西本願寺は御朱印や御朱印帳がない?参拝スタンプの受付時間などを紹介!

今回は、京都・西本願寺の御朱印について紹介します。京都の西本願寺は、御朱印や御朱印帳がないことで知られています。また、お守りやお札もありません。代わりに用意されているスタンプの種類や、その他の国宝・重文、世界遺産の見どころも参考にしてみてください。

西本願寺は御朱印や御朱印帳がない?参拝スタンプの受付時間などを紹介!のイメージ

目次

  1. 1西本願寺とはどんな寺院?
  2. 2西本願寺には御朱印も御朱印帳もない
  3. 3西本願寺では御朱印の代わりに参拝記念スタンプがもらえる
  4. 4西本願寺のスタンプは御朱印帳に押しても大丈夫?
  5. 5西本願寺には御朱印だけでなくお守りもお札もない
  6. 6西本願寺へのアクセス方法
  7. 7西本願寺の駐車場案内
  8. 8西本願寺と東本願寺はどう違うのか
  9. 9西本願寺の見どころ・修復中の場所は?
  10. 10西本願寺を参拝したら記念のスタンプを忘れずに

西本願寺とはどんな寺院?

京都駅の近く、地元民から「お西さん」と親しまれる西本願寺。西本願寺には御朱印帳や御朱印が存在しないといいます。一体、京都西本願寺はどのようなお寺なのか、西本願寺には御朱印帳や御朱印が存在しない理由、代わりのスタンプや御朱印帳、アクセス方法など参考にしてみてください。

西本願寺の主な見どころ

京都西本願寺の主な見どころを紹介します。京都西本願寺は、まず、その山門、本堂など建物が素晴らしい威厳を放っています。黒っぽい木の存在感が抜群ではないでしょうか。京都駅からも近いので、ぜひ、散策に訪れてみてください。その際は、御朱印帳を持参し、参拝スタンプを忘れずに押しましょう。

重文・世界遺産のお寺

京都駅の近くの西本願寺は、国の重要文化財に指定されている世界遺産でもあります。正式名称は、本願寺で、浄土真宗本願寺派の本山だということです。浄土真宗は、信者数がダントツに多い宗派で、末寺が1万以上あるそうです。

また、その美しく歴史もある建物は、絢爛豪華という言葉がふさわしい、黒光りする金色や青の獅子の装飾がとても見事です。

浄土真宗の宗祖・親鸞

浄土真宗の宗祖、親鸞(1173年~1262年)は、始め、親鸞は浄土宗の法然に弟子入りしましたが、とある事情から法然は四国に、親鸞も越後に流罪、還俗させられました。

その後、豪族の娘と結婚をし、独自の思想を説きながら、その後62歳で娘の覚信尼と京都に戻り、90歳で亡くなるまで、静かに仏道の指導に専念したということです。

僧侶の結婚は、当時としてはかなり珍しいことだったそうです。親鸞の死後、娘の覚信尼が建てた親鸞の大谷廟堂を覚信尼の孫・覚如が寺院化したのが、今回紹介する本願寺だということです。

Thumb京都『西本願寺』は世界遺産!観光の見どころやアクセス・周辺ランチも!
世界遺産に登録されている京都の西本願寺は規模が大きく、歴史も由緒もある寺院です。そんな、京都...

西本願寺には御朱印も御朱印帳もない

京都の西本願寺には、御朱印自体が存在しないようです。京都西本願寺には御朱印と御朱印帳がないのはなぜか、その理由をここで紹介します。

御朱印の扱いもないため、参拝者で御朱印を求める場合、その代わりとなるスタンプが用意されているので、スタンプをいただけます。また、スタンプは、御朱印並みの厳かな印象で、とても美しいといわれていて、人気です。ぜひ、押していただきましょう。

西本願寺に御朱印と御朱印帳がない理由

京都西本願寺には御朱印と御朱印帳がない理由ですが、1979年から1981年までの3年間は「和顔愛語」「少欲知足」など仏教語が書かれた御朱印がありました。

しかし、これは、遠方から来た年配の参拝客のためのもので、単に参拝記念としてお情けで授与していたところ、混乱するという信者からの批判があったようです。また、東本願寺にも朱印は存在しません。

寺社によって様々な事情があるようです。西本願寺では、朱印がない理由を書いたリーフレットが配布されており、「教え(法話)を聞き続けることが大事」と参拝回数は関係ないとしているようです。

西本願寺では御朱印の代わりに参拝記念スタンプがもらえる

ここでは、西本願寺で御朱印の代わりにもらえるスタンプを紹介します。西本願寺では御朱印の代わりに参拝記念スタンプがもらえるので、ぜひ押して帰りましょう。参拝記念の意味しかないのですが、御朱印帳に押しても構わないようです。また、どのような御朱印帳でもかまわないようです。持っているものがあれば、ぜひ持参してみてください。

参拝記念スタンプがもらえる場所と時間

参拝記念スタンプがもらえる場所と時間、スタンプの種類や絵図を紹介します。まず、営業時間は午前5時半から17時に建物が公開されています。その時間内であれば、スタンプを押せる建物に入れるようです。

また、場所を紹介します。御朱印ブームで、御朱印を希望する声は多いようですが、代わりに用意された参拝記念スタンプがもらえる場所は、御影堂南側の龍虎殿や境内東側の茶所などだそうです。もし、時間や場所がわからなければ、お寺の方に尋ねてみてください。

参拝記念スタンプは3種類

まず、スタンプカードは授与していただけるようです。その枠の下部分に3か所に分かれて建物の名前があり、その上の空欄にスタンプを押すようになっています。

また、枠外の上の方には、「世のなか安泰なれ、仏道ひろまれ」と書かれています。また、女の子がふきだしで「記念スタンプを押してね」と言っています。

さらに、参拝記念の建物の絵柄のスタンプは3種類あるようです。どれも、形は丸くて、丸の中に「参拝記念」と書かれ、その下に、西本願寺の建物が描かれて「本願寺」と書かれています。

スタンプの絵柄は?

また、絵柄は3つとも建物ですが、それぞれ異なります。どれも重文の建物なのかもしれません。「参拝記念 西本願寺」という印や、「西本願寺 (日付) 参拝記念」という検印のような小さいものもあります。いずれも、西本願寺と書かれていて、インクの色は、赤色や青色のようです。

西本願寺のスタンプは御朱印帳に押しても大丈夫?

西本願寺のスタンプは、御朱印の代わりに用意されたものなので、御朱印帳に押して構わないようです。また、押して集めるのは良いのですが、御朱印を押したり集めたりすることだけがブームになっていて、本来の教えは無視されているという声もあるようです。

本来、参拝した証に押すもので、何度も参拝するという、いわば回数が大事だったようです。そのため、せっかく参拝したのに押さなかったらもったいなかったのですが、浄土真宗の西本願寺のような場所では。スタンプにはご利益はありません。

西本願寺には御朱印だけでなくお守りもお札もない

先ほども紹介しましたが、西本願寺には御朱印のお守りもありません。浄土真宗ではそれらは必要ない、ただ阿弥陀如来が常に見守っていてくださることに感謝し、教え(法話)を聞き続けることが大事なのです。

御朱印やお守りを持っているから効果がある、または持っていないために利益がなかった、さらには、参拝して御朱印やお守りを手に入れないと、ご利益がない、というのではなく、その反対で、御朱印やお守りに頼るのではなく、背後で守ってくださっている阿弥陀如来の存在を意識するだけで良いということのようです。

御朱印に加えて西本願寺にお守りやお札がない理由

浄土真宗の本願寺の場合、お守りが効く・効かないではなく、常に阿弥陀如来は私たちを見守ってくださる存在なので、背後に阿弥陀如来がいてくださることだけを信じているのが信仰だといわれています。

また、お祈り、祈祷すら必要ないという考え方です。キリスト教の一派のように、すでに神様はすべてご存じなので、自分勝手な願いを唱えるのではなく、阿弥陀如来が全て再拝してくださるというようなもののようです。自分で祈らず、ただ、受け取れる奇跡のようなお導きに感謝すると良いといいます。

お守りは必要ないという考え方は多い

一般的に浄土真宗は、阿弥陀如来が常に守ってくださっているため、お祈りや「効果がある」お守りは必要ないという考えだそうです。

また、通常、御朱印もお守りと同様にとらえますが、浄土真宗では、このようなお守りや御朱印、もちろん御朱印帳もありません。祈祷もありません。

このような考え方は、京都の豊国(とよくに)神社、豊臣秀吉の神社である大阪城の豊国神社でも見られます。しかし、豊国神社はお寺ではなく神社だからか、お守りは販売されていて、御朱印や御朱印帳もとても格好いいと人気です。阿弥陀如来と西本願寺ならではの考え方があるのではないでしょうか。

西本願寺へのアクセス方法

ここでは、西本願寺へのアクセス方法を紹介します。西本願寺は、京都駅が最寄り駅で、徒歩15分と本当に近いので、近鉄・JR京都駅を利用するのがおすすめです。

その他にも京阪、阪急電車でアクセスする方法があります。車もありますが、駐車場は事前に探しておくのがおすすめです。しかし、営業時間は朝5時半から17時までなので、タイミングよくいけば、後ほどご紹介します専用駐車場に入庫できるかもしれません。

近鉄・JR「京都駅」から

西本願寺は、京都駅に近く、徒歩5分ほどの場所にある、京都市内でもとてもアクセス良好な寺院として知られています。また、重文に指定されていて、国宝や世界遺産もあるので、見どころも十分です。建物だけでも満足できそうですが、せっかくなので、公開時間内に御朱印の代わりのスタンプもいただいておいてはいかがでしょうか。

阪急電車「河原町駅」から

ここでは、阪急電車「河原町駅」からのアクセス情報を紹介します。河原町駅から市バス「四条河原町」バス停で207番に乗車、「島原口」で下車します。

バス島原口は、西本願寺の西側の道路沿いにあり、西本願寺の目の前なので迷う事はないでしょう。また、本願寺の総門は、南側の堀川通にあります。バスはすぐに来ますが、時間なども見ておくのがおすすめです。

京阪電車「七条駅」から

京阪電車「七条駅」からのアクセス情報を紹介します。七条駅から市バス「七条京阪前」で206番、208番に乗車、「七条堀川」で下車します。バス七条堀川は、西本願寺の東側を南下して南側、堀川通に向かって停車しますが、バス停は交差点がある場所になっています。

住所  京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル 
電話番号 075-371-5181

西本願寺の駐車場案内

西本願寺の駐車場を紹介します。西本願寺の案内では、西本願寺北境内地駐車場の入出は、花屋町通側からのみだそうです。また、花屋町通は、大型車両は堀川通側からの一方通行ですので、注意してみてください。タクシーの場合、行き先は「西本願寺」で、JR京都駅は2、3分、阪急大宮駅、京阪七条駅から10分ほどで到着します。

Thumb西本願寺の駐車場まとめ!無料や時間毎の料金が安い穴場を紹介!
京都の西本願寺やその周辺に車でアクセスする際に気になる駐車場情報をご紹介します。西本願寺やそ...

西本願寺と東本願寺はどう違うのか

これまでにも紹介しましたが、本願寺は、途中で分裂した西本願寺と東本願寺のことを指します。ここでは、京都の西本願寺は、西本願寺の東に建つ東本願寺とどのような違いがあるのかを紹介します。本願寺の分裂のいきさつなど、参考に、歴史に触れてみてはいかがでしょうか。

東本願寺にも御朱印はない

東本願寺も、西本願寺と同様、御朱印は押さず、その理由は、ホームページでも見ることができますが、教化リーフレットとして配布しているようです。

また、主な理由としては、参拝した、また、御朱印をもらったという達成感でほっとしてしまうのではなく、教え(法話)を聞き続けていくことを重視してほしいとうことだそうです。

親鸞死後の本願寺

先ほども紹介しましたが、親鸞の死後、娘が大谷廟堂を、孫、覚如がその大谷廟堂を本願寺として成立させた後、浄土真宗は東西に分裂します。

さらに、一時衰退した浄土真宗第8宗主・蓮如が浄土真宗を再興し、中興の祖と呼ばれているようです。

しかし、それに反発した比叡山が本願寺を襲撃、蓮如は越前吉崎(福井県)に逃げますが、人々の信仰はやむどころかさらに広まっていきます。 蓮如は京都の山科に本願寺を再建、蓮如は大阪にのちの石山本願寺を建てて余生を過ごします。長い時間の中で様々な状況があったと理解していただければ幸いです。

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康との繋がり

その後も、織田信長らの攻撃が何年も続き、石山本願寺は焼き払われますが、後陽成天皇の後押しや豊臣秀吉の寺地寄進で大阪の天満に移り、最終的に京都の今の場所に戻ったそうです。

さらに、本願寺を離脱した僧侶により、徳川家康から烏丸七条に寺地寄進があって建てられたお寺が、東本願寺と呼ばれています。時間があれば、大阪城の豊国神社や石山本願寺にも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

Thumb京都『東本願寺』の見どころや駐車場・アクセスは?西本願寺との違いも解説!
京都旅行では必ずと言ってよいほど観光ルートに入る東本願寺ですが、じっくりと見学すると見どころ...

西本願寺の見どころ・修復中の場所は?

ここでは、西本願寺の見どころ・修復中の場所を紹介します。西本願寺の見どころは、桃山文化の豪華な飛唐門、御影堂(ごえいどう)、飛雲閣、唐門などです。

そのうち、修復中の場所は、阿弥陀堂は内陣修復中、唐門、飛雲閣も修復中だということです。さらに、対面所、白書院、親鸞聖人が開かれた浄土真宗に関する自筆の著述や影像等の法宝物、など重文、世界遺産の建物全体です。時間に余裕があれば、外側からだけでも見てみてはいかがでしょうか。

「御影堂」「阿弥陀堂」

国宝の御影堂は、東西48m、南北62m、高さ29mの大社ですが、中央に親鸞聖人の木像、本願寺歴代宗主の影像があるとのことです。

大きな1枚の屋根、前の上品な石灯篭も見どころです。現在、2022年まで内陣の修復中ですが、時間があれば、ぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

また、阿弥陀堂も国宝で、東西42m、南北45m、高さ25mです。阿弥陀如来の木像や、法然聖人と聖徳太子、インド・中国・日本の七高僧の一部の影像があるといわれています。昭和60年に修復済みですが、再修復中で2022年に終了予定だそうです。

「飛雲閣」「唐門」

大きな池のある日本庭園に面した国宝の飛雲閣は、三層の楼閣(ろうかく)建築です。京都三名閣の1つに数えられていますが、2020年まで修復中のため、参拝はできないそうです。

また、国宝の唐門は、彫刻がとても豪華で、見ていると日が暮れてしまうので「日暮らし門」とも呼ばれているようです。檜皮葺き(ひわだぶき)です。また、2022年まで、屋根の葺替や塗装修理が行われています。

その他の国宝・重文の見どころ

その他、国宝の「書院」・重文の「能舞台」も見どころです。豪華な書院造は桃山時代に発達した様式で、大広間の他、雁の間、菊の間、雀の間などの小室と2つの能舞台があります。

北能舞台は現存する最古の能舞台で、南能舞台では親鸞聖人の降誕会に祝賀能が舞われます。金碧障壁画(こんぺきしょうへきが)や彫刻、帳台構、床、違棚、付書院のある座敷飾などの装飾に目を奪われるかもしれません。

西本願寺を参拝したら記念のスタンプを忘れずに

西本願寺の情報はいかがでしょうか。西本願寺は、御朱印や御朱印帳がないという、とても珍しいお寺です。しかし、浄土真宗の本山。ぜひ、御朱印の代わりにスタンプを拝受しておきたいものです。また、西本願寺は、重文、世界遺産で見どころがたくさんあります。京都駅からアついて5分なので、ぜひ、一度訪れてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
ISMY

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ