神集島観光ガイド!おすすめのスポットやフェリーでの行き方まで紹介!

この記事では、神集島の観光の魅力を解説しています。神集島は歴史のある島として知られており、あの万葉集とも関係があるんです。今回は、そんな神集島のおすすめの楽しみ方や行き方、周辺の宿泊施設をわかりやすく解説します。神集島に行く方は、読んで損はありません。

神集島観光ガイド!おすすめのスポットやフェリーでの行き方まで紹介!のイメージ

目次

  1. 1「神集島」の見どころ・行き方を徹底解説
  2. 2佐賀の離島「神集島」とは?
  3. 3神集島の人気観光スポット3選
  4. 4神集島でのおすすめな楽しみ方
  5. 5神集島周辺のおすすめ宿泊所
  6. 6神集島の基本情報・アクセス
  7. 7佐賀の離島「神集島」に行ってみよう!

「神集島」の見どころ・行き方を徹底解説

この記事では、佐賀県にある「神集島」の観光の魅力をまとめています。神集島は、あの「万葉集」と関係がある島として知られています。今回は、そんな神集島のおすすめの楽しみ方や行き方、周辺の宿泊施設をわかりやすくお話しします。神集島にまだ一度も行ったことがない方は、本記事で基本的な情報を把握することをおすすめします。

佐賀の離島「神集島」とは?

「神集島」のおすすめの宿泊施設や行き方をお話しする前に、まずは神集島がどのような場所なのか解説します。神集島は、九州北部に突き出た「東松浦半島」の北西部に位置している島です。佐賀県の唐津市に属しています。

そんな神集島は、佐賀県の離島のなかですと、本土に最も近い島とされています。神集島の面積は約1.41平方キロメートルで、平成27年に実施された国勢調査によりますと、人口は321人。神集島の住民は、現在は町おこしに取り組んでおります。

万葉集にも記録される歴史ある島

神集島には、神集島とはまた違った呼び名があります。「万葉の島」という呼び名です。どうして神集島は、万葉の島と呼ばれているのでしょうか。

神集島が万葉の島と呼ばれているのには、「万葉集」が関わっていました。というのも、じつは万葉集には、神集島で詠んだとされる歌が「7首」もあるんです。

7首もの神集島で詠まれた歌が万葉集に収められていますので、神集島には万葉の島という別の呼び名があったわけです。万葉集が関わる歴史のある島ということもあり、神集島には歴史好きな方が訪れることも少なくないんだとか。

ちなみに、神集島には万葉集の歌碑が建てられています。そして、万葉集の歌碑をめぐる「万葉ウォーク」というイベントも行われており、万葉集の歴史ファンが神集島に足を運びます。

フェリーで気軽に行ける

万葉集に関わりがあった神集島へは、意外と簡単にアクセスできます。離島と聞くと、アクセスするのが難しそうなイメージがありますが、神集島においてはそんなことはありません。佐賀県の港からは、神集島に行くフェリーが出港しているんです。

詳しいことは後述しますが、佐賀県の港からは、神集島に向かう定期便が出港しています。神集島いきのフェリーにのれば、10分も掛かることなく神集島に上陸できます。

神集島いきのフェリーは短時間の乗船ですので、必然的に乗船料金も安くなっております。神集島にアクセスするなら料金は掛かりますが、ぜんぜん安い料金設定ですので、料金面はあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

神集島の人気観光スポット3選

佐賀県にある「神集島」がどんな離島なのかわかったところで、続きましては、神集島の島内の観光スポットを紹介していきます。せっかく神集島に訪れたのですから、神集島のおすすめの観光スポットに立ち寄るべきです。

神集島に行ったことがない方からすれば、神集島には何があるのかよく知らないでしょう。そんな方はぜひ本項目で、神集島内のおすすめ観光スポットを把握しましょう。

本記事で解説する神集島のおすすめ観光スポットは、合計で3ヶ所。佐賀県では珍しい横口式古墳の「鬼束古墳群」、島内の撮影スポットである「住吉神社」、佐賀県唐津市の重要文化財とされる「蒙古碇石」です。

各観光スポットの詳細について、1つずつわかりやすくお話しします。それではまず、1つ目の観光スポットである「鬼束古墳群」の解説から見ていきましょう。

歴史ある「鬼束古墳群」

佐賀県の離島・神集島にあるおすすめ観光スポット、1つ目は「鬼束古墳群」です。鬼束古墳群は、佐賀県では珍しい横穴式の古墳群です。そのため歴史好きな方や古墳マニアに、おすすめのスポットと言えます。

神集島の鬼束古墳群は、古墳時代の後期につくられたとされています。なお、鬼束古墳群は神集島の北部にありますので、見に行きたい方は北部に歩を進めましょう。

海にある鳥居が印象的な「住吉神社」

佐賀県の離島・神集島にあるおすすめ観光スポット、2つ目は「住吉神社」です。後述しますが、住吉神社の境内には、唐津市の重要文化財が保存されています。

神集島の住吉神社で印象的なのが「鳥居」です。神社と鳥居はセットのようなもの。あまり珍しくはありません。しかし、神集島の鳥居は、一般的な神社の鳥居とは一味ちがいます。住吉神社の鳥居は、海中に立てられているんです。

海中に立てられた鳥居と聞くと、広島県の「厳島神社」が最初に思い浮かびます。ここ神集島の鳥居も、厳島神社と同じで、海中に立てられているんです。

航海の安全を祈って建てられた住吉神社。海中に立った鳥居は撮影スポットでもありますので、訪れた時にはぜひカメラにおさめておきましょう。

唐津市の重要文化財「蒙古碇石」

佐賀県の離島・神集島にあるおすすめ観光スポット、3つ目は「蒙古碇石」です。先ほどの項目で、住吉神社の境内には唐津市の重要文化財が保存されているとお話ししました。その重要文化財が、こちらで紹介する蒙古碇石なんです。

蒙古碇石とは、昔の軍船などで使われていた「いかり」のこと。神集島にある蒙古碇石は、その考古資料として重要文化財に指定されているわけです。

神集島の蒙古碇石は、全長2~3メートルほどの平らな石です。両端がせまくなっているのが特徴で、住吉神社に大事に保存されています。住吉神社に行けば簡単に見られますので、鳥居だけでなく、蒙古碇石もカメラにおさめることをおすすめします。

神集島でのおすすめな楽しみ方

こちらでは、佐賀県の離島である「神集島」のおすすめの楽しみ方について解説します。ここでお話しするのは、神集島の観光スポットとは別の内容です。

観光スポットには足を運ぶだけで楽しいですが、こちらで解説しますのは、それとはまた別の楽しみ方です。本記事では、合計で「4つ」の神集島の楽しみ方をお話しします。

神集島の4つの楽しみ方は、次のとおりです。万葉集の歌碑をめぐる「万葉ウォーク」、離島の美しい海での「海水浴」、魚が元気に泳いでいる中での「釣り」、本土でのキャンプとは違った経験が得られる「島キャンプ」の4つです。

島内の「万葉の歌碑」を巡る「万葉ウォーク」

佐賀県の離島・神集島の楽しみ方、1つ目は「万葉ウォーク」です。神集島が万葉集と関わりがあるのは、上述したとおりです。万葉集には、神集島で詠んだ歌が7首も収められており、神集島と切っても切れない関係にあるんです。

そんな神集島には、万葉の歌碑が建てられています。神集島のさまざまな場所に、合計で7つの歌碑があります。歌碑が7つなのは、神集島で詠んだ歌が刻まれているからです。また、歌碑が設置されている場所も、歌の内容に関連しています。

神集島には、その万葉の歌碑をめぐるという楽しみ方があります。「万葉ウォーク」です。神集島の万葉ウォークは毎年開催されており、多くの歴史ファン・万葉集ファンが、わざわざフェリーに乗って神集島へ足を運びます。

透き通るきれいな海で「海水浴」

佐賀県にある離島・神集島のおすすめの楽しみ方、2つ目は「海水浴」です。島といえば海。海といえば海水浴です。当然のことながら、離島である神集島でも海水浴が楽しめます。

神集島の海水浴場は、フェリー乗り場から徒歩10分ほど離れた場所にあります。砂浜はあまり広くありませんが、泳ぐのには十分です。

はっきり言って、海水浴はどこでもできる楽しみ方です。しかし、神集島の海水浴は、ちょっとリゾート感があります。というのも、神集島の海は透き通っていて、とてもきれいなんです。海がとてもキレイなので、リゾート気分で海水浴が楽しめます。

たくさんの魚がいる海で「釣り」

佐賀県にある離島・神集島のおすすめの楽しみ方、3つ目は「釣り」です。ここだけの話、神集島は釣りスポットとして人気があります。なぜなら神集島は、島全体が釣りスポットと言われるほど、釣りに適した離島だからです。

神集島の周辺には魚がたくさんいます。そのため、キスやメバル、アオリイカなどの新鮮な魚介類を釣ることができます。釣り好きには、たまらないスポットでしょう。

なお、神集島の主な釣り場は島の北西部です。釣り目的で神集島に上陸した方は、とりあえず北西部の海沿いを歩いて回ってみてはいかがでしょうか。

自然を堪能できる「キャンプ」

佐賀県にある離島・神集島のおすすめの楽しみ方、4つ目は「島キャンプ」です。先に言っておきますと、神集島にはキャンプ場が用意されており、キャンプが楽しめます。

神集島には「神集島キャンプ場」というキャンプ場があります。島だからといっても、サバイバルを強いるようなものではありません。キャンプ道具一式のレンタルも行われていますし、ゆったりと波の音を聞きながら過ごせます。

神集島キャンプ場では、島ならではの楽しみ方もあります。それは、海水浴と釣りです。キャンプで宿泊するだけでなく、思いっきり海で遊べたり、魚釣りもできますので、子どもの夏休みの思い出づくりにぴったりの場所でしょう。

神集島周辺のおすすめ宿泊所

佐賀県の離島である「神集島」の宿泊施設についてお話しします。キャンプ場がある神集島ですが、ホテルや民宿などの宿泊施設はあるのでしょうか。

こちらでは、神集島の周辺のおすすめ宿泊施設を2軒紹介しています。それぞれの宿泊施設の詳細などわかりやすくお話ししますので、ぜひご覧ください。

神集島には宿泊場所がない

先に言っておきますと、神集島の島内には宿泊施設はございません。キャンプ場はありませんが、ホテルや民宿などの宿泊施設も1軒もないんです。

なので、神集島に宿泊するなら、神集島行きのフェリー乗り場から近い宿泊施設を利用するのがベストとなります。その宿泊施設については、次の項目をご覧ください。

新鮮な魚料理が楽しめる「旅館金丸」

神集島の周辺にあるおすすめ宿泊施設、1軒目は「旅館金丸」です。旅館金丸は、神集島行きのフェリー乗り場から車で15分ほど離れた場所にあります。

そんな旅館金丸の魅力は、なんといっても海が近いことにあります。海が近くにあるため、海を眺めながら食事・夕涼みを楽しめます。

旅館金丸では、海を眺めながらの温泉も満喫できます。夕日の名所とされる「呼子大橋」も、旅館金丸の展望温泉からは見られます。

日本三大松原の隣にある「唐津シーサイドホテル」

神集島の周辺にあるおすすめ宿泊施設、2軒目は「唐津シーサイドホテル」です。唐津シーサイドホテルは、神集島行きのフェリー乗り場から車で30分ほど離れた場所にあります。

唐津シーサイドホテルでは、落ち着いたデザインの洋室、海を一望できる和室があります。また、食事では「和洋中」から選択できるなど、あなたの好みにあった宿泊ができます。

唐津シーサイドホテルに宿泊しましたら、展望浴場「しおさいの湯」は、ぜったいに入っておくべきです。しおさいの湯からは、お風呂に浸かりながら眼前に広がった唐津湾が見られます。体がリラックスできるだけでなく、目の保養にもなります。

神集島の基本情報・アクセス

最後に、佐賀県の離島である「神集島」の基本的な情報とアクセス方法を見ておわりましょう。本記事でお話しする基本的な情報というのは、神集島の「特産品」についてです。神集島では、なにが特産品なのでしょうか。

神集島の特産品のほかに、こちらでは神集島への具体的なアクセス方法を解説しています。ここまで読んだ方なら何となくわかっているかもしれませんが、神集島へはフェリーに乗って行けます。

神集島の特産品は「石割とうふ」

まずは、佐賀県の離島・神集島の特産品についてお話しします。神集島はなにが特産品なのでしょうか。島なので、島ならではの特産品の可能性があります。

神集島の特産品を調べてみたところ、神集島は「石割とうふ」と呼ばれる豆腐が特産品でした。石割とうふという名前なのは、石割とうふが「石の上に落とすと石の方が割れる」と例えられているからです。

神集島に観光で訪れたときは、ぜひ島の特産品である石割とうふを購入してみてください。実際に食べてみて、石割とうふのかたさを体感してみましょう。

神集島への行き方

佐賀県の離島である「神集島」への行き方もチェックしておきましょう。結論から言いますと、神集島は離島ですので「フェリー」に乗って上陸できます。

神集島への行き方はフェリーしかありません。ほかの行き方はありませんので、神集島行きのフェリーが出ている乗り場に足を運びましょう。

神集島への唯一の行き方であるフェリーですが、フェリーに乗ればたった「8分」で神集島に上陸できます。神集島は、佐賀県から島の形がみえるほど近くにありますので、8分程度でアクセスできるわけです。

神集島行きのフェリーが出ているのは「湊港」です。唐津市の市街地から20分ほど離れた場所にあります。気になるフェリーの乗船料金は、大人は片道230円で、子どもは片道120円と非常に安いです。これほど安いなら、ほかの行き方を探す必要もありません。

Thumb唐津観光におすすめのスポット31選!外せない名所から穴場まであり!
唐津といえば、多くの観光客が訪れているような人気の観光スポットとなっております。そんな観光ス...

佐賀の離島「神集島」に行ってみよう!

佐賀県の離島「神集島」の魅力、おわかりいただけたでしょうか。万葉集と関わりがある神集島には、万葉ウォークを始めとして楽しみ方が充実しています。おすすめの行き方はフェリー。フェリーに乗れば、短時間&低賃金でアクセスできます。本土側のフェリー乗り場の近くに宿泊施設があり、泊まりもOKの神集島、ぜひ一度訪れてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ