「VSPARK」の待ち時間や料金は?大阪エキスポシティの新施設を徹底調査!

大阪エキスポシティに誕生したVSPARKは、最先端の技術を使ったアトラクションが大人気です。混雑している時には、かなりの待ち時間になってしまいます。ここでは、大阪エキスポシティに誕生した人気のVSPARKについて紹介していきます。

「VSPARK」の待ち時間や料金は?大阪エキスポシティの新施設を徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1 大阪のエキスポシティにある「VSPARK」に行こう!
  2. 2 「VSPARK」が人気な理由
  3. 3 「VSPARK」の待ち時間は?
  4. 4 「VSPARK」1Fでおすすめのアクティビティ
  5. 5 「VSPARK」2Fでおすすめのアクティビティ
  6. 6 「VSPARK」で注意すること
  7. 7「VSPARK」周辺の観光スポットをめぐろう
  8. 8 大阪・エキスポシティにできた新施設「VSPARK」を満喫しよう

大阪のエキスポシティにある「VSPARK」に行こう!

デジタル技術の進歩によって、どんどん新しいアミューズメントパークが誕生しています。大阪エキスポシティに誕生した、VSPARKはデジタル技術の進歩によってできたアミューズメントパークです。若者を中心に大人気のスポットです。VSPARKのことを知らない人は、VSPARKがどのようなところなのかをまず知ってください。

Thumb大阪エキスポシティ完全ガイド!楽しみ方やおすすめのショップも紹介!
大阪万博の開催が決まりましたが、1970年の大阪万博の会場だった万博記念公園に隣接する大阪エ...

「VSPARK」ってどんなところ?

VSPARKとは大阪エキスポシティに、従来のスポーツに今までなかった要素を取り入れて、遊び感覚でアトラクションを、楽しんでもらうことをコンセプトに造られました。25種類以上のアトラクションがあり、テレビのバラエティ番組で出てきそうなものばかりです。人気のアトラクションは、かなりの待ち時間になってしまうことがあります。

「VSPARK」の料金は?

エキスポシティにあるVSPARKの料金を紹介します。基本料金は一般2700円、学生(大学・専門・高校・中学)2160円、小学生1620円となっています。この料金で2時間まで遊ぶことができます。ナムコポイントアプリに登録していれば、基本料金から大人200円、学生100円割引になります。紹介している料金は、すべて税込になっています。

障がい者の人でも楽しんでもらえるように、障がい者特別料金があります。一般1350円、学生1080円、小学生810円となっています。障がい者本人と付添の人1名までが特別料金で入場できます。障がい者のことまでしっかりと考慮したスポットです。

2時間では物足りないと思う人は、60分延長チケットがあります。料金は一般1080円、学生860円、小学生640円となっています。予算が許す限り追加して遊びましょう。

「VSPARK」へのアクセス

エキスポシティにあるVSPARKへのアクセス方法を紹介します。車でのアクセス方法は、名神高速道路・近畿自動車道の吹田インターもしくは中国自動車道の中国吹田インターで下りてからすぐです。公共交通機関でのアクセス方法は、大阪モノレールの万博記念公園駅で下りてから徒歩2分のところにあります。非常にアクセスしやすい場所にあります。

Thumbエキスポシティへのアクセス方法まとめ!電車や車など便利でお得なのは?
エキスポシティは、大阪の万博記念公園にある日本最大の複合施設で2015年に開業しました。エキ...

「VSPARK」の駐車場

エキスポシティにあるVSPARKに車でアクセスする人のために駐車場の情報を紹介します。VSPARKはららぽーとEXPOCITYとの併用となっています。駐車料金はVSPARKを利用した人であれば2時間まで料金サービスとなります。駐車場の基本料金は30分ごとに200円となっています。VSPARKだけでなく、ららぽーとEXPOCITYも楽しめます。

「VSPARK」の営業時間

VSPARKの営業時間を紹介します。VSPARKはエキスポシティが休みの時が定休日で、10時から21時まで営業しています。土日祝は9時から21時まで営業しています。なお、すべての日で最終入場は19時となっています。土日祝は開場前から入場待ちの列ができていることもあります。VSPARKの営業時間は必ず知っておいてください。

「VSPARK」が人気な理由

ここからは、VSPARKがどうして人気があるのかという理由を考えていきます。VSPARKは若者を中心に大変人気があり、これからもVSPARKのことを知ってもらえれば、たくさんの人が訪れるようになるでしょう。人気の理由を考えることは、VSPARKがどのようなところなのかを知ってもらうきっかけになるはずです。

最先端技術のデジタルアクティビティ

VSPARKでは、最先端技術のデジタルアクティビティを導入しています。デジタルアクティビティとは、デジタル技術を使い、人間の動きに連動して、いろいろ楽しめるようにしたことです。ゲームの世界では、デジタルアクティビティは、たくさん導入されるようになってきました。この技術は、ゲームを楽しむためには必須といえます。

最先端技術が開発されたことを多くの人が知っていても、なかなかそれを実践する機会はありません。VSPARKでは、しっかりと最先端技術を感じることができるため、今まで楽しむことがなかった世界を堪能できるかもしれません。

VSPARKを訪れたら、アトラクションを楽しむことによって、最先端技術のデジタルアクティビティの世界に触れてください。

まるでバラエティ番組のようなアクティビティ

テレビのバラエティ番組で、デジタルアクティビティが導入されているものがたくさんあります。VSPARKでは、まるでバラエティ番組に出演しているかのような感覚になれるかもしれません。テレビで実際やっていたことが、自分でできるのは夢のような経験でしょう。デジタルアクティビティが、身近で体験できるようになりました。

これからのテーマパークは、デジタルアクティビティがどんどん導入されるに違いありません。そうなると、テレビのバラエティ番組の世界が珍しくなくなります。VSPARKを訪れると、デジタル社会がどんどん進んでいることを実感させられるでしょう。

自分はアナログ人間だと思っていても、一度VSPARKを訪れれば、デジタルの世界に興味が湧くかもしれません。デジタルの世界を知るのもおすすめです。

普段はできなかったスポーツを体験

VSPARKではいろいろなスポーツをテーマにしたアトラクションがあるため、普段では楽しめなかったスポーツに挑戦できます。今まで楽しめなかったスポーツができれば、そのスポーツに興味を持ってもらえるかもしれません。スポーツの世界をより深く知るためには、見ているだけではなく、実際にプレイすることが重要です。

実際にプレイしてみると、簡単そうに見えても、実際はかなり難しいということがわかってもらえるでしょう。かなり難しいとわかると、そのスポーツで活躍している人のことが、よりすごく見えるようになるはずです。自分のスポーツの世界を広げてください。

VSPARKはアトラクションで楽しみながら、いろいろなスポーツを知ることができるので、多くの人におすすめしたいスポットです。

「VSPARK」の待ち時間は?

VSPARKはとても人気のスポットで、混雑している時は、かなりの待ち時間になる可能性があります。ここでは、VSPARKの待ち時間について紹介します。待ち時間の情報を知っておくと、自分たちが訪れる時に役に立ててもらえるはずです。特に休日にVSPARKに行く場合は、待ち時間があることを承知の上で訪れてください。

平日は割と空いている

大人気のVSPARKですが、すべての日で待ち時間があるわけではありません。平日は若者が学校や仕事に行っていることもあり、空いている場合が多いです。空いている可能性が高い時間帯は、平日の午前中から昼間です。この時間帯に加えて、天気が悪いという条件が重なると、さらに待ち時間なく利用できる可能性が高くなります。

VSPARKがオープンした当初は、平日でもたくさんの人が訪れましたが、現在は落ち着いています。平日にVSPARKに行くことができるのであればおすすめします。ほぼ、どのアトラクションも待ち時間なく遊べるようになるので最高です。

VSPARKを訪れるならば、平日昼間がおすすめです。大阪近郊に住んでいる人で、この時間帯に訪れることが可能ならば、待ち時間がほとんどなく楽しめるでしょう。

休日は場合によっては入場制限も

平日が空いている一方で、休日になると開場から非常に多くの人が訪れます。人気のアトラクションを中心に待ち時間が出るようになります。あまりに来場者数が多すぎると、入場制限がかかってしまう可能性もありあます。待ち時間が出るくらいならば、入場できているということになるので、まだマシと言えるかもしれません。

入場制限がかかってしまうと、せっかくVSPARKを訪れても入場できないまま、帰らなければいけない可能性があります。VSPARKの混雑状況をあらかじめ知っておくと、入場制限がかかる可能性を避けられるので、混雑状況はぜひ知っておくことをおすすめします。

休日にVSPARKを訪れる場合は、多少の待ち時間があることをしっかりと頭の中に入れておきましょう。待ち時間が少なければラッキーと思いましょう。

「VSPARK」1Fでおすすめのアクティビティ

ここからはVSPARKにあるおすすめのアクティビティ(アトラクション)を紹介します。VSPARKは1Fと2Fにわかれており、それぞれのフロアでアクティビティを楽しんでもらえます。具体的にどのようなものがあるかを知ることによって、最優先して遊びたいアクティビティを見つけることができるでしょう。

人気のアクティビティを中心に選んでも良いですし、待ち時間が少ないものを中心に選んでも良いです。最初に計画を立てることが、VSPARKを楽しく遊ぶコツともいえます。ここでおすすめするアクティビティのことをぜひ知ってください。

本当にテレビのバラエティ番組のような世界を体感することができるはずです。限られた時間内しっかりと楽しんでください。

「バスケット4」が新登場!

バスケット4は、チームにわかれて交互にシュートします。ビンゴの要領で縦・横・ナナメのいずれかの列に4つ同じ色を揃えましょう。このゲームは、バスケのシュートの巧拙はもちろんのこと、相手に列を揃えさせないように妨害する技術も必要となります。このゲームは、バスケの経験者がいるかどうかがポイントとなるでしょう。

「ニゲキル」で猛獣から逃げきれ!

ニゲキルは猛獣から逃げ切ることをコンセプトにしています。このゲームは超短距離走で、対戦相手の動物よりも先にゴールした方が勝ちです。どの動物を選ぶのかがポイントとなりますが、超短距離走が速いかどうかが最大のポイントです。自分の影がスクリーンに映し出され、まるで猛獣から逃げているように見えるのが人気です。

「HADO」でバーチャル世界で戦おう

HADOは体を動かして技を発動させます。決められたフィールドの中を自由に動き回り、味方と連動して相手を倒すゲームです。まるでドラゴンボールのような世界を楽しめます。自由に体を動かし、いろいろな技を出してみましょう。特殊なゴーグルをすると、相手の動きによっていろいろな技が出るのがわかります。とにかく体を動かしましょう。

「ダイナマイトポーズ」で影に合わせてポーズを取ろう

ダイナマイトポーズは、画面の影の動きに合わせて、その影と同じポーズをするゲームです。簡単な動きばかりですが、いろいろな動きをしているうちに、体がだんだん疲れてきます。このゲームは、カロリー大量消費型ゲームです。普段運動不足の人にはおすすめですが、がんばりすぎて酸欠にならないようにしてください。

「Run&Run」で強力ゴムに負けないように走ろう!

Run&Runは、強力ゴムに体をつながれた状態で、できるだけ遠くまで走るゲームです。とても強力なゴムなので、なかなか先には進めないかもしれません。ゴムの力に負けないくらいの力が試されます。油断するとすぐに元に戻されてしまうため、緊張感を持たないといけません。このようなゲームは、普段プレイする機会はないでしょう。

「VSPARK」2Fでおすすめのアクティビティ

次にVSPARKの2Fにあるアクティビティを紹介します。1F同様人気のアクティビティがたくさんあり、優先順位をつけておかないと、どれを楽しんだら良いか迷ってしまうかもしれません。計画を立てる場合は、1Fと2Fをなるべく行ったり来たりしないように、それぞれのフロアでしっかりと楽しめるような計画にするのがおすすめです。

「パニックキューブ」で時間内に謎を解こう

パニックキューブは、問題が与えられ、その問題を時間内に解くことができなければ巨大風船が爆発するゲームです。このゲームは、まさにテレビのバラエティ番組によく出てくるゲームです。巨大風船を爆発させないことが条件ですが、番組出演者のように巨大風船が爆発した時のリアクションをみんなで楽しむのも人気です。

「Jump×Jump」で障害物を避けよう

Jump×Jumpは回転する障害物を、飛んだりくぐったりして避けるゲームです。障害物はいろいろな高さで襲ってくるので、反射神経が試されます。時間が経ってくると、動きがわかっていても体がついてこないという人もいます。なるべく長い時間障害物をよけられる体力も必要となります。シンプルなルールですが、体力を使うゲームです。

「ワンダーウォール」で新感覚ボルタリングを楽しもう

ワンダーウォールは、今大人気のボルダリングを体感できるゲームです。プロジェクションマッピングと融合しているため、実際にボルダリングができなくても問題ありません。ボルダリングがどういったスポーツなのかがよくわかります。画面に出てくる突起をうまくよじのぼって、どんどん上に行きましょう。親子で競い合うのもおすすめです。

「ワーワードッジ」は声で戦う?

ワーワードッジは、声で楽しむドッジボールです。ドッジボールは通常ボールで遊ぶものですが、自分の声がボール代わりになります。声がすぐにボールのようになるので、逃げ回りましょう。このゲームは、デジタル技術のすごさをまざまざと実感させられるゲームです。声が実際に形となって見られるようになるのは、ものすごい技術です。

PARTY SQUASHでスカッシュを体感しよう!

PARTY SQUASHはスカッシュを体感できるゲームです。スカッシュとは、壁に向かってラケットでボールを打ち合い、跳ね返ったボールを相手がまた壁に打ち返すスポーツです。スカッシュはまだまだ知らない人が多いので、このゲームでどのようなスポーツなのかを知ってください。球の動きがリアルなので、本格的なスカッシュ体験ができます。

「VSPARK」で注意すること

ここからは、VSPARKで注意することを紹介します。VSPARKはいろいろなスポーツをテーマにしたアトラクションなので、スポーツを楽しみに行くという気持ちになりましょう。VSPARKを訪れる際の服装や飲み物の持ち込みなどを紹介します。VSPARKを訪れる際にぜひ参考にしてもらい、楽しく遊ぶために役に立ててください。

「VSPARK」はどんな服装で行けばいい?

VSPARKを訪れる際のおすすめの服装について紹介します。VSPARKはスポーツを楽しみに行くと考えてもらうと、動きやすい服装で行くことは最低条件といえます。ただし、部活や大会に行くわけではないので、本格的にスポーツをする格好でなくても構いません。普段着用している動きやすい服装であれば問題ありません。

一部のアトラクションでは、立って楽しむものがあります。スニーカーなど動きやすい靴であれば問題ありませんが、ヒールなど先のとがった靴はNGです。アトラクションによっては、靴や靴下を脱がなければいけないため、脱ぎやすい靴というのも必須です。

普段身に着けている、動きやすい服装であれば大丈夫です。気合いが入っているならば、ジャージなど本格的にスポーツをする服装でも良いです。

「VSPARK』に飲み物の持ち込みはできる?

VSPARKではいろいろと動き回らなければいけないため、飲料を持ち込みたいと思う人もいるでしょう。しかし、VSPARKでは飲食物の持ち込みは禁止されています。VSPARK内で飲料の自動販売機などがあるため、それを利用しましょう。普段飲み慣れている飲料でなければダメだと考える人もいますが、このルールは理解してください。

「VSPARK」で子供は遊べる?

VSPARKの入場料金で、小学生までは料金がかかりますが、未就学児は入場料金が無料となります。料金が無料といっても、18歳以上の保護者の付き添いが絶対条件となります。未就学児にとっては、難しいアトラクションばかりなので、保護者の付き添いがなければ不可能といっても良いです。また、ベビーカーでの入場は構いません。

VSPARKのようなスポットを子供に紹介するのは、非常に良いことといえるでしょう。最新のデジタル技術を子供に楽しみながら教えてあげると、自分の体でデジタル技術を体感できるからです。ただし、無茶だけはさせないように気をつけてください。

VSPARKは子供が訪れても全く問題ないスポットです。小学生だけでVSPARKを訪れている人もいるので、子供もたくさん訪れる人気スポットです。

「VSPARK」でスマホ撮影はOK?

VSPARKにおいて、スマホで動画や写真を撮影することは可能です。スマホで撮影した動画や写真は、SNSを通じて、いろいろな人と共有することができます。VSPARKで遊んだ模様をSNSにアップすることによって、VSPARKの楽しさを他の人に伝えることができます。SNSは正しい使い方をすれば、ものすごい良い効果があります。

スマホで動画や写真を撮影することは可能ですが、他の人に迷惑がかかる行為は絶対にやめてください。自分たちだけが良いと思った行為でも、他の人からしたら非常に迷惑と感じることがたくさんあります。常識的な範囲内で楽しんでください。

VSPARKで楽しんでいる姿を他の人が見たら、自分たちも行きたいと思うでしょう。どんどん他の人に楽しさを広める使い方ならばおすすめです。

「VSPARK」周辺の観光スポットをめぐろう

大阪エキスポシティにあるVSPARKの周辺にはいろいろな観光スポットがあります。せっかく大阪を訪れたならば、大阪エキスポシティだけでなく、周辺の観光スポットを一緒にめぐることをおすすめします。大阪モノレールを利用して、大阪中心地に行く電車に乗り換えましょう。そこから好きな大阪の観光スポットに行きましょう。

大阪は交通の便がかなり発達しているため、どこからでも大阪中心地に行くことができます。大阪エキスポシティを訪れたならば、万博記念公園がすぐ近くにあるのでおすすめです。VSPARKを中心とした行程を計画してみましょう。

大阪を訪れたら、エキスポシティだけで終わらせたらもったいないです。エキスポシティだけでなく、しっかりと大阪の楽しさを味わってください。

大阪・エキスポシティにできた新施設「VSPARK」を満喫しよう

大阪エキスポシティにあるVSPARKについて紹介しましたが、興味を持ってもらえたならば幸いです。いろいろなアトラクションが楽しめますが、すべてのアトラクションを楽しむと1日では到底足りません。どのアトラクションを優先して楽しむかが、VSPARKを満喫するおすすめのポイントとなります。多くの人に足を運んでもらいたいです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ