒対策をしっかりとした上で来館すると良いでしょう。

展示エリア、砂像エリア内での写真撮影は許可されていますが、写真の商用利用は禁止されています。又場内は禁煙、飲食やペットの入場も禁止、砂像に触れる事も禁止されています。

入場料金を支払った後の再入場もするが出来ないので注意が必要。「砂の美術館」という名前ですが通常の美術館とは異なる空間のためクロークなど荷物を預ける場所はありません。しかし先着順でベビーカーや車椅子などの貸し出しが行われています。

Thumb鳥取砂丘観光ガイド!おすすめの時間帯や時期・アクティビティなど徹底紹介!
鳥取を代表する観光スポットといっても過言ではないのが鳥取砂丘です。多くの人が訪れる鳥取砂丘は...

鳥取砂丘の人気スポット!「砂の美術館」の開催期間と入場料金

砂の美術館では、11期展示の 「北欧編」が2018年4月14日から2019年1月6日まで開催されていたため、次回の展示開催は4月13日から開始。展示予定作品は「砂で世界旅行・南アジア編」、2020年1月5日まで開催されます。

2019年1月7日月曜日から4月12日金曜日までは、第12期の砂像製作期間ならび館内の整備作業があるため砂の美術館は休館になります。

開催時間は、平日と日曜日の午前9時から午後6時。最終入館は午後5時30分までとなっていますが、土曜日は午後8時まで開館しているようです。

入場料金は、一般の方が600円。団体の方の入場料金は500円、小中高校生の入場料金は300円、団体の方の入場料金は200円となっているため鳥取砂丘と一緒に楽しむ事も出来そうです。

鳥取砂丘の人気スポット!「砂の美術館」へのアクセス

京阪神からアクセスする場合、JR大阪駅から特急スーパーはくとに乗車しJR鳥取駅まで2時間30分で到着します。広島、岡山方面からアクセスされる方は特急スーパーいなばに乗車すれば約2時間でJR鳥取駅に到着します。

東京駅から羽田空港を利用される方は、蒲田・磯子・大船方面行きのJR京浜東北線に乗り、浜松町まで向かい、東京モノレールに乗り換えて羽田空港に向かいます。羽田空港から飛行機で鳥取空港に到着したら高速バスに乗り鳥取駅で下車します。所要時間は3時間、料金は37587円です。

東京駅から新幹線を利用する方は、JR新幹線のぞみで広島行きに乗車します。姫路に到着したらJR姫新線佐用行きで佐用に着いたら智頭急行に乗り換え智頭へ向かいます。そこからJR因美線で鳥取駅まで6時間54分、料金は16700円です。

東京駅八重洲南口や新宿駅から鳥取行きの夜行バスや高速バスも出ています。JR鳥取駅から砂の美術館までは、路線バス又はタクシー、ループ麒麟獅子バスが運行しています。

鳥取駅のバスターミナル0番から「砂の美術館前」バス亭までは、約20分。路線バスの他、湯村温泉・湯めぐりエクスプレスや展望台でのみ停車するバスも利用可能です。「砂丘センター展望台」で下車すると徒歩1分ほどで美術館のサブゲートが見えてきます。

片道の乗車料金は、大人370円。子供は190円となっています。「日本交通路線バス」や「日の丸路線バス」の時刻表が公式サイトから観覧出来、時刻が変更される場合もあるため事前に確認をしておくと良いでしょう。

住所 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
電話番号 0857-20-2231

Thumb鳥取砂丘へのアクセス方法まとめ!車やバスでの移動手段を徹底比較!
鳥取の人気観光スポットである鳥取砂丘。山陰人気の高まりに伴い、鳥取砂丘は、全国各地からたくさ...

鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所1:城

それでは、2018年砂の美術館で開催された「北欧編」では大自然やアンデルセン童話、神話にちなんだどんな砂像が展示されていたのか今後の参考に見て行きましょう。

まず、訪れた観光客達を出迎えていたのはデンマークのフェン島南部に存在するイーエスコウ城でした。背丈や大きさもかなり大きく精巧につくられた建築物は、まるで現地を旅行しているかのような錯覚を起こさせます。

この城は北海道の登別市にある水族館、マリンパーク二クスのモデルになった事でも知られるフラン・ブロッケンフュスによって1554年に建設された湖の真ん中に佇むルネッサンス様式の城。イーエスコウとはデンマーク語で、かしの木の森を意味しています。

鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所2:フィヨルド

展示場の一番奥の背景に大きく広がっているのは、北欧の自然を代表するフィヨルド。フィヨルドとはノルウェー語で入り江を意味しています。百万年以上もの長い時を経て浸食した氷河が作り出す青く神秘的なフィヨルドの谷間を表現した砂像です。

距離も長く、海抜1000mを超える崖が連なり聳え立っている風景は大自然を神のように信仰してきた北欧諸国で伝承されてきた童話や神話の世界観とも密接に繋がっているのがわかります。

砂像のため施設内の作品は一色ですが、氷や水が流れ出る仕掛けや水の流れる音も用意されているため耳をすませば、北欧諸国の壮大な世界観を体感する事が出来ます。

北欧の児童文学作品である人魚姫も、水中で生活している様子が伝わってくるかのように髪の毛先の流れ方や揺れ方などの細部まで精巧に表現されています。

鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所3:北欧神話

キリスト教以前の世界に存在したノース人達の信仰に基ずく神話、北欧神話の砂像で表現されているのは、彼らが崇める最高神オーディーンや騎士、ルーン文字や動物達。

砂像で表現されている王のみが鎮座する王座の椅子や鋭い眼光の狼の存在感がとても印象的、砂である事も忘れ神話の一場面の中に吸い込まれていくようです。

これはアイスランドを含む北欧のペイガニズムや民族独自の思想、風習を理解するのに役立つ貴重なものが表現された作品。北欧の北方民族達は太古の昔、生命の樹によって繋がっている九つの世界が存在すると信じていました。

鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所4:発明家

アルフレッドノーベルはダイナマイトの発明で巨万の富を得たことで知られる、北欧スウェーデンの化学者、彼は発明家でもあると同時に実業家でもありました。

自身の遺産をノーベル賞の創設に使用したことでも知られ、砂の美術館ではダイナマイトの破壊力と思い悩む本人の憂鬱な姿が砂で絶妙に表現されています。

彼が発明したダイナマイトは、後に鉱山の発掘や建設などの発展に大きく寄与しましたが危険な爆発事故で弟と助手を亡くすこととなってしまいます。

鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所5:展望広場

見応えのある砂の芸術作品を堪能した後は、徒歩で行く事もできる鳥取砂丘を、施設内の展望台から眺めてみては?

砂の美術館は高めの場所に位置しているため、3階の外に繋がる丘からも砂丘を一望できるスポットが用意されています。展望台からは、砂丘の他美しい日本海の海を一望する事が出来、施設内ではミニ砂像体験などのイベントも行われています。

この美術館の総合プロデューサー、茶圓勝彦氏による公開砂像製作も毎年1回のみ行われているためどのようにして砂像が出来上がっていくのか直接現場を見ることが可能です。

雄大な大自然や海が堪能できる鳥取砂丘とはまた違った角度からじっくりと「砂」や「芸術」と触れ合う事ができるのが砂の美術館。

第12期に展示予定の「砂で世界旅行・南アジア編」の前売り割引チケットも、2019年2月2日金曜日から4月12日金曜日の9時から17時まで、鳥取市のふるさと物産館本店・駅構内の観光案内所・本庁舎で販売され、ローソンやミニストップ店内のLoppiでも購入出来るそうです。

鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめ見所6:幸せの鐘

砂の美術館3階の出口から順路を進んでいくと展望広場がありますが、その中に大切な方へ想いを込めて鳴らすと願いが届くという「幸せの鐘」が存在します。

展望広場内はこの美術館の穴場スポットとして知られていて、天気の良い日はロケーション抜群の撮影スポット。

椅子とテーブルも用意されているためゆっくりと休憩する事も出来ます。展望台のさらに一番高い場所に「一回だけ鳴らして下さい」という表示のある鐘があるので時間がある方は是非鳴らしてみましょう。

鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめお土産1:オリジナルグッズ

砂の美術館3階に位置するお土産ショップでは、毎回のテーマにちなんで変わる限定品の海外お土産や美術館のオリジナルグッズが用意されています。

3階のお土産ショップ営業時間は、午前9時から午後4時30分まで。鳥取のお土産や地元の特産品を購入されたい方は、敷地内に併設された砂の美術館ショップの方へ行くのがおすすめです。

敷地内に併設されている砂の美術館ショップの営業時間は、平日午前9時から午後6時まで。土曜日、日曜日、シーズン中の繁忙時期は午前9時から午後8時まで営業しています。

鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめお土産2:砂チョコ

砂の美術館ショップには、鳥取砂丘の砂に似せた期間限定の砂チョコお土産と呼ばれるものがあります。味はホワイト、いちご、チョコの3種類があり値段は4枚に対し500円と高めになっています。

コーティングがされたチョコの表面は、ごまやきなこなどの粒で砂が表現されていて中のホワイトチョコレートと一緒にごまやきなこが口の中いっぱいに広がり、他では味わえない変わった風味が楽しめる紅茶にも良くあうお土産です。

食べてみると思った以上に厚みがあり、粒やパウダーで砂丘のイメージがそのまま表現された、美術館の思い出に残る一品です。

鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館おすすめお土産3:サブレ

このお土産は、鳥取砂丘の名物である珈琲を生かした美味しいお土産。27個入りで1080円と手頃な値段で購入できるため、お茶のお供や同僚達と一緒にいただくのにも最適です。

珈琲の風味が意外に強く、味もしっかりついているため一度食べると後をひくようなお味。サブレの上には珈琲豆の小さなかけらがトッピングされているので、サクサク感とカリカリ感も同時に楽しめるでしょう。

この他鳥取砂丘の名物である、ぶどうと梨のフィナンシェ、砂珈琲ゴーフレット、ナシータカレー、鳥取県のお米を食べて育った良質な美歎牛(みたにぎゅう)入りのカレーなどが販売されています。

Thumb鳥取砂丘周辺のランチおすすめ7選!人気の海鮮やカフェもあり!
鳥取県といえば、シンボルとしても有名な鳥取砂丘が人気観光スポットにもなっています。観光スポッ...

鳥取砂丘の人気スポット!砂の美術館の料金やお土産も把握

世界のトップレベルアーティスト達が集う、砂像の美術館の見所やアクセス情報、おすすめなどをご紹介してきました。鳥取砂丘に位置する「砂の美術館」は、海外へ出向かずして国を代表する世界遺産や各国の街並み、趣のある風景や童話の世界観にまとめて浸れてしまう興味深い施設だったのではないでしょうか?

関連記事

Original
この記事のライター
Eine kleine

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ