雷鳥沢キャンプ場情報まとめ!混雑状況やアクセス・夜の星空など見どころも紹介!

アウトドア好きには魅力たっぷりのキャンプ。大自然を身近に感じ、夜になると満天の星空に宇宙を感じる、そんな雷鳥沢キャンプ場の魅力をご紹介します。富山県の立山連峰のふもとにある雷鳥沢キャンプ場は春夏秋冬の魅力がいっぱいです。

雷鳥沢キャンプ場情報まとめ!混雑状況やアクセス・夜の星空など見どころも紹介!のイメージ

目次

  1. 1富山県にある雷鳥沢キャンプ場とは
  2. 2雷鳥沢キャンプ場のロケーション
  3. 3雷鳥沢キャンプ場の見どころ
  4. 4温泉でゆったりくつろげる雷鳥沢キャンプ場
  5. 5雷鳥沢キャンプ場の混雑状況
  6. 6雷鳥沢キャンプ場のアクセス情報
  7. 7雷鳥沢キャンプ場の基本情報
  8. 8雷鳥沢キャンプ場近くのロッジに泊まろう!
  9. 9雷鳥沢キャンプ場で豊かな自然を満喫しよう

富山県にある雷鳥沢キャンプ場とは

富山県の街からは立山連峰がよく見えます。富山を象徴する雄大な絶景に感動する方も多いですが、立山連峰は飛騨山脈とも連なる北アルプス3000メートル級の山々、登山愛好家には大人気スポットです。

立山連峰は、登山客や観光客に人気のある立山黒部アルペンルートは、ビルのような雪壁を歩く姿をメディアなどで見た事があるかもしれません。日本を代表する黒部ダムや神秘的なみくりが池も迫力があります。

雷鳥沢キャンプ場は、立山連峰の中にあり登山者向けのキャンプ場として人気がありますが、絶景の魅力からキャンプだけの観光客にも注目されています。

剣岳登山や立山縦走などのベースとなる登山者専用のキャンプ場

雷鳥沢キャンプ場は立山連峰の中にありますので、ここから連なる剣岳登山や立山縦走などに出発する登山者に人気のある富山のキャンプ場です。

登山者だけでなく、感動の絶景などから雷鳥沢キャンプ場だけの利用者も増えてきました。絶景の魅力やキャンプ場のその他の魅力、雷鳥沢キャンプ場の情報やアクセスなどをご紹介していきます。

温泉・絶景・星空など観光気分が満喫できるスポットしても人気

雷鳥沢キャンプ場は日本でも標高が高いキャンプ場といわれています。その標高の高さから見る山々の絶景と、街の夜景が届かない高さから、夜の星空はため息がでるほどの絶景です。

雷鳥沢キャンプ場の近くには天然温泉の施設があります。みくりが池温泉は日本一標高の高い温泉です。キャンプ場でテント宿泊の場合、温泉が近くにあるというだけで魅力的なキャンプ場、温泉の情報、アクセスは後程またご紹介します。

雷鳥沢キャンプ場のロケーション

キャンパーが好きなキャンプ場を選ぶ時に、家族や慣れた仲間など、一緒に行くメンバーにも条件は変わってきますが、便利さと食事を作れる条件など色々です。

海の近くであったり、川に沿ったキャンプ場だったりと様々な楽しみ方がある中、共通するのは景色の良さでしょう。雷鳥沢キャンプ場は景色の良さが最高のキャンプ場です。

雷鳥沢キャンプ場の地形・標高・特徴など

雷鳥沢キャンプ場の景色の良さは景色だけではなく、普段の生活では見る事ができない高山植物や野生動物に出会える楽しさもあります。山の中腹の地形は日本のグランドキャニオンと呼ばれるのに相応しい山脈に囲まれています。

日本で一番標高が高い山は富士山です。その標高は3776メートルで世界遺産にも登録されました。標高3015メートルの立山も日本を代表する北アルプスの一つにある雷鳥沢キャンプ場の標高は2280メートルです。

富士山をはじめ、標高の高い山の美しい風景を紹介する写真は雪景色が多いです。北アルプス立山連峰も例外ではなく、夏が短く積雪の時期が長い環境です。

長く厳しい冬を越す針葉樹や高山植物は寒さに強く、温暖な気候の植物とは違いがあります。雷鳥沢キャンプ場では他では見る事が出来ない自然との出会いがあります。

雷鳥沢キャンプ場の見どころ

雷鳥沢キャンプ場でキャンプを楽しむ時に一番のおすすめは景色ですが、昼に見る景色ももちろん美しいのですが、夜と早朝の景色も素晴らしいです。

夜と早朝の景色はキャンプをして居る雷鳥沢キャンプ場での特典です。またダイナミックな景色だけではなく、夏でも早朝のひんやりとした空気の鮮度はマイナスイオンたっぷりです。

立山連峰や大日連峰の絶景が一望できる

雷鳥沢キャンプ場は北アルプスの登山者のベースキャンプ場として有名ですので、立山連峰や大日連峰の絶景を身近に感じる事ができます。迫りくるダイナミックな景色は、日本のグランドキャニオンと呼ばれる意味がよくわかります。

本格的な登山者のベースキャンプ場ですが、シーズン中はトイレや炊事場の利用も出来ますので、キャンプだけでも楽しめます。雷鳥沢キャンプ場での満天の星空や野生動物、高山植物のご紹介もしていきます。

時期によっては雷鳥が間近で見られる

雷鳥沢キャンプ場の名前の通り、雷鳥の声が山々にこだまする神秘的な体験をする事ができます。雷鳥とはキジ科の鳥で高山帯に生息する特別天然記念物で、富山県、長野県、岐阜県の県鳥の指定されています。

冬には真っ白な羽で生活をしますが、夏場は褐色の羽になります。夏場はあまり飛ばないので歩く姿を見る事ができるかもしれません。氷河期の生き残りと言われる特別天然記念物ですので出会える距離をとって観察しましょう。

可憐な高山植物が観賞できる

雷鳥沢キャンプ場の近くや立山室堂では珍しい高山植物が多く分府しています。高山植物はとても弱く植生を踏んでしまうと大きなダメージを受けるため、立山自然保護センターでは雷鳥と共に保護をしています。

特別天然記念物の雷鳥は高山植物の間に居ることが多く、立山室堂付近では歩道にロープがひかれている遊歩道以外の立ち入りは禁止になっていて、双眼鏡と望遠カメラを構える人が5月のゴールデンウイークから夏にかけて混雑します。

満天の星空は息をのむ美しさ

ゴールデンウイークから夏にかけて、立山室堂は高山植物や雷鳥の観察で混雑します。富山側の立山駅と長野側の扇沢からトロリーバスで黒部ダムを見学しながのツアーに人気があるからです。

日帰りツアーも充分に楽しめますが、雷鳥沢キャンプ場での特典は、迫りくる宇宙を感じる星空を見る事です。満天の星空と言うにふさわしい星空のパノラマが体験できます。

テレビ画面ではない、大自然の神秘は脳裏に焼き付き、大切な思い出になる事でしょう。空気が綺麗で標高の高い雷鳥沢キャンプ場の一番の特典です。

Thumb 立山黒部アルペンルートを登山!アクセスやおすすめの服装・コース紹介!
富山県から長野県とを結んでいる立山黒部アルペンルートは、大人気観光スポットです。立山黒部アル...

温泉でゆったりくつろげる雷鳥沢キャンプ場

雷鳥沢キャンプ場での嬉しい特典はまだあります。天然温泉「みくりが池温泉」は雷鳥沢キャンプ場の近くにあり標高2430メートルの日本一標高の高い温泉です。

標高の高さと窓から見える大日連山の絶景から、雲上の温泉といわれています。晴れた日の夕方に見える夕陽や満天の星空を見ながらの入浴は最高の癒しです。「みくりが池温泉」のアクセスなどをご紹介します。

日本でもっとも高い標高にある天然温泉

「みくりが池温泉」の大浴場は男湯と女湯に分かれていて、どちらも大窓からの絶景が人気ですが、天然温泉としての効能も高く白濁のお湯は、北アルプスのミネラルをたっぷりとふくんでいます。

特に源泉100パーセントの良質な温泉は神秘の湯ともいわれています。秘境とは思えない立派な雰囲気で食事も満足の小さなホテルの感じでおすすめです。アクセスをご紹介します。

温泉施設の設備

「みくりが池温泉」は営業時間9時から16時です。室堂ターミナルから徒歩約12分というべ便利さで人気があります。温泉利用料金は大人700円、小人500円で、雷鳥沢キャンプ場でキャンプをする方の利用も多いです。

「みくりが池温泉」は温泉利用だけではなく、お食事も充実した宿泊施設もありますので、予約をしてからのご利用をおすすめします。ホームページからの予約もできます。

住所 富山県中新川郡立山町室堂平
電話番号 076-463-1441

雷鳥沢キャンプ場の混雑状況

雷鳥沢キャンプ場は立山連峰にありますので、雪深い冬の時期は休業となります。冬の寒さを避けたゴールデンウイーク位から秋までのシーズンに観光客と登山者が多いです。

星の流れを観察したり、立山連峰を美しく見るシーズンにはベストシーズンがあるのでしょうか。雷鳥の姿が見れる時期はゴールデンウイークから夏がいいとご紹介しましたが、その他の見どころ時期をご紹介します。

標高の高い山の天候は変わりやすいです。どのような季節でも天候の変わる事を想定した合羽や防風対策のジャンパーなどの用意が必要です。また天候の事前アクセスなどをおすすめします。

雷鳥沢キャンプ場が1年でもっとも混雑する時期

日帰りのキャンプではなく、宿泊の為のキャンプや登山者は連休が最も取れやすい夏のお盆シーズンに集中するようです。雷鳥沢キャンプ場に色とりどりのテントが並ぶ夏の混雑は、中ほどのお盆期間に集中します。

夏の服装は、昼間晴れている時は半袖と半ズボンで大丈夫ですが、紫外線対策が必要で外に長い時間いるのなら、薄い長そでシャツと長ズボン、帽子、サングラス、日焼け止めクリームが必要です。

真夏でも朝夕は、急に気温が下がる雷鳥沢キャンプ場ですので、防風対策としてのレインウエア、薄めのセーターやフリースが活躍します。

雷鳥沢キャンプ場を訪れるのにもっとも良い時期

雷鳥沢キャンプ場を利用するのにおすすめする季節は秋です。10月から11月は夏ほどの混雑はなく、昼と夜の気温差が夏ほどではないので過ごしやすいと思います。

星空も空の空気が澄んでいる秋が一年で一番綺麗に見えると言われています。ただし秋と言っても夜は冷え込みますので、防寒対策が必要になります。出かける時の天気や温度のアクセスをおすすめします。

雷鳥沢キャンプ場のアクセス情報

雷鳥沢キャンプ場へは車の乗り入れは出来ませんので、富山電鉄の立山駅にある無料駐車場に車を停めておきます。立山ケーブルカーで終点駅「美女平」までは約7分です。

「美女平」から立山高原バスで標高2450メートルの立山室堂ステーションへ約50分で到着します。室堂ステーションからは徒歩約45分で雷鳥沢キャンプ場へ到着です。

住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺雷鳥平 
電話番号 076-463-5401

立山黒部アルペンルート室堂ターミナルから徒歩

雷鳥沢キャンプ場への車の乗り入れは禁止になっています。室堂ターミナルからは徒歩で約45分になります。キャンプ用品を上手にまとめておく必要があります。

約45分歩く必要がありますので、極力重いものは避ける事をおすすめします。グループで分担すると効率がいいですが、テントスペースの有効利用の種にグループ利用の時のソロテントは控えるように注意事項があります。

車の乗り入れは禁止

雷鳥沢キャンプ場へ向かう時の最終駐車場は立山駅になります。無料駐車場で1000台と臨時で500台が駐車可能ですので充分なスペースです。

立山駅は富山地方鉄道の立山線の終点駅になっています。立山駅1階が立山線の駅で2階が立山黒部観光の立山ケーブルカーの発着駅です。別改札になっていますのでご注意ください。

立山ケーブルカーは美女平駅までを往復していて観光シーズンになるとケーブルカーを利用する観光客で行列ができるほどでが、充分な駐車場がありますので安心です。立山駅はお洒落なウッドハウスで、レストランや売店が完備されています。

Thumb 立山ケーブルカーを攻略!予約方法や混雑状況など乗り方を徹底調査!
富山県と長野県を結んでいる立山黒部アルペンルートの中の乗り物の1つに、立山ケーブルカーがあり...

長野県から黒部ダム経由のコース紹介

雷鳥沢キャンプ場へは、車の乗り入れが出来ないので駐車場がある富山県側からのアクセスをご紹介しましたが、自家用車を使わずに観光バスなどを乗り継いで、長野県側からも雷鳥沢キャンプ場へ行くコースもあります。

長野県信濃大町から大町温泉郷と日向山高原を特急バスと路線バスで経由し、約105分後に赤沢岳の麓、扇沢より関電トンネルトロリーバスに約16分乗車すると黒部ダムです。

黒部ダムからは徒歩約15分で黒部湖より黒部ケーブルカーが出ています。約5分で黒部平へ到着です。立山ロープウエイで標高2316メートルの大観峰に到着します。そこからは最終ステーションの立山室堂へ立山トンネルトロリーバスで約10分の移動になります。

立山室堂ステーションから雷鳥沢キャンプ場までは徒歩で約45分。こちらのコースも夏のシーズン期間は混雑が予想されますので、アクセスをおすすめします。

雷鳥沢キャンプ場の基本情報

冬季は休業です。夏山シーズンの混雑期と11月以降はトイレが使用出来なくなりますので、携帯トイレを持参してください。携帯トイレは室堂バスターミナルの売店と立山保護センターで販売しています。

雷鳥沢キャンプ場の周辺は高山植物の貴重な群生地がありますので、植生エリアに踏み込む事やテントを張る事は出来ません。環境保護への協力は積極的にしましょう。

雷鳥沢キャンプ場の使用料金は一人一泊500円です。清掃協力金としての料金となりますが、大自然を守るのはキャンパーとしても大切なモラルです。

雷鳥沢キャンプ場近くのロッジに泊まろう!

雷鳥沢キャンプ場はテントだけではありません。テント泊以外にもロッジに泊まることができます。テントが苦手だけど立山連峰を楽しみたい方におすすめします。

ロッジは予約をする事が必要です。またシーズン中は混雑が予想されますので、旅行計画が決まったらなるべく早い時期の予約をおすすめします。

「ロッジ立山連峰」は個室10000円、相部屋9500円、素泊まり6000円、天然温泉風呂代700円で、登山の為の宿泊者が多いです。

住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺
電話番号 076-482-1617

雷鳥沢キャンプ場で豊かな自然を満喫しよう

ここまで、雷鳥沢キャンプ場のアクセスや混雑状況、周辺の情報などをご紹介してきました。北アルプスの立山連峰でキャンプという冒険のような計画の中に普段では経験の出来ない、大きな自然とのふれあいが待っています。

トレーニングを積んだ登山者も、標高の高い山の頂上からみる絶景に感動し、また次の登山へと計画を進める事でしょう。麓の立山駅から車を降りて、ケーブルカーやバスでの移動アクセスもご紹介しました。

標高2450メートルの最終ステーション立山室堂からは徒歩で約45分ですが、その45分の間にも山々の風景を楽しむ事ができます。澄んだ山の空気と雑音のない野生の鳥の声が、別世界のような時間になる事でしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Miee2430

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ