京都駅から鞍馬寺のアクセス・電車や車の行き方解説!貴船神社の散策路も!

鞍馬寺は京都市左京区の山地にあるお寺です。鞍馬寺は自然に囲まれた素晴らしい雰囲気の中での参拝ができます。また、ハイキングコースとしても人気です。ここでは、京都駅から鞍馬寺へのアクセス方法をメインに紹介します。京都駅からのアクセス方法を知っておきましょう。

京都駅から鞍馬寺のアクセス・電車や車の行き方解説!貴船神社の散策路も!のイメージ

目次

  1. 1京都「鞍馬寺」のアクセス方法を徹底解説!
  2. 2鞍馬寺はどこにある?
  3. 3鞍馬寺はどんなお寺?
  4. 4京都駅から鞍馬寺への電車でのアクセス方法
  5. 5京都駅から鞍馬寺へのバスでのアクセス方法
  6. 6京都駅から鞍馬寺へのタクシーでのアクセス方法
  7. 7鞍馬寺への車でのアクセス方法
  8. 8鞍馬寺の駐車場情報
  9. 9貴船神社の散策路のハイキングコース
  10. 10最適な行き方で鞍馬寺へ訪れよう!

京都「鞍馬寺」のアクセス方法を徹底解説!

京都にある鞍馬寺は、大自然に囲まれた山の中にあります。京都市は市街地が中心になりますが、山地もたくさんあります。街の風景と自然の雰囲気の両方が楽しめるのが、京都市の魅力でもあります。京都市の人気観光スポットである鞍馬寺への、京都駅からのアクセス方法を知ってもらい、気軽に鞍馬寺に行けるようにしましょう。

鞍馬寺はどこにある?

鞍馬寺は京都市左京区にあります。左京区は1929年4月に上京区から独立しました。南北に長くなっており、東は滋賀県大津市に接しています。北は南丹市や滋賀県高島市に接しています。左京区の最も北にあるところは、福井県大飯郡おおい町とはたったの5キロしか離れていません。京都市の端にある区ということがわかってもらえるでしょう。

左京区には鞍馬寺の他にも、たくさんの観光スポットがあります。主な観光スポットは、左京区の南部に平安神宮・銀閣寺・南禅寺・下鴨神社などがあります。また山間部が多い北部は、鞍馬寺や貴船神社の他に、三千院・修学院離宮などがあります。

左京区は、京都市11区の中でも、かなり面積が広い区になります。市街地と自然に囲まれた魅力が高い区です。

鞍馬寺はどんなお寺?

まずは、鞍馬寺がどんなお寺なのかを紹介します。鞍馬寺という名前を聞いたことがあっても、行ったことがない人はたくさんいます。鞍馬寺がどのようなお寺なのかを知ってもらえれば、鞍馬寺に行ってみたいと思ってもらえるかもしれません。

鞍馬寺がどのようなお寺なのかを知ってもらい、その魅力をぜひ知ってもらいたいです。魅力を知ってもらえれば、すぐにでも行ってみたいと思ってもらえるかもしれません。鞍馬寺は魅力満載のお寺と言えます。

鞍馬寺は京都屈指のパワースポット

鞍馬寺は京都屈指のパワースポットとして知られています。鞍馬寺は山深いところにありますが、ここにはたくさんのパワーが潜んでいるとされています。鞍馬寺内のある場所では、天からのパワーを授かることができるとされている場所もあります。

パワーの力にあやかりたい人は、鞍馬寺をぜひ訪れてください。京都にはたくさんのパワースポットがありますが、その中でも鞍馬寺は強力なパワースポットとして知られています。鞍馬寺の参道を歩いて、たくさんのパワーをもらいましょう。

紅葉の名所としても有名

鞍馬寺の秋は紅葉の名所としても広く知られています。秋には紅葉を楽しみにしていた人たちが、鞍馬寺を訪れるようになります。鞍馬寺がある山一面が紅葉の美しい色に染まり、自然がつくりだした芸術品を見ることができます。鞍馬寺の参道を歩いている間、ずっと紅葉が楽しめます。

紅葉を見ながら歩くと、厳しい山道を歩いていることを忘れさせてくれるかもしれません。美しい風景は、人の心を和やかにさせてくれます。山道を歩いている辛さよりも、美しい紅葉を見ている方に気がとられるはずです。

鞍馬寺から貴船神社までの散策路もおすすめ

鞍馬寺から貴船神社まで散策路が続いています。貴船神社も京都を代表する観光スポットです。鞍馬寺から貴船神社に向かう散策路には、たくさんの見どころがあります。どんな見どころがあるかは、後に紹介します。鞍馬寺から貴船神社までハイキング気分で楽しむことができ、その道中たくさんのパワーがもらえるかもしれません。

アップダウンがきつい道ではありますが、歩きがいがあるコースとなっています。たくさんの見どころを楽しみに、一度貴船神社まで歩いて見ましょう。

京都駅から鞍馬寺への電車でのアクセス方法

京都駅から鞍馬寺へのアクセス方法を紹介します。まずは、電車でのアクセス方法です。鞍馬寺への最寄り駅は、叡山電車の鞍馬駅となっています。京都駅からアクセスする場合は、まずJR奈良線を利用して東福寺駅まで行きます。東福寺駅から京阪電車に乗り換えて、出町柳駅まで行きます。出町柳駅から叡山電車に乗り換えです。

出町柳駅から叡山電車で約30分で鞍馬駅までアクセスできます。京都駅からだと、約1時間でアクセスできます。乗り換えを2回しなければいけないのがポイントです。

京都駅からのアクセスの他に、祇園四条駅・京橋駅・梅田駅からの電車でのアクセス方法も紹介します。また、鞍馬駅から鞍馬寺までの行き方も紹介します。

祇園四条駅から電車でのアクセス

祇園四条駅から電車でのアクセスです。祇園四条駅から京阪電車に乗り、出町柳駅まで行きましょう。祇園四条駅から出町柳駅までは3駅です。出町柳駅からは京都駅からのアクセスで紹介した行き方と同じです。祇園四条駅から出町柳駅まで約47分でアクセスできます。

祇園四条駅からのアクセスのメリットは、乗り換えが1回で済むことです。京阪電車の駅であれば、乗り換えが楽になります。

京橋駅から電車でのアクセス

大阪京橋駅から電車でのアクセスです。京橋駅も京阪電車の駅なので、乗り換えが1回で済みます。京橋駅から京阪特急を利用すれば出町柳駅まで48分でアクセスできます。京阪特急の運行本数はたくさんあるので、特急を利用することをおすすめします。もちろん、急行などでも良いですが、特急よりも時間がかかってしまいます。

京橋駅から鞍馬駅まで京阪特急を利用すれば、約1時間30分でアクセスできます。特急の速さを実感することができるはずです。

梅田駅から電車でのアクセス

梅田駅から電車でアクセスする方法です。梅田駅からの行き方は2パターン紹介します。まずは、梅田駅から大阪駅まで徒歩で行き、JR大阪環状線を利用して京橋駅に行き、京橋駅から京阪電車に乗り換える方法です。もう1つは、梅田駅から阪急京都線を利用し、河原町駅まで行きます。そこから祇園四条駅に徒歩で行く方法です。

梅田駅から大阪駅に移動し、京橋駅から京阪電車を利用する方法だと、約2時間でアクセスできます。また、阪急京都線を利用する方法だと、約2時間5分くらいかかります。ほとんど所要時間に差がないので、2パターンの行き方を知っていると便利です。

最寄り駅から鞍馬寺までの行き方

鞍馬寺の最寄り駅である鞍馬駅から鞍馬寺までの行き方です。鞍馬駅を出たら、すぐに府道38号線があります。府道38号線を歩いてすぐのところに、鞍馬寺の入口である仁王門(山門)があります。鞍馬駅から歩いて約2分くらいで到着できます。鞍馬駅から案内看板が出ているので、それを参考にして仁王門を目指してください。

鞍馬駅まで行けば、ほとんど鞍馬寺に到着したようなものです。あとは、鞍馬寺の参道を歩くために力を蓄えておきましょう。

京都駅から鞍馬寺へのバスでのアクセス方法

京都駅から鞍馬寺へバスを利用したアクセス方法です。京都市内はバス路線が充実しており、バスを利用すれば、京都市内の観光スポットのほとんどに行くことができます。また、バスと電車を併用すれば、京都市内の観光スポットで行けないところはないといっても過言ではありません。

ここでは、京都駅から電車を利用してからバスに乗り換える方法と、バスを利用してから電車を利用する方法の2パターンを紹介します。

電車からバスに乗り換えて鞍馬寺へ行く方法

電車からバスに乗り換えてからの鞍馬寺への行き方です。京都駅から地下鉄烏丸線で国際会館駅まで行きます。国際会館駅から京都バスの鞍馬温泉行きに乗り、鞍馬バス停で下りてください。国際会館駅からバスで鞍馬バス停までの所要時間は約25分です。

国会会館駅から鞍馬温泉行きのバスは、8時から18時までの間に1時間1便から2便運行しています。京都バスの運行本数が限られているため、あらかじめ時刻を調べてから行くことをおすすめします。

バスから電車に乗り換えて鞍馬寺へ行く方法

京都駅からバスを利用して電車に乗り換えてからの鞍馬寺への行き方です。京都駅から京都バス大原行きに乗り、出町柳駅前で下ります。出町柳駅前で下りてから、叡山電車に乗り換えです。または、京都駅から京都市バス4系統上賀茂神社行きに乗り、出町柳駅前で下りる方法もあります。

両方のバスでの行き方を知っておくと、行き方の選択肢が増えます。京都駅から双方の時刻を見て、早い方を利用すると良いでしょう。

京都駅から鞍馬寺へのタクシーでのアクセス方法

京都駅から鞍馬寺へのタクシーでの行き方です。京都駅からタクシーで鞍馬寺まで行くと、約40分かかります。タクシー料金は約6000円になります。京都駅には、たくさんのタクシーが乗客を待っているため、タクシーに乗るための待ち時間は少ないと考えて良いです。

タクシーでの行き方でネックになるのが料金です。1人で利用すると高くなってしまいますが、複数で利用するとタクシー代を頭割りできます。タクシーを利用する場合は、複数で行くことをおすすめします。

鞍馬寺への車でのアクセス方法

鞍馬寺へ車でアクセスする方法を紹介します。京都市内は公共交通機関が発達しており、それを利用すると京都市内のほとんどの観光スポットに行くことができます。京都市内を車で観光する人も少なくありません。京都市内を車で観光する際の注意点は、京都市内のところどころで発生する渋滞です。

京都市内は道が広いとは言えないため、すぐに道が渋滞してしまいます。地元住民も車で移動する人が多く、そこに観光客の車が混ざると、一気に渋滞してしまいます。京都市内は渋滞することを常に頭の中に入れておきましょう。

東京方面から車でのアクセス

東京方面から車でアクセスする場合は、東名高速道路もしくは新東名高速道路を利用して、名神高速道路に入り、京都東インターで下りましょう。もしくは、中央自動車道を利用して、小牧ジャンクションから名神高速道路に入る方法もあります。京都東インターで下りてから、鞍馬寺までは約1時間となっています。

鞍馬寺は高速道路のインターから少し距離があるので、一般道を長い距離、走行することになります。

名古屋方面から車でのアクセス

名古屋方面から車でアクセスする場合は、名神高速道路をすぐに利用できるならば、最初から名神高速道路を利用しましょう。東名阪自動車道や伊勢湾岸自動車道が近くにあれば、それらを利用して、新名神高速道路を利用しましょう。新名神高速道路で草津ジャンクションまで走り、京都東インターを目指しましょう。

大阪方面から車でのアクセス

大阪方面から車でアクセスする場合は、大阪方面を走っている高速道路から、名神高速道路にアクセスしましょう。名神高速道路に行き、大阪方面からならば京都南インターを目指しましょう。京都南インターから鞍馬寺までも約1時間です。大阪方面からは、高速道路を利用しなくても一般道を走っても行くことができます。

一般道を走る場合は、ところどころで渋滞が発生する可能性が高くなるので、一般道を走る場合は、渋滞を考慮して行くようにしましょう。

鞍馬寺の駐車場情報

鞍馬寺に車でアクセスする人のために駐車場情報を紹介します。車でアクセスした場合に注意しなければいけないのが、駐車場があるかどうかです。先に結論を言うと、鞍馬寺には専用駐車場がありません。専用駐車場がないため、周辺の駐車場を利用することになります。周辺の駐車場について紹介します。

専用駐車場がないことを先に知っておけば、当日鞍馬寺を訪れた時に慌てることはないでしょう。周辺の駐車場のことを知っておきましょう。

鞍馬寺に無料駐車場はある?

鞍馬寺周辺には無料駐車場はありません。鞍馬寺周辺にはいくつか駐車場がありますが、どこも有料になっています。無料駐車場がないため、少しでも駐車場代を安くすることを考えましょう。鞍馬寺周辺で最も安く利用できる駐車場は、1回400円という駐車場です。

1回400円という駐車場は、駐車台数が5台しかないため、すぐに埋まってしまいます。次に安いのが1回500円という駐車場です。1回500円という駐車場は、駐車台数に若干余裕があるので、そこを利用すると良いでしょう。

貴船神社の散策路のハイキングコース

鞍馬寺から貴船神社への散策路はおすすめのハイキングコースとなっています。鞍馬寺の仁王門からスタートして、本殿金堂まで行き、さらに奥の院参道を歩いていくと、貴船神社に行くことができます。大自然を間近に感じられる素晴らしいハイキングコースで、外国人観光客にも、人気があるハイキングコースです。

鞍馬寺から貴船神社まで車で移動すれば、わずかな距離ですが、歩いて貴船神社まで行くことに意味があります。ここでは、鞍馬寺から貴船神社に至る散策路を紹介します。京都での健康づくりに活かしてもらいたいです。見どころたくさんのコースです。

Thumb京都・貴船神社の観光コースおすすめガイド!パワースポットを巡ろう!
京都にある貴船神社は、人気のパワースポットとして多くに人で賑わいます。観光におすすめのコース...

散策路の見どころ①鞍馬山鋼索鉄道

鞍馬山鋼索鉄道は、一般的には鞍馬山ケーブルカーと呼ばれています。鞍馬寺が運行しており、鞍馬寺の中で移動するためのケーブルカーです。日本一短い鉄道の単線ケーブルカーです。山門駅からスタートして、多宝塔駅まで向かいます。わずか200メートルの距離で、乗車時間は2分です。鞍馬寺に100円寄付した人は無料で乗車できます。

わずか200メートルの距離でも、歩いたら30分くらいかかります。わずか2分の乗車時間でも、ケーブルカーからの風景を楽しんでください。歩く距離をショートカットできる他に、風景ものんびり楽しめるというメリットもあります。

散策路の見どころ②由岐神社

由岐神社は、鞍馬山鋼索鉄道を利用すると行きづらくなるので、仁王門から歩いて行くことをおすすめします。由岐神社は鞍馬の火祭りが行われる神社です。鞍馬の火祭りの時は、山一面が火で赤く染まり、大迫力の風景となります。京都三大奇祭の1つとなっています。鞍馬の火祭りは、地元の人も観光客も楽しみにしているお祭りです。

仁王門からスタートして、石畳の道もありますが、ほとんどが未舗装の道となっています。また、源義経供養塔のところからは、傾斜がきつくなります。由岐神社を訪れる時は、山登りをするという気持ちで行くことをおすすめします。

散策路の見どころ③本殿金堂

本殿金堂は、源義経が幼少期過ごした寺として知られています。本殿金堂はパワースポットとしても知られており、鞍馬寺正殿前に立っていると、天からのエネルギーが感じられると言われています。本当にエネルギーを感じたという人も実際にいます。エネルギーをもらうために、一度足を運んでみましょう。

京都にはパワースポットがたくさんありますが、本殿金堂も非常に有名です。天からのエネルギーをもらったら、これからの生活のために力がもらえるかもしれません。本殿金堂は、鞍馬寺では絶対に外せないスポットです。

散策路の見どころ④木の根道

木の根道は、貴船神社に向かう不動堂付近にある道です。木の根道というネーミングの通り、道のところどころに木の根の姿が見られます。この地は岩盤が地表近くまで迫っているので、木の根が地中に沈むことができずに、地表に浮かび上がっているため、木の根がたくさん見られます。ある意味とても不思議な光景です。

木の根道では、源義経が幼少期に跳躍の練習をしたという言い伝えがあります。木の根をなるべく踏まないように歩くようにしましょう。木も鞍馬寺の一部なので、下手に踏んで傷つけてしまってはいけません。

散策路の見どころ⑤鞍馬奥の院・魔王殿

鞍馬奥の院・魔王殿は奇岩の上に建っています。ここは、650万年前に人類救済の使命を与えられた魔王尊が祀られています。この魔王尊は金星から来たという言い伝えがあります。魔王殿というネーミングは、いかにもパワーが潜んでいそうな気にさせてくれるでしょう。

奇岩の上に建っていることもあり、パワーを温存しているような気になります。人類がピンチの時に、再び魔王尊の力を借りなければいけなくなるかもしれません。鞍馬奥の院・魔王殿にもきちんと参拝するようにしましょう。

散策路の見どころ⑥貴船神社・奥宮

鞍馬寺から歩いてきて、川の音が聞こえてきたくらいのところに、貴船神社・奥宮があります。奥宮には神武天皇の母親が黄色い船に乗って、ここにたどり着き、水神様を祀ったのが始まりという言い伝えがあります。境内には神武天皇の母親が乗ってきたとされる船が小石に覆われたとされている、御船型石があります。

奥宮本殿の下には、大きな穴があいていて、龍穴という名前がつけられています。龍穴には御神体が眠っているとされています。現在は誰も見ることができません。

散策路の見どころ⑦貴船神社・中宮(結社)

貴船神社・中宮は奥宮から約400メートル進んだところにあります。中宮という名前は、本宮と奥宮の間にあることから名づけられました。中宮は、古くから縁結びの神様がいるとされています。縁結びのご利益を授かろうと、多くの夫婦やカップルの姿も見受けられます。これから縁を求めたい人もたくさん訪れます。

中宮を参拝して、縁結びのご利益にあやかりましょう。縁結びは、恋愛や結婚だけでなく、仕事面などにも大事なことです。

散策路の見どころ⑧貴船神社・本宮

貴船神社・本宮には水の神様が祀られています。今でも京都の水源地として知られています。本殿にある神水は、飲んだらとてもおいしく、水占いをすることもできます。水占いは、貴船神社の定番の楽しみ方といえます。現在の本宮に建っている建物は、平成17年に建てられたものです。

もともとは奥宮が鎮座地となっていましたが、1055年に現在の場所に移築されました。水に関する神様が祀られているため、水に関することは、ここでお祈りしましょう。

散策路の見どころ⑨貴船べにや

鞍馬寺から貴船神社まで歩いてきたら、さすがに疲労を感じることでしょう。貴船神社まで歩いてきたら、貴船べにやで一休みしてください。お店のすぐそばに川が流れており、川のせせらぎを聞きながら、一休みができます。貴船は四季折々の風景が楽しめ、どの時期に訪れても素晴らしい風景が楽しめます。

貴船べにやは、数寄屋造りになっており、貴船らしい雰囲気を漂わせています。貴船の大自然に囲まれながら、おいしい料理を楽しみましょう。鞍馬寺から歩いてきた後の、ご褒美の時間になるでしょう。

最適な行き方で鞍馬寺へ訪れよう!

鞍馬寺へのアクセス方法や貴船神社への散策路などを紹介しましたが、鞍馬寺に行ってみたいと思ってもらえたら幸いです。いろいろな行き方があるため、どれがおすすめとは言えません。自分で最適だと思った行き方で、鞍馬寺を訪れてもらえれば問題ありません。スムーズに鞍馬寺に行き、しっかりと鞍馬寺を楽しんでください。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ