兼六園の桜の見頃時期はいつ?花見ライトアップの期間や無料開放も調査!

石川県の金沢にある兼六園といえば、今では日本国内はもちろん海外からの観光客も多く訪れる日本の名園として知られています。特に桜の季節には無料開放もあり多くの方が訪れます。その金沢にある兼六園の人気の桜について、見頃の時期やおすすめのなどご紹介します。

兼六園の桜の見頃時期はいつ?花見ライトアップの期間や無料開放も調査!のイメージ

目次

  1. 1金沢の兼六園の桜をご紹介
  2. 2兼六園の桜は観光客にも人気
  3. 3兼六園の桜の見頃は?
  4. 4兼六園観桜の見どころ
  5. 5兼六園菊桜など珍しい品種
  6. 6夜間ライトアップの期間は?
  7. 7兼六園の無料時間がおすすめ
  8. 8兼六園へのアクセス
  9. 9兼六園の美しい桜を見に行こう

金沢の兼六園の桜をご紹介

石川県の金沢にある兼六園は日本の3大名園としても知られる美しい庭園として知られています。その兼六園は普段でも多くの方が訪れる金沢でも人気の観光スポットですが、桜の時期は特に人気があり、多くの方が兼六園の桜の景色を見るために訪れます。その金沢の兼六園の桜についてご紹介します。

兼六園の桜は観光客にも人気

金沢にある兼六園は日本の三大名園として大変有名です。季節によって様々な美しさを見せてくれ日々沢山の観光客が兼六園を訪れます。なかでも桜の時期は特に多くの方が訪れ、最近では海外からの観光客も訪れ人気があります。

桜の時期になると、無料開放もあるうえに、ライトアップもすごく人気があり、いつも以上に多くの観光客が桜が見頃の時になると訪れます。とくに兼六園では、他の場所ではなかなか見れない桜も見ることが出来るため、その桜を見るために兼六園に足を運ぶ方もいます。

満開の時や散り際など、池に花びらが落ちる様子、そして兼六園の園外の桜並木も人気があります。兼六園では桜のおすすめのスポットも多くあり、そして桜の種類も沢山あるので、一本一本楽しむのもおすすめで毎年多くの方が桜の時期には訪れます。

日本三名園の一つ「兼六園」

金沢の観光名所としても人気のある兼六園は、日本を代表する名園のひとつで、3大名園として、知られています。桜は園内には約420本あり、それ以外にも色々な木もあります。桜だけではなく、園内に架かる橋や、石川門、真弓坂、池なども美しく、季節によってそれぞれの美しさがあります。

もともと兼六園は前田家の庭であり、観光客用に作った庭ではないので、板橋などシンプルな橋もあり、意外とシンプルな場所ほど海外からの観光客に人気があったりします。そして四季で違う印象を受ける美しい姿は、いつ行っても沢山の方を魅了しています。

兼六園の満開の桜

その金沢の兼六園では、桜の時期は特に多くの方が、その美しい名園の桜を見に訪れます。兼六園の桜は1種類だけでなく沢山あるので、1種類の桜が仮に満開であったとしても別の桜はこれからということが多く、桜の時期にある無料開放の期間はいつ行っても見頃の桜を見れます。

ライトアップの時は池に映る桜の姿も大変美しく、園内で見る桜はもちろん、園外から見る桜も大変綺麗で、金沢城と石川門、そして桜のコラボした景色もおすすめで、眺望台から見る景色も大変素晴らしいです。

兼六園では特に貴重な桜も多くあり、特に兼六園菊桜という桜は、もともとは原木が日本に1本しかなく、天然記念物だった木の2代目として知られ、凄く貴重な桜で、兼六園の桜の時期になるとこの菊桜だけを目的に来る人も多くいます。

兼六園の桜の見頃は?

その金沢市にある兼六園の有名な桜の見頃の時期ですが、平均的な見頃と言われるのは4月の中旬なのですが、こればかりは、その年の気候によって毎年変わるため、見頃はこの日と言うのは結構難しいです。

仮に開花宣言があったとしても、それから数日後に満開になりますが、他にも種類があるので、基本的には結構長期間桜を楽しむことが出来ます。そして桜の見頃はソメイヨシノから始まり、最後は兼六園菊桜が兼六園の桜の見頃の最後となります。

ちょうど見頃になる時に兼六園は無料開放され、基本的には1週間ですが、その時期はいつ行っても美しい桜の景色を楽しむことができます。そしてその時はライトアップもあるので、夜の美しい桜も見ることができます。

4月上旬~4月中旬が見頃の時期

その兼六園の桜ですが、2019年の開花予想では気象協会では3月30日で、金沢地方気象協会は4月1日に開花を予想しています。そして満開の予想は4月5日で桜吹雪となるのは10日と予想されています。

桜の開花予想はなかなか難しいのですが、兼六園の開花が発表されてから5日くらいすると兼六園の無料開放が始まり、無料開放があるとそこから7日間が兼六園の桜の見頃といえます。なので、兼六園の桜を見に行かれる方はその開花宣言がいつかチェックしておくと計画も立てやすいです。

そして、兼六園ではライブ映像がウェブ上で見ることが出来ますので、その映像をチェックして計画を立てるというのもおすすめです。2019年は今のところ4月5日から1週間くらいが見頃のようです。

兼六園で見られる桜の品種

金沢にある兼六園で見れる桜は一番多い約200本あるのがソメイヨシノで、次に多い約80本あるヒガンザクラ、そしてサトザクラにヤマザクラがあります。その他に珍しい品種として兼六園の名前もついている兼六園菊桜、兼六園熊谷桜や旭桜、福桜、楊貴妃などあり、全部で約420本の桜が兼六園にはあります。

兼六園の桜は本数が少ないものもあり、全部で40種類くらい桜の種類があります。どの品種も同時に咲くわけではないので、無料開放となる桜の見頃の時期ではいつ行っても満開の見頃の桜を見ることができます。

そして、兼六園では桜以外の木ももちろんあり、兼六園の中がすべて桜一色になるわけではなく、それぞれ桜のスポットがあり、桜の見頃となる時は、どの場所も沢山の方が桜を見るために訪れています。

兼六園観桜の見どころ

金沢市の兼六園の桜はどの場所もすごく綺麗で、夜にはライトアップもされますし、昼間とは違う美しさを見せてくれます。その兼六園の園内や、園外では特に人気のスポットもあり、多くの方がカメラを向け桜の写真を撮ったり、花見を楽しんでいます。

この時期は兼六園だけでなく、兼六園周辺も美しい桜並木を見ることができるので、恋人同士で訪れてもゆっくり近辺の道を歩きながら桜を楽しむことができ、場所によっては休憩をしながら桜の景色を眺めることもできます。

兼六園の中では、その桜のスポットとして、見どころも約10箇所くらいあり、それぞれ違う桜を見ることができますし、他ではあまり見ることが出来ない馬頭雨らしい品種の桜も見れるので、ゆっくり歩きながら、桜の花を見て、どの品種なのか確認しながら見てまわるのもおすすめです。

真弓坂の桜

兼六園の中にある真弓坂は21世紀美術館の方から兼六園に向かうとある入口から兼六園のちょうど中心に向かってのびる道で、坂になっているのですが、その坂を真弓坂と言います。

この真弓坂には、多くの桜の木が植えられていて、大変美しい道で、桜の見頃である無料開放の時には、沢山の屋台もでていて、賑やかで、桜まつりのような雰囲気で歩くだけでも楽しいです。

屋台で食べ物を買い、食べながら桜を眺めたりするのも、この桜の時期ならではで、多くの方が桜を楽しみながら、屋台をのぞいたりして真弓坂を進み、兼六園の中心部分へと歩きます。

江戸町通りの桜並木

兼六園の外には、茶店通りと蓮池門通り江戸町通りなどあり、桜の見頃である無料開放の時期は特に道の両側に兼六園に行くまでの道標となり、沢山のぼんぼりが並んでいます。このぼんぼりは桜と大変合っていて、花見の気持ちをさらにアップさせてくれます。

この江戸町通りの桜並木にも、もちろんぼんぼりがズラッと並んでいて、桜並木とぼんぼりの道で記念撮影する方も多くいます。そして、ちょうど前にあるお掘り通りの反対にある道にも桜並木はあり、その場所もすごく綺麗な眺めでおすすめです。

兼六円の中をゆっくり歩きながら桜と庭の美しい風景を楽しむのももちろんおすすめですが、兼六園の外にある桜並木や通りも大変すばらしく、桜の美しさやぼんぼりなど、通りの雰囲気もあり、花見気分が盛り上がり大変おすすめです。

石川門の桜

そして兼六園の桜のなかでも一番の人気撮影スポットでもあり、石川県でも特に人気のある石川門の桜は、見頃の時期は本当に多くの方がその桜と石川門の姿を見に訪れます。特に石川橋からの眺めはおすすめです。

石川門は金沢城の門であり重要文化財としても知られ、石川門の前にある石川橋からは石川門の石垣と金沢城のまっ白な姿、そしてそこに見頃となる美しい桜の姿と、多くの方を魅了する景色があります。この石川橋は兼六園でも桜の時期は特に多くの方がカメラを向けるスポットで大変人気があり、訪れる際にはぜひこの景色を楽しんでください。

そして、昼だけでなく夜のライトアップのときは、昼間とは違った、別の魅力を見せてくれます。昼は昼で美しいですが、夜のライトアップされた姿は、ひときわ、桜も美しく、石川門の姿や、金沢城の姿もはっきりと美しく浮かび上がりおすすめです。

他にもある兼六園の桜の見どころ

兼六園では、人気のある撮影スポットは結構あり、案内にもおすすめの場所が表記されていたりするのですが、意外と海外からの観光客の方しかいないスポットもありします。

日本の観光客が集まる場所以外の場所で記念撮影してる海外の方などは大変シンプルな場所であっても、美しい角度などを見つけたりしているので、兼六園に行かれた時は、園内に海外の方が多くいる場所などもチェックしてみると意外と美しく素晴らしい景色の場合も多くあるのでおすすめです。

そして兼六園の外の通りや石川門の周辺なども、意外と気づかず、素通りしてしまっていて、美しい桜の姿を見逃してる場合もありますので、自分だけのお気に入りのスポットを探しながら歩くのもおすすめです。結構知られていない見どころというのは沢山あるので、ゆっくりと兼六園の桜を楽しみながら探してみてください。

Thumb「金沢21世紀美術館」は石川の人気スポット!料金の割引方法や無料エリアは?
金沢21世紀美術館は金沢を訪れたらぜひ足を運びたい人気の美術館です。いくつものアートゾーンに...

兼六園菊桜など珍しい品種

兼六園の桜の景色は大変素晴らしく多くの方が、見頃となる時期には訪れ、多くの方を魅了します。兼六園には約420本という多くの桜があるのですが、本数は少ないですが、貴重な桜も兼六園にはあり、桜の時期はその貴重な桜だけを目的に兼六園に訪れる方もかなり多くいます。

とくに兼六園菊桜は、日本で1本しかなかった天然記念物となっていた菊桜の二代目であり、現在、他の場所で見ることができる兼六園菊桜はすべて、この兼六園にある菊桜が原木です。この桜は、ひとつの花の花びらがなんと300枚以上という品種の桜で、満開の時にはすごく豪華な見応えある花をみることが出来ます。

兼六園熊谷桜や楊貴妃などもおすすめ

兼六園菊桜以外にも珍しい桜があり、熊谷桜は菊桜とともに銘木として知られ、樹齢が300年の熊谷桜があります。他にも、その咲いた姿が美しことで知られる楊貴妃という品種の桜や、旭桜、福桜など、兼六園では珍しい桜も多くあり、どれも銘木としてしられ貴重な桜です。

その珍しい桜を同時にみることが出来るというのも兼六園の魅力であり、桜の時期になると、その珍しい品種である兼六園の銘木でる桜だけを目的に訪れる方も多いです。

兼六園では、桜並木や写真撮影で人気のスポットなど、美しい景色もおすすめではありますが、そのような珍しい品種の桜も探してみて、そしてその姿を楽しむというのも兼六園の桜の楽しみ方で、兼六園に桜を見に行くならぜひ見ておいてほしい桜です。

夜間ライトアップの期間は?

金沢市の兼六園の桜の見頃の時期は観桜期間として、無料開放され、その時は同時にライトアップもあり、ライトアップされた夜桜を見にくる方も沢山います。日中とはまた違った桜の美しい景色は見ごたえもあり、大変おすすめです。

とくに、ライトアップの時は金沢城をバックに桜を見ることもできますし、夕方の美しい空と金沢城と桜の姿も楽しめます。このライトアップの時は、兼六園の入園時間も夜9時まで延長されるので、兼六園の桜を見にいくなら夜桜もおすすめです。

もちろんこのライトアップも期間限定で、無料開放されている時だけのもので、石川門の下の方では、そのライトアップされた桜を楽しむために、地元の方など多くの方がブルーシートを敷いて花見を楽しむなど、地元の方だけでなく沢山の方が桜を楽しみます。

兼六園の観桜期のライトアップ期間

その兼六園のライトアップですが、基本的に無料開放される7日間だけとなっています。無料開放は、原則7日間と決まってるそうで、その時にライトアップした桜を楽しむことができます。

そのライトアップは2019年は、今のところまだ正式に発表はされておらず、予定として4月上旬と発表されています。時間は午後6時から午後9時30分までの予定です。ライトアップされた桜の姿は、昼間とまた違った魅力をもち多くの人を魅了します。

兼六園の中の池にもライトアップされた桜の姿が映ったりして、兼六園の中の桜の景色も昼間とは、また違った景色を見ることが出来るので、大変人気があり、多くの観光客や地元の方が、その美しい夜桜を楽しみに訪れます。

観桜期の無料開放期間がおすすめ

兼六園の桜の見頃は、ちょうど無料開放期間ですので、兼六園の桜を見に行くなら、無料開放になっている時に行くのがおすすめです。そしてこの無料開放の期間はライトアップもありますので、兼六園に行くなら、日中と夜と両方を見にいくのもおすすめです。

そして、この無料開放のときは当然ですが、沢山の方が訪れますので、すごく混雑しているのも確かです。なので、週末だと、特にすごい混雑しているというのは十分に予想できますので、混雑している時間を外して兼六園に行くというのもおすすめです。

普段であれば入園料がかかりますが、この無料開放のときは無料ですから余計に多くの方が来ますが、平均して午前11時から午後3時くらいまでは混雑していて、ライトアップは午後7時半くらいまで混雑してるそうです。なので、兼六園の桜の写真を撮るかたなどは、その時間以外に行くのがおすすめです。

兼六園の無料時間がおすすめ

兼六園は普段は入園料がかかります。桜の見頃となる時は無料開放ということで無料で入園でき、もちろんおすすめなのですが、普段から早朝に短い時間ですが、無料で入園できる時間があります。

基本的に入園時間は午前7時から午後6時までで、10月16日から2月いっぱいは午前8時から午後5時までとなっています。ライトアップの時は午前7時から午後9時半まで入園できます。そして無料時間というのが、入園開始時間の15分前で終了する早朝の時間です。

4月1日から8月いっぱいは午前4時から午前6時45分まで、3月いっぱいと、9月1日から10月15日までは午前5時から午前6時45分まで、10月16日から31日までは午前5時から午前7時45分、11月1日から2月いっぱいは午前6時から午前7時45分までの時間が無料時間となっていて無料で入園できます。

無料時間はゆっくりと桜を見れる

この早朝の無料時間は、桜の見頃である時期でも人は数なめなので、その早朝の時間に行けば、ゆっくりと兼六園の桜を楽しむことが出来ます。金沢に観光に行き、まずは夜のライトアップを楽しみ、翌日の早朝に朝焼けの桜を楽しんだりするのもおすすめです。

早朝の静かで、ひんやりした空気の中でみる兼六園の桜も大変美しく、日中とちがい人も少なく大変静かですので、ゆっくりと園内を歩きながら、その美しい庭園と桜の景色を楽しむことができますし、写真を撮る方なら、人の少ない早朝の時間にいくのもおすすめです。

兼六園へのアクセス

桜の見頃の時期は特に多くの観光客などが訪れ人気の兼六園ですが、この時期に遠方から金沢市に来られる方もいるはずです。兼六園へのアクセスは、桜の時期は特に兼六園周辺は混み合うのが十分予想されますので、車で行く方は駐車場の位置も考えると良いです。

比較的、スムーズに兼六園に行くのはバスが金沢駅からでているので、そのバスを利用するのがかなり便利です。アクセスは、結構簡単ですし、金沢市の中心部ですので、道もそれほど難しくもないです。しかし桜の時期は品も渋滞が予想できますので、兼六園に行く場合は時間に余裕を持って行くのをおすすめします。

基本的に車で兼六園に直接アクセスするか金沢駅まで行って、そこからシャトルバスに乗って兼六園にアクセスする方法になります。金沢観光も合わせてするなら、シャトルバスなどを利用したほうが、兼六園へも行きやすいです。

金沢駅からバスでアクセス

金沢駅から兼六園に行くには、まず金沢駅の兼六園口に向かいます。以前は東口と言ってましたが、そこにバスのりばがあり、午前9時半から午後5時50分まで、20分に1本で兼六園シャトルバスがでています。降りるのは5番から9番までのバス停で、8番のバス停で降りるのがおすすめです。料金は大人が200円、子供は100円で、週末などは半額です。

他に城下まち金沢周遊バスがあり、乗り場は7番で、午前8時半から午後6時まで運行し15分ごとにバスがあります。右回りと左回りとあって、右回りのバスに乗るとすぐにつきます。右回りのバスなら8番のバス停で、左なら9番の兼六園下金沢城で降ります。料金は大人200円で子供は100円です。

ライトアップバスというのもあり、7番のりばからあり、午後7時から午後8時50分まで10分ごとにでています。バスは4番で降りてください。料金は大人200円こども100円です。

車でのアクセス

車で直接アクセスする場合は、北陸自動車道を使います。富山の方から来る方は、金沢森本インターチェンジでおりて、山側環状道路を通り、だいたい20分くらいで着くことが出来ます。福井の方から行く方は金沢西インターチェンジで降りて、新神田、野田広小路を通りだいたい30分くらいで着きます。

桜の見頃となる時期は、車道も混雑していて、直接アクセスする場合は、渋滞につかまることも考えられます。駐車場も、兼六園の近くには結構沢山の駐車場があるのですが、桜の時期は満車だったり、車の出入りも大変だったりしますので、ちょっと離れた場所の駐車場を使ったほうが結構らくで、時間的にも早かったりします。

そして車で行かれる場合はござん11時から午後3時の間は特に混雑してることも予想できますので、事前に駐車場の場所もある程度チェックしておくのをおすすめします。

兼六園の美しい桜を見に行こう

金沢市にある兼六園は、日本でもトップ3の名園です。普段でも大変美しい庭園ですが、桜の時期は特にその美しさはすばらしく多くの人々を魅了しています。その美しい景色も当然たのしんでいただきたいですが、兼六園にある珍しい品種の桜も忘れずに見て頂きたいです。日本の名園として有名な兼六園へ、その美しい桜を見に行ってみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ