京都の世界遺産おすすめランキング!スポットの数や魅力もリサーチ!

世界遺産が密集する京都。豪華絢爛な「金閣寺」をはじめ清水の舞台で知られる「清水寺」など、一度は見ておきたい素晴らしい文化遺産の宝庫です。京都にある世界遺産の数は全部で17箇所!今回は、おすすめスポットをランキング形式でご紹介しつつ、その魅力もまとめます!

京都の世界遺産おすすめランキング!スポットの数や魅力もリサーチ!のイメージ

目次

  1. 1京都の世界遺産ランキング!
  2. 2京都の世界遺産の魅力とは?
  3. 3京都の世界遺産ランキング17位:高山寺
  4. 4京都の世界遺産ランキング16位:延暦寺
  5. 5京都の世界遺産ランキング15位:西芳寺
  6. 6京都の世界遺産ランキング14位:宇治上神社
  7. 7京都の世界遺産ランキング13位:醍醐寺
  8. 8京都の世界遺産ランキング12位:西本願寺
  9. 9京都の世界遺産ランキング11位:賀茂別雷神社
  10. 10京都の世界遺産ランキング10位:仁和寺
  11. 11京都の世界遺産ランキング9位:龍安寺
  12. 12京都の世界遺産ランキング8位:元離宮二条城
  13. 13京都の世界遺産ランキング7:下鴨神社
  14. 14京都の世界遺産ランキング6位:銀閣寺
  15. 15京都の世界遺産ランキング5位:天龍寺
  16. 16京都の世界遺産ランキング4位:東寺
  17. 17京都の世界遺産ランキング3位:平等院
  18. 18京都の世界遺産ランキング2位:金閣寺
  19. 19京都の世界遺産ランキング1位:清水寺
  20. 20京都の世界遺産を回ってみよう!

京都の世界遺産ランキング!

世界中から観光客が訪れる京都。数々の神社仏閣がある日本の古都京都には、なんと世界遺産に認定された建物が17箇所もあります。

京都北西部の金閣寺、南東部の清水寺、そして南部の平等院鳳凰堂など、日本史の教科書にも登場する人気の観光スポットも多数含まれます。また、国宝に指定されている人気の美術品を多数所有する神社仏閣が多いことでも知られています。

今回は、京都に17ある世界遺産をおすすめ順にランキング形式でご紹介しながら、各地の魅力や合わせて回りたいおすすめの観光スポットなど、人気の名所をご紹介致します!

京都の世界遺産の魅力とは?

「古都京都の文化財」として、17の建築物が世界遺産に登録されている京都市。古都京都の神社仏閣が持つ魅力には一体どんなところがあるのでしょうか?

京都の世界遺産は、平安時代や室町時代など、各時代を反映した様々な神社や寺院から構成されています。その最大の魅力は、当時の日本の文化を反映した多彩な建築様式が見られる点です。

また、外国人観光客でなくとも、世界遺産の待ち京都を訪れた人なら、「日本人でよかった」と思えるような日本人の美意識と価値観がギュッと詰まった建物がたくさんあるということも魅力の一つではないでしょうか?

京都の世界遺産のほとんどは、1000年以上の歴史を持つ神社仏閣が中心ですが、中には江戸時代に建てられた元離宮二条城のような比較的歴史の浅い建物もあります。

下鴨神社や清水寺のように巨大な建築物が無数に集まる世界遺産がある一方で、石庭で知られる龍安寺や美しい日本庭園で知られる西芳寺のように、日本のワビサビや禅の心など、日本人の精神性を体現した世界遺産も魅力的です。

外国人にとっては、忌み嫌う雑草と思われている「苔」も、日本人の手にかかれば、美しい庭を作り上げるために欠かせない世界遺産の構成要素となります。

国宝「鳥獣戯画」が収められている「高山寺」など、美術品を収蔵する神社仏閣も多いので、建築だけでなく芸術を楽しめるのも京都の世界遺産の魅力と言えるでしょう。

京都の世界遺産は、全国でも有数の桜や紅葉の名所となっている場所が多く、四季折々の自然が美しいことも、魅力の一つとなっています。

春と秋は、もっとも世界遺産をめぐる観光客が多い人気のシーズンですが、苔寺を観光するなら、ベストシーズンは梅雨のど真ん中6月です。

京都の世界遺産ランキング17位:高山寺

京都の世界遺産ランキング、最下位にランクインしたのは「高山寺」。京都市右京区栂尾山(とがおやま)にあるこちらの寺院は、13世紀初めに明恵上人が再建したと伝えられています。

秋は紅葉の名所としても知られる「高山寺」には、国宝に指定されている数々の美術品が収められていることでも有名です。代表的な作品をいくつかあげるとすれば「明恵上人像」と「鳥獣人物戯画」の2つ。

また、開祖明恵上人が植えたと伝えられる日本最古の茶園があることでも知られています。こちらの世界遺産を観光するなら5月の茶摘みの時期か秋の紅葉シーズンがおすすめ。アクセスは、JRバス「栂ノ尾」(とがのお)下車、徒歩5分ほどです。

京都の世界遺産ランキング16位:延暦寺

京都の世界遺産ランキング第16位は「延暦寺」。天下統一を目指した織田信長が焼き討ちを行ったことでも知られる比叡山延暦寺は、京都市左京区と滋賀県大津市坂本本町にまたがる世界遺産。

今から1200年以上も前に建立されたこちらの世界遺産は、伝教大師・最澄が現在の根本中堂を建立し、開山しました。日本の仏教の総本山とも言われる壮麗な寺院は、西に京の都、東に琵琶湖を望む比叡山にあります。

天台密教の拠点として、法然、親鸞、道元、日蓮など誰もが知っている有名な僧侶を輩出した名門で、僧兵が数多くいたことでも知られています。人気の見どころは、根本中堂のほか、国の重要文化財にも指定された千手観音像や薬師如来像など多数。

京都の世界遺産ランキング15位:西芳寺

京都の世界遺産ランキング第15位は、「西芳寺」。別名「苔寺」の愛称で親しまれるこちらの世界遺産には、約120種類もの苔が植えられた美しい庭園が広がります。

数ある京都の世界遺産の中でも、これほど見事な苔の絨毯を見られる場所は、ただ一つ。上下二段構えになった枯山水と池泉回遊式庭園は、人気の見どころとなっています。アクセスは、京都バスの利用がおすすめ。「苔寺」下車すぐです。

京都の世界遺産ランキング14位:宇治上神社

京都の世界遺産ランキング、第14位は「宇治上神社」。他の世界遺産に比べてやや人気度は少ない観光スポットではありますが、日本最古の神社建築と言われる国宝の「本殿」など魅力的な建物が残されています。

京都の宇治地方にあるこちらの神社は、宇治のもう一つの世界遺産「平等院」からも程近いエリアにありますので、合わせて観光するのがおすすめ。アクセスは、京阪電車宇治線「宇治駅」から徒歩10分です。

京都の世界遺産ランキング13位:醍醐寺

京都の世界遺産ランキング、続いておすすめするのは、京都府最古の木造建築物が残る「醍醐寺」。952年に建設された五重塔は国宝に指定されています。

醍醐寺の中で、もっとも人気のある観光スポットは、国の特別名勝にもなっている庭園「三宝院」。

桃山時代に描かれた豪華絢爛な襖絵が美しい葵の間、秋草の間の他、国宝「表書院」など魅力的な見どころが満載です。アクセスは、京阪バスのご利用がおすすめ。最寄りバス停「醍醐寺前」下車すぐです。

京都の世界遺産ランキング12位:西本願寺

京都の世界遺産ランキング、続いておすすめするのは「西本願寺」。通称「お西さん」の愛称で親しまれるこちらの寺院は、華麗な桃山文化を代表する有数の建築物が見どころです。

数ある京都の神社仏閣の中でも、浄土真宗本願寺派の本山であるこちらの寺院は、その規模も桁違い。迫力ある本堂はもちろん、書院、飛雲閣など国宝に指定された魅力的な建築物が数多く残されています。

親鸞聖人の娘の「覚信尼」が現在の知恩院付近に廟を建てて御影堂としたのが西本願寺の始まりと言われています。アクセスは、JR「京都駅」徒歩15分、または、市バス「西本願寺前」下車すぐです。

京都の世界遺産ランキング11位:賀茂別雷神社

京都の世界遺産ランキング第11位は、「賀茂別雷神社」。別名「上賀茂神社 」と呼ばれるこちらの建物は、京都市北区に位置する魅力的な観光スポットです。古代山城の豪族であった「賀茂氏」の氏神として創建されました。

後ほどご紹介する賀茂御祖神社(下鴨神社)と合わせて、平安時代以降は「山城国一之宮」として栄えた格式の高い神社の一つです。

国宝に指定されている本殿をはじめ、境内には34棟というおびただしい数の重要文化財が点在しています。緑の芝生に被われた空間は、五穀豊穣の神事が執り行われる神聖な場所です。アクセスは、市バス「上賀茂神社前」下車すぐです。

京都の世界遺産ランキング10位:仁和寺

京都の世界遺産ランキング、第8位は京都市右京区にある「仁和寺」。古典文学「徒然草」にも登場する「仁和寺の法師」の物語でもお馴染みのこちらの観光スポットは、宇多天皇が仁和4年(888年)に創建して天皇の住居です。

おすすめの見どころは、国宝に指定されている「金堂」と重要部家財に指定されている観音堂、そして五重塔の3つ。

また、境内にある「御室桜」は国の名勝にもなっており、有数の桜の名所として親しまれています。アクセスは、市バス「御室仁和寺」下車すぐ、または、京福北野線「御室駅」から徒歩5分です。

京都の世界遺産ランキング9位:龍安寺

京都の世界遺産ランキング、続いておすすめするのは、「龍安寺」。京都には数々の美しい庭園を持つ世界遺産がありますが、中でも群を抜いているのが、この龍安寺の「石庭」です。

方丈の南側に位置する枯山水の石庭は、国の特別名勝にも指定されています。二方を油土塀で囲まれた東西30メートル、南北10メートルほどの庭には、白砂の上に15個の石が配置されています。

置かれた石の数と配置は、海に浮かぶ島々を表しており、その景観美は「虎の子渡し」と称されます。石庭は数多くあれども、その頂点とも言うべき庭は、この世界遺産龍安寺の石庭に間違いありません。アクセスは、市バス「龍安寺」前すぐです。

京都の世界遺産ランキング8位:元離宮二条城

京都の世界遺産ランキング、続いては歴史ファンにおすすめの「元離宮二条城」。大政奉還が行われた二条城は、徳川家康が、京都に滞在する際の宿泊所として建設したお城です。1603年に建築されたこの城は、家康と豊臣秀頼と会見も開かれました。

おすすめの見どころは、国宝にも指定されている「二の丸御殿」また、旧桂宮御殿を移した本丸は国の重要文化財にも指定されています。特に二の丸御殿の豪華絢爛な壁画は必見で、歴史ファンでなくてもぜひ見ておきたい見どころの一つです。

京都市中京区に位置する二条城へのアクセスは、市バスがおすすめ。最寄り停留所は「二条城前」。市営地下鉄をご利用の場合は、「二条城前」駅をご利用ください。

京都の世界遺産ランキング7:下鴨神社

京都の世界遺産ランキング、第7位は京都市左京区にある「下鴨神社」。先にご紹介した「賀茂別雷神社」(上加茂神社)と並んで、地域の人々の信仰を集める人気の観光スポットです。

正式名称は「賀茂別雷神社」で、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)、玉依媛命(たまよりひめのみこと)の二つの神様が祀られています。

1863年に建てられた本殿は国宝に指定されているほか、艶やかな朱塗りの楼門や舞殿、神服殿など31棟が国の重要文化財要文化となっています。美しい「糺の森」に囲まれた下鴨神社、アクセスは、市バス「下鴨神社前」下車すぐです。

京都の世界遺産ランキング6位:銀閣寺

京都の世界遺産ランキング、第6位は、京都の東山文化を代表する観光スポット「銀閣寺」。正式名称は「慈照寺」(じしょうじ)で、1482年に足利義政が開いた山荘です。

きらびやかな金閣寺とは対照的に、質素で地味な印象の「銀閣寺」ですが、金閣寺を模して作られたと言われています。美しい池泉回遊式庭園は、苔寺にならって造営されたそうで、質素な中にも日本の伝統美を感じられる魅力が随所に詰まっています。

国宝に指定されている銀閣は、観音殿として建てられた風情あふれる景観が素晴らしく、日本最古の書院作りの建物である東求堂も国宝に指定されています。

石庭にある「銀沙灘」、「向月台」と称される2つの砂盛りは、江戸時代後期に形成されたものと考えられており、月の輝く夜には、反射板の役割を果たして、銀閣を照らし出すのだそう。

幻想的な風景が浮かび上がる人気スポット銀閣寺、アクセスは、市バス「銀閣寺前」下車徒歩5分または、市バス「銀閣寺道」下車、徒歩10分です。

Thumb銀閣寺のアクセスまとめ!京都駅からの電車・バス・地下鉄の行き方は?
銀閣寺は京都を代表するスポットで、外国人観光客にも人気の観光スポットです。ここでは、銀閣寺へ...

京都の世界遺産ランキング5位:天龍寺

京都の世界遺産ランキング、第5位にランクインしたのは、京都市右京区に位置する「天龍寺」。京都でもっとも人気のある観光スポット「嵐山・嵯峨野」エリアにあるこのお寺は、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために建立したと言われています。

元々は、後嵯峨天皇の亀山離宮があった場所で、当代一の庭師としても名を馳せた夢窓国師が開山しました。禅の世界観を見事に表現した方丈裏の庭園は、国の史跡・特別名勝にも指定されています。

天龍寺は、約3万坪の広大な敷地に、11もの建築物が並ぶ壮大な寺院ですが、度々火災に見舞われます。現存する建物のうちもっとも古いのは、塔頭の松巌寺、慈済院、弘源寺の3つで、それぞれ室町時代や江戸時代に建てられました。

現在の大方丈や方丈をはじめとする多くの建物は、明治時代から大正時代にかけて再建されたもので、比較的新しい建築物となっています。

秋は紅葉の名所として知られる嵐山や亀山を背景にした池泉回遊式庭園には、当時の貴族文化と禅の手法を融合させた素晴らしい景観が広がっています。アクセスは、京福嵐山線「嵐山駅」下車すぐ、または、市バス「京福嵐山駅前」すぐです。

Thumb嵐山・天龍寺は京都有数の庭園&竹林スポット!御朱印や駐車場は?
日本を代表する神社仏閣が揃う京都の中でも、特に人気が高いのが嵐山の天龍寺です。この記事では、...

京都の世界遺産ランキング4位:東寺

京都の世界遺産ランキング、第4位にランクインした人気スポットは「東寺」。正式名称は「教護国寺」と呼ばれる寺院で、京都市南区九条に位置しています。

春は巨大なしだれ桜が、観光客を迎えてくれる東寺は、平安建都の際、南の玄関口であった、羅城門の東に建立されたと言われています。後に空海が広めた密教の根本道場となった東寺には、国宝の五重の塔がそびえます。

高さ約55メートルの五重の塔は、京都市内のオフィスビルの中にあっても、かなり目立ちます。日本でもっとも高い五重の塔として知られており、1644年、江戸時代に徳川家光が寄進したと伝えられています。

国の重要文化財に指定されている講堂をはじめ、日本最古の現存する密教彫刻など、様々な魅力がギュッと詰まった人気の観光スポットです。

特に必見なのは、金堂、大師堂、蓮花門の3つの国宝。春は満開の桜に包まれ、大変美しい姿を見せてくれます。

「お大師さまの寺」として、今も地域の人々の信仰を集める東寺。まるで空海が今も生きているかのように、毎朝食事を御前に供える「生身供」(しょうじんく)でも有名です。

また、毎月21日の「御影供」には、境内の中に骨董市も立ち、観光客だけでなく多くの買い物客で賑わいます。アクセスは、市バス「東寺東門前」下車すぐ、または、近鉄京都線「東寺駅」下車、徒歩10分です。

Thumb京都『東本願寺』の見どころや駐車場・アクセスは?西本願寺との違いも解説!
京都旅行では必ずと言ってよいほど観光ルートに入る東本願寺ですが、じっくりと見学すると見どころ...

京都の世界遺産ランキング3位:平等院

京都の世界遺産ランキンキング、いよいよトップ3の発表です。数ある京都の世界遺産の中で、群を抜いて知名度の高い人気の建築物と言えば「平等院」。シンボルとなっている「鳳凰堂」は、10円玉硬貨のデザインにも採用されている有名な建物です。

京都南東部、宇治エリアで、藤原一族の栄華を今に伝える平等院は、1052年藤原頼道によって寺に改められました。もともとは、宇治川の西岸にあった源重信の別荘を藤原道長が譲り受けたものとされ、今から約1000年ほど前に建築された推定されています。

黄金に輝く鳳凰が載せられた鳳凰堂は国宝に指定されており、仏師・定朝による阿弥陀如来像が安置されています。日本人の死生観を表した「極楽浄土」の庭園には、52体の木造の雲中供養菩薩像も飛んでいます。

世界遺産の庭園内には、国宝に指定されている壁扉画なども展示している博物館「鳳翔館」も併設。また、春は桜、秋は紅葉、そして冬は椿と四季折々の美しい花々も観光の見どころとなっています。

お庭を散策するだけでも十分ですが、よりその魅力を知りたい方は、有料の拝観ツアーに参加することをおすすめします。世界遺産「平等院」のアクセスは、JR奈良線「宇治駅」下車徒歩10分、または、京阪電車宇治線「宇治駅」下車、徒歩10分です。

京都の世界遺産ランキング2位:金閣寺

京都の世界遺産ランキング、惜しくも2位に敗れたのは、黄金に輝くド派手な寺院「金閣寺」。正式名称「鹿音寺」(ろくおんじ)と呼ばれるこの美しい建物は、1397年に足利義満が西園寺家の山荘を譲り受け「北山殿」と呼ぶ別邸をおいたことが起源。

義満の死後は、鹿苑寺と名付けられ、お寺として開山しました。およそ600年の歴史を持つ世界遺産ですが、昭和25年の火災で消失。そのセンセーショナルでショッキングな事件は、三島由紀夫の小説にも描かれています。

現存する建物は、昭和30年に再建されたものです。建物の内側に金箔を張り巡らされた3層の楼閣建築は、北山文化の象徴として国内外に知られる人気の観光スポット。

舎利殿として建てられたお堂が池に写り込む姿がお馴染みで、庭園全体が国の特別史跡・特別名勝に指定されています。京都北西部に位置する金閣寺へのアクセスは、市バスのご利用がおすすめ。「金閣寺前」停留所下車すぐです。

Thumb金閣寺のアクセス・最寄り駅は?京都駅から電車などの行き方&時間を解説!
金閣寺は京都でも非常に人気が高い観光スポットです。金閣寺にさらに多くの人に行ってもらうため、...

京都の世界遺産ランキング1位:清水寺

京都の世界遺産ランキング、人気第1位は、京都市東山にある「清水寺」。778年に僧延鎮が開山し、798年に坂上田村麻呂が仏殿を建立したと伝わる寺院で、およそ1300年という長い歴史を持っています。

豪華絢爛な仁王門、京都の見下ろす三重の塔、そして、舞台作りの本堂と、京都を代表する美しい景観が見どころとなっています。

現在する建物の大半は、1631年から1633年に徳川家光の寄進によって再建されたものです。「清水の舞台から飛び降りる」という言葉もあるように、江戸時代には極楽浄土を夢見て、ここから身投げする人もいたそうです。

春は桜、秋は紅葉の名所としても人気があり、国内外から多くの観光客が押し寄せます。国宝に指定されている本堂からは、京都市内の絶景を一望。境内には、15の塔やお堂があり、そのほとんどが国の重要文化財に指定されています。

世界遺産清水寺の周辺には、参道として使われていた門前町、二年坂、三年坂が広がり、参道の両脇にはおしゃれなカフェやお土産屋さんなど、お買い物スポットも満載。

京都でもっとも人気のある魅力的な世界遺産ですので、少しでも混雑を避けたい方は、夏か冬の平日早朝を狙って参拝することをおすすめします。アクセスは、市バス「清水寺」または「五条坂」停留所下車、徒歩15分です。

京都の世界遺産を回ってみよう!

京都にある世界遺産17箇所を、ランキング形式でご紹介致しました。人気ナンバーワンの世界遺産は、秋は紅葉の名所としても知られる「清水寺」。そして、2位、3位には、金閣寺と平等院鳳凰堂がランクインしました。

余談ではありますが、京都の世界遺産の一つに認定されている延暦寺は、本山が滋賀県にありますので、できれば、そちらもついでに観光するのがおすすめです。

京都観光におでかけの際は、今回ご紹介した魅力あふれる数々の世界遺産を、せひ回ってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ