瑞牆山は登山初心者にもおすすめ!アクセスや日帰りルートを詳しく紹介!

山梨県の北杜市にある瑞牆山は奥秩父山脈のひとつであり、荒々しい岩場が特徴的な山で日帰り登山もできて、登山初心者にもおすすめです。今回はそんな瑞牆山について、アクセス方法や駐車場情報、日帰りルート、山荘についてなどご紹介していきます。

瑞牆山は登山初心者にもおすすめ!アクセスや日帰りルートを詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1登山におすすめの瑞牆山をご紹介
  2. 2瑞牆山の基本情報
  3. 3瑞牆山へのアクセス方法
  4. 4瑞牆山の駐車場
  5. 5瑞牆山の登山コース1:瑞牆山荘からのルート
  6. 6瑞牆山の登山コース2:みずがき山自然公園ルート
  7. 7瑞牆山の登山コース3:瑞牆山・金峰山ルート
  8. 8瑞牆山の山荘情報
  9. 9瑞牆山のベストシーズン
  10. 10瑞牆山周辺の観光情報1:みずがき山自然公園
  11. 11瑞牆山周辺の観光情報2:ハイジ村
  12. 12瑞牆山周辺の観光情報3:温泉施設
  13. 13瑞牆山周辺の観光情報4:星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳
  14. 14瑞牆山周辺の観光情報5:八ヶ岳リゾートアウトレット
  15. 15瑞牆山で登山を楽しもう

登山におすすめの瑞牆山をご紹介

今回ご紹介する瑞牆山は秩父山脈のひとつの山であり、荒々しい岩場が特徴的な初心者にも登りやすい山として有名です。日帰りのコースがほとんどですが、山小屋でキャンプしたりして、周辺の山と併せて登山するのも人気となっています。今回はそんな瑞牆山について、登山ルートやアクセス方法、駐車場情報などご紹介します。

瑞牆山の基本情報

まず、瑞牆山の基本情報についてご紹介します。瑞牆山は日本百名山にも数えられていて、奥秩父山脈のひとつの山です。岩場の多い山ですが、登山口からは最短コースだと約3時間ほどで登頂することができるので、初心者にもおすすめの山とされています。山頂からは、富士山や南アルプス、八ヶ岳などの絶景を楽しむことができます。

瑞牆山は山全体が花崗岩でできた山となっていて、道中には様々な奇岩を見ることができます。中でも見ごたえがあるのは、まっぷたつに割れた桃太郎岩や大ヤスリ岩、弘法岩、十一面岩などです。これらはクライミングでも人気のある岩で、クライミング目的で訪れる人も多くいます。

瑞牆山は日帰りで登れる山ですが、麓には山荘や、道中には山小屋もあるので、キャンプをしながらの登山も楽しめます。初心者の方などでゆっくりと登山を楽しみたい方は、途中キャンプをして数日かけて登るのもおすすめです。

瑞牆山へのアクセス方法

次に瑞牆山へのアクセス方法についてご紹介します。瑞牆山には駐車場も設けられているため、自家用車でも公共交通機関でもどちらでもアクセスできます。

まず車でアクセスする場合ですが、瑞牆山荘へは中央道須玉ICから県道610号線を経由して約40分ほどとなります。みずがき山自然公園へのアクセスは、瑞牆山荘の少し手前に公園入口の看板があるので、そこを左折して道なりに進むと到着します。

次に公共交通機関を利用してアクセスする場合についてご紹介します。瑞牆山荘へのアクセスは、JR中央線韮崎駅から山梨峡北交通バスの「韮崎瑞牆線」に乗車して、「みずがき山荘」バス停で下車します。韮崎駅からの乗車時間は約1時間10分となります。

またみずがき山自然公園へのアクセスは、JR中央線韮崎駅から山梨交通バスの「増富温泉郷」方面に乗車します。韮崎駅から約50分ほどのところにある「塩川」バス停で下車します。バス停から自然公園までは距離があるため、車でのアクセスの方がおすすめです。

瑞牆山の駐車場

次に瑞牆山の駐車場についてご紹介します。先程もご紹介したとおり、瑞牆山には駐車場も設けられているため、車でのアクセスが可能です。まず瑞牆山荘にある駐車場は利用料金が無料なのでおすすめです。駐車場の台数は約100台と広いですが、無料ということもあり、ハイシーズンは混雑するのでお気をつけください。

またみずがき山自然公園にも駐車場があり、こちらも利用料金が無料となります。この駐車場にはトイレも付いているので、登山のために利用するにはおすすめです。この駐車場の駐車可能台数も100台程度となります。

瑞牆山の登山コース1:瑞牆山荘からのルート

ここからは瑞牆山の登山ルートについてご紹介していきます。瑞牆山は基本的には日帰りで登れるルートとなりますが、のんびり山を楽しみたい方は周辺の温泉施設や山小屋に宿泊したり、キャンプをしながら登山を楽しむのも良いでしょう。

まずご紹介するのが、瑞牆山荘からスタートする日帰りルートです。距離にすると約5.5キロメートルのコースで、瑞牆山荘から富士見平を経由する登山ルートとなります。

富士見平までは緩やかな坂道ですが、そこから少し下ると天鳥川があり、川を超えたあたりから急登が始まります。山頂手前は、鎖場も多くなり約2時間ほど岩場を登っていくことになります。

このルートでぜひ立ち寄ってほしいポイントは、富士見平の手前にある水場です。ここではキレイな天然水が湧き出ていて、水を補給することができます。このコースの標高差は約715メートルで、所要時間は約5時間となります。日帰りで登れるルートにはなりますが、岩場が多いので登る際はお気をつけください。

瑞牆山の登山コース2:みずがき山自然公園ルート

次にご紹介するコースは、みずがき山自然公園から瑞牆山を周回する日帰りルートです。こちらのコースは全長9キロメートルと距離は長めですが、岩場が少なく比較的登りやすいです。岩場が苦手な方や初心者にはこちらの日帰りコースがおすすめです。このコースの標高差は約758メートルで、所要時間は約6時間ほどとなります。

みずがき山自然公園からは林道が続き、約40分ほど歩くと渓流に出ます。そこからは渓流沿いに進んでいくのですが、流れる水は透明度がとても高くキレイです。その先にある不動滝を超えると、傾斜が徐々にきつくなっていきます。岩場は少ないですが、何箇所か鎖場も現れてきます。不動滝からは約1時間ほど登ると山頂に到着します。

瑞牆山の登山コース3:瑞牆山・金峰山ルート

最後にご紹介する登山コースは、日帰りではなく山小屋にキャンプしながら登山を楽しむおすすめコースです。宿泊する場合は瑞牆山だけでなく、周辺の山もあわせて登山することをおすすめします。

いくつかのコースがありますが、ここではひとつだけおすすめのモデルコースをご紹介します。まず1日目は瑞牆山荘を出発して、富士見平小屋へ立ち寄り荷物を置きます。その後瑞牆山山頂を目指して登山し、登頂後は富士見平小屋へ戻り、その日はそこで宿泊します。翌日は富士見平小屋から金峰山の山頂を目指すコースとなります。

このコースに出てくる金峰山も、比較的登りやすくて初心者にもおすすめの山となります。そのため、瑞牆山と金峰山の両方を登山するこのコースは、登山初心者にも人気のコースなのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

瑞牆山の山荘情報

次にご紹介するのは瑞牆山の山荘情報についてです。瑞牆山荘は、登山口の正面にある登山者向けの宿泊施設です。瑞牆山は日帰りルートが主流ですが、山に慣れていない初心者の方やのんびり登山を楽しみたい方はこの山荘の利用がおすすめです。

瑞牆山荘ですがお風呂も利用でき、またカフェレストランも併設されていて、誰でも立ち寄って食事やお茶を楽しめます。ちなみにレストランの人気メニューは手捏ねハンバーグとチーズケーキです。夏になるとソフトクリームなども販売されるので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

また、登山口から1時間ほど歩いた先には富士見平小屋があり、こちらにも宿泊することができます。登山口から近い小屋なので、初心者でキャンプが初めてという方にも人気の小屋です。小屋の売店にはお土産の他にも軽食やコーヒーもあり、日帰りでも利用できる小屋となっています。

小屋の利用料金は、素泊まりで4500円、1泊2食付きで9500円、テント泊のキャンプは1000円、食事のみの利用で5000円となります。ちなみに冬季の利用料金は500円となります。

瑞牆山のベストシーズン

次に瑞牆山のおすすめシーズンについてご紹介します。瑞牆山は1年を通して登山やキャンプなどを楽しめる山として有名ですが、季節ごとに楽しみ方についてそれぞれご紹介していきます。

まずおすすめなのは6月のシャクナゲの季節です。瑞牆山の登山道にはシャクナゲが多くあり、見頃の時期になると登山客も多く訪れ賑わいます。特に不動滝を通るコースがおすすめで、シャクナゲの群落を見ることもできます。瑞牆山に咲くシャクナゲはアズマシャクナゲという品種で、ピンクの可愛らしい花が特徴的です。

次におすすめなのは紅葉シーズンです。瑞牆山は紅葉の名所でもあり、山の裾野から中腹にかけてミズナラやダケカンバ、モミジなどの広葉樹林帯が広がり、鮮やかに色づき美しい景色となります。また山頂付近はカラマツやシラビソなどの針葉樹林帯で、中腹あたりの黄金色と山頂付近の緑色のコントラストが美しい風景が楽しめます。

瑞牆山周辺の観光情報1:みずがき山自然公園

ここからは瑞牆山周辺の観光情報についてご紹介していきます。まずは登山ルートの紹介でも登場した「みずがき山自然公園」をご紹介します。この公園は「第52回全国植樹祭」の主会場跡地でもあり、動植物の種類も豊富で自然豊かな公園となっています。敷地内には芝生広場やキャンプ場があり、キャンプを楽しむ人もたくさんいます。

キャンプ場にはテントサイトが約100箇所あり、利用者が10張り以上で管理者が夜間も駐在してくれるので、初心者でも安心して利用できて人気のキャンプ場となっています。公園の管理棟には売店や食堂もあり、地元の農産物の販売も行われています。

瑞牆山周辺の観光情報2:ハイジ村

次にご紹介するのは「山梨県フラワーセンターハイジ村」です。敷地内には石造りの街並みが広がり、ヨーロッパの農村地帯をイメージした園内は散策するだけでも楽しめます。

天気が良いと富士山や八ヶ岳、南アルプスが一望できる景勝地としても有名です。園内は花が咲き誇り、特にガーデンへ抜けるバラの回廊は見ごたえがあり、抜けた先はパノラマ花壇が広がり、四季折々の花を楽しむことができます。

ハイジ村への入園料は高校生以上の大人が500円、小中学生の子供が250円となります。アクセス方法ですが、中央道韮崎ICから県道27号線を経由して、明野村方面へ15分ほどとなります。敷地内にはレストランやカフェ、ショップの他に、温泉と宿泊施設もあります。敷地内は広いため、園内を周遊できるロードトレインも走っています。

Thumb山梨のひまわり畑を完全網羅!おすすめの絶景スポットや開花の見頃を調査!
山梨にはひまわり畑が幾つかあります。富士山の絶景を見ることができたり、ご当地のソフトクリーム...

瑞牆山周辺の観光情報3:温泉施設

次にご紹介する瑞牆山周辺の観光情報は、温泉施設です。瑞牆山周辺には温泉施設がたくさんあり、日帰りはもちろん宿泊もできておすすめです。登山初心者の方などゆっくりと山を楽しみたい方は、このような温泉施設に宿泊したり、登山後に温泉で疲れを癒やしたりしても良いでしょう。

まずおすすめする温泉は増富温泉郷の中にある「増富の湯」です。ここの温泉は日本では珍しいラジウムを含んだお湯で、源泉かけ流しで楽しめます。また川の近くに位置する「みずがきランド」では、お風呂から農村の風景と川のせせらぎが聞こえてくるため、ゆったりとくつろぐことができておすすめです。

「ゆーぷるにらさき」は館内に流れるプールやウォーターガーデンもある温泉施設で、子供も楽しめる温泉となっています。他にも広い露天風呂をはじめ寝湯や打たせ湯、気泡浴など様々な入浴施設があるので人気です。

今回ご紹介した温泉施設はどれも瑞牆山から近く、日帰りで楽しめるため、登山のあとに立ち寄るのにおすすめです。

Thumb山梨の日帰り温泉ランキングBEST11!カップルに人気の施設や家族風呂も!
富士山の麓にある山梨県は天然温泉が豊富で安い日帰り温泉スポットがたくさんあります。カップルや...

瑞牆山周辺の観光情報4:星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳

次にご紹介するのは星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳です。ここは宿泊施設ではありますが、敷地内にはプールやスパ、レストラン、ショップなどがあり日帰りでも楽しめます。季節ごとにイベントも開催されているので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

特にリゾナーレ内にあるイルマーレは、波の出るプールやウォータースライダーをはじめ、キッズスペースや水遊び場、スパゾーンなど子供から大人まで楽しめるアトラクションが多数揃っていておすすめです。

アクセス方法は車の場合、中央自動車道の小淵沢ICから約5分となります。また電車でアクセスする場合は、JR小淵沢駅から送迎バスが走っているので、そちらを利用すると良いでしょう。瑞牆山からは車で1時間ほどと少し遠いですが、登山の疲れを癒やしに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

瑞牆山周辺の観光情報5:八ヶ岳リゾートアウトレット

最後にご紹介する瑞牆山周辺の観光情報は、八ヶ岳リゾートアウトレットです。広い敷地面積を誇るアウトレットで、インポート系ファッションやスポーツアウトドア、生活雑貨など約64店舗のショップが入っています。ショップが充実していることに加え、大自然の中にあるので、自然を満喫しながらのショッピングはおすすめです。

登山グッズのショップもたくさんあるので、瑞牆山へ登山へ行く準備として立ち寄りのもおすすめです。またショッピング以外でもオープンカフェでは手作りケーキが楽しめたりと、自然の中でゆったりと過ごすことができるので、人気のスポットとなっています。

アクセス方法ですが、車だと中央道小淵沢ICから約5分ほどとアクセスの良い場所にあります。電車でアクセスする場合は、最寄りはJR小淵沢駅となり、駅からはタクシーの利用がおすすめです。以前はシャトルバスが運行していましたが、現在は走っていないのでお気をつけください。

瑞牆山で登山を楽しもう

今回は初心者にもおすすめの登山スポット「瑞牆山」について、登山コースやアクセス方法、駐車場情報、また周辺の観光情報についてご紹介してきました。岩場が多いのが特徴の瑞牆山ですが、山頂からは南アルプス、八ヶ岳、また富士山を眺めることができるので、絶景を目指してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ちこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング