嵯峨野『竹林の道』の料金やアクセス・駐車場は?ライトアップも人気!

京都の嵯峨野にある竹林の道は京都市内の観光コースになっている有名観光名所です。夜にはライトアップされその幻想的な光景がおすすめです。そんな嵯峨野の竹林の道についてご紹介したいと思います。その魅力やアクセス方法、駐車場や利用料金の情報などもご覧ください。

嵯峨野『竹林の道』の料金やアクセス・駐車場は?ライトアップも人気!のイメージ

目次

  1. 1京都を代表する観光スポット嵯峨野 竹林の道をご紹介!
  2. 2これぞ京都の風景!嵯峨野 竹林の道を散策
  3. 3幻想的な嵯峨野 竹林の道のライトアップ
  4. 4嵯峨野・嵐山の初冬の風物詩『嵐山花灯路』
  5. 5嵯峨野竹林の新名所「竹林の散策路」
  6. 6嵯峨野『竹林の道』の料金・アクセス・駐車場
  7. 7竹林の道から徒歩圏内のおすすめ観光スポット3選
  8. 8嵯峨野の竹林散策は人力車で
  9. 9嵯峨野で京都の風景『竹林の道』を見に行こう!

京都を代表する観光スポット嵯峨野 竹林の道をご紹介!

京都といえば、今や世界中から観光客が集まる世界遺産の街です。あまりもの多さにホテルの予約がしにくくなったりしてきています。そんな時にしっかりと観光地の情報を得ていれば効果的に観光スポットを回ることができるでしょう。

そんな京都のおすすめ観光スポットの一つ嵯峨野の竹林をご紹介したいと思います。数ある京都の観光スポットの中でも、自然と文化が一体となった名所の一つです。ここでは、この嵯峨野の竹林が観光名所として人気がある理由や利用料金、またおすすめのアクセス方法などもご紹介したいと思います。

国内の人たちにとっても必見の情報が満載です。京都旅行をご計画ならぜひご覧ください。

竹林の道とは?

京都の嵯峨野にある竹林の道というのは、野宮神社と大河内山荘の間にある約200メートルの小道です。日本ならではの竹林の中は、とても風情のある景色が続く観光名所として知られています。

この竹林がライトアップされる時期もあり、その美しさは訪れる人たちを魅了します。すぐ近くには嵐山や天龍寺などの世界遺産に登録された観光名所もあり、嵐山周辺の観光名所を回るコースの一部としても人気のスポットです。

いかにも京都らしい雰囲気が続くもの小道は、テレビの取材やドラマの撮影などにも大人気です。運が良ければ有名な俳優や女優さんたちを生で見ることができるかもしれません。

これぞ京都の風景!嵯峨野 竹林の道を散策

京都の中でも独特の雰囲気を醸し出している観光スポットがこの嵯峨野の竹林の道です。まっすぐに天に向かって突き出ているこの竹林は、京都の空を完全に覆ってしまうほどの高さまで育っています。

光と共に周囲の音も遮断して、まるでここだけ別世界のような不思議な感覚に陥ります。竹林から漏れる日差しを楽しみながら、竹林の香りをかぎながら、季節によっては時折顔を出しているタケノコを眺めながらその竹林の散策を楽しむことができます。

平日・早朝がおすすめ

この嵯峨野の竹林の道は、有名な観光スポットなので、大勢の人達が訪れます。雰囲気を存分に楽しみたい人達におすすめなのが、平日や早朝にこの竹林の道を訪れることです。

とにかく人が多い観光地なので、土日や祝日には人込みでいっぱいになってしまいます。せっかく静かで落ち着いた竹林の道の雰囲気を味わいたいと思っても、あまりにも人が多すぎるなら、幻滅してしまうかもしれません。

それでおすすめなのが、平日にこの観光スポットを訪れることです。しかしさらにおすすめは早朝にこの竹林の道を散策することでしょう。早朝なら人も少なく、平安時代からつ続く皇族たちが歩いたこの道を歴史を思いめぐらしながら散策することができます。

また早朝の光が変わりゆく時間には、竹林の道の風景も様々な表情を見せ始めます。歩き始めたときから道の終わりまでには全く違った風景を、観光客に見せてくれます。

また、何かとお金のかかる京都観光にしては珍しく、この竹林の道を通過するだけなら料金は無料です。

幻想的な嵯峨野 竹林の道のライトアップ

この嵯峨野の竹林の道が特に美しいのが、ライトアップされる時期です。夜の暗闇の中に竹林に光が当てられてとても幻想的な風景が続く小道へと変わります。

小道の両側には、LEDを使った行灯風の電灯がともされており、その温かな色調が平安時代の歌人たちが夜な夜な提灯をもって歩き回ったこの竹林の道を思い起こさせます。

このライトアップが実施されるのが、毎年冬の時期です。もは冬を向ける初冬の風物詩となったこのライトアップは、2018年は12月の8日から17日までの間、午後5時から午後8時30分まで、毎日実施されていました。

ネットで調べたところ、別の日にもライトアップが実施されることがあるとのこと、ツイッターなどでこまめに情報を検索していると、夏の時期に竹林の道のライトアップを経験できるかもしれません。

嵯峨野・嵐山の初冬の風物詩『嵐山花灯路』

この嵯峨野の竹林の道のライトアップと共に実施されるのが、嵐山花灯路です。この竹林だけでなく、嵐山周辺の自然景観や歴史的な建造物などを、LED電球を使った露地行灯風のライトで照らすことによって、嵐山全体が幻想的な雰囲気に包まれるイベントです。

ライトアップされるのは、竹林の道に加えて渡月橋周辺、長神の杜、小倉池なども素敵にライトアップされています。どこも撮影のぴったりのフォトスポットでもあります。

またこの時期には、花道としての伝統を守り抜いている、京都生け花協会による生け花の作品も展示されています。ライトアップされている観光スポットの中の9カ所で大型の花器を使った作品が展示されこちらもライトアップされています。

これほど大型の力が入った生け花を見ることも滅多にありません。寒い冬だからこそできる屋外の生け花の展示です。こちらもおすすめの観光名所になっています。

Thumb嵐山花灯路のアクセスや駐車場は?デートに人気のイベント日程情報も!
「嵐山」の冬のイベント「花灯路」は、寒い冬の京都を灯りと花で彩ろうと2003年に始まりました...

嵯峨野竹林の新名所「竹林の散策路」

竹林の道の幻想的な雰囲気を楽しみたいが、人の多さに幻滅したという人には朗報です。嵯峨野の竹林の中心部でもある野宮神社から北に行き、JRの踏切を渡ると、再び嵐山の竹林が覆っています。この竹林にも最近散策路が整備されました。

紅葉や桜は、ベストシーズンが短いですが、この竹林は1年中いつでもベストシーズンです。そんな中でもこの新しい散策路は穴場の観光名所となりつつあります。

メインのルートとは違い、まだまだ人が少なく思う存分散策を楽しめますし、好きな時に写真を撮影することもできます。メインのルートよりも散策路の幅が広く、観光客がゆったりと散策できるようになっています。

料金無料の穴場撮影スポット

メインのルートでは、この竹林を写真に収めようと大勢の人達がカメラやスマホを手にしています。確かにこの幻想的な雰囲気を上手に写真に収めることができたらとってもいい思い出になるでしょう。しかしやはり人の多さが気になります。

しかしこの新しい竹林の散策路ではそのような心配はありません。人が映り込むことを全く気にせずに竹林の風景を撮影することができます。

竹林の道の写真を撮影して嵐山を訪れるという人ならば、竹林の道のメインのルートよりも、この竹林の散策路の方がおすすめのスポットでしょう。

嵯峨野『竹林の道』の料金・アクセス・駐車場

ではここからは、竹林の道へのアクセスや駐車場や利用料金などの情報をお伝えしていきたいと思います。

特に京都は観光名所が沢山あるので、いろんな観光名所を回りたいと思うことでしょう。そんな時にはアクセス情報が重要です。京都は嵐山の竹林の道を訪れたい人は必見の情報です。

嵯峨野『竹林の道』のアクセス【車】

まずは、車でのアクセスの方法をご覧いただきたいと思います。もしレンタカーを借りて観光へ出かけるとすれば、京都駅で車をレンタルしてアクセスするかもしれません。

京都駅から車でアクセスするなら烏丸口から塩小路通り、そして八条口から八条通りを経由して堀川通りを北上します。すると左側に豊臣秀吉の威光を今にも示す、西本願寺が見えてくるでしょう。

京都駅から嵯峨野の竹林の道までは、約11キロメートル、時間にして30分ほどでしょう。それほど遠くはありません。

その後堀川五条通りを左折して五条天神川交差点を右折して、府道29号線を目指します。府道29号線を桂川に沿って進んでいくと嵐山の観光名所、渡月橋が見えてきます。この当たりの駐車場を探すといいでしょう。

嵯峨野『竹林の道』の駐車場

嵯峨野の竹林の道へ車でアクセスする時に気になるのが駐車場です。竹林の道周辺の駐車場をご紹介したいと思います。

おすすめの駐車場の一つは、嵐山観光駐車場です。午前8時分から午後5時分までが栄養時間です。料金は普通車が1000円、バイクの料金は400円です。観光用の駐車場で1回3時間までという制限付きです。

この駐車場は、観光バス、タクシーなどを優先している駐車場なのです。タクシーを待たせておくならこの地駐車場に置いておくこともできタクシーの駐車料金は800円と他より安くなっています。ハイシーズンはマイカーの入場が制限されることがあるようです。そのようなときは事前に別の駐車場を探しておくことをおすすめします。

竹林の道の近くには駐車場はほとんどないので少し遠くても歩く事は覚悟しておくといいでしょう。

京都は駐車場を探すのが結構大変なので、可能なら公共の交通機関でのアクセスをおすすめします。料金も安いですし、それほど歩かなくて大丈夫です。四条大宮駅方面からは嵐電の嵐山駅で下車すると、徒歩5分の距離です。

嵯峨野『竹林の道』のアクセス【公共交通機関】

京都駅からJRでアクセスする場合は、嵯峨野線の嵯峨嵐山まで行くといいでしょう。ここから竹林の道のまでは徒歩で約9分です。河原町、桂駅からは阪急嵐山線の嵐山駅で下車します。ここからは約10分の距離です。一番近い駅がトロッコ電車です。トロッコ嵐山駅からは徒歩で3分の距離です。

バスでのアクセスなら京都市営バスの、11、28、93系統のバスに乗り、野々宮バス停で下車します。このバス停からは竹林の道からはすぐ目の前です。

Thumb嵐山・嵯峨野のトロッコ列車は予約必須?当日券情報や料金・駐車場を紹介!
京都を代表する観光名所の一つ、嵐山・嵯峨野。紅葉や桜が美しい季節にトロッコ列車に乗って、嵐山...

竹林の道から徒歩圏内のおすすめ観光スポット3選

嵯峨野の竹林の道は、周辺に人気の観光スポットがいっぱいあります。嵐山の観光コースにもよく選ばれている観光地を幾つかご紹介したいと思います。

それぞれ特徴や良さが違うので、竹林の道を訪れた後の自分たちの観光コースを決めるためには良い情報でしょう。

展望が素晴らしい庭園『大河内山荘庭園』

最初にご紹介する竹林の道の観光コースに含めたい他の観光名所は、この大河内山荘庭園です。これは往年の映画俳優、大河内伝次郎が30年にわたって作り上げた庭園です。

桜や楓が季節ごとに彩りを与える、とても優雅のその日本式の庭園の美しさもさることながら、この庭園から眺める嵐山や比叡山、そして京都の町並みもこの庭園の絶景の一つです。

天龍寺から竹林を進んでいくと、大河内山荘庭園の看板が出てきます。そこを昇っていくと受付が見えてきて入山料を支払います。抹茶付きで1000円です。

日本唯一”髪”の神社『御髪神社』

次にご紹介するのは小倉山にある神社、御髪神社です。ここは日本で唯一の髪の神社といわれている神社です。

百人一首にも詠まれている亀山天皇の御陵の近くに建立された神社で、髪の健康や資格試験合格の祈願や参拝に多くの人々が訪れている、嵐山の観光コースの定番の一つです。

四季の風景やライトアップが美しい『渡月橋』

また、嵐山の観光コースで外すことができないのが、この渡月橋です。最初にかけられたのが834年といわれている、かなり歴史の深い橋です。

木製の欄干や土台、柱など、京都の風情をそのまま残す橋としても有名で、嵐山の観光コースのみならず、京都の観光コースの定番ともなっている橋です。

景勝地として古くから皇族や貴族に愛されてきたことの渡月橋周辺は絶好の撮影スポットともなっています。秋には黄色や赤色に色づいてまらりの木々がこの渡月橋をに色どりを与えます。特にライトアップされたこの橋はとてもきれいです。

秋の燃えるような紅葉を背景に撮影する、この渡月橋は多くの観光客の撮影スポットとなっており、ハイシーズンにはベストショットを撮影するためのカメラマンたちでいっぱいになっています。

嵯峨野の竹林散策は人力車で

嵯峨野の竹林の道を観光するときにぜひ、試してもらいたいのが人力車での観光です。この嵐山にはえびす屋という京都をはじめ浅草など日本各地で観光用の人力車サービスを提供している会社ですが、その総本山がこの京都の嵐山にあります。

この人力車の30分貸切コースでは、嵯峨野の竹林の道を走ってくれるコースもあります。人力車に乗ると徒歩よりもちょっと高い目線で観光することが出来、これまでとは違う竹林の表情を楽しむことができます。

また人力車を引いてくれらる車夫さんたちは、かなりの腕前を持ってるカメラマンでもあります。毎日お客さんたちから撮影を頼まれ、常にお客さんが喜んでくれる写真の撮影方法を考えているので、車夫さんに頼めば最高の竹林写真を撮ってくれます。観光案内人としの話術も達者な車夫さんたちと竹林の道を散策すれば楽しみも倍増です。

またこの竹林の道を人力車で観光することをおすすめする別の理由があります。それは、この嵐山に人力車専用の道ができたことです。

一般の人々が観光するメインのルートは全く別のルートなので、竹林の静けさを独り占めすることができるということで大人気のアトラクションです。そこそこの料金ですが観光コースの一つとして選ぶ人たちも多いようです。

この竹林専用コースを回る人力車は大人気で、ハイシーズンには他の地方から車夫さんたちや人力車が応援に駆け付けるほどだそうです。もしハイシーズンに人力車での竹林観光をしたいなら、予約は必ず入れておくべきでしょう。

嵯峨野で京都の風景『竹林の道』を見に行こう!

京都嵯峨野の竹林の道についてご紹介しました。京都ならではの風情のある景色を体験したいならぜひここを訪れるべきです。アクセスもそれほど難しくなく、遠くもありません。

京都市内の観光コースの一つとしてチョイスする人たちも多い、有名観光名所ですので、必ず満足すること請け合いです。京都の嵐山に来たならこの竹林の道を散策してみましょう。平安時代から由緒ある人々のみが歩き続けてきたこの小道の魅力を体感して下さい。

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ