湯の花温泉の日帰り入浴おすすめ7選!人気の貸切風呂やランチ付きもあり!

京の奥座敷といわれる「湯の花温泉」。京都から近いこともあり日帰り入浴が人気です。旅館や入浴施設にはおすすめの日帰りプランが豊富に用意されています。貸切風呂のある施設やランチとセットになったプランなど湯の花温泉のおすすめ7選を紹介していきましょう。

湯の花温泉の日帰り入浴おすすめ7選!人気の貸切風呂やランチ付きもあり!のイメージ

目次

  1. 1京都亀岡の『湯の花温泉』とは?
  2. 2湯の花温泉の歴史
  3. 3湯の花温泉の特徴・効能
  4. 4湯の花温泉の日帰り入浴おすすめ7選をご紹介!
  5. 5湯の花温泉のアクセス
  6. 6湯の花温泉から人気の観光
  7. 7京都亀岡の名湯「湯の花温泉」に行こう!

京都亀岡の『湯の花温泉』とは?

JR京都駅から電車でわずか20分の亀岡にある”京の奥座敷”といわれる「湯の花温泉」。山里ののんびりとした雰囲気が魅力の人気の温泉です。静かな山合に数件の旅館が立ち並び、自然の中でひなびた温泉情緒を満喫できるおすすめの温泉です。京都亀岡の湯の花温泉について詳しく紹介していきましょう。

湯の花温泉の歴史

京都の亀岡にある湯の花温泉はとても古い歴史ある温泉です。遠く昔の戦国時代に、刀で傷を負った武士が湯治したといわれている湯の花温泉、様々な伝説が語り継がれています。

そのひとつに桜石の節分伝説というものがあり、亀岡に産土する不思議な力を持つ小石「桜石」で鬼を退治した、これが節分の豆まきのルーツとなっているという伝えがあります。

この退治された鬼の流した涙が湯の花温泉だといわれ、湯治や厄除けの湯として親しまれてきたといわれています。

湯の花温泉の特徴・効能

戦国時代には刀傷を負った武士が、湯治をしていたといわれる湯の花温泉。泉質は、単純弱放射能温泉という天然ラジウム温泉で、主に神経痛や筋肉痛、関節痛をはじめ、うちみやくじき、冷え性、疲労回復など、さまざまな効能があるといわれています。

湯の花温泉の豊富に湧き出る温泉は、ミネラルを多く含んだ柔らかな無色透明の湯質が特徴です。露天風呂で山間の木々を楽しみながらゆっくりと湯船につかってのんびり過ごすのもおすすめです。

湯の花温泉の日帰り入浴おすすめ7選をご紹介!

湯の花温泉は、京都から1時間もあれば気軽に行くことのできる温泉なので、旅館や温泉施設では日帰り入浴のできるプランがとても充実しています。それぞれにランチがセットになっていたり、貸切風呂が利用できたりとさまざまな日帰りプランが用意されています。ここではおすすめの7選を紹介していきましょう。

湯の花温泉のおすすめ日帰り入浴①渓山閣

木々生い茂るのどかな佇まいの中に建つ老舗温泉旅館「おもてなしの宿 渓山閣」。日帰り入浴では、贅沢な総檜作りの女性湯「ほのかの湯」と、日本家屋のような白壁造りが心和ませる男性湯「なごみの湯」でゆったりと入浴を楽しめます。

日帰り入浴の受付時間は、午前11時から夜20時までです。料金は、平日が大人800円小人400円、土日祝が大人1000円小人500円いずれも税込となっていて、フェイスタオルが付いています。

住所 京都府亀岡市ひえ田野町佐伯下峠20-6
電話番号 0771-22-0250

ランチ・ディナー利用で入浴無料

渓山閣ではランチやディナーを利用すると、入浴料金が無料になるというお得な日帰りプランも用意されています。お食事処「京料理さくら」では、平日限定のプランであれば2000円から、土日祝でも4500円から会席料理がいただけます。

お食事は、落ち着いた個室から、気軽に利用できるテーブル席などお好みによって選んでいただけます。あらかじめ予約をしてからお出かけするのをおすすめします。

湯の花温泉のおすすめ日帰り入浴②すみや亀峰菴

茅葺の門構えとのどかな自然が出迎えてくれる、大人の癒しを感じさせてくれる宿「すみや亀峰菴」。ジョン・レノンとオノ・ヨーコ夫妻が、湯の花温泉にお忍びで訪れたこともある老舗の温泉旅館です。日帰り入浴のみのプランはなく、すべてランチやディナーとセットになった日帰りプランとなっています。

日帰りランチのプランは館内の利用時間が11時から14時30分まで、日帰りディナーのプランは17時から21時までとなっています。

住所 京都府亀岡市ひえ田野町柿花宮ノ奥25
電話番号 0771-22-7722

貸切風呂やランチなど日帰りプランが豊富

日帰りランチの「昼の馳走と温泉プラン」7170円では、オープンダイニングの「旬膳 瑞禾」にてランチをいただいた後に、ゆっくりと温泉を楽しめます。

日帰りプランでは館内は14時30分まで利用できるので、ロビーやライブラリーでのんびりと過ごすのもおすすめです。

日帰りディナーの「ご夕食と日帰り温泉プラン」では、お食事の内容によって10950円、14190円、19590円と選ぶことができます。

すみや亀峰菴では、露天風呂の貸切風呂「山の隠れ湯」とランチがセットになった日帰りプランも好評です。貸切風呂へは、森林浴を楽しみながらの散策路をゆったりと歩いて向かいます。

貸切風呂の料金は45分で3000円(税別)ですが、ランチと日帰り入浴がセットの「山の隠れ湯セットプラン」は8000円となるのでとてもお得です。

他にも様々な日帰りプランがありますが、すべて予約が必要になります。ランチやディナーを利用する場合は、JR亀岡駅とトロッコ亀岡駅から送迎が出ています。定時運航の予約制となるので、こちらも一緒に予約をするのを忘れないようにしましょう。

湯の花温泉のおすすめ日帰り入浴③京都・烟河

近代建築と和の融合がモダンな温泉旅館「京都・烟河(あぶりかわ)」。自家農園で育った野菜を使ったお料理が評判の旅館です。日帰り入浴では、露天風呂付きの大浴場でゆったりと温泉を堪能できます。

大浴場は畳敷きとなっていて、滑りにくく石などと比べると冷たくなりにくいので快適に過ごせます。日帰り入浴の利用時間は、午前11時から夕方16時までです。料金は、大人700円小人500円、お子様は4才から小人料金がかかります。

住所 京都府亀岡市本梅町平松泥ケ渕1-1
電話番号  0771-26-2345

日帰り客も利用できる足湯

京都・烟河の中央にある「里山ガーデン」には湯の花温泉を気軽に楽しめる足湯があります。日帰り入浴を利用の方も自由に入ることができます。利用時間は朝7時30分から夜22時までです。冬季は朝8時から21時となっています。ライトアップも素敵なので、暖かい季節には夜の利用もおすすめです。

お部屋でのんびりできる日帰りプランもおすすめ

お昼の日帰りプランとしては、「温泉とお部屋でゆっくり休憩【里山ダイニング大地】ランチバイキング昼パック」がおすすめです。

平日のみとなりますが、お部屋が12時から17時まで利用できて、自家農園の野菜たっぷりの90分間ランチバイキングと湯の花温泉の入浴の利用が付いて、料金は5650円から6650円となっています。

夜の日帰りプランとしては、「温泉とお部屋でゆっくり休憩【石窯ダイニングはなり】石窯コースみのり~豊穣~ 夕パック」がおすすめです。

こちらも平日のみで、お部屋が15時から21時まで利用できて、石窯焼のコース料理と湯の花温泉の入浴の利用がついて、料金は11650円から13650円となっています。

どちらの日帰りプランも、お部屋はベッドタイプのお部屋と和室が選べます。必ず予約をしてから出かけましょう。旅館までは、JR亀岡駅から無料のシャトルバスが、9時30分から17時30分までの間、毎時30分発で運行しています。

湯の花温泉のおすすめ日帰り入浴④松園荘 保津川亭

京の奥座敷湯の花温泉ならではの京都らしい京町屋風の落ち着いた雰囲気が魅力の「松園荘 保津川亭」。食事とセットになった日帰りプランがおすすめです。日帰りプランは、11時から14時までの「昼席」と18時から21時までの「夜席」があります。

日帰りプランの昼席は、6630円、8790円、10950円の3プラン、夜席は、8790円、10950円、13110円の3プランでお料理によって料金が違います。夜席は5400円の追加料金で、お部屋食も選ぶことができます。

住所 京都府亀岡市 湯の花温泉
電話番号 0771-22-0903

バリエーション豊かな温泉

松園荘 保津川亭は、様々な種類のお風呂が楽しめる大浴場が人気です。大浴場までには能舞台を眺めながらのアプローチ、その周りには足湯も楽しめるようになっています。内湯の大浴場はジャグジーや寝湯などバリエーションも豊かです。

その先には、薬湯風呂、桧のお風呂があり、開放的な空間で温泉を十分に堪能できます。さらにその先にはサウナも用意されています。ミストサウナなので体への負担も少なく、お子様からご年配の方まで幅広く楽しめます。

そして露天風呂の一番奥には、森林浴も楽しめる石の露天風呂があり、ゆったりと湯の花温泉を楽しめるようになっています。露天風呂ですが、屋根がついているので雨の日でもゆっくりと温泉に入ることができます。

大浴場のほかに貸切風呂も利用できます。料金は50分で1室あたり5000円(税別)となっています。小さなお子様や、ご年配の方がいるご家族やカップルなど、気兼ねなくゆっくりと温泉を楽しめるのがうれしいです。

湯の花温泉周辺のおすすめ日帰り入浴⑤スプリングスひよし

温泉施設をはじめ、温水プールやバーベキュー、キャンプスペースなどを有するレジャー施設「スプリングスひよし」。京都からは湯の花温泉のある亀岡より、さらに奥の約60分ほどの場所にある温泉です。

ひよし温泉の利用時間は朝10時から夜9時30分までとなっていて、料金は、温水プールも利用できて大人800円、小人400円ととてもリーズナブルです。お子様は3才から小人料金がかかります。

住所 京都府南丹市日吉町中宮ノ向8番地
電話番号 0771-72-1526

日帰り入浴以外もレジャー施設が充実

スプリングスひよしは、日帰り入浴以外にも様々なレジャーが楽しめるのが魅力です。ひよし温泉のあるリフレッシュプラザには、岩盤浴が楽しめるスペースや、リラクゼーションスペースがあります。

「チムジルバン健美房」という岩盤浴は、韓国式蒸氣房と日本の岩盤浴と融合させた、本格的な岩盤浴を楽しめる施設です。ひよし温泉の料金に550円の追加料金で利用することができます。

リラクゼーションスペース「総悠館」では、カイロプラクティックをはじめ、ヘッドスパ、フェイシャルエステなどが、リーズナブルな料金で楽しめると評判です。日帰り温泉と共に身体の癒しを満喫できることでしょう。

他にも日帰りではデイユースのバーベキューコーナーや、アウトドアを満喫できるキャンプスペースなど、大自然をたっぷりと楽しむことができる施設となっています。

湯の花温泉周辺のおすすめ日帰り入浴⑥るり渓温泉

京都だけでなく大阪方面からもアクセスが便利な「るり渓温泉」。京都駅からは、JRで約45分ほどの園部駅から直行バスで約30分の場所にある、るり渓高原にある日帰り入浴で人気の温泉です。

宿泊施設は、和室と洋室のある「るり渓温泉本館」と貸切風呂のある「こぶし荘花あかり」、今話題のグランピングが楽しめる「GRAX」、ヴィラスタイルのグランピング施設「GRAX HANARE」ととても充実しています。

住所 京都府南丹市園部町大河内広谷1-14
電話番号 0771-65-5001

家族で楽しめる水着着用エリア

日帰り入浴では、温泉は大浴場だけでなく、水着着用で楽しめるバーデゾーンが充実しています。露天風呂をはじめ、4種類のサウナや、ジャグジー湯、打たせ湯、温泉プールなど、家族やカップルみんなで楽しめるのが特徴です。

日帰り入浴の料金は、大浴場と露天風呂、バーデゾーン、プールが利用できる「お気軽入浴プラン」が、大人は平日700円 土日祝800円 、小人が平日350円土日祝400円となっています。

日帰りで、大浴場と露天風呂、バーデゾーン、プールの利用と、タオルとバスタオル、リラックスウェアがついて再入場も可能な「全館利用プラン」は、大人が平日1500円土日祝1800円 、小人が平日1000円土日祝1300円となっています。お子様は4才から小人料金がかかります。

「こぶし荘花あかり」の特典:貸切風呂

宿泊施設「こぶし荘花あかり」の利用の方には特典として、貸切風呂の利用ができます。露天と内湯のふたつの貸切風呂を、1組1回40分間の利用ができます。家族や友人などと気兼ねなく、ゆっくりとくつろげる貸切風呂を利用できる特典がついているのはうれしいです。

湯の花温泉のおすすめ日帰り入浴⑦温泉スタンド

湯の花温泉の泉質が気に入った方は、温泉スタンドの利用はいかがでしょうか?湯の花温泉の泉質は、単純弱放射能泉(低張性中性低温泉)というラジウム泉で、泉温は30.5℃の無味無臭の温泉です。温泉街の真ん中あたりにある温泉スタンドでは、この源泉をお安い料金で持って帰ることができるのです。

住所 京都府亀岡市ひえ田野町佐伯下峠52-3
電話番号 0771-22-5645

温泉スタンドの値段と使い方

温泉街の真ん中あたりにある温泉スタンドを利用するには、専用コインを購入する必要があります。この専用コインは、湯の花温泉観光旅館共同組合事務所もしくは湯の花温泉の各旅館にて販売しています。

1枚100円のコインで200Lの温泉が出てきます。温泉を入れるタンクは事前に用意しておきましょう。コインを入れると4分もしくは8分かけて200Lの温泉が出てきます。

この時間が過ぎてしまうと温泉は停止してしまうので素早い操作が必要です。温泉は飲用ではありませんので、入浴などに使用しましょう。

湯の花温泉のアクセス

湯の花温泉は山間の温泉なので、近くに駅がありません。利用する施設によっては、最寄りの駅までシャトルバスを運行しているところもあります。おすすめのアクセスはマイカーの利用です。京都観光のついでに立ち寄る場合はJRの利用が便利でしょう。それぞれのアクセスについて紹介していきましょう。

湯の花温泉のアクセス【車】

湯の花温泉にマイカーを利用してのアクセスは、高速道路を利用するのが便利です。最寄りの京都縦貫自動車道の亀岡ICからは国道372号線で10分ほどの距離です。京都嵐山からで、約40分ほどかかります。大阪からでも、高速道路を利用するので1時間ほどで行くことができます。日帰り入浴にはちょうど良い距離となっています。

湯の花温泉のアクセス【公共交通機関】

湯の花温泉に公共交通機関を利用してのアクセスは、JRの利用が便利です。JR京都駅から最寄りのJR亀岡駅までは、JR嵯峨野線で約20分ほどです。

JR亀岡駅からは、利用する施設のシャトルバスを利用して約15分ほどです。シャトルバスはほとんどが予約制となっているので、各施設に事前に予約しておきましょう。

人気の観光列車「嵯峨野観光鉄道」のトロッコを利用する際には、最寄りのトロッコ亀岡駅にもシャトルバスを運行している施設もありますので、一度問い合わせてみるといいでしょう。

湯の花温泉から人気の観光

湯の花温泉の近くにある人気の観光といえば、保津川下りとその川を並走するトロッコ列車です。「亀岡」と人気の観光地「京都嵐山」を結ぶ保津川下りとトロッコ列車は外せないおすすめの観光となっています。

保津川下りは、亀岡から嵐山までの約16kmを2時間かけて下っていくスリル満点の川下りです。定期乗合船は大人4100円小人2700円です。お子様は4才から小人料金がかかります。

保津川下りの川に並走して人気の観光列車「トロッコ列車」の利用もおすすめです。JR山陰本線の旧線を利用した観光列車で、トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までの7.3kmを約25分かけてのんびりと運行しています。開放感のある車内は、四季それぞれの自然を感じることができます。運賃は大人620円小人310円です。

Thumb嵐山『保津川』で川下り!料金や所要時間は?トロッコと一緒に満喫しよう!
嵐山・保津川の川下りでは、丹波亀岡から京都観光で有名な嵐山まで四季折々の景色を眺めながら保津...
Thumb 嵯峨野トロッコ列車で観光旅!絶景の名所や料金・予約方法は?
京都の人気観光スポットである嵯峨野トロッコ列車には、たくさんの人が利用しています。嵯峨野トロ...

京都亀岡の名湯「湯の花温泉」に行こう!

京都観光のついでに日帰りで気軽に立ち寄ることのできる「京の奥座敷」の湯の花温泉。湯量も豊富な優れた名湯です。旅の疲れを癒すのもよし、自然に囲まれてリフレッシュするもよし、古くから親しまれた京都亀岡の名湯「湯の花温泉」に足を運んで日帰り入浴を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
guc

人気の記事

人気のあるまとめランキング