「福良マルシェ」で淡路島の名産品を堪能!おすすめグルメは海鮮丼とピザ!

福良マルシェは、淡路島の名産を売るショップであり、カフェテリアです。玉ねぎ、海産物やその加工品のおいしくてお安いものが購入できます。また、玉ねぎのせ放題ピザや、セルフ海鮮丼も人気です。今回は、淡路島の名産がつまった福良マルシェを紹介します。

「福良マルシェ」で淡路島の名産品を堪能!おすすめグルメは海鮮丼とピザ!のイメージ

目次

  1. 1「福良マルシェ」ってどんなところ?
  2. 2「福良マルシェ」お土産におすすめの商品が多数
  3. 3名物の海鮮丼とピザは「福良マルシェ」で絶対に外せないおすすめグルメ
  4. 4海鮮丼やピザと合わせてオーダーしたい「福良マルシェ」の淡路島グルメ
  5. 5あはちビストロ しぶれっと
  6. 6「福良マルシェ」にはお土産にしたい淡路島の名産品もたくさん
  7. 7「福良マルシェ」の基本情報・アクセス情報
  8. 8福良マルシェの玉ねぎで作る!オニオンスープレシピ
  9. 9「福良マルシェ」で淡路島の味覚を堪能しよう

「福良マルシェ」ってどんなところ?

福良マルシェは淡路島にあるショップ兼カフェテリアで、白を基調とした、マリンな雰囲気も人気のようです。数多くの名産品などを扱っていて、観光スポットになっています。

比較的大きな建物を想像するかもしれませんが、口コミでは、福良マルシェはかわいくておしゃれなマーケット、カフェだといわれています。

福良マルシェは、白い木造風の建物が、島の雰囲気によく合います。さらに年中無休でいつでも立ち寄れるのが人気の秘密かもしれません。また、人気の名産品をお安く購入できるのも人気の理由です。

淡路島の名産品やグルメが集まる人気の観光グルメ施設

新鮮な食べものを購入でき、淡路島名産の玉ねぎをたっぷり使用したピザやハンバーガーがいただけます。

今回は、淡路島の人気アンテナショップ「福良マルシェ」を紹介します。お店ならではの陳列スタイルで、厳選された地元の名産品が選びやすいです。おすすめのお土産や名産の玉ねぎを使用したピザ、瀬戸内の海鮮丼など、人気の商品情報も参考になれば幸いです。

「福良マルシェ」のコンセプト

「福良マルシェ」は、地産地消ということで場がありますが、地元の名産しか扱っていません。それが、コンセプトになっているようです。

加工品、海産物、農産物など、淡路島の生産者から直送された商品の実で、品質が信頼でき、おすすめです。また、おいしい加工品や総菜も多数扱っているので、料理が苦手という人や野菜には興味がないという人でも気軽に試すことができます。

カフェテリアで提供されている料理はすべて淡路島産の食材

福良マルシェにはカフェテリアもあります。カフェで提供されているのは、すべて淡路島の名産品やそれを材料にして作った加工品です。また、美味しいと思ったら、ショップで購入して帰ることができるので、お土産選びにも事欠かない大人気の場所になっています。ぜひ、立ち寄ってみてください。

「福良マルシェ」お土産におすすめの商品が多数

福良マルシェには、玉ねぎ、キャベツ、レタスなどの野菜や、ドレッシング、たまげぎスープ、「お刺身わかめ」、「芽かぶそうめん」などの加工品、「ゆずポン酢」、「島はちみつ」、海産物の総菜やお刺身など、地元のありとあらゆる食材で作った製品が揃い、ラインナップが豊富です。

名物の海鮮丼とピザは「福良マルシェ」で絶対に外せないおすすめグルメ

名物の海鮮丼とピザを紹介します。海鮮丼、といっても福良マルシェでは海鮮丼というような名前のメニューはなく、白飯をカフェテリアで注文し、別途、ショップでお刺身を購入して自分で海鮮丼にして食べるのがおすすめです。ぜひ、地元の旬の味を味わってみてください。

好きなネタが自分で選べる「セルフ海鮮丼」

また、海鮮丼のネタは、淡路島の名産のあいご、さわら、鯛、たこなどのお刺身があります。そして、さわらのお刺身はすぐに痛むため貴重だという口コミがありました。

さらには、わさび醤油も用意されています。おしぼりやお水はセルフです。その他の「きす南蛮漬け」、「鱧の照り焼き」なども購入して電子レンジで温めて一緒に頂くことができるそうです。作り立てを味わってみてはいかがでしょうか。

淡路島産の玉ねぎが好きなだけトッピングできる「淡路島ピザ」

「淡路島ピザ」を紹介します。ピザに欠かせない玉ねぎですが、淡路島の名産の玉ねぎは今やブランド化して「淡路島玉ねぎ」と呼ばれており、通常の玉ねぎとは別格の扱いになっています。

淡路島ピザは、淡路島の玉ねぎが乗せ放題なのが特徴です。玉ねぎが乗せ放題のピザは大人気です。

また、じゃこも乗せられます。和風にしたい場合、じゃこ、また、カルシウムたっぷりで体にも良いじゃこは玉ねぎとはまた別の魅力があります。新鮮なじゃこは、瀬戸内海の名産品でもあります。一度、賞味してみてはいかがでしょうか。

淡路島の玉ねぎの特徴

その特徴として、まず、糖度の高さがあります。イチゴは甘いといいます。しかし、イチゴよりも甘い玉ねぎがあるのです。

淡路島の玉ねぎのうち、春に収穫される新玉ねぎは透明度が高く、生で食べてもおいしくて甘いです。実際に、イチゴよりも糖度が高いそうです。

ドレッシングなど生の調理に最適です。さらに、春の「新玉ねぎ」以外も糖度は高めです。また、通常、玉ねぎは加熱すると甘くなりますが、淡路島の玉ねぎは基本的に甘いので、煮物など、どんな料理にも合い、玉ねぎが苦手な子どもさんでもおいしくいただけます。

海鮮丼やピザと合わせてオーダーしたい「福良マルシェ」の淡路島グルメ

福良マルシェは淡路島の新タマネギや海鮮の他、様々な野菜があります。淡路市コロッケやオニオンフライ盛り合わせも人気で、おすすめです。

淡路島の玉ねぎは単品でも購入できますが、オニオンフライなど総菜になったものは、地元で味わってみてはいかがでしょうか。

淡路島コロッケ

淡路島コロッケは、外側がカリッとして、また、淡路市内に淡路島コロッケの人気店というものも何点かあります。

その中でも、「ナチュラルカフェ カプチーノ」、「いりしお」、「淡波家(あわなみや)」など、それぞれの店舗で特徴があります。ここで紹介します。

「ナチュラルカフェ カプチーノ」

ナチュラルカフェ カプチーノを紹介します。ナチュラルカフェ カプチーノは、どのメニューもおいしいといいます。

特に、コロッケが3つついたコロッケカレーなどが人気メニューのようです。さっくり、ほくほくのコロッケは大きくて、満足度が高いです。おいしい新鮮サラダやオリジナルの濃厚カレーなどと主に、味わってみてはいかがでしょうか。新鮮さが人気です。

住所 兵庫県洲本市中川原町厚浜浜714-9
電話番号 0799-28-0246

「いりしお」

「いりしお」を紹介します。いりしおは、洲本のデリカッセンとして有名です。特に淡路島コロッケが人気です。しっかりとした噛み応えのあるジューシーなコロッケが楽しめます。

コロッケは、淡路島コロッケ(160円)は、揚げたて、しかも、注文後にパン粉から付け始めるため、そのジューシーさがうり。デミグラスソースがたっぷりとかかった大人気のメンチコロッケです。ます。地時間は5分ほどです。

住所 兵庫県洲本市下加茂1-1-57
電話番号 0799-23-0707

「淡波家」

「淡波家」を紹介します。淡波家は、食事、カフェ、バーがあり、子連れでも安心な座敷付きのお店です。また、ペット連れでテラスで食事もできます。

コロッケは、「ライスコロッケ」(480円)などが人気で、「淡セット」(980円)などセットのものもあります。また、「オニスラ黄身のっけ」(480円)、「本日のソフトクリーム」(400円)、「本日のケーキ」(600円)も人気のようです。

店内の雰囲気には遊び心がある

店内の雰囲気は古民家風です。和室にソファーなどのおしゃれで機能的なあつらえは若い人やおしゃれな人にも人気です。名産を味わいに、ぜひ立ち寄ってみてください。

営業時間は午前11時半から21時半までです。不定休なので、お休みは事前に確認してみてください。アクセス方法は、 北淡ICから徒歩5分ほどです。穴子丼やパスタなどもあります。ぜひ、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

「miere(ミエレ)」

ミエレを紹介します。ミエレは、海の見えるデートスポットとしても人気のようです。淡路島各地からシャトルバスもあります。

淡路牛で作ったバンズを使用したハンバーガーや、島はちみつのバターワッフル、穴子などの海鮮も人気のようです。淡路島玉ねぎがたっぷりのピザ、さらにはしらすが山のように乗ったピザもあります。

住所 兵庫県淡路市野島蟇浦785-9
電話番号 兵庫県淡路市野島蟇浦785-9

あはちビストロ しぶれっと

あはちビストロ しぶれっとを紹介します。こちらは、看板の「しぶれっと」というひらがなが印象的ですが、実はフレンチのお店です。鱧のサラダ、タコのマリネなど、淡路島の名産を使用したコースがあり、人気のようです。

アワビのソテー、オマール貝の焼き物といったものもあります。特におすすめは、淡路牛のヒレステーキ、淡路島玉ねぎのオニオンスープなどです。他では味わえない絶品メニューがあります。場所は、津名一宮IC、伊弉諾神社の近くです。

住所 兵庫県淡路市多賀197
電話番号 080-3774-2025

ダーマルカレー

ダーマルカレーを紹介します。ダーマルカレーは、淡路島コロッケを使用したカレーがいただけるお店です。様々な種類がありますが、炙りソーセージが乗ったものやカツカレーもまた人気のようです。また、お店の雰囲気も、和風モダンなおしゃれな雰囲気です。ぜひ、一度訪れてみてください。

オニオンフライ

淡路島の「オニオンフライ」を紹介します。中が柔らかく甘い淡路島名産の玉ねぎが輪切りにカットされてオニオンフライになり、串差しにしてあります。

名産のオニオンフライは、淡路島ハンバーガーなどにも入っています。厚みが8mmほどありますが、甘みがあり、衣はサクッとした絶品で大人気です。出来立てがおいしいので、ぜひ現地では味わいに行ってみてください。

「福良マルシェ」にはお土産にしたい淡路島の名産品もたくさん

福良マルシェで購入できる淡路島の名産品の中で、お土産におすすめなものを紹介します。淡路島の名産品は、玉ねぎが人気ですが、それ以外にも温暖でお花の多い淡路島ならではの「はちみつ」、また蜂の多さからか、みかんも名産になっています。ぜひ、手に取ってみてはいかがでしょうか。

島はちみつ・小(1,030円)

島はちみつを紹介します。島はちみつ(小150g:1030円、大310g:2,060円)で、トースト、はちみつレモンでいただけます。他のお店よりも割安になっています。

島はちみつは、日本みつばちによる無添加で国産の百花蜜のようです。はちみつは、生ものなので、1歳未満の子どもさんが食べるとお腹を壊すだけではなく、死に至る危険性が高いです。注意してみてください。また、関連製品に、淡路島の牛乳を使用した「淡路島島はちみつカステラ」(380円)もあります。お土産におすすめです。

まんまみかんジュース(1,030円)

まんまみかんジュースを紹介します。まんまみかんジュースは、手書きイラスト風のラベルがかわいい濃厚なミカンジュースで、大人気の商品だということです。

特徴は、1,000リットルに40個のみかんが入っているそうです。保存がきくので、お土産にもおすすめです。淡路島のみかんジュースやみかんの製品としては他にも種類がありますが、1,000リットルの量で値段が1,030円というのはお安いので人気のようです。

黒酢たまねぎドレッシング(650円)

黒酢たまねぎドレッシングを紹介します。黒酢たまねぎドレッシングは福良マルシェの人気商品です。黒酢、淡路島玉ねぎを使用した健康に良いとされているものです。福良マルシェのカフェテリアで淡路島玉ねぎ乗せ放題の淡路島ピザにかけていただいてみてはいかがでしょうか。

おいしい玉ねぎスープ(400円)

「おいし~い玉ねぎスープ」を紹介します。おいしい玉ねぎスープは、お店のおすすめの商品で、400円です。

お味もおいしく、10食入りで400円なので値段もお安く人気です。もちろん、材料には、淡路島産たまねぎ100%を使用しているそうです。

「福良マルシェ」の基本情報・アクセス情報

ここでは、福良マルシェの基本情報・アクセス情報を紹介します。福良マルシェは、淡路島の南、南あわじ市、福良築地の中に位置しています。

また、福良マルシェはうずしおクルーズの乗り場の近くにあります。高速バスの「福良バスターミナル」が最寄り駅です。

基本情報

福良マルシェの店舗情報を紹介します。福良マルシェは、海鮮丼、ピザ、魚介・海鮮料理が主なメニューです。

また、予約できません。さらに、定休日は不定休になります。来店の際は注意してみてください。

営業時間は午前10時から18時、土日祝日は午前9時半から18時までです。席数は20席で、個室はありません。ペット連れできるテラスはあり、バリアフリーになっています。そして、ショップの製品はもちろんテイクアウト可能です。

車でのアクセス方法と駐車場

車の場合のアクセス方法を紹介します。車の場合、福良築地まで国道28号線を南下します。ほぼつきあたりの「福良築地」交差点の信号をさらに海岸まで直進するとほぼつきあたりの左手に福良マルシェがあります。周辺には練り物屋さんやジェラートショップがあります。駐車場は100台分ほど用意されています。

住所 兵庫県南あわじ市福良甲1530-2
電話番号 0799-52-1244

福良マルシェの玉ねぎで作る!オニオンスープレシピ

福良マルシェでは淡路島玉ねぎそのものも購入できます。ここでは、淡路島玉ねぎで作るオニオンスープを紹介します。

まず、淡路島玉ねぎを繊維を断つようにして薄切りにします。さらに、耐熱容器に薄切りの玉ねぎを入れて、5分ほど加熱してしんなりさせます。

さらに、鍋にお湯を沸かし、コンソメと加熱した玉ねぎを入れて煮立てます。淡路島玉ねぎが茶色または飴色になったら塩コショウで調味して完成です。

淡路島玉ねぎは、そのままでも甘みがありますが、通常の玉ねぎと同様、加熱するとさらに甘みが増します。

「福良マルシェ」で淡路島の味覚を堪能しよう

福良マルシェの情報はいかがでしたでしょうか。福良マルシェは、淡路島の味覚をぎゅっと閉じ込めた場所です。食の宝庫、といっても良いかもしれません。また、お値段がお安いのに新鮮なものをいただけます。バーベキューのようにセルフで楽しみながら、絶品を堪能してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
ISMY

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ