有峰林道ドライブは絶景の連続!おすすめの時期や開通期間も紹介!

富山県富山市と岐阜県飛騨市にかかる有峰林道は、自然の絶景スポットを望めるおすすめの有料のドライブ道路。約93kmの距離の長い林道の中で視界に飛び込む景観はまさに絶景!秋は紅葉の名所の有峰林道ですが冬の期間は閉鎖されるのでご注意ください。おすすめの時期をご紹介。

有峰林道ドライブは絶景の連続!おすすめの時期や開通期間も紹介!のイメージ

目次

  1. 1有峰林道は絶景スポット!
  2. 2ドライブやツーリングに人気の有峰林道
  3. 3有峰林道の開通時期や紅葉期間は?
  4. 4有峰林道の走行可能コースと絶景ポイント
  5. 5有峰林道を走行する時の注意点
  6. 6有峰林道の宿泊施設一覧
  7. 7富山のドライブコースなら有峰林道がおすすめ!

有峰林道は絶景スポット!

今はなき富山県の秘境と言われた有峰村。その跡に造られた有峰ダム周辺を走る有料道路である有峰林道は絶景スポットが続くドライブやツーリングにおすすめの有料道路です。秋は富山県で一番きれいな紅葉の名所としても有名な林道。木々の自然、壮観な富山が誇る薬師岳、ダム湖百選に選ばれる人造湖の有峰湖は有峰林道のメイン絶景スポットです。

ドライブやツーリングに人気の有峰林道

昔は富山県の秘境と言われていた有峰エリアですが、近年は爽やかな新緑の森林や壮観な立山連峰の絶景が望め、富山の水がめである風雅な湖の有峰湖の有峰ダムが見どころのドライブエリア。秋は鮮やかな紅葉の絶景スポットで、四季折々自然を痛感できるまさに「絶景連続」のドライブロードとして人気です。

有峰林道はその有峰を巡る約93kmの有料道路です。自然豊かな景観が次々に視界に飛び込んでくる、ドライブやツーリングに人気のおすすめドライブ道路です。

有峰湖をめぐる有料の林道「有峰林道」

富山県の立山連峰の西側、そして岐阜県寄りの山深いところに、昔、有峰村という村落がありましたが、有峰ダム建設計画によって、有峰村は離島してしまいました。1960(昭和35)年に有峰ダムが完成し、その人造湖である有峰湖をメインスポットとした有料の林道が「有峰林道」です。

走行距離約93kmもの長い林道は、昔、富山県の秘境と言われているエリアとされていただけのことはあり、周辺は山深い森林の自然満載のおすすめドライブ道路です。富山県と岐阜県をつなぐ道路としても利用されています。

絶景ポイントが多く走行コースとしておすすめ

93kmもの走行距離のある有峰林道。山の中に続くこの林道は全面綺麗に舗装されており快適なドライブが楽しめます。林道内は標高差もあり、所々に有峰湖や富山が誇る立山連峰の絶景を望むことができます。

有峰林道の代表格である有峰湖をはじめとするその周辺スポット、堂々たる姿の北アルプスの薬師岳の姿、そして富山県の紅葉の名所としても有名な絶景ポイントを走行できるおすすめのドライブコース。

有峰湖周辺絶景ポイント

有峰林道のメインスポットの有峰湖は有峰ダムによる人造湖。有峰林道入り口の標高はまだ350mほどですが、有峰湖まで走行するとその標高は600mほどになります。湖畔にある展望台からは有峰湖を取り囲む山肌の絶景を望むことができます。湖と山肌の景観はまるで絵画のような絶景です。夕日が反射する湖面も最高です。

有峰湖の北側には有峰記念館があり1Fにはレストランを併設。ビジターセンターはお土産売り場があり、有峰の歴史の資料が展示されています。車を駐車してブナ林が続く猪根山遊歩道の散策もおすすめです。

祐延貯水池の絶景も見逃せない!

有峰林道で標高の高いエリアの入り口である小口川入り口の近くにある祐延貯水池も見逃せない絶景が望めるスポットです。貯水池から東に少し行ったところにある展望台からは、富山県が誇る絶景の立山連峰が望めます。

開通時間一番の早朝にアクセスすると、貯水池に幻想的な朝霧が立ち込める景観を望める可能性もあります。非日常的なファンタスティックな景観はまさに絶景です。

有峰林道の開通時期や紅葉期間は?

約93kmに及ぶ有峰林道は冬の期間は積雪などの気象条件などにより全域通行閉鎖になります。標高差のある林道なので、林道入り口の閉鎖期間や開通時期に違いがあるのでご注意ください。爽やかな新緑の期間を過ぎると、周辺は鮮やかな紅葉の季節を迎えます。有峰林道は紅葉の期間もおすすめのドライブ道路です。

有峰林道の開通時期

有峰林道は積雪などによって、冬の期間は通行閉鎖されます。例年11月の10日以降に閉鎖され、6月1日を目途に開通されます。ただ閉鎖期間や開通時期はその年の気象状況によって変動するので、林道情報で閉鎖期間や開通時期を確認するようにしてください。

開通時期や閉鎖時期は林道入り口によっても異なるのでご注意ください。たとえば標高の高い小口川入り口などは閉鎖は10月下旬、開通は7月の初めです。ちなみに2018(平成30)年全面閉鎖された時期は11月13日。今年の開通は標高の高いところ以外は6月1日を目途にしていますが、今だ未定です(2019年3月31日現在の情報)。 

また天候によっても林道入り口及び各線で通行禁止となることがあります。気象状況が心配な場合は林道情報で確認することをおすすめします。

有峰林道はと富山県公安委員会によって通行できる時間帯が決められています。利用できる時間は午前6時から午後8時までです。林道を利用してキャンプ場など目的地に向かう方は、林道利用時間までに異動でるようにご注意ください。

有峰林道の紅葉の期間は?

登山やハイキングにおすすめの有峰湖一帯。有峰林道の秋のドライブは周辺の鮮やかな紅葉が見どころです。有峰林道の紅葉の見ごろは例年10月中旬~下旬にかけてが最も綺麗な見ごろの時期です。10月の第2週の体育の日の3連休辺りから3~4週間には綺麗な紅葉が望めます。

ただ、有峰林道は林道内に標高差があるので、標高の一番高い小口川側や祐延湖周辺は9月の中旬から紅葉が始まります。有峰湖畔付近は標高1100mで10月中旬が見ごろの時期。有峰林道に入って有峰湖までの渓谷付近は冬期の閉鎖時期(11月初旬)でも紅葉しています。

またほかの樹木と異なりカラマツの紅葉は10月中旬~11月初旬までが見ごろです。例年はこんな時期が紅葉の見ごろの時期ですが、近年の温暖化により、その年によって見ごろの時期が異なります。

有峰林道の料金

通行料金は車の大きさ(ナンバープレートのナンバー)によって異なります。ナンバープレート0、1、2、8、9の大型車は4400円。ナンバープレート3、4、5、6、7、8の小型車は1900円。自動二輪車(原動機付自転車を含む)などは300円です。

表示した料金は2019年3月31日現在の料金です。料金は有峰林道に入ってから出るまでの間の料金です。現金のみの支払いになりますのでご注意ください。

Thumb富山の紅葉スポットおすすめ17選!見頃時期や名所から穴場まで紹介!
富山で紅葉狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか?富山には、大自然の絶景とともに楽しめる紅葉の...

有峰林道の走行可能コースと絶景ポイント

富山の象徴たる立山連峰や有峰林道が作られた由来となるダム湖などの景観が美しい有峰林道。走行可能コースや絶景ポイントを調べました。現在通行止めになっているコースもありますが、その手前の駐車場からは、富山の絶景を望むことができます。険しいコースは走行に十分に気をつけてドライブを楽しんでください。

「小見線」小見から有峰湖を目指すコース

富山県側の亀谷連絡所から約14km(およそ30分)で有峰湖を目指す「小見線」は富山市亀谷から有峰猪根を結ぶルートです。開通時期がほか入り口と異なり、毎年7月1日が開通の目途とされています。2019年3月31日現在も7月1日が開通予定日とされていますが変更もあり得ます。はっきりした開通日は追って報告される林道情報でご確認ください。

「小見線」は有峰ダムからの流れに沿う細い林道です。渓谷から中腹に向かう道で、数か所に新しく作られたトンネルがあり、山間を抜けるトンネルの出入り口はインスタ映えするスポットです。一部林道の改良工事で砂利道および対面通行になっている個所がありましたが、2019年7月の開通時期には整備が完了されている予定です。

「湖周線」有峰湖の外周コース

「湖周線」は有峰湖を周回するコースです。ただ有峰湖は湖周をぐるりと1周することはできません。西側の湖岸をドライブします。有峰湖は、北陸電力のダムである有峰ダムを作るためにできた人造湖。有峰ダムを開発するためにできたのが有峰林道です。

ダム周辺を外周する「湖周線」は、くねくねと曲がる道が続くので対向車にご注意してドライブしてください。またバイクの方は転倒にも要注意です。ただし景色は絶景で、立山連峰も間近かに望むことができます。

「大多和線」有峰湖から大多和峠へ下る分岐コース

「大多和線」はかつては有峰林道の主要な入口でした。富山県の有峰と岐阜県の飛騨を結ぶ主要な道で、現在の国道41号線につながる最短ルートとして重宝されていましたが、2007(平成19)年に閉鎖され、現在も通行することができません。

湖周線から南西に向かうと岐阜県につながる大多和峠に出ますが、大多和峠を越えることができません。峠を越えて岐阜県側に降ることはできません。坂道を登り切ったエリアには駐車スペースしかありませんが、東側の山並みが絶景に望めます。

「小口川線」水須から祐延貯水池を通過して下るコース

「小口川線」は有峰湖から北陸電力の発電用のダムである祐延ダムのダム湖の祐延湖を経て小口川に下るルートです。有峰湖の西岸線から分岐し、アップダウンの険しい崖をのぼる山道です。途中、有峰ダムと有峰湖を見下ろせる展望台がいくつかあります。

祐延ダム(祐延湖)から小口川に沿って上っていく道であるにもかかわらず、林道からは川を望むことはできません。小口川のダムの近くに来ると、やっと川の流れの音や、小口川を望むことができます。

道が険しいのでドライブを楽しむなら「小見線」をおすすめしますが、ダムを堪能したいのであれば、「小口川線」は絶景のダムを望むことができます。小口川線は冬の閉鎖時期や開通期間がほかの線と違うのでドライブを計画されるときはご注意ください。

「東谷線」湖周線から分岐して飛越トンネルへ向かうコース

「東谷線」は有峰湖から東側をのぼり、南の岐阜県側に向かうコースです。山道ですが、対向車線との間には白いセンターラインがひかれている、有峰林道の中では比較的ドライブしやすい道です。料金所の手前にはトイレが設備された駐車場がありますが、そこからは綺麗な景色は望めません。

森の中の坂道を下る感じで岐阜県側に向かいます。木々に囲まれ、夏の時期は森林緑に癒されるエリア。左手には有峰湖が遠くに望める箇所もあります。山道を走る有峰林道の各線に言えることですが、クマやサルなどの野生動物に出くわすことも少なくありません。事前に野生動物に出くわしたときの対処法を学んでおくのもおすすめのマナーです。

有峰林道を走行する時の注意点

有峰林道は絶景の自然の中をドライブできる林道です。だた標高差のある山道は舗装はされてはいるものの、カーブがきつい箇所や道幅が細く対向車に気をつけて走行しなければならない箇所があります。冬の期間は全面通行閉鎖され、閉鎖及び開通時期なども事前に調べ注意しなければなりません。ルートをよく調べ安全にドライブを楽しみましょう。

案内パンフレットを確認しよう

有峰林道は山道であるため、補修工事や自然災害のため通行禁止になっている個所がある場合もあります。また有峰林道は利用できる時間が決められているので、有峰湖の西側と東側にあるキャンプ場などを利用する場合は、決められた時間までに連絡所のゲートを通過しなければなりません。

林道の通行情報などの詳細は、ドライブに出かける前に、富山県観光協会もしくは有峰森林文化村事務局(TEL076-482-1420)に問い合わせ案内パンフレットを事前に送付してもらったり、ホームページで確認してから出かけましょう。

住所 富山県富山市本丸1-45
電話番号 076-439-0800

クマ出没注意

豊かな森林の中を走る有峰林道にはクマをはじめサルなどの野生動物が生息しています。車から降りて遊歩道の散策する場合やキャンプなどでは、クマなどの凶暴な野生動物を見かけることも近年はしばしばある話です。

案内のパンフレットなどにも記載がありますが、クマとの遭遇を防ぐためには、鈴やラジオなどのクマが苦手とする音の出るものを携行して、行動は複数でこうどうをとることが進められています。

万が一、クマに出逢ってしまった時、クマが自分たちに気が付いていないのであれば、目を合わせず急いでその場から立ち去ってください。

またクマがいるというのであるなら、攻撃を受けるような場合も想定されます。そのような事態に備えて、あらかじめクマに出逢ってしまったときの対処法や、ドライブする日程の間近いに目撃された場所を聞いて、そこにはできるだけ近寄らないようにしましょう。クマの情報は富山県の農林水産部森林政策課で指導されています。

電話番号 076-444-3384  

有峰林道の宿泊施設一覧

有峰湖周辺には宿泊施設やキャンプ場があります。有峰の豊かな森林美と静けさに触れてもらい、有峰の価値を共有しよういうコンセプトです。有峰ダムを作った北陸電力が村民の力を借りて成り立たせている宿泊施設と2つのキャンプ場。2002(平成14)年に北陸電力が有峰湖に有峰森林文化村を発足し、さらに充実した施設になっています。

有峰ハウス

有峰湖にある宿泊施設です。1964(昭和39年)に有峰青年の家として建った宿泊施設。2002(平成14)年7月に有峰森林文化村の発足にあたり有峰ハウスと名称を改め、有峰湖畔に新築されました。コンセプトは森林文化活動の拠点ということですが、一般客も利用できます。食事もボリューム満点。6月1日から11月4日まで利用できます。

住所 富山県富山市有峰村川谷割26-37
電話番号 076-481-1758

冷タ谷キャンプ場

オートキャンプ場ではありません。敷地内にあるロッジは森林文化活動を行なう場合にのみご利用できます。テントなどは持参しなければなりません。敷地使用料は高校生以上の大人170円、中学・小学生は100円です。携帯電話は繋がりますが、念のためトランシーバーが貸し出されます。電機は通っていませんのでランタンなどをご用意ください。

住所 富山県富山市有峰 ビジターセンター
電話番号 076-481-1758

折立キャンプ場

折立遊歩道付近にあるキャンプ場。料金は無料です。キャンプ場内はトイレと炊飯場があるのみです。テントなどはご持参ください。食事の準備ができない場合は有峰ハウス前に有峰記念館の館内のレストラン有峰をご利用ください。口コミではスペシャルカレーが好評だそうです。

住所 富山県富山市有峰折立
電話番号 0764-81-1552

Thumb富山のキャンプ場おすすめ13選!無料や人気のコテージ・温泉もあり!
黒部峡谷や立山黒部アルペンルート、世界遺産である五箇山など自然溢れる富山では、キャンプがおす...

富山のドライブコースなら有峰林道がおすすめ!

北陸電力が有峰ダムをつくったことがきっかけとなり、ダム湖の有峰湖をメインスポットに造られた森林美の絶景を堪能できる有峰林道。ドライブやツーリングにおすすめのスポットです。ただ険しい道や急なカーブが続く箇所もありますので運転にはくれぐれもご注意ください。秋は紅葉が見どころの有峰林道!ドライブの計画におすすめスポットです。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
toshi_suzu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ