長野市の温泉はここがおすすめ!日帰り入浴を安く楽しめるスポットもあり!

長野市はあまり知られていませんが、温泉が多い場所です。周囲の観光スポットと比べると有名ではありませんが実は良質の温泉がたくさん湧き出ています。そんな長野市で人気の温泉をご紹介します。日帰り入浴ができる施設を中心にご紹介します。

長野市の温泉はここがおすすめ!日帰り入浴を安く楽しめるスポットもあり!のイメージ

目次

  1. 1長野市には温泉がいっぱい!
  2. 2長野市ってどんなところ?
  3. 3長野市は温泉の質が良い
  4. 4長野市のおすすめ温泉その1:信州中尾山温泉 松仙閣
  5. 5長野市のおすすめ温泉その2:裾花峡温泉 うるおい館
  6. 6長野市のおすすめ温泉その3:奥裾花温泉 鬼無里の湯
  7. 7長野市のおすすめ温泉その4:信州むしくらの湯 やきもち家
  8. 8長野市のおすすめ温泉その5:アルプス温泉
  9. 9長野市のおすすめ温泉その6:ぶらっと若里
  10. 10長野市のおすすめ温泉その7:若槻温泉
  11. 11長野市のおすすめ温泉その8:スーパー銭湯広徳の湯
  12. 12長野市のおすすめ温泉その9:天然温泉 まめじま湯ったり苑
  13. 13長野市のおすすめ温泉その10:松代大室温泉まきばの湯
  14. 14長野市のおすすめ温泉その11:川中島温泉テルメDOME
  15. 15長野市のおすすめ温泉その12:中尾山温泉松仙閣
  16. 16長野市のおすすめ温泉その13:豊野温泉りんごの湯
  17. 17長野市のおすすめ温泉その14:松代公民館
  18. 18長野市のおすすめ温泉その15:鷹明亭辻旅館
  19. 19長野市のおすすめ温泉その16:加賀井温泉 一陽館
  20. 20長野市のおすすめ温泉その17:松代荘
  21. 21長野市へ温泉に入りに行こう

長野市には温泉がいっぱい!

長野市は長野県内の他の観光スポットと比べると、あまり有名ではないかもしれません。しかしこの長野市には温泉施設が沢山あります。市内のいたるところに銭湯や温泉施設を見ることができます。

山間まで行けば天然温泉も沢山あり、まさに温泉好きがおおいのがこの長野市です。観光で長野市を訪れる人たちの中にもこの温泉施設を目当てに長野市に来るとうマニアも多いでしょう。そんな長野市のおすすめの温泉施設をご紹介します。

比較的安い温泉や観光客に人気の温泉、など観光で訪れる人とっても長野市民にとっても役に立つ情報をお届けしたいと思います。

Thumb長野のおすすめ温泉ランキング!温泉街の楽しみ方や人気の旅館など宿泊施設も紹介
温泉の宝庫である長野県。長野県には、源泉、そして、温泉街もたくさんあります。今回は、長野のお...

長野市ってどんなところ?

長野市は長野県の北信地方に位置する市で、長野県の県庁所在地となっています。この長野市は1998年の長野オリンピックが開催されてメイン会場があり、メダルの授与式など主要なイベントが開催された場所としても有名です。

盆地にあるこの長野市は、盆地特有の気候で寒暖差が激しく、夏は暑く、冬は寒いのが特徴です。そんな寒く厳しい冬を耐えるために長野市民が活用するのが長野市のあちこちにある温泉施設です。家のお風呂もいいですが、やはり銭湯や温泉に入れば体の芯まで温まります。

そんな温泉好き、お風呂好きが多いのがこの長野市民の特徴で、長野市に温泉や銭湯が多いのもそのためです。

長野市は温泉の質が良い

周りを山に囲まれた盆地が特徴のこの長野市には市内のあちらこちらに天然温泉が湧き出ています。種類も様々で、無色透明の温泉から、いわゆるドロドロ系の温泉までいろんな泉質の温泉が湧き出ています。温泉マニアが観光でこの長野市を訪れるのもそんな珍しい温泉がたくさんあるからです。

高級な温泉旅館もありますが、安い温泉や、安い銭湯なども沢山あります。長野市郊外には小さな公衆浴場のような温泉もありそこでは安い入浴料金で温泉を楽しむことができます。そんな長野市内で人気の温泉施設をご紹介していきたいと思います。

長野市のおすすめ温泉その1:信州中尾山温泉 松仙閣

「信州中尾山温泉 松仙閣」は長野市郊外にあります。静かで緑に囲まれた穏やかな中庭に囲まれた純和風の温泉旅館。源泉100パーセントの贅沢なお湯を堪能することが出来ます。善光寺や川中島古戦場、長野市内などの観光にアクセスのよい温泉です。

信州中尾山温泉は川中島の合戦で一躍有名になった武田信玄の築城したといわれている茶臼山山麓にある温泉です。また武田の武将たちの湯治場としても知られています。戦国武将も心と体の疲れを癒したとされる名湯につかってゆったりのんびり満喫。

非常に人気の温泉で体の芯から温まります。関節痛、神経痛、リュウマチなどによく効くといわれています。露天ぶろや滝湯、低温遠赤サウナ、ジャグジー、大浴場などがあるので温泉をいろいろな形で満喫できます。

宿に宿泊の場合は朝9時半まで無料で貸切風呂を利用できます。また日帰り入浴も可。お見合い露天風呂やジャグジー風呂を利用できます。料金は一般が650円、小学生は250円、乳幼児は100円です。利用時間は12時から20時まで。土曜日休日は午前11時から20時までとなっています。

長野市のおすすめ温泉その2:裾花峡温泉 うるおい館

「裾花峡温泉 うるおい館」も長野市でおすすめの場所です。ここは露天風呂が人気のお宿です。長野市街地にありますがそんな中心地にあることを忘れてしまうほどの四季折々の景色が魅了です。長野市の観光名所へのアクセスに便利なので拠点におすすめです。

紅葉、新緑、雪景色。夜の露天風呂もまた趣がありおすすめ。夜空を眺めながらの露天風呂は静かでのんびりと癒される時間を過ごせます。週末は込み合いますので平日がおすすめ。特に午後がすいています。宿泊施設ですが日帰り入浴も可能です。

温泉は茶褐色をしているにごり湯。源泉100パーセントのかけ流しという贅沢湯。日帰りで温泉利用も可。日帰りの場合入浴時間は午前6時から9時までと10時から23時までとなっています。1階には「つましなカフェ」があるのでここでお風呂上りに水分補給を。奥裾花は日本百景にも選ばれている美しい景勝地。ここで入る天然温泉は格別です。

長野市のおすすめ温泉その3:奥裾花温泉 鬼無里の湯

「奥裾花温泉 鬼無里の湯」も人気の温泉です。水芭蕉が美しく咲き誇る春、新緑がきらきらと輝く季節、夜には水が奇麗なところにしかいない蛍が美しい舞を見せてくれます。紅葉の季節はもちろん絶景。長野市民のみならず紅葉目当ての観光客も多いです。

あたり一面真っ白になる銀世界の冬も格別。どの季節も美しい鬼無里の四季を堪能した後は温泉でゆったりと体を癒しましょう。ここ奥裾花温泉鬼無里の湯は宿泊人数70人までという小規模な温泉宿です。行き届いたサービスを受けることが出来ます。

宿泊ではなく長野市の観光のついでに温泉に寄りたいという方も日帰り温泉を楽しむことが出来ます。泉質は単純硫黄冷鉱泉。濁っておらず無色透明でさらっとした湯です。内湯と露天風呂がありますが露天風呂は冬は閉鎖しています。日帰り入浴料は大人が510円と安いです。駐車場もあるので安心しておでかけください。

長野市のおすすめ温泉その4:信州むしくらの湯 やきもち家

続いてご紹介するのは、長野市のむしくらの自然に抱かれた露天風呂日本むかし話の世界が広がる、やきもち家です。湯は無色透明なむしくらの湯で、お風呂は2種類、瓢箪型の『ひょうたんの湯』と五角形の『伍角の湯』です。

夜になると空には満天の星が、そして聞こえるのは虫の音だけとう自然に囲まれた温泉です。また早朝になるとのどかな里山の景色や雲海を一望することもできます。時間によって男女のお風呂が入れ替えになります。宿泊客は両方のお風呂をお楽しむことができるのもこの温泉の魅力です。

大きなガラス窓から中条の風景や信州の空を眺めることのできる解放感たっぷりの内風呂も宿泊客には大人気です。

貸切風呂もあります。家族や友達同士で、またカップルでゆったりとした時を過ごせる完全個室の貸切風呂もあります。贅沢な時間をお過ごすことができるでしょう。

この貸切風呂は事前予約制ですが、空きがあれば当日のご予約も可能だそうです。営業時間は午前11時から午後10時までです。日帰りの方は19時までの利用となっています。利用料金は1回2,000円です。1時間制の時間制限があります。

長野市のおすすめ温泉その5:アルプス温泉

続いてご紹介するのが、長野市の中心部、長野駅から徒歩数分のところにある、明治時代から続く銭湯、アルプス温泉です。外観は確かにアルプスの山小屋のような雰囲気を醸し出している銭湯ですが、さすが明治時代から続く老舗だけあっていつも常連でいっぱいです。地元の人たちの交流の場となっているようです。

温泉ではなく湯沸し器を利用してお湯を温めるいわゆる銭湯です。浴室も内湯のみで2つに区切られた浴槽が一つあるだけです。いわゆる番台がある懐かしいタイプの銭湯です。スーパー銭湯に慣れた人たちにとっては逆に新鮮かもしれません。

営業時間は午後2時から午後10時30分までで、定休日は月曜日です。料金は大人が380円、小学生が150円です。銭湯だけあって入浴料金は安いです。

長野市のおすすめ温泉その6:ぶらっと若里

次にご紹介するのが、長野市若里にあるスーパー銭湯、ぶらっと若里です。男女入れ替えで、毎日お風呂が変わるのが人気のスーパー銭湯です。それぞれ「山の端」、「花の香」と名前が付けられていて雰囲気の違うお風呂を日替わりで楽しむことができます。

お風呂には、露天風呂、ジェットバス、サウナに高温サウナと必要なものはすべて揃っています。もちろん食事処なども充実しており、館内での食事もオーケーです。しかしすぐ隣にはマクドナルドやデニーズもあり、お風呂上りに本格的な食事を楽しむこともできる絶好のロケーションです。

加えてボデイケアの施設も充実しています。全身マッサージ、足つぼ、ハンドマッサージなどあらゆるボディケアを体験することができます。入浴料は大人が700円、高校生以下は250円、小学生は150円です。子供には安い料金が設定されています。

長野市のおすすめ温泉その7:若槻温泉

こちらは、平成17年にオープンした新しさがまだ残る温泉施設です。南仏プロヴァンス風のおしゃれな建物が特徴の温泉施設です。長野市内の日帰り温泉施設の中でもその建物のおしゃれ度では1番かもしれません。

この長野市若槻温泉のお風呂は内湯と露天風呂の二つです。あともう一つ掛湯のようなお風呂もあります。洗い場も4つほどの小さな温泉ですが、まだまだ穴場なのかまだそれほどお客さんは多くありません。

露天風呂からの眺めも良いとは言えません。しかし良質な温泉なので、温泉のお湯そのものを楽しみたい方にはおすすめです。ゆったりと入浴するには最適の温泉施設です。

入浴料金ですが、一律500円です。子供料金などに関する情報はありません。営業時間は午前9時から午後9時まで。午前中から開いているのはお風呂好きにはうれしいです。

長野市のおすすめ温泉その8:スーパー銭湯広徳の湯

続いてご紹介するのが、いわゆるスーパー銭湯、広徳の湯です。長野市の郊外、広田にあるこの温泉施設は開放感抜群の露天風呂と檜の香りがうれし檜風呂が大人気です。

遠赤外線のサウナはテレビも見られる広々とした場所に最近リニューアルされてさらに人気が増しました。女湯だけですが塩サウナもありこちらもデトックスを求めるお客さんたちに人気です。

この長野市の広徳の湯の営業時間は午前10時から午後12時までです。年中無休なのでいつ行っても営業しています。入浴料金は大人が600円、子供が250円です。回数券を買えば1回500円になります。500円なら安いでしょう。

長野市のおすすめ温泉その9:天然温泉 まめじま湯ったり苑

続いてご紹介するのが、長野市大豆島に湧き出た温泉を使ったまめじま湯ったり苑です。天然温泉と食事やマッサージなど心も体もリラックスできる施設が出来上がりました。長野市民にとっても憩いの場となっている温泉です。

広い浴場には、10種類のお風呂とサウナは3タイプ用意されています。おすすめは少し熱めの源泉がそのままかけ流されている、源泉湯です。からだが芯まで温まり、お肌もすべすべになっていきます。ただ源泉なので湯あたりには注意しましょう。

営業時間は午前10時から夜の12時までです。夜遅くまで営業しているので便利に利用できるでしょう。入浴料金は、平日で大人が670円、小学生以下の子供は310円です。土日祝日は割増料金で、大人が720円、小学生以下が360円です。安いわけではありませんが妥当な料金です。

長野市のおすすめ温泉その10:松代大室温泉まきばの湯

古くから美人の湯として知られているこの長野市の松代の温泉にある人気の日帰り温泉が、このまきばの湯です。千曲川のほとりの高台にたてられたこの温泉は、弱アルカリ性で美肌効果に抜群と言われています。

大人気の露天風呂からは、善行寺平や遠くには北アルプスの飯綱山などが一望できます。最高のロケーションで最高の泉質を楽しむことができます。

またこのまきばの湯のサウナもデトックスには最適ということで人気です。天然麦飯石を使用した遠赤外線を放出するサウナでは汗と老廃物を洗い出せます。

営業時間は4月から9月が午前9時から午後10時まで、10月から3月が午前9時から午後9時30分までとなっています。日帰りの入浴料金は大人が500円、子供が300円です。眺望やサウナのことを考えると安いかもしれません。

長野市のおすすめ温泉その11:川中島温泉テルメDOME

次にご紹介するのが、あの有名な戦の地、川中島にある天然日帰り温泉です。この川中島温泉のお湯は無色透明の天然温泉です。

この長野市の川中島温泉テルメDOMEでもおすすめなのが、露天風呂、雲龍の湯です。源泉かけ流しのこの露天風呂では思い思いの過ごし方があります。露天につかりながらテレビを見たり、東屋で休んだり、壺湯に浸かったりなどして日頃のストレスを解消してくれます。

他にも炭酸泉や低周波マッサージ風呂など、健康にいいお風呂が沢山あります。またお風呂すきにおすすめなのがサウナです。得にこの川中島温泉テルメDOMEには30分に1回のロウリュウサービスがあります。汗を沢山流して老廃物を出してしまいましょう。

温泉の営業時間は午前10時から夜の12時までです。入浴料金は大人が700円、土日祝日は750円です。中学生から大学生は500円、子供は350円です。

長野市のおすすめ温泉その12:中尾山温泉松仙閣

続いては、長野市の篠ノ井にある温泉旅館、松仙閣です。もちろん宿泊もできますが、日帰りのプランも用意されているので観光客だけなく長野市民にも人気の温泉旅館です。

この長野市の松仙閣でおすすめのお風呂が、観光客や長野市民にも大人気の露天風呂、お見合い風呂です。隣り合わせの男性風呂と顔を合わせて話すことができます。もちろん女性側からしか開けられないのですが、縁結びの神社も隣にある有名なお風呂です。

このお風呂は、入浴だけでも受け付けてくれます。一般の大人は650円です。小学生では250円です。平日はお昼の12時から午後8時まで利用可能です。かの武田信玄が湯治に利用した名湯の湯触りを体感してみるといいでしょう。観光客にも大人気です。

長野市のおすすめ温泉その13:豊野温泉りんごの湯

続いてご紹介するのも長野市郊外の豊野町にある源泉かけ流し温泉、りんごの湯です。安い料金で良質の美人の湯を堪能できるということでおすすめの日帰り温泉施設です。

この温泉施設の名物は毎月5日、15日、25日に開催される、りんご風呂です。弱アルカリ性の泉質は肌がしっとりすべすべするということでおすすめですが、それに加えてりんごの香りでさらにリラックスできるほかになないお風呂です。観光客にも人気の珍しいりんご風呂です。

料金が安いのでおすすめの温泉です。大人が410円、午後6時以降は安くなって350円です。小学生は通常300円、午後6時以降は250円です。サウナや露天がある施設でこの値段は安いです。長野市民に大人気なのもわかわかります。営業時間は午前10時から午後10時までで、最終入館は9時30分です。休館日は毎月第4火曜日です。

長野市のおすすめ温泉その14:松代公民館

続いてご紹介するおすすめの温泉が、松代公民館です。これは長野市松代温泉地区にある公民館で、温泉も入れるという公民館で、長野市民のみならず一部のマニアな観光客にも人気の温泉です。

本当に公民館の建物で、恐る恐る入口をはいると正面は会議室、左は給湯室となっていますが右に目を向けると、それらしい青い男湯の表示のドアと赤い女湯の表示のドアとが見えてきます。

中に入るとその温泉の湯船に驚かされます。年季が入っているので温泉の成分が浴槽のヘリについていてもはや何でできた浴槽なのかわからないほどです。このレアな感じが温泉マニアの観光客や長野市民の心を惹きつけます。料金は大人が250円、営業時間は午後3時から午後8時30分となっています。

長野市のおすすめ温泉その15:鷹明亭辻旅館

続いてご紹介するのが、長野市のそばで有名な戸隠にある旅館、鷹明亭辻旅館です。もともとは宿坊として始まったこの宿はどことなく神秘的な雰囲気が漂います。得に四季の香りが漂う宿で、春、夏、秋、冬、どの時期でも訪れる人々の心をいやす、観光客や長野市民に愛された宿です。

この宿のあるお風呂が、おすすめです。温泉ではないのでお風呂を全面的に出しているわけではありませんが、この鷹明亭辻旅館のお風呂はこの地域で湧き出る独自の水源を使ってお風呂に使用しています。ミネラルたっぷりのお風呂が宿泊客を癒します。

この鷹明亭辻旅館のお風呂が日帰り入浴もできるかどうかの情報はありません。直接宿へ問い合わせてみるといいでしょう。しかしこの宿のおすすめのそば懐石は他では味わえません。一晩泊まって、お風呂と料理を楽しむのもいいでしょう。

長野市のおすすめ温泉その16:加賀井温泉 一陽館

次は長野市の温泉でも秘湯、加賀井温泉 一陽館です。正確には松代温泉なのだそうですが、いまでも昔の名前の、加賀井温泉という名前で呼ばれています。

村の中の普段おじいちゃんやおばあちゃんがほのぼのと歩いている一角に、突然現れる駄菓子屋さんのような雰囲気の建物です。

泉質は、ナトリウム、カルシウム、含鉄などの源泉をかけ流しするお風呂です。いわゆるドロドロ系の温泉です。内湯が男女分かれており、露天風呂は混浴です。こちらはバスタオルを巻いての入浴が可能です。しかしいったんバスタオルを巻いて湯に浸かるとタオルが茶色く染まってしまいます。もう使わないものを持っていくといいでしょう。

入浴料金はたったの300円です。さすがにこの山奥まで来ると安いです。秘湯に興味のある方はぜひこの加賀井温泉 一陽館のお湯を試してみてください。

長野市のおすすめ温泉その17:松代荘

最後にご紹介するのが、安い、きれいととっても利用価値が高い温泉、国民宿舎松代荘です。かの武田信玄が戦いの傷をいやすために寄ったとされるこの松代のお湯は長年にわたりここを訪れる人たちの体も心も癒し続けました。

豪華なお風呂も楽しめす。宿泊者専用のお風呂もありますが、日帰り温泉で利用することもできます。その時に利用できるお風呂は限られていますが、料金も大人が510円、小学生は200円とっても安い値段設定です。午前10時から午後10時までの間ならいつでも利用することができます。

この松代付近には、大河ドラマで再び人気に火がついた真田幸村ゆかりの場所も多数あります。資料館や歴史的建造物などによって歴史のロマンに浸りながら温泉を楽しむのもいいでしょう。

長野市へ温泉に入りに行こう

長野市内にあるおすすめの温泉をご紹介しました。スーパー銭湯から安い日帰り温泉までいろいろな楽しみ方があることがわかりました。

上質の温泉がたくさん湧き出るこの長野市ではいろいろな種類の泉質も楽しめます。首都圏からや、新幹線が開通して北陸からのアクセスも一気に便利になった長野市で温泉巡りを楽しんでみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ