千鳥ヶ淵ボート場の乗り場や営業時間は?桜の見頃やライトアップ期間もチェック!

東京の人気の桜スポットと言ったら千鳥ヶ淵です。ボートに乗ることができるのでデートに人気の定番スポットです。今回はこの千鳥ヶ淵で人気のボートの乗り場やアクセス方法、ライトアップの時期などを詳しく見ていきます。千鳥ヶ淵に桜を見に行きましょう!

千鳥ヶ淵ボート場の乗り場や営業時間は?桜の見頃やライトアップ期間もチェック!のイメージ

目次

  1. 1千鳥ヶ淵のボートを楽しもう!
  2. 2千鳥ヶ淵でボートと桜を見よう!
  3. 3千鳥ヶ淵のボートでみたい桜の開花時期は?
  4. 4千鳥ヶ淵の桜はボートも楽しめる
  5. 5千鳥ヶ淵の桜はライトアップが素晴らしい!
  6. 6千鳥ヶ淵のライトアップは都内の最高のスポット
  7. 7千鳥ヶ淵のさくらまつりのボートは混雑がすごい
  8. 8千鳥ヶ淵のボートは天候でおやすみになることも
  9. 9千鳥ヶ淵のボートの待ち時間はどれくらい?
  10. 10千鳥ヶ淵のボートに乗る時はトイレにも注意!
  11. 11千鳥ヶ淵のボートの開館時間は?
  12. 12千鳥ヶ淵のボートの休みは?
  13. 13千鳥ヶ淵のボートの料金は?
  14. 14千鳥ヶ淵のボート乗り場へのアクセス方法は?
  15. 15千鳥ヶ淵のボートだけでなく入り口に入場制限も?
  16. 16千鳥ヶ淵はお花見は禁止?
  17. 17千鳥ヶ淵のボートに乗ろう!

千鳥ヶ淵のボートを楽しもう!

東京の桜のスポットが非常にたくさんあります。ライトアップが開催されるので夜までライトアップされた桜を見ることができるお祭りが開かれたりしています。そんな東京の桜のスポットで人気があるのはやはり千鳥が淵です。ナンバーワンと言ってもいいほど有名な千鳥が淵は、さくらまつりのシーズンはボートで夜桜を楽しめます。

千鳥ヶ淵でボートと桜を見よう!

千鳥ヶ淵にはボートに乗りながら桜を見ることができます。桜のシーズンでは満開の桜と一緒に夜までライトアップを楽しむことができるようになっています。通常の時期よりもボートの混雑が大変で、料金もちょっとだけ高くなります。緑道を普通に散歩するのも楽しいのですが、ボートに乗って下から桜を見るのは最高です。

千鳥が淵は皇居のお堀と緑道にソメイヨシノなどの多くの桜を見ることができます。緑道を歩いて散歩をするのもいいし、行列ができますが、ボートに乗って池ノ上から桜を見ることもできます。満開のシーズンはたくさんの人が訪れます。

満開のシーズンが終わった後でも桜の花びらが池の上に広がり、桜筏が見れます。桜が咲き始めてから満開になり、桜が散るまでの間すべての時間を楽しむことができるのは千鳥が淵なのです。まさに東京屈指の桜スポットです。

千鳥ヶ淵のボートでみたい桜の開花時期は?

千鳥が淵のボートで見たい桜の開花時期はいったい何時ごろからなのでしょうか。千鳥が淵は東京でナンバーワンの桜のスポットです。開花時期はだいたい3月の下旬からです。3月の20日前後から開花し始めます。その時期の暖かさや気候などによって開花時期が変わりますので、開花時期をある程度予測しておくといでしょう。

さらに満開になる時期は早い時で3月の終わり頃、通常は4月の初め頃です。大体4月に入るか入った後かぐらいの頃と考えておくといいでしょう。桜の開花の時期から満開の時期までの間に非常にたくさんの人が訪れます。

桜の開花時期になると「さくらまつり」が開催されるので、非常に沢山の人が千鳥が淵に訪れます。見頃のシーズンになるとたくさんの人が訪れます。千鳥ヶ淵ではボートも一緒に楽しむことができるようになっていますのでおすすめです。

千鳥ヶ淵の桜はボートも楽しめる

見頃の時期になるとボートの営業時間が変わりますので、ボートに乗りながら千鳥が淵の桜を見ることができます。熱は満開の桜が散る頃になると、お堀に花筏が広がるので、桜が散る頃からも素晴らしい景色を千鳥が淵で見ることができるのです。ですので、是非とも千鳥が淵で素晴らしい桜をボートから楽しみたいところです。

緑道でも遊歩道でライトアップが行われますので夜桜お散歩しながらも見ることができるようになっています。夜の20時過ぎまでボートは営業していますので、池の上から桜を見上げることもできます。千鳥ヶ淵でボートは定番です。

千鳥ヶ淵の桜はライトアップが素晴らしい!

さらに素晴らしいのはライトアップが開催されることです。さくらまつりの3月の29日頃から4月8日までになっています。その年の開花状況によっても微妙に日時は変わりますが、さくらまつりの開催期間はライトアップを楽しむことができます。営業時間は夜の20時半までやっており、非常にたくさんの人が訪れます。

ライトアップの時期も夜までボートを楽しむことができるようになっています。乗船料金も通常より高くなり、待ち時間も相当長くなります。予約ができないので行列に並ばなければいけないのですが非常に人気があります。

2時間以上も待つということも多く、朝のオープン時間から並んでいる人もいらっしゃいます。日本だけでなく海外から訪れしても非常に多く、東京都内の桜のライトアップの中でもトップレベルに人気があるが千鳥ヶ淵のライトアップです。

千鳥ヶ淵のライトアップは都内の最高のスポット

お堀の淵や緑道でライトアップが開催されますので、千代田区のさくらまつりの開催期間は全長700mの緑道に、非常にたくさんの人が訪れます。たくさんのLEDの電球を使用している夜桜のライトアップを夜遅くまで楽しむことができるのです。九段下周辺は非常に混雑し、比較的いつも空いてる東京メトロ半蔵門線の混雑です。

しかしの桜のライトアップはとても幻想的で、写真に収めても美しいので非常に人気があります。千鳥が淵からは東京タワーも見ることができますが、場所によって夜桜と一緒に東京タワーの写真を撮影することができるのです。

そしてなんといっても桜の木が多いことです。これだけ桜の木が多く、満開の時に多くの花びらを見ることができる場所は珍しいです。そしてそれを池の上からボートに乗って下から見上げることができるのは、まさに東京の桜スポットならではです。

千鳥ヶ淵のさくらまつりのボートは混雑がすごい

千鳥ヶ淵のさくらまつりのボートは非常に混雑することでも有名です。あまりにも混雑するので5時間以上も待つということもあります。混雑が最高になるのはやはり満開の時の土日です。満開の時期が土日や休日に重なってしまうと、待ち時間がかかります。千鳥が淵のさくらまつりのボートはどれくらい混雑がすごいのか見ていきましょう。

最も混雑が多い時間帯はやはりさくらまつりの満開の時期です。満開のシーズンは4月を超えたあたりぐらいからですが、土日祝日に重なってしまうと満開の時期には非常にたくさんの人が訪れます。時間帯としてはお昼過ぎの14時頃からです。

お昼が終わった後の14時や15時頃から、そしてライトアップを見るための夜の時間帯です。15時あたりと、日が暮れてからに3時間ほどは行列が凄いので、待ち時間なく見たいと言うならば、平日を選んだり午前中を選んだりするといいでしょう。

千鳥ヶ淵のボートは天候でおやすみになることも

注意しなければいけないのは冒頭は風が強かったり雨が降ってしまうと運転を見合わせになることがあることです。転落してしまったり事故が起きてしまうと大変ですので、千鳥ヶ淵のボートは風が強い時には運転を見合わせて、風がおさまった時に再会するという形になります。天候の悪い日に行くと乗るのにさらに時間がかかってしまいます。

待ち時間を少なくするために、できるだけ風の弱い天候の良い日に行くのがいいでしょう。風が強いと桜落ちるスピードが早くなってしまうのも嫌なところです。千鳥が淵のボートに並ぶときは是非ともニュースで天候チェックをしてから行くと良いでしょう。

千鳥ヶ淵のボートの待ち時間はどれくらい?

しかし一体千鳥ヶ淵のボート乗り場はどれくらい待たなければいけないのでしょうか。実際に千鳥が淵に行ってみると分かるのですが、さくらまつりの開催期間はものすごい人がいます。行列もあまりにも凄いので、乗り場の最後尾には最後尾と書かれた看板を持った警備員がいます。実際にどれくらい待ち時間かも見ていきましょう。

千鳥ヶ淵のボート乗り場の待ち時間は早くて1時間以内で乗れます。午前中や平日などの時間帯を狙っていけば30分ほどで乗ることができるでしょう。しかしお昼を過ぎてから14時には15時あたりは、1時間以上、長い時で2時間や3時間も待つ可能性もあります。

さらに満開の時期になり、同じく15時頃や、夕方のライトアップを待つお客さんと重なってしまうと、4時間以上乗り場で待つということこともあります。千鳥が淵のボート乗り場の待ち時間を避けたいなら、時間と曜日を選ぶといいでしょう。

千鳥ヶ淵のボートに乗る時はトイレにも注意!

さくらまつりのライトアップが行われる夜の時間帯や3月から4月の間はまだまだ寒いので、男性でも女性でもすぐにトイレに行きたくなるでしょう。実は公衆トイレも待ち時間が長いことで有名です。千鳥が淵のさくらまつりのシーズン、特にライトアップが行われる時間帯などは公衆トイレが混雑するので非常に大変です。

やはり混雑するのは女子トイレです。待ち時間を30分以上乗り場で待ったりするということもよくあります。子供と一緒に親子でボートに乗りに来た時など、子供を30分も待たせなければいけなくなりますので乗り場近くのトイレには要注意です。

駅のトイレでトイレをしていくか、行列に並んでいる間は、別の人と一緒にトイレに行ったりするかなど、一緒に行く人と協力してトイレの待ち時間も考えて並ぶといいでしょう。ボートに乗っている時にトイレに行きたくなったら台無しです。

千鳥ヶ淵のボートの開館時間は?

千鳥ヶ淵のボートの開館時間は一体いつなのでしょうか?千鳥ヶ淵のボートの開館時間についてみていきましょう。開館している時間は時期によって微妙に違います。3月の27日から4月の7日までは、朝の9時から夜の20時半までになっています。4月の8日から14日までは、開館時間は9時半から17時半までになっています。

さらに4月の16日から9月の29日までは、お昼前の11時から14時半までになっています。桜のシーズン以外はボートの開館時間が短いので注意が必要です。土曜日と日曜日と祝日の場合は11時から午後の17時半までになっています。

さらに冬の時期10月1日から11月30日までは、開館時間は11時から夕方の17時までになっています。一番開館時間が長いのは春ですので、夜までボートに乗ってライトアップを楽しみたいという場合は3月27日から4月の7日に行くと良いでしょう。

千鳥ヶ淵のボートの休みは?

千鳥ヶ淵のボートのお休みの時期や時間は一体いつなんでしょうか。お休みの時期は12月1日から翌年の2月の29日までになっています。冬の間はお休みになりますので、冬以外のシーズンしかボートに乗ることができないようになっています。また、毎週月曜日はお休みになっていますのでこちらも注意が必要です。

千鳥ヶ淵のボートの料金は?

今度は千鳥が淵の料金を見ていきましょう。ボートの料金はこちらも時期によって違います。また、時間によって料金が変わる仕組みになっています。時間は30分単位、60分単位でボートをレンタルすることができるようになっています。通常の時期は30分500円で、60分1000円の料金で利用することができるようになっています。

桜の時期は30分800円で60分1600円になっています。やはり桜の時期の方が料金が高いので注意が必要です。時間制の料金になっていますので、30分や1時間単位を基準にレンタルして桜を鑑賞するといった形になります。

千鳥ヶ淵のボート乗り場へのアクセス方法は?

今度は千鳥が淵のボート乗り場へのアクセス方法を見ていきたいと思います。季節は東京メトロを利用するのが一番簡単です。東京メトロ東西線、半蔵門線、そして都営新宿線を利用するのがいいでしょう。駅は九段下駅です。出口は2番出口からで歩いて10分ほどでアクセスできます。あるいは半蔵門線半蔵門駅の5番出口からも行けます。

千鳥ヶ淵のボートだけでなく入り口に入場制限も?

千鳥ヶ淵のボート乗り場は、実はあまりにも混雑していると、ライトアップの時間帯は入場制限がかかることがあります。東京タワーを美しく見ることができるスポットがありますが、そうしたところも撮影にあたって、時間制の入れ替えになったりします。あまりにも人が来場しすぎるので入場制限がかかるポイントがあるのです。

千鳥ヶ淵に行くためには、駅からボート乗り場や千鳥ヶ淵にアクセスするためにメトロの降りる駅を変えたりしなければいけません。九段下側が混んでいる時は、半蔵門駅から出たりしてうまく混雑を回避しながら千鳥ヶ淵にアクセスすると良いでしょう。

千鳥ヶ淵はお花見は禁止?

ちなみに千鳥が淵でお花見をしたり宴会をしたりすることができるのかも気になるところです。しかし残念ながら宴会などやお食事をしたりして千鳥が淵でお花見をすることができません。千鳥ヶ淵ではシートを敷いて宴会のお花見をすることができないようになっていますので、散歩したりボートをしたりして桜を楽しむしかありません。

桜を見るためのポイントとしては千鳥ヶ淵のボート乗り場やボート、それから緑道です。東京タワーを見ることができるポイントがありますので千鳥ヶ淵では、昼間だけでなく夜に訪れるのもいいです。お花見ができないけど、それ以上の楽しみがあります。

お花見は禁止ですが、千鳥ヶ淵公園がボート乗り場から少し歩いたところにありますので、公園の方まで歩くのもいいでしょう。千鳥ヶ淵は散歩ルートが素敵ですので、昼でも夜での散歩に出かけるのにおすすめです。夜のデートにおすすめのスポットです。

千鳥ヶ淵のボートに乗ろう!

いかがでしたか?デートで人気のある千鳥ヶ淵のボートは、桜が綺麗なスポットでもあり、ライトアップを付けして見ることができる人気のスポットでした。さくらまつりの開催中は夜までライトアップの桜を見ることができます。人気ボートに乗るために、ボート乗り場に早めに訪れるといいでしょう。混雑を回避してデートを楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ