長命寺桜もちは江戸時代から続く桜餅専門店!買う方法・値段・食べ方とは?

長命寺の桜餅といえば、数百年前から春の風物詩として有名なお菓子です。こちらでは長命寺の桜餅について、その歴史やこだわり、食べ方、お値段や日持ちはするのか、道明寺の桜餅との違いは何なのかなど、様々な情報をご紹介していきます。

長命寺桜もちは江戸時代から続く桜餅専門店!買う方法・値段・食べ方とは?のイメージ

目次

  1. 1長命寺の桜餅を大調査
  2. 2「長命寺」ってどんなお寺?
  3. 3長命寺の桜餅の歴史
  4. 4長命寺の桜餅といえば山本や
  5. 5長命寺の桜餅のこだわり1:味
  6. 6長命寺の桜餅のこだわり2:餅
  7. 7長命寺の桜餅のこだわり3:小豆
  8. 8長命寺の桜餅のこだわり4:桜の葉
  9. 9長命寺の桜餅の食べ方
  10. 10桜の葉はリメイクしよう
  11. 11長命寺の桜餅の日持ちについて
  12. 12長命寺の桜餅のお値段
  13. 13長命寺の桜餅(山本や)以外のおすすめ店1:日本橋長門
  14. 14長命寺の桜餅(山本や)以外のおすすめ店2:秋色庵大坂家
  15. 15長命寺の桜餅(山本や)以外のおすすめ店3:赤坂青野
  16. 16長命寺と道明寺の違いとは
  17. 17長命寺の桜餅を食べに行こう

長命寺の桜餅を大調査

春の和菓子として人気の桜餅ですが、桜餅は地域によってスタイルが違います。今回ご紹介する桜餅は関東地方で主流の長命寺の桜餅です。こちらでは長命寺の桜餅の特徴や食べ方、お値段、日持ち、名店や、関西の桜餅である道明寺の桜餅とに違いなどをご紹介していきます。

「長命寺」ってどんなお寺?

ところで長命寺の桜餅の「長命寺」とは、実在するお寺の名前なのですが、長命寺とは一体どのようなお寺なのか少しご紹介しましょう。

長命寺の桜餅の「長命寺」は東京の墨田区にあるお寺です。お寺は天台宗のお寺で、本尊は阿弥陀如来です。

長命寺が建てられた時期については諸説あり、1596年から1615年の間に建てられたといわれています。

実は長命寺はもともとは違う名前でした。この寺を現在の名前にしたのは、歴史上でも有名な人物である、三代将軍の徳川家光です。

あるとき家光が出かけた際、具合が悪くなってこの寺に立ち寄りました。その際に寺の境内の般若水で薬を飲むと、状態が回復したため、この寺の井戸水を長命水と名付けたことから「長命寺」という現在の名称になりました。

長命寺の桜餅の歴史

長命寺の桜餅はもともと長命寺が売り出した桜餅というわけではありません。長命寺の桜餅には長い歴史があり、桜餅が生まれたのは1717年頃のことだといわれています。

とある和菓子屋さんが隅田川の土手の桜の葉を塩漬けにし、それに餅と餡子を挟んだ桜餅というものを考案しました。

当時からこの隅田川沿いは桜の名所であり、花見の時期には多くの花見客が訪れました。そして多くの客が桜餅を購入しました。

この桜餅は長命寺の門の前で売られていたため、長命寺の前で売られている桜餅は美味しいと評判になり、「長命寺の桜餅」と呼ばれるようになったのです。

長命寺の桜餅といえば山本や

というわけで、長命寺で桜餅を売り始めたのは山本新六という人物で、現在でも山本やという屋号で歴史ある長命寺の桜餅を販売しています。

山本やでは、山本新六の桜餅を考案した時代から、ずっと桜餅だけをつくり続けています。シンプルですが歴史のある長命寺の桜餅にはさまざまなこだわりがあります。

山本やは隅田川沿いにあり、浅草駅、もしくは押上駅から徒歩15分から20分ほどのところにあります。近くにはスカイツリーもありますので、観光がてらに立ち寄るのもおすすめです。

長命寺の桜餅のこだわり1:味

長命寺の桜餅は300年以上も続く老舗の看板商品ですので、こだわりは沢山ありますが、一番のこだわりは味についてです。

歴史ある長命寺の桜餅を扱う山本やには、季節になると今でも多くの客が訪れますが、桜の葉の上品な香りと塩気、しっとりとした生地と甘さ控えめの安が絶品ですが、この味は創業当初から変わらずに守り続けられてきたものです。

長命寺の桜餅のこだわり2:餅

長命寺の桜餅の餅(皮)の部分は小麦粉で作られています。小麦粉と水だけで作られた餅の生地は一枚ずつ丁寧に職人により焼き上げられます。


焼き上げられた餅は、薄くもちもちとした食感で、シンプルな材料でできているために、桜の葉の香りと上品な塩味がよけいに引き立ちます。

長命寺の桜餅のこだわり3:小豆

和菓子の餡に使われる小豆はお菓子作りの材料として大変重要なポイントです。歴史ある長命寺の桜餅に使われる小豆は北海道産の小豆が使用されています。

北海道て採れる小豆は粒はさほど大きくないのですが、風味がよく、皮も実も柔らかいのが特徴です。味に癖がないので、お菓子作りの材料としては最高級のものと言われています。

国産の材料を使っているということで、美味しいことはもちろんのこと、安全な食材であるということも、おすすめのポイントの一つです。

長命寺の桜餅のこだわり4:桜の葉

長命寺の桜餅が、季節を感じさせる一品となったのは、桜餅をつつむ葉に桜を使っているからです。

創業当時は山本やがある墨田区の向島付近の桜の葉を使用したのでしょうが、現在山本やで使用している桜の葉は伊豆の松崎町で生産された桜の葉を使用しています。

桜の葉の種類はオオシマザクラという種類の桜の葉を使っているそうです。桜には実は10種類ほどの桜の種類があり、オオシマザクラの葉は産毛がないので、桜餅用の葉として利用されているのだそうです。

オオシマザクラは伊豆諸島に多く生育することから、桜餅の葉に使われる葉は、ほとんどが伊豆の松崎町というところで生産されます。

実は生の桜の葉には、桜餅に使われいる桜の葉のような桜の上品な香りはありません。あの桜の香りは生の桜の葉を塩漬けにしたときに、桜の葉が発酵してクマリンという物質が出ることから生まれる香りです。

桜餅という和菓子はシンプルな和菓子のように見えますが、桜の葉っぱを使うということで、実はたくさんの知恵や工夫が詰まったアイデア商品だということがわかります。

長命寺の桜餅の食べ方

桜の葉で包まれた桜餅の食べ方に関しては、人により様々な食べ方があるでしょう。長命寺の桜餅は、一つの桜餅に三枚の桜の葉が使われています。

この桜の葉をすべてはがして食べる食べ方もありますし、そのまま葉っぱごと食べる食べ方を好む方もいますし、葉を一枚だけ残して、葉とお餅を一緒に食べるという方もいるでしょう。

長命寺の桜餅を考案した山本やのホームページによると、桜の葉ははがして食べる食べ方を推奨しているようですが、基本的には食べ方は自由です。

桜餅の食べ方については面白い小噺もあります。ある人が桜餅を葉ごと食べているので、その隣にいた人が、その人に「かわをむいて食べるとよいですよ」と伝えたところ、その人は皮(葉)をむくのではなく、近くに流れる川の方向を見て食べたという話です。

でも確かに、隅田川沿いに咲き誇る桜の花を見ながら桜餅を食べるのは風情があってよいものです。

桜の葉はリメイクしよう

歴史ある長命寺の桜餅に使われている桜の葉は、長命寺に落ちている大量の桜の葉を見て、山本新六が考え出したものです。

桜の葉はもともと、お餅が乾燥するのを防ぐと同時に、お餅に桜の香りをふんわりと付けるのが目的でした。

また、桜の葉は乾燥しやすいので、それを防ぐために塩漬けにしたのですが、その塩味も甘い桜餅のアクセントとなり、桜餅の特徴の一つとして人気が出るようになりました。

歴史ある長命寺の桜餅には一つの桜餅につき、桜の葉が三枚つけられています。この桜餅の食べ方は様々ですが、葉を外していただく場合、外した葉っぱがもったいないような気がします。

そんな場合は桜餅の葉っぱをリメイクして食べる食べ方がいくつかありますので、少しご紹介しましょう。

まず最初は桜餅の葉とお米を使った食べ方です。桜餅を食べる際に外した桜の葉は、茎の硬いところを除き、細かく刻みます。そしてそれを洗ったお米と適量の水を入れた炊飯器に入れて一緒に炊き上げます。

桜の葉をごはんと合わせる食べ方としては、同じく細かく刻んだ桜の葉を炊き立てのご飯に乗せ、お茶漬けにしてもいただくのも簡単でおすすめです。

また、桜の葉を細かく刻み、溶き卵に混ぜ、卵焼きにしていただくのもおすすめです。卵焼きにほのかに香る桜の香りが新鮮でおすすめです。

また、香りの良い桜の葉は、ケーキやパンの生地に練りこんで焼き上げても桜の香りが漂う季節感たっぷりのものができるのでとてもおすすめです。

長命寺の桜餅の日持ちについて

歴史ある山本やの長命寺の桜餅は、お土産などに大変好評です。特に3月4月などの桜の季節には事前予約がおすすめです。

また、お土産にするのであれば、日持ちに関してはとても気になるところです。日持ちに関してですが、長命寺の桜餅は保存料などの添加物が一切入っていません

そのため、出来立てが一番おいしく、その後は時間がたてばたつほど乾燥してしまいますので、味が落ちてしまいます。

つまり日持ちするかしないかというと日持ちはしません。日持ちどころか、当日中にできるだけ早くいただくのが長命寺の桜餅を美味しくいただく秘訣です。

長命寺の桜餅は日持ちはしないのですが、お土産で大量にいただいてしまい、食べきれないというときもあるでしょう。

そんなときはひとつづつラップで包み冷凍庫に入れて保存しましょう。食べきれないとわかったら、早めに保存をしましょう。食べたいときに冷凍庫から出し、自然解凍で数時間でいただけます。

冷凍庫に入れたら永遠に日持ちをするというわけではありませんので、冷凍保存した場合もできるだけ早めに召し上がることをお勧めします。

長命寺の桜餅のお値段

山本やの長命寺の桜餅はリーズナブルなお値段も魅力です。桜餅は1つから購入することができます。長命寺の桜餅は一つあたりのお値段は200円です。

お土産用のものは、箱詰めのものがあります。箱詰めのものは6個入りから50個入りまであります。お値段は一つ単位で購入した場合のお値段に、箱のお値段が150円から200円ほどかかります。

また、お土産用の物には箱ではなく、篭に入ったものもあります。桜餅が竹で組まれた箱に入っている様子はとてもおしゃれです。

篭入りのものは、10個入りから30個入りまでありますが、こちらのお値段は一つ単位で購入した場合のお値段に篭のお値段が500円から600円ほどかかります。

さらに山本やにはかんたんな喫茶スペースがあり、そちらで桜餅をいただくと煎茶がついてお値段は300円です。出来立ての桜餅は絶品です。お土産に桜餅を購入して帰るのもおすすめですが、お店で出来立てをいただくのもおすすめです。

長命寺の桜餅(山本や)以外のおすすめ店1:日本橋長門

長命寺の桜餅を考案した山本やも大変歴史のあるお店ですが、こちらの日本橋長門も300年以上の歴史がある和菓子店です。東京駅の八重洲北口から徒歩2分のところにあります。

こちらのお店の桜餅は桜の葉は2枚です。薄目の餅の皮の中にはこしあんがたっぷりと詰まっており、こちらのお店のお菓子もすべて保存料を使っていないので、生菓子はあまり日持ちはしません。

しかしながら、こちらのお店には様々な種類のお菓子が置いてあります。生菓子ではなく、半生菓子や最中などであれば、5日から1週間ほどの日持ちがしますので、それらのお菓子もお勧めです。

長命寺の桜餅(山本や)以外のおすすめ店2:秋色庵大坂家

こちらも300年以上の歴史がある老舗の和菓子屋です。こちらのお店は都営地下鉄三田線・浅草線の三田駅から徒歩5分のところにあります。

現在は三田に店舗がありますが、創業当時は明治27年まで現在の日本橋小網町にお店があったそうですので、やはり隅田川の近くに店を構えていた人気店です。

こちらの桜餅は桜の葉を一枚使用するスタイルです。桜餅自体は小ぶりで、薄い餅でこしあんを三角に包み込んだものです。

老舗の和菓子店である秋色庵大坂家では、桜餅も美味しいのですが、週替わりや月替わりの生菓子、期間限定の生菓子はいずれも大変おすすめです。お菓子で季節を感じることができるのは和菓子の醍醐味です。是非チェックしてみてください。

長命寺の桜餅(山本や)以外のおすすめ店3:赤坂青野

こちらのお店も1899年創業の老舗の和菓子屋です。こちらのお店の桜餅は、あのアップル社のスティーブジョブズの御用達であることで有名です。

コチラの桜餅は三種類あります。二種類は長命寺の桜餅風で薄皮の餅に餡を挟んだものなのですが、一つは白い餅で、餡はつぶあん、もう一つは桜色の餅で餡はこしあんです。

関東風の桜餅はこしあんのものが多い中、つぶあんファンの方にとっては、つぶあんを使った桜餅はとても嬉しいです。

さらにこちらのお店では三種類めの「葉桜餅」というのもあります。葉桜餅は長命寺風ではなく、道明寺風の桜餅です。さらに、中に入れられる餡は、白あんだったりつぶあんだったり、お店の職人が毎年考えて変わるそうです。

長命寺と道明寺の違いとは

東京の隅田川沿いが発祥である長命寺の桜餅に対して、道明寺の桜餅というのがあるのをご存知でしょうか。

道明寺というのは大阪府の藤井寺市の真言宗のお寺です。こちらで保存食として作られた道明寺粉をもとに作ったのが道明寺の桜餅です。

道明寺粉は水に浸して蒸したもち米を乾燥させ、粗びきにした粉です。長命寺の桜餅の餅の生地が小麦粉からできているのに対して、道明寺の桜餅のお餅はもち米でできていますので、よりもちもちとした食感が味わえます

また形状も異なっており、長命寺の桜餅は一枚のもちで餡を挟んだ平たい形状なのですが、道明寺の桜餅はころんとしたお饅頭に近い形状です。

Thumb桜餅は「道明寺」と「長命寺」の二種類ある?関東と関西の違いも調査!
春の訪れを告げる和菓子である「桜餅」は、関東風の長命寺と関西の道明寺の2種類があることをご存...

長命寺の桜餅を食べに行こう

いかがでしたでしょうか長命寺の桜餅についてご紹介してみました。約300年前に考案された、歴史ある長命寺の桜餅は、春のお土産や贈り物にぴったりです。また、お土産で購入するだけでなく、桜の季節には隅田川に咲き誇る桜を見ながら長命寺の桜餅をいただくのもまた大変風情があります。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ