「ありあけのハーバー」は横浜の人気定番土産!販売店舗やおすすめの種類は?

人気観光地・横浜はお土産に喜ばれるご当地スイーツの種類が豊富です。おすすめ商品が実に多いなか、何十年も前から愛され続けているのが「ありあけのハーバー」です。種類豊富でおしゃれなパッケージもかわいい、人気のお土産「ありあけのハーバー」についてまとめてみました。

「ありあけのハーバー」は横浜の人気定番土産!販売店舗やおすすめの種類は?のイメージ

目次

  1. 1横浜の定番土産「ありあけのハーバー」を調査!
  2. 2横浜の「ありあけのハーバー」とは?
  3. 3パッケージのイラストは柳原良平さん
  4. 4「ありあけのハーバー」の種類は?
  5. 5「ありあけのハーバー」は限定フレーバーがすごい!
  6. 6「ありあけのハーバー」が買える店舗
  7. 7「ありあけのハーバー」は温めるのもおすすめ!
  8. 8横浜で長く愛される「ありあけのハーバー」を食べてみよう!

横浜の定番土産「ありあけのハーバー」を調査!

全国から観光客が集まる横浜にはいろいろなお土産スイーツが売られています。せっかくだから有名なお菓子を買って帰りたい、と思った時におすすめなのが「ありあけのハーバー」です。洋菓子とも和菓子とも言えるありあけのハーバーは、大人も子供も一緒に楽しめるお土産に最適のスイーツ。そんなありあけのハーバーについてご紹介します。

横浜の「ありあけのハーバー」とは?

「ありあけのハーバー」は正確に言うと、「株式会社ありあけ」という会社が販売している「ハーバー」という名のお土産菓子のこと。横浜に長く住む人にとってはとても馴染みのあるスイーツです。種類豊富ですが、ハーバーというお菓子の基本は全て同じです。

しっとり生地に栗あんがたっぷり

ありあけのハーバーは、洋菓子と和菓子がバランス良く組み合わされた和洋折衷のお土産菓子です。基本となる味は、昔ながらのハーバーをルーツにする「ダブルマロン」です。

ありあけのハーバーの見た目は洋菓子ですが、しっとりとした食感の生地に包まれているのは和菓子の栗あんです。ありあけのハーバーにはダブルマロンほか種類がいくつかありますが、どの味も製法は同じで、洋菓子の生地のなかに和菓子のあんが入っています。

横浜の定番土産

ありあけのハーバーは、横浜にまだお土産菓子の種類が少なかった頃からある、横浜市民にとってはとても馴染み深いスイーツで、その形には横浜らしさが表現されています。

基本のありあけのハーバーは上から見ると木の葉のような形をしていますが、厚みがあり、良く見ればボートのようなフォルムと気が付きます。この形は多くの船舶が往来する港町・横浜からイメージされた「船」をモチーフにデザインされたのだそうです。

また洋菓子と和菓子の和洋折衷スタイルも、さまざまな西洋文明がいち早く日本に紹介された横浜を彷彿させます。そんなありあけのハーバーは、横浜の定番のお土産です。

倒産から復活を果たしたありあけ

ありあけのハーバーの販売開始は1954年のこと。当時の製造販売会社は有明製菓株式会社と言いました。テレビCMでも宣伝され、横浜を代表するお土産菓子となりました。

販売開始から何十年と親しまれてきたありあけのハーバーでしたが、1999年に有明製菓が倒産し、その結果、ありあけのハーバーは市場から姿を消すことになってしまいます。

しかしその後、洋菓子の製造販売を行っている横浜の企業がハーバー復活に支援の手を差し伸べました。早くも2001年には新しくなったハーバーの販売が始まったそうです。

有明製菓からレシピを持ち出すことが出来なかったため、ハーバーの元製造担当者の持っていた知識や経験から試行錯誤の末に生み出された新生ハーバー。より良いものを作りたいという気持ちもあり、より現代の購買者たちの舌にあう味となって復活したようです。

パッケージのイラストは柳原良平さん

ありあけのハーバーのパッケージイラストは、有明製菓時代は「気球」でした。生まれ変わったハーバーのパッケージデザインでも新しくデザインされた気球が使われました。

新たな気球のデザインは8年ほど使用されましたが、2009年に横浜港が開港150周年を迎え、その時を機会にありあけのハーバーのパッケージデザインは一新されました。

ありあけのハーバーのパッケージを飾るイラストを描いたのは、横浜に在住されていた柳原良平氏。名前だけではピンと来ないかも知れませんが、サントリーのトリスウイスキーのCMに登場するキャラクター「トリスおじさん」の生みの親のイラストレーターです。

船と海と横浜を愛した柳原良平氏は2015年に亡くなりましたが、ありあけのハーバーの殆どのパッケージは柳原さんのイラストで飾られています。海外イラストレーターのようなおしゃれで可愛いイラストは、ありあけのハーバーを更に人気にしているようです。

「ありあけのハーバー」の種類は?

ありあけのハーバーは、発売当初はマロン味の一種類のみが販売されていましたが、その後だんだんと種類が増え、現在ではありあけのハーバーの定番商品は4種類となっています。チョコレート味やミルク味など、より洋菓子に近い種類も販売されています。

定番の「ダブルマロン」

まず最初にご紹介するのはありあけのハーバーの基本のハーバーである「ダブルマロン」です。ハーバーが発売された当初からある味を再現したもので、安定の人気商品です。

有明製菓がかつて販売していたありあけのハーバーはマロン味ではありましたが、現在のダブルマロンのような栗の粒は入ってなく、ただの栗あんだけでした。

ありあけのハーバー復活の際に「より良いものを作りたい」という気持ちが支援企業にあった、と先に述べましたが、ハーバーのあんもランクアップ。かつてあった高級ハーバー「ロイヤルハーバー」の、栗の粒が入った栗あんを使うことにしました。

柔らかいカステラ生地と栗の食感が楽しい栗あんのコンビネーションを楽しめる人気商品ダブルマロン。しっとりとしているので口のなかでパサつくことはありません。パッケージには客船「クイーン・メリー2」号がデザインされています。価格は1個178円です。

コーヒーに合う「ガトーショコラ」

次にご紹介するのはチョコレート好きにおすすめの人気商品「ガトーショコラ」。ダブルマロンは日本茶が合うハーバーですが、ガトーショコラにはコーヒーがおすすめです。

チョコレートを想像させる茶色いパッケージに入ったガトーショコラの正式名称は「黒船ハーバー」。その名のとおり、日本開国前にやって来た黒船のイラストが目印です。

黒船ハーバーは2018年の明治維新150周年を記念して大きくリニューアルされた商品です。よりチョコレート感を楽しめる、濃厚なガトーショコラ仕立てになりました。

生地のなかのあんは、しっとりとした特製のチョコレートあんです。生地はブラックココアが使われた、ちょっと大人のビター味。チョコレートチップがアクセントです。

ガトーショコラはダブルマロンと同じく1個178円。手提げ入りの5個入りは891円、アソートタイプ8個は1425円、12個は2138円です。この価格はダブルマロンも同じです。

生地も苺味「ベリーベリーハーバー」

「ベリーベリーハーバー」は、神奈川らしさ・横浜らしさをより感じることが出来るおすすめのハーバーです。パッケージの色はピンク。ベリーを想像させてくれます。

ベリーベリーハーバーのロゴタイプはピンクと紺色で構成されています。その理由はベリーベリーハーバーにはイチゴとブルーベリーが使われているからです。

ベリーベリーハーバーは神奈川県産のブルーベリージャムを使用。イチゴ味のあんには角切りイチゴとブルーベリーが入り、そのあんをイチゴ風味のカステラ生地が包みます。

ベリーベリーハーバーのパッケージに描かれているのは、みなとみらい地区の人気観光スポットである「帆船日本丸」。ハーバーなかでも一番横浜らしさを感じられる商品です。

ベリーベリーハーバーの価格も1個178円です。手提げ型の5個入りもアソートタイプの8個入りと12個入りも、ダブルマロンやガトーショコラと同じ価格となっています。

ひと口サイズの「ミルクモンブラン」

ありあけのハーバー定番商品の最後でご紹介するのは「ミルクモンブラン」。先にご紹介した船型のハーバーとは異なる、ちょっと小さめのひと口サイズのお土産菓子です。

ミルクモンブランの正式名称は「横濱ハーバー」。オリジナルのハーバーとはちょっと違い、洋菓子のモンブランケーキを焼き菓子にしたイメージのスイーツとのことです。

しっとり感とミルクを強く感じる甘さを楽しめるミルクモンブラン。秘密は生地に使われている練乳とはちみつです。優しい甘さと小さなサイズで子供からも人気のお菓子です。

ミルクモンブランのパッケージには客船「さいべりあ丸」のイラストが描かれています。さいべりあ丸は赤い靴などの童謡に登場する、実在した客船だそうです。ミルクモンブランの価格は1個108円。5個入りは540円、10個入りは1080円で販売されています。

「ありあけのハーバー」は限定フレーバーがすごい!

ありあけのハーバーは定番の4種類のほかに期間限定で発売されるものがあります。おいしそうでつい買ってみたくなってしまうようなフレーバーや、横浜の季節イベントに合わせたデザインなど、工夫を凝らした期間限定品は毎年大人気となっています。

2018年秋冬は「いちごみるく」

2018年10月から2019年3月20日(予定)まで販売されている期間限定フレーバーは「いちごみるく」です。大きさは定番商品のミルクモンブランと同じとなります。

いちごみるくあんを、ミルクモンブランと同じ練乳とはちみつ入りの生地で包んだ、いちこみるくハーバー。パッケージデザインはミルクモンブランに似ていますが、ピンク色でイチゴのイラストも入っています。価格はミルクモンブランと同じです。

ポケモンコラボも注目!

毎年夏に横浜のみなとみらい地区を中心に開催されるポケモンイベント。その時期に合わせて販売されるのがポケモンとコラボした、子供たちに大人気の期間限定ハーバーです。

2018年にはミルクレモンあんが入った「ポケモンハーバーミルクレモン」が販売されました。ピカチュウを始めとするポケモンたちが描かれた個包装が大好評でした。

同時に販売されていたのが、ダブルマロンのハーバーが5個とオマケが入った「ポケモンハーバー」。紙製の手提げパッケージの表にはピカチュウ、裏にはイーヴイが印刷されていました。ポケモンコラボ商品は毎年子供たちに大人気。今年の商品が楽しみです。

過去にはハロウィンや冷蔵専用も

期間限定商品は過去にはハロウィンバージョンや冷蔵専用ハーバーなどもありました。フレーバーもそうですが、おしゃれで可愛いパッケージデザインもその時期しか買い求めることが出来ないもの。期間限定ハーバーを毎年楽しみにしている人たちも多いようです。

「ありあけのハーバー」が買える店舗

ありあけのハーバーは、横浜銘菓という誇りと自信にあふれたお土産菓子です。そのため株式会社ありあけの直営店舗は、地元の神奈川県内、特に横浜のみで展開しています。

こちらではハーバーを購入出来る店舗をご紹介します。専門スタッフさんがいる直営店舗もおすすめですが、カフェ併設の本店や安さが嬉しいアウトレット店舗も魅力的です。

百貨店・モールはほぼ網羅

ありあけのハーバーは、横浜市内のデパートやショピングモールの殆どに直営店舗を持っています。直営店舗ならばハーバーの種類は全て揃っているので、買いたかったフレーバーを購入したり、スタッフさんに商品について詳しい質問などをすることも出来ます。

またありあけのハーバーは、横浜市内の人気観光スポットのお土産売り場でも販売されています。そのほか神奈川県内のスーパーマーケット、そして神奈川県外でも販売されているところが多くあるようですが、置かれている商品の種類は少ないようです。

おすすめ1:本店「横濱菓楼 ハーバーズムーン ありあけ本館」

横浜観光に来たら是非訪れてみたいのが、本店の「横濱菓楼 ハーバーズムーン ありあけ本館」です。横浜のおすすめ観光スポットである横浜中華街のすぐそばにある店舗です。

ハーバーズムーンは、他の直営店舗とは雰囲気が全く異なる、おしゃれで可愛いスイーツショップです。ありあけのハーバーはもちろん、株式会社ありあけが作るハーバー以外のお土産菓子も購入出来ます。またケーキなどの生洋菓子も販売されています。

ハーバーズムーンには落ち着いた雰囲気のカフェが併設されています。サンドイッチやパスタなどのランチにぴったりのフードメニューが揃っています。本日のケーキのなかから1つ選んでドリンクとセットに出来るケーキセットもおすすめです。

住所 神奈川県横浜市中区日本大通36 シティタワー横濱 1F

おすすめ2:アウトレット店舗なら安く購入できる!

横浜市内からは離れますが、神奈川県藤沢市にある湘南工場には売店が併設されており、ありあけのハーバーを安く購入出来るアウトレット店舗として人気です。

アウトレット店舗の営業時間は10時から16時まで。日曜が定休日です。最寄り駅は小田急線の長後駅で、車でアクセスするならば15分ほど。バス利用ならば神奈中バス「長35」または「長16」系統バスに乗車、西葛原バス停で下車し、徒歩約2分で到着です。

住所 神奈川県藤沢市菖蒲沢39

Thumb横浜の有名ケーキ屋まとめ!誕生日におすすめ&おしゃれなカフェも!
観光やショッピングが楽しい横浜。そんな横浜にはケーキ屋も多く、芸術品のような美しいケーキから...

「ありあけのハーバー」は温めるのもおすすめ!

株式会社ありあけはホームページ上で、温めて食べるハーバーの作り方を紹介しています。サクサクの焼き立て食感を楽しめる、家庭で簡単に作れる温かいハーバー。ひと手間かけるだけで、工場で出来たばかりのハーバーを食べているような味わいになります。

おいしく作るにはレンジとトースターの組み合わせがおすすめ。レンジ600Wで10秒加熱したら、トースター1000Wで1分半から2分焼きます。ダブルマロンは中身はホクホクでより柔らかい甘さに変化、ガトーショコラはチョコドーナツのようになるそうです。

横浜で長く愛される「ありあけのハーバー」を食べてみよう!

横浜を代表するお土産菓子「ありあけのハーバー」についてのご紹介、楽しんでいただけましたか。おいしさも人気の理由ですが、柳原良平氏のセンスの良いイラストがとても可愛く、ついいくつもの種類を買ってしまいたくなるスイーツです。株式会社ありあけのウェブサイトからも購入出来るので、横浜で長く愛される味を是非味わってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
savannah

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ