「勝駒」を本場富山で飲みたい!おすすめの種類や特徴・販売店を紹介!

勝駒は富山県の高岡市の小さな酒蔵で丁寧に作られている希少価値の高いお酒です。売り切れ必死のこの勝駒は今では全国的にも大人気です。そんな勝駒を地元の富山県で飲むのにおすすめの種類やお店をご紹介します。またこの勝駒の人気の理由もお伝えします。

「勝駒」を本場富山で飲みたい!おすすめの種類や特徴・販売店を紹介!のイメージ

目次

  1. 1「勝駒」とはどんなお酒?
  2. 2「勝駒」が美味しい理由
  3. 3「勝駒」のおすすめの種類と特徴
  4. 4「勝駒」が飲める富山県のおすすめのお店
  5. 5「勝駒」を販売している富山県のお店
  6. 6富山県のそのほかの地酒
  7. 7本場の富山県で飲む「勝駒」は格別な味わい

「勝駒」とはどんなお酒?

富山県は日本でも有数の米どころです。加えて黒部や立山といった名峰から流れ出る清らかな水を使って作られた日本酒も名品が数多くあるのも特徴です。

そんな富山県第2の都市、高岡には地元の人に愛されているとっても美味しいお酒があります。それが勝駒という名前の日本酒です。かつて加賀藩主前田家の隠居城の城下町として栄えてきた高岡ですから、銘酒の醸造所があってもおかしくはありません。

酒蔵はとても小さく小ぢんまりとしているので、この勝駒の流通量は多くはありません。近年では日本全国で人気が出ている有名な日本酒になっています。そんな富山の日本酒、勝駒についてご紹介します。おすすめの種類やその特徴、またこの勝駒を購入できる販売店などの情報もご覧ください。

明治39年創業の清都酒造場が生産している入手困難な日本酒

この知る人ぞ知る銘酒勝駒を作っているのが、清都酒造所という富山県高岡市で明治39年から日本酒を作り続けている酒蔵です。

作り手が僅か5人しかいないこの酒蔵は、あくまでも手作りにこだわっており、こつこつと、一心不乱に日本酒造りに励んでいます。この少数精鋭の酒造りがこの勝駒の美味しさの秘訣でもあります。一本一本のお酒に心を込めて誠実に対応する職人気質がこの勝駒の味を支えています。

この手作りの工程のために、毎年の出荷数も限られています。そのためこの勝駒は知る人ぞ知る幻の銘酒となっています。

「勝駒」が美味しい理由

まるで愛するわが子を慈しみかのように、毎年出来上がる勝駒を丹念に、丁寧に作り上げているのがこの勝駒の酒造所の気質です。創業以来、「不容偽」をモットーに酒造りが行われてきました。これは、決して偽りを容認しないという創業者から受け継がれてきた勝駒の気質です。

麹はしっかりと締めており、柏もよく出しています。それがこの勝駒の味の特徴を支えています。特にその香りには特徴があり多くの人が忘れられない銘酒として名前を挙げるのもそのためです。

「勝駒」の原料や製法

この勝駒を作っている清都酒造所では、その酒米のブレンドに特にこだわりを持っています。また基本的には瓶貯蔵の方式をとっています。それらがしっかりと温度管理された光の届かない蔵の中で熟成されています。

この勝駒の作るために使用されている麹米が、日本酒の製造には欠かせない、山田錦です。この山田錦を使った日本酒は数多くありますが、この勝駒ほどの香りをもったお酒はそれほど多くはありません。この勝駒を多くの日本酒通たちがおすすめするのもわかります。

「勝駒」のおすすめの種類と特徴

では、滅多に手に入らない、希少価値の高い銘酒、勝駒にはどんな種類があるのでしょうか。またそれぞれにはどんな特徴があるのでしょうか。

幾つか種類があるこの勝駒のうち、その3種類の特徴をご紹介します。大吟醸、純米吟醸、純米の3種類です。他に生酒などもあります。

「勝駒」大吟醸

まず最初にご紹介する種類が、勝駒の大吟醸です。勝駒の中でも最も人気がある種類がです。山田錦の名産地、兵庫県の山田錦を100パーセント使用して、40パーセントまで磨き上げ手作りで仕込んだ勝駒の名品です。

味の特徴は、柔らかく、かつふくらみのある味わいです。やや辛口のすっきりとした味わいが特徴の日本酒です。大きさは、1800ミリリットルと720ミリリットルの2種類で、大瓶は5460円、小さいものは2840円です。贈り物には最適のお酒です。

「勝駒」純米吟醸

続いてご紹介する勝駒の種類が純米吟醸です。税米歩合が50パーセント以下になったこの勝駒の純米吟醸は、香りと含み香の絶妙なバランスが特徴的なお酒です。この香りに、コクのある旨味と切れのある味が融合しました。これほど美味しい純米吟醸にはなかなかで得ないでしょう。勝駒でもおすすめの逸品です。

この勝駒の純米吟醸も大きさは2種類で、1800ミリリットルのものが4200円、720ミリリットルのものが2210円です。

「勝駒」純米

続いては、勝駒の純米酒をご紹介します。富山県の名酒、勝駒の味を十分に楽しむためには一番良い種類がこの純米酒です。よくに酒造米の精米に関しては日本一ともいわれてるこの富山県の酒蔵の中でもこの勝駒を作っている酒蔵の酒造米を磨く技術は定評があります。

そんな中で富山県産の酒造好適米、「五百万石」を50パーセントまで磨きました。これがこの勝駒の純米酒の味を特徴づけています。通常のお酒の純米酒では精米歩合は70パーセント以下といわれているからです。

この精米により、「五百万石」の香りや味を最大限に引き出すことに成功し、この勝駒の味や香りを特徴づける、優しい香り、またさらっとした飲み口を実現させています。勝駒の中でも一番人気の希少価値が高い商品です。

「勝駒」が飲める富山県のおすすめのお店

この富山でも一押しの人気の日本酒、勝駒はどこに行けば飲むことができるのでしょうか。もちろん流通している酒屋さんに行って購入することもできますが、どうせなら富山県の美味しい料理と一緒に飲みたいものです。

どんな場所でもそうですが、お酒が美味しいところはその地元の料理と一緒にいただけばそのおいしさが一層増します。そんなわけで、富山県内でこの勝駒も飲むことができて、しかも美味しい勝駒も味わえるという贅沢なお店を幾つかご紹介したいと思います。

希少価値のとても高い勝駒を瓶で買うのは、年々難しくなってきているようです。手っ取り早い味わい方がこの勝駒を出しているお店に行くことかもしれません。

Thumb富山駅周辺の居酒屋おすすめ21選!地元の人気海鮮やおしゃれ個室もあり!
富山といえば、日本一の高さで知られる黒部ダムの存在で、全国から多くの観光客が訪れる人気エリア...

居酒屋 だい人

まず最初にご紹介する勝駒が飲めるおすすめのお店が、富山市の富山駅前にある居酒屋、だい人です。お店のインテリアが素晴らしい居酒屋で、木材を基調としたぬくもりあふれる居酒屋です。古民家風の店内で食べる料理は、富山の港で水揚げされた朝どれの魚介類。

新鮮なお刺身がたっぷり盛られた小おけには季節ごとの美味しお魚が沢山出てきます。甘えびにホタルイカ、寒ブリにアジなど、富山湾で育った豊かな海鮮類を楽しめます。

そんな海鮮類と、さわやかな味わいが特徴の勝駒との相性がまたぴったりです。ここで飲めば勝駒が人気の理由がよくわかるはずです。

住所 富山市新富町2丁目5-1 はまのやビル1F
電話番号 076-431-0122

とやま方舟

北陸新幹線の開業に伴い、首都圏からの旅行客が一気に増えたこの富山県にはこの勝駒を始めとした富山県の銘酒を目当てにくる旅行客も増えています。そんな旅行客が訪れる富山駅に、この勝駒を味わいながら富山のグルメも味わえるお店があります。それがこの日本酒スローフード「とやま方舟」です。

20ほどある富山県内の酒蔵のすべての日本酒がそろっているお店ということで、旅行客はもちろんの事、改めて自分たちの地元の味を知ろうとしている人々におすすめの人気店です。

おすすめの料理としては、特に冬の時期の油の乗ったのもが美味しい氷見ブリ、ホタルイカ、白エビ、ベニズワイガニなどの海の幸に加え、黒部の名水で育てられた黒部名水ポークなどもおすすめです。勝駒の味を引き立てる地元の料理を楽しんでください。

住所 富山市明輪町1番220号きときと市場とやマルシェ
電話番号 076-471-8120

居酒屋 醸家

おすすめの勝駒が楽しめる居酒屋が、富山市内にある古民家風の居酒屋、醸家です。まるで昭和初期の民家のような柱や民芸品、また囲炉裏などのインテリアが落ち着く雰囲気を醸し出す居酒屋です。ここの店主が特に日本酒が大好きで日本全国から選りすぐりの日本酒を提供しています。

もちろん地元の名酒勝駒も忘れてはいません。そんな勝駒にぴったりのお刺身や、またこのお店の自慢の炉端焼きセットなどは最高です。

目の前の囲炉裏で、ハマグリやアサリが焼きあたってぱっかりと口を開いたり、エビやカニの殻が焼けた香ばしい香りがまた勝駒の味を引き立てます。

住所 富山市桜町2丁目6-12 フクタビル1F
電話番号 076-433-8100

炉ばた焼 陣太鼓

最後にご紹介するのが、勝駒の地元富山県の高岡市にある居酒屋、陣太鼓です。店主の意向とは反して転売され高値で取引されることがまれにあるこの富山の名酒、勝駒ですが本来は地元の人たちが普段のちょっとした機会に美味しくいただくためのもの。そんなお酒ですから、高岡の地元料理が一番相性がいいでしょう。

そんな高岡の地元料理を楽しむなら、この陣太鼓です。おすすめのメニューはイカの石焼や白エビのから揚げ、またお刺身の盛り合わせなどです。季節ごとにその日に獲れた新鮮な魚介類が魅力のお店です。また今人気ののどぐろや、富山のブリなどもおすすめです。

住所 富山県高岡市桐木町32
電話番号 0766-25-0033

「勝駒」を販売している富山県のお店

ここまで、富山県の有名なお酒、勝駒を楽しむことができる飲食店をご紹介しました。しかしお酒好きの方にとっては家で、ゆっくりと自分のペースで飲みたいという方もいらっしゃるでしょう。またお世話になった人のお土産に、特に富山県に出身の人に買って帰りたいという人もいるでしょう。

そんな人たちにおすすめの富山の名酒勝駒を購入できるおすすめの販売店を幾つかご紹介したいと思います。しかし売り切れ必至の希少品ですので、電話などで事前にそれぞれの販売店に確認してから行くことをおすすめします。

エスポアなかやす

最初にご紹介する勝駒が買えるおすすめの販売店がエスポアなかやすです。富山の名酒を始めとして世界各地の美味しいお酒の販売店です。特に勝駒を生産している清都酒造の蔵主とこのエスポアなかやすの管理企業、なかやす酒販の社長とは旧知の仲。酒造元と販売店というわくを超えて二人三脚で高岡の酒蔵を支えてきたお店です。

販売店の中では一番勝駒に近いお店ですが、それでも勝駒を手に入れることは至難の業です。この販売店へは訪問する前に電話などで連絡してから行くことをおすすめします。運が良ければ手に入るかもしれません。

住所 富山県高岡市清水町3-5-58
電話番号 0766-25-9000

ふたつか酒店

続いてご紹介するのも、勝駒の地元高岡市の販売店、ふたつか酒店です。この販売店も一番のおすすめは勝駒です。蔵元と販売店とはまた勝駒が全国的に有名なる前の20年以上前からの付き合いです。そんな協力関係からいまでも勝駒の販売店として活躍しています。

この販売店でも同じように、勝駒の安定供給はしていません。あまりにお問い合わせが多いために、勝駒の在庫状況や注文、予約はメールでは受け付けていません。小さな販売店なので大変です。しかしこの勝駒を手にれるために今でも大勢の人が訪れています。

住所 富山県高岡市東下関2-8
電話番号 0766-22-2168

山田酒店

続いてご紹介する販売店も、富山県の高岡市にある山田酒店です。蔵元との関係を大切にしつつ、顧客との間に立つとても難しい立場ですが、この山田酒店の店主は長年の経験を生かしつつ、努力も惜しまないその姿勢から多くの酒蔵の人たちからの信頼を得ています。そんな山田酒店でも運が良ければ勝駒を購入することができるかもしれません。

住所 富山県高岡市波岡116
電話番号 0766-23-4116

リカーポケットみずはた

最後にご紹介する販売店が富山市にある販売店、リカーポケットみずはたです。この販売店は特に焼酎の品ぞろえが多いお店として有名ですが、富山県の地酒も豊富にそろえています。数少ない勝駒を購入できる販売店の一つです。他でなかった場合はもしかしたらこのリカーポケットみずはたで見つかるかもしれません。

住所 富山市湊入船町12-18
電話番号 076-441-3450

富山県のそのほかの地酒

富山県は隣の新潟県などと比べると酒蔵の数こそは少ないですが、一つ一つがこだわりを持つ当時たちが丁寧に酒造りをしているということで定評があります。

中でも有名なのがこの勝駒のほかにあと2つ。それが満寿泉と立山です。勝駒が品切れでなかった場合にはこの2つのうちのどちらかを購入していくことをおすすめします。勝駒に負けない美味しさのお酒です。

本場の富山県で飲む「勝駒」は格別な味わい

富山県、高岡市の名酒、勝駒についてご紹介しました。希少価値の高い理由もわかりました。一つ一つが手作りにこだわり品質にこだわって作られているので大量生産ができないからです。

そんな勝駒を味わうために、富山に旅行に行くといいでしょう。富山の地元料理と一緒ん飲むときに、この勝駒の本当の味の良さを知ることができるはずです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ