浅草「亀十」のどら焼きは絶品で大人気!お土産にもおすすめな和菓子の日持ちは?

東京三大どら焼きの1つとして絶大な人気を誇るのが、浅草・雷門のすぐ近くにある「亀十」のどら焼きです。行列必至と言われるどら焼きを購入する方法や、お土産として購入する時に気になる日持ちなど、浅草の老舗和菓子店「亀十」のどら焼きに関する情報をまとめました。

浅草「亀十」のどら焼きは絶品で大人気!お土産にもおすすめな和菓子の日持ちは?のイメージ

目次

  1. 1浅草を代表する和菓子「亀十」のどら焼き
  2. 2浅草「亀十」の絶品どら焼きを食べてみよう
  3. 3浅草「亀十」のどら焼き紹介(食感・風味・値段・日持ち)
  4. 4浅草「亀十」のどら焼きが美味しい理由
  5. 5浅草「亀十」で行列に並ばなくてもどら焼きが買える方法
  6. 6浅草「亀十」でどら焼き以外に買っておきたい和菓子
  7. 7浅草「亀十」の店舗情報・アクセス情報
  8. 8浅草を観光するなら「亀十」のどら焼きを買わなきゃ損

浅草を代表する和菓子「亀十」のどら焼き

日本全国はもとより世界各地から多くの人が観光に訪れる、東京・浅草。ここには東京を代表する老舗が多いのも特徴で、全国的にも名の知れた和菓子店が軒を連ねています。今回は、どら焼きの名店と呼ばれる浅草の「亀十」をご紹介します。浅草に行ったら絶対に買いたいと言われる、亀十のどら焼きとは一体どのような和菓子なのでしょうか?

Thumb浅草の食べ歩きおすすめスポット17選!人気グルメやスイーツも紹介!
東京の観光コースとして人気がある浅草。浅草には、たくさんの美味しいスイーツやグルメのお店があ...

浅草「亀十」の絶品どら焼きを食べてみよう

どら焼きが有名な浅草の「亀十」は、大正時代末期に創業したという老舗和菓子店です。浅草の観光名所である雷門のすぐ近くにあることから、観光客が立ち寄りやすい場所にあり、亀十の和菓子は古くから浅草土産として人気を博しています。

亀十の和菓子の中でも、最も高い人気を誇るのが「どら焼き」です。どら焼きは亀十の和菓子を代表する商品で、連日多くの人がどら焼きを買い求めに長い行列を作ります。

全国のデパートに支店を出す和菓子店も多い中、亀十は支店を一切出さず、この浅草の本店のみで和菓子の製造・販売に励んでおられます。インターネットなどによる地方発送なども行っていないため、浅草に行かないと絶対に食べられないというレア感も、亀十の人気の秘密と言えます。

「亀十」はどら焼きを求めて行列ができる人気の和菓子店

亀十は長い行列が名物とも言えるほど、絶品のどら焼きを求めて連日多くの人が列を作ります。この行列を初めて見る人は誰もが驚いてしまうのですが、亀十のどら焼きは行列に並ばないと買えないもの、行列に並んででも買う価値がある和菓子なのです。

行列は長くてもお店の方の手際が良いので、回転率は早めです。しかし浅草を訪れる観光客が多い土日などは1時間以上の待ち時間がかかることもありますので、亀十を訪れる時には余裕を持ったスケジュール設定をされることをおすすめします。

特に土日などの繁忙日には、開店前から長い行列ができて昼頃にはどら焼きが完売してしまうことも珍しくありません。確実にどら焼きを入手したい方は、早めの時間に訪れることをおすすめします。

浅草「亀十」のどら焼きはお土産にもしたい名物和菓子

亀十のどら焼きは、浅草のお土産としても人気の和菓子です。亀十でどら焼きを購入するためには浅草の本店で行列に並ぶ必要があることに加えて、売り切れてしまったり地方発送をしていなかったりと非常に入手しづらい和菓子であることから、お土産として喜ばれる品なのです。

亀十のどら焼きは、上野の「うさぎや」、東十条の「草月」と共に、東京三大どら焼きと評されています。浅草を拠点とする落語家をはじめとする芸能人からの支持も厚く、お土産にピッタリの逸品です。

お土産として購入する場合には、お店の方に希望を伝えればお土産用の包装にして頂くこともできます。他の方に差し上げる時などは、ぜひご利用ください。

浅草「亀十」のどら焼き紹介(食感・風味・値段・日持ち)

購入するために長い行列ができるという浅草・亀十のどら焼きとは、一体どのような和菓子なのでしょうか?実はこのどら焼き、風味はもちろん値段やサイズ感も従来のどら焼きの常識とは異なり、「どら焼きの革命児」とも呼ばれているのです。ここでは、亀十のどら焼きについて詳しくご紹介します。

亀十のどら焼きは、1個360円です。どら焼きの値段としては高めに感じられますが、直径約10cmという女性の手のひらほどの大きめサイズと、パンケーキのような分厚さ、シフォンケーキを彷彿させるフカフカの食感は、値段相応の満足感を感じられるものとなっています。

亀十のどら焼きには、「黒あん」と「白あん」の2種類があります。好きなテイストを選ぶのはもちろん、両方を購入して食べ比べるのも人気です。

黒あん

亀十のどら焼きは、黒あんに特徴があります。亀十では北海道は十勝産の厳選された小豆をふっくらと柔らかく炊いたものを使用しており、しっかりとした甘さをつけてどら焼きに使われています。この黒あんは亀十特有のもっちりした皮との相性が良く、「どら焼きを食べている」という実感を感じられる濃厚さがあります。

甘さはあるのにしつこくなく、大きめサイズに関わらずペロリと食べられるどら焼きです。亀十のどら焼きを初めて食べるという方は、一般的などら焼きとの違いがわかりやすい、こちらの黒あんをまず食べてみることをおすすめします。

白あん

黒あんが一般的などら焼きですが、亀十のどら焼きは白あんもあるのが特徴です。白あんのどら焼きは珍しいですが、手亡豆で作ったこだわりの白あんは、ふっくらしたどら焼き皮との相性が抜群なのです。亀十の白あんどら焼きは甘さ控えめで、黒あんよりもあっさりした食感です。

亀十の白あんどら焼きのファンだという方も多く、黒あんよりも先に白あんが売り切れてしまうことも多々あるそうです。どら焼きと言えば黒あん、という概念を覆されるような、非常にインパクトの強いどら焼きです。

亀十のどら焼きはどのくらい日持ちする?

亀十のどら焼きは、製造日から3日間日持ちします。1つ1つ手作りで、原材料に防腐剤などを入れていないため、あまり長期間の日持ちはしません。

長期の旅行中に購入する場合や、お土産として他の方に差し上げる場合などは、日持ちする日数を考慮して購入されることをおすすめします。また亀十では、どら焼き以外の和菓子も販売しています。お土産用に購入するなどの事情で日持ちを気にされる場合は、より日持ちする他の和菓子をお土産にするという方法もあります。

浅草「亀十」のどら焼きが美味しい理由

浅草・亀十のどら焼きは、行列に並んででも買いたいほど評判が高く、お土産としても人気があることがわかりました。では、亀十のどら焼きは、なぜそこまで多くの人々に愛されているのでしょうか?続いては、製法や素材などの側面から、亀十のどら焼きの美味しさの秘密に迫ります。

ひとつずつ手作り

亀十のどら焼きは工場での大量生産はしておらず、職人さんがひとつずつ手焼きで作っています。そのため、早々に完売してしまったり、焼き上がりまで時間がかかることがありますが、熟練の菓子匠によって手作りされるどら焼きには、唯一無二の美味しさがあります。

亀十のどら焼きは表面に焼きムラがあったりと、大量生産品のような均一性はありませんが、手作りならではの温かみが感じられる逸品です。

パンケーキのような生地

亀十のどら焼きは、まるでパンケーキほどの厚さがあり、シフォンケーキのようにふわふわの生地が特徴です。

一般的にどら焼きの皮は乾燥しやすくパサパサしがちですが、亀十のどら焼きは柔らかくフカフカに仕上がっています。皮がふっくらとしている分、しっかりとした厚みがあり、大きく口を開けないと食べられないボリューム感も人気の秘密です。

原材料は、小麦粉・砂糖・卵・膨張材のみと非常にシンプルです。焼き上がった状態でも卵の風味を感じられる、素朴などら焼き皮です。保存料や人工甘味料などを使用しておらず、安心して食べられる点も魅力です。

浅草「亀十」で行列に並ばなくてもどら焼きが買える方法

亀十のどら焼きが並んででも買う価値があるとは言うものの、時間の都合などで行列に並んで長時間待つということが難しい方もおられるかと思います。ここでは、なるべく行列に並ばずに亀十のどら焼きを購入できる2種類の方法をご紹介します。これらの方法を上手に活用できれば、待ち時間を大幅に短縮することも可能です。

電話での予約が可能

亀十では、事前に電話でどら焼きの予約をすることができます。ただし、職人さんが1つ1つ手作りしているという商品の特性上、個数や日程はお店側と要相談とのことです。予約を断られてしまうこともあるので、どら焼きの予約をしたい日があれば、まずは予約が可能かどうか浅草の本店に電話で確認されることをおすすめします。

亀十のどら焼きは、なぜ電話予約ができないことがあるのでしょうか?それには、手作りの和菓子作りをしているからこその事情がありました。

亀十のどら焼きは、1つ1つ職人さんの手で作られていることはすでにお伝えしたとおりですが、手作りであるがゆえに1日の生産数は3000個が限界だそうです。そのため、浅草の店頭での販売分と百貨店の催事などに出品する分を差し引くと、予約が受けられる個数に限りが出てしまうのです。

超人気店の亀十では、2~3週間前には予約の枠が埋まってしまうことも多々あるそうです。予約を希望される方は、そのことも考慮した上で、予約ができるかどうかを早めにお店の方にご相談ください。

百貨店の催事を狙う

行列に並ばずにどら焼きを購入できるもう1つの方法は、百貨店の催事を狙うことです。浅草本店以外に支店を持たない亀十ですが、東京都内および近県の百貨店の催事で、臨時出店することがあります。

催事は不定期なので最新情報のチェックが必須ですが、平日の日中など百貨店が空いている時間帯であれば、ほとんど並ばずに購入することも可能です。

ただし、土日など百貨店が混雑する日には、浅草本店以上の大行列になってしまうこともあるそうです。なるべく、百貨店が空いている曜日や時間を狙って行くことをおすすめします。

金曜日の夜は狙い目

土日祝やお正月・ゴールデンウィーク・夏休みなど、浅草に観光客が押し寄せる休日には長い行列ができ、早々に売り切れてしまうことが多々ある亀十のどら焼きですが、逆にお客さんの数が少なく夕方以降でも購入が可能な閑散日も存在します。

浅草を訪れる観光客が少ない平日であれば亀十は比較的空いており、平日の夕方~夜は行列ができにくい時間帯です。特に金曜日は夕方以降に客足が引いてしまい、ほとんど行列に並ばずにどら焼きを購入することも可能です。

浅草近郊でお仕事をされている方や、平日に浅草に行ける方は、金曜日の夕方~夜に亀十に足を延ばしてみることをおすすめします。取り置きはできませんが、どら焼きの在庫があるかどうか事前に電話で確認しておくだけでも、より確実に購入しやすくなります。

浅草「亀十」でどら焼き以外に買っておきたい和菓子

どら焼きが有名な亀十ですが、どら焼き以外にも絶品と言われる和菓子が数多くあります。ここでは、その中でも特に評判の高い「松風」「きんつば」「豆大福」「最中」「うすばかりんとう」をご紹介します。いずれもお土産としても人気が高い商品なので、どら焼きと合わせて買い求めてみてはいかがでしょうか。

松風

どら焼きと共に、亀十で非常に高い人気を誇る和菓子が「松風」です。戦後間もない頃に先代のご主人が考案したという松風は、亀十独自の和菓子として発売以来の長きにわたって人気を集めています。

遠方から買い求めに訪れる方や、著名人のファンも多く、どら焼きと共に亀十を代表する和菓子です。松風は1つ260円、製造日から3日後まで日持ちします。

松風は、黒糖を使って作った蒸しパン風の生地で、北海道産小豆で作った粒あんをロールケーキのようにくるんだ和菓子です。松の木の幹に似た形状が特徴で、どら焼きよりもあんこが少なめです。黒糖の風味がほんのり漂うふわふわ生地の食感は、大人にも子どもにも大人気で、お土産としても喜ばれる品です。

どら焼きで有名な亀十ですが、この松風も非常にファンが多い和菓子です。亀十オリジナルの商品で人気が高く、どら焼きと共に早々に売り切れてしまうことも多々あります。ぜひ、どら焼きと合わせて購入されることをおすすめします。

きんつば

「きんつば」は、大正時代末期にオープンした亀十の創業当時から続く和菓子です。薄皮にあんこがぎっしり詰まった亀十のきんつばは、上品なあんこの風味が特徴です。主役となるあんこが美味しいので途中で飽きることがなく、リピートしたくなるちょうど良いサイズ感も人気です。

時間が経ってきんつばが硬くなってしまった時には、オーブントースターで軽く温めるのがおすすめです。ほんのりと香ばしい薫りが漂い、出来立てのように美味しく頂くことができます。

亀十のきんつばは、甘さが控えめで小さめサイズなので、男性ファンが多いという特徴があります。上品な甘さで、お土産としても喜ばれるおすすめの和菓子です。1つ165円で、製造日から4日の日持ちが可能です。

豆大福

亀十の密かな人気メニューが、「豆大福」です。やや小ぶりなサイズ感ですが、中にはあんこがぎっしりと詰まっています。こしがある餅にくるまれたあんこは甘さ控えめで、あっさりとした食感が特徴です。きんつばと同様に、甘いものが苦手な方にも好評な和菓子です。

豆大福の日持ちは、製造日当日中となっています。当日中は日持ちするとは言っても、購入日の夜など、時間が経つと餅が固くなりやすい傾向があります。日持ちの時間に関わらず、購入後はなるべく早めに食べることをおすすめします。

最中

「最中」も、亀十の創業当時から人気の和菓子のひとつです。砂糖・もち米・あんこだけで作られたシンプルな最中は、亀十こだわりのあんこの味を堪能することができる和菓子です。

亀十の最中は、どら焼きと同様に黒あんと白あんの2種類があります。つやつやに練られた黒あんは硬めの仕上がりで、甘さがありながらもあっさりした印象の食感です。一方の白あんは手亡豆を使用しており、ねっとりとした甘さが感じられる仕上がりとなっています。

お好みのあんを使った最中だけを購入することはもちろん、黒あん・白あんの両方を食べ比べて味の違いを楽しむのもおすすめです。亀十の最中は製造日を含めて6日まで日持ちするので、お土産にも買いやすい和菓子です。値段は、1つ305円です。

うすばかりんとう

亀十の知られざる人気メニューが、「うすばかりんとう」です。通常のかりんとうとは違い、楕円形の薄べったい形状が特徴です。その名の通り薄焼きで、すぐに割れてしまう繊細な和菓子です。ただ甘いだけでなく、ほど良い塩っ気とゴマの風味が効いています。

亀十では、行列に並んでいる時に、お店の方の御厚意で試食としてこのかりんとうが配られることがあり、あまりの美味しさにどら焼きと合わせて購入する方が多い和菓子です。

また、地元・浅草では企業の贈答品としても使われる由緒ある和菓子です。焼き菓子のため長期の日持ちが可能なので、浅草のお土産にも最適です。

どら焼き以外の和菓子は行列に並ばずに購入可能

長い行列が店の前に連なる亀十ですが、実はこの行列はどら焼き購入希望者の行列で、どら焼きを購入しない場合は行列に並ばなくても購入することが可能です。

時間の都合で行列には並べないけれど何か亀十の和菓子を買ってみたいという方は、ぜひ松風などどら焼き以外の和菓子をお買い求めください。

ただし、他の和菓子をメインで購入する場合でもどら焼きを1個でも買うのであれば行列に並ぶルールとなっていますので、ご注意ください。

浅草「亀十」の店舗情報・アクセス情報

最後に、実際に浅草・亀十を訪れる時に役立つ、店舗情報やアクセス方法をご紹介します。浅草の中心地にある亀十は、駅やバス停が周囲に多く、様々なアクセス方法があります。また、都心だからこそ迷いやすい車でのアクセス方法や駐車場情報もご紹介します。ぜひ出発前に確認して、実際のお出かけの参考にしてください。

店舗情報

亀十の営業時間は、10:00~20:30です。日曜日も営業しており、休みは不定休となっています。例年、お正月も営業しているので、初詣帰りに立ち寄れる店としても人気です。

亀十は和菓子の販売を専門としており、店内にはカフェやイートインスペースはありません。購入した和菓子はテイクアウトのみとなりますので、遠方からお越しの方は賞味期限や飲食スペースを考慮してご購入されることをおすすめします。

電車でのアクセス方法

亀十は、東武・都営地下鉄・東京メトロ各線の「浅草駅」から徒歩でアクセスできる場所にあり、電車でのアクセスがおすすめです。

各線浅草駅からの所要時間は、都営浅草線の「浅草駅」A4出口から徒歩3分、東京メトロ銀座線の「浅草駅」2番出口から徒歩1分、東武スカイツリーラインの「浅草駅」から徒歩2分です。いずれの路線からもアクセスしやすいので、ご自身の都合に合うアクセス方法を選んでください。

バスでのアクセス方法

浅草の中心部にある亀十の周辺はバスの運行が多く、バスでのアクセスもおすすめです。出発点によっては電車よりバスの方が便利にアクセスすることもできるので、上手に活用してみてください。

亀十の周辺にはバス停が多く、「浅草駅」または「雷門」と名前の付くバス停であれば、どのバス停からでも亀十にアクセスすることが可能です。最寄りのバス停は「浅草雷門」で、都営バス(上23、東42乙、草24・39・43・63・64系統)または京成バス(新小59、有01系統)が停車します。

上野方面から浅草エリアのアクセスには、台東区循環バス「東西めぐりん」がおすすめです。乗車料金100円で利用でき、亀十へは「雷門前」バス停が最寄りです。

また、東京スカイツリーから浅草へのアクセスには東武バス「スカイツリーシャトル上野・浅草線」が便利です。亀十への最寄り停留所は「浅草雷門」で、東京スカイツリーからの料金は220円です。

車でのアクセス方法と駐車場

亀十がある浅草まで高速道路を利用してアクセスする場合は、首都高速6号線「駒形」「向島」または首都高速1号線「上野」「入谷」が便利です。

多くの観光客が訪れる浅草エリアは、土日祝やイベント開催日には道路や駐車場が非常に混雑する傾向があります。車で浅草までアクセスする場合には、道路の混雑状況も確認されることをおすすめします。

亀十には専用駐車場がなく、周辺のコインパーキングなどの有料駐車場を利用する必要があります。特におすすめの駐車場は、並木通りの地下にある「雷門地下駐車場」です。収容可能台数197台と、浅草エリアの駐車場の中では最も規模が大きく、亀十へもアクセスしやすい場所にあります。料金は最初の30分が200円、以降は15分ごとに100円です。

Thumb浅草・雷門観光完全ガイド!歴史や由来・食べ歩きグルメまで徹底解説!
東京の人気観光スポット・浅草の雷門。浅草・雷門は、大きな大提灯が特徴で、日本のみならず海外の...

浅草を観光するなら「亀十」のどら焼きを買わなきゃ損

いかがでしたか。浅草でしか購入できない亀十の和菓子は、ぜひ浅草観光で食べてみたいスイーツです。特に名物のどら焼きは、一度は食べてみることをおすすめします。大正時代から浅草の名店として地元の方々と世界中の観光客に愛されてきた、浅草を代表する老舗の和菓子を、ぜひご賞味ください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
canariana

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ