虹の松原は日本の特別名勝!七不思議やおすすめ観光ルートまで徹底ガイド!

虹の松原は佐賀県にあり、唐津城虹の松原とも呼ばれます。日本三大松原の中でも一番美しくておすすめです。今回は、虹の松原の観光情報を紹介します。虹の松原で伝えられてきた七不思議がある人気の場所など参考にしていただければ幸いです。

虹の松原は日本の特別名勝!七不思議やおすすめ観光ルートまで徹底ガイド!のイメージ

目次

  1. 1日本の特別名勝「虹の松原」とは
  2. 2虹の松原の七不思議
  3. 3B級グルメの「からつバーガー」とは
  4. 4虹の松原を一望できるおすすめ展望台2選
  5. 5唐津初心者におすすめの観光ルート
  6. 6虹の松原の基本情報
  7. 7日本特別名勝「虹の松原」を見に行こう!

日本の特別名勝「虹の松原」とは

虹の松原は、滋賀県の唐津城のある海岸にあります。日本三大松原の1つで、最も美しいといわれる松原です。また、七不思議が有名な観光スポットでもあります。今回は、虹の松原について紹介します。七不思議以外の人気の観光スポットやB級グルメも、ぜひ参考にしてみてください。

佐賀にある日本三大松原の1つ

佐賀県唐津市の虹の松原は、他の2つの松原よりも美しい、日本一美しい松原だということで人気です。

ここでは、虹の松原がなぜ、日本一の松原であるかを紹介します。観光におすすめの理由など参考にしてみてください。まず、昭和30年、「白砂青松」といって、砂浜が白く、松が元気で青々としているのが特に美しいことから、国は、虹の松原のみを国の特別名勝にしたそうです。

松くい虫などの害虫による被害で枯れることも多い松ですが、これほどきれいに100万本の松林が見られることにも驚かされるかもしれません。

佐賀県の唐津湾の海岸沿いに幅400~700mほど広がる松林。それほど広さはありませんが、鏡山から見下ろすと、松林のラインが湾曲になっていて、まるで虹がかかったように見えます。また、砂浜は、花崗岩の玉島川から流れる美しい砂のおかげで白い砂だということです。

残りの2つの松原は?

日本には国の名勝、人気の観光地として、三大松原という3つの松原が知られています。ここでは、佐賀県唐津市の虹の松原以外の残りの2つを紹介します。

まず、天女が舞いおりたという羽衣伝説で有名な樹齢650年の松が有名な静岡県静岡市清水の「三保の松原」(みほのまつばら)です。

総延長7km、面積は39万平方キロメートルほど、3万699本の松が生えています。平安時代から親しまれ、富士山も見えます。万葉集や歌川広重の浮世絵にも描かれました。

日本新三景にもなっています。さらに、ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の一部です。また、福井県敦賀市の敦賀湾の奥の海岸の半分を松原が占める「気比の松原」(けひのまつばら)。長さ約1.5km、面積は40万平方キロメートルほどあり、広いです。

潮風から田畑を守るためにある

佐賀県唐津市の虹の松原は、ほぼ400年前17世紀に、唐津藩主寺沢志摩守が松の木を8kmほどにわたり植えさせたものだそうです。現在およそ100万本もあります。

これは、潮風や飛砂から農地を守るための知恵でした。また、呼び名は始めから「虹の松原」だったわけではなく、それ以前は、「御松原」(おんまつばら)と呼ばれたり、「二里の松原」と呼ばれていたようです。そして、二里とは8kmを意味します。

佐賀県唐津市の虹の松原は、現在は国有林として国が管理しています。虹の松原の役目として、第一には農地および住宅を風から保護すること(防風保安林)があります。

さらに、空気清浄化と防音のライフスタイル保護や森林レクリエーションをする場所(保健保安林)、津波・塩害・高潮による被害を防ぐこと(潮害防備保安林)として利用されているそうです。

虹の松原の七不思議

ここでは、佐賀県唐津市の虹の松原にまつわる伝説、七不思議を紹介します。虹の松原の七不思議は、松の木に関する七不思議が多いです。しかし、虹の松原の七不思議は、怖い話ではありません。豊臣秀吉公が絡んだ七不思議や、セミや蛇など自然に関する七不思議です。観光の際は、ぜひ、七不思議を参考にして観光を楽しんでいただければ幸いです。

1.虹の松原にはセミの声がしない

佐賀県唐津市、虹の松原から豊臣秀吉が佐賀・名護屋城へ向かう際、セミがあまりにうるさかったので「うるさい」とセミを叱ると鳴き声が聞かれなくなったといいます。お利口さんのセミなのでしょうか。セミと会話ができる秀吉公だったのでしょうか。

いずれにせよ、セミが泣かないのは不思議です。実は、セミには松の木を好むセミがいて、それは、ハルゼミとニイニイゼミの2種類のみだといわれているそうです。

ただ、春のハルゼミ、夏のニイニイゼミ、どちらも、夏に大きな声で鳴くことはありません。そのため、セミの声が大きくなるはずの夏、セミの声が聞こえないと言われているのではないかということです。

2.秀吉の睨みが効いた「睨み松」

また、秀吉公は、松で眺望がきかなかった際、その松の木に「低くなれ」ということで睨んだそうです。

そのせいで縦の成長が止まり、その松は「睨み松」と呼ばれるようになったといわれています。松までが秀吉公の命令を聞いたのには驚かされます。ぜひ、睨み松を探してみてはいかがでしょうか。人の言葉を理解する木のパワーというものを感じるかもしれません。

3.槍を立てかけた「槍掛松」

佐賀の虹の松原には、秀吉公が槍を立てかけた「槍掛松」(やりかけまつ)があるといいます。天下人である豊臣秀吉が槍を立てかける姿を想像しながら観光するのも、また違った趣になるかもしれません。武将と槍に松の木がとても似合うのも、七不思議といわれる理由なのかもしれません。

4.100万本の松は「クロマツ」

佐賀県唐津市の虹の松原の松は、老木から幼木まで、合わせてなんと100万本といわれています。そして、クロマツという種類のみだといわれています。

しかし、この「七不思議」については、裏付けはなく、むしろ、クロマツだけではなく、アカマツも群生しているといわれているそうです。また、実際に、秋にアカマツの単相林などに生えるといわれているマツタケも生えるようです。秋の観光の際には松茸を探してみてはいかがでしょうか。

5.海岸付近で真水が出る井戸がある

虹の松原は、海岸にあるにもかかわらず、そこにある井戸からはなぜか真水が出るといわれています。これは実際には本当の話ですが、1900年ごろまでは解明されていなかったため、本当に不思議だったといいます。理論的には、海水より川から流れ出る真水が軽いため、海水が沈殿するのだということです。

6.2つの島を結ぶ延長戦が虹の松原の中心

佐賀県唐津市の虹の松原は、高島と神集島のそれぞれ両端と結ばれているそうです。つまり、両方の島が虹の松原の延長線上にあるといいます。この形に何か意味があるのかもしれません。虹の松原が防風林の役目をはたしているので、地理的には島の間を抜けてくる風をより無駄なく防ぐためにそうした位置にあるのでしょうか。

7.虹の松原には蛇がいない

松原には蛇があまりいないということも知られています。しかし、蛇はいないということもなく、住宅地に近い場所など、食べものがある場所では出没する可能性が高いそうです。

また、蛇が松の木を嫌うという説も見当たらないため、蛇が一切出ないというわけではないということは知っておくべきでしょう。

ただ、なぜ蛇がいないということになっていたのか、それも不思議です。実は、諏訪姫の願によって松原の蛇がいなくなったといいます。諏訪姫とは、浜崎にある諏訪神社の諏訪姫のことです。

Thumb「名護屋城跡」は佐賀の幻の巨城!料金や歴史・観光の見どころまで徹底ガイド!
「名護屋城跡」は、歴史を感じることができる場所として大変人気があるスポットです。現在はその名...

B級グルメの「からつバーガー」とは

佐賀県唐津市の虹の松原でぜひ訪れたい、おすすめのグルメ店「からつバーガー」を紹介します。唐津バーガーは滋賀県のB級グルメとして人気です。

「スペシャル・バーガー」490円は特に人気です。佐賀県産ビーフパテ、チーズ、ハム、卵、レタスが、固め・厚めのバンズに挟んであり、ボリュームもあって美味しいです。

佐世保の米軍基地の味ですが、今やからつバーガーは全国的に有名になったようです。その他、からつバーガーにはホットドッグもあり、最初はこのホットドッグが看板メニューだったようです。営業時間は午前10時から20時、定休日無しです。

住所 佐賀県唐津市虹ノ松原

虹の松原を一望できるおすすめ展望台2選

ここでは、佐賀県唐津市の虹の松原周辺のおすすめの展望台を紹介します。まず、鏡山展望台は、佐賀県で1位、2位を争う人気の観光地で、おすすめです。また、人気の唐津城では、全国でも珍しい天守閣があるので見逃せません。玄界灘を見渡す爽快な場所です。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

唐津湾と松原が見渡せる「鏡山展望台」

鏡山展望台は、鏡山展望テラスとも呼ばれます。滋賀県唐津市鏡山という場所にあり、虹の松原や玄界灘の絶景を一望できるので人気です。

さすがに防風林があるくらい、風が強いので注意が必要だそうです。駐車場が頂上の展望台近くにありますが、案内板もあり、展望台まで数分だということです。さらに、展望台付近では大きな池や、ソフトクリームやお土産を売る売店もあるようでおすすめです。

住所  佐賀県唐津市鏡山

唐津城の最上階「天守閣」

滋賀県唐津市の唐津城は、虹の松原の近くにあります。その本丸・天守閣に登ることができます。天守閣は模擬天守です。唐津藩主が虹の松原をどのように見ていたかわかるかもしれません。藤棚も見どころです。営業時間は午前9時から17時、唐津駅から歩いて20分です。年末はお休みのようです。

住所 佐賀県唐津市東城内8番1号
電話番号 0955-72-5697

唐津初心者におすすめの観光ルート

ここでは、唐津市に初めて来た人向けのおすすめの観光スポットを紹介します。虹の松原周辺のおすすめの観光ルートとしては、唐津くんちの曳山展示場、旧高取邸、唐津城、温泉「鏡山温泉茶屋」などを含めました。上記のからつバーガーとも合わせて、ぜひ、いくつか観光してみてはいかがでしょうか。

1.「曳山展示場」で唐津くんちの魅力を知る

佐賀県唐津市にある唐津神社のユネスコ無形文化遺産、秋季例大祭「唐津くんち」は、山・鉾・屋台行事などが観光客に人気です。

唐津くんちが学べる曳山展示場も有名スポットです。唐津くんちは、毎年11月2、3、4日に開催され、和紙や漆、金箔(きんぱく)などで仕上げられた世界最大級の乾漆造の美しい獅子、兜、鯛、亀は、美術工芸品として大切にされています。

2.「旧高取邸」で歴史ある建築物に触れる

炭鉱主として知られる高取伊好(たかとりこれよし)の邸宅は国の重要文化財で、内部を見学することができます。杉戸絵や欄間が特徴ですが、洋間も備え、外観も洋館と和風が並ぶような、近代和風建築となっています。とても豪華です。料金は、大人510円です。駐車場もあります。

住所 唐津市北城内5番40号
電話番号 0955-75-0289

3.「唐津城」で唐津の歴史を知る

唐津城は、別名、舞鶴城とも呼ばれています。姫路城が白鷺城と呼ばれているようなものだといいます。

唐津市北部に位置し、松浦川の河口で唐津湾のあたりに満島山があり、そこに天守閣をもつ平山城です。展望台のある鏡山から見ると、唐津城は小高い山に立っているのが分かります。

豊臣秀吉の家臣、寺沢志摩守広高により築城されました。唐津焼フロアや歴史フロア、体験フロアで唐津やお城について学べます。

唐津城は海城とも呼ばれ、松浦川の右岸に虹の松原があるので、対岸に位置することになります。江戸時代初期に築城され、明治時代の廃城で公園とされてきました。その後、石垣および堀しかありませんでしたが、模擬天守で威厳が保たれました。

4.「虹の松原」を歩いて散策する

虹の松原は、白い砂浜と100万本の松の林が美しい海岸です。せっかくなので、ゆっくりと歩いて散策してみることをおすすめします。また、海岸は砂浜ですので、歩きやすい靴、必要であれば日傘や日焼け止め、傘、着替え、飲み物、カメラなども持っていってみてはいかがでしょうか。

5.「鏡山温泉茶屋 美人の湯」で疲れを癒す

「鏡山温泉茶屋 美人の湯」を紹介します。こちらは、唐津市の郊外にある、日帰りできる人気の温泉です。美肌効果が高い泉質であることが知られています。施設には大浴場が2つあり、露天風呂や岩風呂も人気です。ぜひ、足を伸ばして旅の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

虹の松原の基本情報

ここでは、虹の松原のアクセス方法や基本情報を紹介します。入場料金など気になる人も多いですが、虹の松原は入場料金が不要です。国の保有林で指定特別名勝、松や砂浜の美しさが特徴の公園なので、むやみやたらに松に触ったり、植物を持って帰ったりしないように注意してみてください。

公共交通機関でのアクセス方法

JR虹ノ松原駅から虹の松原まで徒歩1分、およびJR浜崎駅から徒歩で5分などとなっています。バスの場合、唐津大手口バスセンターから、昭和バス「東唐津駅」行きに乗り、「シーサイド前」で降りるとすぐに虹の松原です。小さな子どもさん連れでも歩ける距離です。遊歩道が分かりづらいという口コミがあります。

車でのアクセス方法

 車の場合、西九州道「唐津IC」から20分ほど、長崎自動車道「多久」ICからは40分ほど、駐車場は無料で300台または135台停められる広い駐車場があるようです。ぜひ、足を伸ばしてみてください。また、降りてからの道もできれば事前にチェックしておくことをおすすめします。

入園料や営業時間などはない

佐賀県唐津市の虹の松原は、特に営業時間や入場料金はないので、いつでも自由に入って歩いたりすることができるそうです。ぜひ、気軽に訪れて、ゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。ワンちゃんなどペットも連れて歩くのもおすすめです。口コミによると、小さな子どもさんも喜ぶそうです。

Thumb佐賀空港完全ガイド!お土産や駐車場情報・楽しみ方まで紹介!
佐賀空港を調査してみますが、最近は佐賀に観光しにくるのが日本人より海外からの観光客が増えてき...

日本特別名勝「虹の松原」を見に行こう!

滋賀県唐津市の人気の絶景スポット、虹の松原の観光情報はいかがでしょうか。虹の松原の七不思議に触れ、人気の唐津城や鏡山展望台に登って唐津湾からの景色を見渡したり、お土産を買ったりできます。旧高取邸、温泉といった周辺のおすすめ観光スポットにもぜひ立ち寄って楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
ISMY

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ