「ピパーチキッチン」は沖縄那覇のおしゃれカフェ!地元でも人気のメニュー紹介!

「ピパーチキッチン」は、沖縄県那覇市で池城夫妻が営んでいるカフェです。この記事では、ピパーチキッチンについてや、おすすめのメニュー、店舗情報などをたっぷりご紹介します。ぜひ沖縄県や那覇市へ旅行に行く際の参考にしてみてください。

「ピパーチキッチン」は沖縄那覇のおしゃれカフェ!地元でも人気のメニュー紹介!のイメージ

目次

  1. 1「ピパーチキッチン」ってどういうお店?
  2. 2「ピパーチキッチン」の店舗の特徴
  3. 3 「ピパーチキッチン」でおすすめのメニュー・定食系
  4. 4「ピパーチキッチン」の定食以外のおすすめメニュー
  5. 5「ピパーチキッチン」でメインと一緒にドリンクを
  6. 6「ピパーチキッチン」では美味しいデザートも忘れずに
  7. 7「ピパーチキッチン」で沖縄のお土産も!
  8. 8「ピパーチキッチン」の店舗情報・アクセス情報
  9. 9「ピパーチキッチン」で楽しく食事を食べよう

「ピパーチキッチン」ってどういうお店?

「ピパーチキッチン」は、沖縄県那覇市の西町という、少し生活圏から離れたところにあるカフェです。

お店の名前にもなっているピパーチというのは、石垣島(八重島諸島)に自生している、甘いながらもスパイシーな島こしょうのことです。

沖縄の那覇で若い夫婦が営むおしゃれなフードスポット

ピパーチキッチンは、石垣島出身の池城安信さん・マリヤさん夫妻が営んでいらっしゃいます。

オーナーの安信さんは、すごい経歴の持ち主で、アメリカの寿司屋、大阪の韓国惣菜屋で働いたことがあるんだそうです。

優しい家庭的な味わいで行列ができるほどの人気店

沖縄県産の肉や魚、野菜を使っていて、それらをより美味しく味わうことができるように、たくさん工夫しているんだそうです。

優しい家庭的な味わいながらも、家ではなかなか食べることができない味わいにもなっていて、それが人気が出る理由なのかもしれません。

「ピパーチキッチン」の店舗の特徴

まず、ピパーチキッチンの店舗の特徴をご紹介させていただきます。ピパーチキッチンは、テーブル席がメインですが、カウンター席もいくつかあります。

子ども用の椅子もちゃんとあるので、子どもを連れていきたい方も、心配しなくて大丈夫です。

シンプルな店内はカントリー調で快適な居心地

カントリー調でシンプルな店内は、家族や友人と一緒に、自分たちでリノベーションしたんだそうです。

店内だけでなく、プレートやお茶碗なども、オーナーが自ら作って焼いているんだそうです。夫妻の愛がたっぷり詰まったお店になっています。

ご主人の理想はレストランと食堂の間のようなお店

ご主人は「いつでも気兼ねなく行きたくなるお店、レストランと食堂のちょうど間みたいなお店」を目指しているんだそうです。

ピパーチキッチンのホームページにも書いてありますが、そんなお店になるために、心と体が喜ぶごはんを作ろうとされているんです。

「ピパーチキッチン」でおすすめのメニュー・定食系

ここからは、「ピパーチキッチン」のおすすめ定食系メニューをご紹介させていただきます。

定食系メニューは3種類あるのですが、どれを頼んでも、サラダ、スープ、島野菜のおかず4品、大盛り無料の分づきごはんがついてきます。

トマトと焦がしチーズのハンバーグ(930円)

はじめにご紹介するピパーチキッチンのおすすめ人気定食系メニューは、「トマトと焦がしチーズのハンバーグ」です。

老若男女問わず、ピパーチキッチンのメニューの中で一番人気があるメニューになっています。

ハンバーグに使われる調味料は塩とピパーチの2つだけなんですが、トマトソースと適度に焦がしたチーズの相性がぴったりで、ご飯がすすみます。

県産豚肩ロースのステーキ(950円)

二つ目にご紹介するピパーチキッチンのおすすめ人気定食系メニューは、「県産豚肩ロースのステーキ」です。

こちらにかかっているソースは変わることが多いので、どんなソースがかかっているのかワクワクさせてくれます。

「ゴボウとピパーチのクリームソース」や、「琉球山椒とピパーチのソース」、「ピパーチしょうがみそクリームソース」など、様々です。

県産魚のソテー(890円)

次にご紹介するピパーチキッチンのおすすめ人気定食系メニューは、「県産魚のソテー」です。

名前にもある通り、沖縄で捕れた新鮮な魚を使っています。そして、こちらもソースは様々です。

今までには、「ちきなー(からし菜の塩漬け)ソース」や「ゴーヤレモンソース」、「モズク&おろしのソース」などがあったようです。

「ピパーチキッチン」の定食以外のおすすめメニュー

上では定食系のおすすめ人気メニューをご紹介しましたが、ここからはそれ以外のメニューをご紹介します。

メイン、サラダ、スープ、島野菜のおかず4品、ごはん。こんなにがっつり食べる気分ではないときにおすすめです。

汁なし担々麺(870円)

はじめにご紹介する定食以外のおすすめ人気メニューは、「汁なし担々麺」です。サラダとスープがついて、870円です。

担々麺といえば、麻辣という中国山椒が入っていることで有名ですが、ピパーチキッチンの汁なし担々麺には、麻辣の代わりにピパーチが入っています。

マイルドめに作られているので、辛いのが苦手な方でも大丈夫です。辛いのが好きな方は、自家製のラー油を加えてお召し上がりください!

オムライス(800円)

二つ目にご紹介する定食以外のおすすめ人気メニューは、オムライスです。こちらもサラダとスープがついて800円です。ピパーチキッチンのメニューの中では比較的安いメニューです。

友人の小学生の息子さんのリクエストで作ったオムライスらしいのですが、今はピパーチキッチンの人気メニューのひとつになっています。

オムライスといえば子どもや女性に人気があるイメージがありますが、実はオムライスを頼むお客さんの内8割は男性なんだそうです。

ミーギョー飯(870円)

次にご紹介する定食以外のおすすめ人気メニューは、「ミーギョー飯(みーぎょーはん)」です。ミミガーのミーと、ギョーザのギョーを合わせて作られた名前です。

餃子のタネを炒めたもの、ミミガーとキクラゲ炒め、さんぴん茶で漬けた玉子、浅漬けしたキャベツをかき混ぜて、それを鶏からとったスープで炊いたご飯にのせたものです。

そこにピパーチ油と黒酢をかけて食べると、あっさりながらもクセになる味わいになります。870円で、サラダとスープがついてきます。

カレー(870円)

四つ目にご紹介する定食以外のおすすめ人気メニューは、日本人ならみんな大好きな「カレー」です。

オープン当初しかカレーは提供していなかったそうなんですが、たくさんのお客さんのリクエストにより、復活したんだそうです。

カレーの種類は変わることが多く、「牛すじとピパーチのカレー」や、「県産ポークとフレッシュトマトのカレー」など、種類は様々です。

イカライス(850円)

最後にご紹介する定食以外のおすすめ人気メニューは、「イカライス」です。沖縄といえばタコライスですが、イカライスは聞いたことがないんじゃないでしょうか。

イカライスというのは、「タコライスも食べたいけどグリーンカレーも食べたい。」そんなご主人のお兄さんの思いから生まれたメニューなんだそうです。

沖縄県産の鶏むね肉とたっぷりの野菜を使っていて、味はココナッツミルクがふわっと香るグリーンカレー。気になる方はぜひ食べてみてください。

「ピパーチキッチン」でメインと一緒にドリンクを

食事をするときは、食べ物だけじゃなくて、一緒に飲むドリンクも大切です。なので、ここからはピパーチキッチンのおしゃれドリンクメニューをご紹介します。

ここでは、カルピスや炭酸水、沖縄名物のオリオンビールなどは省きます。ちなみ、カルピスと炭酸水は150円、オリオンビールは、ランチビール400円、ノンアルコールビール380円です。

沖縄セラードコーヒー(150円)

はじめにご紹介するピパーチキッチンのおしゃれドリンクは、「沖縄セラードコーヒー」です。150円です。

以前はオーナー夫妻の友人が作った陶器焙煎器で自ら焙煎してコーヒーを出していたらしいのですが、それが壊れてしまいました。

今は、那覇でコーヒー豆の焙煎と卸売を30年以上続けてきた「沖縄セラード」からコーヒー豆を購入して、プロの味を提供しているんです。

ハイビスカスティー(150円)

二つ目にご紹介するピパーチキッチンのおしゃれドリンクは、ハイビスカスティーです。150円です。

沖縄らしいハイビスカスから作られたティーを飲むだけで、沖縄気分を十二分に感じられそうです。

アイス、ホット、両方あるので、春夏秋冬いつでも味わうことができます。ぜひ一度飲んでみてください。

たんかん&ジンジャー

次にご紹介するピパーチキッチンのおしゃれドリンクは、「たんかん&ジンジャー」というものです。

ソーダで割ったものは500円ですが、ランチとセットで頼むと400円と、少しお得になります。

また、ビールで割ったもの、ノンアルコールビールで割ったものは、600円で飲むことができます。

自家製コーラ(500円)

最後にご紹介するピパーチキッチンのおしゃれドリンクは、「自家製コーラ」です。単品だと500円ですが、ランチとセットで頼むと250円で飲むことができます。

レモン、クローブ、カルダモン、バニラ、シナモン、そしてピパーチも忘れずに使っています。

本当にコーラの味がするのかと疑ってしまいますが、ぜひ飲んで自らチェックしてみてください。

「ピパーチキッチン」では美味しいデザートも忘れずに

食事をするとき、欠かせないのはデザートです。いくらメインでお腹がいっぱいになっていても、デザートは別腹です。

ここからは、ピパーチキッチンのおすすめおしゃれデザートメニューをご紹介します。機会があれば、制覇してみてください。

ティラミス(350円)

はじめにご紹介するピパーチキッチンのおすすめおしゃれデザートメニューは、「ティラミス」です。

正式名称は「南大東島のラム酒コルコル香る大人のティラミス」で、ピパーチキッチンで出されているコーヒーとの相性がとても良いです。

黒糖バナナケーキ(350円)

二つ目にご紹介するピパーチキッチンのおすすめおしゃれデザートメニューは、「黒糖バナナケーキ」です。

黒糖バナナケーキの上にはバニラアイスが乗っていて、さらにその上には黒糖がさらにかかっています。沖縄の黒糖づくしになっています。

本日のチーズケーキ(350円)

次にご紹介するピパーチキッチンのおすすめおしゃれデザートメニューは、「本日のチーズケーキ」です。毎日チーズケーキの種類が変わるので、お店に行くのがワクワクします。

紅芋とチョコのチーズケーキや、ドラゴンフルーツとヨーグルトのベイクドチーズケーキなど、様々な種類があります。

豆乳ジンジャーチャイプリン(290円)

最後にご紹介するピパーチキッチンのおすすめおしゃれデザートメニューは、「豆乳ジンジャーチャイプリン」です。

豆乳プリンの中に、沖縄県産のしょうがの角切りが入っていて、食感を楽しむことができます。

「ピパーチキッチン」で沖縄のお土産も!

お土産を買うのも、旅行に行ったときの醍醐味のひとつです。でも、ちんすこうや紅芋タルトなど、いつも同じになっていませんか?

ピパーチキッチンなら、那覇の他のところでは買うことができない、ユニークなお土産を買うことができます。

赤い実のピパーチ

テーブルの上にも置いてあるピパーチキッチンオリジナルの「赤い実のピパーチ」は、850円で買うことができます。

石垣島で農薬を使わずに栽培されたピパーチを、実が赤くなるまで待ち、完熟した実を手で摘んだあと、乾燥させて粉にするんだそうです。とても手間がかかっています。

ピパーチは沖縄在来の香辛料で、沖縄以外ではあまり見ることがないので、沖縄土産にもとてもおすすめです。

沖縄産黒毛和牛のアンダンスー

二つ目にご紹介するのは、赤い実のピパーチシリーズの、「沖縄産黒毛和牛のアンダンスー」です。

アンダンスーというのは油(アンダ)と味噌(ミスー)のことで、沖縄県民にとても愛されている常備菜なんだそうです。

豚肉で作るのが一般的らしいですが、ピパーチキッチンのアンダンスーは、代わりに沖縄県産の黒毛和牛で作っています。

オリジナルソーセージ

最後にご紹介するのは、ピパーチキッチンの「オリジナルソーセージ」です。お店でも食べることはできますが、テイクアウト用は3本で860円です。

普通のソーセージと違うところは、やっぱりピパーチが使われているところです。赤い実のピパーチと、ピパーチの葉が練りこまれています。

また、塩分と脂身も控えめになっているので、それらが気になる方に特におすすめです。控えめになっていることで、お肉の味もしっかりと感じられます。

「ピパーチキッチン」の店舗情報・アクセス情報

最後に、ピパーチキッチンの店舗情報と、モノレール・車でのアクセス方法をご紹介させていただきます。

これらは2019年3月22日現在のもので、変更する可能性があるので、ピパーチキッチンに行かれる前に必ずチェックしてください。

店舗情報

ピパーチキッチンのランチの営業時間は午前10時30分から午後3時30分までで、ディナーの営業時間は午後5時30分から午後9時までです。

ラストオーダーは、ランチ、ディナー、それぞれ閉店の30分前までです。定休日は毎週金曜日です。

その他の休みは、フェイスブックや公式ホームページなどを行く前にチェックしてください。

モノレールでのアクセス方法

沖縄都市モノレール「ゆいレール」を利用する場合は、旭橋駅で降りてください。そこから歩いて10分ほどでピパーチキッチンに到着です。

ちなみに、那覇空港の最寄り駅である那覇空港から旭橋駅までは、11分ほどで行くことができます。運賃は大人260円、こども130円です。

車でのアクセス方法と駐車場

もちろん、車でピパーチキッチンへアクセスすることも可能です。那覇空港からは10分ほどで行くことができます。那覇ショッピングセンターの裏にあるので、そちらを目印にしてください。

駐車場は、お店の隣に4階建ての立体駐車場があります。大きい車で来られる場合は、比較的空いている4階がおすすめです。エレベーターもあるので、心配は要りません。

そして、パーキングチケットをお店に持っていくと、90分の無料チケットと交換してくれます。1組1台までで、2台目からは100円なので注意してください。

「ピパーチキッチン」で楽しく食事を食べよう

ここまで、ピパーチキッチンについてや、おすすめの定食系メニュー、それ以外のメニュー、ドリンクメニュー、デザートメニュー、店舗情報などをご紹介しました。

那覇に行かれる予定がある方は、ぜひ「ピパーチキッチン」に一度足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Anne

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ