下栗の里は長野にある絶景の秘境!観光の見どころやおすすめの宿泊施設は?

下栗の里は南アルプスを臨む長野の秘境として近年大きな注目を集めています。下栗の里のアクセスや駐車場、おすすめの宿泊、美しい紅葉や人気のビューポイントなどを調べてみました。長野観光にぜひ宮崎駿監督も訪れた絶景と美味しい山の幸が楽しめる下栗の里を訪れてください。

下栗の里は長野にある絶景の秘境!観光の見どころやおすすめの宿泊施設は?のイメージ

目次

  1. 1下栗の里の見どころや宿泊施設を紹介!
  2. 2下栗の里とは?
  3. 3下栗の里・観光の見どころ①展望台から見る絶景「天空の里ビューポイント」
  4. 4下栗の里・観光の見どころ➁おいしいごはんで腹ごしらえ
  5. 5下栗の里・観光の見どころ③秋の紅葉の美しさ
  6. 6下栗の里周辺のおすすめ宿泊施設①高原ロッジ下栗
  7. 7下栗の里周辺のおすすめ宿泊施設➁民宿ひなた
  8. 8下栗の里周辺のおすすめ宿泊施設③民宿みやした
  9. 9下栗の里周辺のおすすめ宿泊施設④いろりの宿 島畑
  10. 10下栗の里へのアクセス
  11. 11下栗の里の神々が集う霜月まつりとは
  12. 12実際に下栗の里を訪れた人から
  13. 13日本のチロル・下栗の里へ行ってみよう!

下栗の里の見どころや宿泊施設を紹介!

下栗の里は長野県、飯田市にある「日本のチロリ」と呼ばれる人気スポットで南アルプスを臨む壮大な絶景を見られる話題満載のスポットでもあります。下栗の里の見どころ、おすすめのビューポイント、紅葉、人気の宿泊施設、アクセス、駐車場などいろいろ調べてみました。ぜひ下栗の里をおとずれるときの参考にしてください。

下栗の里とは?

下栗の里(しもぐりのさと)は長野県飯田市上村の標高800mから1000mに位置する東面の傾斜面に、家屋や耕地が点在しています。

南アルプスのまさに絶景が見られる人気のビューポイントがあり、近年、この風景を見るために全国から人が訪れています。都会からのアクセスはなかなかたいへんにもかかわらず注目のスポットです。

Thumb南アルプスの登山を徹底ガイド!初心者向けから日帰りルートまで詳しく紹介!
3000メートル級の山々が9座も連なる南アルプス。南アルプスは、なかなかアクセスが難しく、マ...

長野・南アルプスにたたずむ天空の秘境

下栗の里の集落は長野県飯田市上村の遠山郷(とおやまごう)にあります。天空の里と言われるビューポントは遠山川右岸の標高およそ1000mの斜面に位置します。

長野の山間の美しい村ということからオーストリアのチロルにちなんで地理学者で東京学芸大学名誉教授の市川健夫さんが「日本のチロル」と命名しました。下栗の位置は北緯35度22分28秒、東経137度59分15秒。

下栗の里は、長野県の南端に位置し天竜川の支流の遠山川に沿って広がっている山深い谷間の地域になります。

この地域は、かつて旗本の江儀遠山(えぎ とおやま)氏の領地でした。戦国時代から江戸時代に地方豪族の遠山氏がこの地を支配していたので遠山郷の村民から畏敬の対象になっていました。遠山一族は今も各集落の神社などに祀られています。

百名山登山家の深田久弥さんは1968年(昭和43年)に下栗を訪れて、「下栗ほど美しく平和な山村を私はほかに知らない」と著書のなかで述べて絶賛しました。下栗は「にほんの里100選」にも選ばれています。

近年、宮崎駿さんのスタジオジブリが下栗で行われてきた霜月祭りからヒントを得て「千と千尋の神隠し」を製作しました。

その後、宮崎駿さんが下栗の里にアクセスして製作した短編「ちゅうずもう」は「三鷹の森ジブリ美術館」で上映されるなど下栗の里は秘境として、人気観光地として全国に知られるようになってきています。

下栗の里・観光の見どころ①展望台から見る絶景「天空の里ビューポイント」

2009年(平成21年)10月に、下栗の里を俯瞰できる「天空の里ビューポイント」(おおぎびら展望台)が地元住民たちの手で整備されて開設されました。

下栗の里では現在、高地栽培に適したソバ、トウモロコシ、二度芋などの野菜や雑穀をつかって農業が営まれています。およそ60数世帯、約150人が自然と共生するように暮らしています。

「天空の里ビューポイント」からはこの下栗の里の風景が俯瞰して臨めます。CMなどで人気になった風景ですが実際の「天空の里ビューポイント」の場所は、はんば亭の駐車場から歩いておよそ15分の山林のなかに位置します。

山林のなかにある遊歩道(全長およそ800m)は下栗地区の住民全員が力を合わせて2009年に完成した道で、現在も安全なアクセスを確保するために遂次、整備されています。

遊歩道のアクセスは場所によって狭くて危険な場所もあるのでアクセスの際は足元に十分注意しましょう。

「天空の里ビューポイント(展望台)」は下栗の里を眺めるベストのビューポイントとされ下栗を観光や宿泊で訪れた方はぜひおすすめです。こちらの展望台まで片道およそ15分。アップダウンはそれほどない遊歩道です。

はんば亭の駐車場まで行ったらそこからアスファルト舗装の道を数分登ります。すると「天空の里ビューポイント遊歩道入り口」と書かれた木札があります。

遊歩道は舗装されていません。遊歩道の脇の入り口に杖がありますので展望台へアクセスするなら杖を使うと便利です。下山する際には同じ場所に返しましょう。

遊歩道はヒノキなどが生えている森のなかの静かな細い道です。10分ぐらいで展望台と書かれた地点に到着です。

展望台に訪れた記念に自由に思いを綴れるノートが置いてあります。風雨の影響がないようにポストに入っていてボールペンも添えられています。ぜひ何か書き残すのもよいかもしれません。

雨が降った後の遊歩道は滑りやすくぬかるんでいます。履き慣れたシューズで訪れるのがおすすめです。「天空の里ビューポイント」の展望台に入れるのは一度に40人までです。

下栗の里・観光の見どころ➁おいしいごはんで腹ごしらえ

下栗の里には地元産の美味しい食材を使った料理が食べられるお店があり、宿泊も観光も人気が高まっています。村里では山からの恵みである湧き水もあります。

肥沃な土壌で栽培された、下栗こんにゃく、下栗豆腐、下栗ソバ、赤石銘茶、二度芋などの特産品もあります。観光や宿泊のあいまに美味しい料理をいただき特産品は観光土産にも最適です。

新鮮な旬野菜が人気の『いっ福』

新鮮な旬の野菜が美味しい、リピーターも多い人気のお店「いっ福」は下栗の里のくねくねした道を上がって行った見晴らしのよいビューポイントにあるお店で観光にも人気です。

季節の野菜をふんだんに使った「いっ福定食」(1000円)は盛りだくさんのお惣菜と採れ立てで新鮮な山菜の天ぷらも入って人気のメニューになっています。営業時間は9時から16時で不定休です。

住所 長野県飯田市上村下栗1296
電話番号 0260-36-2613

小腹がすいたら『手仕事工房山のみのりや』へ

手仕事工房「山のみのりや」は南アルプス聖岳を臨む下栗の里のなかでも、一番てっぺんに位置します。手仕事工房「山のみのりや」の工房では、その玄関先がクラフトショップになっています。観光に訪れた方がお土産として購入するのもおすすめです。

クラフトショップは季節がよい時期の土日祝に開店します。クラフトショップの向かいにお食事処「はんば亭」があります。はんば亭のなかのギャラリースペースにも「山のみのりや」の家具や木製品が展示販売されています。

はんば亭の営業は4月~11月の土日祝日の午前10時~午後4時です。手仕事工房「山のみのりや」の建物は元々は1952年(昭和27年)に建設された下栗分校(小学校)教員用の住宅です。

かつて遠方から赴任した教員がこの家に住んでいました。手仕事工房「山のみのりや」は手作り家具の注文も受け付けています。気になる方はウェブサイトでご確認ください。

はんば亭には美味しいメニューがたくさんあります。実際にはんば亭で食事をした人によると「天空そば定食」1030円などが人気で、下栗いもコロッケや、下栗いも田楽も美味しくておすすめです。しかしネットで検索すると「当分の間休業中」という文字とともに掲載されている記事もありますので注意が必要です。

はんば亭の駐車場は「天空の里ビューポイント遊歩道」入口に続くので、この駐車場は外せない観光スポットです。山道をのぼった後に、このポイントで休憩するのはおすすめです。

住所 長野県飯田市上村1250-1
電話番号 0260-36-2938

下栗の里・観光の見どころ③秋の紅葉の美しさ

下栗の里の紅葉は山一面が美しく色づき見ごたえがあります。紅葉が始まるのは例年は10月中旬からで、紅葉の見頃は10月下旬頃です。

紅葉する植物はシラカバやナナカマドなどで、紅葉見物のおすすめのビューポイントは「天空の里ビューポイント」です。「天空の里ビューポイント」からの紅葉は息をのむ美しさになり感動的です。

付近でおすすめの紅葉のビューポイントは、下栗の里のほかに、上村の国道152号線沿いや、しらびそ高原一帯です。紅葉の時期のおすすめコースとして新東名引佐JCT→下栗の里→しらびそ高原→飯田IC(中央道)が考えられます。

さらに紅葉観光の地域を拡大したい場合は飯田IC(中央道)に着いたらそこから駒ケ岳SA→八ヶ岳PA→双葉SAスマートインタチェンジ→武田神社といったドライブコースもおすすめです。

紅葉観光する場合は紅葉の時期が近づくと長野県観光協会のサイトなどが色づき情報を掲載しますので紅葉情報をチェックしてから出かけましょう。

下栗の里周辺のおすすめ宿泊施設①高原ロッジ下栗

高原ロッジ下栗から、遠山川からそびえ立つような南アルプスを眺められます。野鳥のさえずり、野生の日本鹿、急斜面に耕された畑など豊かな自然のなかで言葉にしつくせない感動を体験できるでしょう。駐車場完備。

内外装は改修されて2003年(平成15年)にリニューアルオープンしました。サンセットポイントに選ばれた夕日をながめて食事は美味しい下栗特産品を堪能できます。

料理には下栗イモ(二度イモ)などの地元産の新鮮な食材がたっぷり入って季節感満載の料理を楽しめます。高原ロッジ下栗は要予約ですが昼食営業も行っています。地元の美味しい精肉、清水屋のジンギスを丁寧に調理した遠山郷ジンギス丼は名物でおススメです。

高原ロッジ下栗に宿泊した方によると、テレビや冷蔵庫はなかったけれど携帯電話はつながるので問題はなかったということです。それ以上に山並みが美しく、夜は星空がとてもきれいで癒されたとのことです。

『高原ロッジ下栗』の基本情報

高原ロッジ下栗の宿泊人数は38名、洋室(2名)が13室、和室(3名)が4室あります。料金は大人1泊2食付き7600円などいろいろありますが、曜日、季節、プラン等により変動しますので詳細は高原ロッジ下栗までご確認ください。

高原ロッジ下栗の最寄りのバス停は、上町バス停(遠山郷線)です。道の駅遠山郷まで6名以上の対応で送迎可能です。

住所 長野県飯田市上村1250
電話番号 0260-36-2758

下栗の里周辺のおすすめ宿泊施設➁民宿ひなた

民宿ひなたが位置するのは聖岳と兎岳と聖岳を真正面に臨む遠山川が谷奥を流れる急斜面です。南アルプスの豊かな自然にかこまれた自然の息吹を実感できる山深い地域です。

民宿ひなたでは、現在では珍しい囲炉裏火の温もりを感じるような山の幸がいっぱいの夕食を堪能できます。民宿ひなたの女将が美味しい川魚、山菜、山肉を丁寧に調理した自慢の逸品が並びます。

『民宿ひなた』の基本情報

民宿ひなたは基本的に女将が一人で切り盛りする宿で、トイレ、お風呂、洗面所は共同でみんなで肩をよせあって宿泊する感じです。実際に宿泊した方から女将が気さくな人で、その料理は絶品で宿泊して最高だったとのことです。

民宿ひなたは豊かな自然に囲まれた絶景を体験できる宿として紅葉の季節以外でもおすすめの宿です。チェックインは15時、チェックアウト10時です。

基本料金は1泊2食付き6800円からになりますが、事前予約の際に詳細を民宿ひなたにお問い合わせください。

住所 長野県飯田市上村下栗1040
電話番号 0260-36-2627

下栗の里周辺のおすすめ宿泊施設③民宿みやした

民宿みやしたは下栗の里にあるおしゃれなペンションのような宿です。下栗の里にある拾五社大神宮の近くにある民宿なので「みやした」と名付けられました。

民宿みやしたの2階から眺める南アルプスの景観はまさに絶景です。実際に宿泊した方から、秘境下栗の里の息をのむような景色に感動したという感想が聞かれました。

『民宿みやした』の基本情報

民宿みやしたには、古民家のような雰囲気があり囲炉裏もあって1泊6500円からとなっています。

民宿みやした1階の囲炉裏端で、宿のご主人や女将さんと下栗の昔話など、この宿に宿泊したからこそ体験できる楽しい時間は、きっと旅の豊かな思い出になるはずです。

住所 長野県飯田市上村下栗1151
電話番号 0260-36-2232

下栗の里周辺のおすすめ宿泊施設④いろりの宿 島畑

いろりの宿 島畑(しまばた)ではイノシシやシカの新鮮な肉を使ったジビエ料理を囲炉裏のそばでいただくことができます。

いろりの宿 島畑では都会では味わえない、心温まる静かな気持ちになれ雰囲気があり、宿泊に選べる部屋は和室タイプと洋室タイプがあります。ゆったりくつろげる和室、巨大な岩が室内に据えられた洋室、窓からは季節の風景が楽しめます。

『いろりの宿 島畑』の基本情報

いろりの宿 島畑の館内には男女各1つずつ大きなお風呂もあり、こちらの利用時間は16~22時です。窓外に広がる自然をたのしみながら、ゆったりとリフレッシュできます。

いろりの宿 島畑にはバーベキュー小屋もあります。屋根付きのバーベキュー施設となり合宿での利用なども可能です。バーベキュー小屋の利用希望者は宿泊予約の際に詳細をご確認ください。

いろりの宿 島畑には無料駐車場が完備されています。駐車場のほかに館内は無線LAN完備、売店や食事処もあり、和室13室、洋室2室、大浴場があります。宿泊プランもいろいろありますので詳細はいろりの宿 島畑公式サイトをチェックしてみましょう。

住所 長野県飯田市南信濃八重河内580
電話番号 0260-34-2286

下栗の里へのアクセス

下栗の里までのアクセスは結構たいへんで、この地へ大型バスは乗り入れできません。アクセスは山岳地帯のドライブコースとなります。

実際に下栗の里を訪れた方の感想のなかに、アクセスの途中の道は山岳地の難コースもありスリルがあったという意見も聞かれました。バスツアーはありますが中型のマイクロバスによるツアーとなり、まさに秘境にある天空の絶景を巡るツアーとなります。

長野県飯田市上村のウェブサイトを見ると、下栗の里を来訪する方に対して、近年の下栗が美しい景観から注目を集めて大勢の人が訪れていますが下栗は観光地以前に高齢者が多くを占める住民の生活の場であることを理解してほしいというお願いが書かれています。加えて車での来訪者に次のような注意が掲載されています。

全長7m以上の車輌は進入できません。坂道ですれ違う場合、基本的に上り車が優先です。道路にある車両待避所を有効に利用しましょう。カーブが多くて昼でも暗いため車もバイクもライトを点灯して走行してください。路肩およびカーブ付近に停車しないでください。アクセスの注意事項詳細は長野県飯田市上村のウェブサイトで確認できます。

車でのアクセス

自家用車でアクセスする場合、高速道路は飯田ICまたは天竜峡ICで高速道路を降ります。そこから一般道で下栗の里へアクセスします。

なお、南アルプスエコーラインは冬季は通行止めになりますので注意が必要です。車でのアクセスは難コースも含まれているので慎重な運転を心がけましょう。

駐車場はある?

はんば亭前に駐車場があります。駐車料は無料です。地元によりますと、そば処はんば亭の前にある駐車場は無料ですが寄付制度になっています。

もしよければ駐車場の使用の際にお気持ちを寄せていただければありがたいということです。募金箱が置いてあります。遊歩道の整備などの資金となります。「天空のビュースポット」までは、この駐車場から歩いておよそ20分です。

はんば亭前の駐車場からの景観は信州サンセットポイント100にも選ばれました。聖岳などが夕日に照らされるとまさに絶景です。この駐車場は観光におすすめのスポットですのでぜひ訪れてみてください。

電車・バスでのアクセス

電車・バスでアクセスする場合、JR平岡駅から乗合タクシー、またはJR飯田駅から乗合バス「遠山郷」行きに乗車して「上町」で下車し、そこからタクシーで下栗の里へ移動します。下栗の里内に公共交通機関はありません。

JR飯田駅から路線バスの遠山郷線で「遠山郷」行きに乗って「上町」バス停までおよそ1時間かかり、そこからタクシーでおよそ15分で下栗の里に到着です。

下栗の里の神々が集う霜月まつりとは

「霜月まつり」は下栗の里で旧暦11月(現在の12月)に行われる祭りで、色々なお面を付けた被り手が舞い踊りつつ釜湯を掛ける秘境下栗の伝統的な祭事です。

清和天皇の貞観年中(859~876)、清和天皇の時代に宮廷で行われた祭事の湯立が、ほとんどそのまま伝承されたもので伊勢神宮の湯立にも通じる祭事です。 

宮崎駿監督はテレビで「霜月まつり」の存在を知って神様が湯治に訪れるというアイデアのヒントを得たとされます。霜月まつりは下栗の複数の神社で行われます。

様々な面(おもて)をかぶった神があわられると祭りは最高潮に達し、煮えたぎった釜の湯を手でかける「湯切り」が見せ場となります。

祭りは夜、暗闇のなかで屋外で行われます。霜月まつりの詳しい予定を知りたい方は「遠山郷観光協会」のウェブサイト「国重要無形文化財 遠山郷の霜月まつり」のページをチェックしてみましょう。

実際に下栗の里を訪れた人から

実際に下栗の里を訪れた人の感想はさまざまですが、やはり「天空の里ビューポイント」は急な道を歩いたかいがある絶景で、すがすがしい気持ちになれるとのことです。紅葉の時期に限らず年間を通しておすすめです。

駐車場から遊歩道を歩く場合、夏季は水分補給用の飲料を持参するのがおすすめです。また、駐車場のトイレを済ませてから遊歩道を歩くのがおすすめとのことです。

実際に麓から駐車場まで運転して行った方によると、運転が好きな方や車一台がやっと通れる道を普通に運転できる技量の方には絶景が見られて楽しいドライブになるはずだということです。

逆に、運転は苦手という方には少し辛い麓から30分ほどの運転になるかもしれないということです。

カメラマンとして「天空の里ビューポイント」を訪れた別の人からは、「天空の里ビューポイント」は朝一番の時間に訪れるのがおすすめ。理由は雲海が見られるかもしれない、朝日に照らされた村が美しい、展望台がこの時間ならあまり混雑していないからだそうです。

また「天空の里ビューポイント」から写真撮影するなら標準レンズ(35換算40mm)と、あれば望遠レンズだが、途中の遊歩道は狭いので機材はなるべくコンパクトにして、展望台は三脚を立てる位置が狭いので要領よく短時間で撮影するのがおすすめとのことです。

日本のチロル・下栗の里へ行ってみよう!

下栗の里は日本のチロルと言われるほど人気がある理由を分かっていただけたでしょうか。ここには都会の生活では体験できない、心癒される生活があります。少し疲れたときやリフレッシュしたいと思ったらぜひ日本のチロルの下栗の里を訪れてみてください。きっと元気をもらえるでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Hitomi Kato

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ