鈴懸の「いちご大福」は大人気商品!販売期間や値段まで徹底調査!

この記事では「鈴懸」のいちご大福の魅力をまとめています。鈴懸のいちご大福は、福岡博多を代表する和菓子です。今回は、そんな鈴懸のいちご大福の販売期間はいつからか、どうして人気があるのか、いちご大福以外の人気商品を紹介します。鈴懸に行く予定がある方は、必見です。

鈴懸の「いちご大福」は大人気商品!販売期間や値段まで徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1「鈴懸」のいちご大福の魅力を紹介
  2. 2福岡市の博多にある「鈴懸」ってどんなお店?
  3. 3「鈴懸」の店舗紹介
  4. 4「鈴懸」の「いちご大福」はどうして人気がある?
  5. 5「鈴懸」の「いちご大福」は冬季の期間限定商品
  6. 6「鈴懸」で「いちご大福」以外に人気があるおすすめの和菓子
  7. 7「鈴懸」の美味しい「いちご大福」をゲットしよう

「鈴懸」のいちご大福の魅力を紹介

この記事では、鈴懸のいちご大福の魅力をお伝えします。鈴懸とは、福岡県博多市を代表する和菓子店。鈴懸のいちご大福が特においしいと評判なんです。そこで今回は、鈴懸のいちご大福の販売期間はいつからなのか、どうしていちご大福が人気なのか、いちご大福以外に人気商品はあるのかなど解説しますので、よければ見ていってください。

福岡市の博多にある「鈴懸」ってどんなお店?

それではまず初めに、「鈴懸」がどういうお店なのかお話しします。鈴懸は、福岡県博多市を代表する和菓子店として知られています。

創業90余年。歴史のある和菓子店として知られる鈴懸は、昔から現在まで、多くの地元住民に親しまれています。現在は博多のみならず、店舗を展開していますが、どの店舗でもお客さんが絶えることはありません。

鈴懸の和菓子がおいしいという評判は、いまや全国的に広がっています。そのため、博多のお土産を聞かれたときに、鈴懸をおすすめされることも少なくないんです。

「鈴懸」は博多に本店を構える和菓子の名店

そんな和菓子の名店・鈴懸が本店をかまえているのは、福岡県の「博多市」です。博多市で創業当時からずっと営業していますので、鈴懸は福岡博多の名店と言われています。

鈴懸の博多本店は「博多区上川端町」に位置しています。「ふくぎん博多ビル」の一階で営業していますので、本店がだす鈴懸の和菓子を食べたいという方は、そちらに足を運ぶと良いでしょう。

なお、鈴懸は博多を代表する和菓子なだけあって、わざわざ本店に足を運ばずとも、駅の構内で購入することもできます。出張などで福岡県博多市に訪れたとき、家族にお土産を買って帰ろうと考える方もいるでしょう。そんな方は、駅で鈴懸を買ってみてください。

「鈴懸」の店舗紹介

こちらでは、福岡博多の名店・鈴懸の「店舗情報」を紹介しています。鈴懸は、博多市を代表する和菓子店ですので、当然営業しているのは本店だけではありません。

また、鈴懸は福岡県外でも、店舗を展開しているんです。この項目では、福岡県博多市で営業している鈴懸の店舗、福岡県以外で営業している店舗について紹介します。

福岡県から離れた地方に住んでいて、なかなか鈴懸の和菓子を購入できないという方。もしかしたら、お近くに購入できるお店があるかもしれません。ぜひこちらの項目をチェックしてみることをおすすめします。それではまず、博多市の店舗からご覧ください。

博多

まずは、福岡県博多市で営業している鈴懸の店舗からお話しします。福岡県の博多市には、鈴懸の本店のほかに、店舗がいくつ展開されているのでしょうか。

博多市にある鈴懸の店舗は、本店のほかに4店舗ありました。「天神岩田屋店・博多大丸店・JR博多シティいっぴん通り店・JR博多シティデイトス店」の4店舗です。

博多本店をふくめて、鈴懸は博多市に合計で5店舗営業していることになります。5店舗のなかには、JR博多シティで営業している鈴懸もありますので、博多市で鈴懸の和菓子を購入できる機会は、わりと多いのではないでしょうか。

東京

続きましては、東京都で営業している鈴懸の店舗を紹介します。じつは、鈴懸は福岡県博多市だけでなく、東京都にも店舗をかまえているのです。

調べてみたところ、鈴懸は、東京都に合計で2店舗てんかいしていました。その2店舗とは、次のとおりです。

鈴懸は、東京都に「新宿伊勢丹店」「東京ミッドタウン日比谷店」の2店舗を構えています。東京都だけで、鈴懸のお店は2店舗ありますので、わざわざ福岡県まで行かなくても鈴懸の和菓子を購入できます。

なので、福岡県よりも東京都のほうが自宅が近いという方は、東京都で鈴懸の和菓子を購入することをおすすめします。

名古屋

なんと、鈴懸は福岡県博多市と東京都だけでなく、名古屋でも店舗を展開していました。福岡県と東京都の間に店舗があるということで、鈴懸に立ち寄りやすいと感じた方は多いのではないでしょうか。

鈴懸は、名古屋市に次のような店舗があります。「JR名古屋高島屋店」です。JR名古屋駅で鈴懸を購入できますので、電車や新幹線を利用する方にぴったりです。

博多市に5店、東京都に2店、名古屋市に1店、鈴懸は全国でこれほど店舗を展開しています。ぜひお近くの鈴懸で、いちご大福を始めとした和菓子を手に取ってみてください。

Thumb博多の駅ビル「JR博多シティ」特集!レストランフロアは日本最大級!
2011年に開業した博多駅の駅ビル「JR博多シティ」。デパートと商業施設が合体した博多の人気...

「鈴懸」の「いちご大福」はどうして人気がある?

それでは、いよいよ博多市・鈴懸の「いちご大福」が人気の理由にせまっていきます。鈴懸のいちご大福は、鈴懸に訪れたらぜひ食べてみてほしいと、多くの方がおすすめする和菓子です。それくらい鈴懸のいちご大福は、人気があります。

鈴懸のいちご大福が人気な理由、それは一重に、いちご大福が「あの味が忘れられない」と言わせるほど美味だからです。鈴懸のいちご大福は、ほかの和菓子店では決して味わえない、それほどの苺の甘みとこし餡の舌ざわりとなっております。

鈴懸のいちご大福が人気なのは、日本だけにとどまりません。鈴懸のいちご大福は、なんと海外でも大人気なんです。海外旅行で日本に訪れた外国人のおおくが、鈴懸のいちご大福のおいしさに感動しています。

「鈴懸」の「いちご大福」で使われているいちごの品種は?

鈴懸のいちご大福で使われているいちごは、福岡産のものでした。福岡産の「あまおう」です。あまおうは、福岡県の久留米市で主に生産されているいちごです。

あまおうは糖度が高いこと、それと程よい酸味が特徴のいちごです。そのため、上品の甘さの餡子との相性が抜群なわけです。そんなあまおうが、鈴懸のいちご大福には使われています。

使われているイチゴがあまおう、これが鈴懸のいちご大福が人気の理由のひとつです。しかし、鈴懸のいちご大福が人気なのは、使われているいちごが美味しいだけではありません。鈴懸のいちご大福は、餡にも強いこだわりがあるんです。

餡といちごの風味が絶妙のバランスで調和した「鈴懸」の「いちご大福」

鈴懸の「いちご大福」の魅力は、いちごだけではありません。鈴懸のいちご大福は、餡もまた強いこだわりがあるんです。鈴懸のいちご大福の餡には、こし餡が使われています。そのこし餡の口当たりの良さが非常に評判なんです。

こし餡は、口当たりが良いだけでなく、いちごの美味しさをより一層引き立てる役でもあります。鈴懸のいちご大福には、皮むき小豆のこし餡を使っていちごの甘みと程よい酸味の邪魔をしないよう、絶妙のバランスで作られていました。

なお、鈴懸のいちご大福はこだわり抜いた製法なため、購入した当日しか日持ちしません。長持ちしないのは残念ですが、当日しか日持ちしないのもレア感満載です。

「鈴懸」の「いちご大福」は冬季の期間限定商品

上の項目では、福岡博多の名店「鈴懸」の店舗と、いちご大福の魅力について解説しました。ここまで読んだ方の中には、さっそく鈴懸のいちご大福を買いに行こうと思っている方が、もしかしたらいるかもしれません。

そんな方に向けて、本項目では「鈴懸のいちご大福の販売時期はいつからなのか、販売期間はどれくらいなのか、いちご大福1個の値段はおいくらなのか」について詳しく解説します。

いちご大福目当てで鈴懸に足を運ぶのであれば、いつから販売されるかなどの情報は、絶対に事前に知っておくことをおすすめします。なぜなら、鈴懸のいちご大福は「期間限定」のスイーツだからです。販売期間が1年中というわけではないのです。

鈴懸の販売期間は「冬シーズン」となっていますので、具体的な販売期間など、こちらの項目でぜひチェックしてみてください。では初めに、鈴懸のいちご大福の1個あたりの値段から見ていきましょう。

「鈴懸」の「いちご大福」の値段

まずは、鈴懸のおすすめ商品であるいちご大福の「値段」について。鈴懸のいちご大福は、1個あたりいくらくらいするのでしょうか。

結論からいいますと、鈴懸のいちご大福の値段は、とてもリーズナブルでした。鈴懸のいちご大福の値段は、1個あたり「324円」に設定されています。もちろん税込価格です。

日本人だけでなく、海外旅行者からも美味しいと絶賛されているイチゴ大福が、わずか324円。非常にリーズナブルな価格設定ではないでしょうか。

1個324円で購入できるのなら、1個だけでなく、複数個かうことも検討できます。とは言え、鈴懸のいちご大福は人気商品。売り切れることも少なくありませんので、2個以上買おうと思っている方は、早めの時間帯に訪れることをおすすめします。

「鈴懸」の「いちご大福」はいつから販売開始?

お次は、鈴懸のいちご大福がいつから販売開始されるのか、お話しします。上の項目で少し触れましたが、鈴懸のいちご大福がいつから販売開始されるのか、その答えは「冬」です。鈴懸のいちご大福の販売期間は、冬シーズン限定なのです。

鈴懸のいちご大福がいつから販売されるのか分かりました。でも、どうして販売期間が冬シーズン限定なのでしょうか。お客さんからとても評判が良いスイーツですし、せっかくなら1年中販売しても良いのではないかと思う方もいるはずです。

鈴懸のいちご大福が冬シーズンしか販売されていないのには、いちご大福に使われているイチゴが関係していました。鈴懸のいちご大福で使われている「あまおう」は、鈴懸が契約農家から直接仕入れているものです。

そのため、1年中いちごが採れるというわけではなく、収穫時期で収穫できたいちごの数しかいちご大福は作れないのです。そして、あまおうの収穫時期から販売までに至れる期間が冬シーズンなため、鈴懸のいちご大福は冬シーズン限定なのです。

鈴懸のいちご大福の販売時期はいつからか、答えは冬シーズンです。なので、いちご大福目当てで鈴懸に足を運ぶ方は、冬シーズンにスケジュールを調整することをおすすめします。

「鈴懸」の「いちご大福」の販売期間

鈴懸のいちご大福がいつから販売されるのか分かったところで、いちご大福の販売期間も紹介しておきます。鈴懸のいちご大福は、例年冬シーズン頃に販売開始されます。では、いつからいつごろまで販売されているのでしょうか。

鈴懸のいちご大福の販売期間を調べてみたところ、販売期間は「冬シーズン~初春シーズン」までと判明しました。冬シーズンに販売が開始されて、初春あたりまで店頭にいちご大福は並べられています。

いちご大福に使われているイチゴの収穫時期の関係で、冬シーズン~初春シーズンまでしか販売できないようです。期間限定なのは残念ですが、こればかりは仕方ありません。

なので、鈴懸のいちご大福を確実に購入するなら、春になる前に訪れることをおすすめします。鈴懸のいちご大福は、1日で約2300個も売れたことがあるほどの大人気商品ですので、売り切れを避けるという意味で早い時間帯に行くのがベストです。

「鈴懸」で「いちご大福」以外に人気があるおすすめの和菓子

ここまでの間で、福岡博多の名店・鈴懸の人気商品である「いちご大福」について解説しました。いちご大福の販売時期はいつからなのか、いちご大福のなにが魅力なのか、ここまで読んだ方なら理解できたことでしょう。

そんなわけで、こちらでは鈴懸のいちご大福以外のおすすめ商品を紹介させていただきます。鈴懸の大人気商品はいちご大福ですが、人気なのは何もいちご大福だけではないんです。鈴懸には、いちご大福以外にも、おいしいと評判の和菓子はあります。

本記事では、いちご大福以外の鈴懸の人気商品を一品だけ厳選して紹介します。紹介する一品は、いちご大福とは違って通年販売されていますので、時期などを意識することなく足を運べます。

鈴懸で通年販売されている人気の和菓子、それは「鈴乃○餅」です。鈴懸では、ミニどら焼きの鈴乃○餅が、長年の人気商品なんです。

「鈴懸」でおすすめの通年販売の和菓子

福岡博多の名店・鈴懸でおすすめの通年販売されている和菓子は「鈴乃○餅」です。鈴乃○餅とは、鈴懸特製のミニどら焼きです。ちょうどいいサイズ感が好評で、小腹が空いたときに食べやすい和菓子です。

一枚ずつ丁寧に焼いて作っている鈴懸の鈴乃○餅は、どら焼きの皮と餡にすごいこだわりがあります。どら焼きの皮には、佐賀県産のヒヨクモチが使われていて、モチモチっとした弾力のある皮となっております。

そして鈴乃○餅の餡には、十勝産小豆が使われており、甘みのバランスが絶妙です。鈴乃○餅は、常温で2日まで日持ちしますし、お土産としてもおすすめできます。

なお、鈴乃○餅の1個あたりの値段は「108円」となっています。とても安い値段ですので、近くに寄った際にはぜひ買ってみてください。

Thumb博多のスイーツ人気店まとめ!お土産や手土産にもおすすめ!
福岡県博多エリアで人気のスイーツスポットを特集します。観光地としても人気の博多は、様々な観光...

「鈴懸」の美味しい「いちご大福」をゲットしよう

「鈴懸」のいちご大福の魅力、おわかりいただけたでしょうか。鈴懸のいちご大福は、冬の期間限定のスイーツです。このいちご大福を食べようと、多くの方が鈴懸に押し寄せます。また、鈴懸はいちご大福が人気なだけでなく、通年販売されている鈴乃○餅も人気です。鈴懸に立ち寄る機会がある方は、ぜひ一度いちご大福を食べてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ