伏見稲荷大社の御朱印と御朱印帳の種類は?受付時間や場所も解説!

日本に3万社あるといわれている稲荷神社の総本宮が京都の「伏見稲荷大社」です。歴史があり、ご利益も知られていて、人気の神社です。そんな、伏見稲荷大社の御朱印や御朱印帳や御朱印帳袋について、種類や拝受できる時間帯や、授かれる場所やお土産までを詳しく紹介します。

伏見稲荷大社の御朱印と御朱印帳の種類は?受付時間や場所も解説!のイメージ

目次

  1. 1伏見稲荷大社は大人気の神社!
  2. 2稲荷山に伏見稲荷大社
  3. 3伏見稲荷大社は1300年の歴史
  4. 4伏見稲荷の御祭神
  5. 5伏見稲荷大社御朱印
  6. 6伏見稲荷大社御朱印1:本殿でいただける御朱印
  7. 7伏見稲荷大社御朱印2:奥社奉拝所でいただける御朱印
  8. 8伏見稲荷大社御朱印3:御膳谷奉拝所でいただける御朱印
  9. 9伏見稲荷大社御朱印4:御旅所でいただける御朱印
  10. 10伏見稲荷大社御朱印5:伏見神宝神社の御朱印
  11. 11御朱印や御朱印帳の常識
  12. 12京都には人気の御朱印帳がある!
  13. 13伏見稲荷大社の御朱印帳は1種類
  14. 14京都にはかわいい御朱印帳がある!
  15. 15かわいいきつね柄の御朱印帳:麗聲堂
  16. 16京都の大型雑貨店の御朱印帳:INOBUN
  17. 17個性あふれる御朱印帳:寺子屋布遊舎・伏見店
  18. 18伏見稲荷大社の見どころは楽しいおキツネ様
  19. 19ぜひチャレンジ伏見稲荷大社の「おもかる石」
  20. 20伏見稲荷大社のミニ知識
  21. 21伏見稲荷大社へのアクセス
  22. 22伏見稲荷大社のお土産
  23. 23伏見稲荷大社でお稲荷さんのパワーを授かりましょう!

伏見稲荷大社は大人気の神社!

日本人にとって身近な神様は「お稲荷さん」です。全国に約3万社あるといわれている稲荷神社の総本宮が伏見稲荷大社です。京都市伏見区の稲荷山にあります。広く知られた稲荷神社で、人気も高く、初詣客は関西地区最多で三が日だけで約270万人です。そんな、伏見稲荷大社の御朱印を中心に、拝受できる場所や時間など役立つ情報の紹介です。

稲荷山に伏見稲荷大社

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)は、京都府京都市伏見区深草にある神社です。伏見稲荷大社は全国の稲荷神社の総本宮とされるところです。伏見稲荷大社は稲荷山にあり、稲荷山全体が伏見稲荷大社となっています。稲荷山は標高233メートルの山で、東山三十六峰に含まれる山です。

稲荷山に無数にあふれる朱色の鳥居は壮観な景観です。その特異な景観から、近年では外国人の人気観光地ランキングでもトップをとるなど、人気の観光スポットにもなっていて、多くの観光客が訪れています。

伏見稲荷大社は1300年の歴史

伏見稲荷大社は、奈良時代の和銅4年(711年)2月初午の日に、稲荷大神がご鎮座されたと伝わっています。その後、1300年にあたる平成23年(2011年)に、御鎮座1300年を迎えています。伏見稲荷大社はそれだけ由緒あり、輝く歴史がある神社です。

平安時代には、稲荷神は五穀豊穣を司る神として崇敬されていましたが、時代が経ち、国の形も変わってくると、町人や商人の稲荷信仰があり、商売繁昌、産業興隆、家内安全、交通安全、芸能上達の守護神としても信仰されるようになっています。

同時に、江戸時代になると、願い事が「通る」、願い事が「通った」、その御礼の意味から、鳥居を奉納する習慣が広がったそうです。現在は約1万基の鳥居が稲荷山の参道全体に並んで立っています。その鳥居の姿が伏見稲荷大社でよく知られた千本鳥居です。

伏見稲荷の御祭神

伏見稲荷大社には五柱の御祭神がお祀りされています。主祭神の宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)は、境内の中央の下社にお祀りされています。佐田彦大神(さたひこのおおかみ)は中社に鎮座されています。大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)は上社にお祀されています。

摂社の2柱の神様は、田中大神(たなかのおおかみ)を下社摂社、四大神(しのおおかみ)を中社摂社にお祀りしています。

宇迦之御魂大神、佐田彦大神、大宮能売大神の3柱に、明応8年(1499年)に、本殿に合祀された左右の摂社にあたる、田中大神と四大神を加えて、五柱の神を一つの社殿に合祀する形(一宇相殿)にして祀ってあります。

田中大神および四大神については、伏見稲荷大社に関わりがある地主神か、稲荷さんに関係深い土着神的傾向が濃厚とみなされています。

伏見稲荷大社御朱印

最近は御朱印が人気ですが、伏見稲荷大社にも人気の御朱印があります。伏見稲荷大社は境内が非常に広く、境内の各所で御朱印がいただけます。御朱印の種類もあり、御朱印ガールに人気の伏見稲荷の御朱印を紹介します。

伏見稲荷大社の御朱印は、①伏見稲荷大社・本殿、②伏見稲荷大社・奥社奉拝所、③稲荷山の御朱印(御膳谷奉拝所)、④伏見神宝神社(伏見稲荷大社の中にある別の神社)の4カ所で、御朱印が拝受できます。

伏見稲荷大社御朱印1:本殿でいただける御朱印

本殿でいただける御朱印は、伏見稲荷大社に相応しい『伏見稲荷大社』と墨書きされる御朱印です。鳥居をくぐって、本殿の手前左の場所にある社務所でいただくことができます。観光客が多いために、御朱印をいただけるのに時間がかかることもあります。手描きの御朱印を希望する場合は、午後4時までに受付してもらいましょう。

伏見稲荷大社御朱印2:奥社奉拝所でいただける御朱印

伏見稲荷大社の奥社奉拝所のところでいただける御朱印は、『伏見稲荷大社奥社』と入った御朱印が拝受できます。奥社の御朱印は、その場で墨書きされず、紙に書かれた御朱印がいただけます。伏見稲荷大社の奥社奉拝所へは、本殿の左から階段を登っていきます。階段の奥行きは広く、傾斜もそれほどきつくありませんが気をつけて登りましょう。

そんな中で、伏見稲荷大社の千本鳥居を登って行くと、その先の右手先の場所に、伏見稲荷大社の奥社の御朱印がいただける「奥社奉拝所」の御朱印授与所があります。御朱印の授与いただける時間は、午前8時30分~午後4時30分です。

伏見稲荷大社御朱印3:御膳谷奉拝所でいただける御朱印

伏見稲荷大社の「御膳谷奉拝所」は、稲荷山の中腹、四ツ辻を少し登ったところにあります。山頂に近い場所です。山登りが必要になりますので、山登りに相応しい準備をしましょう。

御膳谷奉拝所の御朱印は、通常の御朱印では「奉拝」と書かれますが、ここでは、山登りですから「登拝」と揮毫されます。御朱印の中央には『山城国稲荷山』という文字が書かれます。御朱印がいただける時間帯は、午前9時~午後4時くらいになります。

稲荷山の御朱印がいただける「御膳谷奉拝所」へ行くためには、稲荷山の山頂へ向かう途中にある四ツ辻を左に曲がる必要があります。山頂への登山は30分程度かかりますが、山頂からは京都市内の絶景が一望できます。

伏見稲荷大社御朱印4:御旅所でいただける御朱印

「御旅所」でいただける御朱印は期間限定になります。御旅所は、例年4月下旬から5月初旬にかけて行われる、伏見稲荷大社の稲荷祭の時期だけ、神輿が一時的に移される場所で御朱印を拝受できます。

御朱印がいただける御旅所の場所は、イオンモール京都の近くになります。御朱印は、稲荷祭奉拝『伏見稲荷大社御旅所』と揮毫されます。レアな御朱印だけに貴重な御朱印といえます。

伏見稲荷大社御朱印5:伏見神宝神社の御朱印

伏見稲荷大社がある稲荷山にある「伏見神宝神社(ふしみかんだからじんじゃ)」でも、御朱印がいただけます。伏見神宝神社は、伏見稲荷大社の奥の院の先にある千本鳥居の途中にある階段から山道を登った場所にあります。

伏見稲荷で頂ける御朱印は、『伏見神宝神社』の文字の御朱印になります。伏見神宝神社の付近は「竹取物語」に縁がある場所といわれ、境内には興味がわく、竹取物語にゆかりの品があります。

御朱印や御朱印帳の常識

御朱印も御朱印を拝受する御朱印帳にも、最低限の気配りをしましょう。御朱印は神様の拠り所ともいえます。そんな神様が複数種類揮毫されるのが御朱印帳です。

お守りや、神札を大切にするのと同じように、御朱印帳も大切に保管しましょう。絶対的に厳守すべき決まりではありませんが、大きなご利益を期待するなら、日頃から御朱印帳を大切に保管しましょう。

御朱印や御朱印帳の常識1:御朱印帳を預けてお参りは先に!

まず、神社にお参りをしましょう。御朱印が揮毫、押印されるまでの時間の関係などで、御朱印帳を社務所に預けることはできますが、必ず、神社にお参りしましょう。お参りを済ませてから揮毫いただいた御朱印帳を受け取りましょう。御朱印だけいただくことがないように注意しましょう。

御朱印や御朱印帳の常識2:時間に余裕持って拝受

御朱印は書いていただける時間は決まっています。伏見稲荷大社の御朱印については、場所によって少し異なりますが、御朱印を書いていただく基本の受付時間は、おおよそ午前8時半から午後4時半位までです。神社側の都合もあり、終了間際の駆け込みは良いものではありません。

伏見稲荷大社は境内が広いし、山登りもあります。時間は十分に余裕をもって御朱印を拝受しましょう。場合によれば、再度のお参りも検討しましょう。

御朱印や御朱印帳の常識3:神社用御朱印帳と寺社用御朱印帳

絶対要件ではありませんが、出来ることなら御朱印帳は、寺院用と神社用に分けましょう。神社と寺院の御朱印が混在しても、問題はないのですが神仏が大きく分離している現代では、御朱印は分けた方が、御朱印を書いていただく寺院、神社の両方で、快く引き受けていただけるようです。

御朱印や御朱印帳の常識4:御朱印帳の保管は大切に!

御朱印帳は持ち歩くことがあります。移動する時にも大切に取扱いましょう。御朱印帳には、神様のお名前が書かれています。御朱印も神様の拠り所です。墨書きされ、社印や社紋が押印され複数種類の御朱印が集まったのが御朱印帳です。大切に保管しましょう。できれば、御朱印帳袋に入れて持ち歩きましょう。

京都には人気の御朱印帳がある!

最近の御朱印ブームの一つの要因として、個性的な御朱印帳の存在もあります。確かに、最近の御朱印帳には、魅力的なキャラクターが画かれていたり、格調高い刺繍が施された表紙があったりして、入手が困難であったりして、持っているだけでプチ自慢になる御朱印帳もあります。伏見稲荷大社関連の御朱印帳の紹介です。

伏見稲荷大社の御朱印帳は1種類

伏見稲荷大社の御朱印帳は紺色の御朱印帳、1種類です。特徴ある図柄もキャラクターもありません。紺色1色の御朱印帳です。きわめてシンプルなデザインです。記事作成時点で、初穂料は、800円になります。御朱印帳の販売場所は、伏見稲荷大社の本殿横にある「社務所(授与所)」になります。

御朱印帳袋は完備していない

伏見稲荷大社の御朱印帳袋ですが、記事作成時点では完備していないようです。伝統工芸品の多い土地柄、伏見稲荷大社の近辺では、御朱印帳を取り扱うお店もあり、複数種類の御朱印帳袋も販売されているようです。その中から自分好みの、京都に相応しい御朱印帳袋を選ぶことができます。

Thumb伏見稲荷大社のご利益で金運も恋愛運もアップ!パワースポットが満載の神域!
金運や恋愛運のご利益で有名な「伏見稲荷大社」には世界中から多くの人が訪れますが、金運や恋愛運...

京都にはかわいい御朱印帳がある!

伏見稲荷大社の御朱印帳は1種類ですが、京都は伝統工芸の名店が多い土地で、神社や寺院意外でも京都の伝統技術が活かされたオリジナルな御朱印帳が販売されています。そんな、かわいい御朱印帳を取り扱っている、京都のお店の紹介です。すでに、インターネットなどでは話題になっている御朱印帳もあります。

かわいいきつね柄の御朱印帳:麗聲堂

麗聲堂(れいせいどう)さんは、御朱印帳を中心とした小さな和雑貨のお店です。大量生産ではなく、バラエティーに富んだ色々な種類の御朱印帳を取り扱っています。人気の御朱印帳は、稲荷+きつねさん柄の麗聲堂さんオリジナルの御朱印帳です。

麗聲堂では、オーダーメイドのマイ・御朱印帳も相談出来るようです。営業時間は、午前10時~午後5時までで、お店の場所は以下になります。

住所 京都府京都市伏見区醍醐中山町6
電話番号 075-200-3838

京都の大型雑貨店の御朱印帳:INOBUN

京都市の四条河原町にある「イノブン四条本店」は、大型生活雑貨専門店です。京都の伝統と新しい創造力あふれる商品がたくさん並んでいます。他店にないお店独自の商品にこだわっています。御朱印帳は種類があり、価格帯もマチマチで、自分に最適な御朱印帳を選ぶのも迷います。営業時間は、午前11時~午後9時までです。 

住所 京都府下京区河原町西入ル御旅町26四条通
電話番号 075-221-0854

個性あふれる御朱印帳:寺子屋布遊舎・伏見店

「寺子屋布遊舎・伏見店」さんのオリジナル御朱印帳は、キツネさんと呼ばれる、かわいいキャラクターが描かれている御朱印帳です。御朱印帳のサイズは約12センチメートル×18センチメートルで、蛇腹式の御朱印です。

寺子屋布遊舎製の御朱印帳は人気があり、売り切れになることがあります。季節によって変わりますが、基本の営業時間は、午前9時30分~午後5時30分までです。

住所 京都府京都市伏見区深草開土町1-6
電話番号 075-645-4010

伏見稲荷大社の見どころは楽しいおキツネ様

伏見稲荷大社には、使者であるおキツネ様があふれています。伏見稲荷大社の入り口にあたる楼門の脇には、狛犬の代りの「狛キツネ」があります。楼門に向かって右は「玉」をくわえ、左は「鍵」をくわえています。他にもさまざまな形のキツネが境内に鎮座されています。おキツネ様を見て回るのも楽しみになります。

ぜひチャレンジ伏見稲荷大社の「おもかる石」

奥社奉拝所(おくしゃほうはいじょ)の奥の場所に、一対の石灯籠があります。まず、その前で願いごとをします。「おもかる石」は、石灯籠の上にのっている空輪(頭)です。その空輪(石)を持ち上げてみて、軽く感じられれば、近々に願いが叶うそうです。重く感じたらもう少し時間がかかりそうです。ぜひ、トライしてみましょう。

伏見稲荷大社のミニ知識

まず、なぜ「イナリ」なのでしょうか?あくまで、一つの説ですが、イナリは「イネが生った」→「稲生(いななり)」の音変化といわれています。

そして「お稲荷さん」は、なぜ「朱塗り」かご存じですか?お稲荷さんの朱色は、魔除けの色であり、魔力に対抗する色ともいわれています。古代から宮殿や神社仏閣に多用されています。伏見稲荷大社では稲荷大神様のお力である豊穣を表す色といわれています。また、朱は昔から木材の防腐効果があり、使われてきた経緯もあります。

伏見稲荷大社に鳥居がいっぱいある理由ですが、伏見稲荷大社に祈願し、願い事が「通る」または「通った」その御礼の意味で、鳥居を奉納する習慣が江戸時代から始まり、現在も続いています。その結果、現在は約1万基の鳥居が稲荷山の参道全体に広がっています。 

また、伏見稲荷大社の境内の広さは約26万坪(約87万平方メートル)が境内の広さがあります。甲子園球場の約22個分の広になります。

そして伏見稲荷大社ときつねの関係です。「稲荷大神様」のお使いあたる眷族(けんぞく)が「きつね」とされています。ただし、自然界に生息する狐ではなく、実際の眷属様は目に見えません。透明狐=白狐(びゃっこ)様として、崇められます。

気になる「お稲荷さん」のご利益ですが、古来は雨乞いなど、天災を避けて五穀豊穣を願い、国の安寧を願われたそうです。平安時代には良縁祈願があり、また、豊臣秀吉公は母親の病気平癒を真剣に祈願しています。 時代とともに、商売繁昌、産業興隆、家内安全から、近代では交通安全、芸能上達の守護神としても信仰されています。

また、伏見稲荷大社の境内にはお寺があったそうです。応仁の乱で焼失した本殿復興の浄財勧募のため、本願所が設けられ、元禄時代より幕末まで愛染寺として存続していました。しかし、明治になり、廃仏毀釈もあって、明治初年に廃寺されました。

Thumb伏見稲荷大社『千本鳥居』の数は本当に千本?意味や奉納の歴史に迫る!
京都の伏見稲荷大社には「千本鳥居」という不思議な場所があります。たくさんの鳥居が並ぶ姿はとて...

伏見稲荷大社へのアクセス

伏見稲荷大社へのアクセスは良く、公共交通機関でも、最寄り駅から数分で伏見稲荷大社へアクセスできます。JRを使うと、JR京都駅からJR奈良線へ乗り換えて「稲荷駅」で下車して、駅から3分~5分です。京阪電車を使うと、京阪電車の京阪本線「伏見稲荷駅」で下車し、徒歩で約5分~6分で、伏見稲荷大社へ着きます。

車で、伏見稲荷大社へアクセスする場合は、名神高速道路の京都南インターで下りて、約20分で着きます。阪神高速道路の場合は、上鳥羽出口から約10分でアクセスできます。伏見稲荷大社には駐車場があり、普通車が約170台駐車できます。伏見稲荷大社へのアクセスは便利です。

Thumb伏見稲荷大社の無料駐車場を解説!平日の混雑予想やおすすめの時間帯は?
京都の伏見稲荷大社は境内の中に無料で利用することができる駐車場があります。今回は京都の伏見稲...
Thumb伏見稲荷大社のアクセス解説!京都駅や大阪からの電車・バス・車の行き方!
京都にある「伏見稲荷大社」は、人気の神社で、常に多くの参拝者で賑わいます。京都や大阪などさま...

伏見稲荷大社のお土産

伏見稲荷大社にお参りした時のお土産ですが、伏見稲荷大社の種類豊富なお守りもお土産にできます。伏見稲荷大社は京都にあります。京都にはたくさんの種類のお土産があります。伝統あるお土産や、良く知られたお土産もあります。そんな中から5種類のお土産の紹介です。

伏見稲荷大社のお土産1:伏見稲荷大社「白狐ストラップ守り」

伏見稲荷大社にお参りしたのですから、いつも身につける稲荷神社のお守りをお土産にしましょう。「白狐ストラップ守り」は、可愛いと評判のお狐様のストラップです。それでも、伏見稲荷大社の神様のお使いのお狐様のストラップです。「開運」「厄除け」等のご利益が期待できます。販売場所は伏見稲荷大社の社務所です。

住所 京都府京都市伏見区深草藪之内町68
電話番号 075-641-7331

伏見稲荷大社のお土産2:祢ざめ家「いなり寿し」

日本一の伏見稲荷大社です。お土産はやはり「いなり寿し」はおすすめです。祢ざめ家(ねざめや)さんの稲荷寿司は、伏見稲荷大社のお参りには外せないお土産です。

お店は天文9年(1540年)に創業した超老舗です。お店の屋号は、豊臣秀吉公から命名されたそうで、正室・祢々(ねね)の1文字を与えられたそうです。お店の場所は以下です。祢ざめ家さんの営業時間は午前10時~午後6時です。

住所 京都府京都市伏見区深草御前町82 
電話番号 075-641-0802

伏見稲荷大社のお土産3:松屋「鈴味噌せんべい」

松屋さんの「鈴味噌せんべい」は、鈴のように煎餅を振ると音が鳴ります。職人さんが音が出るように、煎餅1個1個を手作業で煎餅の中に炒り大豆を入れてあります。鈴せんべいは別名「辻占いせんべい」といわれ、折り曲げた煎餅に占いが挟まれていて、食べながら占いも楽しめます。販売場所は以下です。松屋さんの営業時間は午前8時~午後6時です。

住所 京都府京都市伏見区深草一ノ坪町27-5
電話番号 075-641-1906

伏見稲荷大社のお土産4:まるもち家「まるもち」

お土産といえば、あんこ物は外せません。京都のまるもち家さんの 「まるもち」は、丸い形で可愛い餅菓子の専門店です。まるもちは、粒あんやみたらし餡などをお餅の中に包みこんで、表面をほんのりと焼き上げたお菓子です。

粒あん、みたらし餡、抹茶に、季節限定のフルーツ味のまるもちがあります。お店の場所は以下です。まるもち家さんの営業時間は午前10時~午後5時です。

住所 京都府京都市伏見区深草一ノ坪町26-3
電話番号 075-643-6381 

伏見稲荷大社のお土産5:総本家宝玉堂「きつね煎餅」

総本家宝玉堂(ほうぎょくどう) さんの「きつね煎餅」は伏見稲荷大社の定番お土産になっています。総本家宝玉堂さんは昭和初期創業で、80年以上の歴史がある老舗煎餅店です。伏見稲荷を代表するお土産になった、稲荷煎餅の発祥のお店といわれています。

きつね煎餅には「白味噌」が使われ、素朴で美味しい味に出来上がっています。煎餅をキツネの顔の形にしたことも人気の秘密です。総本家宝玉堂さんの営業時間は、午前7時30分~午後7時までです。

住所 京都府京都市伏見区深草一ノ坪町27-7
電話番号 075-641-1141

伏見稲荷大社でお稲荷さんのパワーを授かりましょう!

伏見稲荷大社の御朱印は、種類もあり、何よりも、伏見稲荷大社の広大な境内を巡っていただけるところが、伏見稲荷大社の御朱印の特徴であり、頂いたときのありがたさも実感できます。複数種類のご利益も期待できる伏見稲荷大社へ出かけて、お稲荷さんのパワーを授かりましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ