雲ノ平登山のおすすめ縦走ルートとは?初心者でも楽しめる見どころも紹介!

富山県富山市に位置する雲ノ平は、薬師岳、水晶岳をはじめ、美しい山々に囲まれた北アルプスの景勝地。絶景の登山ルートは、初心者登山者にもおすすめで、山小屋を使った縦走ルートが人気です。今回は、雲ノ平の魅力と登山の見どころを含めて詳しくご紹介します!

雲ノ平登山のおすすめ縦走ルートとは?初心者でも楽しめる見どころも紹介!のイメージ

目次

  1. 1富山県の絶景縦走ルート「雲ノ平」をご紹介!
  2. 2雲ノ平とはどういうところ?
  3. 3雲ノ平への縦走ルート紹介と概要
  4. 4登山初心者におすすめの雲ノ平への縦走ルート「新穂高温泉~雲ノ平」
  5. 5雲ノ平での見どころエリア
  6. 6雲ノ平の「雲ノ平山荘」について
  7. 7雲ノ平キャンプ場について
  8. 8雲ノ平周辺の自然スポット
  9. 9雲ノ平登山のアクセスポイント
  10. 10雲ノ平登山におすすめの装備
  11. 11雲ノ平登山で飛騨山脈の自然とふれあおう

富山県の絶景縦走ルート「雲ノ平」をご紹介!

富山県富山市の南東部に位置する「雲ノ平」は、中部国立公園内に位置する景勝地。北アルプスの山々に囲まれた溶岩台地は、周囲を高山によって阻まれているため、縦走登山でしか行くことができません。

北アルプスの最深部に位置する雲ノ平の周辺には、「○○庭園」と名づけられた庭園のような景観が広がり、高山植物の咲き乱れる風景は、日本最後の秘境とも言われています。

今回は、雲ノ平縦走のおすすめルートや登山のおすすめ装備、さらに、雲ノ平周辺の温泉や登山の見どころまで、登山初心者にもわかりやすくまとめます。

雲ノ平とはどういうところ?

雲ノ平(くものだいら)とは、黒部川源流域に位置する標高約2600メートル地帯に広がる景勝地で、北アルプスの最深部に位置していることから、縦走登山でしか行けない日本最後の秘境の一つです。

立山、薬師岳、水晶岳、鷲羽岳と雲ノ平からは、周囲を取り囲む北アルプスの山々の絶景を楽しめます。縦走登山と言うと、どうしても装備も多くなり、登山時間も長くなることから、初心者にはハードルが高いイメージがあります。

しかしながら、雲ノ平の周辺には、登山初心者でも十分チャレンジできる歩きやすいルートもありますので、シーズンやコンディションさえ押さえておけば、初心者でも安心して縦走することができます。

富山県の飛騨山脈に位置し秘境とうたわれる奥深い台地

雲ノ平は、祖母岳の火山活動によって形成された溶岩台地で、25万平方メートルもの広さがあります。周囲には、池や岩が点在しており、エリアによって、それぞれ日本庭園、スイス庭園、アラスカ庭園のように名前がつけられています。

8つの庭園を特徴づけているのが、池塘(ちとう)と呼ばれる高層湿原に見られる池のような場所で、雲ノ平でも、この池塘が多く形成されており、外界とは違った植生が広がっています。

北アルプスの最深部にある雲ノ平は、もっとも近い登山口となる折立から入っても最低1泊2日の縦走でしか到達できません。日本最後の秘境と言われる雲ノ平には、木道やベンチも設置されており、のんびりと散策を楽しめます。

雲ノ平一帯は可憐な高山植物が花を咲かせる自然の宝庫

登山初心者には、少しハードルが高いように感じられる 雲ノ平縦走ですが、折立登山口からのルートは高低差も1000メートル前後と低めで、歩行距離は長いものの、比較的景色を楽しみながら歩けるおすすめのルートです。

雲ノ平ら山荘周辺には、7月から8月の夏山シーズンには、クロユリやハクサンフウロそしてミヤマリンドウなどの高山植物が咲き乱れるお花畑が広がります。

また、雲ノ平のギリシャ庭園周辺には、コバイケイソウとハイマツ帯が広がり、貴重なライチョウの生息地にもなっています。おすすめの登山ルートの一つである日本庭園の周辺には、かわいらしい花を咲かせるチングルマの草原もあります。

Thumb黒部五郎岳登山の難易度は?おすすめの縦走ルートや注意点・見どころまとめ!
「黒部五郎岳」は富山県と岐阜県にまたがった「日本百名山」の名峰だ。北アルプスの最深部にある「...

雲ノ平への縦走ルート紹介と概要

雲ノ平登山へ行くには、いくつかの縦走ルートがあります。よく知られているおすすめのルートは、折立から太郎平小屋 -そして薬師沢小屋を経由して雲ノ平山荘へ到達するルートです。

雲ノ平へ縦走するルートは、他にも裏銀座の北側から日本三大登坂である「ブナ立尾根」を含めたルートや、西鎌尾根から槍ヶ岳を周遊するルートなど、いくつものルートがあります。

周辺には、三俣法華岳や双六岳など、縦走におすすめの山々もありますので、縦走ルートはのバリエーションが豊富なことでも知られています。もっとも短いルートでも、3泊4日ぐらいのゆったりした日程で縦走するのがおすすめです。

新穂高温泉~雲ノ平

富山県の折立登山口から登る縦走ルートが一般的な雲ノ平ですが、岐阜県高山市の「新穂高温泉」から富山県に向かって北上していくルートもあります。

このルートは、新穂高温泉から鏡平山荘まで5時間ほど登りが続き、視界が開けない山道をコツコツと登ることになります。初心者でもチャレンジできない難易度ではありませんが、初日に双六山荘まで登りきるなら8時間ほどかかります。

富山県側にある雲ノ平に到着できるのは、2日目の早朝5:45頃に双六山荘を出て、縦走登山2日めの14:30ぐらいです。初日と2日めの日程が初心者登山者には少しハードルが高いかもしれません。

折立~太郎平小屋~黒部五郎岳~雲ノ平

続いてご紹介するルートは、富山県側の折立登山口から太郎平小屋を経由して黒部五郎岳に登頂して、雲ノ平へ向かうルートです。

黒部五郎岳を回るこのルートは、北アルプスの表銀座コースや裏銀座コースと同じように「ダイヤモンドコース」という名称がついています。表銀座や裏銀座に負けないほど景色が美しく、自然が豊かなことで知られています。

雲ノ平からは、祖父岳、水晶岳、鷲羽岳などを縦走するルートもありますが、体力にあまり自信の無い初心者は、来た道を戻るルートで富山県側に下山するのもおすすめです。

折立~太郎平小屋~高天原山荘~雲ノ平

雲ノ平の縦走ルート、最後にご紹介するのは、富山県の折立登山口から太郎平小屋を経由して、高天原山荘をピストンしてから雲ノ平へ向かうルートです。

高天原は、日本でもっとも高い位置に沸いている「高天原温泉」がある人気のルートで、登山初心者にとっても憧れの山小屋です。高天原山荘まで経由する場合は、4泊5日ぐらいの日程で縦走するのがおすすめです。

折立から雲ノ平に到達するのは、縦走3日目で、そこから祖父岳、水晶岳の順に縦走して高天原山荘に向かって下山します。雲ノ平らまで戻ると夕方17:00頃になりますので、コースタイムはしっかり確認しながら登りましょう。

Thumb薬師岳登山情報まとめ!絶景「カール」などおすすめの見どころ・魅力紹介!
富山県立山地方にある「薬師岳」は、北アルプスの女王とも讃えられる魅力的な山です。山頂付近には...

登山初心者におすすめの雲ノ平への縦走ルート「新穂高温泉~雲ノ平」

登山初心者が雲ノ平まで縦走する場合は、新穂高温泉と雲ノ平を結ぶルートがおすすめです。回り方は、2通りありますが、富山県の折立側から雲ノ平を経由して新穂高温泉の方まで抜ける北から南向けのコース。

もう一つは、新穂高温泉側からスタートして、富山県の折立側に下山するコースです。富山県側からスタートすれば、登り2、3時間ぐらいのところから、眺望が開け、標高差も1000メートル以下と少なく、初日の太郎平小屋までは、4時間半ほどで到着します。

一方、岐阜県高山市の新穂高温泉側から雲ノ平まで縦走するルートの場合は、朝7:00前に出発して、初日の双六山荘到着が15:30頃となり、初日から8時間ほどのロングルートを歩くことになります。

「新穂高温泉~雲ノ平」ルートの詳しい行程

新穂高温泉から富山県側の雲ノ平までを縦走するルートを詳しくみていきましょう。まず、笠新道登山口から出発して「わさび平小屋」を経由、ここで小休憩をとります。続けて小池新道登山口を出て秩父沢出合を経由。ここで2回めの休憩です。

その後、シシウドが原、鏡平山荘を経由して弓折乗越に到達するの14:00前後。ここから初日の宿「双六小屋」までは約1時間30分ほどです。2日目は、双六小屋を出発して80分ほど歩き、三俣蓮華岳に登りましょう。

休憩スポットにもなっている「三俣山荘」「を経由して続けて、鷲羽岳を目指します。登山初心者は、鷲羽岳は省いても良いかもしれません。余力のある方は、水晶岳、祖父岳の2つの峰を制覇してから雲ノ平へ向かいましょう。

「新穂高温泉~雲ノ平」ルートでの見どころ

朝5:45に出発して、雲ノ平へ到着するのは、14:40分頃ですので、2日目の縦走コースの所要時間も約8時間となります。ご紹介したすべての山をピストンで登りつつ縦走すると、2日続けて、8時間ずつの長丁場となりますので、初心者には少し辛いかもしれません。

縦走3日目からは、今回の登山の最大の見どころである雲ノ平に到着します。雲ノ平周辺のおすすめポイントは、やはりギリシャ庭園やアラスカ庭園、そして日本庭園など、美しい高山植物が咲き乱れるお花畑です。

「新穂高温泉~雲ノ平」で見られる景色

縦走3日めは雲ノ平を早朝5:40頃出発します。途中、三俣山荘で長めの休憩を入れつつ、巻道合流天へ向かいます。ここから、黒部五郎岳に登ってみましょう。

黒部五郎岳の山頂につくのは、12:30頃となります。山頂で休憩をとったあと、ここから40分ほどの距離にある黒部五郎小屋に立ち寄るのもおすすめです。3日めの宿泊先は双六小屋で、到着は17:20頃となります。

黒部五郎岳の山頂からは、北アルプスの山々の絶景も楽しめます。雲ノ平縦走コース4日めは、双六小屋を少し遅めに出発します。8:20頃小屋を出た後は、弓折乗越、鏡平山荘を経由し、新穂高温泉方面に向かってひたすら下山します。

雲ノ平での見どころエリア

北アルプスの最深部である「雲ノ平」。3泊4日から4泊5日での縦走ルートでしか到達できない日本最後の秘境と呼ばれる景勝地です。

広大な溶岩台地でおすすめの見どころとなっているのが、8つの自然が生み出した庭園です。こんな山奥に!と思いますが、ベンチや木道も設けられており、雲ノ平山荘に泊まってゆっくり散策していただきたい絶景スポットです。

日本庭園

登山初心者の中には、時間的に8つのすべての庭園を回るのは難しいという方もいるかもしれません。そこで、それぞれの庭園のロケーションやおすすめポイントを簡単にご紹介してみたいと思います。

祖父岳の背後に広がる日本庭園は、他の雲ノ平の見どころからやや離れているため、初心者が縦走登山する場合は、ルートから外されることも多いポイントです。

尾瀬に比べると雲ノ平はそれほど大きな湿原があるわけではありませんが、源流部一帯で雲ノ平山荘、三俣山荘、水晶小屋を経営する伊藤正一さんによって名づけられたロマンチックな庭園は、見応え十分です。

スイス庭園

スイス庭園は、雲ノ平の中でも、特に日本離れした外国のような景観を持つ、おすすめの庭園です。四方を囲む北アルプスの山々は、日本百名山に認定されている名峰が多く、小さな池に映し出される山の風景もまた絶景です。

スイス庭園は、縦走の拠点となる雲ノ平山荘から北東に40分ほどの距離にあります。途中、雲ノ平キャンプ場を経由して進みます。キャンプ場の手前に、ギリシャ庭園もありますので、一緒に回るのがおすすめです。

ギリシャ庭園

ギリシャ庭園は、雲ノ平の中心に位置している起伏の多い丘陵地帯で、草原の中には黒っぽい溶岩がぽこぽこと顔を出しています。ハイマツと池塘があちこちに顔を出していて、どこを見ても絵になる風景が広がっています。

ギリシャ庭園は、水はけの良い地形であることから、チングルマやコバケイソウなどがよく生息しており、ミヤマキンバイ、キバナシャクナゲなど色とりどりの高山植物が咲き乱れる花の楽園です。

秋には、黄金一色になる草原の風景は、どことなくギリシャ神殿のあるオリンポスを思わせるような荒涼として美しさがあります。

アラスカ庭園

雲ノ平山荘から、薬師沢山荘へ向かう道の途中にある「アラスカ庭園」は、オオシラビソやトウヒなどの木々が並ぶ森林が広がります。その景色は、他の庭園とまたガラリと変わって、まるでアラスカのような風景が広がります。

アラスカ庭園へ向かう途中には、アルプス庭園や奥日本庭園など、いくつかの庭園を見ることができます。雲ノ平山荘からアラスカ庭園までのコースタイムは1時間10分、そこから薬師沢山荘まではさらに1時間30分ほどかかります。

薬師沢山荘方面から、アラスカ庭園に出るまでの道は、かなり急なアップダウンが続きます。ここを抜ければ、楽園のような庭園が待っていますので、頑張って登りましょう!

雲ノ平の「雲ノ平山荘」について

縦走登山でしか、たどり着くことのできない富山の秘境「雲ノ平」。雲ノ平周辺の8つの庭園を回るなら、やはり雲ノ平山荘を拠点にするのがおすすめです。

雲ノ平山荘のオーナーである伊藤正一さんは、黒部源流の著書も手がけた第一人者で、水晶小屋や三俣山荘なども経営されています。

山荘の雰囲気が満喫できる木材をふんだんに使った建築様式

かわいいログハウスのような外観の「雲ノ平山荘」は、木造二階建ての比較的大きな山荘です。収容人数は定員70名で、7月上旬から10月上旬までの年3ヶ月間経営されています。

雲ノ平山荘は、2010年にリニューアルされ、木材をふんだんに使ったモダンで暖かい雰囲気の山荘になっています。ちょっとおしゃれなログハウスのような外観で、暖かい食事や飲み物なども提供されています。

山荘の中は木のぬくもりが感じられる開放的な空間

雲ノ平ら山荘の内部は、1階のレストラン・ロビーエリアと、2階の宿泊スペースから成っています。窓際には、周囲の山々の景色を一望できるカウンター席なども設けられており、木のぬくもりが伝わってきます。

木造の暖かい雰囲気のレストランでは、9:00から16:00まで立ち寄り登山者やテント泊の登山者向けにも、軽食や飲み物などが提供されており、カレーやうどんの他、コーヒー、ホットミルクなどを楽しめます。

雲ノ平山荘の主な設備

雲ノ平山荘の定員は70名となっていますが、7月16日から8月末までが特にハイシーズンとなるため、25名以上の団体の場合は、1日一組しか泊まれないようです。

1階には、喫茶スペースのほか、売店も完備されており、オリジナルグッズなどを購入する異も化膿です。お手洗いも設置されていますが、こちらも木造のインテリアが素敵で、山小屋とは思えないほど清潔です。

登山者用に飲料水の販売も行っているようですが、山荘での水は、すべて雨水で対応しているようですので、キャンプ場にテント泊する方は、キャンプ場の水道の水をご利用ください。

雲ノ平山荘の宿泊料金

雲ノ平山荘の宿泊料金は、1泊2食(夕・朝) で10000円、1泊1食(朝のみ)なら7600円、1泊1食(夕食のみ)なら8400円となっています。

素泊の場合は、大人一名6000円です。高校生までは割引料金での宿泊が可能で、1泊2食付きで、8000円。素泊まりは1000円引きで5000円で宿泊可能です。

また、連泊割引もあるので、雲ノ平周辺の庭園を回りたい場合は、連泊割引(500円)を利用するのがおすすめです。この他、昼食用のお弁当も手配可能で、「ニジマスの甘露煮弁当」が  1100円で購入可能となっています。

雲ノ平キャンプ場について

富山県富山市にある日本最後の秘境「雲ノ平」。縦走登山初心者は、山小屋を利用する方がおすすめですが、せっかくならテント泊してみたいという方もいらっしゃるかもしれません。

雲ノ平キャンプ場は、雲ノ平山荘から、三俣方面へ約20分ほど降ったところにあり、幕営料1泊1000円にてテント泊が可能です。

テントは50張りまで幕営可能となっていますが、ハイシーズンは、かなり混雑するようですので、グループでの登山の場合は、ソロテントではなく、仲間とシェアして泊まるようにしましょう。

キャンプ場には、水道とバイオトイレも設置されており、比較的快適に滞在できます。山小屋泊よりも、装備が増えるのがデメリットではありますが、旅費を抑えることができるのが魅力です。

テント泊の場合は、装備の重量と宿泊先での食料も背負って縦走することになりますので、体力に自信があり、登山経験が豊富な方と同行するのがおすすめです。

雲ノ平周辺の自然スポット

雲ノ平縦走ルートには、祖父岳の火山活動から生まれた溶岩台地に形成された8つの美しい庭園があります。

周辺には、日本百名山の水晶岳、鷲羽岳、そして薬師岳もそびえており、縦走ルートのバリエーションもかなり豊富なのが魅力です。

高天原温泉にはぜひ立ち寄りたい

ハードな登山が好きな上級登山者には、折立から入って初日は薬師岳を登り、2日目から3日目には雲ノ平からさらに、水晶岳、祖父岳を登り、あわよくば黒部五郎岳まで登って帰るといった盛りだくさんのコース取りをする方もいます。

しかしながら、山に登る回数が増えるほど、疲労が蓄積しますので、登山初心者にはあまりおすすめしません。

雲ノ平から祖父岳、水晶岳方面に向かって約3時間ほど北上すると高天原温泉に到着します。途中、奥スイス庭園など見どころもありますので、ぜひ、こちらのルートで登山してみてください。

雲ノ平登山のアクセスポイント

雲ノ平登山とアクセスポイントは、富山県側なら折立登山口、岐阜県側なら高山の新穂高温泉方面となります。

富山駅前バスターミナルから、折立行きの高速バスに乗車します。夏は、山行きの専用バスが運行されます。終点の折立にて下車してください。運賃は、片道設定で、3500円です。

新穂高温泉へのアクセスは、夏山シーズンは、「毎日あるぺん号」を利用して、竹橋から出る夜行バスの利用がおすすめです。

竹橋を22:30に出発し、新穂高温泉には、5:40から6:30頃到着します。運賃は、8500円から10500円ほどで、選ぶシートやバスの種類によって変動します。

雲ノ平登山におすすめの装備

最後に、雲ノ平登山におすすめの服装をご紹介しておきます。雲ノ平を縦走する場合は、テント泊(最低2泊3日)または、山小屋泊の装備が必要です。

北アルプスの中でも、雲ノ平は特に豪雪地帯として知られており、周辺の山々は7月でも残雪が残っている場合が多いので、縦走で山に登る予定の方は、必ずアイゼンを装備しておきましょう。

縦走の場合は、歩行距離も長くなるため、膝への負担を軽減するための登山ポールは、必須。また、暗いうちから歩き出す日もありますので、ヘッドライトも忘れずに。

ワリモ岳から鷲羽岳の尾根は、天候が荒れると暴風が吹き荒れる危険区域ですので、レインウェアやザックカバーもしっかり準備しましょう。

また、ハイマツ帯や低木、草原の広がる雲ノ平の周辺は、遮るものが一切ありません。日焼けしやすいので、日焼け止めや帽子が必須です。

雲ノ平登山で飛騨山脈の自然とふれあおう

雲ノ平縦走ルートと登山の魅力をご紹介致しました。8つの美しい庭園と高山植物が咲き乱れる日本最後の秘境「雲ノ平」。最低でも2泊3日の縦走登山でしか訪れることができない、北アルプスの最深部に位置しています。

登山初心者は、新穂高温泉と雲ノ平を往復するルートか、折立から雲ノ平を往復するルートがおすすめ。くれぐれも無理のないように、自分の体力を見極めながら、安全に縦走登山を楽しんでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ