「花くじら」は大阪・福島の超人気おでん屋!名店のおすすめメニューを紹介!

大阪の福島にある「花くじら」では、安くて美味しいおでんが食べられます。また、関西の定番おでんとして昔から親しまれてきたくじらを使ったおでんも人気。今回は、梅田から近い福島の「花くじら」のおでんについて紹介して行きましょう。

「花くじら」は大阪・福島の超人気おでん屋!名店のおすすめメニューを紹介!のイメージ

目次

  1. 1大阪・福島にあるおでんの名店「花くじら」を紹介!
  2. 2大阪のおでんについて
  3. 3大阪・福島について
  4. 4福島「花くじら」ってどんなお店?
  5. 5福島「花くじら」のおでんの特徴
  6. 6福島「花くじら」でおすすめの人気メニュー紹介
  7. 7福島「花くじら」おすすめの人気メニュー1:くじら
  8. 8福島「花くじら」おすすめの人気メニュー2:葉もの
  9. 9福島「花くじら」おすすめの人気メニュー3:ねぎ袋
  10. 10福島「花くじら」おすすめの人気メニュー4:生麩
  11. 11福島「花くじら」おすすめの人気メニュー5:大根
  12. 12福島「花くじら」のドリンクメニュー
  13. 13福島「花くじら」ではおでんの持ち帰りが可能
  14. 14福島「花くじら」本店の店舗情報・アクセス情報
  15. 15福島「花くじら」歩店について
  16. 16福島「花くじら」で美味しいおでんを食べよう

大阪・福島にあるおでんの名店「花くじら」を紹介!

グルメの街で知られる大阪。そんな大阪で高い人気を誇るおでん屋があります。大阪の福島にお店を構える「花くじら」は、開店と同時に長蛇の行列ができるほどの人気店。ミシュランガイドでビブグルマンを獲得しています。それでは、「花くじら」の魅力や名店の人気メニューを詳しく見て行きましょう。

大阪のおでんについて

おでんは、かつて大阪で「関東煮」(かんとだき)と呼ばれていました。現在でも大阪には「関東煮」の言葉は残っていますが、関東と同じようにおでんと呼ぶのが一般的になっています。

出汁文化の大阪では、おでんの美味しさの決めてはやはり出汁の味。人気のおでん屋は、出汁が美味しいお店が多いです。また、関東にはないおでんの具材もあり、大阪ならではのおでんが楽しめます。

大阪・福島について

大阪の福島は、梅田に隣接しています。電車も通っているため、梅田からのアクセスが便利です。鉄道沿いにはビルやお店等が並んでいます。少し外れの方に行くと、大阪下町の風景が広がります。

梅田に近く、鉄道の駅もあるため、福島にはたくさんのショップやレストラン、カフェ等が営業しています。今らしいお洒落なカフェやリーズナブルな老舗店まで、多彩な店が点在しています。

福島・梅田周辺のおすすめ観光スポット1

福島・梅田周辺観光でおすすめなのが、「梅田スカイビル」(空中庭園展望台)。JR「大阪駅」や地下鉄御堂筋線・阪急「梅田駅」から徒歩10分ほどの場所に位置。梅田のランドマークとして親しまれています。地下鉄谷町線「東梅田駅」や地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」からもアクセス可能。

「梅田スカイビル」は40階建てのビルで、屋上には空中庭園展望台があります。展望台からは大阪の街並みが一望でき、特に夜景がキレイだと評判。ビルには様々な店舗やレストランが入っています。映画館や美術館もあり、人気の商業施設です。また、ビルの南側には「中自然の森」・北側には「花野」があり、自然に触れながら散策が楽しめます。

住所 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88
電話番号 06-6440-3855

福島・梅田周辺のおすすめ観光スポット2

「HEP FIVE観覧車」は、福島・梅田周辺の人気観光スポットです。複合商業施設「HEP FIVE」にある観覧車。阪急「梅田駅」より徒歩約3分、JR「大阪駅」御堂筋口より徒歩約4分ほどのアクセスです。

観覧車の乗り場は7階にあります。観覧車からは大阪の街並みが一望でき、天候によっては明石海峡の方まで見えます。夜は大阪の夜景が目の前に広がります。ゴンドラは4人乗り。冷暖房が完備されているので、一年を通し快適に利用できます。

住所 大阪府大阪市北区角田町5-15
電話番号 06-6366-3634

Thumb大阪福島でランチがおすすめのお店まとめ!おしゃれでおいしい人気店紹介!
大阪の福島は大阪駅から一駅の梅田からもアクセスしやすい好立地なスポットです。そんな福島にはラ...

福島「花くじら」ってどんなお店?

大阪ではおでんが楽しめるお店がたくさんありますが、中でも人気なのが大阪・福島にある「花くじら」。地元の方に評判のお店ですが、今では多くの観光客も足を運んでいます。大阪らしいおでんがいただける人気店です。「花くじら」はどんなお店なのでしょうか。早速、見て行きましょう。

大阪市の福島で2店舗を展開する行列のできるおでん屋

人気のおでん屋「花くじら」は、大阪の福島で営業しています。福島には、本店と歩店の2店舗があります。本店は古めかしい外観が特徴。

また、歩店は本店からほど近い場所にあります。本店がいっぱいな時は、歩店に歩いて移動できます。本店は8月がお休みですが、歩店は8月でも営業をしています。

特に寒い冬場は、開店と同時にいつも長い行列ができています。行列が苦手な方は、開店少し前に並ぶのがいいでしょう。夏場は冬場よりも比較的入店しやすいですが、人気店ですのでいつも店内はたくさんの人で賑わっています。

本店はミシュランガイドでビブグルマンの認定歴があり

「花くじら」本店は、2018年度版のミシュランガイド「ビブグルマン」を獲得。2019年版のミシュランガイド「ビブグルマン」も獲得しています。「ビブグルマン」は、5000円以下で美味しい料理が楽しめるお店を紹介しています。ミシュランガイド調査員たちのおすすめなお店が掲載されています。

福島「花くじら」のおでんの特徴

「花くじら」のおでんは安くて美味しいという事がわかりました。ミシュランガイド「ビブグルマン」を獲得するほどの実力店では、どのようなおでんが楽しめるのでしょうか。おでんの味の決め手である出汁は、どんなこだわりがあるのでしょうか。早速、詳しく見て行きましょう。

作り方や風味など

「花くじら」では、おでんの仕込みに6時間もの時間を費やしています。出汁は、厳選されたかつお節と昆布でとっています。出汁はシンプルですが、しっかりとした味わい。どのおでんの具材にも合う「花くじら」オリジナルな出汁です。丁寧に時間をかけて作られた絶品おでんを食べにたくさんの人が訪れ、冬場は毎日長い行列ができるほどです。

福島「花くじら」でおすすめの人気メニュー紹介

福島の人気おでん屋「花くじら」には、多彩なおでんメニューが揃っています。普通のおでん屋にはない関西特有なメニューもあります。おでんメニューはリーズナブルな具材が豊富で、安くて美味しいおでんが楽しめます。では早速、おすすめの人気メニューを見て行きましょう。

おでん

「花くじら」のおでんでおすすめなのが、くじらを使ったメニューです。少し昔まで関西のおでんの定番は、くじら肉を使った具材でした。現在では関西でくじらを使ったおでんメニューを提供しているお店は少なくなりました。「花くじら」では、そんな関西の懐かしいくじらのおでんがいただけます。

一品料理

「花くじら」の一品料理でおすすめなのが、くじらの料理。特に「はなくじら」と「くじらベーコン」が人気。「はなくじら」は、さらし鯨の酢味噌かけ。お店の名前にもなっており、お店の人気メニューです。「くじらベーコン」は、鯨の皮を塩漬けしたもの。お酒のつまみにピッタリな一品です。

季節の一品料理

季節の一品料理は、旬の食材を使った一品料理です。春はたけのこの料理が味わえます。夏は鱧。秋は銀杏。冬は海老芋料理とはりはり巻き。はりはり巻きは、水菜の束をくじらの皮で巻いたもの。だし汁でサッと煮込んでいただきます。水菜のほんのりとした苦みとくじらのあっさりとした味わいがよく合います。

福島「花くじら」おすすめの人気メニュー1:くじら

先ほど紹介した通り、「花くじら」で必ず食べたいのがくじらのおでん。昨今ではなかなか手軽に食べられなくなってきたくじらですが、「花くじら」では美味しいおでんの具材として楽しめます。ではどんなくじらを使ったおでんとは一体どのようなものなのでしょうか。早速見て行きましょう。

くじらメニュー1:「ころ」

かつて関西のおでんメニューで定番だったのが、くじらのおでん「ころ」です。「ころ」は、くじらの皮脂肪を鯨油で揚げたもの。揚げて水分が抜けきったくじらの皮脂肪をお店自慢のおでんの出汁で煮込みます。

煮込まれた「ころ」は、ふわふわでプルンプルン。一口噛むと、おでんの出汁が口の中いっぱいに溢れ出します。「ころ」自体の味はたんぱく。おでんの出汁をよく吸った「ころ」は、その食感が魅力です。

くじらメニュー2:「さえずり」

さえずりは、くじらの舌の部分です。噛むと小鳥のさえずりのような音が鳴る事から、このような名前が付けられたという話があります。独特な歯ざわりで、コロと同様に食感が楽しめる一品。現在ではくじらメニューは高級となってきているので、他のおでんメニューよりも高めになりますが、「花くじら」に行ったら味わいたいメニューです。

福島「花くじら」おすすめの人気メニュー2:葉もの

くじらメニュー以外で先ず味わいたいのが、春菊です。おでんの出汁が染みた春菊にはとろろがトッピング。柚子の香りがきいており、春菊のほんのりとした苦みとよく合います。春菊は少し歯ごたえがあり、シャキシャキした食感が楽しめます。

「花くじら」のロールキャベツもおすすめです。ロールキャベツの中にはチーズがたっぷりと入っています。まろやかなチーズがおでんの出汁に溶け出して美味しいと評判です。

福島「花くじら」おすすめの人気メニュー3:ねぎ袋

ねぎ袋は、「花くじら」の人気おでんメニューです。ねぎ好きな方はもちろんの事、多くの方が注文するおでんメニューです。油揚げの袋の中には刻みネギがたっぷり詰め込まれています。刻みネギにはショウガが入っており、シンプルな具材ですがほんのりとショウガのアクセントがきいています。

福島「花くじら」おすすめの人気メニュー4:生麩

2個の生麩が一つの串に刺さっています。お皿に添えられている味噌につけていただきます。生麩は食感が美味しい人気メニューです。おでんの出汁が染み込んだ生麩は、弾力があります。ぷにゅっとした食感が好評です。一口噛むと、お店自慢の出汁が口の中に溢れだします。

福島「花くじら」おすすめの人気メニュー5:大根

おでんに欠かせないのが、大根です。どこのおでん屋でもあり、定番メニューの一つ。よく味が染み込んだ大根は、やわらかくジューシー。その柔らかさは、箸で簡単に大根を割る事ができるほどしっかりと煮込まれています。

柔らかく煮込まれた大根は、七味唐辛子をかけていただきます。安くて美味しい人気メニューです。また、一品メニューの自家製ゆず大根も人気。ゆずの香りがさわやかな大根です。

福島「花くじら」のドリンクメニュー

おでんと一緒に楽しみたいのが、お酒です。「花くじら」のドリンクメニューですが、瓶ビールはキリン一番搾りの中瓶を用意。ノンアルコールビールもあります。日本酒は松竹梅を用意しており、冷酒や熱燗が楽しめます。冬場は熱燗が人気です。

また、女性に人気なスパークリング清酒も用意。ワインや焼酎もあります。どのお酒もおでんとの相性は抜群です。

福島「花くじら」ではおでんの持ち帰りが可能

「花くじら」のおでんは、お持ち帰りができます。行列必須の人気店ですが、並ぶのが苦手な方や時間があまりない時などは、お持ち帰りがおすすめです。行列ができていても、店員の方にお持ち帰りと伝えればすぐに用意してもらえます。

お持ち帰りのおすすめは、「おまかせ」。「おまかせ」は5種類のおでんで500円。もちろん「おまかせ」ではなく、料金は異なりますが好きなおでんの具材もお持ち帰りできます。

福島「花くじら」本店の店舗情報・アクセス情報

福島「花くじら」の本店は古めかしい店舗。昔ながらのおでん屋の雰囲気が楽しめるお店。こじんまりとした店舗ですが、懐かしい雰囲気が好評です。美味しいおでんとレトロな雰囲気を楽しみに、たくさんの人が本店を訪れています。それでは、「花くじら」本店の店舗情報とアクセスを見て行きましょう。

店舗情報

「花くじら」本店の営業時間は、16時30分から23時30分まで。ラストオーダーは22時までとなっています。本店は予約可能ですが、6名から30名まで。お座敷利用の場合のみとなっています。予約は、人数に合わせておでんの鍋を用意。お店では、おでんや一品料理等の希望があれば予約時に承っています。

電車でのアクセス方法

電車でのアクセスですが、「花くじら」本店はJR東西線「新福島駅」から徒歩3分の場所にあります。JR東西線は神戸や尼崎からのアクセスに便利です。

また、JR大阪環状線「福島駅」からは徒歩5分で行ける事ができます。JR大阪環状線「大阪駅」から「福島駅」までは1駅で行けます。

バスでのアクセス方法

「花くじら」本店の最寄りバス停は、「新福島駅」近くに位置する「浄正橋停留所」となります。大阪シティバスのバス停留場です。福島エリアには幾つか大阪シティバスの停留所がありますが、「浄正橋停留所」が本店利用に一番便利なバス停です。お店はJR東西線「新福島駅」から歩いてすぐなので、バスよりも電車利用の方が便利です。

車でのアクセス方法と駐車場

車でのアクセスですが、梅田からは国道2号経由で5分ほどかかります。「花くじら」本店には、駐車場がありません。そのため、車で来店する場合は、お店近隣の有料駐車場を探す必要があります。

一番本店から近い有料駐車場は「Dパーキング福島2丁目第2」で、お店のすぐそばにあります。また、「Dパーキング福島2丁目第1」も近く、駐車場からお店までは徒歩1分ほどかかります。

住所 大阪府大阪市福島区福島2-8-2
電話番号 06-6453-7486

Thumb大阪福島のグルメ人気ベスト13!路地裏などおすすめのお店も紹介!
大阪福島は大阪の中心地である梅田からもアクセスしやすくグルメスポットとしても人気の高いエリア...

福島「花くじら」歩店について

本店のそばにお店を構える「花くじら」歩店。本店のようなレトロなおでん屋の雰囲気はあまりありませんが、「花くじら」自慢のおでんや一品料理が堪能できます。本店から歩いて行ける距離に位置するので、本店が混んでいる時などに歩いて歩店に移動できます。それでは歩店の店舗情報とアクセスを見て行きましょう。

歩店の営業時間は、10時から23時30分まで。ラストオーダーは22時となっています。歩店の1階には、カウンター席とテーブル席を用意。2階にはお座敷があります。本店と同じく予約は6名より可能で、2階のお座敷利用となります。予約は人数に合わせおでんの鍋を用意。好きなおでんも注文が可能なので、予約時に事前に伝えておきましょう。

「花くじら」歩店のアクセスですが、こちらは本店から歩いてすぐの距離にあります。電車でのアクセスは、本店のアクセスと同じです。JR東西線「新福島駅」から徒歩3分で、JR東西線は神戸や尼崎からのアクセスに便利です。JR大阪環状線「福島駅」からは徒歩5分のアクセスです。

住所 大阪府大阪市福島区福島2-7-4
電話番号 06-6452-5547

福島「花くじら」で美味しいおでんを食べよう

以上、大阪のおでんの名店「花くじら」についてお届けしました。大阪でも珍しいくじらを使ったおでんや一品料理が楽しめるお店。おでん屋らしいレトロな雰囲気も好評です。特に気温が下がる冬は、たくさんの人が「花くじら」のおでんを求めてお店にやって来ます。大阪を訪れた際には、「花くじら」で大阪のおでんを堪能してみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
amakana

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ