大濠公園は福岡のオアシス!日本庭園やボートなど楽しみ方を徹底ガイド!

大濠公園は大都市福岡市の中にある都会のオアシスです。広大な日本庭園や野鳥たちであふれています。そんな福岡市の大濠公園についてご紹介したいと思います。人気のレンタルボートの情報や、周辺の人気観光スポットなどもご紹介したいと思います。

大濠公園は福岡のオアシス!日本庭園やボートなど楽しみ方を徹底ガイド!のイメージ

目次

  1. 1福岡の緑と水のオアシス「大濠公園」をご紹介!
  2. 2大濠公園とは?
  3. 3大濠公園の楽しみ方
  4. 4大濠公園の見逃せないおすすめスポット
  5. 5大濠公園で自然と触れ合う
  6. 6大濠公園【基本情報】
  7. 7大濠公園周辺の人気観光スポット3選
  8. 8癒しの大濠公園を満喫しよう!

福岡の緑と水のオアシス「大濠公園」をご紹介!

九州一の大都市、福岡県福岡市は、人口500万人を超える大都会です。九州地方の文化、芸術、経済の中心地として大勢の人が訪れます。また近年では、外国からの訪問客も多く、特に中国や韓国をはじめとしてアジア諸国からのお客さんも多い観光都市でもあります。

そんな福岡市民の皆さんが、大都会の中で心のよりどころとしているのがここでご紹介する大濠公園です。もともとは福岡城の外堀で入り江でもあった池を利用した公園で、この池の中にいくつかの島もある珍しい公園です。

そんな福岡市の大濠公園についてご紹介していきたいと思います。おすすめの人気スポットや、最近話題になっている日本庭園、また池で遊ぶボートやサイクリングロードなどの大濠公園の観光情報をお届けしたいと思います。

大濠公園とは?

大濠公園とは、福岡市中央区、大都市福岡市のど真ん中にある県営の公園です。都市公園でありながら国の登録記念物にも指定されている珍しい公園です。

福岡県の歴史と深くかかわる公園で、もともとは黒田長政が福岡城を建設する際にこの一帯を埋め立てて、福岡城の外濠としたのがその名前の由来となっています。

その後の昭和4年に、福岡市が造園、整備を完成させ開園したのがこの大濠公園です。池にはボート遊びをする人や、水鳥が飛来したりと水の景色がとても美しい公園として全国的にも知られています。

福岡市民の憩いの場ともなっており、様々なイベントが開催されています。夏には花火大会が開催されますし、公園を1周するとちょうど2キロメートルということで健康のためのランニングに訪れる人も多い公園です。

Thumb福岡のおすすめ観光スポットを総ざらい!穴場から定番名所まで!
博多ラーメンで人気な福岡。この県は九州北部に位置しており、経済面において九州の中でもトップク...

大濠公園の楽しみ方

福岡市民の心の安らぎ場でもあるこの大濠公園はおすすめの見どころがいっぱいです。観光客も訪れる人気スポットも沢山あります。そんな大濠公園の楽しみ方をご紹介していきたいと思います。サイクリングやボート遊び、などが人気ですが他にもある楽しみ方をご覧下さい。

大濠公園の楽しみ方①:「サイクリングロード」

近年は健康に気を使う人が多くなってきました。その中でもブームともなっているのがサイクリングです。特にサイクリングで鍛えられるふくらはぎは第二の心臓ともいわれており循環器系の病気予防に効果的といわれています。

弱虫ペダルという漫画の影響もあり、本格的なロードサイクルを購入して楽しむ人も増えています。おしゃれなウェアなどもあり女子の人気も上昇中です。

そんなサイクリングをこの大濠公園でも楽しむことができます。この大濠公園は1周すると約2キロのジョギングコースがありそのすぐわきに自転車専用のレーンもあります。

最近何かと肩身が狭い自転車乗りですが、専用レーンならだれにも気兼ねなく、気持ちよく風を切って走ることができます。福岡市内でも有数の自転車仲間の交友の場ともなっています。

整備された自転車・ジョギングロード・散策路

この大濠公園の周囲を回る散策路がとても便利に整備されています。3つのレーンに分かれていて、一つは散歩する人のレーン、もう一つはランニングをする人のレーン、そしても一つが自転車に乗る人たちのレーンです。

ウォーキング用のレーンは幅が3メートルあり横のランキング用のレーンとは植栽帯で区切られています。レンガでできたこのレーンは緑や池を見ながら回るのにぴったりです。

ランニング用のレーンは幅が4.5メートルとウォーキング用よりも広目なのがうれしいです。市民ランナーたちの膝の負担も考えて路面はなんとゴムチップ舗装です。

一番外側にあるレーンが自転車専用のレーンで、こちらも幅は4.5メートルもあります。豊かな緑と水辺の風のすがすがしさを感じながらサイクリングを楽しむ福岡の市民サイクリストたちでにぎわっている場所です

大濠公園の楽しみ方②:「日本庭園」

次にご紹介するこの大濠公園の楽しみ方は、観光客にも人気の日本庭園です。この大濠公園開園50周年を記念して作られたおすすめのスポットです。

築山の技術によって、この庭園は厚い植栽で埋まっています。これにより都会の騒音から遮断された日本庭園特有の静けさを生み出しています。中に入ってしまえば、ここが人口500万人の大都会の真ん中だということを忘れてしまいます。

四季折々の美しさを見せるこの大濠公園の日本庭園は見どころ満載です。冬には椿やサザンカ、春は桜、秋は紅葉と日本庭園の美しさをいろいろな形で表現してくれます。

この大濠公園の日本庭園を設計したのが日本庭園世界中に広めていった造園家中根金作です。二条城やボストン美術館の日本庭園を設計した作品がこの大濠公園の日本庭園でも見ることができます。

大都会福岡で自然を感じられる日本庭園

この大都会の中の日本庭園、大濠公園の日本庭園はとってもおすすめの自然散策スポットでもあります。新緑の時期からさつきが咲き乱れる時期、また紅葉の時期までと本当に美しい見どころが満載の日本庭園です。

大池と築山でできた大池泉庭から曲水、枯山水といった日本庭園の定番がそろっています。築山の間には渓流の滝、東築山には布落ちの滝が作られた、芸術的にも評価の大変高い庭園です。

広大な敷地の中に、日本式の庭園の技術がたっぷりと詰まったこの大濠公園日本庭園は、造園を学ぶ学生たちにとっても重要な勉学の場ともなっています。

また大池の北側には茶室、茶会館が建てられており、伝統的な茶事ができる草庵風の茶室や大寄せ茶会などを行う大きめの建物などがあります。これらの茶室の設計を担当したのが日本における茶室や数寄屋建築の第一人者、中村昌生です。

大濠公園の楽しみ方③:「ボート」

次にご紹介するのが、カップルや家族連れにおすすめの、ボート遊びです。ボートをレンタルすることができるボートハウスにはレストランやカフェなどもあり、水辺を見ながらの休憩にもぴったりです。

レンタルボートの種類も豊富で大人気のこの大濠公園のボート遊びについてご紹介します。おすすめのボートなどもご覧ください。

ファミリー、デートにもおすすめのボート

ファミリーやデートにぴったりのボート遊びですが料金もリーズナブルです。ボートの種類は足漕ぎの白鳥ボート、ノーマルな手漕ぎボート、そして自転車でこぐようにして水面を走るアメンボボートの3種類です。

白鳥ボートは3人用と4人用の2種類があり、3人用は30分で1000円、4人用は30分1600円です。手漕ぎボートは大人3人まで乗れて30分600円です。アメンボボートは1人用と2人用がありそれぞれ30分、600円、1000円となっています。

営業時間は夏季は午前11時から午後6時30分までです。通常期は午前11時から午後6時までです。両方の時期とも土日祝日は午前10時からボートのレンタルを開始しています。

またこのボート乗り場の水辺にはカフェ、レストランがあります。開放的な店内からは自然豊かな公園内の景色を眺めながらランチやカフェを楽しむことができます。こちらもファミリーやデートにおすすめです。

大濠公園の楽しみ方④:「遊具」

この大濠公園は福岡市内の親子にも大人気の公園です。園内には二つの児童公園がありそれぞれの遊具が特徴的で子供たちも存分に楽しめます。

この広い大濠公園の東側にある児童公園はメジャーで子供たちも多いようです。西側も十分に楽しめますが東側よりも子供たちは少ないようです。それぞれの特徴に合わせて選ぶといいでしょう。

子供が楽しめる公園が2ヵ所

この大濠公園にある児童公園は全部で二つです。東側にあるのがクジラ公園と呼ばれており、西側にあるのはどんぐり公園と呼ばれています。クジラ公園のほうはダイナミックな遊具があり広く見通しも良い公園なので比較的大きめの子供たちが走り回るには最適の公園です。

一方西側にあるどんぐり公園の方は、小さな子供が楽しめるような遊具が充実しています。クジラ公園と比べると小さくてマイナーなイメージですが、実は木陰も多いので、特に小さな子供たちがいる家族連れには人気の公園です。

大濠公園の見逃せないおすすめスポット

ここまでは、大濠公園のおすすめの楽しみ方をご紹介しました。主に福岡市民の人たちに人気の楽しみ方でした。ここからは福岡市民以外での楽しめる大濠公園のおすすめの観光スポットをご紹介していきたいと思います。大都市福岡の中心にある公園だけに公園内には人気の観光スポットがいっぱいです。

大濠公園のシンボル『浮見堂』

まず最初にご紹介する人気の観光スポットが浮見堂です。もともとは旧福岡市動植物園でオットセイなどを観察するために使用されていた施設を、同園の閉園に伴いこの大濠公園に移設したものです。

福岡市民がこの浮見堂の保存にこだわったのには深いわけがあります。旧福岡市動物園は戦争の影響により昭和19年に閉園を余儀なくされました。空襲で檻が破壊されて動物たちが市内へ逃げ出すことを考えて、飼育されていた動物たちは射殺されてしまったのです。

動物だけでなく動物舎も次々と獲り壊れていく中、この浮見堂だけはもったいないということで取り壊されずに残されることになりました。太平洋の大空襲により大被害に遭ったこの福岡市ですが。幸いにもこの浮見堂は戦火を逃れこの大濠公園に移築されることになりました。今では大濠公園のおすすめの人気スポット、シンボルとなっている建物です。

伝統芸能を今に伝える『大濠公園能楽堂』

九州地方の文化の中心地でもあるこの福岡市には伝統文化を後世に伝える役割を担う文化施設もたくさんあります。そな中の一つがこの大濠公園にある大濠公園能楽堂です。

本格的な能舞台が設置されているのこの能楽堂は、590人分の座席が舞台を囲むように三方に置かれています。このためどの座席からも舞台の演技を十分に鑑賞することができる観光客にもおすすめの能楽堂です。

能や狂言というものは実はとても分かりやすく、外国からの観光客にも日本の文化を親しめるということで人気です。それでこの大濠公園能楽堂にも大勢の外国からの観光客が訪れています。

もし大濠公園に来たなら、日本が世界に誇る芸術の一つである能や狂言をこの能楽堂で楽しむのもおすすめです。

大濠公園を一望できるカフェ『ロイヤル ガーデン カフェ』

続いてご紹介するのが、ボートハウス近くにある、福岡市民のみならず観光客にも大人気のカフェ、Royal Garden Cafeです。

市民の憩いの場である大濠公園にぴったりな、「地域の皆様になくてはならない店」をコンセプトに街のコミュティの基盤となることを目指して展開している、全国に8店舗あるカフェの一つです。

食の安心、安全を目指した可視化、環境負荷の少ない店舗づくり、地域コミュニティの会食や会議、イベントといった活動に積極的に参加しているカフェです。

特にこの大濠公園にあるRoyal Garden Cafeは眺めが最高です。ガラス張りの店内からは大濠公園を見渡すことができます。そんな最高の環境の中で飲むコーヒーは最高です。

湖畔にある老舗本格フレンチ『レストラン 花の木』

続いてご紹介するこの大濠公園のおすすめスポットが、レストラン花の木です。こちらは1953年に福岡市で創業したフランス料理の老舗、ロイヤルグループのシンボルレストランです。開業当初は、あのマリリン モンローとジョー ディマジオが新婚旅行で訪れたことでも有名です。

メインダイニングからはどの席からでも大濠公園を見渡すことができる、眺めが最高のレストランです。伝統的なフレンチスタイルをベースとして、地元福岡の食材をふんだんに生かしたメニューが人気のレストランです。

福岡市民ならだれもが知る有名レストランで、多くの人達が記念日の食事やウェディングで利用しています。海外からの来賓をもてなすレストランとしても有名です。

大濠公園で自然と触れ合う

人口500万人を超える大都会の中のオアシス、大濠公園は都会の真ん中とは思えないほど自然が豊かな公園です。これが福岡市民の癒しの源でもあります。そんな大濠公園で観察したり触れ合うことができる自然についてご紹介します。樹木や花などおすすめのものがいっぱいです。

大濠公園の野鳥

特に癒されるのが季節ごとに渡り歩く野鳥たちです。冬場にこの大濠公園を訪れる野鳥の中でも、一番のおすすめがユリカモメです。これは福岡市の鳥にも指定されている体調約40センチメートルの渡り鳥です。白い体に赤いくちばしと脚がきれいな渡り鳥です。

また渡りではなく、通年この大濠公園で見かけるのが、アオサギです。日本のサギ類の中では一番大きなとりで、その翼を広げたときは人間が両手を広げたときより大きいといわれています。

また海が近いこの大濠公園には、時折ウミネコも出没します。猫のようなニャーという鳴き声には本当に驚かされます。こんな野鳥が沢山観察できる公園も珍しいです。ボートなどに乗っていれば間近に見ることもできるでしょう。これがこの大濠公園が都会のオアシスといわれれている理由です。

大濠公園【基本情報】

魅力たっぷりのこの大濠公園は福岡市民の憩いの場です。イベントなども頻繁に開催されています。

そんな福岡市民に愛されている大濠公園の基本情報をお知らせしたいと思います。遊びに来る前にぜひ確認してみてください。

大濠公園のアクセス【車】

ではこの大濠公園へのアクセス方法をご紹介していきたいと思います。車でのアクセスの場合は、福岡都市高速1号線の西公園ランプで下車します。その後、福浜団地入口の交差点を左に入ります。次は黒門橋を左折、するとすぐに右手に大濠公園が見えてきます。高速を降りて約5分尾きゅおりです。

大濠公園の駐車場

この大濠公園には収容台数100台を超える大きな駐車場があるので、車でのアクセスでも安心です。大濠公園の北側にある、大濠公園有料駐車場が一番便利な駐車場でしょう。

この駐車場の営業時間は午前7時から午後11時までです。このじかに入の入出庫は出来ないということなので注意しましょう。

普通車の利用料金ですた、最初の2時間は220円で以後、30分ごとに160円が加算されていきます。中、大型車の料金は最初の3時間が1530円でその後30分ごとに250円が加算されていきます。

大濠公園のアクセス【公共交通機関】

公共交通機関を使ってのこの大濠公園へのアクセスもご紹介したいと思います。西鉄バスを利用してのアクセスなら、黒門バス停か大濠公園バス停で下車するといいでしょう。どちらのバス停からも徒歩で5分ほどの距離です。

福岡市地下鉄空港線でアクセスする場合は、大濠公園駅か唐人町で下車するといいでしょう。こちらから大濠公園までは徒歩で約7分の距離です。

大濠公園周辺の人気観光スポット3選

では、ここからは番外編として大濠公園周辺のおすすめの観光スポットをご紹介していきたいと思います。福岡市中心部に位置するこの大濠公園は文化の中心地でもあり、文化を楽しむ観光スポットが沢山あります。その中で特に人気のおすすめの観光スポットを3つご紹介したいと思います。

2019年3月にリニューアル『福岡市美術館』

最初にご紹介するのが、大濠公園のすぐ横にあり散策路からもよく見える美しい建物が特徴的な美術館、福岡市美術館です。

1979年に開館したこの美術館には、重要文化財を含む茶道具や仏教美術、またミロ、ダリ、ウォーホルといった20世紀の現代アートなど幅広いコレクションで知られている美術館です。

赤茶色のまるでレンガのような色が特等的なその建物は、あの有名建築家、ル コルビジェから近代建築を学んだ、日本の有名建築家、前川國男さんです。岡山県庁舎や東京文化会館などともにこの福岡市美術館も彼の代表作の一つとして知られています。

最近リニューアルされてまたその輝きを取り戻した福岡市美術館は、あらたに裏側の大濠公園側からもアプローチできるようになり、市民の憩いの場がまた便利になりました。

大濠公園から徒歩圏内『福岡城跡』

大濠公園周辺の別のおすすめの観光スポットは、福岡城跡です。大濠公園周からは徒歩圏内のこの施設は人気の観光スポットです。

名将黒田長政が築城したことで有名なのが、この福岡城です。関ヶ原の戦い後、1601年から約7年もの歳月をかけて完成に至った平城です。別名は舞鶴城とも呼ばれていました。

現在のこの福岡城後は、舞鶴公園とも呼ばれており、福岡市内でも有数の桜の名所となっています。

最新鋭のプラネタリウム『福岡市科学館』

続いてご紹介する、福岡市内の大濠公園周辺の観光スポットは、福岡市科学館です。大濠公園とはちょっと違ったスタイルの癒しの空間です。特に人気なのがこの科学館のプラネタリウムです。

世界最高水準の投影機に加えて、8K相当の解像度がある、デジタル式投影機が組み合わされて作り上げる星空は、もう本物の星空と比べても変わりはありません。

また単に星空を投影するだけでなく、エンターテイメント性たっぷりの演出がとっても楽しいのがこのプラネタリウムの人気の秘密です。きれいな星空と一緒に葉加瀬太郎の音楽や、平原綾香の歌声をあわせたプログラムなんかはとっても幻想的です。

福岡市が運営する科学館なので、料金が安いのも魅力の一つです。大人は500円、高校生は300円、小中学生は200円です。団体ならさらに割引があります。

Thumb福岡のプラネタリウムを総ざらい!大人向けもありデートにもおすすめ!
プラネタリウムの進化がとまりません。映像や音響の進歩が著しいのに加えヒーリングやリラクゼーシ...

癒しの大濠公園を満喫しよう!

大濠公園はまさに福岡市民の癒しの公園です。大都会の真ん中にあるオアシスのようなこの公園にあ、お昼休みにはお弁当を食べにくるビジネスマンでいっぱいです。仕事終わりにランニングやサイクリングに訪れる糸たちにも大人気です。

大都会の喧騒からちょっと離れて静かに日本庭園を散策にくる、市民もいます。また家族や恋人と一緒にボート遊びを楽しむ人もいます。記念日のディナーに訪れる人もいます。人生の様々な場面でこの大濠公園を利用することになるでしょう。

また周辺には人気の観光スポットもいっぱいあり、県外や外国からの観光客もいっぱい訪れています。とにかくいろいろな楽しみ方、いろいろな憩い方があるのがこの大濠公園です。福岡市民であってもなくてもぜひ一度訪れてみてください。この公園の癒しの力をぜひ体感してみるといいでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ