亀戸観光のおすすめスポット&食べ歩きグルメまとめ!人気の名物もチェック!

東京都江東区の亀戸は、亀戸天神社で有名ですが、江戸時代から人気の観光地です。歴史ある観光名所も多く、神社や仏閣も多くあります。歴史ある街だけに名物もたくさんあります。そんな亀戸の魅力を、おすすめの観光スポットやグルメスポット、食べ歩きなどまで詳しく紹介します。

亀戸観光のおすすめスポット&食べ歩きグルメまとめ!人気の名物もチェック!のイメージ

目次

  1. 1亀戸には観光スポットと食べ歩きグルメが目白押し!
  2. 2亀戸のおすすめ観光スポット9選
  3. 3亀戸の2大名物グルメ
  4. 4亀戸観光のおすすめ食べ歩きグルメ5選
  5. 5亀戸観光の定番土産『船橋屋さんのくず餅』
  6. 6亀戸観光の拠点「亀戸駅」へのアクセス
  7. 7 見どころ満載の亀戸観光を満喫しよう!

亀戸には観光スポットと食べ歩きグルメが目白押し!

亀戸は東京でも早く開けた土地で、江戸時代から浮世絵の題材になるほど、観光スポットになっていました。今も亀戸に残る歴史ある神社も多く、伝統を誇るお寺も多くあります。さらに、東京下町のグルメスポットとしても知られています。そんな、観光地亀戸のおすすめスポットの紹介です。

亀戸はどんなところ?

亀戸(かめいど)は、東京都江東区にあります。江東区の北部エリアにあたり、繁華街もオフィス街も商店街もあり、住宅街もあります。江戸時代から発展していた場所で、隣接する錦糸町と合わせて、東京都から「錦糸町・亀戸副都心」の指定を受けています。

亀に似た島だったことから、亀戸の名が付いたという説もあります。東京ながらB級グルメが集まり、B級グルメ観光のメッカです。餃子、ホルモン、焼き鳥、とんかつなど、B級グルメファンおすすめの聖地です。

亀戸のおすすめ観光スポット9選

亀戸のおすすめ観光スポットは数多くあります。歴史があるおすすめの観光名所も多く、その由緒や来歴を知るのも、亀戸観光名所巡りのたのしみになります。そんな亀戸の観光名所の中から、特に人気の高い観光スポット9箇所の紹介です。どこも甲乙つけがたい、おすすめできる観光名所です。

1.東京下町のパワースポット『亀戸天神社』

亀戸といえば、「亀戸天神社」といわれるほど、亀戸を代表する観光名所が「亀戸天神社」です。江戸初期から亀戸にあり、長く多くの人々に愛されています。

学問の神様・菅原道真公をお祀りしている天満宮ですから、受験シーズンには関東一円から多くの受験生やその家族が合格祈願にお参りにやってきます。亀戸では絶対に外せない観光スポットであり、篤く信仰される神社です。

住所 東京都江東区亀戸3丁目6-1
電話番号 03-3681-0010

2.亀戸観光の定番スポット『亀戸梅屋敷』

現代の「亀戸梅屋敷」は複合商業施設で、観光案内所があり、江戸伝統の江戸切子ギャラリーや寄席もあります。さらに、歌やダンスやアクションのアトラクション等も開催されます。亀戸の歴史や文化を知ることができます。

そもそも、亀戸にあった梅の観光名所が「亀戸梅屋敷(かめいどうめやしき)」として、江戸の人々に人気を博し、当時の人気浮世絵師・歌川広重が描いたことから、水戸光圀公や八代将軍・徳川吉宗公も見学され、いっそう人気が出ました。

住所 東京都江東区亀戸4-18-8
電話番号 03-6802-9550

3.子供連れにも人気『亀戸中央公園』

亀戸中央公園(かめいどちゅうおうこうえん)は、江東区亀戸にある都立の公園です。日立製作所の亀戸工場があったところを整備し、昭和55年(1980年)6月に開園しています。家族連れ向きの観光施設です。

亀戸中央公園は、A、B、Cの3地区に分かれ、A地区は中央広場に時計塔が設置され、遊具が揃い、子供たちの遊び場、昔からあるイメージ通りの公園です。B地区は、広場や人工池があり、亀戸スポーツセンターもあります。C地区は、運動広場で、多目的球技広場、テニスコートやプールがあります。

住所 東京都江東区亀戸8丁目37
電話番号 03-3636-2558

4.ご利益アップの亀戸七福神巡り『亀戸七福神』

亀戸七福神は亀戸駅周辺の3箇所のお寺と、3箇所の神社にお祀りされている七福神です。どこからスタートしても問題ありません。個人差はありますが3時間程度で回れます。

代表的なおすすめルートは、東武亀戸線の亀戸水神駅からスタートして、常光寺で「寿老人」をお参りします。次ぎは東覚寺で弁財天にお参りします。その次が、天祖神社で福禄寿をお参りします。

天祖神社の次が龍眼寺で布袋尊をお参りします。次は、毘沙門堂(普門院内)で毘沙門天をお参りし、亀戸の香取神社で「恵比寿神」と「大国神」をお参りし、亀戸七福神巡りが終りになります。

そして、JR総武線・東武亀戸線の亀戸駅へ向かいます。寺社を観光しながら七福神巡りができます。

5.スポーツの神様『亀戸香取神社』

亀戸香取神社の歴史は古く、天智天皇4年(665年)に、藤原鎌足が東国下向の折、当時は島だった亀島(亀戸)に寄港し、旅の安全を祈願し、太刀一振を奉納し香取大神を勧請したのが創建とされています。

平将門の乱では、俵藤太秀郷が香取神社で戦勝祈願を行い、将門の乱を平定し、弓矢を奉納され、勝矢と命名したのが、毎年5月5日に行われる勝矢祭です。亀戸の歴史観光スポットです。亀戸香取神社はスポーツの神様といわれています。

住所 東京都江東区亀戸3丁目57-22
電話番号 03-3684-2813

6.亀戸七福神の寿老人『常光寺』

常光寺は曹洞宗の寺院で、亀戸七福神の寿老人がお祀りされています。常光寺の創建年代は明らかになっていませんが、天平9年(737年)に、行基によって建立されたという言い伝えがあります。御本尊は阿弥陀如来で行基自らが刻んだ仏像だそうです。

常光寺は、江戸六阿弥陀詣の6番目の霊場としても知られています。六阿弥陀詣とは、春と秋のお彼岸に都内にある、行基作の6体の阿弥陀像を参詣することです。残りの5か所は、北区の西福寺、無量寺、与楽寺、足立区の恵明寺、調布市の常楽寺です。寺院観光を兼ねて6社巡りがおすすめです。

住所 東京都江東区亀戸4丁目48-3
電話番号 03-3681-7023

7.多くの文化財があるお寺『普門院』

亀戸七福神のうち毘沙門天をお祀りする、普門院(ふもんいん)は、江東区亀戸にある真言宗智山派の寺院です。都心にありながら緑が豊かなお寺です。天文21年(1552年)橋場に創建され、元和2年(1616年)に亀戸へ移転したといわれています。

亀戸に移る際に、お寺の梵鐘を川に落とし、その場所が鐘ヶ淵と呼ぶれているという、伝承があります。境内には、「野菊の墓」の伊藤左千夫や、講釈師・大島伯鶴の碑や墓などがある名刹で、亀戸の文化観光です。

住所 東京都江東区亀戸3丁目43-3
電話番号 03-3681-8304

8.萩の花が名物『龍眼寺』

龍眼寺は江戸初期に、当時の住職が数多くの萩を集めて境内に植えたことで「萩寺」として多くの人々が訪ねています。亀戸七福神の布袋様がお祀りされています。

龍眼寺は天台宗の寺院で応永2年(1395年)に良博大和尚が、柳源寺として創建したと伝えられています。その後、寺の湧き水が眼病平癒の効能があるとして信仰を集めたことで、龍眼寺と寺院名を改名したそうです。亀戸の歴史観光スポットです。

住所 東京都江東区亀戸3丁目34-2
電話番号 03-3681-2620

9.桜がキレイな人気スポット『猿江恩賜公園』

猿江恩賜公園(さるえおんしこうえん)は、江東区住吉・毛利にある都立公園です。歴史は古く、戦前の昭和7年(1932年)に開園しています。 

元々公園の場所は、徳川幕府による公認の貯木場でした。明治時代には、明治政府御用達の貯木場になっています。その後公園へ転用されました。公園の北側の地区も、昭和58年(1983年)に追加され開園されています。家族観光に最適です。

住所 東京都江東区毛利2丁目13-7
電話番号 03-3631-9732

Thumb亀戸天神社の藤まつりの日程は?ライトアップ期間や見頃を詳しく紹介!
亀戸天神社の藤まつりは江戸時代から庶民に親しまれてきた情緒あふれるお祭りです。毎年4月下旬か...

亀戸の2大名物グルメ

亀戸を代表するの名物グルメといえば、「ホルモン」と「餃子」です。昭和の高度経済成長の時代に亀戸周辺には大きな会社の大きな工場が多く、どちらかといえば肉体労働者が多く通っていたり、住んでいたりしたそうです。

そうなると、安くて、ボリュームがあって、体力が付く、ホルモンや餃子が愛されたのは自然の流れでしょう。亀戸2大名物の紹介です。

亀戸は「ホルモン」の聖地!

亀戸は知る人ぞ知るホルモンのメッカで、亀戸駅周辺にはホルモン店が密集しています。そんな中で「亀戸ホルモン本店」さんは、亀戸駅北口から徒歩約3分で、いつも行列ができるお店です。

亀戸ホルモン本店さんは、座席が40席ほどのお店です。亀戸ホルモン本店は七輪でホルモンを焼くことで、美味しさが増します。バチバチと焼き上がっていくホルモンを見ることも、ホルモンの美味しさが増します。並んで入店を待って、焼き上がるのを待って、待っていいるから美味しさが倍になるようです。

住所 東京都江東区亀戸5-4-9第2ドミール 1階
電話番号 03-3683-2209

亀戸は「餃子」が名物!

餃子と飲み物しか出さないお店ながら、亀戸で絶対的な人気の餃子の名店があります。亀戸駅から徒歩2分の場所にある「亀戸餃子本店」さんです。昭和30年(1955年)創業の老舗餃子専門店です。地元では良く知られた人気の餃子専門店です。

餃子とドリンクのみなのに、行列が絶えないお店こそ、真の餃子名門店です。野菜たっぷりのヘルシー餃子はあっさりした味で何個でもいけそうです。亀戸観光のついでに、亀戸の2大名物を制覇しましょう。

住所 東京都江東区亀戸5-3-4
電話番号 03-3681-8854

亀戸観光のおすすめ食べ歩きグルメ5選

亀戸は江戸から続く東京の下町です。観光の途中、食べ歩きも楽しめるグルメがあります。観光を終えてから楽しむ名物や、観光する前の小腹を満たす名物もあります。そんな美味しい亀戸の名物グルメを味わいましょう。長く地元の人々に愛されているグルメが数多くあります。そんな下町、亀戸のグルメな名店の紹介です。

マシュマロの美味しさを再確認『洋菓子処ましゅまろ亭』

「洋菓子処ましゅまろ亭」さんは、亀戸駅東口から徒歩で5分くらいの場所にあるこじんまりとしたお菓子屋さんです。マシュマロ専門店という珍しいお店です。マスコミにも取り上げられ人気店になっています。マシュマロが昼過ぎに完売することもしばしばあるようです。

本来のプレーンなマシュマロだけでなく、ホワイトチョコなど、バリエーションもあり、季節限定のマシュマロもあります。食べ歩きもできます。ぜひ、寄ってみましょう。

住所 東京都江東区亀戸6丁目22-8
電話番号 03-5836-3232

亀戸観光の合間に食べたい京いなり『花いなり』

亀戸天神社に近く、亀戸駅からも徒歩10分ほどの場所にある、お持ち帰り専用のいなり寿司専門店が「花いなり」さんです。一つずつフィルム袋に包んであるので、食べ歩きもできます。あっさり、さっぱり、上品なうす味で、何個でもいただけます。

花いなりさんの営業時間は、午前10時から午後6時までになります。亀戸観光のお土産にもできます。

住所 東京都江東区亀戸2丁目7-9
電話番号 03-5609-6107

食べ歩きにおすすめの甘栗と肉まん『イシイの甘栗(亀戸店)』

亀戸駅北口から徒歩5分くらいのところにある「イシイの甘栗」さんは、甘栗を中国河北省の万里の長城付近だけで採れる甘栗から、もっとも品質のよい青龍県産だけをダイレクトに買入れしているそうです。甘栗で有名な老舗のお店ですから、材料も味も折り紙付きです。食べ歩きもできます。

甘栗の名店ですが、大きめサイズの肉まんも美味しいと人気です。食べ歩きにベストです。お店の営業時間は、午前10時から午後7時までです。

住所 東京都江東区亀戸2丁目45-6
電話番号 03-3685-3144

人気の古民家カフェで一休み『すみだ珈琲』

「すみだ珈琲」さんは、落ち着いた古民家風の店構えです。さらに、江戸切子のカップでコーヒーが出されます。江戸情緒が残るカフェーです。すみだブレンドのコーヒーは、深煎り、やや深、浅煎りから、好みの味が選べます。お店の営業時間は、午前11時から午後7時までです。

住所 東京都墨田区太平4-7-11
電話番号 03-5637-7783

お土産にもおすすめの亀の子せん『おしあげ煎餅本舗』

やはり、下町亀戸に相応しいお菓子は煎餅です。「おしあげ煎餅本舗」さんは、昭和2年(1927年)の創業です。老舗お煎餅屋さんです。屋号通り、下町の押上でスタートし、昭和24年(1949年)に亀戸に移っています。

長年、多くの地元の人々に愛されています。人気の「亀の子せん」や「亀と大根買ってきたよ」は、亀戸観光のお土産に最適です。海苔巻きやげんこつなど煎餅の種類も豊富です。煎餅を食べ歩きして古寺観光は粋です。

住所 東京都江東区亀戸2丁目38-5
電話番号 03-3681-6010

Thumb亀戸でホルモンが食べられる名店ランキング!おすすめランチや穴場も紹介!
美味しいホルモンが食べることができるお店が立ち並ぶ亀戸。亀戸には、たくさんのホルモンを食べる...
Thumb亀戸餃子は安くて美味しい人気店!おすすめのメニューやアクセスをチェック!
亀戸餃子は、東京都において下町グルメとして代表的な料理のひとつです。今や現地だけでなく全国に...

亀戸観光の定番土産『船橋屋さんのくず餅』

亀戸観光のお土産の定番は、船橋屋さんの「くず餅」で決まりです。お店の開業は江戸時代という歴史を誇る老舗です。亀戸天神社の近くに店舗があります。船橋屋さんのくず餅は、気持ち良い香りと、かすかな酸味と、もちもちな食感です。

消費期限はわずか二日間だけです。食べ歩きは難しいようですが、公園や神社のベンチでいただくのも粋です。亀戸を代表する名物で、亀戸観光のお土産のおすすめです。

住所 東京都江東区亀戸3-2-14
電話番号 03-3681-2784

亀戸観光の拠点「亀戸駅」へのアクセス

亀戸観光の拠点であり、スタート地点にもなる亀戸駅ですが、アクセスはシンプルです。亀戸駅の住所は、東京都江東区亀戸五丁目になります。東日本旅客鉄道=JR東日本と東武鉄道の駅です。

亀戸駅には、JR東日本の総武本線の各駅停車のみが停車します。東京駅からのアクセスは、JR総武線快速に乗車し、錦糸町で、各駅停車に乗り換えます。次の駅が「亀戸駅」です。東京駅から亀戸駅までは、20分程度でアクセスできます。

亀戸駅は、東武鉄道亀戸線の始発駅もあります。東武鉄道亀戸線は、亀戸駅と墨田区の曳舟駅を結ぶ、全長3.4キロメートルの鉄道路線です。

見どころ満載の亀戸観光を満喫しよう!

亀戸は神社仏閣が多く、歴史観光が楽しめます。B級グルメもありグルメ観光も楽しめます。亀戸天神社の梅や藤の花見観光も楽しめます。亀戸は見どころがたくさんあります。アクセスも良い場所で、名物も多く、気軽なグルメもあります。そんな楽しい亀戸観光を楽しみましょう!

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ