ビーナスラインのツーリングの楽しみ方!日帰りプラン・宿泊・食事スポットも!

長野の美しい自然や高原の中を走れるビーナスラインは観光だけでなくツーリングも人気です。新緑や爽やかな夏を迎えると多くのライダーで賑わいます。今回はツーリングを楽しめるビーナスラインの日帰りプランや食事スポット、宿泊に便利なキャンプ場についてご紹介します。

ビーナスラインのツーリングの楽しみ方!日帰りプラン・宿泊・食事スポットも!のイメージ

目次

  1. 1長野ビーナスラインでツーリングを楽しもう!
  2. 2長野ビーナスラインでツーリング!日帰りルート1:諏訪湖ルート
  3. 3長野ビーナスラインでツーリング!日帰りルート2:美ヶ原高原ルート
  4. 4長野ビーナスラインでツーリング!日帰りルート3:茅野ルート
  5. 5ビーナスラインへ行ける!便利なツーリングプラン
  6. 6ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの食事処1:道の駅 美ヶ原高原
  7. 7ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの食事処2:石臼挽手打そば みつ蔵
  8. 8ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの食事処3:霧の駅
  9. 9ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの食事処4:利休庵
  10. 10ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの食事処5:長門牧場
  11. 11ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの宿泊1:ミヤシタヒルズオートキャンプ場
  12. 12ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの宿泊2:霧ヶ峰キャンプ場
  13. 13ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの宿泊3:陣馬形山キャンプ場
  14. 14ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの宿泊4:桜清水オートキャンプ場
  15. 15ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの宿泊5:赤倉の森オートキャンプ場
  16. 16長野ビーナスラインを走り抜けよう!

長野ビーナスラインでツーリングを楽しもう!

長野の茅野から美ヶ原高原までを駆け抜ける全長76kmのビーナスラインはライダーにも人気のツーリングルートです。新緑の季節や夏の高原ルートは澄んだ空気のなか絶景を眺めながら爽快に走れます。

今回はこれからの季節、ツーリングを楽しめるビーナスラインについてご紹介します。ビーナスラインでおすすめの日帰りプランや宿泊にぴったりなキャンプ場、食事スポットを中心にまとめましたので参考にしてみてください。

長野ビーナスラインでツーリング!日帰りルート1:諏訪湖ルート

ツーリングにおすすめの日帰りプランをご紹介します。県外から来る場合、ビーナスラインが始まる長野県茅野市には中央自動車道インターチェンジがないため最寄りの諏訪インターチェンジで降ります。そこから152号線で蓼科高原を目指します。

蓼科高原で休憩を取ったら蓼科山など長野の景観を楽しみながらビーナスラインを走ります。次のポイントは白樺湖でビーナスラインの中間地点になります。次の霧ヶ峰富士見台では展望台からの景色がきれいです。最後は諏訪湖に戻る約2時間の日帰りルートです。

長野ビーナスラインでツーリング!日帰りルート2:美ヶ原高原ルート

もう一つの日帰りプランは中央自動車の諏訪インターチェンジで降りて、美ヶ原高原へと駆け抜ける日帰りルートになります。茅野市を抜けたらここからビーナスラインが始まります。蓼科高原から白樺湖へカーブの多いルートになります。

途中で北八ヶ岳ロープウェイに立ち寄るのもおすすめです。信州アルプスの景色を満喫したら次は白樺の林道を走るルートに変わっていきます。白樺湖からは車山高原、霧ヶ峰高原を通って美ヶ原高原に到着です。途中には休憩や食事スポットもあります。

長野ビーナスラインでツーリング!日帰りルート3:茅野ルート

まずは茅野市から車山高原を目指して走りましょう。余裕があれば車山高原リフトで山頂に登ってハイキングもできます。天気が良い日は霧ヶ峰富士見台からの眺望も最高です。ビーナスラインのルート上にあるので立ち寄りやすいでしょう。

霧ケ峰高原では霧の駅で食事や休憩ができます。ビーナスラインから少しそれますが、国の天然記念物に指定されている八島湿原は高層湿原の高山植物がみられる希少なスポットです。そこから再びビーナスラインに戻って諏訪湖まで走りましょう。

ビーナスラインへ行ける!便利なツーリングプラン

県外から高速道路を使って長野のビーナスラインまで行くなら「ツーリングプラン」がお得です。ETC搭載の二輪車であれば「ツーリングプラン」を利用して高速道路を自由に乗り降りできます。

日帰りや宿泊でツーリングを楽しみたいライダーに人気のお得なプランです。まずはNEXOのサイトから「ツーリングプラン」を申し込みます。

「ツーリングプラン」は2種類販売されていますが、長野のビーナスラインへ出かけるなら「関越道・上信越道・中央道コース」を選びます。

ETC搭載の二輪車は4,000円で最大2日間、指定区間内での高速道路の乗り降りが自由にできます。「ツーリングプラン」の対象期間や販売期間は限られているのでこまめにチェックしておくとよいでしょう。

ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの食事処1:道の駅 美ヶ原高原

標高2,000mからの展望を楽しめる「道の駅 美ヶ原高原」はツーリングでも人気のレストランです。異なる眺望を楽しめる2つのレストランから選べます。和食の食事処「麻の葉」と洋食のレストラン「コンポート」は朝から夕方まで営業しています。

冬季はお休みで営業期間は通常4月下旬から11月上旬までになります。レストランだけでなくショッピングモールもあって駐車場も広いので気軽に立ち寄れる道の駅です。長野らしい絶景と美ヶ原高原の澄んだ空気がおいしいおすすめの場所です。

「麻の葉」では長野の山菜や郷土料理を頂けます。いなり付きの葉わさびそば御膳(1,050円)や舞茸そば御膳 (1,080円)、野沢菜もつ煮うどん御膳(1,080円)、信州味噌ラーメンセット(1,100円)など冷たいメニューと温かいメニューを用意しています。

麺類のほか丼ものも充実しているので、お腹いっぱい食べたい男性にも人気があります。おすすめのご飯メニューは三元豚かつ丼(1,100円)やすりおろしニンニクが効いた郷土料理の美味だれ鳥かつ定食(1,150円)です。揚げ物やデザート、お酒、ドリンクも選べます。

ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの食事処2:石臼挽手打そば みつ蔵

新緑の季節は爽快な気分でツーリングを楽しめますが、お腹が空いたらのどごしのよい手打ちそばはいかがですか?ツーリングにも便利な場所にある茅野市には地元でも人気のそば屋があります。「石臼挽手打そば みつ蔵」ではこだわりの手打ちそばが食べられます。

石臼挽きのそば粉は香り高く食欲をそそりツーリング中でも手軽にさっぱりと頂けます。定番のせいろそば(1,000円)のほか季節によって内容が変わる二色そば(1,200円)も人気のメニューになっています。とくに抹茶を使った二色そばはぜひ味わってほしい逸品です。

「石臼挽手打そば みつ蔵」では美味しい手打ちそばと一緒にたまご焼き(1,000円)もよく注文されている人気メニューです。丁寧にふっくらと焼き上げたたまご焼きはハーフサイズもあるので、ソロツーリングの方も注文しやすいメニューになっています。

営業時間は10~15時で夜は閉店しているため、ツーリングの合間に立ち寄るのがよいでしょう。定休日は水曜日になります。石臼挽手打そば みつ蔵は週末になると駐車場が混雑するため、スムーズに食事したい場合は時間帯をずらして行くことをおすすめします。

住所 長野県茅野市北山4035-228
電話番号 0266-78-2278

ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの食事処3:霧の駅

霧ヶ峰高原ツーリングのルート上にある「霧の駅」は広々とした駐車場があり、レストランの座席数も十分あるので利用しやすい食事処になっています。店内飲食のほかテイクアウトできるメニューもあるので清々しい霧ヶ峰高原のなかで食べるのにもよいでしょう。

「霧の駅」にはお土産店からトイレ、ガソリンスタンドまでそろっているので食事だけでなく休憩ポイントにも使えます。ただし営業期間は通常4月下旬~11月上旬までになりますのでご注意ください。

「霧の駅」でおすすめしたい食事メニューは霧の駅でしか食べられない高原塩ラーメンです。850円と手ごろな値段なのもうれしいポイントです。ラーメンメニューのほかカレーや長野産の食材を使用したそばメニューも揃っています。

季節限定のソースカツ丼(900円)やいなり付きの霧ざるそば(900円)、鹿肉そばもおすすめの食事メニューです。ツーリングでお腹が空いた方はがっつり食べられるメニューを選べます。爽やかな高原の風景を眺めながらツーリング仲間と食事ができる場所です。

住所 長野県諏訪市霧ヶ峰
電話番号 0266-54-6370

ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの食事処4:利休庵

「利休庵」ではこだわりのそばメニューを堪能できる食事処です。信濃霧山ダッタンそばはお店自慢の逸品になっています。石臼挽きのそば粉を使ったヘルシーな天ぷらがセットになった黒天ざるそばもおすすめです。

ご飯ものメニューでは自家製放し飼い鶏のたまごを使った地たまごぶっかけご飯も人気です。大盛りも注文できるのでがっつり食べたい方はお蕎麦とセットで注文するのもおすすめです。さらにダッタンそばのチーズタルトは「利休庵」のオリジナルデザートです。

住所 長野県小県郡長和町姫木平
電話番号 0268-69-2337

ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの食事処5:長門牧場

長野ビーナスラインで美味しいピザや洋食を食べたい方は、白樺高原にある「長門牧場」のレストランコリーヌもおすすめです。薪窯で焼き上げた熱々のピザが自慢のメニューになっています。店内から景色を眺めながら食事を楽しめますが外の高原でも食べられます。

焼きたての本格ナポリの味を楽しめるマルゲリータ(1,400円)のほかにも長門牧場産の食材を使ったドリア(1,000円)や煮込みハンバーグ(1,200円)もおすすめです。信州グルメでは山賊焼き(1,100円)や信州牛のビーフシチュー(1,400円)も人気があります。

住所 長野県小県郡長和町大門3539-2
電話番号 0267-55-6969

ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの宿泊1:ミヤシタヒルズオートキャンプ場

「ミヤシタヒルズオートキャンプ場」はビーナスラインのツーリングで宿泊するのにおすすめのオートキャンプ場です。長野の美しい自然のなかでツーリング仲間と一緒に楽しいひとときを過ごすのにぴったりでしょう。

白樺の林道や清流、長野らしいアルプスの景観に囲まれたキャンプ場には「ミヤシタヒルズオートキャンプ場」のほかバンガローやコテージにも宿泊できます。雪のある冬季も営業しています。オートキャンプ場ではバイクは1,200円で宿泊できます。

住所 長野県小県郡長和町和田5101
電話番号 0268-88-2915

ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの宿泊2:霧ヶ峰キャンプ場

長野の諏訪湖近くにある「霧ヶ峰キャンプ場」は標高1,600mの場所にある広々とした快適なキャンプ場です。長野の高原をゆっくりとツーリングで楽しめる新しいビーナスラインにあります。キャンプ場内は車の乗り入れができないので静かな時間を過ごせます。

「霧ヶ峰キャンプ場」は市営のキャンプ場なので宿泊費がとても安く、1人~6人までテント1張り720円で宿泊できます。ソロツーリングでも十分安いですがツーリング仲間とわいわいキャンプ泊するならさらにお得です。19人以下の宿泊なら予約も必要ありません。

住所 長野県諏訪市上諏訪13338
電話番号 0266-52-2833

Thumb霧ヶ峰キャンプ場の予約方法や混雑状況は?おすすめの過ごし方や時期も紹介!
長野県にある霧ヶ峰キャンプ場は、大自然と一体化できるキャンプ場です。霧ヶ峰キャンプ場があるの...

ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの宿泊3:陣馬形山キャンプ場

「陣馬形山キャンプ場」は標高1,445mの陣馬形山頂にある展望台つきの無料キャンプ場です。長野アルプスをはじめとした絶景が楽しめ、安いツーリング旅でおすすめの宿泊場所です。無料で予約ができないキャンプ場のため混雑を避けたいなら平日がよいでしょう。

最低限の設備のためトイレや飲み水を利用する際はご注意ください。また炊事場を利用できる期間は5月~10月頃までになります。電気の設備もないので持ち込みが必要です。キャンプ場内には入浴設備はないですが近隣にある四徳温泉を利用できます。

住所 長野県上伊那郡中川村
電話番号 0265-88-3001

ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの宿泊4:桜清水オートキャンプ場

ビーナスラインからのアクセス良好で設備のよく整ったオートキャンプ場なので手軽に宿泊できます。バーベキューセットから電気、入浴設備、売店、レンタル用品まで利用できるので安心です。荷物少なめでツーリングを楽しみたい方にもおすすめします。

「桜清水オートキャンプ場」に宿泊できる期間は4月下旬~10月中旬頃までになっています。ビーナスラインのルートから約15分、松本インターチェンジから30分の場所にあるオートキャンプ場です。ドッグランも新設されたので犬と一緒にキャンプ泊を楽しめます。

住所 長野県入山辺石切場8961
電話番号 0263-31-2314

ツーリングの聖地!長野ビーナスラインの宿泊5:赤倉の森オートキャンプ場

ビーナスラインの途中にある「赤倉の森オートキャンプ場」はツーリングの宿泊だけでなく休憩ポイントとしても利用できます。オートキャンプ場内には赤倉川の清流が流れていて山椒魚が泳いでいます。きれいな森の中でテント泊するにもぴったりです。

宿泊料金が1番やすいのはテントになりますが、ほかにもバンガローやコテージもあるので荷物を少なくして気軽に泊まりたいライダーにおすすめです。とくに遠方から来るライダーは長野の自然を満喫しながら宿泊できて、たっぷりとツーリングを楽しめるでしょう。

テントの宿泊は通常4,320円ですが、ゴールデンウイークや夏休み期間、連休日は料金が上がりますのでご注意ください。「赤倉の森オートキャンプ場」周辺には入浴ができる「ふれあいの湯・道の駅和田宿ステーション」や観光スポットで人気の女神湖もあります。

住所 長野県小県郡長和町和田3887-2 
電話番号 0268-88-3126

長野ビーナスラインを走り抜けよう!

ビーナスラインのツーリング特集はいかがでしたか?長野にあるビーナスラインは首都圏や中部地方から日帰りでツーリングを楽しめる人気スポットです。気持ちの良い季節には高原の爽やかな風を感じながら走れます。美味しい食事処や宿泊に便利なキャンプ場もあるのでこれからの季節は長野ビーナスラインへツーリングに出かけてみませんか?

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
EMMA

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ