「今を粋ろ」は鳥取の人気ラーメン屋!おすすめのメニューや店舗を紹介!

二郎系ラーメンとして山陰エリアで有名な『今を粋ろ』。『今を粋ろ』は、鳥取や島根に展開しており、山陰エリアで二郎系の地位を確立しています。今回は、『今を粋ろ』鳥大前店の特集として、おすすめのメニューから店舗の情報までご紹介します。

「今を粋ろ」は鳥取の人気ラーメン屋!おすすめのメニューや店舗を紹介!のイメージ

目次

  1. 1人気の二郎系ラーメン・『今を粋ろ』とは?
  2. 2鳥取市内にある『今を粋ろ』の店舗とは?
  3. 3『今を粋ろ』のメニュー
  4. 4『今を粋ろ』のおすすめメニュー
  5. 5『今を粋ろ』のおすすめメニュー1:豚ラーメン
  6. 6『今を粋ろ』のおすすめメニュー2:つけ麺
  7. 7『今を粋ろ』のおすすめメニュー3:限定セット
  8. 8『今を粋ろ』のおすすめメニュー4:まぜそば
  9. 9『今を粋ろ』のトッピング
  10. 10『今を粋ろ』で知っておくべきこと
  11. 11『今を粋ろ』で知っておくべきこと1:麺の量
  12. 12『今を粋ろ』で知っておくべきこと2:初心者はマシマシを避けるべき
  13. 13『今を粋ろ』のラーメンの注文方法
  14. 14『今を粋ろ』のおすすめのカスタマイズ
  15. 15『今を粋ろ』の米子店と鳥大前店の違い
  16. 16『今を粋ろ』鳥大前店へのアクセス
  17. 17『今を粋ろ』へ行ってみよう!

人気の二郎系ラーメン・『今を粋ろ』とは?

島根、鳥取などに展開している二郎系ラーメンのインスパイア『今を粋ろ』。『今を粋ろ』は、鳥取県には、米子市と鳥取市に店舗を展開しています。今回は、鳥取でも人気ラーメン店としても有名な『今を粋ろ』のメニューや『今を粋ろ』のおすすめメニューから『今を粋ろ』の店舗情報などについてご紹介していきましょう。

鳥取市内にある『今を粋ろ』の店舗とは?

現在、鳥取県内にある二郎系ラーメンのインスパイア店である『今を粋ろ』は、鳥取市内の鳥取大学の近くにある店舗と米子市内の中心部の店舗の2つあります。今回は、鳥取大学の近くにある『今を粋ろ』を中心に取り上げていきましょう。

『今を粋ろ』鳥大前店は、鳥取大学の近くにある二郎系のラーメン店で、鳥取市内の中心部から離れたエリアにあります。鳥取大学の近くにあるということで、鳥取大学に通う大学生を中心に人気を集めています。

一方で、山陰エリアでの数少ない二郎系ラーメンを食べることができるラーメン店としても有名で、中部の倉吉や兵庫県の日本海側に住んでいる人も食べに訪れているほどの人気のラーメン店となっています。

Thumb鳥取市のラーメン屋おすすめランキングTOP17!ミシュランガイド掲載店あり!
鳥取市は、鳥取砂丘もあり、日本全国から観光客がやってくる人気観光スポットでもあります。そんな...

『今を粋ろ』のメニュー

『今を粋ろ』のメニューは、醤油ベースのラーメン、つけ麺、そして、まぜそばとなっています。また、ランチ限定メニューも用意してあり、ラーメンあるいはつけ麺に、丼物というがっつり食べたい人向けのメニューも提供しています。

『今を粋ろ』のラーメン、つけ麺、まぜそばは、どれも麺のボリュームを調整することができます。麺は、300gが基本となっており、麺をたくさん食べたいという人は、400gの中ラーメン、500gの大ラーメンを選ぶことができます。

また、『今を粋ろ』のメニューには、とても分厚い豚肉がたっぷり入った豚ラーメン、そして、豚をさらにましましにした豚Wラーメンなども提供しています。豚肉をたっぷり食べたい人におすすめとなります。

『今を粋ろ』のおすすめメニュー

『今を粋ろ』を訪れたならば、食べておくべきメニューはあるのかな?どのメニューが美味しいのだろうと気になる人がたくさんいらっしゃるでしょう。続いては、たくさんある『今を粋ろ』鳥大前店のラーメンの中でも特におすすめのメニューについてご紹介しましょう。

『今を粋ろ』のおすすめメニュー1:豚ラーメン

まず最初にご紹介する『今を粋ろ』のおすすめメニューは、「豚ラーメン」です。「豚ラーメン」は、通常のラーメンの分厚いチャーシューよりも更に多いチャーシューが入っていると評判のラーメンです。

『今を粋ろ』の「豚ラーメン」は、チャーシューをたっぷり食べたいという人におすすめのラーメンです。『今を粋ろ』の通常のラーメンに入っている分厚いチャーシュー2枚だけとなっているので、物足りないという人におすすめのラーメンとなっています。

『今を粋ろ』の「豚ラーメン」は、950円から食べることができます。麺の量によって値段が変わりますが、とても食べ応えがあるので、がっつり食べたい人はチェックしておくことをおすすめする人気のメニューです。

『今を粋ろ』のおすすめメニュー2:つけ麺

次にご紹介する『今を粋ろ』のおすすめメニューは、「つけ麺」です。「つけ麺」も人気のメニューとなっており、たくさんの人が注文しています。「つけ麺」には、麺やカスタマイズできる野菜の量によって、野菜を別のお皿にて提供してくれます。

「つけ麺」もラーメンと同じく、野菜の量をカスタマイズすることができます。量も通常からマシマシまであり、がっつり食べたい人におすすめです。また、分厚いチャーシューをたっぷり食べたいときは、豚つけ麺、豚Wつけ麺にすることをおすすめします。

「つけ麺」には、期間限定メニューもあり、「坦々つけ麺」なども提供しています。不定期で提供される「つけ麺」のメニューもあるので、訪れたときに限定メニューがあれば、ぜひ食べてみることをおすすめします。

『今を粋ろ』のおすすめメニュー3:限定セット

限定セットも『今を粋ろ』のおすすめメニューの一つです。限定セットは、『今を粋ろ』のラーメンあるいはつけ麺と丼物がセットになったメニューとなっており、がっつり食べたい学生にとても人気のメニューとなります。

限定セットは、ラーメンとつけ麺は変わりませんが、丼物はその日によって異なります。丼物とセットに食べるときは、ラーメンやつけ麺のカスタマイズを極力避けることをおすすめします。というのも、食べきるのがとても大変だからです。

限定は、平日のお昼にのみ提供しています。料金は、800円とかなり安い料金と言えます。たくさん食べたいという学生にとても人気のセットなので、ぜひチェックしておきたいおすすめのメニューと言えるでしょう。

『今を粋ろ』のおすすめメニュー4:まぜそば

次にご紹介する『今を粋ろ』のおすすめメニューは、「まぜそば」です。「まぜそば」は、通常のラーメンの汁がない麺で、野菜、ボリュームたっぷりのチャーシュー、そして、マヨネーズがたっぷりかけられています。

そのボリュームある上に、ネギと生たまごの黄身を乗せて、最後にペッパーをまぶした麺となります。とても食べ応えがある麺と言われており、若い人だけでなく、幅広い世代に人気の麺となっています。

『今を粋ろ』の「まぜそば」は、850円となり、麺は、300gのみとなります。がっつり食べたいという人には物足りないかもしれませんが、マヨネーズとペッパーのパンチが効いた味は、食べ応え十分のメニューでしょう。

『今を粋ろ』のトッピング

『今を粋ろ』にはトッピングもあります。トッピングは、「チーズ」、「生卵」、「メンマ」、「ネギ」、「たまご」の5つとなります。その中でも人気のトッピングは、「チーズ」と「たまご」の2つのトッピングと言われています。

『今を粋ろ』の人気のトッピングである「チーズ」は、「まぜそば」と一緒に頼む人がたくさんいらっしゃるトッピングです。「チーズ」を入れることにより、まろやかな味がすると言われており、少し辛めのタレをまろやかにしてもらえると評判です。

もう一つの『今を粋ろ』の人気のトッピングは、「たまご」です。「たまご」は、「ラーメン」と「つけ麺」と一緒に頼む人が多いトッピングです。たまごを入れることで、味にアクセントを加えることができると評判なのです。

『今を粋ろ』の人気のトッピングは、それぞれ100円となっています。100円ということでトッピングをしやすいと言われているので、興味のある人は、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

『今を粋ろ』で知っておくべきこと

『今を粋ろ』では、注文する前に知っておくべきことが2つあります。知っておくべきこととして、麺の量が他のラーメン店の倍であるということ、そして、初めて『今を粋ろ』を食べる人は、マシマシをやめておくべきということです。では、それぞれについて見ていくことにしましょう。

『今を粋ろ』で知っておくべきこと1:麺の量

『今を粋ろ』の麺の量は、基本が300gです。300gというと他のラーメン店の1.5倍の麺の量とも言われています。この麺の量に加えて、更に野菜とボリュームたっぷりの豚肉であるチャーシューがトッピングされます。

『今を粋ろ』の麺の量は、そこまで食べることができないという人は、通常のラーメンのチケットをまず購入します。その後、麺の量を減らしたいとスタッフに伝えるようにしましょう。そうすると、麺の量を減らすことができます。

麺の量を減らすと勿体無いと感じる人もいらっしゃるかもしれません。『今を粋ろ』では、麺の量を減らすと、代わりに煮たまごをサービスしてくれます。麺の量を減らしても煮たまごが入るので、損にならないように配慮されています。

『今を粋ろ』で知っておくべきこと2:初心者はマシマシを避けるべき

『今を粋ろ』では、もやしとキャベツの野菜のトッピングをすることができます。野菜のトッピングは、通常ならば、何も言わず、少し増したいときは、ちょい増し、そして、大盛りにしたいときは、マシと伝えます。

『今を粋ろ』には、大盛りの先の超大盛りもあります。野菜の超大盛りは、野菜マシマシと言えば、まるで塔のように重なった野菜盛りのラーメンが出てきます。しかし、食べきるのは、とても大変でしょう。

『今を粋ろ』では、食べ残し厳禁となっています。初めて、『今を粋ろ』へ訪れて、興味本位でマシマシを頼むと大変なことになってしまいます。野菜は追加で頼むことができるので、いきなりマシマシにするのはやめましょう。

『今を粋ろ』のラーメンの注文方法

『今を粋ろ』のラーメンの注文方法を見ていきましょう。『今を粋ろ』の注文方法は、ラーメン二郎と似ています。『今を粋ろ』では、まず食券を購入して、カウンターあるいはテーブル席に座ります。席が空いていないときは、順番に並んで待ちましょう。

『今を粋ろ』では、ラーメンを提供する直前に「ニンニクいれますか?」と聞かれるので、そのタイミングで、カスタマイズを伝えましょう。カスタマイズできるのは、野菜、味付け背脂であるアブラ、ニンニク、カラメ、そして、粗挽きトウガラシです。

『今を粋ろ』でできるそれぞれのカスタマイズは、ちょいマシ、マシ、マシマシの3つから選びます。特に増やしたいものがないときは、何も言わず、増やしたいカスタマイズのみ伝えるようにしましょう。

『今を粋ろ』のおすすめのカスタマイズ

『今を粋ろ』のおすすめのカスタマイズは、頼むメニューによって異なります。『今を粋ろ』で昼間に「ラーメン」を食べるときは、野菜とアブラをカスタマイズすることをおすすめします。一方で夜に食べるときは、思い切ってニンニクもカスタマイズしましょう。

「つけ麺」を頼むときは、野菜とアブラで問題ないでしょう。「つけ麺」を食べるときは、ニンニクを入れるよりも魚粉があるので、そちらを入れることで更に美味しい「つけ麺」を食べることができるでしょう。

一方で、「まぜそば」を頼むときは、少し異なります。「まぜそば」を食べるときは、粗挽きトウガラシを入れるととても美味しく食べることができるでしょう。更に、有料トッピングの「チーズ」との組み合わせは絶品と人気があります。

『今を粋ろ』の米子店と鳥大前店の違い

同じ鳥取県にある『今を粋ろ』の米子店と鳥大前店でどのような違いがあるのか気になる人もいらっしゃるでしょう。続いては、『今を粋ろ』の米子店と鳥大前店の違いについて見ていくことにしましょう。

『今を粋ろ』の米子店との違いは、麺の量でしょう。米子店は、麺の量が200gから選ぶことができます。一方で、米子店と異なり、鳥大前店では、麺の量が300gからとなります。また、最大の麺の量も米子店は、650gとなります。

また、メニューも米子店と少し異なります。『今を粋ろ』の米子店は、「辛味噌つけ麺」がレギュラーメニューとしてありますが、鳥大前店ではありません。しかし、それ以外のメニューについては特に大きな違いはありません。

一方で、鳥大前店は、大学に近いということもあり、スタンプカードのサービスや日替わりサービスを提供しています。これは、米子店では行われていないサービスで、鳥大前店の限定のサービスとなります。

『今を粋ろ』の鳥大前店と米子店の違いは、大きくはありません。しかし、店舗の立地から少しずつサービスが異なっています。もし、鳥取市内と米子市内の両方の街へ訪れるならば、どちらも訪れて、食べ比べてみるのもおすすめです。

『今を粋ろ』鳥大前店へのアクセス

『今を粋ろ』の鳥大前店へのアクセスについてご紹介しましょう。『今を粋ろ』の鳥大前店へのアクセスは、電車と車でアクセスできます。しかし、最もおすすめのアクセス方法は、車と言えるでしょう。念のために、それぞれのアクセスについて見ておきましょう。

電車での『今を粋ろ』鳥大前店へのアクセスは、JR線鳥取大学前駅が最寄駅となります。鳥取大学前駅から『今を粋ろ』鳥大前店へは、歩いて5分から10分ほどとなります。ただ、電車は本数が少ないので、帰る時間なども考慮しておきましょう。

車での『今を粋ろ』鳥大前店へのアクセスは、 県道318号線を利用すると便利でしょう。鳥取市内の中心部に近い「鳥取駅」からのアクセスは、車で10分から15分くらいとなっています。

『今を粋ろ』鳥大前店の駐車場は、店舗の隣にあります。10台以上の車を停めることができる駐車場ですが、『今を粋ろ』鳥大前店用の駐車場は、6台分となります。番号も指定してあるので、間違って違う駐車場に停めないようにしましょう。

Thumb鳥取市で観光におすすめのスポット11選!定番の名所から穴場まで紹介!
鳥取市は山陰地方でも人気の観光スポットです。鳥取砂丘ではさまざまなアクティビティが楽しめます...

『今を粋ろ』へ行ってみよう!

鳥取の人気の二郎系ラーメン店である『今を粋ろ』は、がっつり食べたいという人におすすめのラーメン店です。「ラーメン」だけでなく、「つけ麺」「まぜそば」も提供しており、好きな麺を選ぶことができます。また、カスタマイズもトッピングも充実しているので、ぜひ『今を粋ろ』鳥大前店へ訪れてみることをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuyu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ