亀岡運動公園プールの料金や割引方法は?駐車場もリサーチ!

この記事では、亀岡運動公園プールの魅力をまとめています。亀岡運動公園プールは、勢いよく滑り降りるウォータースライダーが人気のプール施設です。今回は、そんな亀岡運動公園プールの見どころ、料金と割引方法、アクセス方法などを解説しますので、ぜひご覧ください。

亀岡運動公園プールの料金や割引方法は?駐車場もリサーチ!のイメージ

目次

  1. 1亀岡運動公園プールの料金・割引方法を解説
  2. 2亀岡運動公園プールとは?
  3. 3亀岡運動公園プールの見どころ①迫力ある2基のウォータースライダー
  4. 4亀岡運動公園プールの見どころ②最大1mの波を体感
  5. 5亀岡運動公園プールの見どころ③小さな子供も大人も楽しめる!
  6. 6亀岡運動公園プールの料金や割引方法は?
  7. 7亀岡運動公園プールの開催時間・営業時間
  8. 8亀岡運動公園プールへのアクセス
  9. 9今年の夏は亀岡運動公園プールがおすすめ!

亀岡運動公園プールの料金・割引方法を解説

この記事では、亀岡運動公園プールの魅力をまとめています。亀岡運動公園プールは、迫力満点のウォータースライダーが人気のプール施設です。そこで今回は、亀岡運動公園プールの見どころを始め、料金設定や割引方法、アクセス方法などを分かりやすく解説します。亀岡運動公園プールに興味がある人は、ぜひじっくり読んでみてください。

亀岡運動公園プールとは?

まずはじめに、「亀岡運動公園プール」がどんな場所なのか解説します。亀岡運動公園プールは、京都府の亀岡市にある「亀岡運動公園」に設置されているプール施設です。

亀岡運動公園プールは、「かめプー」の愛称で親しまれているプール施設です。亀岡運動公園プールは、口丹波随一のレジャープールで人気があります。

亀岡市でも人気のあるプール施設なので、夏休みシーズンになると、多くの子どもたちが亀岡運動公園プールに足を運びます。

ちなみに、亀岡運動公園はプールのほかに、次のような施設が揃っています。バレーやバスケの公式戦として利用できる体育館、陸上競技ができる競技場、本格的な野球ができる野球場など、亀岡運動公園に行けばスポーツの試合を観戦できます。

亀岡運動公園プールの見どころ①迫力ある2基のウォータースライダー

京都府にある「亀岡運動公園プール」がどんな場所かわかったところで、プールの見どころをチェックしていきましょう。亀岡運動公園プールの見どころ、1つ目は「ウォータースライダー」です。プール施設といったら、やはりウォータースライダーでしょう。

亀岡運動公園プールのウォータースライダーは、子どもたちから絶大な人気があります。このプール施設のウォータースライダーは、全長が100メートルもあります。

全長100メートルのウォータースライダーは、ものすごい勢いで滑り降りられます。スピードがかなり出るので、爽快感まんさいのウォーターアトラクションです。

亀岡運動公園プールには、そんなウォータースライダーがなんと2基もあるんです。2基もあるのですから、乗らない手はないでしょう。

亀岡運動公園プールの見どころ②最大1mの波を体感

京都府にある「亀岡運動公園プール」の見どころ、2つ目は「造波プール」です。造波プールとは、その名前のとおり波をつくれるプールのこと。波にゆらゆら揺らされながら泳げるんです。

亀岡運動公園プールの造波プールは、常に波が発生しているわけではありません。亀岡運動公園プールの造波プールは、1時間のうち10分間だけ大きな波が発生するんです。一番大きな波ですと、最大1メートルの波ができます。

造波プールには、年齢制限や身長制限がありません。小さな子どもでも入れますので、家族で訪れたら、家族全員で造波プールに入ってみると良いでしょう。

亀岡運動公園プールの見どころ③小さな子供も大人も楽しめる!

京都府にある「亀岡運動公園プール」の見どころ、3つ目は、小さな子どもや大人でも楽しめることです。亀岡運動公園プールには、幼児でも泳げるプールが用意されています。「幼児用プール」です。浅いプールですので、小さな子どもでも安心して泳げます。

また、亀岡運動公園プールのウォータースライダーや流水プールは、小学生や中学生だけでなく、大人でも十分に楽しめます。子どものために訪れた人でも楽しめますので、ぜひ亀岡運動公園プールで子どもと一緒に夏の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

亀岡運動公園プールの料金や割引方法は?

京都府にある「亀岡運動公園プール」の見どころが分かったところで、次の話題に移ります。続きましては、亀岡運動公園プールの料金設定と割引方法を解説します。

当然のことですが、亀岡運動公園プールは無料で利用できるプール施設ではありません。亀岡運動公園プールで思いっきり泳いで遊ぶには、入場料金を支払う必要があるんです。亀岡運動公園プールの入場料金はいくらなのか、それを本項目でお話しします。

亀岡運動公園プールの料金設定

京都府にある「亀岡運動公園プール」の料金設定は、大人と子どもによって料金が違っていました。大人に比べて、子どものほうが料金は安いんです。子どものほうが安いので、子どもが気軽に亀岡運動公園プールで泳ぎに行けます。

亀岡運動公園プールの料金設定は次のとおりです。大人は一回1230円で、小学生と中学生は一回510円で、幼児は一回100円とのことでした。小学生と中学生は安い料金で入場できるということは、大人の区切りは高校生以上ということになります。

ちなみに亀岡運動公園プールは、4歳未満の子どもなら料金無料で入場できます。亀岡運動公園プールには幼児用プールもありますし、小さい子どもにもおすすめできます。

亀岡運動公園プールの割引方法

こちらでは、京都府にある「亀岡運動公園プール」の入場料金を割引する方法について解説します。結論からいいますと、亀岡運動公園プールの入場料金は、誰でも割引することはできませんでした。条件に当てはまった人しか割引されないんです。

亀岡運動公園プールの入場料金の割引方法は、あるパスポートを持参することです。「きょうと子育て応援パスポート」というパスポートを持参すれば、亀岡運動公園プールの入場料金が割引されるんです。

きょうと子育て応援パスポートは、京都府在住で、子育てをしている家庭が発行できるパスポートです。そのため、きょうと子育て応援パスポートを使って割引料金で入場するには、京都府に住んでいること、子育てをしていることの2つが条件となります。

亀岡運動公園プールの開催時間・営業時間

知っている人がいるかもしれませんが、京都府にある「亀岡運動公園プール」は、1年中利用できるわけではありませんので。亀岡運動公園プールは、夏シーズン限定で開催されているプール施設なんです。

また、亀岡運動公園プールは開催期間だけでなく、営業時間も定められていました。亀岡運動公園プールに初めて行かれる人からすれば、開催期間や営業時間なんて知らないのが普通です。そんな人に向けて、本項目、は開催期間と営業時間を徹底解説します。

亀岡運動公園プールの開催期間と営業時間は、ばっちり判明しております。亀岡運動公園プールは、基本的に夏休みシーズン中は開催されていて、夕方まで営業していました。具体的なことに関しては、各項目でわかりやすく解説しています。

亀岡運動公園プールの開催期間

こちらで解説しますのは、「亀岡運動公園プール」の2018年の開催期間です。2019年の開催期間は、現時点ではまだ判明しておりません。しかし、毎年おなじような開催期間ですので、2018年の情報は大変参考になるはずです。

亀岡運動公園プールの2018年の開催期間は、次のとおりです。2018年7月12日から9月2日。この期間が亀岡運動公園プールの2018年の開催期間でした。

おそらく2019年の開催期間も、同じような日程に行われるものと考えられます。基本的に、夏休みシーズン中は開催されていますので、子どもをプールに連れて行きたい人は、夏休みにスケジュールを合わせることをおすすめします。

亀岡運動公園プールの営業時間

続きましては、「亀岡運動公園プール」の営業時間について解説します。夏シーズン限定で開催されている亀岡運動公園プールは、何時から何時まで営業しているのでしょうか。

調べてみたところ、亀岡運動公園プールの営業時間は午前10時から午後5時までと判明しました。合計7時間が、亀岡運動公園プールの営業時間となります。

午前10時からと、朝早くから営業していないのは、正直いって残念です。しかし、夕方いっぱいまで営業していますので、日中に思いっきり遊べます。

なお、この営業時間は2018年時の情報です。2019年は、ひょっとしたら変動するかもしれませんが、おそらく同じ営業時間で運営されると考えられます。

亀岡運動公園プールへのアクセス

最後に、京都府のおすすめのプール施設「亀岡運動公園プール」までのアクセス方法を解説して終わりにします。アクセス方法というと車が一般的ですが、亀岡運動公園プールまでは車以外の方法でもアクセスすることが可能でした。

こちらでは、合計で2とおりの亀岡運動公園プールまでのアクセス方法を解説しています。そのアクセス方法とは次のとおりです。「電車」に乗って行く方法と、「車」に乗って行く方法の2とおりです。亀岡運動公園プールは、電車でもアクセスが可能なんです。

先に言っておきますと、亀岡運動公園プールまでのアクセス方法は、電車と車のどちらもおすすめです。どちらも利便性がよくて、快適に亀岡運動公園プールへたどり着けるんです。それではまず、電車での具体的なアクセスルートからお話しします。

電車でのアクセス

京都府のおすすめのプール施設「亀岡運動公園プール」までのアクセス方法、1つ目は「電車」を利用して行く方法です。上では触れませんでしたが、亀岡運動公園プールに公共交通機関でアクセスするなら、電車だけでなく、バスも利用するのがおすすめです。

亀岡運動公園プールには、電車の最寄り駅があります。しかし、最寄り駅だからといって、駅から歩いていける距離なわけではないんです。亀岡運動公園プールまでは、電車にあわせてバスもセットで利用したほうが、スムーズにアクセスできます。

まず、亀岡運動公園プールの電車の最寄り駅は「亀岡駅」です。亀岡駅が最寄り駅ですので、亀岡運動公園プールに電車でアクセスするなら、亀岡駅で下りるようにしましょう。

亀岡駅に着きましたら、バスに乗り換えて、亀岡運動公園プールを目指します。幸いなことに、亀岡駅ではスムーズにバスに乗り換えることができました。

バスでのアクセス

京都府のおすすめのプール施設「亀岡運動公園プール」までのアクセス方法、2つ目は「バス」を利用して行く方法です。電車とセットで利用するアクセス方法です。

上述したとおり、亀岡運動公園プールに公共交通機関でアクセスするときは、まずは電車に乗って亀岡駅を目指します。亀岡駅に着いたら、バスに乗り換えるというわけです。

亀岡駅から乗り換えるべきバスは「京阪京都交通バス」です。京阪京都交通バスの園部駅西口行きのバスに乗りましょう。園部駅西口行きのバスで10分ほど過ごせば、目的地である亀岡運動公園プールの最寄りのバス停に到着します。

なお、亀岡運動公園プールは夏休みシーズンに限り、亀岡駅から運動公園ターミナルまでのルートを直行するバスが走ります。直行バスが走っているのなら、車を運転できない子どもでも、簡単に亀岡運動公園プールにアクセスできます。

車でのアクセス

京都府のおすすめのプール施設「亀岡運動公園プール」までのアクセス方法、3つ目は「車」に乗って行く方法です。亀岡運動公園プールへは、車で快適にアクセスできます。というのも、亀岡運動公園プールはインターチェンジを下りてすぐの場所にあるんです。

亀岡運動公園プールに車でアクセスする場合、高速道路を利用して「亀岡インターチェンジ」で下りることをおすすめします。亀岡運動公園プールは、亀岡インターチェンジを下りてから、車で約3分ほど運転した先にあります。

インターチェンジを下りてから3分だけ運転すれば着けますので、非常にアクセスしやすいです。これなら、車でのアクセスで迷うことはほとんどないでしょう。

なお、車でアクセスするときに気になるのが駐車場の存在です。亀岡運動公園プールには、駐車場が用意されているのでしょうか。駐車場については次の項目をご覧ください。

亀岡運動公園プールに駐車場はある?

こちらでは、京都府のおすすめのプール施設「亀岡運動公園プール」の駐車場の有無を解説しています。駐車場ということなので、本項目は車でのアクセスを検討中の人におすすめです。果たして、亀岡運動公園プールには駐車場があるのでしょうか。

結論をいいますと、亀岡運動公園プールには専用の駐車場が用意されていました。亀岡運動公園を利用する人なら、誰でも利用できる駐車場です。亀岡運動公園には、プールだけでなく、体育館や競技場もありますので、たくさんの車が出入りします。

たくさんの車が出入りしますので、駐車可能台数も非常におおかったです。亀岡運動公園プールの駐車場は、全部合わせて800台となっていました。

800台もの駐車スペースを確保しているのなら、駐車場で混雑することはまずないでしょう。駐車料金も無料ですし、亀岡運動公園プールには車で気軽にアクセスできます。

Thumb京都のプールおすすめ13選!安い施設や人気スライダー・ホテルもあり!
京都にはウォータースライダー付きのプールや波を作るプールなどたくさんの種類のプールがあります...

今年の夏は亀岡運動公園プールがおすすめ!

亀岡運動公園プールの魅力、おわかりいただけたでしょうか。亀岡運動公園プールの見どころは、迫力満点の2基のウォータースライダーや造波プールです。料金は子どものほうが安くなっていますので、学生や子連れの人は訪れやすいです。亀岡運動公園プールに行かれる人は、本記事で紹介したアクセス方法を、ぜひ参考にしてみてください。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング