伊奴神社は安産祈願で有名な名古屋のパワースポット!御朱印やお守りは?

伊奴神社は名古屋でも有名なパワースポットでもあり、そして安産祈願でもすごく人気のある神社です。伊奴神社の名前通りに本殿の前には犬の像があり、戌年や戌の日となると大勢の参拝者が訪れる場所です。その名古屋の伊奴神社のご利益や御朱印、お守りなどご紹介します。

伊奴神社は安産祈願で有名な名古屋のパワースポット!御朱印やお守りは?のイメージ

目次

  1. 1名古屋の伊奴神社についてご紹介
  2. 2名古屋にある伊奴神社とは
  3. 3名古屋の伊奴神社の歴史
  4. 4名古屋の伊奴神社に伝わる伝説
  5. 5名古屋の伊奴神社の御祭神
  6. 6名古屋の伊奴神社の犬の像
  7. 7名古屋の伊奴神社は安産祈願で人気
  8. 8名古屋の伊奴神社はお宮参りも人気
  9. 9名古屋の伊奴神社は安産だけではない
  10. 10名古屋の伊奴神社の祈祷
  11. 11名古屋の伊奴神社の御朱印には犬の印
  12. 12名古屋の伊奴神社のお守り
  13. 13名古屋の伊奴神社へのアクセス
  14. 14名古屋の伊奴神社の基本情報
  15. 15名古屋の伊奴神社へ行ってみよう

名古屋の伊奴神社についてご紹介

名古屋にある伊奴神社は名古屋では有名な神社で、特に伊奴神社の名前だけあり、戌年や戌の日には多くの参拝者が訪れる神社です。なかでも戌の日の安産祈願や、お宮参りは大勢の方が参拝に訪れる名古屋でも人気の神社です。その安産祈願に特化しているとすごく有名な名古屋の伊奴神社をご紹介します。

Thumb名古屋の神社&パワースポット!有名な恋愛にご利益ありの場所も紹介!
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康など有名な戦国武将が活躍した愛知県の名古屋は、日本で一番神社仏閣...

名古屋にある伊奴神社とは

名古屋にある伊奴神社は、その歴史もすごく古くからある、由緒ある神社で、名古屋では安産祈願、そしてお子さんを授かりたい方も、多く参拝する神社です。名前にちなんで犬の像もあり、安産祈願で訪れる方は犬のお腹をさすり、その手で自分のお腹を擦ると良いと言われ、多くの妊婦さんが参拝に来ています。

もちろん安産祈願だけでなく、厄払いなどの祈祷もいつも受け付けてくれるため、多くの方が訪れる神社ですが、なかでも戌の日は、いつも以上に多くの方が、安産祈願や子授、厄払いなどに訪れる人気のある神社です。

そして、伊奴神社は、お守りや御朱印も人気がありますが、なかでも犬用のお守りも数多くあり、犬との絆を深めるものなど、色々あるので、犬を飼ってる方も数多く訪れる神社です。

名古屋の伊奴神社の歴史

伊奴神社の歴史はすごく古く、673年に建立されたと伝わっています。建てられたきっかけは、この土地で収穫した稲を皇室に献上したそうで、そのことがきっかけで伊奴神社の社殿が建てられたと言われています。

そのため、日本の史書である延喜式などにも名前が載っているほどで、その歴史は当然古く、1300年以上の歴史があり、祀られているご祭神なども大変ご利益のある神さまが祀られています。

そして、境内に入ると存在感のある、大きな木がありますが、それは伊奴神社のご神木で、椎の木で、樹齢は約800年ほどと言われ、境内が沢山の木に囲まれています。

名古屋の伊奴神社に伝わる伝説

伊奴神社がなぜ伊奴と名付けられたかという理由のひとつにもなってるそうですが、伝わっている伝説では、伊奴神社が建てられる前まで、洪水がよく起こり、たまたま旅の途中に立ち寄った山伏に洪水が起きないようにお祈りをしてもらったそうです。

お祈りをしてもらった年は、不思議なことに洪水は起こらなかったのですが、お祈りをしてもらった時に御幣というものを山伏が開けるなと言って置いていったのですが、それを村人は何が入ってるか気になり、開けてしまったそうで、その結果翌年は洪水が再び起きたそうです。

運良く、再びその山伏が訪れ、村人は開けたことを誤り、そして再びお祈りをしてほしいと頼むんですが、その時に御幣に入っていた犬の絵と犬の王と書かれたものを埋めて社を建てるように言われ、それで、伊奴神社が建てられたという伝説が残っています。

名古屋の伊奴神社の御祭神

伊奴神社に祀られているご祭神はスサノオノミコトと大年神、そして伊奴姫神がご祭神として祀られています。スサノオノミコトは天照大神の弟であり、商売繁盛や病気平癒といったご利益がありますが、伊奴神社でのご利益は家内安全や厄除けとなっています。そして大年神はスサノオノミコトの子供で、五穀豊穣や事業繁栄といったご利益があります。

伊奴姫神は、伊奴神社の名前の由来にもなっていると言われ、ご利益は安産や子授け、そして子供の生育といったご利益があり、他に夫婦円満といったご利益もあります。その他に末社もあり、大山咋神や玉主稲荷大神、天神様で知られる菅原道真公などが祀られています。

特に、伊奴姫神のご利益は特別に強力らしく安産や子授のご利益はすごく有名で、多くの妊婦さんや出産後のお宮参り、子授けの参拝者は多く、名古屋でも有名です。

名古屋の伊奴神社の犬の像

伊奴神社の本殿の前には、犬の像が置かれていて、子供を授かりたい方や、安産祈願の妊婦さんが、この犬の像にお参りをするのですが、伊奴姫神は安産の神さまであり、犬は安産ということ、そして同じイヌということから犬の像があり、犬と関係が深い神社とも知られています。

参拝を済ませ、お守りや御朱印を頂いた跡に、この犬のお腹をさすって、そのさすった同じ手で自分のお腹を擦ると良いと言われていて、多くの方がそのようにして犬の像に参りをしています。とくに犬の日は沢山の方がお参りしています。

イヌと関係が深い

名古屋にある伊奴神社はご祭神にイヌヒメノカミがあり、安産の神様で、伝説でも犬の絵などが出てきますし、犬は安産ということがあり、名前もイヌ神社ですので、犬に関係がすごく深いです。そのため戌年や戌の日になると多くの参拝者が訪れる神社で、特に犬を飼ってる、愛犬家の方からはすごく親しまれているそうです。

そのためか、犬のお守りも多くあるので、沢山の愛犬家の方も参拝に訪れたときには、犬用のお守りも購入するそうです。

名古屋の伊奴神社は安産祈願で人気

名古屋にある伊奴神社は、伊奴姫神のご利益が大変強いようで、特に戌の日は多くの参拝者が訪れます。安産祈願では、お子さんがほしい方にもご利益があり、多くの方が本殿の前にある犬の像にお参りに訪れていて、戌の日になると、特にその数は多いです。

安産祈願だけでなく安産の祈祷ももちろんしてくれ、安産祈願に訪れる方の殆どが祈祷もしてます。祈祷はお一人5000円からだそうで、祈祷は随時受付をしてくれるそうで、予約は必要ありません。寒い日にいったとしても妊婦さんへのおもてなしも評判よく、腹帯を持参するか、伊奴神社でも用意はしてあるそうで、それで祈祷を受けるそうです。

ちなみに、安産祈願へ行って、祈祷も受ける場合はやはり戌の日がおすすめですが、できれば早めの時間に行くと良いです。昼くらいだと駐車場も埋まるほどの人気だそうです。

安産祈願では腹帯は忘れずに

安産祈願は一般的には妊娠5ヶ月になったらといわれていますが、こちらの伊奴神社では5ヶ月経って、さらに戌の日に安産祈願をすると言われています。そして安産祈願ではただ祈祷を受けるのではなく、腹帯も祈祷してくれます。

腹帯は妊娠して5ヶ月経った戌の日にすることと言われ、丈夫な子供に育つようにという願いから岩田帯とも腹帯のことを呼ぶそうで、伊奴神社での安産祈願のときには、祈祷を受ける際にも腹帯は必要なもので、もし、持っていかなくても2000円の初穂料で伊奴神社で腹帯を頂くことができるそうです。

伊奴神社は戌の日に行く

伊奴神社に行かれる方には当然のことでしょうが、戌年の初詣や戌の日は特に人が多くなる伊奴神社ですが、お宮参りや、安産祈願はできるだけ戌の日に、伊奴神社へ行くと良いと言われます。戌の日に行くとご利益も強いそうです。

犬と関係の深い神社ですし、犬の像もあるくらいですので、安産のご利益や、お子さんの生育には少しでもご利益があったほうが良いですし、参拝に行くなら戌の日に行くようにするのがおすすめです。安産祈願ではご祈祷を受けるとお守りとお札、お札立てや金平糖、そして戌の日用につかう絵馬と御礼参りの絵馬を頂けます。

そして無事に出産したあとは、お宮参りのときでも良いので、お札とお守り、そしてお礼参り用の絵馬を忘れずに伊奴神社へ持っていくと良いです。

名古屋の伊奴神社はお宮参りも人気

安産祈願で訪れる方が多いということは、当然お宮参りも人気があります。安産祈願で祈祷を受けた方は、お宮参りのときに持っていくお礼参り用の絵馬も頂いているためそれを納めるというのもありますが、安産祈願のほかに子供の生育のご利益もありますので、多くの方がお宮参りにも訪れます。

お宮参りでは大きな太鼓の音で驚いて泣いてしまう赤ちゃんもいますが、生まれて最初の戌の日にはほとんどの方がお宮参りに伊奴神社へ、赤ちゃんを連れお宮参りに訪れます。そのため、安産祈願や、厄払いなどの祈祷以外にも、お宮参りで赤ちゃんを連れた方も沢山参拝するので、戌の日は特に多くの方が訪れ、すごく賑やかになっています。

名古屋の伊奴神社は安産だけではない

伊奴神社は名古屋でも有名な神社で特に安産に関してのご利益はすごいと知られていますが、その他に開運や金運でもそのご利益がすごいと言われ、開運や金運でもパワースポットとして知られていて、訪れる方が増えています。

初詣などでは、そのご利益を頂くために多くの方が参拝しますが、犬の神社としても知られているので、パワースポットとしても、やはり戌の日が強力なのか、訪れる参拝者は多くいます。

名古屋の伊奴神社の祈祷

伊奴神社の祈祷は安産祈願の祈祷だけでなく、厄払いなど様々な祈祷をしてくれるそうです。安産祈願のご利益が有名ですが、厄払いで訪れる方も結構多いそうで、沢山の方が参拝に訪れ、そして厄払いや、安産祈願で祈祷を受けた方は、お宮参りにも訪れ、祈祷をうけています。

お宮参りや安産祈願、厄払いなどもそうですが、ほとんどの祈祷は5000円からとなっていて、一般的な神社の祈祷と変わらない金額ですので、名古屋に行く際や、行くことが結構ある方などは祈祷を受けに行くのもおすすめです。もちろん祈祷を受けなくても参拝だけでも十分ご利益はあると言われています。

厄払いなどの祈祷も人気

伊奴神社では、様々な祈祷もしてくれます。ご祭神にスサノオノミコトも祀られているほどですので、そのご利益は強力です。そのため、厄払いでも結構多くの方が祈祷を受けに訪れているほど有名です。ほとんどの方は厄払いの他に健康などの祈祷を受けてるようで、特に戌の日には、多くの方が訪れています。

祈祷を受ける際、結構安産祈願はいくらで、厄払いはいくらでといった感じで、初穂料が祈祷の種類によって違う神社もありますが、伊奴神社では、ほぼ一律の5000円から受けることができます。

名古屋の伊奴神社の御朱印には犬の印

伊奴神社の御朱印ですが、パッと見ただけでもすぐにわかるような御朱印で御朱印の左下に犬の印が押されています。御朱印を集めてる方も結構御朱印を頂いに訪れる方も多いそうです。そして厄払いなどの祈祷を受けたり、参拝に訪れる方も御朱印やお守りを頂く方も多くいます。

伊奴神社の御朱印にある犬の印は、本殿の前にある犬の像と伝説に伝わる犬の王とあり、結構インパクトのある御朱印で、パッと見ただけで伊奴神社とわかるようになっている御朱印になっていますそして御朱印帳もあってちりめんの可愛らしい御朱印帳とともに伊奴神社の御朱印を頂くのもおすすめです。

御朱印は初穂料が300円で、御朱印帳の方は1200円になっています。参拝の際にはぜひとも忘れずに御朱印や御朱印帳も頂いてください。

名古屋の伊奴神社のお守り

伊奴神社へ参拝や祈祷、お宮参りのあとは、お守りも頂きたいです。伊奴神社では祈祷も色々な祈祷をしてくれるのですが、お守りの種類も沢山揃えてあります。もちろん安産祈願のお守りや子授けのお守りもあり、交通安全のお守りや厄除けのお守りもあります。

縁結びのお守りもあり、どのお守りもそのご利益があり人気です。参拝したあとは是非お守りも頂くのをおすすめします。そして伊奴神社では名前にあるとおり犬に関係していると言われていることから、ペットの犬用のお守りもあります。

犬との絆を深めるというのもあるそうで、首輪につけれるタイプのものや、リードにつけるタイプなど、色々なお守りがあるそうです。そのため、ペットに犬を飼ってる方も沢山参拝に訪れ犬用のお守りも購入するそうです。

名古屋の伊奴神社へのアクセス

名古屋の伊奴神社へのアクセス方法ですが、車でアクセスするか、電車やバスを使ってアクセスする方法があります。おそらく車で行かれる方というのは名古屋の方が多いかと思いますが、名古屋市内や三河の方から行かれる方は名古屋高速清須線にのり、庄内通出口から降ります。そこからは5分もかからないので、すぐに行くことが出来ます。

一宮や岐阜の方から行かれるなら、同じく名古屋高速の清須線に乗り、鳥見町で降ります。そこからは同じように5分もかからずにつくことができます。ちなみに駐車場ですが、伊奴神社では安産祈願に訪れる妊婦さんやお宮参りで赤ちゃんを連れてくる方が多いので、駐車場もしっかりと完備されていて60台位駐車できます。

戌の日や週末など、特に混むような時は更に駐車スペースが広くなるそうで、駐車場は心配ないので、安心できます。

交通機関を使って行く場合

公共交通機関を使って、伊奴神社へ行く場合ですが、まず地下鉄で行く場合は鶴舞線にのり、庄内通駅で降ります。そして1番出口から出て、右手に進みます。だいたい徒歩で10分くらいで、伊奴神社につくことができます。

そしてバスを使って行く場合は、江向で下車すれば、歩いて5分くらいでつくことが出来ます。乗るバスは名駅からだと13番の上飯田行きのバスか、中切町行きに乗ると良いです。他に栄からのバスであれば13番の安井町西行きのバスに乗ると行くことができます。11番の如意車庫行きや平田住宅行きでも行くことが出来ます。

名古屋の伊奴神社の基本情報

伊奴神社の祈祷の受付などは、戌の日や祝日などは午前9時半からで午後4時半まで受付をしています。他の平日は午前9時半から午後4時までとなっています。御朱印の初穂料は300円で御朱印帳は1200円、お守りは、ほとんどが一律で800円になっていますが、犬用のお守りだけは1000円になっています。

ご祈祷を受ける際の初穂料は5000円からとなっていますので、ほかの神社とほとんど変わらない金額となっています。そして住所は、名古屋市西区稲生町2-12です。

名古屋の伊奴神社へ行ってみよう

特に安産祈願のご利益は有名な伊奴神社ですが、安産祈願だけでなく、厄除けや、縁結び、病気平癒など様々なご利益を頂ける神社です。特に戌の日は多くの方が参拝にくるので、タイミングよく戌の日に近くを行くことがあるなら、強力なご利益をいただけるはず。名古屋の伊奴神社のそのご利益を頂きに行ってみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ