兼六園のライトアップがきれいすぎる!おすすめの時期や点灯時間は?

金沢の人気観光スポットの一つが国の名勝である「兼六園」です。四季それぞれの見頃の時期にはライトアップもあり、大変きれいなことで知られています。季節を変えて何度も訪れてみることをおすすめします。「兼六園」の夜間ライトアップの情報を中心にをピックアップしました。

兼六園のライトアップがきれいすぎる!おすすめの時期や点灯時間は?のイメージ

目次

  1. 1金沢の兼六園に行こう!
  2. 2兼六園とはどういう観光名所
  3. 3兼六園のライトアップは季節の風物詩・期間と時間をチェック
  4. 4兼六園のライトアップは幻想的な美しさ
  5. 5兼六園の混雑状況
  6. 6兼六園の基本情報・アクセス情報
  7. 7兼六園のライトアップで金沢の夜を満喫しよう

金沢の兼六園に行こう!

金沢の「兼六園」は大変有名な観光スポットの一つであり、いつも多くの人で賑わっています。季節に応じてライトアップイベントも行われ、大変美しいことでも知られています。金沢の「兼六園」について、アクセスや開園時間などの観光情報、ライトアップ情報などをあわせて紹介します。是非金沢に行く時には行ってみてください。

兼六園とはどういう観光名所

「兼六園」は、金沢に行ったら是非一度は行っておきたい観光スポットです。国内はもちろん、海外からも多くの観光客でいつも賑わっています。

春・夏・秋・冬と季節によって見ることができる表情が異なり、自然の雄大さを感じることができ、大変美しくきれいであると評判です。

金沢の江戸情緒を反映する人気の史跡で日本三名園のひとつ

「兼六園」は、岡山市にある「後楽園」、水戸市にある「偕楽園」と共に日本三大名園に数えられています。

金沢の歴史に触れられることはもちろん、日本独自の和の風情をたっぷり感じられる場所として大変人気で、非日常感を感じられる場所です。

加賀藩の繁栄ぶりを伝える兼六園の歴史

「兼六園」は、1676年(延宝4年)に加賀藩の第4代藩主であった前田綱紀が、この場所にあった御作事所を金沢城内に移し、その跡地に自分の別荘である「蓮池御殿(れんちごてん)」を建てたことが始まりであるとされています。

御殿の周囲には庭園が築かれ、当時は「蓮池庭(れんちてい)」と呼ばれて藩主や藩の重役たちが宴などを催す場として利用されていました。

当時の建物や庭は1759年(宝暦9年)に起こった宝暦の大火で焼失してしまいましたが、1774年(安永3年)に第10代藩主であった前田治脩によって再興がはじまり、さらに素晴らしい庭園として整備されていきました。

1822年(文政5年)に第11代藩主であった前田斉広は、敷地内に隠居所として大変大きな「竹沢御殿(たけざわごてん)」を作りました。寛政の改革で知られている松平定信が、その庭園は「宏大」「幽邃」「人力」「蒼古」「水泉」「眺望」の6つの景観を兼ね備えているとして「洛陽名園記」より「兼六園」と名づけられました。

その後、「竹沢御殿」は取り壊されましたが、池や山が作られ、池泉回遊式の庭園として整備されました。

現在では国の名勝に指定され、大変美しい庭園であると人気があり、多くの観光客でいつも賑わうおすすめの観光スポットとして評判です。夜間ライトアップの期間は、より素晴らしい姿を見ることができるとさらに賑わいます。

兼六園のライトアップは季節の風物詩・期間と時間をチェック

「兼六園」では移りゆく季節に合わせて夜間ライトアップが行われています。季節の風物詩として人気で、たくさんの人が見学に訪れます。

「兼六園」で人気の夜間ライトアップが行われる時期や時間などは、年や自然の状況などによって変動することがあるので、見学に行こうと考えている場合は、事前に調べてからアクセスすることをおすすめします。

春のライトアップ

「春のライトアップ」の1つ目は、「観桜期ライトアップ」とされ、桜が見頃となる3月下旬から4月上旬頃の約1週間行われます。

開園時間は、7時から21時30分までであり、ライトアップ時間は、日没後から21時30分までとなっています。

例年、金沢地方気象台が発表しているソメイヨシノの開花宣言の5日目に当たる日から約1週間ライトアップが行われます。

園内には、ソメイヨシノをはじめとしてシオガマザクラ、フゲンゾウ、ウコンなどたくさんの種類の桜があり、見ごたえ抜群です。兼六園菊桜や兼六園熊谷、旭桜など大変珍しくて貴重な品種の桜もあるので、必見です。ライトアップ時期には幻想的な様子を見ることができると大変人気で混雑します。

「春のライトアップ」の2つ目は、「春の段」としてゴールデンウィーク期間中に行われます。新緑の木々が素敵にライトアップされ、夜の「兼六園」をたっぷり楽しめ、この時期ならでは風情があると人気です。ゴールデンウィークの期間中のライトアップ時間は、18時30分から21時までです。

夏のライトアップ

「夏のライトアップ」の1つ目は、「初夏の段」として6月前半の金・土・日の3日間行われます。コンサートがあったり、カフェが開店したり、茶屋見城亭と城山亭で特別料理プランを味わえたりとさまざまな催し物があります。ライトアップ時間は、19時から21時までです。

「夏のライトアップ」の2つ目は、「ホタル観賞会」として6月最終週と7月第1週に行われます。きれいな水でしか生息できないとされているホタルを見ることができると多くの人が集まります。目を凝らしてじっくり見てみると良いでしょう。ライトアップ時間は、19時から21時までです。

「夏のライトアップ」の3つ目は、「夏の段」として8月のお盆の時期に行われます。夜になって少し涼しくなった時間に、美しくライトアップされた庭園を眺めることができると大変人気です。コンサートやカフェなどもあり、いろいろな楽しみ方ができます。ライトアップ時間は、18時30分から21時までです。

秋のライトアップ

「秋のライトアップ」の1つ目は、「中秋の名月観賞の夕べ」として中秋の名月の頃に行われます。夜空に浮かぶ真ん丸の月と池に映るその姿、そしてライトアップで照らし出された庭園を見ることができ、和の雰囲気をたっぷり味わうことができる空間となっています。ライトアップ時間は、19時から21時までです。

「秋のライトアップ」の2つ目は、「秋の段」として紅葉の見頃の時期に行われます。「兼六園」には、モミジや桜、ケヤキなどたくさんの色づく木があります。素晴らしい紅葉がライトアップされた姿はまるで絵本の世界に迷い込んでしまったかのように感じられると大変人気です。

「兼六園」の紅葉の見頃の時期は、例年11月上旬から12月上旬頃とされていて、ライトアップもその時期に行われます。ライトアップ時間は、17時30分から21時までとなっています。

冬のライトアップ

「冬のライトアップ」は、「冬の段」として2月の初旬から中旬頃に行われます。兼六園の冬の風物詩として知られている「雪吊り」などがライトアップされる姿を見ることができ、雪が降るとさらに幽玄な姿になると大変話題になっています。

この時期にしか眺めることができない景色をゆっくりと見て巡ることをおすすめします。暖かい服装で冬の観光に出かけてみましょう。ライトアップ時間は、17時30分から21時までとなっています。

Thumb兼六園の桜の見頃時期はいつ?花見ライトアップの期間や無料開放も調査!
石川県の金沢にある兼六園といえば、今では日本国内はもちろん海外からの観光客も多く訪れる日本の...

兼六園のライトアップは幻想的な美しさ

「兼六園」は、普段は昼間にしか入園することができないので、明るい時間の様子しか見ることができません。ライトアップ期間のみ夜の様子を見ることができます。

ライトアップされた「兼六園」は、幻想的であり、大変美しいことで人気があります。その世界観が他では感じることができないと話題になっています。

「兼六園」のライトアップは、時期や時間が変動することがあるので、ライトアップを見に行こうと考えている場合には、事前にホームページなどでしっかりと調べてからアクセスするようにすると良いです。

ライトアップでチェックしたい兼六園のおすすめスポット

「兼六園」のライトアップでは、園内の木々や草花などの他、ことじ灯籠や唐崎の松、池にかかる橋などがライトアップされます。

四季折々の自然の様子と、日本の和・歴史を感じることができるもののコラボレーションが素晴らしいと評判です。季節を変えて何度も観光に訪れてみることをおすすめします。

兼六園の混雑状況

「兼六園」は、四季折々の風情を楽しむことができ、それぞれの時期にしか見ることができない風景が見えるということで大変多くの人が訪れます。

多くの人で混雑することもあるので、時間と気持ちにはゆとりを持って行くことができるようにスケジュールをきちんと立てておくと良いでしょう。

ゆっくりのんびりと散策をしたり写真を撮ったりして「兼六園」を楽しみたい人は、早朝開園の時間にアクセスすることもおすすめします。

兼六園のライトアップで混雑が見込まれる時期

「兼六園」のライトアップ期間で特に混雑するのは、桜の時期と紅葉の時期です。満開・見頃を迎える時期には大変多くの人で混雑します。

「兼六園」の園内が混雑する時には、駐車場や周辺の道路も混みあうこともあるので、駐車場情報や道路情報について事前に調べておくことをおすすめします。

また、「兼六園」のライトアップでは、無料で入園することができる時もあるので、特に多くの人が集まります。

兼六園のライトアップで混雑が見込まれる時間帯

「兼六園」のライトアップ期間で混雑することが予想される時間帯は、日没後から19時頃までのライトアップ時間の早い時間帯です。

ゆっくりとライトアップされた園内を雰囲気たっぷりに巡りたい時には、ライトアップ時間のできるだけ遅い時間帯に行くと良いでしょう。二人のムードを大切にしたいカップルデートなどは食事をしてから出かけるのもおすすめです。

兼六園の基本情報・アクセス情報

「兼六園」は人気のおすすめ観光スポットであり、季節を問わずたくさんの人が訪れ、ゴールデンウィークやお盆期間などは特に混雑します。

事前にアクセス情報や、駐車場情報、入園料金などについてしっかり調べておき、余裕を持ったスケジュールを組み、当日に慌てることのないようにしておくことをおすすめします。

基本情報

「兼六園」の開園時間は、3月1日から10月15日までが7時から18時までで、10月16日から2月末日までが8時から17時までとなっています。年中無休で営業しています。

園内でお抹茶を飲むことができる「時雨亭」は、営業時間が9時から16時30分までで最終入亭が16時となっています。また、12月29日から1月3日は休園日となっています。

料金は、18歳以上の大人が310円、6歳から18歳未満の小人が100円となっています。30名以上のグループの場合は、団体料金が適用となり、大人が250円、小人が80円となります。65歳以上のシニアや障がい者手帳を持っている人は無料となります。支払いにはクレジットカードを利用することもできます。

「兼六園」では、早朝開園を行っています。開園時間は3月1日から3月31日が5時から6時45分まで、4月1日から8月31日までが4時から6時45分まで、9月1日から10月15日までが5時から6時45分まで、10月16日から10月31日までが5時から7時45分まで、11月1日から2月末日までが6時から7時45分までです。無料で入園することができます。

電車+バスでのアクセス方法

「兼六園」に電車とバスを利用してアクセスする場合は、JRの「金沢駅」から兼六園シャトルバスに乗り換えて「兼六園下・金沢城(石川門向い)バス停」で降りるとアクセスすることができます。9時30分から17時50分の間の各時間20分間隔で運行しています。

JRの「金沢駅」から城下まち金沢周遊バス(右回りルート)を利用する場合は、「兼六園下・金沢城(石川門向い)バス停」で降りるとアクセスすることができます。8時30分から18時までの間の各時間15分間隔で運行しています。左回りルートのバスでも「兼六園下・金沢城(石川門向い)バス停」に行くことができます。

JRの「金沢駅」から金沢ライトアップバスを利用する場合は、「兼六園下・金沢城(石川門向い)バス停」で降りるとアクセスすることができます。19時から20時50分までの間の各時間10分間隔で運行しています。

どのバスに乗っても「兼六園」に行くことができるので、その時の列の並び具合や時間などによって、乗るバスを上手にチョイスすると良いでしょう。

車でのアクセス方法と駐車場

「兼六園」に車を利用してアクセスする場合は、富山方面からは北陸自動車道の「金沢森本インターチェンジ」で降りて山側環状道路を経ると約20分でアクセスすることができます。

福井方面からは北陸自動車道の「金沢西インターチェンジ」で降りると約30分でアクセスすることができます。

どちらのインターチェンジを利用した場合でも、「兼六園」に行くためには金沢市内を通る必要があります。渋滞などがあっても良いように時間にはゆとりを持っておくことをおすすめします。

「兼六駐車場」は、兼六園の東側にあります。約482台分の駐車スペースがあります。24時間年中無休営業なので、いつでも入庫・出庫をすることができます。料金は、全日入庫後最初の1時間が350円 その後は30分ごとに150円となっています。22時から翌朝8時まで宿泊をすることもでき、料金は1泊1030円となっています。

「金沢兼六園下駐車場」は、兼六園の東側にあります。約16台分の駐車スペースがあります。24時間年中無休で営業しています。料金は、平日が0時から24時までが30分100円、土・日・祝日が0時から24時まで20分100円となっています。最大料金は、平日が入庫後24時間までが600円、土・日・祝日が入庫後24時間までが1000円となっています。

兼六園のライトアップで金沢の夜を満喫しよう

「兼六園」は、大変人気の観光スポットであり、多くの人で賑わいます。ライトアップ期間にはさらに素晴らしい庭園を眺めることができると評判です。金沢の夜をたっぷり満喫することができること間違いなしです。「兼六園」は、四季を通じて楽しむことができます。金沢に行ったら是非「兼六園」に観光に行ってみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ