夏沢鉱泉へのアクセスや宿泊方法は?八ヶ岳で入浴ができる人気の山小屋を調査!

夏沢鉱泉は八ヶ岳の登山口にある標高が2000メートルの位置にある山小屋で、1年中営業していて、温泉の入浴できるほか食事もできるという登山をする人には本当にありがたい存在の山小屋です。その夏沢鉱泉へのアクセスや、宿泊方法、評判の食事や温泉などをご紹介します。

夏沢鉱泉へのアクセスや宿泊方法は?八ヶ岳で入浴ができる人気の山小屋を調査!のイメージ

目次

  1. 1長野県にある夏沢鉱泉を調査
  2. 2長野・八ヶ岳『夏沢鉱泉』は知る人ぞ知る名湯
  3. 3『夏沢鉱泉』の名湯に癒されて
  4. 4『夏沢鉱泉』の心温まる食事の数々
  5. 5『夏沢鉱泉』企画イベントで自然を体感
  6. 6イベント参加で温泉も楽しめる
  7. 7『夏沢鉱泉』の宿泊方法は?
  8. 8『夏沢温泉』の基本情報
  9. 9『夏沢鉱泉』へのアクセスを調査
  10. 10『夏沢鉱泉』に行ってみよう!

長野県にある夏沢鉱泉を調査

長野県の八ヶ岳の桜平の近くにある夏沢鉱泉は、山小屋では珍しく1年を通して温泉に入浴することができ、しかもトイレは水洗で、お湯のシャワーが完備されています。電力も太陽光、風力、水力発電があるので、24時間電力が供給されている山小屋で、登山者の間では知られた山小屋です。その夏沢鉱泉をご紹介します。

Thumb八ヶ岳の日帰り登山コースは初心者にもおすすめ!山荘やロープウェイも紹介!
八ヶ岳は富士山に蹴飛ばされて、八つに割けたと神話がありますが、登山を始めた方からは、憧れのあ...

長野・八ヶ岳『夏沢鉱泉』は知る人ぞ知る名湯

夏沢鉱泉と言ってもピンと来ない方もいるはずですが、長野県の八ヶ岳の中央にある桜平登山口の近くにある山小屋の夏沢鉱泉は、登山をする方であれば知る人も多いですが、登山をしない方にはあまり知られていない温泉に入浴でき、宿泊、食事もできる登山者には本当にありがたい存在の山小屋です。

とくに冬山の登山では、この夏沢鉱泉の存在は本当に貴重で登山者には嬉しい存在で、冬の登山で温泉に入浴できるというのは本当に嬉しく、初めて冬山の登山に挑戦する方など、この夏沢鉱泉を拠点に動く登山者も結構います。登山者の中ではすごく人気のある、おすすめの山小屋です。

夏沢鉱泉は設備もしっかりとしてる

夏沢鉱泉は、一年中温泉や宿泊設備など利用出来るというのも、八ヶ岳の雪山を登山する人たちには嬉しい部分ですが、夏沢鉱泉は設備もしっかりとしていて、冬であっても温泉だけでなく、シャワーなどもお湯が出るようになっています。

トイレも日本の山小屋では初めて水洗トイレになった山小屋として知られていて、便座はもちろん冬は暖かくなっています。

電力も、太陽光発電、水力に風力発電とあり、標高が2000mの場所にある山小屋なのに24時間電力があるという、山小屋としてはすごいことで、最近では近くの桜平から登山する方なども増えたため、だんだんと知られてきている山小屋です

『夏沢鉱泉』の名湯に癒されて

夏であれば、道も歩きやすいので良いですが、冬となれば車はもちろん進むことができないほど、1m以上の積雪があり、4駆の車でも無理ですので、八ヶ岳の桜平ゲートから雪の中を30分ほど歩かないとたどり着けません。

そのような場所にある夏沢鉱泉ですが、冬の八ヶ岳の初心者用の入門コースと知られる八ヶ岳の北の根石岳へ行くためのルートでは一番距離が短く、雪山の初心者の方からベテランの方まで、夏沢鉱泉に来て、登山前日は温泉に入浴し、登山のための力を名物の食事で蓄えます。

夏沢鉱泉は、一年中温泉に入浴することができ、宿泊だけでなく、日帰り入浴も可能で、夏沢鉱泉から日帰りで登山を楽しみ、帰りに温泉に入浴し、食事をして帰るという方もいて、登山者には嬉しい存在です。

山小屋での入浴タイムは格別!

長野の八ヶ岳を登山しにきて温泉に入浴できるというのは、本当に格別です。特に冬であれば、外はものすごく寒いのは当然です。そんな時に山小屋の中では薪ストーブのおかげですごく暖かく、それだけでも十分なのに、更に温泉まであるのですから、登山者には最高の山小屋です。

夏沢鉱泉の温泉はメタケイ酸が多く含まれているので入浴すると肌がすべすべになるうえに、入浴後も体がずっと暖かな状態が続くため、湯冷めしにくい温泉なので、冬の登山では最高の温泉です。

夏であっても、この夏沢鉱泉の温泉に入浴するために訪れる方も多く、入浴するためにわざわざ歩いてアクセスして、汗をかくと言う方もいたりするほどで、八ヶ岳の山の中で入浴する温泉は、通常ではありえないからこそおすすめです。

『夏沢鉱泉』の心温まる食事の数々

夏沢鉱泉では、温泉だけではなく、出される食事もすごく心温まるものが多く、山小屋での食事とは思えないような十分満足出来る食事をすることができます。自家製の味噌や野菜などを使った料理はどれもおすすめで、ちょっとした旅館のような品が出てきます。

冬の時期には登山者の誰もがおすすめする、八ヶ岳のイノシシが使われているぼたん鍋。野菜や、きのこなどもしっかりと入っていて肉は臭みも全くなく、寒い冬には体の中からしっかりと温まります。

他にも夏沢鉱泉の名物である、ソーセージラーメンもおすすめです。懐かしい昔風の祖母奥なあっさり系のスープに中華そばが入っていて、しっかりと煮込まれたソーセージがたまらなくおいしいです。その他りんごシャーベットなどもおすすめです。

身も心も温まる料理

夏沢鉱泉で出てくる料理は、登山者にすれば贅沢な食事であり、冬の時期なら、冷え切った体を温めてくれて、心もあったかくなる料理ばかりです。温泉に入浴できるだけでも十分幸せなことですが、自家製の野菜で作った漬物や、自家製の味噌などを使った料理はどれも絶品です。

宿泊し、でてくる夕食などは、、ここが標高2000mの場所にある山小屋というのを忘れてしまうほどです。人気のぼたん鍋には漬物や、サバの味噌煮だったり小鉢に入った料理もでてくるため、山小屋というよりは温泉宿と言っていいほどの料理が出てきます。

他にも唐揚げだったり、名物にはソーセージラーメン、そして3種類から選べるフルーツシャーベットも人気で、食後のデザートにおすすめです。

『夏沢鉱泉』企画イベントで自然を体感

夏沢鉱泉では、1年を通してネイチャースクールというのもやっていて、夏だけでなく、冬山のスノーシューを使ったトレッキングや、雪山登山のスクールもやっていて、どの企画も人気があり、特に雪山のイベントは雪山に挑戦したいという方にはおすすめです。

自然野中で行われ八ヶ岳をベースにするイベントですので、もちろん安全で安心というのが第一優先とあるイベントで、ちゃんとした資格を持つ方が講師としていますので安心してイベントに参加することが出来ます。

ある程度の装備は必要ですが、レンタルもありますし、特に冬山の教室では、八ヶ岳で冬山の登山における技術を基本から教えていただけるので、冬山に挑戦したい方は特におすすめのイベントです。

宿泊は山の時間も体験

長野の夏沢鉱泉でのイベントは結構1泊でのイベントが多いです。そのため、普段とは違う山での生活の時間を経験することが出来ます。標高も2000メートルという場所ですから、夜になればすごく静かです。

冬であれば外は極寒で、マイナス10度というのもよくあることです。山小屋の中で美味しい身も心も温まる食事や温泉を楽しみ、薪ストーブの独特の暖かさは、冬の山小屋ならではです。

大抵は食事前に温泉に入り、食事を済ませたら寝る方も多いですが、寝る前にもう一度、入浴し体を温めるのがおすすめです。そして冬は寝る前に一人ひとりに湯たんぽを渡されるのも嬉しいサービスです。温かい布団の中は本当に極楽です。

イベント参加で温泉も楽しめる

夏沢鉱泉では、様々なイベントを企画していて、山小屋内宿泊するイベントも多くあります。雪山登山など、最低限の装備を必要とするものもありますが、夏沢鉱泉から朝出発しても昼には戻ってこれるコースもあり、宿泊し、山小屋での夕食や温泉を楽しんで、翌日は登山で八ヶ岳の自然を楽しめます。

お昼くらいには戻れるので、夏沢鉱泉の人気の名物とも言える品を食べて、そして駅まで送ってもらうというのもおすすめで、冬なら南極探検隊も同じ車種だという雪上車にも乗れますし、普段では出来ない貴重な体験ができるのも夏沢鉱泉だからこその魅力です。

イベントに参加し、登山における技術なども習得でき。そのうえ知る人ぞ知ると言われる温泉も楽しめるわけですから、普段とは全く違う時間の流れや経験をすることができますし、東京からでも長野ですからアクセスもしれているのでおすすめです。

イベント内容はウェブサイトをチェック

定期的に様々なイベントを夏沢鉱泉では企画しています。どれも定員がありますし日時も決まっていたりします。冬はスノーシューを使ってトレッキングしたり、雪山の登山のスクールなどあります。

春や夏になれば、トレッキングをはじめとして、写真教室や八ヶ岳の高山植物の観察会だったり、バードウォッチングなどもあったりします。

ほかにも色々な企画があり、どれも人気で、詳しい内容や日時などは夏沢鉱泉のウェブサイトで発表されますので、八ヶ岳に興味ある方や、登山に興味ある方もぜひチェックしてみて、参加してみるのもおすすめです。

『夏沢鉱泉』の宿泊方法は?

夏沢鉱泉に宿泊する場合は、基本的には事前に電話予約をしたり、ウェブサイトから申込みをします。予約専門の電話番号があり、0266-73-6673にかけると予約することが出来ます。予約の受付は午前8時から午後8時までとなっています。

宿泊も1泊2食であるなら一人10500円で冬の時期は13000円になっています。そして素泊まりの場合は一人7500円で、冬の時期は10000円になっています。

宿泊の予約をされる場合は、事前にウェブサイトの方で宿泊ができるかどうかも確認出来ますので、ウェブサイトを確認して、それから予約をするようにしてください。

『夏沢温泉』の基本情報

長野の八ヶ岳にある夏沢鉱泉ですが、住所の方は長野県茅野市豊平になります予約などの受付もしている電話番号は0266-73-6673で、硫黄岳山荘グループの事務所に繋がります。現地の夏沢鉱泉への直接の番号は090-4158-4545になっています。

宿泊する場合、食事付きの場合は10500円で素泊まりは7500円、冬の時期は食事付きであれば13000円で素泊まりは10000円になります。そして冬は、宿泊の場合は送迎もあり、夜、寝る前に一人づつ湯たんぽを渡してくれます。

日帰り入浴の場合は、一人650円となっていて、タオルとお茶がついているので、ゆっくりとくつろぎ、疲れを癒やすこともできます。

『夏沢鉱泉』へのアクセスを調査

長野県の八ヶ岳にある夏沢鉱泉ですが、アクセス方法は車でアクセスするしかありません。中央道の諏訪南インターチェンジを降りて、八ヶ岳ズームライン、そしてエコーラインを通り桜平駐車場まで行きます。

駐車場は一番奥にある駐車場で、その手前に夏沢鉱泉へ行くことが出来る林道のゲートがあるので、そこから歩いて、約30分くらいでつくことが出来ます。

冬には積雪もあり、時には駐車場にいくのも困難な場合がありますので、夏沢鉱泉へ宿泊する場合は、予約時にどこに駐車すれば良いか聞いて、場所を確認するのが良いです。

車以外のアクセス

車以外で夏沢鉱泉までアクセスする方法ですが、JR中央本線の茅野駅まで行って、そこからタクシーでアクセスする方法もありますが、タクシーでアクセスする場合は1時間くらい時間がかかりますので、料金も大体7500円くらいかかります。

それ以外であれば、夜行バスや長距離バスを利用して行くと便利です。特に夏沢鉱泉に宿泊する場合であれば、送迎があるので、その送迎の時間に合わせて到着するように行けば、茅野駅に到着し、送迎で夏沢鉱泉近くの桜平までアクセスできます。

周辺に駐車場は?

長野県の夏沢鉱泉へ行く時に、駐車場も気になりますが、一番近くにある駐車場は桜平の一番奥の駐車場になります。以前はここだけだったのですが、最近駐車場が新しく作られていますが、一番近いのは以前からある駐車場です。

この駐車場は、20台くらい駐車することができるのですが、多い時は満車になっていて停めれないため、林道沿いに駐車スペースがあるので、そこに停めるしかありません。

林道沿いにある駐車スペースも合わせると、大体40台くらいの駐車スペースがあります。それ以外の駐車場になると結構距離もあるので、徒歩で行くしかない夏沢鉱泉ですので、1時間以上は徒歩でかかりますので、近くに駐車したい場合は桜平駐車場を利用するのが一番おすすめです。

宿泊者には無料送迎あり

夏沢鉱泉の送迎ですが、送迎は基本的に夏沢鉱泉に宿泊する方のみが利用できます。この送迎は夏場であれば通常の車での送迎になりますが、冬の積雪がある時期は雪上車での送迎になります。

そして送迎に関して、夏沢鉱泉も、送迎専用の方が常にいるわけではないので、時間が決まっています。基本的には東京方面からくる場合、JR茅野駅に午前9時8分着、関西方面なら午前9時21分着のバスに合わせて迎えがあります。午後は東京方面は3時15分着、関西方面なら午後3時12分着に合わせて迎えがあります。

茅野駅まで送りの時間ですが、午前7時半と午後2時の2回となっています。それ以外の時間は基本的に、してないので、その時間に合わせて到着するように行くと良いです。時期によっては、上記以外の時間でも大丈夫なときもあるそうです。

『夏沢鉱泉』に行ってみよう!

長野県の八ヶ岳にある夏沢鉱泉は、特に冬の八ヶ岳を登山する方にはありがたい山小屋です。雪山で体も冷えているところに、温かな食事と、温泉に入浴できるというのは体も心もしっかりと癒やされます。夏であれば夏沢鉱泉から日帰りで登山も出来ますので、夏沢鉱泉の温泉や食事、そして登山をしに行ってみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ