兼六園へのアクセス方法まとめ!金沢駅からのシャトルバスでの行き方は?

兼六園は金沢を代表する観光スポットです。金沢を訪れた人の多くが観光に行く兼六園へのアクセス方法を紹介します。金沢駅からのシャトルバスでのアクセス方法などを紹介します。金沢を観光で訪れたら、兼六園を外すことはできないでしょう。

兼六園へのアクセス方法まとめ!金沢駅からのシャトルバスでの行き方は?のイメージ

目次

  1. 1 兼六園までのアクセスを紹介!
  2. 2兼六園とは?
  3. 3 金沢駅から兼六園へのアクセス方法
  4. 4 兼六園行きバスの1日フリー乗車券
  5. 5 シャトルバスを使ったアクセス方法
  6. 6 城下まち金沢周遊バスで兼六園へアクセス
  7. 7 まちバスで兼六園へアクセス
  8. 8 路線バスで兼六園へアクセス
  9. 9金沢駅から徒歩でのアクセス方法
  10. 10 車でのアクセス方法
  11. 11 シャトルバスで兼六園へ向かおう!

兼六園までのアクセスを紹介!

兼六園は金沢を代表する観光スポットで、金沢を観光で訪れたならば、一度は足を運んでもらいたいおすすめのスポットです。兼六園へのアクセス方法を知っておき、金沢を訪れた時の行程を作るために役立ててもらえれば幸いです。特に金沢駅からのアクセス方法は、ぜひ知っておいてください。金沢駅は金沢観光の拠点になります。

Thumb金沢の兼六園を観光!日本有数の名園の見どころを徹底ガイド!
金沢にある兼六園は日本を代表する観光名所、日本三名園の一つです。兼六園は金沢観光に欠かせない...

兼六園とは?

兼六園は日本三景の1つで、国の特別名勝に指定されている日本庭園です。兼六園は17世紀中期に、加賀藩が金沢城の外郭に日本庭園を造営したいと考えて造られました。江戸時代を代表する池泉回遊式庭園です。2009年3月に発売されたミシュラン観光ガイドでは、最高の三ツ星に選ばれました。世界で認められた観光スポットです。

兼六園を代表する風景が、冬の雪吊りです。これは、兼六園の樹木を雪の重みで枝が壊れてしまわないように、縄で保持することです。兼六園は冬だけでなく、一年中素晴らしい風景を見せてくれるので、どの時期に訪れてもおすすめです。

兼六園に一度足を運んでもらえれば、その素晴らしい風景を実感してもらえるでしょう。金沢を含めて石川県を代表する観光スポットです。

金沢駅から兼六園へのアクセス方法

金沢駅から兼六園へのアクセス方法を紹介します。金沢駅は、金沢に観光を訪れる人の玄関口です。金沢駅を拠点に、兼六園を訪れる人はたくさんいます。金沢駅から兼六園までは、便利なアクセス方法があります。金沢駅からどのように兼六園にアクセスすれば良いのかを知っておきましょう。金沢観光に役立ててください。

北陸新幹線開通により東京から金沢へのアクセスが簡単に

金沢は北陸新幹線の開通により、東京方面からのアクセスが非常に簡単になりました。北陸新幹線が開通するまでの金沢は、東京方面からの観光客がそれほど多くありませんでした。北陸新幹線が開通すると、羽田空港や成田空港を利用する外国人観光客もアクセスしやすくなります。北陸新幹線開業当初は、ものすごい数の観光客が金沢を訪れました。

北陸新幹線の開業から日が経ちましたが、まだまだ金沢には東京方面からたくさんの観光客が訪れています。北陸新幹線の影響を懸念した、東京方面以外からの観光客の動きも徐々に出てくるようになりました。

これからまだまだ金沢は注目を浴び続けるに違いありません。北陸地方を代表する都市である金沢をさらに多くの人に訪れてもらいたいです。

金沢駅から兼六園へはバスの利用がおすすめ!

金沢駅から兼六園へのアクセス方法は、バスかタクシーになります。タクシーは待ち時間が少なく非常に楽ですが、料金が高くなってしまいます。複数の人数で頭割りできれば、お得になるかもしれませんが、それでもバスよりは高くなってしまいます。金沢駅から兼六園へは、兼六園への路線が充実しているバスの利用をおすすめします。

兼六園行きバスの1日フリー乗車券

兼六園行きバスの1日フリー乗車券を紹介します。1日フリー乗車券とは、その名の通り、1日に何度でもバスに乗り降りすることができる券のことです。1日フリー乗車券の料金を知ってもらい、何回バスに乗れば、元が取れるのかを計算しておくことをおすすめします。それによって、1日フリー乗車券がお得かどうかがわかるはずです。

バスに乗るならフリー乗車券の利用がおすすめ!

バスに乗るならば、フリー乗車券を利用することをおすすめします。フリー乗車券をおすすめする理由は、バスの料金を支払う時に、毎回現金を出さなくても良い点です。バスの料金を支払う場合、基本的におつりが出ないようにしなければいけません。事前に両替が必要な場合があり、それが面倒臭いと感じる人は少なくありません。

フリー乗車券を利用すれば、面倒な現金でのやりとりがなくなるので、非常に気楽です。さらに何度も気軽にバスが利用できるため、ちょっとした移動でもバスが使え、金沢にあるたくさんの観光スポットを楽に巡ることができます。

フリー乗車券を利用して、バスを効果的に使ってください。体力の温存にもつながるため、遅い時間まで観光が楽しめるでしょう。

1日フリー乗車券の販売場所

1日フリー乗車券を販売している場所は、北陸鉄道グループの窓口です。金沢駅東口バスターミナル1番近くの北鉄駅前センター、金沢駅西口バスターミナル4番近くにある待合室内にある西口北鉄グループ案内所です。さらに、金沢駅東口バスターミナル7番近くの交通案内所内にある東口北鉄グループ案内所です。料金は大人500円、子供200円です。

金沢駅以外だと、金劇パシオンビル1階にある片町サービスセンター、めいてつ・エムザ1階黒門小路にある北鉄バスセンター武蔵エムザ店です。営業時間はそれぞれ異なっています。北鉄バス1日フリー乗車券販売所というステッカーが貼ってあるお店でも買えます。

1日フリー乗車券の販売場所を知っておき、兼六園にアクセスする際に有効利用しましょう。金沢市内では、たくさんの場所で販売されています。

どのバスを利用するのが一番いいの?

1日フリー乗車券が利用できるバスは、金沢市中心部の指定エリアを運行している路線バス、城下まち金沢周遊バス、兼六園シャトルに利用できます。金沢市中心部の指定エリアを運行している路線バスに関しては、1日フリー乗車券を購入した時にもらえるパンフレットに詳しく記載されています。金沢市中心部の観光スポットを気軽に巡りましょう。

シャトルバスを使ったアクセス方法

金沢駅から兼六園へのシャトルバスを紹介します。兼六園シャトルといい、金沢駅東口を起点にして、兼六園周辺のエリアへのアクセスが便利になるバスです。兼六園にアクセスするために便利なバスです。ここでは、兼六園シャトルに乗る手順を紹介します。兼六園シャトルへの乗り方を知っておき、手軽に兼六園にアクセスしましょう。

兼六園へのアクセス方法①金沢駅バスターミナルへ

兼六園シャトルに乗るためには、金沢駅東口バスターミナル6番乗り場に行きましょう。6番乗り場から兼六園シャトルと書かれたバスが来ます。とても目立つ表示になっているため、すぐにわかってもらえるでしょう。6番乗り場に、兼六園シャトルと書かれた看板があるため、そこで待ちましょう。時刻については後ほど紹介します。

兼六園へのアクセス方法②桂坂口へ徒歩で移動

金沢駅6番乗り場から兼六園シャトルに乗り、兼六園下・金沢城(石川門向い)バス停で下りましょう。このバス停で下りたら、兼六園の桂坂口入口まで徒歩で移動しましょう。兼六園には7つの入口があり、桂坂口はその1つになります。兼六園シャトルでアクセスしたら、最もおすすめする入口です。バス停から桂坂口入口まで徒歩ですぐです。

バスの料金・利用可能時間帯

兼六園シャトルの料金は平日大人200円、子供100円、土日祝日大人100円、子供50円となっています。金沢駅東口6番乗り場からの始発は9時30分です。その後は9時50分、毎時10分、30分、50分発となっています。終発は17時50分となっています。20分間隔で運行しているため、それほど待ち時間なく、乗車することができるでしょう。

城下まち金沢周遊バスで兼六園へアクセス

城下まち金沢周遊バスは、金沢市内の主要観光スポットを巡っているバスです。右回りルートと左回りルートの2つがあります。金沢駅から兼六園を目指すためには、どのバスに乗ったら良いのか紹介します。そして、金沢駅のどの乗り場から乗車すれば良いのかもあわせて紹介します。兼六園だけでなく、金沢市内観光にはおすすめです。

オレンジ色の右回りのバスに乗る

城下まち金沢周遊バスは、金沢駅東口バスターミナル7番乗り場から乗車します。兼六園まで手早く行くには、オレンジ色の右回りのバスに乗車しましょう。金沢駅を出発して、7つ目の兼六園下・金沢城(石川門向い)バス停で下ります。グリーンの左回りのバスに乗車しても、9つ目の兼六園下・金沢城(白鳥路前)バス停で下りられます。

バスの料金・利用可能時間帯

城下まち金沢周遊バスの料金は1乗車大人200円、子供100円となっています。オレンジの右回りルートの始発は8時38分です。その後8時50分、毎時5分、20分、35分、50分に出発します。終発は18時5分です。グリーンの左回りルートの始発は8時30分です。その後8時45分、毎時00分、15分、30分、45分に出発します。終発は18時です。

まちバスで兼六園へアクセス

まちバスは、金沢駅と金沢のまちなかを結んでいるショッピングライナーです。まちバスが運行しているエリアは、金沢駅東口を出発して、香林坊エリア、片町・堅町エリア、武蔵エリアを結んでいます。兼六園には、金沢21世紀美術館・兼六園(真弓坂口)バス停で下りてください。金沢駅周辺のショッピングにおすすめです。

安価な料金で移動が可能

まちバスは、安価な料金で移動することが可能です。兼六園ライナーや城下まち金沢周遊バスよりも安い料金で兼六園まで行くことができます。料金が安いことが大きなメリットですが、運行本数は兼六園ライナーや城下まち金沢周遊バスとほとんど変わりません。料金が安く、本数も充実しているのが大きなメリットです。

バスの料金・利用可能時間帯

まちバスの乗車料金は大人100円、子供50円となっています。まちバスが運行しているのは、毎週土日祝日です。運行可能時間帯は、金沢駅東口5番乗り場を出発する始発が9時40分発です。その後日中は20分間隔で運行しています。18時以降は30分間隔の運転になり、終発は20時発です。まちバスは1日に30便運行されています。

路線バスで兼六園へアクセス

金沢市内には、たくさんの路線バスが走っています。前述したバスは観光に特化したものであり、観光客の利用をメインに考えています。路線バスは、観光客だけでなく地元客もたくさん利用します。金沢市内のいろいろなところに行く際に便利です。路線バスを利用して兼六園を訪れるのもおすすめです。

早朝の利用の際は路線バスがおすすめ

前述したバスは早朝の運行がないため、早朝に兼六園に行きたい人は、路線バスをおすすめします。早朝に兼六園を訪れても、中に入ることはできませんが、外の雰囲気は味わってもらえます。早朝に兼六園を訪れるメリットは、人が少ない点です。人が少ない中で、兼六園の外を散歩するのもおすすめです。

バスの料金・利用可能時間帯

金沢駅から兼六園に路線バスで行くと料金は200円になります。利用可能時間帯は6時台から22時台です。金沢駅から6時台に路線バスを利用すると、6時台に兼六園に到着できます。6時台の兼六園周辺は気候が良ければ、散歩するために最高の環境といえるでしょう。金沢駅から兼六園に行く路線バスは複数あります。

金沢駅から徒歩でのアクセス方法

金沢駅から兼六園まで約3キロあります。この距離ならば徒歩でもアクセスできると思う人もいるでしょう。金沢駅から兼六園までの道には、素敵なお店がたくさんあり、徒歩ならば気軽に立ち寄れます。気持ち良い気候の日には徒歩もおすすめです。金沢駅から兼六園までを徒歩でまっすぐアクセスした場合、約45分で到着します。

金沢駅から兼六園まで徒歩で行くメリットは、金沢中心部をしっかりと楽しめることです。バスでアクセスすると発見できないことが徒歩ならば、見つけられるかもしれません。徒歩でのアクセスは、足に自信がある人が良いかもしれません。

金沢駅から徒歩で兼六園までアクセスし、普段の運動不足を解消するのも良いでしょう。ただし、無理だけはしないようにしてください。

車でのアクセス方法

兼六園への車でのアクセス方法を紹介します。兼六園への最寄りのインターは3つあります。北陸自動車道の金沢西インター、金沢東インターから約30分、金沢森本インターから約20分となっています。利用しやすいインターを利用すると良いでしょう。金沢市内には地元の人の車がたくさんおり、さらに観光客の車もたくさんいます。

どのインターで下りても、兼六園への青看板がすぐに出てくるので、その看板通りに進みましょう。金沢市内中心部に差し掛かると、たくさんの車で渋滞するかもしれません。渋滞することを考慮して計画を立てることをおすすめします。

高速道路のインターから、それほど離れていないので、車でのアクセスもしやすい位置にあるといえます。渋滞する可能性が高いことを頭に入れておきましょう。

兼六園周辺の無料駐車場

兼六園周辺にある駐車場は、基本的に有料となっています。ただし、早朝や年末年始、桜の時期、金沢百万石まつりの日、お盆、文化の日などは無料で開放することがあります。兼六園周辺にある駐車場は、兼六駐車場と広坂観光バス暫定駐車場があります。その他に民間で運営している駐車場がたくさんあります。

兼六駐車場は24時間営業(バスを除く)しています。普通車が482台・バスが12台まで収容できます。普通車料金は最初の1時間350円、それ以降30分ごとに150円です。バス料金は7時から22時の利用で最初の1時間1980円、それ以降30分ごとに300円です。

広坂観光バス暫定駐車場は、バスのみが20台まで収容できます。7時から21時まで利用でき、料金は兼六駐車場と同じです。

シャトルバスで兼六園へ向かおう!

金沢駅から兼六園へのアクセス方法を紹介しましたが、いろいろな方法があることを知ってもらえれば幸いです。たくさんのバスが兼六園まで運行しているため、金沢駅から兼六園までは非常に行きやすいといえるでしょう。どのバスに乗るのかを決めておくと、当日迷わずに兼六園まで行けるでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ