「大門素麺」は生産者がわかる富山の高級そうめん!美味しい食べ方も紹介!

「大門素麺」は、富山の高級そうめんです。生産者がわかる「大門素麺」は、リピーターも多い人気のそうめんです。今回は、人気の「大門素麺」についての情報を、美味しい食べ方などとともにご紹介したいと思います。「大門素麺」を食べることのできるお店もあわせてご紹介します。

「大門素麺」は生産者がわかる富山の高級そうめん!美味しい食べ方も紹介!のイメージ

目次

  1. 1富山県の「大門素麺」とはどんな食べ物?
  2. 2「大門素麺」の歴史
  3. 3「大門素麺」が美味しい理由
  4. 4「大門素麺」は生産者が分かる素麺
  5. 5「大門素麺」はどこで買える?
  6. 6「大門素麺」の美味しい食べ方
  7. 7「大門素麺」について知ることのできる「大門素麺資料館」
  8. 8「大門素麺」を食べることのできるお店
  9. 9「大門素麺」をお土産で買う
  10. 10自分用にもお土産用にも嬉しい「大門素麺」

富山県の「大門素麺」とはどんな食べ物?

「大門素麺」は、富山で有名な素麺です。「大門素麺」とはどのような食べ物なのでしょうか。「大門素麺」はいつから伝わる素麺でしょうか。「大門素麺」の歴史や特徴、美味しい食べ方などの情報などとともに、富山県の「大門素麺」についてご紹介したいと思います。

砺波市大門地区に江戸時代から伝わる高級な手延べ素麺

富山の有名な素麺、「大門素麺」は、砺波市大門地区に江戸時代から伝わる高級な手延べ素麺です。高級手延べ素麺の地である、富山の砺波市とはどのようなところでしょうか。

富山の砺波市は、富山県の西部の市です。自然豊かな土地で、特にチューリップの球根の生産で有名なところでもあります。そのような自然豊かな環境の中で、「大門素麺」は長い期間に渡って作られてきました。

また砺波には、美味しい郷土料理がたくさんあります。地元で作られている、安全で新鮮な美味しい食材とともに、「大門素麺」は美味しい高級ブランド麺として多くの人たちに人気があります。

丸いユニークなフォルムから「丸まげ素麺」や「島田素麺」という別称も

「大門素麺」の特徴的な形についてご紹介します。「大門素麺」の形はとてもユニークです。「大門素麺」の形は、長い素麺が丸まげ状に巻かれています。なぜそのような形になったかというと、かつて俵で素麺を出荷していた時に、素麺を折れにくくするために丸まげ状に作られたようです。

さらに、その丸まげ状の形が女の人の「島田まげ」に似ていることから「大門素麺」は、別称「丸まげ素麺」、「島田素麺」とも呼ばれています。

「大門素麺」の歴史

これから、「大門素麺」の歴史についてご紹介したいと思います。高級なブランド麺、「大門素麺」はどのようにして生まれたのでしょうか。

高級な「大門素麺」はどのようにして、富山の砺波市大門地区の名産品として今日まで受け継がれてきたのでしょうか。ご紹介します。

「大門素麺」が生まれた時代背景

「大門素麺」が生まれた時代背景とはどのようなものでしょうか。砺波市大門地区で素麺作りが始まったのは、江戸時代の後期1848年からといわれています。

「大門素麺」のルーツは石川県です。石川輪島市というと、その当時は素麺の生産地として栄えていました。同じように、石川の蛸島も素麺の生産地として、多くの素麺が作られていました。蛸島に大門地区から行商人として訪れた人が素麺と出会いました。

後に、大門地区出身の人が素麺の製法を教わりに行きました。そして、大門に戻った時にその製法を広めました。そこから「大門素麺」の生産が始まりました。

「大門素麺」が美味しい理由

「大門素麺」の美味しさの秘密はどこにあるのでしょうか。「大門素麺」は、どのように作られているのでしょうか。

「大門素麺」の美味しさを知ることのできる、「大門素麺」のこだわりの製法に関する情報をご紹介したいと思います。

「大門素麺」ならではの製法

「大門素麺」の製法についてご紹介します。機械化が進んで、簡単に時間を短縮させて様々なものが作られている時代にあって、「大門素麺」は、ほとんどの工程が手作業で作られます。

「大門素麺」作りは、寒さが厳しくなり、空気の乾燥する冬の時期に作られます。10月から翌年の3月にかけて作られます。質の良い小麦粉を使い、時間をかけて捏ねたものを一晩寝かせます。「大門素麺」は、その日の気温や湿度によって、塩水の量や熟成時間を変えて作られます。

寝かせたものを板状に伸ばしてから、より合わせて細く長く伸ばしていきます。伸ばされた麺を「はさ」と呼ばれるさおにかけて、下の方をゆっくり引っ張っていき、さらに伸ばしていきます。このようにすることによって、よりコシが強い素麺にになり、美味しい「大門素麺」となります。

「はさ」にかけて乾かされた素麺は、半乾きの状態で丸まげ状に手作業で丸められます。さらに乾燥させます。時間をかけて丁寧に作られた「大門素麺」は、コシの強い美味しい素麺に仕上がります。

「大門素麺」は生産者が分かる素麺

「大門素麺」の特徴としてあげられるのは、素麺の生産者が分かるようになっていることです。

素麺の生産者が分かるということは、どういうことでしょうか。その点についてご紹介したいと思います。

パッケージの包み紙には生産者の名前が印字

「大門素麺」の素麺は、パッケージの包み紙に生産者の名前が印字されています。誰が作った「大門素麺」か分かるということです。

「大門素麺」の好きな方は、生産者を指定して購入している方もいます。それは、作り方のマニュアルのない「大門素麺」は、それぞれの生産者が長年の経験を通して作っているので、生産者によって少しの味の違いなどがみられるためです。

「大門素麺」はどこで買える?

このこだわりの製法の人気の高い「大門素麺」はどこでも買うことができるのでしょうか。

「大門素麺」は、富山市内のスーパーやネット通販で買うことができます。これから、「大門素麺」の購入に関する情報をご紹介したいと思います。

富山市内のスーパー

「大門素麺」は、富山市内のスーパーで買うことができます。富山のスーパーで購入する方のなかには、生産者の名前を見て選ぶ方も多いようです。「大門素麺」は、麺が丸めてあるので、真四角なパッケージになっています。高級感のある包み紙に包まれて「大門素麺」は店頭に並んでいます。

美味しい「大門素麺」は人気の素麺なので、購入したい方はネット通販で買うという方法もあります。

ネット通販

美味しい「大門素麺」を、富山に行かなくても手軽にネット通販で買うことができます。ネット通販では、ショップによって価格の違いがありますので、ご確認ください。

ネット通販で買う時には、バラ売りやギフトセット、特製つゆのセットなどもあります。「大門素麺」は、1個350グラムで3人から4人前です。

「大門素麺」の美味しい食べ方

「大門素麺」の食べ方について、美味しい食べ方とはどのようなものでしょうか。「大門素麺」の食べ方についてご紹介したいと思います。

「大門素麺」の食べ方について、ストレートにつけ麺スタイルで食べ方と、好みのトッピングを添えて温かいつゆで食べる食べ方についてご紹介します。

ストレートにつけ麺スタイルで

まず、「大門素麺」をストレートにつけ麺スタイルで食べる食べ方についてご紹介します。「大門素麺」は、茹でる前にまげ目に沿って半分に割っておきます。たっぷりのお湯で3分くらい茹でて、しっかりと冷水でもみ洗いします。

「大門素麺」をストレートにつけ麺で食べる方法は、素麺の小麦の良い香りと、味を楽しむことのできるおすすめの食べ方です。

好みのトッピングを添えて温かいつゆで

次に、「大門素麺」を好みのトッピングを添えて、温かいつゆで食べる食べ方についてご紹介します。

温かいつゆで食べる場合の「大門素麺」を茹でる方法は、先にご紹介したつけ麺スタイルで食べる時と同じです。温かいつゆでの食べ方、「にゅう麵」は、好みのトッピングによって様々な味わいをみせてくれます。特に寒い季節には、温かいつゆで食べる「にゅう麵」という食べ方はおすすめです。

「大門素麺」について知ることのできる「大門素麺資料館」

富山県礪波市大門には、「大門素麺」について知ることのできる「大門素麺資料館」があります。「大門素麺」に関する、様々な資料や道具が保存されています。展示物からも「大門素麺」作りの工程などを詳しく知ることができます。

「大門素麺資料館」の営業時間は、10時から16時までです。「大門素麺資料館」は、年中無休です。入場料は無料です。見学をしたい場合は、近くの「農家レストラン大門」を訪ねてください。

「大門素麺」を食べることのできるお店

富山県には、「大門素麺」を食べることのできるお店があります。これから、「大門素麺」を食べることのできるお店をご紹介したいと思います。

ご紹介するお店は、「農家レストラン大門」、「砺波そだち」、「川なべ」です。お店の情報を営業時間やアクセス方法などとともにご紹介します。

農家レストラン大門

「大門素麺」を食べることのできるお店の1つ目にご紹介するのは、「農家レストラン大門」です。「農家レストラン大門」は、富山の砺波市周辺の伝承料理、郷土料理、「大門素麺」を食べることのできるお店です。

「農家レストラン大門」の営業時間は、ランチが11時から14時までです。ディナーが17時から22時までです。ディナーは完全予約制です。お店は年末年始が休みで、それ以外は無休で営業しています。

「農家レストラン大門」へのアクセス方法をご紹介します。電車でお越しの方は、JR城端線の砺波駅下車、徒歩約20分です。または、JR城端線の砺波駅下車、タクシーで約8分です。JR城端線の砺波駅下車、バスでアクセスする方法もあります。バスは市営バス庄川線を利用して、「大門」下車約3分です。

車でお越しの方は、北陸自動車道の砺波インターチェンジより徒歩約8分です。車でお越しの方のために駐車場があります。

砺波そだち

「大門素麺」を食べることのできるお店の2つ目にご紹介するのは、「砺波そだち」です。「砺波そだち」は、富山県砺波市宮沢町にある道の駅レストランです。

「砺波そだち」は、砺波の特産品がたくさんあり、様々な美味しいグルメを食べることができます。砺波の新鮮な食材を使った料理は、訪れる人たちに人気です。

「大門素麺」のメニューは、「冷やし素麺定食」と「温だし素麺定食」があります。「冷やし素麺定食」は、素麺の他に小鉢、揚げ物、ミニサラダが付いています。「温だし定食」も素麺の他に小鉢、揚げ物、ミニサラダが付いています。

また、お店のおすすめメニューとして、「梅紫蘇素麺定食」があります。素麵の他に小鉢、揚げ物、ミニサラダが付いてきます。

「砺波そだち」の営業時間は、ランチが11時から14時30分です。ディナーが17時から22時です。ラストオーダーは21時です。お店の定休日は、毎月第3水曜日です。

「砺波そだち」へのアクセス方法をご紹介します。電車でお越しの方は、JR城端線の砺波駅下車、徒歩約15分です。車でお越しの方は、北陸自動車道の砺波インターチェンジより車で約5分です。チューリップ公園の目の前です。車でお越しの方のために無料の駐車場があります。

川なべ

「大門素麺」を食べることのできるお店の3つ目にご紹介するのは、「川なべ」です。「川なべ」は、富山県砺波市三郎丸にあるお店です。メニューの種類も豊富な「川なべ」では、「大門素麺」とともに、お店の人気メニューである「塩天丼」などの、砺波の美味しいグルメを食べることができます。

店内で大きなタヌキが出迎えてくれる人気のお店で食べることのできる「大門素麺」には、色々な種類があります。「大門素麺」の上に、茄子と身欠きニシンをのせて食べる郷土料理や、あんかけで食べることのできる「大門素麺」があります。

また、砺波市の花である「チューリップ」の球根と白海老のかき揚げと一緒に食べることのできる「大門素麺」のメニューなど様々です。

さらに、「川なべ」の「大門素麺」は、創作の素麺として多くの人たちに人気があります。新しい素麵の美味しさを味わい、砺波の美味しいグルメを食べたい方におすすめのお店です。

「川なべ」の営業時間は、月曜日から土曜日までは、ランチは11時から15時までです。ディナーは17時30分から20時30分までです。日曜日と祭日は、11時から20時30分までです。お店の定休日は毎週火曜日です。

「川なべ」へのアクセス方法をご紹介します。電車でお越しの方は、JR城端線の油田駅より徒歩約10分です。または、JR城端線の砺波駅下車、徒歩約26分です。

車でお越しの方は、北陸自動車道の高岡砺波スマートインターチェンジより、国道156号で約9分で着きます。お店には専用の駐車場があります。

Thumb砺波のランチおすすめ13選!おしゃれカフェや和食など人気店を厳選!
たくさんの飲食店が集まる砺波は、富山でも隠れたランチ激戦区です。女性に人気の高いおしゃれなカ...

「大門素麺」をお土産で買う

美味しい「大門素麺」をお土産として買いたい時はどうすればよいでしょうか。「大門素麺」は、富山空港ターミナルにある「まいどは屋」で買うことができます。富山の様々な特産品が集結しているお土産店で、富山のお土産を買うのにとても便利です。

お土産店の「大門素麺」は、バラ売りとつゆ入詰め合わせの小さいサイズと大きいサイズのものがあります。詰め合わせはお土産におすすめです。

さらに、国道156号線沿いにある道の駅「となみ」でも「大門素麺」は買うことができます。道の駅「となみ」には、地元のお土産品がたくさんあります。レストランもあるので、「大門素麺」を食べた後にお土産として「大門素麺」を買うこともできます。

富山市内のスーパーでも「大門素麺」を買うことができます。スーパーで買って、お土産にすることができます。

Thumb富山の道の駅おすすめ11選!名物グルメや人気の温泉施設がある場所も!
富山県には、名物グルメがいただける道の駅や変わった体験ができる道の駅など、人気の道の駅がたく...

自分用にもお土産用にも嬉しい「大門素麺」

富山の高級素麺、「大門素麺」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。富山の高級素麺、「大門素麺」は、丁寧で時間をかけて作られた美味しい素麺です。包み紙には、生産者の名前も印字されています。特別感のある高級な「大門素麺」は、自分用に嬉しい逸品ですが、美味しい素麺をお土産にすることもできます。

特別感のある高級な「大門素麺」は、丸まげ状の形も可愛さがあり、お土産にも喜ばれます。また、富山では、「大門素麺」を食べることのできるお店もあります。

富山を訪れた時にはぜひ一度、「大門素麺」を食べてみてはいかがでしょうか。高級で、美味しい「大門素麺」を食べ、旅の良い思い出を作ってみてください。

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング