沖縄古宇利島のハートロックは穴場観光スポット!ビーチの場所や駐車場は?

沖縄の古宇利島にあるハートロック。カップルのデートスポットとして有名ですが、実はパワースポットとしても知られています。見る角度によってハートが重なり合う場所があるという沖縄のハートロック。ビーチの場所やアクセス方法、駐車場法などとともにご紹介します。

沖縄古宇利島のハートロックは穴場観光スポット!ビーチの場所や駐車場は?のイメージ

目次

  1. 1沖縄の古宇利島にある「ハートロック」を見に行こう!
  2. 2ハートロックを見に「ティーヌ浜ビーチ」に行ってみよう!
  3. 3ハートロックのおすすめの見方とは?
  4. 4沖縄のハートロックはカップルに人気のスポット
  5. 5沖縄のハートロックから立ち寄りたいおすすめのビーチは?
  6. 6沖縄の古宇利島で外せないおすすめの観光スポット
  7. 7古宇利島までのアクセス方法
  8. 8沖縄のハートロックに行ってみよう!

沖縄の古宇利島にある「ハートロック」を見に行こう!

沖縄の美しいビーチに浮かぶハートの岩こそハートロック

恋の島や神の島であるという伝説が残っている沖縄の古宇利島。沖縄本島の北部にある離島ですが、本島と橋でつながり、気軽に行くことができます。そんな沖縄の古宇利島のビーチには、ハートの形をしたハートロックがあります。見る場所によってハート型が微妙に変化するパワースポット、今回はそんなハートロックを見に行く旅のご案内です。

沖縄の「古宇利島」はどこにある?

古宇利島は世界遺産に認定された今帰仁城のある村に属する

古宇利島は、沖縄本島の北部、本部半島の東側、屋我地島の北側にある小さな円形の離島です。世界遺産として認定された今帰仁城(なきじんぐすく)のある今帰仁村に属し、ぐるっと一周しても10㎞に足りないほどの小さな島の周りには、沖縄人も驚くほどの美しいエメラルドグリーンの海が広がります。

沖縄本島からのドライブコースとしてもおすすめ!

名護あたりからのドライブコースとしてもおすすめ

沖縄の古宇利島は、2005年、隣にある屋我地島と古宇利大橋でつながり、沖縄本島から車で気軽に行けるようになりました。隣の屋我地島からは車で20分ほど、名護市の中心街からは車で40分ほどと、沖縄本島からの移動も気軽にできます。沖縄本島をいろいろと移動しながら旅する方には、ドライブコースとしてもおすすめです。

古宇利島はのんびりと散策したくなる小さな小島

古宇利島に上陸するとすぐにビーチが

沖縄の古宇利島の入口にはビーチがあり、都会の雑踏では見ることのできない夕暮れ時の美しい夕日、夜には満天の星空を独り占めすることもできます。また、自然豊かな古宇利島には、昔ながらの古民家なども点在し、沖縄の原風景が残ります。そんなのどかな沖縄の離島だからこそ、古宇利島ではのんびりと散策する旅がおすすめ。

Thumb本部町のおすすめ観光スポット・グルメを大特集!人気の楽しみ方は?
沖縄県北部の本部町は人気の観光スポットがたくさんあるだけでなく、沖縄のご当地グルメや人気のカ...

ハートロックを見に「ティーヌ浜ビーチ」に行ってみよう!

ティーヌ浜は古宇利島をグルっと半周した先にある

古宇利島のビーチは、沖縄で最も美しいと言われています。中でも特におすすめしたいのが、古宇利島の入口に広がる古宇利ビーチ、自然の姿がそのまま残っているトケイビーチ、恋の島の伝説が残るチグヌ浜、そして、今回ご紹介する恋の島の由縁ともいわれているハートロックのあるティーヌ浜です。

ハートロックとは?

ハートロックとは古宇利島にあるハートの形をした岩のこと

沖縄の古宇利島の北側にあるティーヌ浜。このビーチのそばに大きな岩がふたつ並んでいます。これがハートロックと呼ばれている岩です。見る場所によって、ハート型に見えることからそう名付けられました。古宇利島最大のおすすめの観光スポットです。

実は、このハートロック、沖縄ではノッチ岩と呼ばれる岩で、沖縄ではわりとさまざまな場所で観られる岩です。海から突き出した岩が波に浸食され、長い年月を経て逆三角形のような形になりました。古宇利島のこのハートロックも、沖縄にあるノッチ岩のひとつで、それまでは現在のように知られているわけではありませんでした。

嵐のCMにも登場したハートロック

古宇利島のハートロックはCMによって訪問者が激増した

沖縄の古宇利島のこのハートロックは、CMにも起用されたことで有名になりました。そのCMとは、人気グループ嵐のJALの先得のCMです。このCM効果で、年間80万人が古宇利島を訪れるようになったとの情報もあります。CMのようなポーズを取ったり、同じ場所からハート型を見てみたりと、いろんな楽しみ方があります。

ハートロックのおすすめの見方とは?

いろいろな場所から見方を変えるとふたりだけのハートが現れる

沖縄の古宇利島のハートロックは、ただのハートロックではありません。見る場所によって、大きなハートになったり、ハートが重なりあったり、逆ハートロックになったりします。沖縄の古宇利島を訪れたら、ぜひさまざまな場所から角度を変えて見てみましょう。だれも気づかなかった新しいハートロックに出会えるかもしれません。

ハートが重なり合う角度を探してみよう!

ふたつの岩が重なると大きなハート型になる

沖縄の古宇利島のハートロックは、それぞれの岩もハートの形に見えます。とくに、正面に向かって左側から見た方がきれいなハート形になるという情報も。見学する場所には気をつけましょう。

また、ふたつの岩が重なる場所から見ると、とてもきれいなハート形になります。ふたつがひとつになった形が特に美しいというのはとてもロマンチックな話です。カップルで訪れたら、ぜひふたりでひとつに重なるハートが見られる場所を探してみて。

角度によっては逆ハートロックも!

逆ハートロックはどの場所から見たらいいのでしょうか

見る場所によって、さまざまな形に見える沖縄の古宇利島のハートロック。実は、右側のある場所から見ると、逆ハート型になるのだとか。はてさてどの場所から見学すると、逆ハートロックになるのでしょうか。とくにカップルで訪れる方は、ふたりで絶対に見つけてみて。ステキな思い出となるはずです。

沖縄のハートロックはカップルに人気のスポット

カップルが訪れたいスポットとしても人気が高い沖縄の古宇利島のハートロック

沖縄の古宇利島にあるハートロックは、ふたつの岩を重ねると大きなハートになることから、カップルに人気のスポットのひとつでもあります。美しい夕日の後は、夜空にキラキラと輝く満点の星空がふたりの前に現れます。ぜひ大好きな人といっしょに見たい風景です。また、古宇利島に伝わる神話から、ハートロックはパワースポットとしても有名。

沖縄のサンセットとハートロックのロマンチックな景色

カップルの聖地とも呼ばれる古宇利島のハートロック

沖縄の古宇利島を訪れたら、ぜひゆっくりと時間を過ごしたいです。とくにカップルで訪れたら、いろいろな場所からふたりだけのハートロックの形を見つけて、沖に夕日が沈む姿をいっしょに眺めたいもの。オレンジ色に輝く海に、ハートロックがハート型に影を映してくれるロマンチックなひとときをぜひ大切なあの人と。

ハートロックはパワースポットとしても有名!

恋人たちの聖地は恋愛意欲が高まるエネルギーであふれている

沖縄の古宇利島には、アダムとイブの神話によく似た伝説があることから、恋の島や神の島との異名もあります。島内には子宝のパワースポットもがありますが、ハートロックは恋の島を象徴する岩なので、恋愛意欲が高まり、恋愛運が上昇するともいわれています。「次は恋人と一緒に来たい」という思い、伝わるのかもしれません。

沖縄のハートロックから立ち寄りたいおすすめのビーチは?

沖縄の古宇利島は自転車でのんびりと散策したい

沖縄の古宇利島には、ハートロックのあるティーヌ浜のほかにも、立ち寄りたいビーチがいくつかあります。ぞれぞれ特徴があって、遊び方もいろいろありますので、古宇利島を訪れたら、ぜひ足を延ばしてみましょう。レンタサイクルなどでのんびりと散策するのもおすすめです。

古宇利島の入口にある古宇利ビーチ

古宇利大橋をバックに写真をぜひ撮ろう

沖縄本島から古宇利島へ渡ったら、まず最初に現れるのが古宇利ビーチです。遠浅のビーチで、地元の住民たちも泳ぐビーチなので、安心して泳ぐことができます。マリンスポーツのレンタルやパラソルのレンタルをはじめ、シャワー、トイレ、更衣室なども完備され、海水浴を楽しみたい方におすすめのビーチです。

古宇利ビーチは遊泳エリアも広く、サラサラの白い砂浜に透明度の高い海水なので、泳がなくても海辺を散歩するだけでも爽快な気分になれます。橋の下は日陰エリアとなるため、暑すぎるのが苦手な方は橋の下に場所を取るようにしましょう。

ふれあい広場には、食事処やお土産屋などもありますので、食べるにも観光するにも心配ご無用。また、古宇利島のシンボルのひとつである古宇利大橋をバックに撮った写真は、古宇利島旅行の再興の記念になります。

自然のままのトケイビーチ

ほかではなかなか見られない不思議スポット

沖縄の古宇利島の北側、ハートロックのあるティーヌ浜の隣に位置するトケイ浜は、透明度の高い海が広がる美しい天然のビーチです。でも、大きな穴の開いた岩が点在する不思議なスポットとしても有名で、学術的にも貴重な場所なのだとか。

人工的に穴を開けたようにキレイに丸い穴が開いているこの奇岩、ポットホールと呼ばれています。幾年にもわたって、自然によって削られた穴なので、悠久の歴史を感じさせられます。

このポットホール、干潮時に行った方が海の中の奇岩も見られます。穴がキレイに開いた岩もあるので、撮影スポットとしても楽しめますので、ほかではめったに見られない自然の姿、ぜひその目で確かめてみて。

恋の島の伝説発祥の地チグヌ浜

チグヌ浜の海は深いので泳ぐ方は注意して

沖縄の古宇利島の南側、古宇利ビーチから道なりに進んで行き、古宇利港を過ぎたあたりにチグヌ浜はあります。ここには、古宇利島に継承されている伝説のはじまりの洞窟があります。

その伝説とは、その昔、男の子と女の子が天から古宇利島に降ってきて、いつしか浜で生活するようになり、次第に家族を作って子孫を残したというもの。その子孫こそ、現在の琉球人、沖縄の人々のことで、この伝説は、沖縄版アダムとイブとも呼ばれています。

そのふたりが暮らしたとされる洞窟がこのチグヌ浜にあります。潮が満ちているときは歩く場所がなくなりますので、注意が必要。小さな岩場のような洞窟ですが、古宇利島が恋の島や神の島と呼ばれる所以となったパワースポットです。砂浜は小さく、海は深くなっているため、泳ぐ場合は要注意。

Thumb古宇利島のおすすめビーチまとめ!人気のマリンスポーツやレンタル情報も!
古宇利島大橋を渡って着くことができる、沖縄内でも一番綺麗なビーチと言われる古宇利島には、いく...

沖縄の古宇利島で外せないおすすめの観光スポット

ハートロック以外の古宇利島のおすすめ観光スポットとは?

沖縄の古宇利島には、ハートロックのほかにも多くのおすすめの見どころが点在します。はるばる沖縄まで旅行に来たら、焦らずにのんびりと沖縄時間で島内をゆっくり散策したいもの。古宇利島にはおススメのビーチのほか、たくさんの観光スポットがあります。ぜひ好奇心を広げて多くの体験をしてみましょう。

古宇利オーシャンタワーからの展望

幸せの鐘は大切な人といっしょに鳴らしたい

2013年にオープンした古宇利オーシャンタワー。地上80mの展望台からは古宇利島の周りに広がる美しいエメラルドグリーンの海や島のシンボルとも言える古宇利大橋を一望することができるおすすめのスポットです。

展望台まではカートでアクセスします。自動運転の小さなカートでは音声ガイドが完備され、南国の楽園の風景を楽しみながら、歴史や観光スポットを紹介してくれます。また、館内には世界中から集められた貝のシェルミュージアムのほか、ショップ、レストランなどもあり。また、ウェディングやパーティ、さまざまなイベントも開催されます。

営業時間は9時~18時(最終入館17時半)まで。休館日はありません。入館料金は、大人800円、中学生600円、小学生300円。せっかくなのでぜひ古宇利島の眺望とステキなひとときを過ごしてください。

エモンズダイビングで沈没船見学

第二次世界大戦で沈没した船を見学するツアー

エモンズとは、アメリカ海軍の駆逐艦USS EMMONSのこと。この全長106mの軍艦は、第二次世界大戦末期、日本軍の特攻機の攻撃を受け、秘密漏洩を防ぐために米軍の手によって古宇利島沖の水深40mに沈められました。

この水底に沈むエモンズを見学するツアーがこちらのツアー。ダイビング上級者のみ、海洋状況が穏やかな場合のみ開催されるダイビングツアーです。なかなかほかでは体験できないツアーとなっています。

いまだ沈没船として美しい姿のまま古宇利島の沖に眠るエモンズの姿を見学しに、第二次世界大戦で亡くなった方々への哀悼の気持ちとともに、ぜひツアーに参加してみてはいかがでしょうか。

ふたつの御嶽は子宝祈願のパワースポット

この二つの洞窟は神聖な御嶽でもある

古宇利島にあるふたつのパワースポット、西ビジュルにある「ビジュルヌメー御嶽(うたき)」と東ビジュルにある「プトゥキヌメーヌ」。御嶽とは、琉球の信仰における祭祀などを行う施設のことで、沖縄版アダムとイブの伝説が残る古宇利島では、子宝祈願のパワースポットとして知られています。

「ビジュルヌメー御嶽」は、女性の子宮を表しているとされる洞窟があります。この洞窟の中には赤ちゃんを抱いたマリア像を思わせる岩があり、祀られています。また、「プトゥキヌメーヌ御嶽」には、男性器の象徴といわれる突き出た岩が点在します。

このふたつの洞窟、勝手に入るのはNGで、子宝祈願をする場合、古宇利港のそばにある龍乃宮館に問い合わせると、沖縄のスタイルで参拝してもらえるのだとか。案内料と祈祷料は要問合せ。

Thumb古宇利島の観光おすすめスポット集!絶景多数!所要時間やアクセスも!
古宇利島は本島から行ける離島で、人気の観光スポットがたくさんあります。本島からちょっと離れる...

古宇利島までのアクセス方法

バスを使っても移動できるようになった

沖縄本島から古宇利島へ車でアクセスする場合、沖縄自動車道や国道58号線などを使って、屋我地島へ渡り、古宇利大橋へと向かいます。那覇空港から1時間半、名護市街から30分ほどかかります。なお、沖縄自動車道を利用する場合、許田ICで下ります。

公共交通機関を使って古宇利島へアクセスする場合、那覇空港からやんばる急行バスを使って今帰仁城入口バス停で乗り換え、古宇利島へのシャトルバスに連絡して向かうことができます。かつてはレンタカーでしか上陸できなかった古宇利島。バス旅が楽しめるようになりました。バスの時刻などは公式サイトで確認しましょう。

今帰仁城から古宇利島までのシャトルバス、やんばる急行バスで今帰仁城まで来た証明書を乗務員に発行してもらうと、利用日から2日後まで無料で利用することができます。公式サイトで利用方法を確認し、さっそく使ってみましょう。

ハートロックまでのアクセス方法

道中の看板が目印に

古宇利島に着いてからハートロックへアクセスする場合、古宇利島の北側へと向かっていきます。道中、看板がありますので、案内に従って進んでいけば到着します。なお、今帰仁城から古宇利島までのシャトルバスもハートロックで止まりますので、公共バスを利用する方はバスの時間を考えながら計画を立てましょう。

ティーヌ浜の駐車場情報

場所やサービスによって料金がことなる

ティーヌ浜の駐車場、場所やサービスによって100円~300円と料金が分かれています。ティーヌ浜から最も遠い駐車場は渡海原駐車場で100円、足の洗い場はありますが、無人の駐車場です。少し浜のそばへと向かうと、ちゅら駐車場200円。シャワーやトイレなどが完備され、自動販売機などもあります。

駐車場の料金が300円になると、ティーヌ浜までほど近いハートエンジェル駐車場と元祖ハートロック駐車場があります。元祖ハートロック駐車場は、専用道からビーチまで下りることができるほか、食事を摂ることも可能です。

沖縄のハートロックに行ってみよう!

あなただけのハートロックを探しに行こう

沖縄の古宇利島。本島から車で気軽にアクセスでき、美しい海に囲まれた美しい小島です。おすすめのビーチも点在し、これまで経験したことのない旅を実現することができます。恋のパワースポットであるハートロックでは、だれも見つけたことのないあなただけのハートロックを探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
水木まこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ