塩尻観光おすすめスポットランキングTOP13!人気グルメや穴場を厳選!

長野県塩尻市は、宿場町の伝統が残る歴史ある観光都市でもあります。日本アルプスの地で、風光明媚な山々や、伝統あるグルメもある観光地です。木曽の山中にあた、伝統の工芸品も多数あります。山岳観光、歴史観光、グルメ観光が楽しめる町です。そんな塩尻の紹介です。

塩尻観光おすすめスポットランキングTOP13!人気グルメや穴場を厳選!のイメージ

目次

  1. 1長野県の塩尻とはどんなところ?
  2. 2塩尻観光で人気があるスポットをランキングで発表
  3. 3塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP13】平出遺跡
  4. 4塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP12】高ボッチ高原
  5. 5塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP11】みどり湖温泉
  6. 6塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP10】本山そばの里
  7. 7塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP9】木曽漆器館
  8. 8塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP8】きそむら道の駅
  9. 9塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP7】チロルの森
  10. 10塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP6】霧訪山
  11. 11塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP5】山賊
  12. 12塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP4】木曽奈良井宿 きむら
  13. 13塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP3】井筒ワイナリー
  14. 14塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP2】いこいの森公園
  15. 15塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP1】奈良井宿
  16. 16様々な観光が楽しめる塩尻観光
  17. 17塩尻は1日楽しく過ごせる観光地

長野県の塩尻とはどんなところ?

本州の中央部にある長野県、面積は日本で4番目の広大な県です。広い県なので、通常は、北信・東信・中信・南信に4区分されます。長野県塩尻市(しおじりし)は、長野県中部、中信地方にある市です。長野県のほぼ中央に位置し、長野県の交通の要衝です。

塩尻市は、扇状の地形で、東西約18キロメートル 、南北約38キロメートルの広さがあります。市内の塩尻峠、善知鳥峠、鳥居峠は太平洋と日本海への分水嶺になっています。

宿場「奈良井宿」の面影を残す長閑な里山の人気観光地

塩尻市には奈良井宿(ならいじゅく)があります。奈良井宿は中山道六十九次の34番目の宿場です。今も、上町・中町・下町の3つの街区があります。古き良き日本の情緒を色濃く残す、長閑(のどか)な里山の観光地です。歴史もグルメも名所観光も楽しめる長野県の人気観光都市の一つです。

塩尻観光で人気があるスポットをランキングで発表

塩尻市の「しおじり」の由来は、塩尻市の広報では、その昔、塩の販売業者が、海から塩を運ぶ「塩の道」伝いに、長野県で塩を販売していくと、ちょうど塩尻あたりで塩が売り切れ、終わりになる、終わり=尻で、塩の尻、塩尻となったそうです。そんな、長い歴史がある塩尻です。観光名所もグルメスポットもたくさんあります。

スポットの見どころやおすすめのグルメも合わせて紹介

歴史ある塩尻の街には、伝統的な観光名所や内陸県長野ならではのグルメや、真面目で賢明な信州人が生みだした名産品がたくさんあります。そんな様々なおすすめ品をランキングにして紹介します。多数の名品のなかから、今回は厳選した観光名所、13箇所を紹介します。何れも魅力いっぱいの観光地です。

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP13】平出遺跡

遺跡といえば、奈良や大阪のイメージが強いのですが、長野県塩尻市にも縄文時代からの遺跡があります。それも、歴史的、文化的価値の高い国史跡に指定されている「平出遺跡」です。縄文時代から塩尻には人々が集落を形成し生活していたようです。そんな、古代のロマンが漂う平出遺跡です。塩尻の歴史観光です。

縄文時代の遺跡が残る古代ロマンに包まれた史跡

平出遺跡は、縄文時代から平安時代にかけての大集落跡と推定されています。江戸時代には、遺跡のある場所で、土器や石器が拾えると知られていたようで、当時の記録も残っています。本格的な発掘調査は昭和25年(1950年)から始まり、古墳時代から平安時代にかけての大量の出土品により、当時の生活復元がかなりの部分で可能になったそうです。

そのような貴重な出土品が発見された平出遺跡は、古代からの歴史的価値が高く評価され、昭和27年(1952年)に、国史跡に指定されています。

それ以降も発掘調査は続けられて、290軒を超える竪穴住居址や建物跡、土器、石器、鉄器類が見つかっています。塩尻市の歴史観光の必見スポットです。

「平出遺跡」の見どころ

現在、平出遺跡の一部は遺跡の保護と活用のため「平出遺跡公園」になっています。公園には、ガイダンス棟もあり、遺跡公園を訪れた方々が、火起し、勾玉づくり、弓矢飛ばし、土器づくりなどの体験学習ができます。歴史観光は体験して楽しさが増します。

遺跡の生活を復元させた、縄文の村もあり、ドングリの林に囲まれた茅葺き屋根の7軒の住居が並んでいます。当時の大型住居や穀物倉の高床式倉庫を復元しています。モモの果樹園なども整備して、6世紀末から7世紀初頭の村の様子が再現されています。

遺跡公園の東側には平安集落の1戸、4棟の住居と納屋が復元され、畑なども整備されています。平出遺跡観光を楽しみましょう。

「平出遺跡」のアクセス情報

平出遺跡へのアクセスは、JR中央本線塩尻駅で下車し、タクシーで、約5分でアクセスできます。徒歩でも、塩尻駅西口から約20分です。車の場合は、長野自動車道塩尻ICで降りて、約10分です。一般道では、松本方面から国道10号の「桔梗ケ原東」信号機を左折し約5分です。木曽方面からは国道19号で「中仙道一里塚」の信号機を右折し3分です。

塩尻地区の地域振興バスを利用すると、JR塩尻駅から中心市街地循環線(西廻り)に乗車し、約8分で「平出遺跡公園口」バス停に着き下車します。JR塩尻駅から宗賀線に乗車すると、約10分の乗車で「平出詰所前」か「平出遺跡口」に着き下車すると平出遺跡です。

住所 長野県塩尻市宗賀1011-3
電話番号 0263-52-1022(平出博物館)

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP12】高ボッチ高原

高ボッチ高原(たかぼっちこうげん)は、塩尻市の東部に位置しています。標高1665メートルの高ボッチ山の斜面に広がる、なだらかな傾斜の高原です。風光明媚な山岳地帯が続く長野県でも、高ボッチ高原は秀逸です。自撮りでも、他撮りでも、最高の撮影ポイントといわれています。ドライブ観光の人気スポットです。

ドライブ好きの人におすすめのスポットで可憐な高山植物も観賞できる

ドライブ好きには「高ボッチスカイライン」は楽しいドライブコースです。ただし、道が狭いので運転には注意しましょう。ドライブコース周辺には、カワラナデシコ、ハクサンフウロ、ハクサンシャジン、ワレモコウ、コオニユリなどの高山植物があり、コース全体で、その数は等40種以上といわれています。

「高ボッチ高原」の見どころ

高ボッチ高原は360度に見どころが広がります。自然保護センターから、高ボッチ牧場まで観光施設があります。全方向の眺望が開けた山頂からは、北アルプス、諏訪湖、南アルプス、さらに富士山まで、その姿が拝めます。

レンゲツツジやハクサンフウロなどの高山植物も身近に観察できます。諏訪湖越しの富士山は、ここだけでしか望めない絶景の観光スポットです。

「高ボッチ高原」のアクセス情報

高ボッチ高原へのアクセスは車になります。塩尻市や岡谷市方面からは、国道20号から高ボッチスカイラインを経由して、高ボッチ高原へアクセスします。松本市方面からは「崖の湯温泉」へ向かって行く道路を使います。但し、冬季間は高ボッチへの道路は閉鎖となりますので注意が必要です。

高ボッチ高原の駐車場は、草競馬場隣接の第一駐車場と頂上口の第二駐車場の2箇所があります。駐車場を心配せずに車で観光ができます。

住所 長野県塩尻市大字片丘
電話番号 0263-88-8722(塩尻市観光協会塩尻駅前観光案内所)

Thumb 高ボッチ高原は長野の絶景スポット!雲海の条件や夜景の撮影ポイントは?
長野県塩尻市にある高ボッチ高原は、長野の絶景スポットとして知られています。条件が合えば雲海が...

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP11】みどり湖温泉

日本の観光に温泉は切っても切れません。塩尻がある地域は長野でも有名な観光温泉がたくさんあります。温泉好きな日本人にとって、ぜひとも体験してもらいたい温泉が塩尻にあります。それが、みどり湖温泉です。古き良き日本の温泉です。入浴すると昭和の日本の温泉の良さが理解できる気分になれそうです。

昔ながらのレトロな日帰り温泉施設

みどり湖温泉は、塩尻市金井のみどり湖そばにある、レトロな湯治場の風情が今も残る温泉です。周囲の 木々の緑と青い湖に囲まれて、昔ながらの温泉がじっくりと楽しめます。泉質は単純泉ですが、鉄分を含んでいるようです。効能は、痔病、神経痛、胃腸病に効くといわれています。

「みどり湖温泉」の見どころ

「みどり湖温泉」の見どころといえば、湯元田川浦温泉旅館です。昭和の温泉がまだ生きています。低層赤屋根の建物は古き良き温泉旅館です。創業100年以上の名湯です。ふるくから日本人の国民病、痔疾に特効のあるお湯として、湯治客が絶えないようです。

温泉がスパになった昨今、湯元田川浦温泉旅館は塩尻観光では絶対の立ち寄りスポットです。料金500円で、営業時間14時~18時の間は日帰り入浴ができます。

住所 長野県塩尻市金井672
電話番号 0263-56-2567

「みどり湖温泉」のアクセス情報

みどり湖温泉へのアクセスは、車利用で塩尻ICからは5キロメートル、約10分です。公共交通機関で鉄道を利用する場合は、JR中央本線塩尻駅で下車して、タクシーで15分になります。JR中央本線のみどり湖駅で下車すると、徒歩で約15分~20分になります。信州の緑の中を歩きながら辿り着いた温泉を楽しみましょう。  

住所 長野県塩尻市金井
電話番号 0263-54-2001(塩尻市観光協会)

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP10】本山そばの里

信州長野のグルメといえば、やはりそばです。そばは健康食品として最近は見直されています。塩尻は、現在のそばの原型ともいえる、そば切りが誕生した場所ともいわれています。それだけ、美味しいそばの食べ方の歴史が塩尻にはあります。本場のそばを味わいましょう。

そば切り発祥の地で味わう名物そばは格別な味わい

本山そばの里では、そば切り発祥の地と言っています。宝永3年(1706年)に、芭蕉の門下森川許六により編集発刊された「風俗文選」にそば切りの発症が信濃の国本山宿とあり、それまで、餅などに混ぜて食べていたそばを、現代のようなそばとして食べた記述であり、そば切り発祥の地と地元ではいわれています。

塩尻では今でも、そばの栽培が盛んで、地産地消、安心安全な本物の塩尻のそばが提供される「そばの里」です。本場塩尻で、そばを食べるグルメ観光はおすすめです。

「本山そばの里」のおすすめメニュー

「本山そばの里」のそばは、ストレートに美味しいのです。どの、メニューでも満足いく本場信州そばが楽しめます。盛りそば、重ねそば、山菜そば、てんぷらそば、とろろそばまで、そばが美味しくいただけます。

そばは食べる時期で、味わいが異なります。8月中旬や下旬に食べるそばは、避暑地信州の冷涼感が味わえます。10月下旬~11月上旬の、新そばは、そばの香りが高くそばを味わった満足感が一段と高揚します。

「本山そばの里」のアクセス情報

「本山そばの里」へのアクセスは、車の場合、長野自動車道の塩尻ICから名古屋方面へ20分の場所にあります。公共交通機関は、JR中央本線の塩尻駅で下車して、地域振興バス宗賀線に乗車し、約30分の「本山下町」バス停で下車し徒歩2分です。JR中央本線の日出塩駅で下車し、塩尻方面へ徒歩で30分でもたどり着けます。

住所 長野県塩尻市大字宗賀本山4404−1
電話番号 0263-54-6371

Thumb長野のそば名店ランキング!地元民おすすめの有名店やお土産用も紹介!
長野県の名物グルメといえば、言わずと知れた「信州そば」。長野県を訪れるのに、信州そばを食ざす...

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP9】木曽漆器館

木曽の木工品には素晴らしい技術が引き継がれているそうです。長く、長野の山中で生きてきた人々の叡智と創造力と技が確実に受け継がれています。木曽漆器もその一つで、木曽漆器館には、数々の優秀な作品だけでなく、制作に用いられる専門的な道具や漆を採るための道具などが展示されています。人間国宝の作家の作品も展示されています。
 

塩尻の名産品・漆器のすべてが分かるスポット

江戸時代から、木曽平沢の漆器は中山道のみやげ物として人気がありました。その伝統が受け継がれ、その巧みな技術や最高の技は今も生きています。その貴重な伝統技術を現代のライフスタイルに合わせ、新しい塗り方や製品が生まれています。今でも塩尻のみやげ物として人気です。

そんな木曽漆器の産地の博物館です。有形民俗文化財に指定されている木曽漆器の製作工程から、貴重な作品や資料が展示されています。木曽の伝統工芸品観光の決め手です。

「木曽漆器館」の見どころ

木曽漆器館には、国指定重要有形民俗文化財の「木曽塗りの製作用具及び製品」約3700点が展示されています。人間国宝・人間県宝作家の漆器作品も展示されています。さらに、木曽漆器の製作工程や製品に関する道具類や資料類も展示され、木曽漆器を深く知ることができます。

「木曽漆器館」のアクセス情報

「木曽漆器館」へのアクセスは、車だと、塩尻ICから24キロメートルあり、約30分でアクセスできます。中津川ICからは、80キロメートルで90分程度かかります。電車でアクセスする場合は、JR中央本線木曽平沢駅で下車して徒歩で約7分です。 駐車場もあります。

「木曽漆器館」の入館料金は、大人:300円、中学生以下は無料です。開館時間は、4月~11月は、9:00~17:00(入館時間16:30)、12月~3月までは、9:00~16:00(入館時間15:30まで)です。毎週月曜日は休館日です。

住所 長野県塩尻市木曽平沢2324-150 
電話番号 0264-34-1140 

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP8】きそむら道の駅

今や各地区の観光拠点になっているのが道の駅です。道の駅は、地域観光のすべてが揃っているといっても言い過ぎではありません。その地区の特産品、有名店、その土地特有の人気特産品など、道の駅に立ち寄ることで、その地区をより知ることができます。塩尻にも道の駅があります。「きそむら道の駅」です。

郷土料理が味わえる食事処を併設した道の駅

きそむら道の駅は、木曽川の源流にあたる木祖村の玄関口に「道の駅 木曽川源流の里きそむら」があります。国道19号線沿いの道の駅です。道の駅には、高地で育てられた新鮮な地元野菜が並びます。地元名産の木曽の木材使ったカッコイイモダンな木工工芸作品もあります。地域の観光拠点です。

お食事処「げんき茶屋」は、道の駅の特徴でもありますが、地元スタッフが丹精込めて育てたそばから作ったそばが人気です。グルメも揃う道の駅です。地元産の観光土産もあります。

「きそむら道の駅」の見どころとおすすめメニュー

お食事処「げんき茶屋」は、戸隠そばと郷土料理と地酒が楽しめます。花ワサビのお浸し、山菜セット、ふきのとうの天ぷらもあります。馬刺し、信州サーモンや信州大王イワナに歯ごたえが良く美味しいと評判の佐久鯉など、長野のグルメなメニューが楽しめます。地酒もそば焼酎もあります。仕上げは、やはり手打ちそばです。

「きそむら道の駅」のアクセス情報

道の駅「きそむら道の駅」へのアクセスは、JR中央本線、藪原駅から徒歩で約5分の場所にあります。道の駅ですが、電車の駅からも近い場所になります。車でアクセスする場合は、中央自動車道の塩尻ICで降りて、約40分でアクセスできます。伊那ICで降りると、約30分です。 

住所 長野県木曽郡木祖村大字薮原163-1 
電話番号 0264-36-1050

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP7】チロルの森

日本のアルプスともいわれる長野県です。その日本のアルプスに相応しい「チロルの森」が塩尻にあります。標高1000メートルの高地で自然体験ができるレジャー施設が塩尻にあります。オーストリアに負けない、楽しい長野のチロルの森に出かけて、思いっきり日本のアルプス観光を楽しみましょう。

オーストリアのチロル地方をコンセプトにした自然あふれるレジャー施設

まさに、オーストリア「チロル地方」をモチーフとした「チロルの森」は、ヨーロッパの牧場の雰囲気が楽しめます。動物とのふれあい体験、乗馬、農業体験ができます。おすすめは自家製ソーセージと新鮮な材料のソフトクリームが大人気です。マスコットキャラクターの「チロリス」ともいっしょに遊べます。家族で楽しめるレジャー観光施設です。

「チロルの森」の見どころ

「チロルの森」には、ラベンダー畑や牧舎があります。乗馬も楽しめ小動物とも触れ合えます。チロルの森は、森の入り口、味散歩の街、ワインとまきばの丘、遊びのエリアの4つのエリアがあります。様々なレストランから、木工クラフト体験教室、農業体験ができるエリアまであります。

「チロルの森」のアクセス情報

チロルの森へは、車でのアクセスをおすすめします。長野自動車道岡谷インターチェンジからは、国道20号を経由して塩尻方面へ7キロメートルでアクセスできます。長野自動車道の塩尻インターチェンジからも、国道20号を経由して、岡谷方面へ8キロメートルです。駐車場が大変広いため、2000台まで収容可能です。

電車を利用する場合は、中央本線塩尻駅で下車し、塩尻市地域振興バス北小野線に乗ってアクセスできます。

住所 長野県塩尻市 北小野5050
電話番号 0263-51-8100

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP6】霧訪山

塩尻は高度が高い場所にあります。名山もたくさんなります。そんな中で、地元の人にも、登山者にも人気の山が霧訪山(きりとうやま)です。人気の秘密は頂上からの見晴らしの良さです。最高到達地点の標高が、1305メートルありますが、登山そのものは難しい山ではあります。 

日帰り登山で人気があるスポットで山頂では八ヶ岳が見渡せる

霧訪山は「一望千里」と絶賛され、日帰り登山で人気のある山です。霧が谷間から静かに訪ねてくる山なのでしょうか。木曽と伊那の谷に挟まれてそびえる、決して大きな山ではありませんが、ハイキング感覚で登った頂上から、大展望で遠く八ヶ岳まで眺めながられます。

「霧訪山」の見どころ

「霧訪山」の見どころは、山頂からの360度の絶景です。松本平、伊那谷、諏訪盆地、木曽谷から、北アルプス、南アルプス、八ヶ岳も見渡せます。さらに、霧ヶ峰、美ヶ原、高ボッチ、鉢伏山も望めます。登山口から1時間半程度で、これだけの絶景が望める山そうそうありません。

「霧訪山」のアクセス情報

霧訪山へのアクセスは、どこの登山口を選択するかで変わってきます。下西条コースは、長野道塩尻ICから車で約25分です。かつとりコースは、長野道塩尻ICから約20分です。JR辰野線の小野駅からは徒歩で約30分です。中央分水嶺コースは、長野道塩尻ICから車で約15分になります。 

各コースの駐車場は下西条コースが、山ノ神自然園入口に10台、かつとりコースには、約20台、中央分水嶺コースには、普通車で5台の駐車スペースがあります。

住所 長野県塩尻市古町
電話番号 0263-88-8722(塩尻市観光協会塩尻駅前観光案内所)

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP5】山賊

塩尻市で生まれた山賊焼は、鶏肉をまるごと特製のタレに漬け込んで、豪快に揚げた塩尻のグルメな郷土料理です。 山賊焼のお店は塩尻にたくさんあります。それぞれのお店が、タレにも焼き方にも工夫を凝らして、独自の味を出しています。食べ比べて自分のお気に入りの店を見つけましょう。

郷土グルメの山賊焼きがじっくり味わえる鶏料理専門店

塩尻の「山賊焼」といえば、この店です。塩尻市の居酒屋「山賊」が山賊焼の元祖といわれています。実際、お店の横には「元祖山賊焼」の石碑が立っています。現在のお店の前身の店「松本食堂」の店主の祖父夫婦が、太平洋戦争の前後にメニューを起こしたと伝わっています。

「山賊」のおすすめメニュー

「山賊」さんの、メニューはなんといっても「山賊焼」です。一般的に山賊焼は、にんにくをたっぷり効かせた醤油ダレに、鳥の胸肉やもも肉をじっくりと漬け込んで、片栗粉をまぶして、豪快に揚げるのですが、山賊さんは、ジャンボサイズです。他にも、鶏モツをしっかり煮込んだ「半モツ煮」も人気メニューです。

「山賊」のアクセス情報

「山賊」さんへのアクセスは、塩尻駅から徒歩でも5分の好位置です。車だと、塩尻ICから10分の距離です。駐車場もあります。営業時間は、17:00~23:00です。L.O.は、22:30になります。お店は38席あり、家族連れも問題なく入店できます。水曜日が定休日になります。

住所 長野県塩尻市大門七番町10-1
電話番号 0263-52-0743

Thumb山賊焼きは長野の名物グルメ!美味しいと話題の人気店舗を一挙紹介!
長野の名物グルメとして知られる山賊焼き。山賊焼きは、山口県でも有名なのですが、山口県の山賊焼...

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP4】木曽奈良井宿 きむら

最近は、日本の伝統的なお菓子が見直されています。健康志向の高い人々からは、絶大な支持があります。米を主力にした素朴なお菓子は、シンプルに美味しいのです。そこに、あんこや醬油やゴマやきな粉が加わってきます。塩尻には伝統的な美味しいお菓子がたくさんあります。そんな塩尻の名店です。

おやきや五平餅など魅力的な信州グルメがそろった人気店

塩尻などの木曽路の人気な食べ物が、五平餅とお焼きです。さらにお団子も人気グルメです。最近は、カタカナのお菓子に押されがちなお土産が増えている観光地の中で、塩尻には、日本の伝統のお菓子が根強く生き続けています。しかも、有名な名店があります。そんな、塩尻の伝統グルメの紹介です。

「木曽奈良井宿 きむら」でおすすめのメニュー

「木曽奈良井宿きむら」さんは、豊富なメニューが揃っています。日本の素朴な和菓子の代表、団子では、みたらしだんご、しょうゆだんご、よもぎだんご、ごまだんご、いそべだんご、きなこ団子、七味団子と7種類もあります。 その他にも、五平餅、ぽたぽた餅、おやきもあります。その他にも豊富なメニューがあります。

「木曽奈良井宿 きむら」のアクセス情報

「木曽奈良井宿きむら」さんへのアクセスは、電車で行く場合は、JR中央線奈良井駅から徒歩で約10分でアクセスできる場所です。木曽の街並みを眺めながらお店にアクセスできます。お店の営業時間は、平日が10:00~17:00、土曜日、日曜日は10:00~18:00です。木曽グルメ観光の定番です。

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP3】井筒ワイナリー

信州にもワインがあります。歴史あるワイン作りのワイナリーがあります。塩尻の井筒ワイナリーは、標高700メートルの桔梗ヶ原にあります。レンガ色の大きな三角屋根のワイナリーは、美味しい塩尻のワインの醸造所です。日本独特の棚仕立てのブドウ畑がの景観が眺められます。

試飲のみならず特産ワインを使ったお土産も大好評

明治23年(1890年)に塩尻市の桔梗ヶ原でぶどう栽培が始まっています。一大ぶどうの産地です。塩尻市一帯は、現在でもワインの醸造が盛んです。周辺の醸造業者が共同で、塩尻ワイナリーフェスタが開催されます。各醸造者のワインが展示販売されます。その他にも、ジャムやジュースもあります。

「井筒ワイナリー」の見どころ

「井筒ワイナリー」の見どころは、株式会社井筒ワインさんです。昭和8年(1933年)に、信州の桔梗ヶ原の地でワイン醸造メーカーとして創業しています。数々のぶどうの栽培と醸造を続け、塩尻の地に根ざしたワインの質や価値を追求している企業です。

株式会社井筒ワインさんには、ショップがあり、試飲が自由にできます。ショップの営業時間は9:00~17:00までになります。ショップには駐車場もあります。

「井筒ワイナリー」のアクセス情報

井筒ワイナリーへのアクセスは、車の場合は、塩尻北インターで降りて、約7分です。駐車場も完備しています。電車の場合は、JR中央本線、塩尻駅よりタクシーで約5分です。信州松本空港からは、タクシーで15分になります。井筒ワインへのアクセスもほぼ同様です。

住所 長野県塩尻市桔梗ケ原1298-187
電話番号 0263-52-0174(株式会社井筒ワイン)

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP2】いこいの森公園

塩尻市は日本でもよく知られた木曽山中にあります。大自然があふれる環境が活かされた観光施設があります。「いこいの森」は、木曽の自然が存分に楽しめるスポットです。子供連れの家族から、気の合う大人同士の仲間との旅行でも楽しめる木曽の魅力いっぱいの施設です。

アウトドアやバーベキューが楽しめるレジャー施設で博物館「地球の宝石箱」も併設

塩尻市と岡谷市の境にある標高約1000メートルの塩嶺高原(えんれいこうげん)に「いこいの森公園」はあります。自然のあふれる木曽のレジャー施設です。一帯には、木曽の自然が体験できる、とんぼの池や蝶の丘、子供が喜ぶバーベキュースポットなど、親子で楽しめる公園です。

いこいの森公園には、花崗岩でできた日時計や楽しい遊具「ダイナミックサウルス」があります。隣接する博物館の「地球の宝石箱」は、珍しい岩石や化石を展示してあります。

「いこいの森公園」の見どころ

「いこいの森公園」の見どころは、ここでしか見ることができない、博物館「地球の宝石箱」です。館内には約2000点に及ぶ鉱物・岩石・化石の標本が展示されています。南極の石や日本最大級の鉄隕石など、見る価値が高い石がたくさんあります。

「地球の宝石箱」の開館時間は、9:00~17:00までです。料金は、大人:600円、学生:400円、中学生:300円、小学生:300円です。 尚、冬の12月~3月は休館します。  

「いこいの森公園」のアクセス情報

「いこいの森公園」へのアクセスですが、電車の場合は、JR中央本線塩尻駅より、7.9キロメートルあり、タクシー(車)で約15分~20分です。車を使ってアクセスする場合は、塩尻インターで降りて、約15分~17分になります。駐車場も完備しています。長野県は広い県です。長野観光は車が便利です。

住所 長野県塩尻市北小野4668
電話番号 0263-51-8111(地球の宝石箱)  

塩尻観光でおすすめの人気スポットランキング【TOP1】奈良井宿

塩尻といえば、やはり奈良井宿です。奈良井宿があって塩尻は発展しています。宿場町は明治時代になり急激に姿を変えていった街が多いのですが、奈良井宿には、宿場町であった当時の街並みが今でも残っている、稀な場所です。近代日本の礎となった江戸時代、そんな歴史に触れられる街です。

江戸情緒あふれる町並みは一見の価値あり

塩尻市の奈良井川上流に位置する奈良井宿、標高900メートルの河岸段丘の下部に開けた宿場町です。木曽路に11ある宿場の江戸側から2番目に当たります。

11宿の中では最も高い標高に宿があり、鳥居峠を控えて、中山道を行き来する多くの旅人で栄えていました。江戸側から下町、中町、上町と続き、現在は重要伝統的建造物群保存地区として、宿場町当時の町並みが保存されています。

「奈良井宿」の見どころ

奈良井宿は、約1」キロメートルに渡って、宿場町当時の姿が維持されています。当時のままの店構えで、レストランや土産物屋さんや旅館があります。その街並みを眺めながら散策するのが楽しみになります。

そんな中でおすすめは「上問屋資料館」です。奈良井宿のは慶弔年間から明治維新まで約270年間の、古文書や陶器や漆器など、約400点が展示されています。少しだけアカデミックに奈良井宿が理解できます。

「奈良井宿」のアクセス情報

電車で奈良井宿へのアクセスは、首都圏からは中央本線「特急あずさ」「特急スーバーあずさ」を利用し、塩尻駅で中津川方面の普通列車に乗り換えます。奈良井駅で下車して、左手へ50メートル進むと、奈良井宿の入り口になります。

関西、東海から奈良井宿へのアクセスは、名古屋駅から、中央本線「特急しなの」に乗車して、木曽福島駅で松本方面の普通列車に乗り換え、奈良井駅で下車します。左手方向へ50メートルすすむと奈良井宿入り口です。

奈良井宿へのアクセスは、車の場合は、中央自動車道「塩尻I.C」から約35分、「伊那I.C」からは約40分です。

住所 長野県塩尻市奈良井

様々な観光が楽しめる塩尻観光

塩尻には既述の通り、山岳観光、歴史観光、自然観光、グルメ観光など、様々なタイプの観光が楽しめます。宿場も残っていて、古き良き日本を知ることもできる歴史観光も楽しめます。木曽路の春の新緑も楽しめ、秋の紅葉も楽しめます。冬の雪景色も情緒があります。自然も残っている塩尻は観光地としておすすめです。

塩尻は1日楽しく過ごせる観光地

塩尻は、山に登って日本アルプス観光を楽しみ、奈良井宿で歴史観光を経験し、塩尻のご当地グルメ山賊焼きが味わえます。一日中塩尻観光が楽しめる都市です。首都圏からも、中部圏からもアクセスが便利で、日本を代表する山々の絶景も仰げます。塩尻観光を思いっきり楽しみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ