京都『東本願寺』の見どころや駐車場・アクセスは?西本願寺との違いも解説!

京都旅行では必ずと言ってよいほど観光ルートに入る東本願寺ですが、じっくりと見学すると見どころがたくさんあります。東本願寺誕生の経緯や、東本願寺と呼ばれるようになったいきさつなど興味が惹かれます。そんな東本願寺の見どころやアクセス方法や駐車場まで紹介します。

京都『東本願寺』の見どころや駐車場・アクセスは?西本願寺との違いも解説!のイメージ

目次

  1. 1東本願寺は浄土真宗
  2. 2「お東さん」で親しまれる東本願寺
  3. 3東本願寺の歴史
  4. 4東本願寺の末寺は北陸・東海に多い!
  5. 5東本願寺にはおすすめの見どころがたくさん!
  6. 6東本願おすすめの見どころ1:御影堂(ごえいどう)
  7. 7東本願おすすめの見どころ2:阿弥陀堂(あみだどう)
  8. 8東本願おすすめの見どころ3:御影堂門(ごえいどうもん)
  9. 9東本願おすすめの見どころ4:阿弥陀堂門(あみだどうもん)
  10. 10東本願おすすめの見どころ5:東本願寺鐘楼(ひがしほんがんじしょうろう)
  11. 11東本願おすすめの見どころ6:参拝接待所
  12. 12東本願おすすめの見どころ7:渉成園(しょうせいえん)
  13. 13東本願寺情報のまとめ
  14. 14本願寺が東西に別れた歴史!
  15. 15東本願寺に御朱印はない!
  16. 16御朱印に代わる存在の参拝記念スタンプ
  17. 17東本願寺へのアクセス
  18. 18東本願寺周辺のおすすめの駐車場
  19. 19東本願寺おすすめのキャラクター
  20. 20東本願寺のお土産になるおすすめのグッズ
  21. 21東本願寺は見どころ満載の楽しいお寺!

東本願寺は浄土真宗

日本最大の宗教宗派といわれる浄土真宗、その浄土真宗には、東本願寺と西本願寺があります。両方ともに、京都にある大規模な名刹で、見どころが多く修学旅行で見学することもあります。そんな、良く知られた東本願寺の誕生した背景や、東本願寺の歴史やおすすめの見どころなどを詳しく紹介します。

「お東さん」で親しまれる東本願寺

東本願寺は、京都府京都市下京区烏丸七条にある真宗大谷派の本山です。一般的に、東本願寺(ひがしほんがんじ)といっていますが、正式名称は「真宗本廟(しんしゅうほんびょう)」です。地元では、「お東」「お東さん」の愛称で親しまれています。 

「東本願寺」といわれるようになったのは、京都市下京区堀川にある「西本願寺」(正式名称が「本願寺」)に対して、東の場所にあることで東本願寺と呼ばれるようになりました。

東本願寺の歴史

東本願寺は徳川幕府初代将軍・徳川家康から慶長7年(1602年)に「西本願寺」のすぐ東の烏丸六条に、四町四方の寺領の寄進を受けています。

浄土真宗本願寺派第11世宗主本願寺顕如(けんにょ)の長男の教如(きょうにょ)が、ここを本拠とし、事実上の「教如を十二代宗主とする本願寺教団」つまり、現在の真宗大谷派としてスタートし、そこから東西の本願寺が並立しています。

厳密には、教如の身分は逝去するまで「本願寺隠居」であったようです。それまでの本願寺の境内の一角に構えていた広大な教如の住いなどを、六条烏丸に移させたにすぎないと見なされていたようです。

東本願寺が正式に一つの宗派となるのは、次の代の宣如のときからといわれています。それでも、慶長8年(1603年)には、現在の群馬県前橋市の妙安寺から「親鸞上人木像」を迎え入れ、東本願寺が開かれました。

徳川幕府が、本願寺を西と東、2寺の存在を認めた背景として、真偽は別にして、徳川幕府は関ヶ原の戦いの際に、本願寺の准如(じゅんにょ)が石田三成の西軍側についたため、その後、良く思っていなかったようです。

徳川幕府は、当時の本願寺の内部分裂の状態を把握しており、全国的な一大勢力の本願寺を分立させて教団の力を分割するという意図が秘められていたようです。

分派後、東本願寺は順調に伽藍が落成しており、慶長8年(1603年)に阿弥陀堂が落成しています。慶長9年(1604年)に御影堂が落成しています。

承応元年(1652年)には、寺院規模拡大のために御影堂の再建に着手し、約7年後の明暦4年・万治元年(1658年)に、御影堂が落成しました。寛文7年(1667年)にも、寺院規模拡大のために阿弥陀堂の再建が始まり、寛文10年(1670年)に阿弥陀堂が落成しています。 

幕末の混乱期に入り、元治元年(1864年)7月20日に、禁門の変を発端とする兵火が元となり、京都市街は大火災になり東本願寺も延焼し、御影堂、阿弥陀堂など伽藍の大部分が焼失しています。

東本願寺は、幾度となく焼失と再建を繰り返しています。さらに、明治時代の初期は、新政府による神仏分離政策が推し進められ、阿弥陀堂が再建されたのは、かなりの時間が経過してからです。

東本願寺は、このような歴史背景があり、そんな点を踏まえて見学すると見どころも変わってきます。また、以前は見落とすようなスポットも、東本願寺の見どころに変わります。

東本願寺の末寺は北陸・東海に多い!

東と西の本願寺設立の経緯もあってなのか、現在でも、西本願寺の本願寺派の末寺と門徒は中国地方に多く見られます。一方で、東本願寺の大谷派は、北陸地方、東海地方に特に多く見られます。このような東西の偏り傾向は、本願寺が東西に別れた歴史的経緯の影響もあるようです。 

東本願寺にはおすすめの見どころがたくさん!

東本願寺は、再三にわたり火事で焼失しています。しかし、その都度、信徒の篤い信仰心からすぐに再建に取りかかっています。現在でも、荘厳で重厚で巨大な伽藍があります。規模の大きさや、建造物としての美しさや、歴史的価値など、すべてで感動させられてしまうスケールの大きい寺院です。

東本願おすすめの見どころ1:御影堂(ごえいどう)

東本願寺・御影堂は宗祖・親鸞の真影を安置しています。現在の御影堂は、元治元年(1864年)の火災後に明治13年から15年をかけて完成しています。木造平屋建で瓦葺、建築面積4039平方メートルです。間口と面積はわが国最大の仏堂です。伝統様式と技法により建立された木造建築です。

東本願おすすめの見どころ2:阿弥陀堂(あみだどう)

阿弥陀堂は御影堂の南側に並んで建っています。寺院に多い禅宗様を取りいれた仏堂です。御影堂に比べて手が込んだ複雑な造りになっています。一帯は御本尊の阿弥陀如来が安置されている阿弥陀堂を中心とする聖域になっています。阿弥陀堂は登録有形文化財に指定されています。現在の阿弥陀堂は、明治28年(1895年)に建てられたものです。

東本願おすすめの見どころ3:御影堂門(ごえいどうもん)

御影堂門は、明治44年(1911年)に再建されています。木造二重門、瓦葺、左右山廊付の様式で、高さが約28メートルある山門です。御影堂門は京都にある東福寺、知恩院と並ぶ京都三大門の一つといわれています。上層には釈迦如来像を中心に3体の仏像が安置されているそうです。御影堂門は登録有形文化財に指定されています。

東本願おすすめの見どころ4:阿弥陀堂門(あみだどうもん)

阿弥陀堂門は京都駅から最初に目にする東本願寺の建物です。江戸時代中期に唐門として建てられましたが焼失し、明治44年(1911年)に再建されています。段差がない門です。阿弥陀堂や阿弥陀堂などの壮大な伽藍の正面入り口になる重要な建物で、録有形文化財に指定されています。

東本願おすすめの見どころ5:東本願寺鐘楼(ひがしほんがんじしょうろう)

東本願寺の鐘楼は、阿弥陀堂前方南寄りの切石垣基壇上に建っています。大型の鐘楼で総欅造りの格調高い鐘楼です。明治時代明治27年(1894年)に再建された登録有形文化財の鐘楼です。吊るされている梵鐘(ぼんしょう)は、創建当時の慶長9年(1604年)に鋳造されたものです。東本願寺に残る、創建当時の遺構です。

東本願おすすめの見どころ6:参拝接待所

参拝接待所は東本願寺の総合案内所になります。参拝者の休憩所にもなっています。様々な受付を行う場所でもあります。宗祖・親鸞に関係する展示ギャラリーもあります。また、真宗本廟視聴覚ホールや仏間を併設し、機能的で充実した総合案内の施設であり、東本願寺をより知ってもらい、親しんでもらうためのスポットでもあります。

東本願おすすめの見どころ7:渉成園(しょうせいえん)

渉成園は東本願寺の飛び地になる庭園です。東本願寺から200メートル東にあります。敷地面積は京セラドーム大阪とほぼ同じ約3万5000平方メートルあります。池を中心とした池泉(ちせん)回遊式庭園です。園内にみごとに配置された橋や茶室や数寄屋風書院など、見事な造形美を誇る建造物が並んでいます。

こちらの庭園は飛地境内にあるもので、この地は寛永18年(1641年)に徳川幕府三代将軍・徳川家光から寄進された約1万坪の土地です。園内の建物は二度にわたって焼失しています。

現在の建物は明治期に順次再建されたものです。庭園には四季それぞれの時期に、美しい花が咲きほこります。渉成園は国の名勝に指定された池泉回遊式庭園です。

渉成園のアクセスは便利!

渉成園は東本願寺の飛び地になり、東本願寺とアクセスルートが少し異なります。京都駅にも近くアクセスは公共交通機関が便利です。JR京都駅より徒歩で約10分でアクセスできます。地下鉄烏丸線五条駅より徒歩で約7分でアクセスできます。京都市営バスでも、烏丸七条駅より徒歩で約5分の距離になります。京都の中心街にある優雅な庭園です。

住所 京都市下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町

東本願寺情報のまとめ

東本願寺の基本情報ですが、建立年は慶長7年(1602年)です。アクセスは京都駅から徒歩5分~10分です。車の場合、東本願寺には駐車場はありません。東本願寺の境内やお堂への拝観料はかかりません。拝観時間は、3月~10月は5:50~17:30、11月~2月は6:20~16:30です。 

東本願寺の開門・閉門時間は3月~10月は、5時50分開門で17時30分に閉門します。11月~2月は、6時20分開門、16時30分閉門になります。

住所 京都府京都市下京区 七条上る常葉町754烏丸通
電話番号 075-371-9181

本願寺が東西に別れた歴史!

東本願寺の歴史の部分でも触れていますが、本願寺が東本願寺と西本願寺に別れた経緯について、もう少し詳しく紹介します。宗教教義の解釈による分裂でなく、有名な戦国武将の政治的な戦略も見え隠れして興味ある話になります。

戦国時代に各地の大名は、自国で勃発する一向一揆に手を焼いていました。一大宗教勢力として長く、一向宗(浄土真宗)の勢力は強大でした。天下人・織田信長でさえ、石山本願寺との戦争を10年以上続けましたが、石山本願寺は降伏しませんでした。

そこで、天下統一を成し遂げるために織田信長は、正親町天皇(おかちまちてんのう)を仲裁役に仕立てて、石山本願寺と和睦を進めていきました。

その時、石山本願寺内では信長と和睦するか、あくまで信長と徹底抗戦するかで、2つに分かれました。これが、本願寺が東西に分かれるきっかけになっています。

当時の石山本願寺の最高権力者は顕如上人(けんにょしょうにん)で、三男の准如(じゅんにょ)とともに、和睦を勧めていました。一方で、長男の教如(きょうにょ)は、あくまで籠城して徹底抗戦を貫くべきと、主張していました。実質的に石山本願寺は2分されて対立状態になっていました。

そこで、石山本願寺トップの顕如上人は信長と和睦をすることを決めて、三男の准如と共に和歌山の鷺森(さぎのもり)別院へ移り、石山本願寺を明け渡しました。

しかし、教如は講和を認めず石山本願寺を占拠し続けていましたが、戦局の悪化から、教如は石山本願寺を支持していた雑賀に逃げています。このような経緯から、長男の教如は廃嫡され、三男の准如が本願寺の後継ぎに任じられました。

完全に信長の手に渡った石山本願寺は、その直後に出火し、完全に燃え尽きるまで三日三晩かかったそうです。

明智光秀の本能寺の変で無念の最後を遂げた織田信長の後に、太閤となり天下人となる羽柴秀吉(豊臣秀吉)は、石山本願寺と友好関係を築き、秀吉は本願寺に対し京都に寺領を与え、本願寺側は、現在の西本願寺となる本願寺を再興しています。そこに長男の教如も戻ってきました。

本願寺が京都に再興後も、顕如上人と教如の対立は続き、顕如上人は本願寺の宗主職を三男の准如へ譲っています。これが分裂後の西本願寺のスタートともいえます。

江戸時代に入り、徳川家康は巨大な本願寺勢力を警戒し、勢力の分断を考えて教如の勢力を利用し、教如に寺地を寄進して、現在の東本願寺を創建させました。これにより本願寺の勢力がそれまでよりも、弱体化したことは事実のようです。

東本願寺に御朱印はない!

最近人気の御朱印、寺院にも神社にも御朱印ガールや御朱印ファンがたくさんいます。御朱印帳を持って、日本全国の寺院、神社に出向いている熱心な御朱印ファンもいます。

ところで、東本願寺には御朱印はありません。浄土真宗の御朱印に対するお考えでは『お寺とは御朱印を集めるためにお参りするところなのでしょうか。それならば、一度、御朱印をもらえば、二度とお参りすることはないでしょう。』という説明があります。

さらに『大事なのはお参りしたことがあるかどうかではなくて、お参りして教えに出遇(あ)ったかどうかです。また、どんな教えに出遇ったかということであるはずです。』と説法されています。大変、貴重なお考えです。

『教えを聞き続けようと立ち上がる必要があるのではないでしょうか。』と続いています。確かに、御朱印を集めることが目的化すると、お参りもないがしろになり、仏教の教えを学ぼうと思う気持ちも薄らぐケースがあり得そうです。

さらに、御朱印についての浄土真宗の考え方は、『人間の弱さを知り、一生を『ただ念仏』と修業のみを通した宗祖・親鸞の考えに基づき、1度参拝して御朱印をもらうことで満足しないで、何度もお寺を訪れて仏教の教えに出遭ってほしい』というお考えが、根底にあります。

『1度参拝して御朱印をもらうことで満足しないで、何度もお寺を訪れて仏教の教えに出遭ってほしい』という『教えを聞き続けることが大事』というお考えは、本来のお寺の立場と言えるようです。

Thumb京都・東本願寺には御朱印がない?理由や歴史・参拝記念スタンプを紹介!
京都の「東本願寺」は大変有名な寺の一つとして、大勢の参拝者が訪れるスポットです。「東本願寺」...

御朱印に代わる存在の参拝記念スタンプ

東本願寺には御朱印はありませんが、参拝記念スタンプが押印できます。御影堂南側の龍虎殿や境内東側の茶所などに見事なスタンプがあります。

東本願寺の境内各所をめぐりながら、無料で参加できるスタンプラリーになります。境内すべてのスタンプがそろえば、東本願寺のキャラクターグッズがいただけます。スタンプラリーは、境内総合案内所か、参拝接待所でスタンプラリー用の台紙を受け取ります。スタンプの受付時間は午前9時~午後4時までになります。

東本願寺へのアクセス

東本願寺は、京都の中心地にあり、公共交通機関でのアクセスが便利です。JR京都駅より徒歩で約7分でアクセスできます。地下鉄でも、地下鉄烏丸線五条駅より徒歩で約5分でアクセスできます。京都市営バスを利用すると、烏丸七条バス停より、わずか徒歩1分でアクセスできます。東本願寺へのアクセスは極めて便利です。

東本願寺周辺のおすすめの駐車場

車で東本願寺へアクセスする場合に課題となるのが駐車場です。東本願寺は京都駅にも近く、京都の繁華街にあるために駐車場確保が少し大変ですが、東本願寺周辺には歩いて数分の距離に駐車場はあります。そのなかからおすすめの駐車場です。ただし、駐車場情報は時期などにより流動的です。あくまで参考とされ、事前にご確認をお願いします。

東本願寺周辺の駐車場1:KING七条パーク

KING七条パーク(きんぐななじょうぱーく)は、東本願寺まで徒歩で約3分の距離にあります。全収容台数は26台です。営業時間は8:00~24:00、料金は、8:00~24:00は、30分:200円です。1日料金は前金制になりますが営業時間内で、立体駐車場:1000円、平面駐車場:1500円になります。宿泊料金は、0:00~9:00で1000円です。

住所 京都府京都市下京区東境町187

東本願寺周辺の駐車場2:くるっとパーク烏丸七条

くるっとパーク烏丸七条は、烏丸七条交差点北西角にあるコインパーキングです。東本願寺の阿弥陀堂門までは、徒歩1分の距離です。JR京都駅まででも徒歩5分です。

全収容台数は9台、営業時間は24時間です。料金は最大料金で、平日の8:00~23:00が1800円、土・日・祝日の8:00~23:00が1500円、夜間は23:00~8:00が500円になります。時間料金では、平日の8:00~16:00が10分:100円、16:00~23:00が30分:200円です。土・日・祝日は30分:200円、夜間の23:00~8:00は60分:200円です。

住所 京都府京都市下京区烏丸通七条上る桜木町101-1
電話番号 075-361-7431

東本願寺周辺の駐車場3:リパーク京都駅北

東本願寺周辺の駐車場、リパーク京都駅北は、東本願寺までは約350メートル、徒歩で約4分でアクセスできる場所にある駐車場です。

リパーク京都駅北は、営業時間が24時間、収容台数が22台の駐車場です。料金は、0:00~8:00が60分:100円、8:00~22:00が20分:100円です。最大料金は入庫後6時間:900円かつ24時間:1400円です。最大料金は繰り返しの適用になります。

住所 京都府京都市下京区東塩小路町590-4

東本願寺おすすめのキャラクター

比較的お堅いイメージのする東本願寺さんですが、東本願寺にもかわいいキャラクターがあります。特に、子どもさんたちが宗祖・親鸞聖人の教えにふれる機縁となるようにという配慮から、子どもたちに親しんでもらえるよう、3体のかわいいキャラクターが誕生しています。

東本願寺おすすめのキャラクター1:鸞恩(らんおん)くん

東本願寺で、おすすめの一番目のキャラクターは、鸞恩くんです。平成23年(2011年)の宗祖・親鸞聖人740回御遠忌や、東本願寺をPRするために2009年に公募で生まれたキャラクターです。後で紹介する、蓮ちゃんの父君です。厳格な性格で、礼儀礼節にうるさいそうです。趣味は旅行、御香の収集だそうです。

東本願寺おすすめのキャラクター2:蓮(れん)ちゃん

蓮ちゃんも、平成23年(2011年)の親鸞聖人750回御遠忌のPRをするために公募されて、生まれたキャラクターです。鸞恩くんの娘さんです。性格は明るくてやさしい照れやさんで、しっかりものです。趣味はガーデニングと生け花で、池の畔で読書することが好きだそうです。

東本願寺おすすめのキャラクター3:あかほんくん

あかほんくんの誕生経緯は、鸞恩くん、蓮ちゃんと同様、平成23年(2011年)の公募です。あかほくんは、好奇心が旺盛で、人に会うことが大好きだそうです。趣味は歴史、念珠づくり、海辺の散歩です。鸞恩くんと蓮ちゃんに大事にされています。グッズとして、A5判のあかほんくんノートが人気あるそうです。

東本願寺のお土産になるおすすめのグッズ

東本願寺には総合案内所に「お土産広場」があります。そこで、オリジナル・グッズがたくさん販売されています。人気商品は500円の金色クリアファイルでです。東本願寺のキャラクターグッズもあります。さらに、お寺ですから、東本願寺の御影堂の古材を使用した「腕輪念珠(紫水晶仕立)」、23玉を使用した1500円の腕輪念珠がおすすめです。

東本願寺は見どころ満載の楽しいお寺!

東本願寺は京都駅からアクセスも良く便利な場所にあるお寺です。東本願寺を篤く信仰されている信者さんは日本全国にたくさんいます。東本願寺には日頃触れていない仏教の魅力がたくさんあるはずです。そんな仏教の新しい面を知りましょう。東本願寺を訪ねて仏教の奥深さを知り、楽しい日々を送りましょう!

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ