瓜割の滝へのアクセスや駐車場まとめ!福井の人気パワースポットを完全ガイド!

福井県若狭町にある瓜割の滝はパワースポットとして人気がある観光地で、福井県の地元の方はもちろん遠方からも多くの観光客が訪れています。名水百選にも選ばれた瓜割の滝の湧き水は一年中冷たい水として有名です。瓜割の滝へのアクセスや駐車場などをご紹介しましょう。

瓜割の滝へのアクセスや駐車場まとめ!福井の人気パワースポットを完全ガイド!のイメージ

目次

  1. 1瓜割の滝は福井県のパワースポット!
  2. 2瓜割の滝へのアクセス
  3. 3瓜割の滝がある若狭町はどんなところ?
  4. 4瓜割の滝の名前の由来
  5. 5瓜割の滝の名水
  6. 6瓜割の滝の成分
  7. 7瓜割の滝の歴史
  8. 8瓜割の滝の大きさ
  9. 9瓜割の滝の紅藻類
  10. 10瓜割の滝の周辺の観光スポット1:若狭瓜割名水公園
  11. 11瓜割の滝の周辺の観光スポット2:天徳寺
  12. 12瓜割の滝の周辺の観光スポット3:名水の里
  13. 13瓜割の滝の周辺の観光スポット4:レンボーライン
  14. 14「若狭瓜割名水まつり」でお祭りを楽しもう!
  15. 15瓜割の滝で涼を楽しもう!

瓜割の滝は福井県のパワースポット!

福井県若狭町にある瓜割の滝は名水百選にも選ばれ、福井県のパワースポットとして人気があります。岩の間から清泉が湧き出ていて、あまりにも冷たい水なので、瓜が自然に割れたことからこのように名付けられたと言われています。福井県の瓜割の滝のアクセスや駐車場などをご案内しましょう。

Thumb若狭湾は福井の観光名所!絶景のドライブコースやおすすめスポットを紹介!
福井県を代表する観光名所である若狭湾。若狭湾は若狭湾国定公園に指定されておりこの美しい自然は...

瓜割の滝へのアクセス

瓜割の滝へのアクセスをご紹介しましょう。瓜割の滝への電車でのアクセスは、JR上中駅から徒歩15分くらいのところにあります。お車でのアクセスの場合には、舞鶴若狭自動車道若狭上中ICから約15分かかります。

敦賀ICからは約40分、小浜西ICからは約20分でアクセスすることができます。お車でアクセスされた場合には駐車場がありますので安心してください。お車でアクセスされた場合には、若狭瓜割名水公園駐車場にお車を駐車して、そこから約4分で到着します。

お車でアクセスされた場合には駐車場は無料なのも嬉しいです。駐車場にお車を停めたら「名勝水の森瓜割」と書かれている看板を目指しましょう。駐車場からすぐなので大変便利です。JRでのアクセスだと少々歩くのでお車の方が便利です。

瓜割の滝がある若狭町はどんなところ?

瓜割の滝は福井県三方上中郡若狭町にあります。瓜割の滝は昭和60年に名水百選に選ばれた滝で、福井県若狭町のパワースポットとして人気があります。若狭町は、平成8年に水の郷百選にも選ばれました。

水の郷百選というのは地域固有の水にかかわる歴史文化、水環境の保全に努めている地域に認定されるもので、水を活用して町づくりをしている地域が選ばれるものです。若狭町はこの水の郷百選に選ばれた地域なのです。

福井県の若狭地方と言えば三方五湖が有名で、他にも北川という一級河川があります。このように水資源が豊富な地方なので、古くから水の国と呼ばれていました。瓜割の滝周辺は「水の森」とも呼ばれていて地元の人にも愛されています。

瓜割の滝の名前の由来

福井県若狭町にある瓜割の滝はどのように命名されたのでしょうか?瓜割の滝の水は、「氷のように冷たいので、川底にある石を10個拾うこともできない、夏に瓜を水につけておくと冷たすぎて割れてしまう」と「拾椎雑記」という古事に描かれています。

このように瓜割の滝の水は冷たすぎて瓜が自然に割れたことから瓜割の滝と名付けられました。瓜割の滝の水は年間を通しても約11度と低い水温で、夏でも水がとても冷たいのが特徴的です。

パワースポットとして人気がある瓜割の滝にはこのような名前の由来があり、瓜割の滝の水を飲むと名前の由来に納得できるはずです。

瓜割の滝の名水

福井県にある瓜割の滝は天徳寺の境内の奥にあり、森の中にある岩間から水が湧き出ています。そこから水が流れ出して、小さな滝となり流れている風景は圧巻です。長い年月をかけてろ過された水はミネラル成分が溶け込んでいます。

そのミネラル成分はとても純度が高く、カルシウムとマグネシウムが多く含まれています。瓜割の水は採水場で水を汲んで持ち帰ることも可能です。名水の里というショップでは採水用の容器も販売されていますので是非持ち帰ることをおすすめします。

容器は持参されてもOKなのですが、1枚300円で販売されているシールを購入して容器に貼らなければなりませんのでご注意ください。容器は1度購入すると、何回でも利用することができますので大変お得です。

容器やシールなどの売上金は瓜割の滝の清掃協力金として役立てられるそうです。瓜割の滝を訪れた際には是非容器を購入して持ち帰ることをおすすめします。

瓜割の滝は名水百選にも選ばれたり、若狭町は水の郷百選にも選ばれました。さらに、平成18年には瓜割の滝は「ふくいのおいしい水」にも認定されました。ふくいのおいしい水というのは、福井県が35箇所認定したもので、飲用に適していて、厳しい基準を満たした水を指します。

パワースポットである瓜割の滝の水はお取り寄せすることもできます。インターネットで500ミリリットルの水を1本からでも注文することができますので、どうしても足を運ぶことができないという方におすすめです。

インターネットでは500ミリリットルの水が24本入ったケースと2リットルの水が入ったボトルが6本入ったケースがセットで販売されているものもありますので、買いだめすることもできます。

瓜割の滝の湧き出し口にはパイプが敷設されていて、採水した水を直接工場に送り出していますので、新鮮な汲みたての水を堪能することができます。

瓜割の滝の成分

瓜割の滝の名水にはどのような成分が含まれているのでしょうか?瓜割の滝の水にはカルシウムとマグネシウムがたくさん含まれています。硬度が47ミリグラムの軟水であり、口あたりがよくてやわらかく感じられます。

ミネラル成分のバランスがとても良いので是非お試しください。瓜割の滝ではこの名水が1日に4500トンも湧き出ています。水温も年間を通して11度から12度と安定していて、とても冷たいです。

ミネラルが豊富なので、この水を使って冷奴をいただいたり、水割りをいただくと格別の美味しさだと評判です。遠方からはるばるこの水を求めて訪れる方も多いです。

瓜割の滝の歴史

瓜割の滝は天徳寺の境内にありますが、この天徳寺というのは平安時代に村上天皇の勅願寺でした。養老年間からこの地は神泉・霊泉と呼ばれていて尊ばれていました。五穀成熟病退散の霊験がある場所と信じられていて多くの方に信仰されていました。

昔からこの地では絶え間なく水が沸き続けていたので、雨乞いの地としても有名な場所でした。そして、真夏であっても冷たい水が溢れ出していたことから瓜割の滝はパワースポットとしても有名な観光地となったのです。

瓜割の滝がある森は「水の森」として愛されていて、神聖な雰囲気を感じることができます。

瓜割の滝の大きさ

天徳寺の境内である水の森を歩いていると、瓜割の滝が見えてきます。瓜割の滝を大きい滝だと思われている方が多いと思いますが、実はとても小さな滝なので、実際に見るとその小ささに驚かれる人もいるでしょう。

瓜割の滝は落差1メートルくらいの小さい滝で、この滝の名水をいただくことができますので是非お試しください。瓜割の滝は落ちる滝というよりも湧き上がる滝という感じで、普通の滝をイメージして訪れるとちょっと違うと感じられることでしょう。

瓜割の滝は水がキラキラとした光を放ち、とても幻想的で、パワースポットとして人気があるのも納得です。瓜割の滝の湧き出し口は竹で囲われていますが、そこにはしめ縄が張られていてまさにパワースポットという雰囲気を感じます。

瓜割の滝の紅藻類

瓜割の滝をよく観察すると、湧き出し口から滝つぼにかけての水中の石が赤色になっています。これはとても珍しい現象であり、ヒルデンブリンチアリブラリスという赤い藻が長期間かけて繁殖したものなのです。

紅藻類というのは清らかな水質、一定の水温という条件が揃ってこそ育つ珍しいものなので、瓜割の滝の見どころの1つとなっています。瓜割の滝の水は、夏はとても冷たく、冬は湯気が立ち上がるくらい暖かく、1年を通して一定の水温というのが特徴です。

紅藻類というのはこの瓜割の滝ならではの珍しい現象なので、瓜割の滝を訪れた際には是非じっくりと観察してみてください。

瓜割の滝の周辺の観光スポット1:若狭瓜割名水公園

瓜割の滝を訪れる前にも見どころがたくさんあります。若狭瓜割名水公園は6月下旬になると1万株のアジサイが咲き乱れ、多くの観光客が訪れる観光スポットです。お車で訪れた方はこちらの公園の駐車場に車を停めて瓜割の滝まで歩きましょう。

アジサイの季節になると、青やピンク、紫色に公園内がカラフルに彩られます。アジサイは公園を囲むように咲いているのでアジサイの季節になると素晴らしい風景を眺めることができます。アジサイは一斉に開花していて、圧巻です。

アジサイ以外に、花菖蒲も見頃になりますので、初夏らしい美しい風景を是非堪能してみてください。一見の価値ありなので、アジサイの季節に瓜割の滝を訪れるのがおすすめです。100円でエサを購入して鯉にエサをあげたりすることもできますのでお子様にもおすすめです。

園内には桜やもみじ、銀杏なども植えられているので一年中美しい庭園を楽しむことができます。また、8月にはこちらの公園でお祭りが開催されますので、毎年多くの方がこちらのお祭りを訪れて楽しまれています。

瓜割の滝の周辺の観光スポット2:天徳寺

瓜割の滝は天徳寺の境内にあります。天徳寺は高野山真言宗のお寺であり、奈良時代に建てられた歴史あるお寺です。泰澄大師によって開基され、天徳寺の境内には馬頭観音が祀られています。天徳寺はとても由緒あるお寺なので、瓜割の滝を訪れた際には是非ゆっくりと拝観してみましょう。

天徳寺には130段の階段があり、これを登ると大師堂があります。大師堂には八十八体の石仏があり、これらは弘法大師が佐渡の石工によって刻ませた石仏と伝えられています。石仏は1つ1つ表情が違いますのでじっくりと表情を観察してみるのもおすすめです。

石仏の前の地面には穴が開けられていて、この穴の中には四国八十八カ所の霊場から運んできた土が入っています。ここを踏むことによって、四国八十八カ所に参拝したのと同じ功徳があると伝えられていてパワースポットとして人気があります。

天徳寺の参拝時間は8時から17時までとなっていて、拝観料は無料なので、瓜割の滝を訪れた際には是非ゆっくりと参拝しましょう。

瓜割の滝の周辺の観光スポット3:名水の里

瓜割の滝を訪れた際には是非「名水の里」というお土産・お食事処に立ち寄りましょう。駐車場からすぐそばなので、お土産などを購入するのに便利です。こちらでは福井県の地元で作られた米や野菜が販売されていて、新鮮な特産品を購入することができます。

「名水の里」は2016年にリニューアルしてさらに利用しやすくなりました。瓜割の水を使用した飲み物や食品を購入することができて、瓜割の滝を観光した際に是非立ち寄ってみましょう。名水の里のいちおしは「くずまんじゅう」です。

くずまんじゅうはぷるんとした食感が絶妙で、大変人気があります。瓜割の滝を訪れた際には是非お試しください。5月から10月まで販売されているくずまんじゅうは名物で、リピーターの方も多いです。瓜割の水で冷されたくずまんじゅうは格別の美味しさです。

くずまんじゅうは若狭の熊川くずと瓜割の水で作れらていて、涼感たっぷりで、甘さ控え目なところも人気です。口の中にいれた瞬間、とろけるような食感で、一口食べると虜になってしまいます。

抹茶味のくずまんじゅうもあり、緑色がとても綺麗です。甘さ控え目のこしあんがぷるぷるのくずと相性抜群です。冷蔵庫に入れると白くなってしまうのですが、瓜割の滝の水で冷されたくずまんじゅうは透明で絶妙な食感を楽しむことができます。

瓜割の滝の周辺の観光スポット4:レンボーライン

瓜割の滝の周辺の観光スポットはレンボーラインです。全長11.2キロメートルもの長さの観光道路のことをレインボーラインと呼ばれていて、そこからの眺めは絶景です。レインボーラインは美浜町笹田から梅丈岳山頂、若狭町海山までの観光道路です。

レインボーラインには展望台があり、展望台からは三方五湖を見渡すことができます。湖と周囲の山々のコントラストが素晴らしく、天気が良い日には特におすすめです。

「若狭瓜割名水まつり」でお祭りを楽しもう!

瓜割の滝では毎年8月の第1日曜日にお祭りを開催しています。「若狭瓜割名水まつり」というお祭りは多くの観光客が訪れるお祭りで、瓜割の滝が1年で一番賑わっています。約1万人もの観光客がこのお祭りを訪れて楽しまれています。

こちらのお祭りでは、瓜割の滝を使用した流しソーメンやくずまんじゅう、野点茶会などを楽しむことができます。他にはステージショーや、打ち上げ花火なども開催されてとても盛り上がるお祭りです。

お祭りの際には駐車場がありませんので、上中駅北側駐車場や若狭町役場上中庁舎の駐車場に車を停めて、シャトルバスでお祭りの会場に向かいましょう。お祭りは真夏のとても暑い日に開催されますが、是非涼を求めてお祭りに足を運んでみましょう。

瓜割の滝で涼を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?福井県にある瓜割の滝はパワースポットとして人気があり、多くの観光客が訪れています。瓜割の滝の近くの公園ではアジサイの花を観賞できたりと周辺にも見どころがありますので、是非足を運んでみましょう。瓜割の滝の水は持ち帰ることもできますので、是非持ち帰って瓜割の滝の名水をご自宅でもお楽しみください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ