「金持神社」は金運UPにご利益あり?人気のグッズやお守りも紹介!

鳥取にある「金持神社」は金運のご利益・効果が得られる神社として大変人気で多くの人が参拝します。お守りや御朱印などの金運グッズも豊富で、大事にしたらより大きな効果が得られることでしょう。「金持神社」について、情報をチョイスしました。是非行ってみてください。

「金持神社」は金運UPにご利益あり?人気のグッズやお守りも紹介!のイメージ

目次

  1. 1鳥取・金持神社に行こう!
  2. 2鳥取・金持神社とはどのような神社?
  3. 3鳥取・金持神社の歴史とは?
  4. 4鳥取・金持神社に電車で行こう!
  5. 5鳥取・金持神社に車で行こう!
  6. 6鳥取・金持神社の駐車場
  7. 7鳥取・金持神社の参拝情報
  8. 8鳥取・金持神社の御朱印
  9. 9鳥取・金持神社のお守り
  10. 10鳥取・金持神社のおすすめグッズ
  11. 11鳥取・金持神社のグッズの通信販売
  12. 12鳥取・金持神社の「棚からぼた餅」
  13. 13金持神社とあわせて行こう1.塔の峰公園
  14. 14金持神社とあわせて行こう2.鵜の池公園
  15. 15金持神社とあわせて行こう3.とっとり花回廊
  16. 16金持神社にご利益を頂こう!

鳥取・金持神社に行こう!

鳥取県にある「金持神社」は金運UPのご利益・効果が得られることでも評判で、参拝に訪れる人が大変多い神社です。御朱印やお守りなどもあり、それらのグッズを大切にするとさらなるご利益・効果を呼び込むこと間違いなしです。「金持神社」について、アクセスなどの参拝情報とあわせて紹介します。鳥取に行く時には是非寄ってみてください。

鳥取・金持神社とはどのような神社?

「金持神社(かもちじんじゃ)」は、鳥取県日野郡日野町金持(かもち)という場所にある神社です。金運UPのご利益・効果が頂ける神社として大変人気で毎日多くの人が参拝に訪れます。

地名から名づけられた名前の神社であるとされていてますが、「金持神社」という大変縁起の良い名前の神社は日本で唯一であるとされていて、日本各地・海外からも多くの人がご利益・効果を頂きに訪れます。

天之常立尊(あめのとこたちのみこと)、八束水臣津努命(やつかみずおみずぬのみこと)、淤美豆奴命(おみずぬのみこと)の3柱をご祭神として、国土経営・開運・国造りの神様を祀っています。

境内には、鳥取県銘木100選に選ばれている「さわら」「チャンチン」などの樹齢600年程の木があります。特に「チャンチン」は鳥取県でここに一本しかない大変珍しい木で、とても大切にされています。

「金持神社」に参拝して頂いた御朱印やお守りなどのグッズを身に着けていると、商売がうまくいった、宝くじに当たったなどという話がたくさんあり、開運・金運のパワースポットとして話題になっています。

鳥取・金持神社の歴史とは?

「金持」という地名は、この地が鉄(砂鉄)の産地であったということに由来すると言われています。昔は、鉄のことを金(かね)と読んでいたことから、金の採れる谷を多く持つ郷ということで「金持(かもち)」と呼ばれるようになったとされています。

「金持神社」の始まりは、810年(弘仁元年)に出雲国の「薗妙見宮」の神官の次男が伊勢神宮の参拝のため、この地を通りかかったことが起点であるとされています。

その時、道中安全のお守りとして身に着けていた玉石が急に重くなり、どうすることもできなくなってしまいました。致し方なくその玉石をその場に置いて伊勢へと急ぎました。

その後、この地に宮造りをするようにとの神夢があり、その玉石を氏神として崇め奉ったことが始まりであるとされています。

鎌倉時代・南北朝時代には武将の一人であった金持氏が必勝祈願をしたともされていて、信仰が篤かったと言われています。

鳥取・金持神社に電車で行こう!

「金持神社」に電車などの公共交通機関を利用して行こうと考えている場合は、 JR伯備線の「根雨駅」で降りて町営バスに乗り換えて「神社札所前バス停」で降りると歩いて約5分でアクセスすることができます。

「根雨駅」で降りてからタクシーを利用しても良いでしょう。タクシーは駅前に待機していないので、「日本交通根雨営業所」に連絡をして迎えに来てもらうと良いです。

社までは約90段の階段を登ると行くことができます。周辺はたくさんの木々に囲まれているので、ここを通りながらマイナスイオンをたっぷり浴びて気分を清々しくさせてから参拝に向かうと良いでしょう。

鳥取・金持神社に車で行こう!

「金持神社」に車を利用して行こうと考えている場合は、米子自動車道の「江府インターチェンジ」で降りるとアクセスすることができます。

インターチェンジを降りてからは、日野川の上流に向かって180号線を走ります。約15分ほどで根雨の町並みが見えきます。

180号線と181号線の分岐点を181号線に入り、勝山方面に約5分走ります。すると、「金持神社」の売店札所が見えてきます。案内看板があるので、それに従いましょう。

「金持神社」の境内は少し山になっていて、歩くこととなるので、小さな子ども連れや年を召した人と一緒の場合は特に車でのアクセスをおすすめします。また、周辺観光とあわせて行きたい場合も、車での移動がらくらくでしょう。

鳥取・金持神社の駐車場

「金持神社」には参拝者専用駐車場があります。無料で利用できる駐車場があり、いつでも自由に利用することができます。ゆったり利用できる広めの駐車場となっていますが、初詣やゴールデンウィークなどの参拝者の多い時期には込み合うこともあります。譲り合いの気持ちをもって皆が気持ちよく利用することが大切です。

「金持神社」の周辺にはコインパーキングなどがありません。「金持神社」を混雑する時期に訪れようと思っている場合は、特に心と時間にゆとりを持ったスケジュールを立てておくことが大切です。

鳥取・金持神社の参拝情報

「金持神社」はいつでも誰もが無料で自由に参拝に行くことができる神社です。周囲は木々に囲まれて静かな場所ではありますが、夜間や早朝に参拝に行く場合に特に周囲に配慮をすることが大切です。

参拝に行く時には厳かな気持ち・清らかな心でしっかりと願えば、より大きなご利益・効果が頂けること間違いなしです。

御朱印やお守りなどのグッズを頂くことができる社札所は、10時から16時頃までとなっています。時間には余裕を持って行くようにしましょう。

鳥取・金持神社の御朱印

「金持神社」では御朱印を頂くことができます。御朱印は、中央に「金持神社」、右側に「金運招福」、左側に日付が書いて頂け、中央には赤いスタンプを押していただけます。初穂料は300円です。

御朱印は、社札所で10時から16時頃まで頂くことができます。ぎりぎりの時間に到着することのないよう、余裕を持ったスケジューリングをするようにすると良いです。頂いた御朱印を大切にしたら、さらに大きなご利益・効果が得られることでしょう。

「金持神社」には、オリジナルの御朱印帳があるので、その場でオリジナルの御朱印帳に書いて頂くこともできます。御朱印帳の初穂料は2000円です。御朱印集めをしている人は、自分の御朱印帳を持って行くことを忘れないようにしましょう。

鳥取・金持神社のお守り

「金持神社」には、たくさんのご利益・効果が頂けるお守りが並んでいて、どのお守りにしようか悩んでしまうほどです。お守り選びに困ったら、巫女さんに話をしてみると、自分にぴったりのお守りをすすめてもらえるでしょう。

人気のある「金運御守」は、財布に入れることができるサイズであり、いつも身に着けることでご利益・効果を得やすくなると評判です。「金運の福袋」など金運UPのパワーの他に、厄除け、安産、交通安全など、ご利益・効果の種類も豊富です。子どもにぴったりのランドセル型もあります。

また、絵馬もあるので、願い事を書いて奉納するのも良いですし、お守りとして持ち帰っても良いでしょう。ご利益・効果があった人がお礼参りに来て絵馬で神様に報告・奉納することも多いです。

お守りを大切にし、しっかりと願うことでご利益・効果をさらに高めることができるでしょう。運はいつやってくるか分かりません。そのやってきた運を間違いなく掴むことができれば、きっと大きな力となるでしょう。

鳥取・金持神社のおすすめグッズ

「金持神社」には、御朱印やお守りの他にも、さまざまなご利益・効果を得られるグッズがあります。

人気のグッズの一つである「開運便利財布」は、牛革製で、手触りも良く、大変使いやすい形の財布となっています。金運UPの願いが込められた黄色であり、ファスナーの部分には長寿を表す亀がつけられています。価格は8350円となっています。

気軽に利用したいグッズを考えている場合は、「黄色いハンカチ」がおすすめです。木綿製の草木染の黄色で、「金持神社」の文字の刺繍が入っていて、落ち着いた色合いで使いやすいと評判です。このハンカチに宝くじなどを包んで神棚や自分の頭より高い場所に置いておくとより大きなご利益・効果が得られるとして人気です。価格は1080円です。

その他にもスマホケースやゆのみ、扇子などの豊富なグッズがずらりとあり、グッズ選びに時間がかかってしまう人も多いです。大切な人へのお土産やプレゼントにもぴったりです。

鳥取・金持神社のグッズの通信販売

「金持神社」のグッズは通信販売もされていて、遠くてなかなか参拝に行けない人に大変おすすめです。一般社団法人日野町観光協会が運営していて、家や職場などでじっくりゆっくりグッズ選びをすることができます。

商品によっては手元に来るまでに時間がかかってしまうものもあるので、事前に確認しておくと良いです。気軽に利用できる通信販売で大きなパワーが頂けるグッズを購入してみてはいかがでしょうか。

鳥取・金持神社の「棚からぼた餅」

「金持神社」に行ったら是非購入してもらいたい商品の一つに「棚からぼた餅」があります。これは、「金持神社」の札所前の売店でしか手に入れることができず、通信販売や電話注文なども行っていないので、行った人しか手にできない商品です。

参拝した人に思いがけない幸運が舞い込みますように、との祈りが込めて作られています。地元で採れたうるち米ともち米を利用して一つ一つ手作りとなっています。

1箱に6個入っていて1080円となっています。冷凍された状態での販売となるので、常温で2時間から3時間ほど自然解凍すると大変美味しく食べることができます。

「金持神社」に参拝した記念として、お土産として購入して帰り、より大きな福が舞い込むように願いながら食べると、ご利益・効果がさらにUPすること間違いなしです。

金持神社とあわせて行こう1.塔の峰公園

「塔の峰公園」は、 鳥取県日野郡日野町にある公園です。根雨の町並みから遠くには緑の山々まで眺められ、大変景色の良い公園として評判で、カップルデートにも人気です。彫刻家として有名な辻晋堂の作品の平和観音像がある公園としても知られています。

桜の名所としても名高く、春の見頃の時期には、多くの人が花見に訪れて賑わいます。ゆっくりと園内を歩きながら散策すると良いです。

「塔の峰公園」に電車で行こうとする場合は、JR伯備線の「根雨駅」で降りると歩いて約10分でアクセスすることができます。車で行こうとする場合は、米子自動車道の「江府インターチェンジ」で降りるとアクセスすることができます。

開園時間は、9時から17時までとなっています。年中無休で時間内ならいつでも無料で自由に出入りをすることができる公園です。節度をもって利用するようにしましょう。桜の満開の時期には夜間ライトアップが行われます。事前に情報を集めておくと良いです。

金持神社とあわせて行こう2.鵜の池公園

「鵜の池公園」は、鳥取県日野郡日野町にある公園です。標高約400メートルの場所にあり、周囲約2.3キロメートルの湖があります。野鳥の宝庫としても有名な場所で、多くの人がバードウォッチングを楽しみに訪れます。

豊かな自然に囲まれてマイナスイオンをたっぷり浴びて心も身体もリフレッシュできるのはもちろん、25基のテントサイトがあるキャンプ場があったり、釣りができる場所があったりとさまざまな楽しみ方ができる場所として人気です。ファミリー、カップル、グループなどそれぞれにあった時間の過ごし方ができます。

「鵜の池公園」に電車で行こうとする場合は、JR伯備線の「黒坂駅」で降りてタクシーなどに乗り換えると約10分、「根雨駅」で降りてタクシーなどに乗り換えると約15分でアクセスすることができます。車で行こうとする場合は、米子自動車道の「江府インターチェンジ」で降りるとアクセスすることができます。

公園には、いつでも誰もが自由に無料で入園することができます。12月から3月までの冬期間は閉鎖となるので、注意が必要です。キャンプサイトは無料で予約なしで利用することができます。

金持神社とあわせて行こう3.とっとり花回廊

「とっとり花回廊」は、鳥取県西伯郡南部町にある日本で最大級とも言われているフラワーパークです。約50ヘクタールもの広い敷地の中にはフラワードームや、ハーブガーデン、ヨーロピアンガーデンなどがあり、四季折々に彩る花を眺めることができます。

全長約1キロメートルの展望回廊があるので、雨の日でも車いすの人でも誰もがいつでも楽しむことができると人気です。レストランやカフェなどもあり、一日しっかり過ごすことができる空間となっています。鳥取県の名産として知られている梨のソフトクリームが味わえ、大変美味しいと話題になっています。

「とっとり花回廊」に電車で行こうとする場合は、JRの「米子駅」で降りて無料シャトルバスに乗り換えると約25分でアクセスすることができます。車の場合は、米子自動車道の「溝口インターチェンジ」で降りるとアクセスすることができます。

営業時間は、4月から11月までが9時から17時まで、12月から1月のイルミネーション時期は13時から20時まで、イルミネーション後の1月から3月までは9時から16時30分までとなっています。料金は、4月から11月までが大人が1000円、小中学生が500円、それ以外の時期は大人が700円、小中学生が350円となっています。

金持神社にご利益を頂こう!

「金持神社」は金運UPのご利益・効果が頂ける神社として有名で、遠くから参拝に訪れる人も多いです。心を落ち着かせてしっかり参拝し、頂いた御朱印やお守り・グッズを大切にしたら、大きなパワーが頂けることでしょう。鳥取に行く時には少し足を延ばして「金持神社」へ行ってみることをおすすめします。

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング