「ちよくる」の使い方&ポートの場所まとめ!登録方法や料金もチェック!

東京の千代田区にはちよくると言うコミュニティサイクルがあります。ポートと言われる駐輪場で自転車をレンタルすることができます。東京都の千代田区以外にもポートがありますので、ちよくるをレンタルすることができ、通勤や通学で利用することができるのです。

「ちよくる」の使い方&ポートの場所まとめ!登録方法や料金もチェック!のイメージ

目次

  1. 1ポートで乗り捨てできるちよくるとは?
  2. 2ちよくるは千代田区のコミュニティサイクル
  3. 3ちよくるはポートに乗り捨てできる
  4. 4ちよくるをレンタルできるポートの場所は?
  5. 5ちよくるは電動アシスト自転車!
  6. 6ポートでちよくるをレンタルしてみよう!
  7. 7ちよくるはポートに一時駐輪もできる!
  8. 8ちよくるはポートに返すときに自分で点検!
  9. 9ポートでちよくるを借りるなら会員登録を
  10. 10ポートに行く前にスマホでちよくるを予約!
  11. 11ポートでちよくるをレンタルするための料金は?
  12. 12ポートでちよくるをレンタルするための個人向けプラン
  13. 13ポートでちよくるをレンタルするための1日パスプラン
  14. 14ポートに乗り捨て自由のちよくるの1日パスはどこで買える?
  15. 15ポートでちよくるをレンタルするための月額会員はお得?
  16. 16ポートでちよくるをレンタルするための法人向けプランも!
  17. 17ポートでちよくるをレンタルするメリットは?
  18. 18ポートでちよくるをレンタルする時のデメリットは?
  19. 19ポートで乗り捨てできるのでちよくるは観光にお得!
  20. 20ポートで乗り捨てできるちよくるの便利な使い方は?
  21. 21都内でちよくるの使い方をマスターしよう!
  22. 22ポートでちよくるをレンタルしてみよう!

ポートで乗り捨てできるちよくるとは?

ちよくるとは一体どんなものなのでしょうか。ちよくるとはいわゆるコミュニティサイクルです。千代田区にあるコミュニティサイクルで、こちらは30分150円から自転車をレンタルすることができるサービスです。日本全国コミュニティサイクルのある都市は非常に多いですが、千代田区の場合はこのちよくるなのです。

ちよくるは千代田区のコミュニティサイクル

ちよくるは千代田区にあるコミュニティサイクルです。しかし千代田区だけでなく、港区や江東区や中央区や新宿区や文京区などにもあります。都心で使うことができる自転車です。東京だけでなく横浜や沖縄などにもあります。全国的に広がっているコミュニティサイトなのです非常に便利と評判なのです。

コミュニティサイクルは東京で非常に役に立ちます。駅と駅の間が短いので、それほどたくさん電車に乗る必要がないときなどもあります。

電車に乗る必要のない時などは、自転車で済ませたいところです。そんな時に使えるのがコミュニティサイクルです。

コミュニティサイクルの料金もとても低価格ですので、タクシーを使うよりも非常に安い料金で利用することができるのです。

タクシーの料金も安いことから、コミュニティサイクルのちよくるを利用して、乗り捨てして移動する人も多いのです。

ちよくるはポートに乗り捨てできる

ちよくるはポートで乗り捨てできるので非常に便利なコミュニティサイクルです。ポートと言われる駐輪場でちよくるを乗り捨てすることができるようになっています。千代田区だけでなく東京都内にポートがあるので、ポートでレンタルしてちよくるを別の場所に乗り捨てるということもできるようになっています。

ポートの別の場所に乗り捨てをすることができるようになることによって、ちよくるを使って観光も非常に便利になります。行きはちよくるで観光し、帰りは乗り捨てして電車に乗って帰るということができるようになります。これは非常に便利です。

ちよくるの乗り捨てすることができるポートは、指定された都内のポートの中ならどこでも大丈夫です。指定された区間の中ではどこでも乗り捨てできるようになっています。借りた場所じゃないところに返すことができるのもいいところです。 

ちよくるをレンタルできるポートの場所は?

ちよくるをレンタルすることができるポートはいったいどこにあるのでしょうか。今度はレンタルできる場所を見ていきたいと思います。基本的には千代田区の宮内庁を中心に、周辺にたくさんあります。千代田区の霞が関、溜池山王、半蔵門、竹橋、大手町、日比谷、有楽町など、千代田区の駅の近くにポートがあります。

他にも中央区と港区と、新宿区と文京区と、江東区と品川区、目黒区と、大田区、と渋谷区にあります。東京都内のポートであれば乗り捨てすることができるようになっていますので、こちらの区間で観光すれば乗り捨てして刊行することができます。

他にも有名な観光地の近くにはちよくるがあります。例えば東京タワーにもあります。それから六本木ヒルズにもあります。このように有名な観光スポットにはポートがあるので、そちらからちよくるをレンタルして、別の場所に乗り捨てできるのです。

ちよくるは電動アシスト自転車!

ちよくるの良さは何と言っても電動アシスト自転車ということです。あらかじめ予約して自転車をレンタルすることができる自転車ですが、普通のコミュニティサイクルと違って、ちよくるは電動自転車になっています。東京都内は坂道も多いので、普通の自転車で登るには大変です。しかしちよくるは電動自転車ですのでスイスイです。

長距離を観光したりするのに自転車をレンタルすることも多いかと思いますが、普通の自転車を借りてしまうとかなり疲れるし、歩いて待った方が疲れなかったのではないかと思ってしまいます。しかしちよくるは電動自転車なので疲れません。

自転車にはバッテリーが積まれており、駐輪場に自転車を置くと自動で充電してくれる仕組みになっています。自転車が十分充電されているか確認し、街中を電動アシスト自転車で移動したり、観光したりするのに利用するといいでしょう。

ポートでちよくるをレンタルしてみよう!

今度はポートで実際にちよくるを予約する方法を見ていきましょう。ちよくるはポートでどのようにレンタル予約すればいいのでしょうか。ちよくるは基本的には携帯電話から予約レンタルすることができるようになっています。「FeliCa」カードというのがあり、あらかじめネットで手に入れたコードと一緒にICカードをかざして使います。

または、FeliCaがなくても、会員サイトからパスポートを取得して、メールにて届いたパスポート、自転車についている番号キーに入力して施錠を外して使います。使い方も簡単ですので、すぐに予約できるのがいいところです。

返却する時も非常に簡単です。指定の駐車場に自転車を置いてから、自転車の施錠をかけ、それから自転車についている電子キーで返却ボタンを押すだけで返却することができます。レンタル予約方法と返却方法も非常に簡単ですので誰でもできます。

ちよくるはポートに一時駐輪もできる!

観光の途中で一時的に自転車を止めたいという場合もあるでしょう。観光スポットの駐車場に止めて、そちらを観光したいという場合もあるはずです。そんな時のためにちよくるはポートに一時駐輪することができます。同じように駐車場に施錠をかけて、パスコードを入力すると一時的に駐車しておくことができるようになっています。

一時的に自転車を駐車しておくことができれば、途中で面白いカフェを見つけた時にカフェに入って食事をしたり、ちょっとした買い物をしたい時に、スーパーに立ち寄ったりすることもできるのです。ちゃんと鍵をかけられるので便利です。

ちよくるはポートに返すときに自分で点検!

ちよくるはシェア自転車ですので他にもいろんな人が自転車を利用します。次の人が快適に使うことができるように、自分たちで自転車の点検をしなければいけません。もちろん定期的に点検してくれるスタッフがいますが、バッテリーの残量や、タイヤの空気が抜けていないかななど、自分たちで点検していかなければいけないこともあります。

ご利用する前に点検していきたいポイントとしては、電動バイクですのでバッテリーが切れていないかということ。それからハンドルの曲がり方がきつくないかということ。それからブレーキがちゃんと効くかということ。

それからベルが鳴るかということなどなど。または、サドルの高さがちょうどいいか、タイヤに空気が入っているかなどです。アタッチメント操作パネルと言う、電子キーのパネルがちゃんと動くかなども点検しておきたいポイントです。

ポートでちよくるを借りるなら会員登録を

ちよくるをポートでレンタルするには、一体どのような登録作業が必要なのでしょうか。今度はちよくるをポートでレンタルするための会員登録方法を見ていきましょう。ちよくるは24時間365日レンタルすることができる自転車です。しかしあらかじめご利用登録を知っておかなければいけません。

利用登録はEメールの受信可能な携帯電話と、クレジットカードが必要になります。ドコモのDカードなども対応しています。こちらの2点を準備した上で、パソコンや携帯電話から会員登録をします。簡単な必要事項を書き込んで登録完了です。

会員登録の時に重要なのはクレジットカードの番号を入力するところです。クレジットカード以外では支払いすることができませんので注意が必要です。他人にクレジットカード番号を見られない場所で登録してください。

ポートに行く前にスマホでちよくるを予約!

ちよくるはあらかじめポートに行く前にスマホなどを使って予約する必要があります。携帯電話で会員登録をしておき、スマホなどを利用してあらかじめ予約し、ゲットしたパスコードを利用してポートにICカードをかざして使うことができます。スマホで予約した時に手に入れたパスコードを自転車のパネルに入れるだけで使うことができます。

予めメールアドレスを登録しておくと、予約した時に番号が送られてくるので、そちらを入力するだけで利用することができるのが非常に便利です。面倒な操作も必要ありませんので、誰でも簡単でスマホで予約することができるのがいいところです。

携帯電話だけの操作で予約することができるので使い方が簡単です。スマホの使い方に慣れていない人でも、Eメールの機能がある携帯電話を持っていれば予約できます。ちよくるはスマホの使い方分からない人でも簡単に予約できるようになっています。

ポートでちよくるをレンタルするための料金は?

ポートでちよくるをレンタルするための料金は一体いくらぐらいなのでしょうか。プランは個人向けプランと法人向けのプランがあります。まずは個人向けのプランから見ていきましょう。個人向けのプランは1回会員と月額会員の2種類があります。ちょっとだけ使ってみたい場合は一回会員で登録してみるのが良いでしょう。

ポートでちよくるをレンタルするための個人向けプラン

ちよくるの個人向けプランに登録する場合は、1回会員と月額会員と1日パスという、観光客に有利な料金設定もあります。1日パスは1日レンタルすることができるちよくるのレンタル自転車の料金です。有人の窓口で購入することはできるし、無人販売機でも購入することができます。提供エリアが決まっていますが1500円で利用できます。

1回会員の場合の料金は、基本料金は0円です。利用時間ごとに料金が発生する仕組みになっています。30分で150円料金がかかるようになっており、1時間で300円かかる計算ですが、実は最初の30分だけ150円で、後の30分は100円で利用することができます。

つまり1時間利用すると250円で、2時間利用したとすると450円で利用することができます。2時間500円以内でレンタルすることができるのでとても安いです。さらに月額会員は基本料金2000円で、最初の30分以内なら無料で使うことができます。

ポートでちよくるをレンタルするための1日パスプラン

ポートでちよくるをレンタルするための個人向けプランで、1日パスというのがあります。こちらはコンビニで気軽に購入することができるチケットで、セブンイレブンなどの発券機を利用して1日パスを購入できます。コンビニで料金を支払ってから使うので、現金や交通系のカードなどを利用して支払うすることができます。

有人の窓口で購入した場合は、1日1500円プラス、専用のICカードを発行してもらう手数料が500円かかります。無地の販売機で購入した場合は1日分1500円だけで利用することができるようになっています。

1日パスは観光に使うことができるので、非常にお得なレンタル自転車です。基本料金なども発生しませんし、セブンイレブンやファミリーマートで登録できるようになっており、最初の登録だけで利用することができるのがいいことです。

ポートに乗り捨て自由のちよくるの1日パスはどこで買える?

ちよくるの1日パスは一体どこに販売されているのでしょうか。基本的にはファミリーマートとセブンイレブンの機械を使って購入することができるようになっています。しかし窓口でも購入することができます。お近くに窓口がある場合は、窓口で購入するのもいいでしょう。東京都内のホテルや公共施設、サイクルショップなどで買えます。

ホテルにて窓口販売が行われています。例えば「スマイルホテル日本橋三越前」では1日パスの窓口販売を行っており、観光で宿泊した時窓口で1日パスを購入することができるようになっています。観光客にとって便利なサービスです。

ちなみに無人販売機が置かれている場所もあります。無事販売機で購入すると手数料がかかりませんので、1500円だけで利用することができます。台場駅のちよくるのポートでは、無事販売機が置かれているのでそちらで購入することができます。

ポートでちよくるをレンタルするための月額会員はお得?

月額会員は基本料金が月に2000円かかります。しかし最初の30分間は無料で利用することができ、月になんども使うことができます。月額会員と、一回会員のどちらが安いのでしょうか。最初の30分間無料で何度も使うことができるので、30分以内で利用することができる場所で毎日使うなら非常にお得です。

毎月2000円支払っていくので自転車を購入した方が安くなる可能性もありますが、ポートのどこにでも乗り捨てでき、飲みに行くときに行きだけポートでちよくるをレンタルしたいという時などにも使うことができます。

さらに、最初の30分が超過した後でもその後の30分も100円でレンタルすることができるようになっています。つまり月額会員の場合は、基本料金2000円で1時間100円で利用することができるのです。頻繁に使うなら非常にお得です。

ポートでちよくるをレンタルするための法人向けプランも!

ポートで乗り捨てできるちよくるをレンタルするのに使うことができる法人向けプランなどもあります。東京都内で仕事をしている人、営業マン、学校などの機関で使う場合など、法人向けのプランがありますのでこちらも基本料金を支払うと利用することができるようになります。料金は初期費用にICカードの発行手数料500円がかかります。

基本料金は延長料金が無しの4000円のプランと、最初の30分が無料でその後の30分が100円で利用することができる月額会員と同じ料金の基本料金2000円のプランがあります。どちらも非常にお得で、法人の場合は延長料金なしのプランが用意されています。

延長料金なしのプランは月に4000円払うと乗り放題になるということです。東京都内で働く人にとって、電車で移動するのにいちいち地下鉄に降りたり、駅のホームでまったり、タクシーを呼ぶのが大変だったりするので便利なプランです。

ポートでちよくるをレンタルするメリットは?

ポートでちよくるをレンタルするメリットは一体どんなところにあるのでしょうか。ポートでちよくるをレンタルすると、自分で自転車を持つ必要もないし、自転車を置いておく駐輪場なども必要がありません。大切な自転車を盗まれたりしたら嫌ですが、ちよくるなら盗まれることがありませんので非常に便利です。

ポートでちよくるをレンタルする場合、電動アシスト付き自転車になっていますので、電動自転車を使ってバッテリー交換をすることがなく、勝手に充電しておいてくれるので非常に便利です。ポートでちよくるをレンタルそれがメリットは大きいのです。

ポートでちよくるをレンタルする時のデメリットは?

ポートに乗り捨てすることができるちよくるのデメリットは一体何でしょうか。理由により指定することができるようになっていますので、頻繁に使う人は乗り捨てしていちいち自転車を返さなくてもいいので非常に便利です。デメリットがあるとすれば、あまり使わないのに会員登録をしてしまった場合です。

月額会員は料金が2000円かかりますが、あまり使わないのに会員になってしまうと2000円が無駄になってしまいます。毎日仕事や学校で家の近くにポートがある場合は、駐輪場など月額で借りるよりも安くなるので便利ですが、使わないなら損です。

また、観光に使う時など、東京都内なら電車の乗り放題チケットなどもありますので、長距離を移動するならば電車の乗り放題チケットを購入した方が安いということです。細かいところをちょこちょこ、電車でもちょこちょこ行くならお得ですが。

ポートで乗り捨てできるのでちよくるは観光にお得!

東京都内を観光しているならばちよくるは非常にお得なサービスと言えるでしょう。予め会員登録しておけばちよくるを使って東京都内を観光することができます。東京都内は地下鉄も通っているし路線も多いので、色んな所にくまなく電車で行くことができます。しかし、通勤通学の多い朝の時間帯、夕方の時間帯などは電車が不便です。

ホームがとても混雑するので、観光客と通勤通学の人がごっちゃになってしまうのです。しかしあらかじめ会員登録をしておきちよくるを予約しておけば、自転車で東京都内を観光することができます。近い距離を散歩するなら自転車の方が便利です。

実際に東京都内で車を所有せずに自転車を利用してる人もたくさんいます。混雑回避のために自転車を活用している人が多く、東京都内は自転車で移動するのが非常に便利です。観光客も電動自転車ですのでそれほど疲れないし、便利に観光できます。

ポートで乗り捨てできるちよくるの便利な使い方は?

今度はちよくるの便利な使い方を見ていきましょう。お得な使い方はたくさんあります。便利な使い方をマスターして、ぜひともちよくるを活用してみてください。ちよくるは電動アシスト自転車ですので、坂道の多い東京都内を観光するのに便利です。使い方としては、歩くのが面倒な場所で使うといいでしょう。

アシストの切り替えなどをすることができますので、自分で調整できます。坂道の多いエリアなどを観光する時、サイクリングロードがある場所、通勤で乗り換えが多い場合などは、ちよくるを使うとお得に使うことができます。

東京都内は電車の乗り換えが多い場所も多いです。お得な使い方は、電車の乗り換えを減らすためにちよくるを使えば、時間を短縮するかもしれません。また、ちよくるを使って自転車で運動すればダイエットにもなります。

都内でちよくるの使い方をマスターしよう!

ちよくるは予約してレンタルするのも簡単ですし、使い方も簡単です。電動アシスト自転車になっているので誰でも使い方を覚えることができます。料金もわかりやすい設定になっているので悩む必要もありません。是非とも使い方をマスターしてみましょう。

スマホやメールの使える携帯電話でパスポートをゲットしてから、お近くのポートに行き、施錠を外すだけなので使い方は非常に簡単です。他のポートにも乗り捨てすることができるので返却の方法も簡単です。お得な使い方も覚えておきたいところです。

電車通勤で乗り換えが多い場合は、乗り換えする駅まで自転車で行ってみる、というのもお得な使い方です。東京の駅のホームは通勤時間がものすごく人が多いです。この待ち時間を避けるために、ちよくるの乗り捨てを使ってみるのもいいでしょう。

ポートでちよくるをレンタルしてみよう!

いかがでしたか?ちよくるは千代田区だけでなく東京都内で使うことができる便利で使い方の簡単な自転車です。コミュニティサイクルですので他の人とシェアして使います。通勤や通学に便利で、観光にも使うことができます。是非とも会員登録して予約してちよくるをポートでレンタルしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ