平将門の首塚は大手町の有名心霊スポット!アクセスや歴史を詳しく紹介!

東京は大手町にある有名な心霊スポットといえば平将門の首塚です。かなり知られたスポットですが、実はなぜ平将門の首塚が大手町にあるのか、どんな歴史があり、どうやってアクセスするのか、よくわからないことも多々あります。今回はそんな超絶有名心霊スポットへのご案内です。

平将門の首塚は大手町の有名心霊スポット!アクセスや歴史を詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1大手町の有名心霊スポット、平将門の首塚を訪ねる旅へ
  2. 2平将門の首塚へのアクセス方法
  3. 3平将門の首塚が大手町にある歴史的な理由は?
  4. 4平将門の首塚の心霊エピソードとは?
  5. 5首塚で有名な平将門の生涯の歴史
  6. 6首塚で有名な平将門の乱へ
  7. 7首塚で有名な平将門の最期
  8. 8平将門の首塚が心霊スポットになったいきさつ
  9. 9平将門の首塚はパワースポット?
  10. 10平将門の首塚にあるカエルの置物とは?
  11. 11首塚で有名な平将門が祀られる神田明神
  12. 12首塚で歴史的に有名な平将門ゆかりの土地①御首神社
  13. 13首塚で歴史的に有名な平将門ゆかりの土地②築土神社
  14. 14首塚で歴史的に有名な平将門ゆかりの土地③國王神社
  15. 15歴史上、非業な死を遂げた日本三大怨霊とは?
  16. 16平将門の首塚でご利益をいただこう

大手町の有名心霊スポット、平将門の首塚を訪ねる旅へ

大手町にある有名な心霊スポット、平将門の首塚

東京のオフィス街、大手町。この大都市の片隅にある平将門の首塚は、有名な心霊スポットとして知られています。現在もその怨霊が恐ろしいとさまざまな都市伝説が生まれる一方、パワースポットともいわれる平将門の首塚。どんな歴史があり、どうやってアクセスするのか、今回は平将門の首塚を訪ねる旅へご案内します。

平将門の首塚へのアクセス方法

大手町駅からアクセスが便利

平将門の首塚へのアクセス方法は、地下鉄を使ったアクセスが便利です。東京メトロや都営地下鉄で大手町駅にアクセスし、C5出入口から地上に出ます。そして、皇居がある東方面へ40mほど歩いたところに平将門の首塚があります。

大手町駅に乗り入れている路線は、東京メトロでは、丸ノ内線、東西線、千代田線、半蔵門線、都営地下鉄では三田線があります。また、JR東京駅は地下通路で大手町駅とつながっているため、東京駅からのアクセスも可能です。

車でアクセスする場合、国道1号線(日比谷通り)で大手町までアクセスし、次の交差点を皇居の方向に曲がったところにあります。ビルとビルの間にあり、大手町パークビルディングの向かい側に位置します。車でアクセスする場合、大手町パークビルディングに駐車場があるほか、大手町タワー駐車場など近くに駐車場が点在します。

Thumb大手町駅近くのおしゃれカフェ特集!喫煙できるお店や土日営業のお店も紹介!
大手町駅は大手町の中心となる駅で、東京丸の内と並んで日本経済を動かしているエリアでもあります...

平将門の首塚が大手町にある歴史的な理由は?

なぜ平将門の首塚は大手町にあるのか

歴史的に語られている伝承では、平将門の首は平城京まで運ばれたものの、ある夜、突然、空に舞い上がり、胴体を求めて飛んでいき、数か所に落ちたとされています。首が落ちたと伝承される場所は御首神社(岐阜県大垣市)、築土神社(東京都千代田区)、國王神社(茨城県坂東市)などで、首塚伝承があります。

そんな中でも有名なのが大手町にある平将門の首塚で、当時、村人は平将門の心霊を恐れて塚を築き葬したといわれています。

しかし、鎌倉時代になると、崩れかけた塚の祟りに村人が苦しみ、僧であった真教が塚を修復して供養し、近くにあった神社の祠を修造して将門の霊を祀りました。これが神田明神、平将門の霊魂も静まり、この地の守護神になったと歴史的に伝わっています。

平将門の首塚の心霊エピソードとは?

明治時代、大蔵省が移転されてきた

1871(明治4)年、この平将門の首塚のあった旧姫路藩酒井雅楽守忠邦邸跡に大蔵省が移転され、6年後に庁舎が建設。1923(大正12)年の関東大震災で庁舎は消失し、塚は崩れたため、塚を更地にして仮庁舎が建築。しかしその後、大蔵大臣が死亡、さらに大蔵官僚や工事関係者らが次々と死亡したため、首塚を復元したとか。

1940(昭和15)年、平将門の没後1000年に当たるこの年、激しい雷雨によって当時の大蔵省をはじめとする官庁街が火災で全焼してしまいました。このため、当時の大蔵大臣が、平将門の心霊を鎮めるため、将門鎮魂祭を催したとあります。

戦後、GHQの命令によって平将門の首塚があるあたりに駐車場を建設することになったものの、ブルドーザーで塚を破壊しようとしたらブルドーザーが横転し、運転手が死亡したため、工事が中止となったという話も。

首塚で有名な平将門の生涯の歴史

平将門の歴史をひもとく

桓武天皇のひ孫である高望王の息子であった父から生まれた平将門は、15、6歳ごろに平城京で藤原忠平のもとで働きますが、関東へ戻ってきます。そのころ、父の領地であった下総国の大部分を叔父である平国香らに奪われ、小競り合いが頻発するようになります。

一方、将門の同盟者で、常総国の一部を支配していた平真樹が、隣接地を治める源護と領地争いを繰り広げ、将門はこの騒動の調停に入ります。これにより、将門は譲と争うようになり、譲の息子を破り、合わせて叔父の国香も破ります。

平将門に恨みを持つ連合軍が結成

敵の多かった平将門

一方、将門の同盟者で、常総国の一部を支配していた平真樹が、隣接地を治める源護と領地争いを繰り広げ、将門はこの騒動の調停に入ります。これにより、将門は譲争うようになり、譲の息子を破り、合わせて争いが絶えなかった叔父の国香も破ります。

平将門は、叔父の国香を打ち取った際、朝廷に訴えられていたため、京都へ赴きます。将門にとって不利な裁判でしたが、大赦を得て帰国。しかし、連合軍はなおも将門を攻め入るものの、将門は勝利します。

平将門の乱へのカウントダウン

平将門の乱へと歴史は進んでいく

時を経て、武蔵国に新しく赴任してきた興世王と源経基が土地の検査を行った際、豪族の武蔵武芝ともめ、興世王と源経基は武蔵武芝の領地を攻め入ります。この争いに平将門は介入し、和解へ至ります。

ところが、武蔵武芝の軍が源経基の領地を包囲したことで、源経基は朝廷へ興世王、武蔵武芝、平将門の3者を訴えに行ったものの、朝廷は3者に無罪の判決を出します。

らに、税を払わない常陸国の藤原玄明に怒った国府が、玄明を捕縛する命令を出しますが、言明は将門に助けを求めます。国府は将門に詰め寄りますが、将門は応ぜず。国府を詰め寄り、朝廷から任じられた権力の証である印を奪うなどの暴挙を働きます。これにより、将門は朝廷から敵とみなされるようになります。

首塚で有名な平将門の乱へ

なぜ平将門は朝敵となっていくのか

時を経て、武蔵国に新しく赴任してきた興世王と源経基が土地の検査を行った際、豪族の武蔵武芝ともめ、興世王と源経基は武蔵武芝の領地を攻め入ります。この争いに平将門は介入し、和解へ至ります。

ところが、武蔵武芝の軍が源経基の領地を包囲したことで、源経基は朝廷へ興世王、武蔵武芝、平将門の3者を訴えに行ったものの、朝廷は3者に無罪の判決を出します。

謀反者として朝廷の敵になる

次第に力を持つようになっていく平将門

さらに、税を払わない常陸国の藤原玄明に怒った国府が、玄明を捕縛する命令を出しますが、言明は将門に助けを求めます。実はこの国府の受領であった藤原維幾は、かつて平貞盛らとの戦の際、平貞盛についていたことから藤原玄明を擁護するようになります。

藤原維幾は平将門に詰め寄りますが、将門は応ぜず。維幾を詰め寄り、朝廷から任じられた権力の証である印を奪うなどの暴挙を働きます。これにより、将門は朝廷から敵とみなされるようになります。

その後、平将門は、関東全域を支配するまで勢力を伸ばし、新皇と名乗って朝廷や天皇に対抗して自分の国を作ってしまいます。この一連の行動により、将門は謀反として朝廷に報告されてしまいます。

首塚で有名な平将門の最期

最期はあっけなく亡くなってしまうが

朝廷は、全国に追捕使を任じ、藤原忠文を征東大将軍に任命し、将門を討った者には褒美を与えるとお触れを出して、本格的な将門討伐にかかります。その中にいたのが下野国の押領使だった藤原秀郷で、将門のいとこにあたる平貞盛とともに兵を集めて将門を攻め立てます。

将門は、ある合戦の際、風向きを利用して矢を撃ち、討伐連合軍を苦戦させますが、風向きが変わり、討伐連合軍の矢嵐に遭い、とうとう討ち取れてしまいます。討ち取られた首が平安京まで運ばれ、さらし首とされました。

平将門の首塚が心霊スポットになったいきさつ

七条河原町でさらし首となる平将門

藤原秀郷と平貞盛の討伐連合軍によって命を絶たれた平将門の首は、京都の七条河原町にさらし首とされました。その際、首は一向に腐ることなく、目を見開き、歯ぎしりをしていたと恐れられていました。

こうしてある夜、さらされていた平将門の首が突然宙を舞い、自らの胴体を求めて関東方面へと飛び去ったという恐ろしい逸話が残されることになります。胴体を探し求めた首が落ちた場所のひとつが大手町で、現在、平将門の首塚のある日本三大怨霊のひとつであり、有名な心霊スポットとなりました。

平将門の首塚はパワースポット?

力強いエネルギーをいただけるパワースポットでもある

平将門の首塚は、日本三大怨霊の心霊スポットとしてその名を馳せていますが、一方で、勝負運が向上し、勇気と決断力を与えてくれるパワースポットでもあるといわれています。首塚を訪れたら、平将門への礼を尽くし、首塚に水を注ぐことで自らを清めることにもなるとか。訪れたらぜひやってみましょう。

平将門の首塚にあるカエルの置物とは?

必ず帰ってくることを祈って奉納されている置物

平将門の首塚の境内には、カエルの置物があちこちに置かれています。これは、京都に運ばれた将門の首が飛んで帰ってきたことから、行方不明の家族たちや遠隔地に出張する会社員などが必ず帰るようにと願いを込めて奉納しているのだとか。願いを込めてカエルにも礼を尽くしましょう。

首塚で有名な平将門が祀られる神田明神

平将門が祀られる神田明神

東京は外神田に鎮座する神田明神は、日本橋や大手町など108か町会の総氏神で、三ノ宮に平将門を祭神として祀っています。首塚の近くにある企業などが参加して首塚の維持管理を行っている将門塚保存会の神輿が飾られ、毎年5月に行われる神田祭でかつがれます。なお、将門塚例祭は9月のお彼岸の日に行われます。

朝敵とみなされた平将門は、、時代が下ってもなお、その功績が認められるのに時間がかかりました。江戸時代に武勇の神として神田明神に祀られたものの、明治時代に至っては再び問題視され、政府によって神田明神の祭神から外されることに。

将門の評価が回復したのは戦後のことで、旧岩井市の市制施行を機に郷土の英雄を偲ぶ将門まつりがはじまり、大河ドラマで将門の生涯を知られるようになってから、神田明神の祭神としても復帰できました。

首塚で歴史的に有名な平将門ゆかりの土地①御首神社

首から上の御首神社

岐阜県大垣市にある御首(みくび)神社。平将門が京都でさらし首となった際、首が関東へ戻ろうと飛び立った異変を知り、関東に戻ることで再び乱が起こることを恐れて祈願したとき、神社の隼人神が矢をつがえて東に飛んでいく将門の首を射落としたという逸話が由来の神社です。

隼人神が射た神矢が飛んでいった道筋を矢の通った道として、矢道町という町名にもなっていることからも、平将門とご縁のある神社であるといえます。平将門の神霊を祭神とする神社で、首から上の祈願に多くの参拝者が訪れることでも有名。

首上の病気平癒のほか、ボケ防止や学業成就などのご利益があるされています。平将門のご利益をいただきに訪れてはいかがでしょうか。JR東海の荒尾駅からアクセスし、下車してすぐに位置します。

首塚で歴史的に有名な平将門ゆかりの土地②築土神社

日本武道館の氏神でもある築土神社

東京都千代田区九段にある築土(つくど)神社。平将門の頭蓋骨や髪の毛などが安置されていたと伝わり、将門の首を治めた首桶、肖像画(束帯姿)、木造の束帯坐像などが納められていました。

戦災によって社殿とともに消失し、現在、平将門は相殿に格下げされ、天津彦火邇々杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)を主祭神とし、平将門、菅原道真を配祀しています。

平将門にちなんで、武勇長久の神社としても知られ、千代田区北の丸公園にある日本武道館の氏神でもあります。毎年、正月に授与される勝守が有名ですので、ぜひ参拝に訪れたいです。地下鉄の九段下駅から歩いてすぐに位置します。

首塚で歴史的に有名な平将門ゆかりの土地③國王神社

國王神社は茨城県坂東市にある

茨城県坂東市にある神社、國王神社。平将門の終焉の地に静かにたたずむ神社として知られています。将門の三女であった如蔵尼が庵を建てたのが神社の創建で、将門の33回忌に刻んだ寄木造の平将門木像をご神体としています。

國王神社は天下泰平と国家の安全を祈る神社で、勝負に勝つご利益があるともいわれています。11月には将門まつりが開催され、甲冑姿の武者行列が行われます。

なお、坂東市内には平将門の史跡が点在します。東京からアクセスする場合、東京駅から高速バスで1時間半ほどです。平将門の史跡めぐりの際にぜひ参拝したい神社です。

Thumb茨城の神社には有名なパワースポットが満載!御朱印やご利益をリサーチ!
茨城県内の神社にはたくさんのパワースポットがあります。有名神社から隠れた穴場的な神社まで様々...

歴史上、非業な死を遂げた日本三大怨霊とは?

日本三大怨霊とはいったいだれの呪いなのか

怨霊とは、自分が受けた行為に対して恨みを持ち、死後も祟りをもたらす強い心霊のこと。日本三大怨霊として数えられるのは、平将門のほか、菅原道真、崇徳天皇です。菅原道真といえば学問の神様として祀られている人物であり、崇徳天皇は第75代の天皇です。なぜ日本三大怨霊に数えられるようになったのでしょうか。

菅原道真

学問の神様としていまでは祀られている

菅原道真は家格がそれほど高くなかったにも関わらず、その才能で高位に上り詰めたことで、時の権力者であった藤原氏を敵にしてしまいます。結果、時の醍醐天皇を廃位する企みの首謀者といわれ、菅原道真は大宰府に左遷されてしまいます。

菅原道真死後、醍醐天皇や藤原氏の親族が続いて亡くなるという不幸が続きました。その結果、朝廷は菅原道真を復位させ、心霊を慰めるために京都に北野天満宮を建立したのです。これにより、学問の神様として崇められるようになりました。

崇徳天皇

崇徳上皇の冥福を祈願して崇徳天皇社が建立された天皇寺

崇徳天皇は、1123年、鳥羽天皇の常位によりわずか3歳で天皇の地位につきます。しかし、鳥羽上皇に皇子が誕生したことから、崇徳天皇に譲位を迫るようになります。崇徳天皇は近衛天皇にその座を譲り、崇徳上皇となったものの、大きな権力は与えられませんでした。

近衛天皇が崩御した後、崇徳上皇の皇太子が次の天皇になる可能性もありましたが力及ばず。鳥羽法皇が崩御すると、近衛天皇の後を継いだ後白河天皇の後継者争い(保元の乱)が起こります。結果、崇徳上皇は流罪となり、亡くなります。

崇徳上皇の死後、後白河天皇や近衛天皇の親族が次々に死亡、安元の大火では平安京の多くが焼失しました。こうして崇徳上皇の怨念を恐れた後白河天皇は、崇徳上皇の名誉を回復し、流罪先の讃岐国に天皇寺を建立し、その怨霊を沈めました。

平将門の首塚でご利益をいただこう

平将門の首塚でご利益をいただこう

東京の中心に位置する大手町の片隅にたたずむ平将門の首塚。複雑な歴史が生んだ有名な心霊スポットでもありますが、勝負のパワースポットとしても知られています。東京を訪れたらぜひ平将門の首塚を参拝し、そこから歴史をめぐる旅に出かけてはいかがでしょうか。将門の歴史をさらに深く理解することができるはずです。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
水木まこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ