赤岳の登山ルート完全ガイド!登山口へのアクセスや難易度もチェック

長野にある日本百名山・赤岳は八ヶ岳の主峰で初心者から上級者まで楽しめる多彩な登山ルートがあります。八ヶ岳の四季折々の自然や赤岳山頂からの眺望が美しいことでも人気です。今回は赤岳でおすすめの登山ルートや登山口へのアクセス、難易度について徹底リサーチしました。

赤岳の登山ルート完全ガイド!登山口へのアクセスや難易度もチェックのイメージ

目次

  1. 1長野登山で人気の「赤岳」に登ろう!
  2. 2長野・八ヶ岳の主峰「赤岳」
  3. 3赤岳登山の難易度は?
  4. 4赤岳日帰り登山におすすめのルート1:美し森~天女山~甲斐大泉駅
  5. 5赤岳日帰り登山におすすめのルート2:美濃戸~行者小屋~文三郎道尾根~赤岳~美濃戸
  6. 6赤岳登山におすすめの中級&上級ルート1:美濃戸~赤岳~横岳~硫黄岳~美濃戸
  7. 7赤岳登山におすすめの中級&上級ルート2:美濃戸~赤岳鉱泉~赤岳〜美濃戸
  8. 8赤岳登山におすすめ!山小屋1:赤岳鉱泉
  9. 9赤岳登山におすすめ!山小屋2:赤岳頂上山荘
  10. 10赤岳登山におすすめ!山小屋3:赤岳展望荘
  11. 11赤岳登山におすすめ!山小屋4:八ヶ岳山荘
  12. 12赤岳登山におすすめ!山小屋5:美濃戸山荘
  13. 13赤岳登山口「美濃戸」への行き方1:車でのアクセス
  14. 14赤岳登山口「美濃戸」への行き方2:電車でのアクセス
  15. 15赤岳登山口「観音平」への行き方1:車でのアクセス
  16. 16赤岳登山口「観音平」への行き方2:高速バスでのアクセス
  17. 17赤岳登山口「観音平」への行き方3:電車でのアクセス
  18. 18赤岳登山口「美し森」への行き方1:車でのアクセス
  19. 19赤岳登山口「美し森」への行き方2:電車でのアクセス
  20. 20赤岳で登山を楽しもう!

長野登山で人気の「赤岳」に登ろう!

長野と山梨にまたがる「赤岳」は雄大な八ヶ岳のなかで最も標高の高い山です。登山経験や体力に合わせて選べるルートが豊富で、赤岳山頂からの望む大パノラマの絶景も人気があります。この記事では赤岳登山の難易度やおすすめのルート、各登山口へのアクセスについて詳しくご紹介していきます。赤岳登山の参考にしてみてください。

Thumb八ヶ岳の日帰り登山コースは初心者にもおすすめ!山荘やロープウェイも紹介!
八ヶ岳は富士山に蹴飛ばされて、八つに割けたと神話がありますが、登山を始めた方からは、憧れのあ...

長野・八ヶ岳の主峰「赤岳」

長野と山梨をまたぐ八ヶ岳連峰のなかで「赤岳」は標高2,899mを誇る最高峰です。勇ましい姿をした「赤岳」は岩肌が赤いことからこの名前で知られています。日本百名山にも選ばれていて、とくに山頂からの景色が素晴らしく登山者に人気の山です。

赤岳山頂からは長野と山梨の雄大な山々を見渡すことができます。近くには権現岳、阿弥陀岳、硫黄岳、蓼科山が見え、その先には長野のアルプスや浅間山、奥秩父まで見渡すことができます。遠くには雲海に浮かぶ富士山も見え、これぞ登山の醍醐味といえるでしょう。

赤岳登山や縦走に利用されるおもな登山口は3つあり、設備の行き届いた宿泊用の山小屋も充実しています。登山口の「美し森」は長野・八ヶ岳の美しい自然を楽しめるエリアで初心者向けの登山ルートがあるので紅葉やつつじの季節には登山者でにぎわいます。

長野県諏訪湖近くにある登山口「美濃戸」はアクセスに便利な場所で、近くに駐車場や山小屋もあり多くの登山者が利用する登山口になっています。登山ルートによって長野側か山梨側の登山口を選べて、日帰りから縦走までさまざまなタイプの登山を楽しめます。

赤岳登山の難易度は?

赤岳へ初めてチャレンジする方にとって登山の難易度は一番気になるところでしょう。長野・八ヶ岳の最高峰である赤岳は一度は登ってみたいと憧れを抱いている登山者も多くいます。日帰り登山も可能なので初心者から上級者まで楽しめるとても魅力的な山です。

赤岳を目指すのにいくつかの登山口があり初心者でもチャレンジしやすい日帰り登山ルートがあります。登山ルートもさまざまなタイプがあるため体力や登山経験、チャレンジしたい難易度などに合わせて自由にルートを選択できるのも赤岳登山の良いところです。

すでに日帰り登山ルートを経験した方なら、次は少しレベルアップして山小屋に1泊して赤岳を目指すのもいいかもしれません。すでに一度は赤岳に登った経験があるので、気持ちに余裕をもってワンランク上の赤岳登山にもチャレンジしやすいことでしょう。

中級から上級者向けの登山ルートにチャレンジするなら硫黄岳と横岳を縦走して最後に赤岳を目指すルートも人気があります。体力に自信があれば日帰りで制覇することも可能です。切り立った大岩のような姿をした赤岳山頂は登りがいのある八ヶ岳の主峰です。

赤岳には各登山口や山頂付近に快適な山小屋があることでも人気があります。日帰りでも楽しめますが、せっかくなら山小屋に泊まって2日以上かけて縦走し登山を満喫するのもおすすめです。上級者には岩場や鎖場が続くきついルートがあります。

初心者であれば無理のない登山計画を立てましょう。登山口の山小屋に前泊して日帰り登山を楽しむこともできますし、山頂付近の山小屋で宿泊することも可能です。季節によっても登山の難易度が変わりますので、入念に計画してからチャレンジしましょう。

赤岳日帰り登山におすすめのルート1:美し森~天女山~甲斐大泉駅

赤岳で初心者に人気の日帰りルートは八ヶ岳の麓にある美し森からのハイキングコースです。標高1,542mの美し森へは車でアクセスでき駐車場もあるので便利です。赤岳には登りませんが八ヶ岳の自然の中を散策しながら赤岳を望める人気のコースです。

美し森を出発して羽衣池~川俣川峡谷~八ヶ岳牧場~八ヶ岳展望所を目指します。八ヶ岳展望台は人気の絶景ポイントになっているので昼食や休憩するのにぴったりです。八ヶ岳展望台の次は天女山を目指しましょう。

天女山は赤岳や権現岳を一望できる絶景ポイントです。八ヶ岳や赤岳の景色を満喫したらゴール地点の甲斐大泉駅へ向かいましょう。約3時間の日帰りハイキングコースになっています。季節の良いときにぜひ訪れてみてください。

赤岳日帰り登山におすすめのルート2:美濃戸~行者小屋~文三郎道尾根~赤岳~美濃戸

中級者におすすめ赤岳の日帰りルートをご案内します。ただし積雪シーズンは滑りやすくなるので難易度や危険度が上がります。登山口は都心からのアクセスも便利な美濃戸です。

美濃戸から南沢ルートを通って最初の目的地である行者小屋を目指しましょう。林道や岩場を通って行きますが足場が悪く歩きにくい道になっています。途中に沢があったり横岳を望めるポイントもあります。美濃戸から2時間半で行者小屋に到着です。

行者小屋で休憩したら文三郎道尾根へとさらに進んでいきましょう。ここから傾斜のきつい階段が続きます。途中で阿弥陀岳の眺望が見えるポイントがあるので景色も楽しみながら登れます。

稜線沿いをジグザグに道が続き鎖場のある急斜面もありますが、晴れていれば景色も最高です。赤岳山頂まで2時間弱で到着します。赤岳山頂からは南北アルプスや南八ヶ岳、富士山が見渡せます。登山の疲れも吹き飛ぶ絶景が見られるでしょう。

帰りは赤岳山頂から行者小屋を通って美濃戸まで下山します。頂上から登山口までは2時間半のコースになります。

赤岳登山におすすめの中級&上級ルート1:美濃戸~赤岳~横岳~硫黄岳~美濃戸

赤岳の山小屋に泊まって縦走する1泊2日のルートをご紹介します。初日はまず美濃戸を出発し、やまのこ村を通って行者小屋を目指しましょう。樹林帯や沢を見ながら歩けるので暑い夏のシーズンにぴったりです。虫よけや熱中症対策は万全にしておきましょう。

行者小屋で休憩したら次は地蔵ノ頭を目指しましょう。ここからは階段や鎖場が1時間ほど続き急斜面を登っていきます。分岐が見えたら赤岳山頂付近にある赤岳展望荘までもうすぐです。

赤岳展望荘は主稜線上の標高2,722m地点にあるのでロケーション抜群です。ここに1泊すれば赤岳山頂付近からの絶景や美しい夕陽や朝日を眺められます。宿泊部屋は快適でお風呂まであるので登山の疲れを癒せるでしょう。

翌日は赤岳展望荘から40分かけて赤岳登頂を目指します。赤岳を制覇したら地蔵ノ頭分岐まで下山し横岳へ向かいましょう。ジグザグの稜線上には鎖場や急な岩場があってスリリングです。キリッとした表情の赤岳や遠くには富士山など絶景も楽しめます。

赤岳から横岳山頂までは1時間半ほどで到着できます。次なる目的地は硫黄岳への登山ルートは岩場や鎖場がしばらく続きますが、だんだんとゆるやかな道に変わってきます。硫黄岳では珍しい高山植物も見られます。

硫黄岳山荘が見えてきたら山頂まであともう少しです。硫黄岳山頂では巨大な火口跡があり開けた場所なので食事するのにぴったりです。帰りは4時間かけて赤岳鉱泉を通り美濃戸まで下山します。

赤岳登山におすすめの中級&上級ルート2:美濃戸~赤岳鉱泉~赤岳〜美濃戸

人気の赤岳鉱泉に1泊して赤岳登頂を目指す中級~上級者向けの登山ルートをご紹介します。まず美濃戸の登山口から出発して1泊2日の赤岳の旅へ出かけましょう。

初日は美濃戸から入山し宿泊場所である赤岳鉱泉を目指す余裕のあるルートになります。林道のなかを通るゆるやかな登山道で道路も整備されていて歩きやすいです。途中に沢があったり、紅葉シーズンは色づく木々を見ながら散策気分で楽しめます。

美濃戸から赤岳鉱泉までは歩いて3時間くらいのルートになります。初日は余裕のある登山なので早めに宿について翌日の登山に備えるのもいいでしょう。赤岳鉱泉は登山者の間で人気の山小屋です。時間がたっぷりあるので山小屋でのんびりと過ごせます。

翌日は朝に赤岳鉱泉を出発し、40分かけて最初の目的地の行者小屋を目指します。途中に行者小屋手前2,400m地点にある中山乗越展望台からは南八ヶ岳の景色が一望できるので立ち寄ってみてください。

行者小屋でトイレ休憩を済ませたら次は地蔵尾根へと向かいます。急な斜面に作られた鉄階段を登ります。後ろを振り返れば長野の諏訪市が見渡せます。ここから目指す赤岳山頂までさらに傾斜がきつくなってきます。

鉄階段の次はいよいよ地蔵尾根の一番の難所ともいえる鎖場エリアに突入します。晴れた日はきついとはいえ比較的登りやすいですが、特に注意したいのは冬の積雪シーズンや雨で足元が滑りやすいときです。焦らず安全を確認しながら登りましょう。

赤岳山頂に到着したら絶景を見ながら休憩や食事ができます。帰りは岩場を下りながら行者小屋へ戻り、幻想的な雰囲気が広がる南沢ルートを通って美濃戸へ到着です。赤岳山頂から3時間半で下山できるルートになっています。

赤岳登山におすすめ!山小屋1:赤岳鉱泉

1年中営業している「赤岳鉱泉」はとくに冬季の赤岳登山者にとって利用しやすい山小屋です。素泊まりから食事つき宿泊まで選べて個室も用意されています。安く泊まりたい場合はテント泊も可能です。美濃戸口から入山して3時間の地点にあります。

標高2,215m地点にある「赤岳鉱泉」は赤岳を含む八ヶ岳の縦走登山者におすすめの山小屋です。贅沢にステーキを食べられる食事が人気で、冬には巨大な氷が登場しロッククライミングならぬアイスクライミングに挑戦できます。

赤岳登山におすすめ!山小屋2:赤岳頂上山荘

八ヶ岳の主峰・赤岳山頂にある「赤岳頂上山荘」は標高2,899mからの絶景が自慢の山小屋です。視界を妨げられない360度の迫力ある大パノラマを望めます。下界の騒々しさを離れて雲の上から眺める美しい景色は登山者にとって最高のご褒美でしょう。

「赤岳頂上山荘」に泊まれば山小屋からも絶景を楽しめます。アットホームな雰囲気で男女共用のベッドスペースや更衣室は快適に使用できるよう配慮されています。美味しい食事が食べられるのも登山者にとってはうれしいサービスです。

赤岳登山におすすめ!山小屋3:赤岳展望荘

標高2,722mにある「赤岳展望荘」は赤岳山頂に近い山小屋で、周辺からの眺めも最高です。早朝に赤岳山頂で朝日を見たり、八ヶ岳からの美しい夕陽や星空観察も満喫できるロケーションにあります。日帰りだけでは味わえない景色をぜひお楽しみください。

「赤岳展望荘」では山小屋とはいえ清潔なトイレや五右衛門風呂まであるので赤岳山頂付近でも快適に過ごせます。バラエティーに富む品数の食事やお酒も用意されています。ハードな縦走登山者も心身ともに癒される山小屋です。

赤岳登山におすすめ!山小屋4:八ヶ岳山荘

「八ヶ岳山荘」は美濃戸口バス停からすぐの場所にある山小屋で、赤岳への登山口にもなっています。素泊まりから食事つきの宿泊まで数種類の宿泊プランから選べます。一人での宿泊にも対応している山小屋です。

山小屋の宿泊者でなくても利用できる年中無休、24時間対応の仮眠室も完備しており料金は2,000円です。最大50人まで収容できる「八ヶ岳山荘」は最寄り駅からのアクセス抜群の赤岳登山口にある山小屋です。

赤岳登山におすすめ!山小屋5:美濃戸山荘

標高の1,760m地点にある「美濃戸山荘」は赤岳を含む八ヶ岳登山者が多く利用する登山口にある山小屋です。この山小屋の宿泊客は併設されている駐車場を利用できるので、車でアクセスするにも便利な山小屋になっています。

最大100人まで泊まれる山小屋で「美濃戸山荘」周辺では山菜やきのこ採りも楽しめます。水道や電気、トイレなどの設備も整っており、八ヶ岳の美味しい料理も提供され登山者に快適な山小屋です。

赤岳登山口「美濃戸」への行き方1:車でのアクセス

車や電車でのアクセスが便利な「美濃戸」は赤岳だけでなく長野八ヶ岳の登山者に最もよく利用されている登山口です。長野県の諏訪湖に近いJR東日本中央本線の茅野駅からはバスも定期的に運行しています。

「美濃戸」周辺には八ヶ岳山荘や美濃戸高原ロッヂなど山小屋もあるので、登山口近くで宿泊したい登山者にも便利でしょう。山登りには欠かせない登山ルートや山小屋などの現地情報を入手できたり、登山ポストも設置されているので安心です。

体力のいる登山には車で現地まで向かう方も多いでしょう。「美濃戸」登山口は車でのアクセスにとても便利なので「美濃戸」登山口から赤岳を目指すなら車もおすすめです。

車で「美濃戸」登山口へ行く方法をご案内します。まず長野中央自動車道の諏訪南インターチェンジで降りてから425号線を走ります。ひたすら道なりにまっすぐ進むとT字路に出ます。T字路を左折して484号線に入ります。

484号線の三叉路にさしかかったら真ん中の道を進んでください。「美濃戸高原ロッジ」を通り過ぎると赤岳の登山口・美濃戸がある「八ヶ岳山荘」が右手に見えてきます。八ヶ岳山荘には30台分の駐車スペースがあり駐車料金は1日500円です。

八ヶ岳山荘の近くには150台が収容できる駐車場もあって1日500円で停められます。駐車する場合は八ヶ岳山荘のフロントへ申し込みます。各駐車場にはトイレも完備されているので登山前後に利用することもできます。

赤岳登山口「美濃戸」への行き方2:電車でのアクセス

電車でアクセスにも便利な「美濃戸」登山口への行き方をご案内します。最寄り駅はJR東日本中央本線の茅野駅で、長野・諏訪湖近くの上諏訪駅から一つ隣の駅になります。

茅野駅で下車したら登山口まで路線バスを利用すると便利です。茅野駅西口4番乗り場から運行しているアルピコ交通バスに乗って、登山口の最寄りバス停「美濃戸口」で降ります。赤岳への登山口である八ヶ岳山荘が目印なのでわかりやすい場所です。

赤岳登山だけでなく阿弥陀岳や横岳、硫黄岳の登山口になっている美濃戸へはアルピコ交通が運行している美濃戸口線が便利です。茅野駅から美濃戸までは約40分の距離で、運賃は930円になります。バスのほかにタクシーも利用できます。

赤岳登山口「観音平」への行き方1:車でのアクセス

編笠山と権現岳登山の玄関口である「観音平」は八ヶ岳南から赤岳への縦走登山ルート向けの登山口です。登山難易度は高めなので上級者向けの縦走ルートになります。

最寄り駅のJR東日本小淵沢駅から登山口の「観音平」まで運行している路線バスはないため、電車で行く場合は駅からタクシーでのアクセスになります。「観音平」行きの高速バスもあるので車以外の方法で行く場合におすすめです。

「観音平」まで車で行く方法をご案内します。まず長野中央自動車道の小淵沢インターチェンジで降ります。県道11号線(八ヶ岳高原ライン)~県道618号線観音平下久保線を経由して「観音平」登山口へ行きます。

県道618号線観音平下久保線はカーブの多い山道なので運転に気を付けましょう。さらに冬季の11月から4月までは道路が閉鎖されて車でのアクセスができなくなりますのでご注意ください。

観音平の登山口には駐車場スペースが50台分しかないため、とくに週末は登山者の車で満車になってしまいます。観音平までの道路が閉鎖する冬季や登山シーズンで混みあう週末や祝日に赤岳登山を計画している方は気を付けてください。

赤岳登山口「観音平」への行き方2:高速バスでのアクセス

東京都内や名古屋から長野の赤岳登山へ向かうなら直行高速バスが便利でおすすめです。春夏シーズン限定で東京・名古屋~観音平登山口間の登山バス「毎日あるぺん号」が運行しています。

「毎日あるぺん号」は登山日程に合わせて夜行日帰りバスプランやバス往復+山小屋プラン、バス往路+山小屋プランなど数種類の登山プランから自由に選べるので利便性が高いのも特徴です。

赤岳登山口「観音平」への行き方3:電車でのアクセス

最寄りの駅はJR東日本中央本線の小淵沢駅になります。駅から観音平までの路線バスはないのでタクシーでアクセスすることになります。

都心から電車で長野の赤岳登山へ向かう場合にはJR特急スーパーあずさが便利でおすすめです。新宿駅~小渕沢駅間を運行しているので現地までスムーズに行けます。小淵沢から観音平まではタクシーを利用しましょう。

赤岳登山口「美し森」への行き方1:車でのアクセス

山梨の清里にある登山口「美し森」はその名の通り、美しい森が広がる八ヶ岳連峰の尾根にある登山口です。八ヶ岳の東麓から赤岳を目指す初心者向けのルートが人気で、車でのアクセスにもとても便利な場所にあります。

標高1,542m地点にある「美し森」から赤岳山頂までわずか15分で登れるため、登山初心者から楽しめるルートも魅力です。そんな人気の登山口「美し森」への行き方をご案内します。

「美し森」の登山口まで車で行く場合は、長野中央自動車道の長坂インターチェンジで降ります。そこから県道28号線~県道11号線(八ヶ岳高原ライン)を経由して美し森駐車場に到着します。

長坂インターチェンジから美し森の登山口までは車で約20分になります。美し森駐車場は無料で50台まで停められるスペースがあります。駐車場にはトイレも完備されているので登山のときのも安心です。

美し森は標高の高い場所にあるので、晴れている夜には駐車場から星空観察もできます。赤岳に登らなくても天然プラネタリウムを十分楽しめる夜スポットとしても人気があります。

赤岳登山口「美し森」への行き方2:電車でのアクセス

美し森の最寄り駅は山梨のJR小海線清里駅になります。駅からは美し森駐車場行きの清里ピクニックバスを利用するのが便利です。清里駅からバスに乗ってわずか10分で到着できる手軽さも電車での登山者にはうれしいメリットでしょう。

清里の美し森では季節ごとに八ヶ岳麓の広大な自然が見られるのも魅力の一つです。紅葉やつつじの絶景が広がる山の絶景と赤岳山頂から望む八ヶ岳や南アルプス、富士山は最高です。

赤岳で登山を楽しもう!

赤岳の登山ガイドはいかがでしたか?八ヶ岳登山で人気の赤岳は日帰りから縦走までさまざまなルートがあるので初級者から上級者まで登山を楽しめます。登山口や山頂付近には快適な山小屋がいくつもあって前泊や縦走登山にもおすすめです。体力や経験に合わせて赤岳登山にチャレンジしてみてはいかがですか?登頂に成功したあとの絶景は最高です。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
EMMA

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ