小諸そばの人気メニューまとめ!季節別の商品や詳しい価格まで一挙紹介!

主に東京都にチェーン展開している「小諸そば(こもろそば)」。リーズナブルなメニューでそばをいただくことができると、人気の立ち食いそば屋です。メニューも豊富で、美味しいそばやうどんをいただくことができます。そんな小諸そばの人気メニューをまとめました!

小諸そばの人気メニューまとめ!季節別の商品や詳しい価格まで一挙紹介!のイメージ

目次

  1. 1小諸そばとは?
  2. 2小諸そばのおすすめポイント
  3. 3小諸そばの歴史を知ろう!
  4. 4小諸そばの定番人気メニュー
  5. 5小諸そばの人気セットメニュー
  6. 6小諸そばの季節メニュー
  7. 7小諸そばのお持ち帰りメニュー
  8. 8小諸そばの店舗について
  9. 9安くてうまい小諸そばを食べに行こう!

小諸そばとは?

「小諸そば」とは、東京の至るところにチェーン店がある立ち食いそば屋で、気軽に立ち寄ることができ、美味しいそばをリーズナブルな価格でいただくことができると人気です。豊富なメニューで、季節で新しいうどんやそばメニューも登場するので、いつ行っても満足する小諸そばです。そんな小諸そばのおすすめメニューをご紹介します!

小諸そばのおすすめポイント

東京には、多くのそば屋があります。こだわりの江戸前そばを提供しているそば屋もありますし、変わり種そばをいただけるそば屋もあります。昔から変わらない味の老舗もありますし、新しく展開しているそば屋もあります。そんな、そば屋が多い東京で、主要スポットに店舗を構えているのが「小諸そば」です。

おすすめポイント①:早い・安い・うまい

東京でチェーン展開している「小諸そば」の特徴は、気軽に立ち寄ることができるそば屋で、美味しくリーズナブルにいただくことができることです。時間があまりなく、パッとお腹を満たしたい時にもすぐに店舗が見つかりますし、価格もリーズナブルです。それだけでなく、美味しさも兼ね備えているので、満足する小諸そばです。

おすすめポイント②:清潔感がある

東京でチェーン展開している「小諸そば」は、店内が綺麗なので、女性でも男性でも安心して利用できます。多くの店舗が展開していますが、どのお店に訪れても綺麗に掃除されてあるのが分かります。2018年に改装してあるお店も多く、改装した店は特に綺麗な店内です。清潔感があるので、朝からそばを食べるとしても入りやすいそば屋です。

2018年中に改装したお店も多く、さらに綺麗な店内となっています。じつは、内装にもこだわりがあります。実際、そばはリーズナブルでいただくことができる小諸そばですが、安っぽいお店に見られたくないという思いが強く、節目のある木を使わず仕上げるなど工夫がなされています。

おすすめポイント③:座れるテーブルも充実

東京でチェーン展開している「小諸そば」は、立ち食いそば屋で、早くてリーズナブルなそばがいただけます。立ち食いカウンターも設置してあり、サッと食べたい人は利用可能です。立ち食いそば屋なのに小諸そばは、テーブル席も多いのが特徴です。座ってゆっくり本格的なそばを気軽に堪能できる「小諸そば」です。

おすすめポイント④:ねぎ入れ放題

東京でチェーン展開している「小諸そば」は、ねぎがテーブルに置かれているので、自分で好きなようにそばに入れることができます。そばの薬味と言えば、ねぎとわざびです。ねぎが苦手な人は、ねぎ抜きにすることもありますが、普通はどのお店でもそばにねぎは欠かせません。

そばにねぎを入れることで、何か効果があるのでしょうか。あります。ねぎを入れると、そばの旨味を引き立ててくれるので、そばの味が深くなる相乗効果があります。

また、ねぎには、唾液の分泌を促し食欲を増進させる働きがあるので、食欲がなくても、そばにねぎを入れることで、食欲が出てくることもあります。

さらには、ねぎには、胃の粘膜を刺激し活発にする働きもあり、消化も助けるので、そばにねぎを入れると消化しやすくなります。また、口直しにもなるので、ねぎはおすすめです。

小諸そばでは、ねぎがテーブルに乗っていて、自由に入れ放題ですが、夏の期間中だけは違います。テーブルに置いていると品質管理が難しいため、夏の間だけはそばの受け渡し口で薬味を入れる形になります。衛生上、お客様に新鮮で綺麗なねぎを提供したいという思いを感じる小諸そばです。

おすすめポイント⑤:大盛りの価格が安い

東京でチェーン展開している「小諸そば」では、普通のそばメニューで足りない気がするなら、大盛りを頼むことができます。小諸そばでは、その大盛りが安い!と人気です。

普通のそばの量より1.5倍もある大盛りです。それがなんと、普通の量の価格に30円プラスするだけで注文できるのです。とてもお得な大盛りです。

ちなみに二枚もりメニューもあり、そばが2倍、そして60円プラスとなっています。どちらもお得にいただくことができる大盛りです。

おすすめポイント⑥:生麺のこだわり

東京でチェーン展開している「小諸そば」のそばは、生麺にこだわっています。立ち食いそばというと、パッとお腹を満たしたい人が多いので、時間短縮のために茹で麺を使う立ち食いそば屋が多くあります。

しかし、小諸そばは、気軽に立ち食いできるそば屋とは言え、打ちたてのそばをお客様の前で茹で、美味しいそばを食べてもらいたいという創業当時からの思いを今もまだ受け継いでいます。

あまりに混雑する店舗は、少しだけ茹でられた麺が使われている店舗もありますが、あらかじめしっかり茹でて温めなおしをするわけではないので、風味よくいただけます。

生麺の茹でたては、温めたなおした麺よりも風味が良くとても美味しい麺をいただけます。こだわりのあるそば屋などでは、手打ち生麺は当たり前ですが、サッと気軽に食べることができる立ち食いそばで生麺を使うのは、この小諸そばから始まったと言います。

立ち食いそばでも、本格的なそばをいただくことができると世界的に革命をおこしが「小諸そば」です。

おすすめポイント⑦:つゆへのこだわり

東京でチェーン展開している「小諸そば」は、つゆにもこだわりがあります。本格的なそば屋なら利用するかもしれない厚削りの本枯節を使用し、旨味を最大限に引き出した出汁からつゆが作られています。

厚削りの本枯節は、扱いが難しいからです。うまみを引き出すのに時間がかかりますし、高価な本枯節です。そんな本枯節を使って作ったつゆでそばをいただくことができます。

Thumb上野で蕎麦屋(そば)おすすめランキングTOP11!老舗の人気店もご紹介!
東京の上野の周辺エリアで美味しい蕎麦が食べられるということで人気の蕎麦屋さんについて、ランキ...

小諸そばの歴史を知ろう!

「小諸そば」は、東京都でチェーン展開している立ち食いそば屋です。株式会社三ツ和による経営で、1974年に、京橋で第1店舗目をオープンしました。東京のそば屋の中で1位、2位を争う有名店です。中央区などに集中していくつもの店舗を展開していて人気があります。

開店当時、立ち食いそば屋なのに、本格的なそばをいただけると有名になった「小諸そば」です。高級なそばである更級そばをリーズナブルな価格でいただけることで、東京の立ち食いそばのイメージを変えていきました。

2017年「小諸そば」は少しずつリニューアルを開始します。メニューの統一化です。しかし一部の店舗では土地柄価格の店舗も残っています。値上げしたものや据え置きしたもの、値下げしたものと、価格もリニューアルした小諸そばです。

麺も変わりました。こだわりの生麺ですが、更級そばが、挽きぐるみそばとなっています。そば特有の香りや風味がとても良く、食感と味のバランスがちょうど良いそばです。麺が変わったとは言え、立ち食いそば屋なのに本格的でリーズナブル、そして気軽に入ることができる小諸そばです。

小諸そばの定番人気メニュー

東京でチェーン展開している「小諸そば」は、至るところにあり、いつでも美味しいそばをいただけます。立ち食いそば屋の中でも、麺にこだわり、つゆにこだわり、美味しいそばを提供してくれます。早さ、安さも売りです。そんな小諸そばのメニュー、そして価格を見ていきましょう!

定番メニュー:かけ

「小諸そば」の定番メニューには「かけそば」があります。そば屋の定番中の定番と言えるメニューです。かけそばとは、具が何も入っていない薬味だけのそばです。美味しい汁でないと、美味しいと感じることができないかけそばは、お店の技量が分かるそばです。まず小諸そばを知りたいならかけそばはおすすめです。価格は290円となっています。

定番メニュー:たぬき

「小諸そば」の定番メニューには「たぬき」があります。たぬきとは、そばやうどんの上に揚げ玉が乗っているそばやうどんです。たぬきメニューを注文する時、少し注意が必要です。

例えば、大阪で狸と言えば、油揚げが乗っているそばです。関西では、うどんが一般的に好まれていて、油揚げが入ったうどんをきつねうどん、うどんがそばに化けたものをたぬきというようになったという説があります。

東京でたぬきと言えば、天かすが乗っているそばやうどんです。天ぷらの「(種抜き)たねぬき」から「たぬき」と語源が変化したという説があります。

東京以外で訪れて、いつも食べているたぬきと思って注文すると、あれ?と悩んでしまう人もいます。小諸うどんのたぬきは東京のたぬき、天かすが乗っているそばやうどんです。価格は340円となっています。

定番メニュー:きつね

「小諸そば」の定番メニューには「きつね」があります。きつねとは、そばの上に甘醤油で煮た油揚げが乗っているそばやうどんのことです。価格は380円となっています。

きつねは、大阪の寿司屋で発祥しました。その後商人の町で、きつねをうどんの上に煮た油揚げ乗せ、きつねうどんと呼ばれるようになり全国的に広まったと言います。

きつねも関西と関東では少し違いがあるので注意が必要です。関西では、きつねというと、油揚げが入ったうどんです。そばはありません。関東、小諸そばでは、きつねメニューには、うどんもそばもあります。

定番メニュー:かき揚げ

「小諸そば」の定番メニューには「かき揚げ」があります。かき揚げは、そばの上にかき揚げが乗っているそばやうどんですが、野菜などのかき揚げが入ることで、そばをなんとも言えない美味しさにしてくれます。また、かき揚げもスープを吸ってダシが効き、美味しくなっています。価格は390円となっています。

定番メニュー:もり

「小諸そば」の定番メニュー「もりそば」があります。もりそばとは、もりそばとは、お皿に盛られたそばのことです。価格は290円となっています。

よく見ると、そば屋には、もりそばとざるそばがあります。器が違う、海苔が乗っているなど少しの違いはありますが、実際はどのように違いがあるのでしょうか。

もりそばは、その昔、温かいつゆをぶっかけて食べるぶっかけそばとつゆにつけて食べるそばとを区別するため、つゆにつけて食べるそばの方をもりそばと呼ぶようになったと言います。

もりそばは、お皿に直接そばを盛っていたので、下の方がふやけてしまっていました。その時に思いついたのが、ざるを下に敷くことです。そうしてざるそばが生まれました。もりそばは庶民のそば、ざるそばは高級なそばとした時代もあったと言います。

現代では、器が少し違いますし、海苔が乗っているかいないかで区別されることがありますが、あまり変わりはありません。小諸そばのもりそばの下には、ざるが敷かれていますし、ふやけることなく美味しくいただくことができます。

朝メニュー:朝そば

「小諸そば」では、朝からそばをいただく「朝そば」がおすすめです。小諸そばは、基本的に朝7時半からオープンします。店舗の中には朝5時間から6時半にオープンする店舗もあります。

昔あった朝の特別セットメニューはありませんが、朝でも昼でも夜でも、一番安いかけそばは290円なので、リーズナブルな価格で朝からそばを楽しむことができます。

朝からサッといただくことができるそばは、忙しい人に人気があります。また観光などで東京に訪れていて、朝、東京を離れる人にも最後の朝食として人気があります。ぜひ朝食に本格そばはおすすめです。

Thumb浅草の蕎麦屋(そば)おすすめランキング・トップ27!老舗の名店が勢揃い!
東京を代表する観光地「浅草」には、老舗の蕎麦屋や新店の蕎麦屋が多く立ち並んでいます。浅草観光...

小諸そばの人気セットメニュー

「小諸そば」には、単品のそばメニューだけでなく、セットメニューも充実しています。小諸そばは、立ち食いそば屋ですが、テーブル席も充実しているので、焦らずにゆっくりとセットをいただけるお店です。しかも、本格的な美味しい丼ぶりとおいしいそばの組み合わせなので、大満足です。どんなセットメニューがあるのか、見てみましょう。

セットメニュー:鳥から揚げ丼セット

「小諸そば」のセットメニュー「鳥から揚げ丼セット」は、人気です。鳥のから揚げは、どんな年齢層にも人気のメニューです。そのから揚げが乗った丼ぶりがセットになった大満足のセットです。温かいそばか冷たいそばを選ぶこともできますし、うどんを選ぶこともできます。鳥のから揚げは、ジューシーで、価格は560円となっています。

セットメニュー:満腹 天丼セット

「小諸そば」のセットメニュー「満腹 天丼セット」は、人気です。冷たいそばか温かいそばを選ぶことができるセットです。すべて注文を受けてから揚げる天ぷらで、えびはプリプリ、そしてかき揚げが乗っている天丼です。天丼専門店のような天丼で、ボリュームのある満腹セットは、美味しさでお腹いっぱいになります。価格は640円となっています。

セットメニュー:カツ丼セット

「小諸そば」のセットメニュー「カツ丼セット」は、人気です。カツ丼セットは、4種類あります。大根おろしでさっぱりといただける「おろしヒレカツ丼セット」、価格は590円です。またしっかりとタレがかかった「タレカツ丼セット」、価格は580円です。

普通のカツ丼もあります。カツ丼の基本系、卵でとじた小さめのヒレカツ丼セット、価格は630円です。満腹ヒレカツ丼セットの価格は690円となっています。このセットも温かいそばか冷たいそばを選ぶことができます。

小諸そばでは、カツ丼は特に人気です。たっぷりのダシでカツを煮込んだ基本系のヒレカツ丼は、お肉がとても柔らかく、一口食べただけでファンになってしまうカツ丼です。

このカツ丼だけを食べにくるリピーターも多く、そのカツ丼をそばと一緒に食べることができるセットは、幸せなメニューです。30円しか違いがないので、満腹カツ丼セットの方が人気です。

セットメニュー:かき揚げ丼セット

「小諸そば」のセットメニュー「かき揚げ丼セット」は、人気です。甘い玉ねぎが特徴のかき揚げが乗った丼ぶりのセットです。つゆがたっぷりと浸み込んだかき揚げとご飯とかけそばで満腹のメニューです。こちらも、温かいそばか冷たいそばを選択できます。価格は540円となっています。

小諸そばの季節メニュー

東京でチェーン展開している「小諸そば」には、4つの四季に登場する季節限定メニューがあり、その季節になれば登場します。その季節の旬のものを使ったりその季節に食べやすいものだったりするメニューです。その季節にしか食べることができないメニューなので、ぜひおすすめの季節限定メニューです。

春の季節メニュー:春盛り天そば

「小諸そば」には、季節限定メニュー「春の盛りそば」があり、おすすめです。このメニューは、春季限定ですので、桜が綺麗な春にいただくことができるメニューです。価格は460円となっています。その年により、内容は変わりますが、桜えびやアスパラなど、春香る天ぷらがそばの上に乗っています。

夏の季節メニュー:和風冷麺

「小諸そば」には、季節限定メニュー「和風冷麺」があり、おすすめです。このメニューは、夏季限定となり、暑い夏の日にいただくことができるメニューです。ちょっと辛くてさっぱりといただける和風冷麺は、夏バテで食欲がなくても、スルスル食べることができるメニューです。価格は430円となっています。

秋の季節メニュー:秋盛り天そば

「小諸そば」には、季節限定メニュー「秋盛り天そば」があり、おすすめです。このメニューは、秋季限定になり、紅葉が綺麗で癒される秋にいただくことができるメニューです。秋の味覚であるまいたけ、薩摩芋などの天ぷらが乗っていて、秋を感じながらそばを堪能できます。価格は480円となっています。

冬の季節メニュー:熟味噌うどん

「小諸そば」には、季節限定メニュー「熟味噌うどん」があり、おすすめです。小諸そばには、うどんメニューもあります。そば屋なので、そばを食べにくる人が多いのですが、冬になるとうどんは人気です。

このメニューは、煮込みうどんではありませんが、芯から冷えた体を熟味噌で温めてくれるうどんです。冬季限定となり、寒い冬、温かなものが恋しくなった時におすすめのメニューです。価格は470円となっています。

Thumb浅草グルメおすすめランキングBEST13!安いけど美味しい店をピックアップ!
浅草のおそすめグルメをランキング形式でご紹介します。浅草には様々なグルメスポットがありますが...

小諸そばのお持ち帰りメニュー

東京でチェーン展開している「小諸そば」は、予約制となりますが、お持ち帰りもできます。例えば、家で食べたい時、友人や家族へのお土産にお持ち帰りすることもできます。年末年始には、年越しそばも販売していて、お持ち帰りできます。お持ち帰りメニューを見てみましょう。

お持ち帰りメニュー:上生そばセット

「小諸そば」の「上生そばセット」は、お持ち帰りにおすすめです。予約制となりますが、お持ち帰りし家庭でも衣そばの味を楽しむことができると人気です。上生そばセットは、贈答用にも便利な箱に入っています。お持ち帰り価格は3人前で1000円となっています。

生そば以外にも、天つゆやだしパック、七味やきざみ海苔も入っています。ざるそばでも温かいそばでもいただくことができるお持ち帰りメニューです。ねぎとわさび、お湯さえあれば、お持ち帰りで小諸そばを楽しむことができるので、おすすめです。

お持ち帰りメニュー:生そばセット

「小諸そば」の「生そばセット」は、お持ち帰りにおすすめです。このお持ち帰りメニューは、生そばと天つゆのみのセットとなっています。箱に入っていないので、家族用か気心の知れた友達などへのちょっとしたお土産にお持ち帰りするのはおすすめです。お持ち帰り価格は3人前で630円となっています。

テイクアウトもできる!

「小諸そば」では、生そば以外にも、温かいそばや冷たいそばをテイクアウトとしてお持ち帰りすることもできます。また丼とのセットもお持ち帰り可能です。冷たいそばは、つゆをかけてもらうか別にしてもらうか選択できます。時間がない時、他の場所で食べたい時などテイクアウトのお持ち帰りはおすすめです。

小諸そばの店舗について

「小諸そば」は、主に東京都にチェーン店を展開するそば屋です。多くの店舗を展開しているので、東京を歩いているとよく見かけるそば屋です。近い店舗では、たった徒歩4分離れた場所に店舗があるほどです。

そんな小諸そば、東京都では、中央区に23店舗、千代田区に20店舗、港区に15店舗、渋谷区に4店舗、文京区と新宿区に3店舗、品川区と台東区に2店舗、足立区と豊島区に1店舗あります。また埼玉県では、朝霧台駅と新越谷駅に各1店舗あります。

価格が違う店舗もある

東京でチェーン展開している「小諸そば」では、店舗によって、通常価格より少し高い価格でメニューが提供されている店舗があります。例えば、渋谷の道玄坂店などは30円から50円ほど高い価格に設定してあります。記載価格は参考程度となっています。SNSで価格を参考にしたり、直接店頭に訪れて見たりする方が確実です。

安くてうまい小諸そばを食べに行こう!

東京でチェーン展開している「小諸そば」は、朝からそばを楽しむことができます。立ち食いそば屋なので、安くてリーズナブルなそばメニューが並びます。立ち食いそば屋なのに、テーブルや椅子でそばを堪能することもできますし、麺やつゆからこだわった本格的なそばが特徴です。東京へ訪れたならぜひ「小諸そば」を食べに行きましょう!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
しい

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ