「大神山神社」は鳥取のパワースポット!日本一長い参道も見もの!

大神山神社は鳥取のパワースポットとして有名で、特に大神山神社の奥宮は西日本でもトップクラスのパワースポットとして知られています。なかでも大神山神社の奥宮への参道は 、強力なパワースポットとされ多くの方が参拝に訪れます。その大神山神社についてご紹介します。

「大神山神社」は鳥取のパワースポット!日本一長い参道も見もの!のイメージ

目次

  1. 1鳥取の大神山神社をご紹介
  2. 2鳥取にある大神山神社ってどんな神社か
  3. 3鳥取の大神山神社のご祭神
  4. 4鳥取の大神山神社の夏の宮と冬の宮
  5. 5鳥取の大神山神社の奥宮
  6. 6鳥取の大神山神社の奥宮への天然石の参道
  7. 7鳥取の大神山神社の本社
  8. 8鳥取の大神山神社の末社も強力なパワースポット
  9. 9鳥取の大神山神社のお守り
  10. 10鳥取の大神山神社の御朱印
  11. 11鳥取の大神山神社の参拝の順番
  12. 12鳥取の大神山神社へのアクセス
  13. 13大神山神社の基本情報
  14. 14大神山神社の奥宮へ行くときの注意点
  15. 15大神山神社のパワーをいただきに行こう!

鳥取の大神山神社をご紹介

大神山神社は鳥取にあるパワースポットとしてすごく有名な神社で、特に奥宮へと続く参道は通るだけでそのパワーを頂くことが出来ると言われるほどの場所です。西日本でもトップクラスのパワースポットと言われる大神山神社のご利益はもちろんパワースポットとしても観光でも人気のある神社です。その鳥取にある大神山神社についてご紹介します。

鳥取にある大神山神社ってどんな神社か

大神山神社は奥宮と本社とあり、パワースポットとしてすごく有名なのは奥宮ですが、夏は良いのですが冬になると標高の高さから雪が降ると大変参拝しにくい場所にあり、冬になっても参拝できるようにと、麓に参拝しやすいように本社が作られました。

大神山神社の奥宮は、その参道の距離や、権現造りと言われる社が有名で、参道を進むのはちょっと大変ですが、多くの参拝者が訪れる神社です。御祭神には奥宮にも、本社にも出雲大社の御祭神として有名な大国主命の若い時の名前である大己貴命が奥宮に祀られ、本社には大穴牟遅神が祀られています。

大神山神社奥宮は聖地

大神山神社は鳥取県にある神社で、その歴史はすごく古く日本書紀や古事記といった日本の史書でも度々大神山神社の名前がでているほどです。しかし、いつこの大神山神社ができたかはっきりしたことはわかっていないです。

大神山神社は鳥取県がある中国地方のなかでも最高峰とも言われる山である大山にあり、特に奥宮に関しては、昔から大山を信仰する中心として存在しています。以前は大山は神仏習合の場所で、本来は大山寺の本殿の場所だったところに明治以降に大神山神社の奥宮としてでき、今も山岳信仰では聖地とされています。

鳥取の大神山神社のご祭神

大神山神社の奥宮には、大己貴命が祀られていて、本社の方には、大穴牟遅神が祀られています。本社の方には相殿に、須佐之男命と大山津見神、小彦名命が祀られています。 末社もあり、朝宮の方には、須勢理毘売命と大山津見神が祀られていて、弁才天社や下山神社もあります。

弁才天社では大山津見という神さまと、宗像三女神と呼ばれる水の神さまが祀られています。そしてパワースポットとして大神山神社の奥宮は特に知られていますが、本社の境内にある末社の下山神社もすごくパワーのある場所で、祀られている下山大明神は数多くの武将も信仰していた勝負運向上のご利益がある神社です。

鳥取の大神山神社の夏の宮と冬の宮

大神山神社の奥宮は一般的に冬は雪がすごくつもり参拝にいけないため、夏しか参拝に行けないことから、夏の宮と呼ばれていて、その奥宮に参拝に行けない時期に参拝に行けるようにとできたのが、冬の宮と呼ばれる、大神山神社の本社です。

奥宮へは、長い参道を進まないといけないため、冬に雪が降ると、参拝に行くのがすごく困難になるので、参拝のしやすい場所に本社ができているのですが、歩行の困難な方や、妊婦さんなどは夏でも参道を進むのは大変なので本社で参拝できるようになってるので、大神山神社への参拝をする方も多くいます。

鳥取の大神山神社の奥宮

鳥取県にある大神山神社の奥宮は標高が大体1000mくらいのところにあり、夏のすごく暑い日に行っても10度近く気温が低い場所にあります。そのため冬になると、本社のある場所に比べると、当然気温は低いので雪も降りますし、すごい時で1mほども雪が積もることもあります。

奥宮に行くには、日本で一番長いと言われる参道を進まねばならず、参道の先にある奥宮の社殿は日本でも最大と言われる権現造りと言われる建築の社殿があります。

奥宮はパワースポットとしてもすごく有名なので、観光客も多く参拝に訪れる神社で、そのパワースポットとしてのパワーは大変強力なものになっています。

奥宮の見どころ

参道を進み奥宮の前の門に来るとまずは、後ろ向き門と呼ばれる門があります。この門はもともとここにあった門ではなく大山寺の本坊の表門として作られたもので、神仏が別になった時に、奥宮の方へ移動し、そのままの向きで移されたので逆向きになっています。

早朝に行くと、ちょうどこの門の中から見える参道の階段に光があたり、門の向こうの景色が光に包まれているような光景を見ることができ、最強のパワースポットと言われるのを実感します。

そして、門をすぎると大神山神社の日本で一番大きいとされる権現造りの社殿があります。奥宮の社殿は本殿と拝殿などがすべて同じ建物となっていて、内部は見学したいということを伝えると見学ができます。約50mもある廊下と美しい彫刻などは必見です。

境内の雰囲気は正しく神域

これは観光などで参拝に行った方なら十分わかることですが、境内の中は特に門をくぐった途端にその雰囲気が伝わってきます。建物ももちろん歴史がありオーラを放っていますが、境内の中は正しく神域と言って良いほど、神聖な雰囲気に包まれています。

強力なパワースポットとして有名でもありますが、それはこの場に行くと、十分に実感できます。もちろん、奥宮だけでなく、本社にしても、そのパワーはしっかりと感じることが出来るため、ちょっと参拝してすぐ次へ観光に行こうとはせずに、じっくりと境内を見て回るのをおすすめします。

忘れてはならない御神水

参道を行くと、手水舎があります。この手水舎の水はすごく柔らかな軟水で、飲むことが出来る湧き水を使っています。ぱ強力なパワースポットで湧き出る水ですので、もちろんその水にはパワーも宿っています。この手水舎の御神水は延命や長寿といった霊験があると言われています。

この水は参拝に訪れる観光客など、多くの方が入れ物に入れて汲んでいくほどです。観光で行くとペットボトルに入れると良いと言いたいところですが、ただの水ではありませんので、できれば水筒など、ペットボトルのようなものではなくきちんとした入れ物を持参してそれに汲んで行くのがおすすめです。

鳥取の大神山神社の奥宮への天然石の参道

この大神山神社の奥宮へ行く参道は大山寺のそばから行くことが出来るのですが、大神山神社の奥宮がすごい強力なパワースポットである理由がこの参道でもあります。この参道は、ちょうど龍脈と呼ばれる場所に沿ってあり、それが奥宮に続いているのです。

奥宮はさらに強力なパワーがあり、そのパワーが参道を通るようにあるため、天然の石を敷いて作られている参道は、通るだけでものすごいパワーを得ることができ、そして清められるそうです。

この大神山神社の奥宮への参道は日本で一番長い参道としても知られていて、この石畳自体は昭和になってから完成したそうですが、その原型とされる参道は、江戸時代からあったと伝えられています。

鳥取の大神山神社の本社

大神山神社は奥宮だけでなく、本社もあります。本社は一般的に冬の宮と呼ばれていますが、夏でももちろん、1年中参拝することができます。本社は夏の宮と呼ばれる奥宮に冬になると参拝に行けないために作られたものですが、この本社でも十分にそのパワーを得ることが出来るため、観光客も多く訪れる場所です。

そして奥宮でも頂くことが出来ますが、本社でも奥宮と同じ、お守りや御朱印も頂くことができます。本社で、祀られているのは大国主命が若い時の名前で祀られていて、本殿の参拝だけでなく末社もありますので、参拝したあとは末社も参拝するのを忘れないでください。

そして末社以外にも、本社の境内の中には龍神社があったり、奥宮に行けない時期や行けない方のためにある奥宮への遥拝所も作られています。

鳥取の大神山神社の末社も強力なパワースポット

そして、大神山神社では奥宮や参道、といった場所だけでなく、末社も強力なパワースポットで、下山神社は特にそのパワーが強いと言われています。下山神社は以前は全く違う場所にあった神社で、祀られているのもお役人です。

しかし、様々な不思議なことが立て続けに起きた結果、今現在の大神山神社の本社の境内の中に移されました。この場所に移されてからは、その不思議な出来事やなど、すごい霊験があるとされ、多くの武将に信仰されるようになった神社です。

この下山神社は、特に勝負運のご利益があり、その他に病気平癒のご利益や、除災のご利益もあるそうで、観光で参拝に行くときには、こちらも忘れずに参拝するのをおすすめします。

鳥取の大神山神社のお守り

強力なパワースポットとしても知られる大神山神社ですが、お守りももちろんその効果はすごくあります。そして、大神山神社の奥宮と本社両方でお守りを購入することができます。どちらも同じお守りですので、本社を参拝した時にお守りを購入しても良いですし、奥宮を参拝した時にお守りを購入しても良いです。

本社だけをお参りする方も、境内にある遥拝所で奥宮へお参りもできます。その時に御朱印とお守りを一緒に購入するのもおすすめです。足が悪く、奥宮まで行くのが困難な方や妊婦さんだと、さすがに石畳の参道を進むのはかなり大変ですので、本社の方で参拝して、そしてお守りも一緒に購入されるのがおすすめです。

鳥取の大神山神社の御朱印

大神山神社の御朱印ですが、奥宮と本社と両方で頂くことができます。基本的に御朱印は同じようですので、奥宮へ行けない方や、行けない時期であっても本社で御朱印を頂くことが出来ます。そして、もちろん御朱印帳も、大神山神社の御朱印帳があります。

一般的には写真や、見本が置かれていたりするのですが、大神山神社では、御朱印帳の見本などは置いていないようですので、御朱印帳を購入する方は、お守りを購入するときや、御朱印をお願いする時に、御朱印帳もほしいというのを伝えると良いです。

大神山神社の御朱印帳は白地の御朱印帳で、烏天狗と紅葉の刺繍がされた、すごく綺麗な御朱印帳です。そして、御朱印を頂くときもそうなのですが、ご祈祷などがあった場合は、そのご祈祷が終わらないと御朱印を頂くことができないので、ご注意ください。

鳥取の大神山神社の参拝の順番

観光で行き、大神山神社への参拝をされる方は結構いますが、よく奥宮を先に参拝してから、帰りのバスの路線上に本社があるため、本社を最後に参拝すると良いとされる方がいますが、基本的には本社が先で、それから奥宮というのが正しい順番です。

本社を参拝してから、各末社を参拝します。この時に奥宮に行くとはわかっていても、奥宮への遥拝所でもご挨拶をしておくのが良いです。そして本社でお守りや御朱印を頂いておくのも良いです。奥宮へは大山寺の山門あたりから、歩いて10分ほどで行けますが、途中に賽の河原と呼ばれる場所などもあります。

ただ参拝するだけならそれほど時間もかからないですが、奥宮では、じっくりと見ておいた方が良いものも色々ありますので、参拝して、その時に御朱印をお願いしたり、お守りもしっかりと購入するのが良いです。

鳥取の大神山神社へのアクセス

大神山神社へのアクセス方法ですが、公共交通機関を使ってのアクセスですが、JR米子駅まで、まず行きます。そして日光バスに乗れば大神山神社へ行けます。JR米子駅から日光バスに乗ったら、あとは降りるだけです。大山寺行きのバスに乗って、大山寺というバス停で降りるだけです。

観光で行き、大神山神社へ観光の途中で参拝で行かれる場合は、JR米子駅から日光バスは1時間に1本しか運行していないので、時間に注意して参拝をしに行くようにしてください。

そして車で行かれる方は東京の方から行く方は米子道の溝口インターチェンジで降りて、そこから大体30分ほどでつくことが出来ます。そして反対の九州の方から行かれる場合は米子道の米子インターチェンジで降りると20分くらいでつくことができます。

本社へのアクセス

大神山神社の本社へのアクセスですが、車で行く場合、奥宮への行き方と同じです。米子道の米子インターチェンジで降りて、そこから5分くらいで本社の方に行くことが出来ます。

そして、公共交通機関を使う場合ですが、バスにのりますが、観光道路経由大山寺行きというバスに乗りますこのバスに乗って、降りる場所が、尾高バス停です。こちらで降りたら歩いて10分ちょっとで本社へつくことが出来ます。

大神山神社の基本情報

大神山神社の拝観できる時間ですが、午前8時半からとなっていて、午後4時半までとなっています。そして本社の方の住所は鳥取県米子市尾高1025です。電話番号は0859-27-2345になってます。

そして大神山神社の奥宮ですが、住所は鳥取県西伯郡大山町大山になります。奥宮の電話番号は0859-52-2507になっています。

大神山神社の奥宮へ行くときの注意点

大神山神社の奥宮へ行ときですが、参道が石畳になっているのですが、天然の石を敷き詰めた参道になっているので、真っ平ら出歩きやすい状態ではなく、結構ゴツゴツしているというか、歩きにく感じたりします。

なので、履いていく靴は当然動きやすく、歩きやすい靴を履いていくのをおすすめします。ヒールなどあると雨上がりだと滑ったりもしますので、動きやすい運動靴で行くことをおすすめします。

大神山神社のパワーをいただきに行こう!

大神山神社の奥宮は特にそのパワーがすごいと知られる場所です。多くの観光客の方も参拝に訪れる場所で、その参道の門から見る姿は本当に美しく、境内も見どころあたっぷりの場所となっています。通るだけでそのご利益があるとされる参道、そして強力なパワーを頂きに大神山神社奥宮へ行ってみましょう。

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング