長野「渋温泉」の観光特集!おすすめグルメやアクセスも詳しく紹介!

北海道に次いで全国2位の温泉数を誇る長野県。そんな長野でもっとも有名な温泉観光地と言えば渋温泉です。昭和レトロな雰囲気が漂う渋温泉には、グルメや観光を楽しめるスポットもいっぱい。今回は、渋温泉のおすすめの湯やアクセス方法も含めて、情報満載でお届けします!

長野「渋温泉」の観光特集!おすすめグルメやアクセスも詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1長野の渋温泉は昭和レトロな街並みが素敵な観光スポット!
  2. 2長野の渋温泉の観光ポイントを徹底調査!
  3. 3長野の渋温泉ってどんなところ?
  4. 4渋温泉観光で人気「九湯めぐり」とは
  5. 5長野の渋温泉観光のおすすめスポット
  6. 6長野渋温泉観光のおすすめグルメ
  7. 7長野の渋温泉へのアクセス
  8. 8長野の渋温泉観光で湯めぐりを堪能しよう

長野の渋温泉は昭和レトロな街並みが素敵な観光スポット!

長野市の東に位置する渋温泉は、志賀高原から流れる横湯川添いにある鄙びた温泉街。石畳と昭和レトロなお土産物屋が立ち並ぶ通りには、湯めぐりを楽しめる9つの外湯が並んでいます。

この渋温泉の観光の目玉となっているのが、宮崎駿アニメの大ヒット作「千と千尋の神隠し」のモデルと噂されている「金具屋」。重厚感あふれる建物は、まさに千と千尋の「油屋」を思わせる歴史的建造物です。

今回は、長野屈指の温泉郷である渋温泉の観光情報をお届けすると共に、渋温泉で食べたいグルメやアクセス方法、また湯めぐりのご利益など、気になる情報をまとめます。

長野の渋温泉の観光ポイントを徹底調査!

全国2位の温泉数を誇る長野県。乳白色の湯が珍しい白骨温泉や、星空が美しい昼神温泉など、観光スポットとしても人気の温泉が県内の至るところに沸いています。

長野県の温泉街は、昔ながらの射的や湯めぐりを楽しめるノスタルジックな雰囲気の温泉郷が多く、今回ご紹介する渋温泉は、その筆頭とも言える長野の人気観光スポットです。

渋温泉には、趣向を凝らした9つの外湯があり、宿泊客はのんびり湯めぐりをしながら湯治するというのが習わしです。グルメや観光を楽しめ施設も揃っていますので、後ほど詳しくご紹介致します。

長野の渋温泉ってどんなところ?

長野の渋温泉は、横湯川添いに広がる温泉地で、地面のどこを掘ってもお湯が湧き出すほど湯量が豊富で、様々な泉質のお湯が湧き出ることで知られています。

渋温泉の外湯は、かつては、地元の方々が湯治に訪れる共同浴場でした。浴衣でそぞろ歩きを楽しみたい歓楽街には、卓球場や射的場など、昭和レトロで楽しいお店がいっぱい。

観光の休憩スポットには、無料で楽しめる足湯もあり、宿泊しない観光客は、日帰りで利用できる「大湯」で温泉を楽しめます。

全て源泉掛け流しの豊富な温泉

渋温泉は、1300年前に行基が開湯したと言われており、長野ではもっとも長い歴史を物温泉の一つです。戦国時代には、武田信玄の隠し湯の一つであったとも伝えられており、湯治場として栄えました。

渋温泉のある一帯は「湯田中渋温泉郷」と呼ばれており、江戸時代には、佐久間象山や小林一茶、そして葛飾北斎なども訪れたと言われています。

100%源泉かけ流しのお湯で、湯量も豊富なことで知られており、泉質の異なる9つの外湯の他、35の旅館がこの地で経営されています。

観光気分の上がるレトロな街

渋温泉の魅力は、温泉だけではありません。「千と千尋の神隠し」のモデルと言われる「金具屋」をはじめ、温泉街には、スナックやお土産ものを販売する商店など、そこだけまるで時が止まったかのような懐かしい風景が広がっています。

歓楽街は、石畳がしかれており、どこを撮ってもインスタ映え間違いなしで、風情ある街を浴衣でそぞろ歩きするのも、渋温泉観光の楽しみと言えます。

特に、秋の紅葉シーズンから冬の雪景色は美しく、渋温泉を訪れるなら、絶対に10月以降がおすすめです。また、千と千尋の神隠しのモデルと言われる金具屋は、撮影するなら断然夜がおすすめです!

Thumb志賀草津道路の雪の回廊へツーリング・ドライブ!志賀草津高原の人気観光ルート!
群馬県草津温泉から長野県湯田中までの志賀草津道路は、毎年4月下旬から真っ白な雪の壁が道路の両...

渋温泉観光で人気「九湯めぐり」とは

名湯揃いの長野の温泉地の中で、一際レトロで風情ある街並みが人気の「渋温泉」。こちらの温泉郷の観光の楽しみは、なんと言っても9つある共同浴場をめぐる「湯めぐり」。

それぞれ効能の違ったお湯が楽しめる9つの外湯は、元々、地元の方たちだけが使える共同浴場でした。今も、日帰りで開放されているのは、9番目のお湯である「大湯」のみで、それ以外は、渋温泉の旅館に宿泊している人しか入れません。

大湯以外に日帰りで利用が可能な温泉施設は2つあり、一つは「信玄かま風呂」、もう一つは「石の湯」です。温泉寺の境内にある「信玄かま風呂」は、蒸し風呂も体験できるおすすめの施設です。

宿泊者のみが利用できる外湯

渋温泉の宿泊客だけが利用できると言われている9つの外湯は、初湯、笹の湯、松の湯、竹の湯、綿の湯、七操の湯、目洗い湯、神明滝の湯、そして大湯です。

すべて泉質や効能が異なるこの外湯に入るには、宿泊先の旅館で浴場の鍵を受け取って湯めぐりすることができる仕組みになっています。地元の人と宿泊客の専用です。

九つのお湯は、苦(九)労を流す効果があると言われており、 「巡浴祈願手拭い」と呼ばれる手ぬぐいと鍵を持ってすべてのお湯を回るのが、観光の目玉となっています。

九湯めぐりのご利益

渋温泉の9つの共同浴場を回るのに、決まった順番はありませんが、大湯だけは最後に回るのがならわしのようです。

 

「巡浴祈願手ぬぐい」を持って9つの共同浴場を湯めぐりし、御朱印を押してもらいます。すべての御朱印が揃ったら、最後に入る9番目の大湯の前にある「高薬師」に参拝して厄除祈願をします。

長野の渋温泉観光のおすすめスポット

続いては、長野東部に位置する渋温泉のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。お買い物スポットや散策にもおすすめの目抜き通り以外にも、渋温泉には楽しい観光スポットがいくつかあります。

もっとも人気があるのは、「千と千尋の神隠し」のモデルとも言われている金具屋。それ以外にも、かわいいお猿さんと出会える「野猿公苑」やグルメなスイーツを楽しめる「九糖めぐり」などもあります。

温泉街の観光と言うと、どうしても大人向けになってしまいますが、野猿公苑は子連れでも楽しめるおすすめの観光スポットです。

スノーモンキーに会える「野猿公苑」

かわいいスノーモンキーに会える「野猿公苑」は、渋温泉から地獄谷に向かうもっとも東側のエリアに位置しています。観光バスでのアクセスも可能です。

冬季は、上林温泉から「湯道遊歩道」を使って30分ほど歩いて野猿公苑にアクセス。周辺は、昔から温泉を引くために使われてきた道で、ニホンカモシカやリスなど野生動物もたくさんいます。

テレビや雑誌でよく見かける「温泉に入ったニホンザル」のかわいい姿を見ることができます。動物たちに癒されるおすすめの観光スポットです。

千と千尋の舞台?「金具屋」

渋温泉でもっともインスタ映えする撮影スポットとしておすすめなのが「金具屋」。江戸時代から約260年続く、「斉月楼」(さいげつろう)という古い宿泊棟を持っており、国の登録有形文化財にも指定されています。

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」に登場する湯屋のモデルにもなったと噂される趣きのある建物は、夜は19:30から22:00までライトアップもされています。

1936年に完成したと言われている「斉月楼」は、なんと現役の宿泊施設として活躍しているのです!千と千尋のモデルとも言われる建物の中は、全部で6室の客室があります。

お部屋の作りは、それぞれ違っているそうで、土間や上がり框がついた純和風のしつらえのお部屋など、どれも千と千尋の世界感を満喫できるような素敵なお部屋になっているようです。

館内には、「浪漫風呂」「鎌倉風呂」など、歴史を感じさせる様々なお風呂が設置されており、お風呂も千と千尋のストーリーに似ています!

また、観光の目玉として、館内の文化財めぐりを楽しむツアーや、金具屋の源泉へ行って間欠泉を見るツアーなども開催されており、観光の見どころも満載です。アクセスは、横湯川温泉寺の先から天川橋を渡ってすぐ。

自分だけのお土産箱「渋温泉九糖めぐり」

最後にご紹介する長野・渋温泉観光の楽しみは、「渋温泉九糖めぐり」。渋温泉の歓楽街で販売されている温泉まんじゅうやお土産などを自分で詰め合わせて作るお土産箱がこの「九糖めぐり」。

観光のお土産を自分で歩きながら探して、お気に入りを自分で詰め合わせするという楽しい企画です。箱代は300円で、温泉まんじゅう以外にも、一茶まんじゅうやキーホルダーなど好きなものをつけて持ち帰れます。

中には、九湯めぐりの後に参拝する「お薬師さん」の石を詰めて帰るという観光客もいるのだそう。そぞろ歩きが楽しい渋温泉ならではのアイデアです。

長野渋温泉観光のおすすめグルメ

お猿さんたちがのんびり温泉に浸かっている「野猿公苑」や、千と千尋の舞台とも噂される「金具屋」も観光した後は、そろそろランチタイム。ということで、ここからは、渋温泉のグルメ情報をお伝えします。

長野県は、海がない内陸県ですので、渋温泉のグルメはやっぱり山の幸が中心。長野は、山が多く平野が少ないため、昔から米を生産しづらく、そばや小麦の生産が盛んでした。

長野の必須ご当地グルメと言えば、やっぱり戸隠そばや安曇に代表されるそば!また、志賀高原も近いので、高原の岩清水から生まれたビールなど、天然の素材を生かしたグルメもあります!

渋温泉唯一のすし屋「幸鮨」

最初におすすめする渋温泉のグルメスポットは「幸鮨」。渋温泉で唯一お寿司がいただけるたったお店です。

長野のご当地グルメと言えば、野沢菜ですが、同店では自家製の野沢菜のお漬物も人気メニューです。内陸県ですので、お魚おバリエーションはそれほど豊富ではありません。

「幸鮨」の営業時間は、ランチが11:30から14:00まで、ディナーが17:00から23:00までです。アクセスは、九湯めぐりの「笹の湯」から徒歩2分ほど。横湯川に面したロケーションです。

山の幸が美味しい「そば処 やり屋」

続いてご紹介する渋温泉のグルメスポットは、「そば処 やり屋」。長野名物「信州そば」が美味しいお店です。同店の人気メニューは、とろろそば(700円)。

季節によっては、生なめこがあり、なめこおろしそばも絶品です。この他のおすすめグルメは「信州サーモン」。長野ではサーモンの養殖が盛んで、同店では信州サーモンもおすすめメニューとなっています。

営業時間は、11:00から23:00まで。アクセスは、横湯川から一本東に入った「綿の湯」に向かう途中の道沿いです。

志賀高原ビール直営「THE FARMHOUSE」

最後にご紹介する渋温泉のおすすめグルメは、志賀高原ビール直営の「THE FARMHOUSE」。温泉の後の楽しみは、冷えたビールという方も多いのではないでしょうか?

「THE FARMHOUSE」は、志賀高原ビールが運営する歴史的な洋館を改装して作られたおしゃれなビアハウスで、13種類もの珍しいビールが味わえる人気のお店です。

色々なビールを試してみたい方には、テイスティングセットがおすすめ。千と千尋の「金具屋」にも負けないレトロで雰囲気のあるお店で、ゆっくり風呂上りの一杯をお楽しみください。

THE FARMHOUSEは渋温泉の温泉街からは少し離れた民俗資料館の近くに立っています。お酒を飲む場所ですので、アクセスは、タクシーがおすすめです。

火曜日が定休日で、それ以外の曜日の営業時間は、12:00から23:00まで。水曜のみ、夕方17:00から23:00までとなっています。

Thumb長野のグルメ厳選ランキング!おすすめのご当地料理やランチなど人気店を紹介
長野といえば、信州とも呼ばれ、善光寺が全国的にも知られる人気観光地。ここではそんな長野のご当...

長野の渋温泉へのアクセス

最後に、長野の人気観光スポット「渋温泉」のアクセス情報をご紹介致します。渋温泉は、長野駅から東に約50分ほどの距離があり、車、または電車とタクシーなどでアクセスが可能です。

関東近県からは車で2時間半から3時間ほどの距離にありますので、週末の1泊2日旅行などで、急に思い立って出かけるにもちょうど良いロケーションにあります。

千と千尋の舞台と言われている「金具屋」以外にも、風情あふれる旅館が35軒ほどありますので、ぜひ、お好みの宿を探して宿泊してみてください。

車利用の場合

関東方面から車でアクセスする場合は、関越・上信越自動車道の練馬インターチェンジから高速に乗り、信州中野インターチェンジにて高速を降ります。信州中野インターチェンジからは、国道292号線を経由して約20分。

関東からの所要時間は、トータルで約3時間となっています。中央・上信越自動車道からアクセスする場合は、高井戸インターチェンジから信州中野インターチェンジまで高速を利用して、渋温泉まで4時間弱です。

関西方面からアクセスする場合は、中央自動車道の吹田インターチェンジから信州中野インターチェンジ経由で渋温泉までアクセスします。大阪からは約6時間、名古屋からは約4時間ほどかかります。

公共交通機関利用の場合

続いて公共交通機関を利用してアクセスする場合です。東京駅からは、北陸新幹線を利用して長野駅まで1時間20分。新潟からは、上越新幹線または、北陸新幹線を利用して、新潟駅から長野駅まで約2時間となっています。

長野駅から渋温泉までのアクセスは、「長野電鉄」の湯田中行き特急を利用して約50分。最寄り駅は「湯田中駅」でここから渋温泉まではタクシーで5分ほどの距離です。

バスをご利用の場合は、「上林行き」のバスに乗車して、「渋温泉入り口」または、「渋温泉和合橋」バス停にて下車してください。湯田中駅からの所要時間は約7分です。

長野の渋温泉観光で湯めぐりを堪能しよう

長野県湯田中にある渋温泉をご紹介致しました。千と千尋のモデルとも言われる歴史スポット「金具屋」をはじめ、観光の楽しみも満載の渋温泉。

温泉まんじゅうを自分で詰める「九糖めぐり」と厄除祈願ができる「九湯めぐり」も楽しめるおすすめの観光スポットです。今回ご紹介した情報を参考に、ぜひ、長野の渋温泉で素敵な休暇をお過ごしください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ