石和温泉で日帰り入浴できるおすすめの場所は?カップルや家族で貸切もできる!

山梨を代表する温泉郷石和温泉。石和温泉には日帰りでも温泉を楽しむことが出来る施設や旅館がたくさんあります。日帰り温泉プランを提供している宿もあります。今回は山梨旅行の拠点に便利な石和温泉で日帰り温泉が楽しめるカップルや家族におすすめの施設をご紹介していきます!

石和温泉で日帰り入浴できるおすすめの場所は?カップルや家族で貸切もできる!のイメージ

目次

  1. 1「石和温泉」で日帰りできるおすすめ温泉ご紹介
  2. 2果実と温泉の郷「石和温泉」について
  3. 3石和温泉近郊のおすすめスポット
  4. 4石和温泉の貸切も可能な日帰り温泉
  5. 5家族にもおすすめな日帰り入浴が可能な石和温泉の旅館
  6. 6カップルにもおすすめな日帰り入浴できる石和温泉の旅館
  7. 7石和温泉で日帰り入浴を楽しもう!

「石和温泉」で日帰りできるおすすめ温泉ご紹介

山梨県笛吹市にある「石和温泉」。南アルプスや大菩薩連峰、富士山などに囲まれた美しい街です。ここに1961年のある日、ぶどう畑から高温の温泉が突如として噴出したのが「石和温泉」の始まりです。当時青空温泉として大切にされていました。

お肌がすべすべになると地元での人気も高く、県外からも多くの観光客が高い評判を聞いて「石和温泉」へ出かけてきます。のどかな田園地帯に温泉施設が点在していてとっても居心地の良い「石和温泉」。年間300万人もの人が訪れています。

果物でも有名な「石和温泉」で日帰りできる温泉はあるのでしょうか。カップルや家族で日帰り貸切入浴が可能な温泉はありますか?おすすめのお得な日帰りプランはあるでしょうか。今回はこの「石和温泉」の日帰り入浴について詳しくご紹介していきます。

果実と温泉の郷「石和温泉」について

山梨県笛吹市、この旧東八代郡石和町地域に位置する石和温泉。「いさわおんせん」と読みます。ここ「石和温泉」は同市の「春日居温泉」と合わせて「石和・春日居温泉郷」と呼ばれています。甲府盆地の中央に位置し果実の国らしく果物も豊富な温泉郷です。

山梨県を観光するのにこの辺りの温泉宿を拠点とすると便利でおすすめです。「石和温泉」は春は桃や梅、桜の花が一斉に咲き辺り一面がピンク色に染まり、また初夏はさくらんぼ、そのあとは葡萄狩り。夏は花火などなどイベントや果物狩りが盛んです。

石和温泉の歴史

「石和温泉」は先ほども少し触れましたように1961年(昭和36年)突如として温泉が噴出したのが始まり。「いすみ荘」で改めて温泉掘削を行ったところ、毎分2,000Lものお湯が定期的に湧き出てくることが判明。地元の期待を背負って掘削作業がすすみました。

泉温49度で程よいもの。即席の露天風呂が次々と作られ地元で「青空温泉」と呼ばれるようになりました。その後地域内の温泉宿や地元の山梨県企業局によって掘削が進み、現在のような石和温泉ができました。温泉が湧出した場所には記念碑が建てられています。

新宿駅から特急「かいじ」や「あずさ」で1時間半ほどで来ることが出来、また車のアクセスは中央自動車道を使えば用意。関東地方からも大勢の観光客が訪れています。周辺に果樹園が点在しているため特産物である桃やぶどうを使ったワイナリーも盛んです。

平成14年にも新たに新源泉が湧出し、ここ「石和温泉」は日本の中でも有数の湧出量を誇る温泉郷となりました。旅館や大型ホテルがたくさん建設され、現在山梨県最大の温泉地となっています。「石和温泉」は「新日本観光地百選」で全国3位になっています。

石和温泉の見どころ

石和温泉街石和温泉駅から伸びており笛吹川までの区間を指しています。東西約1キロほどの長さにわたっている温泉街で全盛期は120件ほどの温泉宿が軒を連ねていました。現在はそれほどまでではありませんが「石和温泉」には50件程の宿が展開しています。

「石和温泉」で泊まれる温泉宿やホテルは大小さまざま。高級旅館や家族が安心して泊まれるようなアットホームな旅館、団体客も泊まれる大型旅館もあります。「石和温泉」には日帰り温泉ができる施設、お湯だけ楽しめる温泉や足湯、手湯など温泉を手軽に楽しめるアイディアにとんだ施設も増えてきています。

Thumb山梨の観光地ランキングTOP25!穴場スポットやモデルコースも一挙紹介!
山梨は豊かな自然を誇り、富士五湖を中心に温泉やテーマパーク、公園、渓谷など観光地がたくさんあ...

石和温泉近郊のおすすめスポット

四季折々どの季節に訪れてもその時旬の果物が味わえる体の芯から温まる温泉も味わえる人気の石和温泉「果物と温泉の郷」。東京の新宿からでも特急に乗れば1時間半ほどで行くことが出来るので山梨観光の拠点にぴったりと関東地方の人にも人気です。

菜の花や桃の花を見ると春が来たことを感じ、桜並木も一斉に色づきます。桃やぶどうもここ石和温泉の名産。秋の紅葉狩りの季節には昇仙峡の観光も兼ねながら日帰り温泉も味わえます。地元でとれる野菜を使った美味しい料理も味わえます。

石和温泉の近くには美味しい果物狩りが楽しめるスポットが点在しています。せっかく石和温泉に来たら果物を堪能してから温泉も楽しみましょう。東京から訪れても日帰りでその両方を楽しめます。石和温泉近くで果物狩りできるスポットのいくつかをご紹介します。

家族にもおすすめな果物狩り体験

家族で果物狩りを楽しめば思い出になること間違いありません。家族によって好みの果物はそれぞれ違うかもしれませんが石和温泉近郊にはいろいろな果物狩りができる農家があります。好みの果物を狙って石和温泉を楽しむ前後に出かけてみましょう。今回は数多い果物園の中から3カ所をご紹介します。

ぶどう狩り桃狩りが楽しい金桜園

たとえばぶどう狩り。ここ石和温泉ではぶどう狩りできる農家はいくつかありますが例えばこちらの金桜園さん。もも狩りとぶどう狩り両方が楽しめる農家です。桃と葡萄の里金桜園さんは、一宮町御坂インター近くにあります。インターから3分ほどの観光園。

季節によりますが春はほんのりピンクに色づいた可愛らしい桃の花のお花見が無料で楽しめ、夜には桃の木がライトアップされてとっても厳かな雰囲気に。夏は桃狩りが楽しめます。秋はぶどう狩りも。果物狩りを楽しんだ後食事もいただけます。詳しくは直接お問い合わせください。

みんな大好きないちご狩り・林いちご園

いちごが好きな方はこちら「林いちご園」はいかがでしょうか。章姫や紅ほっぺという種類のいちごがいただけます。食べ比べしてみるのも楽しいでしょう。酸味があまりなく甘みの強い子供たちに人気の章姫と香りが高いのが自慢のジューシーな紅ほっぺです。

高設養液栽培なので低くかがまなくていいのが人気。立ったりしゃがんだりするのが苦手な方も安心して楽な姿勢でイチゴが採れます。また通路が広くとられているので車椅子の方も安心。ベビーカーの赤ちゃんもお母さんと一緒にいちご狩りです。

世界のぶどうを食べ比べ・豊玉園

豊玉園さんは昭和42年開園、長年この地でぶどうを世話してきた老舗の農家さんです。美味しくみずみずしいブドウがいただけます。数々のマスコミに取り上げられてきているのでテレビや雑誌でご覧になった方もおられるかもしれません。家族連れだけでなく年配のご夫婦、若いカップル、独身の女性グループなど多くの人が訪れています。

冬の石和温泉はカップルにおすすめ!

石和温泉は冬もおすすめです。日帰りの温泉でカップルで、家族で露天風呂を楽しむことが出来ますが露天風呂からの冬の気色はまた一段と美しい。また毎年石和温泉にある笛吹川河川敷で冬花火が開催。この花火も石和温泉の冬の風物詩。約600発もの花火が冬の空を彩ります。甘いおしるこが無料でいただけるサービスも。

石和温泉の貸切も可能な日帰り温泉

石和温泉は山梨を代表する温泉街。どこの温泉に入ろうか迷ってしまいます。湧出口の温度が45.9度という高温泉なのもここ石和温泉の特徴。体の芯から温まる温泉は家族やカップルで貸切ができるプランもあります。各温泉宿で日帰り温泉貸切プランをご確認ください。老廃物を体の外に排出する効果のある湯質でお肌はすべすべに!

日帰り入浴でヒーリング効果も期待できる「薬石の湯 瑰泉」

石和温泉の「薬石の湯 瑰泉」さんは藥石を使った温泉が有名。水晶など山梨特産の宝石が温泉に使われています。例えば 男性大浴場には宝石壁画が掲げられており、露天風呂も高温サウナも宝石尽くし。銘石の宝石露天風呂も「薬石の湯 瑰泉」さんの名物です。

石和温泉の「薬石の湯 瑰泉」で温泉に入った後は中庭を散策して夕涼みも。24時間営業なので山梨の観光途中どの時間でも利用することが出来ます。温泉に加えて薬石の効果も味わえる。薬石入り泥パックをだれでも無料で体験出来るサービスも。

料金は中学生以上の大人が2,100円、子ども(3才以上)が1,050円。24時間いつでも利用できますが温泉での滞在時間が丸1日、24時間を超えた場合、入館料2,100円プラスされます。深夜、週末料金は1,000円プラスとなっていますのでご了承ください。深夜3:00~朝5:00迄は一時しめて清掃の時間です。浴衣やタオル代は含まれています。

保湿効果の高いナノ水を使用!日帰り入浴もできる「スパランド ホテル内藤」

石和温泉の「スパランド ホテル内藤」さんはきめの細かいナノ水を使っている温泉で有名です。お水が美味しい、髪がサラサラになった、湯冷めしにくい、肌がすべすべになどナノ水の効果は証明されてきていますがそのナノ水の温泉に入れるお得な温泉です。

山梨県らしいワイン風呂も人気。色と香りを楽しめる体の芯から温まるワイン風呂。その他にもジェットバスや打たせ湯、ぷくぷく電気風呂、漢方生薬薬湯、ヒノキ風呂、などお風呂の種類もとっても豊富。水中ウォーキングできるプール風呂や露天風呂ももちろんあります。

こちらも24時間営業で年中無休。大浴場は朝5時から深夜2時の営業となっています。入館料は大人(中学生以上)が2,000円、子供(3歳以上)が950円。(税込)深夜2:00以降に入館の場合は深夜料金1,000円がプラスされます。館内着やタオル、アメニティ込み。

家族にもおすすめな日帰り入浴が可能な石和温泉の旅館

石和温泉には旅館で日帰り入浴をさせてくれるところもたくさんあります。食事がセットになった日帰り温泉プランを出している旅館も数多くあります。日帰り温泉と食事がお得で人気があるプランを提供している石和温泉の温泉旅館の中から今回は「銘石の宿かげつ」さんと「かんぽの宿 石和」さんをご紹介します。

「銘石の宿かげつ」では家族に最適な日帰り入浴のプランも

石和温泉の中でもとりわけ老舗の「銘石の宿かげつ」さん。温かい和の雰囲気が魅力的な高級温泉宿です。優雅で厳かな雰囲気の高級温泉宿で日帰り温泉が楽しめるとはお得感があります。おおきな銘石がふんだんに使われた4000坪にもなる広い庭は綺麗に整備されており四季の美しさを伝えてくれます。

日帰り温泉でもこの高級宿「かげつ」の雰囲気を楽しみたい人のために日帰りの会席料理プランが用意されています。この日帰りプランは家族のような小グループでも利用可能です。家族構成などを予約時に伝えましょう。日帰りプランは一人6000円から。

貸切家族風呂が完備されている「かんぽの宿 石和」

石和温泉の「かんぽの宿 石和」さんにもお得なプランがあります。こちらもふんだんな湯量がうれしい大浴場やほっとくつろげるセンスの良い和の雰囲気の露天風呂が人気です。日帰り入浴の場合は温泉を楽しんだ後に会席料理や幕の内弁当をいただける、温泉と昼食の日帰り入浴セットプランです。

カップルにもおすすめな日帰り入浴できる石和温泉の旅館

石和温泉にある旅館の中には日帰り入浴ができるカップルにおすすめの温泉宿もたくさんあります。カップルならではの景色の良い露天風呂が自慢の石和温泉「旅館 笛吹川」やちょっと高級懐石料理や檜風呂付特別室利用がセットになった日帰り入浴プランがある石和温泉「富士野屋 夕亭」をご紹介します。

3種類の貸切露天風呂が利用できる「旅館 笛吹川」

2015年リニューアルオープンしたばかりの石和温泉「旅館 笛吹川」さんでは3つの趣の違う露天風呂が貸切にできると評判です。色彩の湯(ひのきの浴槽)、花みたての湯(御影石の浴槽)、燈籠の湯(陶器の浴槽)があります。日帰り入浴プランも用意されています。

入浴料は貸切露天風呂は美楽亭が大人1500円で時間は11時から12時までの1時間。予約制になっていますのでご注意ください。火曜日と水曜日はお休みとなっています。どうしても到着時間が遅れそうなときは予約時に電話口で相談してみましょう。

貸切屋上露天風呂もある「富士野屋 夕亭」

笛吹川の畔にある和の雰囲気が魅力的な石和温泉「富士野屋夕亭」さんです。山梨を代表する温泉宿。旬の会席料理がいただける料理の美味しい、お湯も一流の石和温泉で人気、口コミでも評判の高い宿です。

石和温泉「富士野屋夕亭」さんの日帰り貸切露天風呂ももちろん掛流し。天然温泉100パーセント。貸切露天風呂は屋上にあり予約制になっています。利用時間は40分。料金は大人が1,000円です。

日帰り入浴だけでも一流の湯、アルカリ性天然温泉で肌がすべすべに。​​人気の日帰り入浴プランは旬の食材を使った会席膳、それだけでなく檜風呂付特別室を使うことができます。かなり贅沢な、とっても魅力的な日帰りプラン。

Thumb山梨の日帰り温泉ランキングBEST11!カップルに人気の施設や家族風呂も!
富士山の麓にある山梨県は天然温泉が豊富で安い日帰り温泉スポットがたくさんあります。カップルや...

石和温泉で日帰り入浴を楽しもう!

いかがでしたか?石和温泉は山梨県の中でも特に湯質が良いことで知られる温泉宿石和温泉があり、果物の郷らしく果物狩りができる農家が周りにたくさん点在しています。美味しい果物ぶどうやもも、いちごなどを楽しんだ後体の芯から温まる温泉へ。

石和温泉はおすすめの温泉がいっぱい。また石和温泉の高級旅館でも日帰り温泉プランを用意しているところがたくさんあります。家族やカップルで楽しめる日帰り温泉プランには貸切露天風呂や高級懐石料理がセットになったプランもありました。

カップルで、家族で石和温泉へ行けばよい思い出作りになるに違いありません。湯質が良い石和温泉を山梨旅行の拠点として楽しんでみましょう。ぜひ足を運んでみてください。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング